FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

編集室(※1時間毎に下記の「メッセージ」が自動更新)

kage
顔文字りぼん ■2019年、月間特集記事■

☑1月の特集

NEW!!

❷大切な人に贈りたいギフトブック

2019年、人生を変えたい人へ

もっと濃密に時を過ごしてほしい人へ」

☑2月の特集本:人生を支える言葉と道しるべ

人生を生き抜くヒントが見つかる 「明日を変える勇気の言葉」

恋に悩む人、愛ゆえに苦しむ人へ「 恋と愛の道しるべ」

仕事が楽しければ”人生は楽園”なのだ!! 「心に刻む仕事の金言」

〈季節の本棚〉ぬくもり

☑3月の特集本:懐かしの昭和

少女たちやテレビ界が輝いていた昭和30年~40年

昭和という時代を学ぶ

昭和30・40年代の子どもたち、大集合!

☑4月の特集本:

学ぶべき姿勢

★----------------------------------------------------------------------★

■各レビュー担当

Arika

腐女ArikaのこのBLに萌え❤ 音楽市場へようこそ♪ メディアミックス映画*ドラマ*映画 Arikaの気まぐれcooking♡

└──────────────────────────────────

Uroko

風ちゃんの料理レシピお料理便利帖おうちカフェスイーツ風ちゃんの今日の絵本箱

└──────────────────────────────────

Usataku

僕が女性に読ませたいマンガ観せたいアニメ

└──────────────────────────────────

Uroko×Arika

BL&乙女ゲーム部気になる作家の魅力シチュエーションCDレビュー「妄想オトメ部」 └──────────────────────────────────

Usataku(奇数担当)×Arika(偶数担当)

この乙女たちに夢中❤

Arikaブック1a

【2019】アニメブロガー人たち感想と評価

kage

2019/12/31 (Tue)

ピッコロのらじお

*FC2ブログ『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』

ゲームを語る人1
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」はピッコロフォルテの2人での共同運営になりました。 それぞれの個性を活かしたアニメ記事作り、また水・金放送の「ねとらじ」と連動した企画も今後増えていくかも!? まずは下記のアニメブロガー2人衆の各アニメ評価記事をまとめclick 

ピッコロ4人6①a
2019年11月30日まで更新
★ピッコロのアニメ感想まとめ2019(1/1~12/31)を読む!


ピッコロ4人6③
img235c4.jpg
2019年11月30日まで更新
★フォルテのアニメの感想2019(1/1~12/31)まとめを読む!


関連記事
スポンサーサイト



2019年冬、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

kage

2019/12/15 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月6日スタート 

NHK総合 毎週日曜 20:00~20:45

 大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:宮藤官九郎
噺(はなし):ビートたけし
演出:井上剛/西村武五郎/一木正恵/大根仁
制作統括:訓覇圭/清水拓哉

E13-b043.gif
外部サイト:大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
金栗四三:中村勘九郎
日本人初のオリンピック選手。故郷・熊本では往復12キロの通学路を駆け抜ける姿から“いだてん”と呼ばれ、予選会のマラソンで優勝し、ストックホルム大会に出場する。

田畑政治:阿部サダヲ
1964年の東京オリンピック組織委員会事務総長。元水泳選手で、指導者として選手の育成に燃える。大学卒業後に新聞記者となり、政治家たちと渡り合いながらスポーツの地位向上を目指す。

春野スヤ:綾瀬はるか
熊本に住む医師の娘。幼なじみの金栗に恋心を寄せる。生来のやわらかさと明るさで金栗の心を癒やし、金栗と結婚後はオリンピックにまい進する夫を支える。

三島弥彦:生田斗真
金栗と共に選ばれた日本人初のオリンピック選手。父は元警視総監、兄は日銀総裁という子爵家に生まれ、自身も東京帝国大学の学生というエリートながら、あらゆるスポーツに秀で「運動会の覇王」と呼ばれる。

美濃部孝蔵:森山未來
若き日の古今亭志ん生。家を勘当され、その日暮らしで稼いだ金は「飲む、打つ、買う」にすべて使い果たす。ある運命的な出会いによって落語家を目指す。

嘉納治五郎:役所広司
東京高等師範学校の校長。日本のオリンピック初出場のために奮闘し、選手団団長としてストックホルム大会に参加。講道館柔道の創始者でもあり、“日本スポーツの父”と呼ばれる。

古今亭志ん生
【噺(はなし)】:ビートたけし
落語の大名人。貧乏でいいかげん、バクチや酒をこよなく愛すという、落語の世界を地で行く生活を続けた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
宮藤官九郎脚本、中村勘九郎&阿部サダヲで東京オリンピック開催までの激動を描く! 
宮藤官九郎のオリジナル脚本、中村勘九郎と阿部サダヲのダブル主演でおくる「東京&オリンピック」の物語。日本で初めてオリンピックに参加した男・ 金栗四三(勘九郎)と日本にオリンピックを呼んだ男・田畑政治(阿部)の2人を軸に、1912年のオリンピック初参加から1964年の東京オリンピック開催まで、日本人の“泣き笑い”が刻まれた激動の52年間を描く。

2020年の東京オリンピック開催を間近にした2019年、大河ドラマで近現代史に挑むのは33年ぶり。ドラマは昭和の大名人・古今亭志ん生がオリンピックの歴史を振り返り落語で語っていくというスタイルで進められ、志ん生役はビートたけしが務める。



関連記事

2019年秋、日曜ドラマ『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』

kage

2019/12/15 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★10月13日スタート 

日本テレビ系 毎週日曜 22:30~23:25

 ニッポンノワール -刑事Yの反乱-

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:武藤将吾
演出:猪股隆一
プロデューサー:西憲彦/福井雄太/柳内久仁子
主題歌:愛はスローにちょっとずつ/サザンオールスターズ

E13-b043.gif
外部サイト:ニッポンノワール -刑事Yの反乱-

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
遊佐清春:賀来賢人
警視庁捜査一課の刑事。たたき上げで捜査の最前線を任される。冷徹で目的のためには手段を選ばない。記憶を失い、上司だった女性刑事・碓氷薫殺害の容疑者となる。

碓氷薫:広末涼子
警視庁捜査一課の刑事。美しい容姿と優秀な捜査能力から“捜査一課のマドンナ”と称され、遊佐らが所属する新設の碓氷班の班長を務める。シングルマザーとして9歳の息子・克喜を育てている。

才門要:井浦新
警視庁公安部の有能な刑事。身体能力も高く腕っぷしも強い。ひょうひょうとしながら心の奥に強い信念を持つ。かつて、新人だった遊佐に刑事のイロハをたたき込んだ。

深水咲良:夏帆
遊佐が根城にする喫茶店のマスターの娘。3年前のある事件で姉を亡くしている。遊佐が連れてきた薫の一人息子・克喜を心配する気持ちから、事件に絡んでいく。

名越時生:工藤阿須加
警視庁捜査一課の刑事。遊佐の唯一の後輩。陽気な性格で無邪気に人の懐に飛び込む“スーパーファンキーボーイ”。合言葉は「パーティーピーポー」。

南武修介:北村一輝
警視庁捜査一課長のたたき上げの刑事。何を知り、何を探り、何を目的としているのか、遊佐にとって敵か味方かも分からない、食えない男。薫の死の直前にさまざまな相談を受けており、遊佐に克喜を預ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
賀来賢人が規格外の刑事ドラマに主演! 究極のアンストッパブル・ミステリー 
刑事ドラマの枠を超えた規格外の内容で、疑いと裏切りが交錯するアンストッパブル・ミステリー。主人公となる冷徹で目的のためには手段を選ばないたたき上げの刑事・遊佐清春を賀来賢人が演じる。遊佐は直前数カ月の記憶がなく、上司の碓氷薫(広末涼子)を殺害した容疑をかけられて警察に追われ、さらに、この事件が未解決の“十億円強奪事件”の真相につながっていくというストーリー展開も見どころとなる。

賀来が同局のドラマに出演するのは、「今日から俺は!!」以来1年ぶり。脚本は「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(同系)を手掛けた武藤将吾が担当する。



関連記事

2019年秋、プレミアムドラマ「歪んだ波紋」

kage

2019/12/15 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★11月3日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週日曜 22:00~22:50

 プレミアムドラマ「歪んだ波紋」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:塩田武士「歪んだ波紋」(講談社)
脚本:向井康介
演出:佐々木章光/村上牧人/最知由暁斗
制作統括:佐野元彦/金澤友也/高橋練
主題歌:四季と歌/ORIGINAL LOVE

E13-b043.gif
外部サイト:プレミアムドラマ 歪んだ波紋

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
沢村政彦:松田龍平
地方新聞社「新神奈川日報」の遊軍記者。あるひき逃げ事件の特ダネ情報を得たが、実は先輩記者である桐野が仕掛けた虚報だったために誤報記事を出してしまう。姿を消した桐野と、誤報情報の元となったウェブサイト「メイクニュース」を追いつつ、流した誤報記事の影響と真摯に向き合っていく。

三反園邦雄:松山ケンイチ
ニュースウェブサイト「ファクトジャーナル」の編集長で、政彦とは大学時代の同期。かつては全国紙「大日新聞」で記者をしていた。手段を選ばない取材手法は、政彦から“薄情”と評されるが、自身は“現実的”と言ってはばからない。政彦と同じく「メイクニュース」を追いかけている。

森本敦子:小芝風花
ひき逃げ事件の被害者の妻。夫を亡くした悲しみに暮れるさなか、政彦の記事による誤報の被害に遭い、大きく人生が変わってしまう。現在妊娠中。

野村美沙:山口紗弥加
政彦の同僚で、「新神奈川日報」のネットメディア担当。保育園に通う一人娘がおり、仕事と子育ての両立について悩みを抱えている。

垣内智成:イッセー尾形
政彦の亡父・一平が「大日新聞」で記者をしていた時の同僚で、一平とよくぶつかっていた。引退後、一人で暮らしていたが突然自殺してしまう。記者時代は桐野の面倒をよく見ていた。

相賀正和:長塚京三
一平と垣内の元同僚。記者時代は、ぶつかり合う2人の仲裁役で、よく仲を取り持っていた。政彦と共に、垣内が自殺した理由を追う。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松田龍平×松山ケンイチで描く社会派ドラマ! 記者たちの人生と報道の現在に迫る 
松田龍平演じる誤報を出してしまった新聞記者・沢村政彦を主人公に、その周囲のさまざまな人間模様を描く、塩田武士の同名小説が原作の社会派ドラマ。松山ケンイチ扮する、政彦の大学時代の同期でニュースウェブサイトの編集長や、過去の事件を洗う元記者、子育てに悩む女性記者といったさまざまな記者たちの人生模様を、家庭の問題なども織り込みながら描くことで「報道」の現在に迫っていく。

共演者は、小芝風花、山口紗弥加、美村里江、筒井道隆、イッセー尾形、長塚京三ら。脚本は、同局の「植木等とのぼせもん」などを担当した向井康介が手掛ける。


関連記事

2019年秋、日曜ドラマ『グランメゾン東京』

kage

2019/12/15 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★10月20日スタート 

TBS系 毎週日曜 21:00~21:54

 グランメゾン東京

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:黒岩勉
演出:塚原あゆ子
プロデューサー:伊與田英徳/東仲恵吾
主題歌:RECIPE(レシピ)/山下達郎

E13-b043.gif
外部サイト:グランメゾン東京

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
尾花夏樹:木村拓哉
フランス料理のシェフ。天賦の才能でパリに自分の店を持ち二つ星を獲得。カリスマシェフともてはやされたことで自信が慢心に変わる。さらに、店で重大事件が起こり店も仲間も失うことに。そんな時、倫子と出会い、世界最高の三つ星レストランを目指して、もう一度シェフとして生き直すことを決意する。

早見倫子:鈴木京香
フランス料理のシェフ。何度も星に挑戦するも失敗。料理人として限界を感じて失意の底にいたが、尾花と出会い、共に三つ星レストランを目指すことに。尾花の無理難題に振り回されながらも、料理人としての尾花を尊敬しており、自分自身も見つめ直していく。

平古祥平:玉森裕太
一流ホテルの料理長。尾花のパリ時代の部下。尾花に憧れてフランスに渡り、傍若無人な尾花の振る舞いに耐えながら修業を積んだ。

丹後学:尾上菊之助
一つ星レストラン「gaku」のシェフ。尾花とはパリの修業時代の同期で、ライバル視している。

相沢瓶人:及川光博
人気料理研究家。尾花とはパリの修業時代の同僚で良き理解者。

京野陸太郎:沢村一樹
一つ星レストラン「gaku」のギャルソン。尾花の共同経営者として、パリで二つ星レストランの支配人を務めた。尾花の失脚と閉店に伴い、店の借金を背負って帰国。現在はライバルの丹後の店で働く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
木村拓哉がフランス料理の天才シェフに。挫折した男が再び夢に向かう、大人の青春物語 
慢心から全てを失い、どん底に落ちたカリスマシェフが、世界最高の三つ星レストランを目指して再び立ち上がる姿を描くヒューマンストーリー。フランス料理の天才シェフ・尾花夏樹役で木村拓哉が主演。尾花と共に三つ星レストラン作りを目指すシェフ・早見倫子役で鈴木京香が共演する。鈴木と木村は「華麗なる一族」(同系)以来、12年ぶりのタッグとなる。

そのほか、フランスで尾花の弟子として働いていた平古祥平を玉森裕太、尾花の宿敵となるシェフ・丹後学を尾上菊之助、料理研究家で尾花の良き理解者・相沢瓶人を及川光博、尾花の元同僚で店の共同経営者だった京野陸太郎を沢村一樹が演じるなど、実力派俳優が勢ぞろいする。


関連記事

2019年秋、真夜中ドラマ「江戸前の旬season2」

kage

2019/12/14 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月19日スタート 

BSテレ東 毎週土曜 24:00~24:30

 真夜中ドラマ「江戸前の旬season2」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:作・九十九森 画・さとう輝「銀座柳寿司三代目 江戸前の旬」(日本文芸社)
脚本:松井香奈/石川美香穂/小沼雄一
監督:小沼雄一/久万真路
プロデューサー:橋本かおり/岩花太郎/柳川美波/鈴木伸明/服巻泰三
主題歌:花飾りのうた/Halo at 四畳半

E13-b043.gif
外部サイト:真夜中ドラマ「江戸前の旬season2」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
柳葉旬:須賀健太
東京・銀座にある「柳寿司」の三代目。三男だが、鱒之介が病に倒れたことをきっかけに、すし職人として本格的に店を継ぐ決意をする。さらなる高みを求めて師匠である鱒之介に修業を請い、日夜研さんを積んでいる。

柳葉鱒之介:渡辺裕之
「柳寿司」の二代目店主。頑固一徹で職人かたぎ。同じすし職人になった旬を、厳しくも愛情深く指導する。妻を早くに亡くしたが、その後も子どもたちの成長を優しく見守っている。

柳葉真子:佐藤玲
柳葉家の長女で旬の姉。日分書房で雑誌の編集をしているが、店に時々手伝いに来る。

柳葉鱚一郎:田中幸太朗
柳葉家の長男。商社でサラリーマンをしている。過去に、鱒之介とのわだかまりがあった。

柳葉鮭児:渡部豪太
柳葉家の次男。放浪癖があり、長く一つの場所にいられない性格。18歳の時から家を離れて、大道芸などをしながら世界中を回っている。

平政:赤塚真人
「柳寿司」の常連。店と柳葉家の日常をいつも見守っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
須賀健太が修業中のすし職人を演じるヒューマンドラマの続編 
2018年の秋に放送され好評を博したヒューマンドラマの続編。東京・銀座にある「柳寿司」の三男・柳葉旬を須賀健太、その父であり二代目の鱒之介を渡辺裕之が引き続き演じる。父の病がきっかけで本格的に店を継ぐ決意をした旬の新たな意気込み、そして旬のひらめきの才能や技にほれ込む常連たちや新しい客との人情味あふれるエピソードを描く。

すしのおいしさやうんちくだけでなく、前作同様に旬を取り巻く兄弟や祖父母などとの涙のエピソードやコミカルなやりとりなど、家族の物語も展開する。今作では、旬の姉の結婚話や、家を出て世界を放浪している次男の登場などで、柳葉家にさまざまな風が吹く。


関連記事

2019年秋、土曜ドラマ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』

kage

2019/12/14 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★12月7日スタート 

フジテレビ系 毎週土曜 23:40~24:35

 悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:中山七里「弁護士・御子柴シリーズ」(講談社文庫)
・贖罪の奏鳴曲(講談社文庫)
・追憶の夜想曲(講談社文庫)
・恩讐の鎮魂曲(講談社文庫)
・悪徳の輪舞曲(講談社)
脚本:泉澤陽子/戸田彬弘
演出:村谷嘉則/松田祐輔/稲葉正宏
プロデューサー:松本圭右/渡辺良介/椋尾由希子

E13-b043.gif
外部サイト:悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
御子柴礼司:要潤
多額の報酬を要求するが、請け負った依頼はどんな手を使ってでも勝訴に導くため、“悪魔の弁護人”と呼ばれる弁護士。実は、14歳の時に凶悪犯罪を犯し“少年A”と呼ばれた過去を持つ。当時は園部信一郎という名前だったが、医療少年院に入った時に名前を変え、少年院を出てから独学で学んで弁護士になった。

日下部洋子:ベッキー
「御子柴法律事務所」の事務員。母子家庭で育ち、奨学金を得て大学進学したが、卒業後の就職先がブラック企業で体調を崩し退職。派遣先でも契約を切られ無職になった時に、ハローワークから紹介され現職に。御子柴の過去を知ってしまう。

岬恭平:津田寛治
東京地検のナンバー2である次席検事。法律は絶対だと信じる堅物で、罪を犯した人間には相応の罰を与えることで、社会の秩序を守れると考えている。御子柴の強引なやり方に嫌悪感を抱く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
要潤が手段を選ばず勝訴に導く弁護士役で主演するヒューマン法廷ミステリー
要潤が、“悪魔の弁護人”と呼ばれるほどあくどい手腕で勝訴をもぎ取る弁護士・御子柴礼司を演じるヒューマン法廷ミステリー。原作は、中山七里の傑作ミステリー小説「弁護士・御子柴シリーズ」の4作品。二転三転するハイテンポな法廷劇だけでなく、少年時代に犯した過去の罪と向き合う御子柴の苦悩を描き、正義と贖罪の意味を問う。法律事務所の事務員として御子柴の下で働くことになる日下部洋子に6年ぶりの地上波連続ドラマレギュラー出演となるベッキー、御子柴の最大の敵である東京地検次席検事・岬恭平に実力派俳優の津田寛治が扮するほか、玄理、本村健太郎、奥菜恵、勝野洋らが共演する。



関連記事

2019年秋、土曜ドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』

kage

2019/12/14 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★11月2日スタート 

テレビ朝日系 毎週土曜 23:15~24:05

 おっさんずラブ-in the sky-

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:徳尾浩司
演出:瑠東東一郎/Yuki Saito/山本大輔
プロデューサー:桑田潔/三輪祐見子/貴島彩理/神馬由季/松野千鶴子
主題歌:願い/sumika

E13-b043.gif
外部サイト:おっさんずラブ-in the sky-

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
春田創一:田中圭
「天空ピーチエアライン」の新人客室乗務員。突然リストラに遭い、空の仕事に転職した。真っすぐで不器用なうえに、情に厚く優しい性格。仲間への思いが人一倍強く、孤立している人は放っておけない。黒澤に憧れており、自らも“グレートCA”を目指して奔走するも、おっちょこちょいで熱意が空回りすることもある。

成瀬竜:千葉雄大
「天空ピーチエアライン」の副操縦士。操縦技術に長けた優秀な若手で黒澤とペアを組むことが多い。自分にも他人にも厳しく、言葉を選ばないため、対人トラブルを起こしがち。ドライな性格で付き合いが悪く、プライベートを見せない。家事全般が苦手なうえに偏食で、毎食冷凍食品のグラタンを食べている。古墳好き。春田と同じ寮に住んでいる。

四宮要:戸次重幸
「天空ピーチエアライン」の整備士。通称・シノさん。整備チームのリーダー的存在。いつもツナギを着ており、熱血でストイック。ボルト1mmの緩みも許さない職人肌。プライベートではおおらかな性格で、細かいことは気にしない。誰にでも優しく、たまに天然。“男の料理”が得意で、丼ものや麺類などを作っては周囲に振る舞う。春田と同じ寮に住んでいる。

黒澤武蔵:吉田鋼太郎
「天空ピーチエアライン」で機長を務めるパイロット。“グレートキャプテン”と呼ばれるほど、操縦技術・人柄ともに秀でた人物。新人CAから整備士まで、みんなを気遣う優しい性格。チームの絆を重んじており、後輩への指導にも余念がない。いつも全力で仕事に励む春田とフライトを重ねるうちに、少しずつ彼を認めるようになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
田中圭が航空会社の新人CAに! 再び巻き起こる“おっさん同士”のラブストーリー 
モテないサラリーマン・春田創一をめぐる“おっさん同士”の恋模様を描き、社会現象を巻き起こした「おっさんずラブ」の新シリーズ。主演・田中圭、ヒロイン・吉田鋼太郎の最強タッグで、再び“王道恋愛ドラマ”を繰り広げる。物語の舞台は大地から空へ。35歳で突然のリストラに遭った春田(田中)が、転職した航空会社で新人CA(客室乗務員)となり、なぜか男性にモテまくる“モテ期”が到来。あらゆる出来事に巻き込まれていく。今作から新たに、吉田が演じる機長・黒澤武蔵とペアを組む副操縦士役で千葉雄大、熱血でストイックな職人肌の整備士役で戸次重幸も出演し、ラブバトルに参戦する。


関連記事

2019年秋、よるドラ「決してマネしないでください。」

kage

2019/12/14 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月26日スタート 

NHK総合 毎週土曜 23:30~24:00

 よるドラ「決してマネしないでください。」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:蛇蔵「決してマネしないでください。」
脚本:土屋亮一/福田晶平/鎌田順也
演出:片桐健滋/榊英雄
制作統括:谷口卓敬/八木亜未

E13-b043.gif
外部サイト:よるドラ「決してマネしないでください。」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
掛田理:小瀧望
工科医大理工学部の学生。食堂のボヤを消し止めた飯島さんに一目ぼれし、その気持ちが恋なのかを調べようと、さまざまな実験と検証を繰り返す。

飯島さん:馬場ふみか
工科医大理工学部の学生食堂に勤めるお姉さん。掛田の実験の内容を知らずに興味を持つ。

テレス:ラウール
工科医大理工学部・高科ゼミの学生。フランスからの帰国子女だが恋愛には疎い。掛田の実験を手伝う。

有栖伊音今井悠貴:
工科医大理工学部・高科ゼミの学生。機械工学に詳しい。掛田の実験を手伝う。

白石教授:マキタスポーツ
工科医大医学部の教授。研究室が大破した高科ゼミの学生たちに、勝手に研究室を使われてしまう。

高科教授:石黒賢
工科医大理工学部の教授。さりげなく掛田の恋をあおろうとする。白石とは大学時代からの友人。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
小瀧望が連ドラ初主演! 科学好きの大学生が初めての恋に奮闘するラブコメディー 
蛇蔵の同名漫画を原作に、科学好きで恋愛経験ゼロの主人公が初めての恋に奮闘するピュアなラブストーリー。幼い頃から筋金入りの科学少年で、恋愛に無関心な理工学部の大学生・掛田理にジャニーズWESTの小瀧望が扮し、連続ドラマに初主演する。
恋愛という理論立てできない現象は苦手な掛田が、実験と検証を繰り返しながら、一風変わった恋の努力をする姿がコメディータッチで描かれる。恋に不器用な理系人間のちょっと残念だけど愛すべき迷走を、科学の豆知識を盛り込みながら展開する点も見どころ。掛田が恋する学生食堂の飯島さん役を馬場ふみか、掛田の恋を応援するテレス役をSnow Manのラウールが演じる。


関連記事

2019年秋、土曜ドラマ『Re:フォロワー』

kage

2019/12/14 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月5日スタート 

テレビ朝日系 毎週土曜 26:30~27:00

 Re:フォロワー

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:西田大輔
監督:西田大輔
プロデューサー:近藤真広/中田陽子/渋谷英史
主題歌:ストーリーの先に/GLIM SPANKY

E13-b043.gif
外部サイト:Re:フォロワー

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
池永一十三:西銘駿
巨大インフルエンサー「クレシダ」のリーダー。依頼者を選び、“悪”との対峙に全てを捧げる。アカウント名は「@ROSALIND」。

原田優作:塩野瑛久
俳優志望の演技力を生かした「クレシダ」の潜入役。見た目は軽薄だが熱い心を持つ。アカウント名は「@IAGO」。

鯨岡友木:和田雅成
弁護士を目指す図書館司書で「クレシダ」のメンバー。頭脳明晰で情報収集能力に長けている。アカウント名は「@POLON」。

城江公人:佐藤流司
依頼者に言葉を与える「クレシダ」の象徴的存在。口数は少なく、その素顔は謎に包まれている。アカウント名は「@AIRREAL」。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
西銘駿と塩野瑛久がダブル主演! “裏アカ男子”が悪を翻ろうするSNSサスペンス! 
「仮面ライダーゴースト」主演の西銘駿と「獣電戦隊キョウリュウジャー」の塩野瑛久がダブル主演。さらに、2.5次元舞台で活躍中の和田雅成、佐藤流司と話題の若手俳優が集結し、“裏アカ男子”が悪を翻ろうする姿をサスペンスタッチで描く。

実際にSNS上でも人気の4人が演じるのは、巨大インフルエンサー「クレシダ」を運営する謎に包まれた男たち。依頼者から寄せられる悩みを、時に激しく断罪し、ドラマが進行するにつれてその目的とメンバーの本当の姿、それぞれの狙いが少しずつ明かされていく。

脚本・監督は、演劇界で新進気鋭の演出家・西田大輔が担当。また、テレビでは描かれなかったストーリーの舞台化も決定している。


関連記事

2019年秋、連続テレビ小説「スカーレット」

kage

2019/12/14 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★9月30日スタート 
NHK総合 毎週月曜~土曜 08:00~08:15

 連続テレビ小説「スカーレット」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:水橋文美江
演出:中島由貴/佐藤譲/鈴木航
制作統括:内田ゆき
プロデューサー:長谷知記
主題歌:フレア/Superfly

E13-b043.gif
外部サイト:連続テレビ小説「スカーレット」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
川原喜美子:戸田恵梨香
3人姉妹の長女。9歳で滋賀・信楽に移り住み、地元の信楽焼に触れて育つ。幼い頃から貧しい一家を支える働き者。男性ばかりの陶芸の世界に飛び込み、女性陶芸家の草分けとして歩み始める。お人よしな性格で、周囲に頼られることが多い。特技は絵と柔道。

川原常治:北村一輝
喜美子の父。大阪出身。小学校卒業後、商家にでっち奉公に出る。山っ気があり、いろいろな商売に手を出してきた。見栄っ張りで人がよく、金が全く身につかない。借金から逃れるために一家で信楽へ移り住んだ。

川原マツ:富田靖子
喜美子の母。大阪・八尾の大地主の娘。商売で実家に出入りしていた常治と駆け落ち同然で結婚する。穏やかでおっとりした性格。和洋裁の腕があり、学問もできる。体が弱く、働き者の喜美子を頼りにしている。

川原直子:桜庭ななみ
喜美子の上の妹。3歳の時に空襲で1人取り残された記憶がトラウマとなる。わがままで自由奔放な性格。家の手伝いは大嫌い。早々に信楽を飛び出すが、反抗心と裏腹に甘えたい気持ちもあり、たびたび喜美子にトラブルを持ち込む。

熊谷照子:大島優子
喜美子の幼なじみ。信楽で一番大きな窯元「丸熊陶業」のお嬢さま。プライドが高く、勝気な性格で、ちやほやされる割に友達ができない。転校生の喜美子に興味を持ち、一緒に柔道を習うなど、仲が良いのか悪いのか分からない不思議な関係。

大野信作:林遣都
喜美子の幼なじみ。信楽の「大野雑貨店」の一人息子。気が弱く、引っ込み思案な性格。器量よしで照子からさかんにアピールされるが気付かない。成長後は大きな変化を遂げ、喜美子を驚かせる。

草間宗一郎:佐藤隆太
謎の旅人。ふとしたことから常治が信楽に連れてきて、川原家の居候になる。戦時中は満州におり、日本で空襲にあって行方不明になった妻を捜している。信楽を去ってからも喜美子の前に現れ、新たな道を選ぶきっかけとなる。

大野陽子:財前直見
川原家の隣人。信作の母。「大野雑貨店」を切り盛りする。祖母の住まいだった空き家を川原家に提供する。大らかな性格で、マツの良き友人となり、喜美子たち3姉妹のことも何かと気にかけている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
戸田恵梨香主演で滋賀・信楽を舞台に描く、女性陶芸家の波瀾万丈な物語 
滋賀の焼き物の名産地・信楽を舞台に、がむしゃらな強さと天性の明るさを持つ女性の人生を描く波瀾万丈な物語。戦後の高度経済成長期に男性ばかりの陶芸の世界で、女性陶芸家の草分けとして歩み始める主人公・川原喜美子を戸田恵梨香が演じる。
脚本は「ホタルノヒカリ」(日本テレビ系)、同局の「みかづき」などを手掛けた水橋文美江が担当。タイトルの“スカーレット”は伝統的に炎の色とされる緋色のことで、窯の炎のほか、情熱的な人生の意味が込められている。

喜美子の両親を、北村一輝、富田靖子が演じるほか、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、財前直見らが共演する。

関連記事

2019年秋、ドラマ25「ひとりキャンプで食って寝る」

kage

2019/12/13 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月18日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 24:52~25:23

 ドラマ25「ひとりキャンプで食って寝る」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:冨永昌敬/保坂大輔/飯塚花笑
演出:冨永昌敬/横浜聡子
プロデューサー:大和健太郎/滝山直史/横山蘭平
主題歌:to the moon/Yogee New Waves

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマ25「ひとりキャンプで食って寝る」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
大木健人:三浦貴大
さまざまなキャンプ場を訪れ、缶詰と簡単な食材でアレンジ調理を楽しんでいる男性。自然の中で、1人で缶詰を食べて寝ることが何よりも好き。(奇数話の主人公)

七子:夏帆
あることがきっかけで1人でキャンプをして以来、“ひとりキャンプ”に魅了された女性。大自然の中で、自ら食材を取って調理して食べることが大好き。(偶数話の主人公)

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
三浦貴大&夏帆が隔週で主人公を演じる「ひとりキャンプ×食」がテーマのグルメドラマ 
約25年ぶりにブームが到来しているといわれるキャンプ。その中でも特に注目されている“ひとりキャンプ”通称・ソロキャンと、キャンプの楽しみでもある“食事”をテーマにした斬新なグルメドラマ。それぞれ気の赴くままに独自のキャンプを満喫する主人公を隔週で演じるのは、三浦貴大と夏帆。奇数話は三浦と横浜聡子監督のタッグで、カップラーメンや缶詰に手を加えたものを食べて寝るだけの大木健人が主人公。偶数話は夏帆と冨永昌敬監督のタッグで、食材を取って食べることに夢中な七子が主人公。キャンプが舞台であること以外全く別物だが、どちらの主人公も、自分がやりたいことを自然の中で謳歌する物語となっている。


関連記事

2019年秋、金曜ドラマ『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~』

kage

2019/12/13 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月18日スタート 

NHK総合 毎週金曜 22:00~22:50

 ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:八津弘幸
脚本:徳尾浩司/吉田真侑子
制作統括:小林大児/高橋練

E13-b043.gif
外部サイト:ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
天ノ真奈子:松雪泰子
東京第一大学で失敗学を研究する工学部教授。自己中心的な性格で、失敗の宝庫である事故調査が大好き。ひそかにタイムマシーンの研究を進めている。

野津田燈:堀井新太
真奈子の助手。自分勝手な真奈子に振り回され、いつも雑用に追われている。

辻留志保:須藤理彩
真奈子の秘書。そろばんで研究室の予算の計算ばかりしている。実は元工学者。

西峰郁美:高橋メアリージュン
真奈子の助手。なぜかいつもロボットに着せる衣装を縫っている。

南雲喜里子:余貴美子
真奈子の母。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松雪泰子が天才工学者役で主演! “失敗学”を武器に事故の背景に切り込むミステリー 
松雪泰子がおきて破りで自分勝手な天才工学者に扮して、“失敗学”を武器に、事故の背景に潜む人間模様や社会のひずみに切り込むミステリー・エンターテインメント。松雪が演じる主人公・天ノ真奈子が、さまざまな事故を第三者の目で調べる「事故調査委員会(事故調)」に招かれ、草食男子の助手や周囲の人々を振り回しながら秘められた真相に挑む姿をコミカルかつ痛快に描く。
脚本は「陸王」「半沢直樹」(ともにTBS系)を手掛けた八津弘幸と、「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)を手掛けた徳尾浩司によるオリジナル作。堀井新太、須藤理彩、高橋メアリージュン、余貴美子ら、個性豊かな面々が脇を固める。


関連記事

2019年秋、BS時代劇「赤ひげ2」

kage

2019/12/13 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★11月1日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週金曜 20:00~20:45

 BS時代劇「赤ひげ2」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:山本周五郎「赤ひげ診療譚」
脚本:尾崎将也/川崎いづみ/牟田桂子
演出:猪原達三/皆川智之/後藤孝太郎
制作統括:吉永証/小林大児/井上竜太

E13-b043.gif
外部サイト:BS時代劇「赤ひげ2」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
新出去定:船越英一郎
江戸・小石川養生所の責任者である医師。薬品の影響で、ひげが赤茶色に見えることから“赤ひげ”と呼ばれる。武骨で、時に大声でわめき散らし、かんしゃくをぶつけたりもするが、その内には優しさを秘めている。貧しい者には無料で治療を行うが、金持ちには薬料を高額で売りつけるなど、「無知と貧困」にあらがう市井のヒーロー。

保本登:中村蒼
赤ひげの下で働く青年医師。かつては養生所で働くことを不本意に思い反発していたが、今は赤ひげの医療に対する姿勢に共感して忠実に師事している。まさをと結婚して所帯を持ち、通いで勤務している。

およね:佐津川愛美
けがを負って養生所に入所してきた、訳ありの遊女。過去の不幸な出来事からか、ひねくれた性格でたびたびうそをついては周囲を困らせる。実は、ある目的を持っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
船越英一郎が無骨な医師を演じる時代劇の第2弾! 
江戸の小石川養生所を舞台に、武骨で謎めいた医師と貧しい患者や市井の人たちの姿を描いた、船越英一郎主演の時代劇の続編。原作は山本周五郎の不朽の名作で、その魅力を踏襲しながらドラマ化。今作では、オリジナル要素も加えてパワーアップし、笑って泣けて胸を打つ、人情味豊かな物語が展開する。船越演じる“赤ひげ”と呼ばれる養生所の所長・新出去定の下で働く青年医師の保本登に中村蒼、津川玄三に前田公輝、保本の妻役の奈緒、使用人役の山野海と真凛が前作より続投。今作では、新人医師役の鈴木康介、訳ありの遊女役の佐津川愛美らが新たに加わる。


関連記事

2019年春—秋、テレビ朝日開局60周年記念帯ドラマ劇場『やすらぎの刻~道』

kage

2019/12/13 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月8日スタート 

テレビ朝日系 毎週月曜~金曜 12:30~12:50

 テレビ朝日開局60周年記念帯ドラマ劇場「やすらぎの刻~道」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:倉本聰
主題歌:進化樹/離郷の歌/中島みゆき

E13-b043.gif
外部サイト:やすらぎの刻~道

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
根来しの :風吹ジュン
無名の夫婦の生涯をつづる菊村の作品「道」のヒロイン。戦後から平成の世を生き抜く。

浅井(根来)しの :清野菜名
14歳の時、訳あって同業の養蚕農家から根来家に引き取られた。明るくおてんばな性格で度胸も満点。なぎなたは県の大会で2位に輝いたほどの腕前。男子相手のけんかにもひるまず立ち向かい、度々騒動を巻き起こす。

根来公平 :橋爪功
「道」のヒロイン・しのの夫。栄が水沼の魅力を投影したキャラクター。

根来公平 :風間俊介
養蚕農家・根来家の四男。小さい頃から“ついていないこと”ばかり起きるため、13歳にして「うまくいかないのが人生」と達観し、夢や希望を持たずに生きる。

菊村栄 :石坂浩二
かつての売れっ子シナリオライター。認知症となった妻・律子の介護に疲れ果てていた時、「やすらぎの郷 La Strada」から入居の誘いを受ける。夫婦での移住を決意した矢先に律子が他界。1人で入居することに。その後、入居者たちに触発されて新たに「道」のシナリオ執筆を始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
倉本聰オリジナル脚本の帯ドラマ劇場を1年間放送! 新加入メンバーも共に物語を紡ぐ
倉本聰のオリジナル脚本により帯ドラマ劇場枠で1年間放送する、テレビ朝日開局60周年記念作品。2017年に放送された「やすらぎの郷」の続編で、石坂浩二演じる主人公のシナリオライター・菊村栄が新たに執筆する「道」が映像化されていくという壮大なストーリー。“ふるさと”をテーマに、戦中・戦後と激動の時代を生き抜いた無名の夫婦の生涯とともに、「やすらぎの郷」の“その後”も併せて描かれる。

物語は昭和初期から始まり、前半の主人公を清野菜名、戦後の高度成長期を経て現代に至るまでの後半を風吹ジュンが演じる。風吹は前作同様、菊村の亡き妻・律子との2役。そのほか、橋爪功、風間俊介など豪華キャストが多数共演する。


関連記事

2019年秋、金曜ドラマ『4分間のマリーゴールド』

kage

2019/12/13 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月11日スタート 

TBS系 毎週金曜 22:00~22:54

 4分間のマリーゴールド

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:キリエ「4分間のマリーゴールド」(小学館ビッグスピリッツコミックス)
脚本:櫻井剛
演出:河野圭太
プロデューサー:橋本芙美

E13-b043.gif
外部サイト:4分間のマリーゴールド

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
花巻みこと:福士蒼汰
救急救命士。手を重ねた人の最期の姿が見える不思議な力を持つ。9歳の時に父が再婚し、義母とその子どもの沙羅、廉、藍と家族になる。子どもの頃から沙羅に思いを寄せている。ある時、沙羅の寿命が1年後の誕生日までだという運命を知ってしまう。

花巻沙羅:菜々緒
みことの義姉。画家。地元のカルチャースクールでお年寄り向けの絵画教室を開いたり、自宅のアトリエを開放して近所の子どもたちに絵を指導している。天真らんまんで家族にとって太陽のような存在。自分より周りのことを優先する優しい性格。マリーゴールドの花が好き。

花巻廉:桐谷健太
みことの義兄。警備員。父が亡くなり、母も不在がちな花巻家を守る大黒柱。元ヤンキーでこわもてだが、大の家族思い。格闘技が好きで、ジムにも通っている。沙羅や藍から辛らつな言葉を浴びせられることも多いが、怒ることはなく、逆に落ち込んでしまう性格。

花巻藍:横浜流星
みことの義弟。高校生。料理好きで、家族のためにご飯を作ることが自分の大事な役割だと思っている。あまり自らのことを口に出さず、きょうだいの中で一番クールに見えるが、子どもっぽい一面も持つ。姉の沙羅

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
福士蒼汰が救急救命士役で主演。
菜々緒演じる余命1年の義姉との切ないラブストーリー 

キリエの同名漫画を原作に、“死の運命”が見える特殊な能力を持つ救急救命士と、余命1年の義姉との恋を描く禁断のラブストーリー。救急救命士・花巻みことを福士蒼汰が、みことが思いを寄せる義姉・沙羅を菜々緒が演じる。

花巻家の長男・廉を桐谷健太、末っ子・藍を横浜流星が演じるなど、一つ屋根の下で繰り広げられる4人のやりとりも見どころの一つ。また、藍が料理好きという設定から、横浜が“料理男子”に初挑戦するなど、食卓を彩る家庭料理にも注目が集まる。
タイトルの“4分間”とは、救命における生死を分けるタイムリミットのこと。家族、そして生と死に向き合う愛の物語を、脚本の櫻井剛が切なく紡ぎ出す。


関連記事

2019年春、ドラマ24「孤独のグルメ Season8」

kage

2019/12/13 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月4日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 24:12~24:52

 ドラマ24「孤独のグルメ Season8」

孤独のグルメ スペシャル版 DVD BOX
ポニーキャニオン (2017-04-12)
売り上げランキング: 7,765


----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:原作:久住昌之、作画:谷口ジロー「孤独のグルメ」(週刊SPA!)
脚本:田口佳宏/児玉頼子
演出:井川尊史/北畑龍一/北尾賢人
プロデューサー:阿部真士/小松幸敏/吉見健士/菊池武博/川村庄子

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマ24「孤独のグルメ Season8」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
井之頭五郎:松重豊
輸入雑貨商を個人で営む。店を構えず営業先に出向いて打ち合わせをし、気になった飲食店に飛び込みで入ってはその時の気分で自由に食事をする。誰にも邪魔されずに思うがままに食事を楽しむことを何よりも大切にするが、食事中に感情を表に出すことはほとんどない。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松重豊の“飯テロ”グルメドキュメンタリードラマ待望の第8シーズン! 
黙々と、ひたすら料理を食べるシーンがほとんどを占めるという大胆な構成で、“飯テロ”という言葉を生み出したグルメドキュメンタリードラマ待望の第8シーズン。2012年1月のスタート以来、松重豊演じる雑貨商の井之頭五郎が、仕事で訪れる町のごくありふれたお店で、食べたいものを自由に食べる至福の時間を描く。スペシャル版や大みそかスペシャルが放送されるほどの人気を誇る本作の最新シーズンでは、初の“スイーツ”メイン回があったり、グルメカットに新しい仕掛けが投入される。出張編では初上陸の地域や今までにないジャンルのグルメ、至極の一品なども登場する。



関連記事

2019年春—秋、木曜ドラマ『科捜研の女』

kage

2019/12/12 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月18日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 20:00~20:54

 科捜研の女

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:戸田山雅司/櫻井武晴
監督:森本浩史/田崎竜太
プロデューサー:関拓也/藤崎絵三/中尾亜由子/谷中寿成
主題歌:Blue Rain/今井美樹

E13-b043.gif
外部サイト:科捜研の女

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
榊マリコ:沢口靖子
京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員。科学捜査には信念とプライドを持っているが、過信することなく真理は科学を扱う人間にかかっていることも心得ている。現在は独身だが、実は一度結婚経験がある。京都府警捜査一課の土門とは強い絆で結ばれており、互いに信頼し合っている。

土門薫:内藤剛志
京都府警捜査一課の刑事。警部補。団体行動が苦手な一匹狼タイプで、直情的に突っ走ることが多い。マリコと共に独断で捜査に走ることがあり、藤倉刑事部長から苦言を呈されることもしばしばだが、やり方を変える気はない。妻とは死別、かつての部下の殉職に責任を感じ続けている。

風丘早月:若村麻由美
洛北医科大医学部病理学科法医学教室の教授。一男一女の母。のんきで陽気な性格。仕事以外でも何かとマリコの相談に乗っている。マリコとは性格も私生活も正反対だが、仕事に関してはよいパートナーシップで結ばれている。

宇佐見裕也:風間トオル
科捜研の化学担当。狭き門の中途採用試験に合格し採用された。以前は国立航空科学研究所の技官として、爆発物や化学兵器の防犯・研究をしていた。気象や海洋など航空安全に関わる知識も豊富で、マリコのよきアドバイザー。

藤倉甚一 :金田明夫
京都府警刑事部長。警視。土門の上司。以前は鑑識畑一筋で、筋金入りの現場第一主義だった。頑固で曲がったことが嫌いな性格。人にこびたりは絶対にしない。以前は「科捜研はあくまで裏方であるべき」と考え、捜査に過度に介入してくるマリコの行動を非難していたが、最近は一定の理解を示すようになった。

日野和正 :斉藤暁
科捜研所長。文書鑑定担当。もともとは警視庁の科捜研にいたが、京都府警からの要請で東京から京都へ異動してきた。そのため、妻子は東京在住で単身赴任中。見かけはいい加減だが、意外に正義感も強く、情にもろい。過労で仕事中に倒れて入院して以来、科捜研メンバーの働き方に気を配っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
沢口靖子主演の20周年を迎える人気ミステリー。科学技術を武器に難事件に挑む! 
沢口靖子扮する法医研究員・榊マリコら京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)のメンバーが、各々の専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く人気ミステリー。

日本の連続ドラマ史上、最も長くシリーズが継続しており、今作で20周年を迎える。また、テレビ朝日開局60周年を記念して、1年間にわたって放送されるため、京都の四季折々の情景がふんだんに盛り込まれるのも見どころとなる。
もちろん、おなじみのメンバーもそのままに、一癖も二癖もある研究員たちが繰り広げる“最新の科学捜査テクニック”とともに、深みのある人間ドラマが絡み合う、ハイクオリティーなミステリーに期待。



関連記事

2019年秋、木曜ドラマ『モトカレマニア』

kage

2019/12/12 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★10月17日スタート 

フジテレビ系 毎週木曜 22:00~22:54

 モトカレマニア

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:瀧波ユカリ「モトカレマニア」(講談社「Kiss」連載)
脚本:坪田文
演出:並木道子/相沢秀幸
プロデューサー:草ヶ谷大輔
主題歌:Revival Love/超特急

E13-b043.gif
外部サイト:モトカレマニア

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
難波ユリカ:新木優子
元カレを忘れられない27歳の独身“モトカレマニア(MKM)”。元カレの真を好きすぎるあまり、毎朝SNSで名前を検索したり、心の中で妄想の会話をしたり、初対面の男性に対し“モトカレスカウター”なるものを起動させ、真とのかすかな共通点を見つけると恍惚の表情を浮かべている。「チロリアン不動産」で働くことになり、真と再会する。

斉藤真:高良健吾
「チロリアン不動産」に勤務する30歳、独身のイケメン。通称・マコチ。ユリカの妄想の中にたびたび現れ、大きな心の支えとなっている。ユリカと同僚として5年ぶりに再会する。真っすぐすぎる性格のあまり、知らず知らずのうちにユリカの心を大きく揺さぶってしまう。

山下章生:浜野謙太
大手食品メーカーに勤める将来有望なサラリーマン。食べ歩きが趣味で、グルメアプリ“食べモグ”を使っておいしいお店を探し、レビューを投稿している。優しくて誠実な性格だが、恋愛には奥手。「チロリアン不動産」を訪れ、ユリカの初めての客となり好意を持つが、あることをこじらせている。

安藤一朗:小手伸也
「チロリアン不動産」の社長。ハラスメントを防止するため、女性とはお酒を飲みに行かない“ハラミ会”(ハラスメントを未然に防ぐ会)を結成するなど、リスクヘッジに敏感な男。ユリカのマニア度の高さは仕事に生かせると考えている。男目線の恋愛アドバイスを真に送るなど、部下思いの一面も。

丸の内さくら:山口紗弥加
ユリカが愛読する恋愛小説の作者。甘酸っぱい切なさや繊細な恋愛描写が持ち味で、その源泉は元カレとの思い出。ユリカと同じく根っからの“モトカレマニア”。心の奥底は素直な女性だが、防衛本能が強すぎるあまり、周囲への攻撃力が高くなってしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
新木優子×高良健吾がW主演。元カレを引きずる女子あるあるが満載のラブコメディー! 
瀧波ユカリの同名コミックを原作に、元カレの存在を引きずり“モトカレマニア(MKM)”になった女性の混乱と暴走、試行錯誤をコミカルに描くラブコメディー。地上波ドラマ初主演となる新木優子が元カレを忘れられない難波ユリカを演じ、高良健吾がユリカの元カレ・マコチこと斉藤真に扮しダブル主演を務める。

ユリカが“脱MKM”すべく、新たな恋愛を試みる相手・山下章生役の浜野謙太のほか、山口紗弥加、小手伸也、田中みな実、森田甘路、加藤虎ノ介、大地、井上翔太らが共演。お笑いコンビのガンバレルーヤ・よしこも、ユリカの大学時代からの親友でネイリストの“いい女”役で連続ドラマ初出演する。



関連記事

2019年秋、木曜ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』

kage

2019/12/12 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★10月17日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 21:00~21:54

 ドクターX~外科医・大門未知子~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:中園ミホ/林誠人
演出:田村直己/松田秀知
プロデューサー:内山聖子/大江達樹/峰島あゆみ/霜田一寿/大垣一穂
主題歌:ソー・ホワット/P!nk

E13-b043.gif
外部サイト:ドクターX~外科医・大門未知子~

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
大門未知子:米倉涼子
「神原名医紹介所」に所属し、医局に属さずさまざまな病院を渡り歩くフリーランスの外科医。外科医としての腕は天才的で、「私、失敗しないので」が口癖。医師免許不要の雑用は一切引き受けず、組織や院内政治に全く興味がない上に、誰に対しても物怖じせず言いたいことを口にするため、医局の面々とは折り合いが悪い。かつて後腹膜肉腫のため余命3カ月と診断されるが、奇跡の生還を果たした。

神原晶:岸部一徳
「神原名医紹介所」の所長。未知子が「師匠」と慕う存在。元外科医だが、過去に医師免許をはく奪されているなど謎の多い男。大学病院の内情にも詳しく、営業に余念がない。趣味は麻雀。手術適応外の重病に冒されたが、未知子のオペによって命を救われた。

ニコラス丹下:市村正親
東帝大学病院再生のために蛭間が招聘した投資・事業再生のプロフェッショナル。「東帝大学病院リバースプラン2020」を打ち出し、副院長に就任する。これまでにも、潰れかけた病院や会社をいくつも救済。「私に救えない企業はない」を決めゼリフに、今の地位まで上り詰めた。ブラジルの日系二世だが日本語は堪能。

潮一摩:ユースケ・サンタマリア
次世代インテリジェンス手術担当外科部長。丹下に呼ばれて、ボストンの病院から東帝大学病院にやって来た。オペの技術は高く、緻密で速いが、それよりもコスト管理を好む。丹下が導入したAIシステムによるオペを推進。徹底的なコストダウンを図る。

城之内博美:内田有紀
フリーランスの麻酔科医。シングルマザー。かつては帝都医科大学付属第三病院に勤務していたが、その頃に大門と出会いフリーに転身。現在は「神原名医紹介所」に所属。未知子とは軽口をたたき合いつつ、公私ともに信頼関係を築いている。以前完全切除が不可能な局所進行膵がんを患っていたが、大門の手術により命を救われた。

海老名敬:遠藤憲一
東帝大学病院の外科副部長。院長の蛭間をはじめ権力者たちにひたすら尽くす卓越した“御意力”を持つ。出世欲が原動力の全てのようだが、実は一人でも多くの患者を救いたいという青年のような志も忘れていない。真摯に病気と向き合う未知子に土壇場で共感してしまい、策略を台無しにすることが多々ある憎めない存在。

加地秀樹:勝村政信
東帝大学病院の外科医で准教授。「腹腔鏡の魔術師」と呼ばれるほど腕がいいが、金には汚い。肩書きや権力よりも金を選んだため、同期よりも出世は遅い。未知子の手術に協力したせいで帝都医科大学付属病院高松第24分院に左遷されるなど、数々の迷惑をこうむってきたため、未知子を「デーモン」と呼んで疫病神扱いしている。

原守:鈴木浩介
東帝大学病院の外科医。帝都医科大学付属第三病院時代、未知子の手術に協力したせいで地方の分院へ転勤。ロシアで一時働いた後、「国立高度医療センター」、「同・金沢分院」などに勤務。前副院長・久保東子の指名で東帝大学病院に呼び戻された。上の人間に頭が上がらない半面、患者の心に寄り添う医療を目指す温かい男でもある。

鮫島有:武田真治
丹下の使用人。東帝大学病院の新事務長に就任する。丹下の右腕として、病院の金庫番、広報マン、危機管理担当の役割を担う。丹下を誰よりも崇拝している。

浜地真理:清水ミチコ
次世代がんゲノム・腫瘍内科部長。丹下が東帝大学病院に呼び寄せた。権威や権力を何よりも重んじている。「“切った張ったの外科治療”はもうすぐいらなくなる」という考えの持ち主で、高額な薬を使った内科治療を患者に勧めるビジネス営業マンのような内科医。

村崎公彦:藤森慎吾
東帝大学病院の外科医。丹下により、ドイツの病院から引き抜かれた。「医療はビジネス」と割り切り、患者の回転数を上げるためにも、AIシステムの活用を推し進めるべきだと主張している。AIの情報は信じるが、人間の話にはあまり耳を貸さない。

大間正子:今田美桜
東帝大学病院の看護師。看護師長から注意を受けるほどの残業・夜勤で働きづめ。青森の実家に仕送りをしており、まだ幼い弟たちを養うため、他の病院でも内緒で夜勤のアルバイトをしている。感情が高ぶると、つい津軽弁が出る。

多古幸平:戸塚純貴
東帝大学病院の外科医。頭が良く優秀だが、ハングリー精神はない。医師の働き方改革を遵守し、定時で帰るため、なかなか育たない。

蛭間重勝:西田敏行
東帝大学病院・知床分院の院長。表向きは温和だが、逆らう者はバッサリと切り捨てる冷血漢。未知子に対して積年の恨みを抱いている。医療界のトップに君臨するのが夢。一度は東帝大学病院の院長に返り咲くも、収賄疑惑をかけられて東京地検特捜部に逮捕された。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
米倉涼子演じる“孤高の天才外科医”が待望の復活! 大人気ドラマの第6シリーズ! 
米倉涼子が演じる大門未知子が、一切の妥協を許さずに突き進む姿を描いた医療ドラマの第6シリーズ。テレビ朝日開局60周年記念番組として、2年ぶりに復活を果たす。前シリーズのラストで余命3カ月と診断された未知子が、奇跡の復活を遂げてキューバから帰国。大赤字に見舞われた東帝大学病院を舞台に、再び孤高の戦いに挑む。内田有紀、遠藤憲一、勝村政信、鈴木浩介、岸部一徳、西田敏行ら、個性と実力を誇る常連メンバーも再集結。勝村が演じる加地秀樹を主人公にしたスピンオフドラマも第4シリーズに突入し、同ドラマの放送に先駆けて、日曜プライム枠の2時間ドラマとして放送されることも決定している。



関連記事