FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

編集室(※1時間毎に下記の「メッセージ」が自動更新)

kage
顔文字りぼん ■2018年、月間特集記事■

☑1月の特集:戌年、あけおめ犬の文庫でほっこり

犬が活躍する小説

実際にあった犬のお話

犬を題材にしたエッセイ

☑2月の特集:

戌年、節分犬の絵本でほのぼの

☑3月の特集:

戌年、弥生 犬の写真集で潤す

癒される動物写真集:Relax! ゆる~い表情が可愛いすぎる!

癒される動物写真集:Laugh!&Wild!笑とキリリの両表情を味わう!

☑4月の特集:戌年、卯月、犬のマンガで泣き笑い

戌年、卯月、犬のマンガで泣き笑い1‐5

戌年、卯月、犬のマンガで泣き笑い6‐10

戌年、卯月、犬のマンガで泣き笑い11‐15

戌年、卯月、犬のマンガで泣き笑い16‐20

戌年、卯月、犬のマンガで泣き笑い21‐25

戌年、卯月、犬のマンガで泣き笑い26‐30

☑5月の特集:

┣1:人生について考える

┣2:とにかく観ないと損!「宝塚入門本」10冊

☑6月の特集

手紙を送ろう

☑7月の特集

旅のお誘い

☑8月の特集

┣1:平和について考える≪ノンフィクション&写真集≫

┣2:平和について考える≪絵本≫

☑9月の特集:I Love dishes

┣1:お料理大好き

┣2:おいしいものとその作り手

┣3:食堂に行きたいな

☑10月の特集:からだにやさしいレシピブック

┣1:読んで健康になる、エッセイ&レシピ

┣2:素材別、からだにやさしいレシピ

┣3:薬膳レシピでからだ元気に

★----------------------------------------------------------------------★

■各レビュー担当

Arika

腐女ArikaのこのBLに萌え❤ 音楽市場へようこそ♪ メディアミックス映画*ドラマ*映画 Arikaの気まぐれcooking♡

└──────────────────────────────────

Uroko

風ちゃんの料理レシピお料理便利帖おうちカフェスイーツ風ちゃんの今日の絵本箱

└──────────────────────────────────

Usataku

僕が女性に読ませたいマンガ観せたいアニメ

└──────────────────────────────────

Uroko×Arika

BL&乙女ゲーム部気になる作家の魅力シチュエーションCDレビュー「妄想オトメ部」 └──────────────────────────────────

Usataku(奇数担当)×Arika(偶数担当)

この乙女たちに夢中❤

Arikaブック1a

2019年冬、土曜ドラマ『連続ドラマW 盗まれた顔 ~ミアタリ捜査班~』

kage

2019/01/05 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★1月5日スタート 

WOWOWプライム 毎週土曜 22:00~23:00

 連続ドラマW 盗まれた顔 ~ミアタリ捜査班~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:羽田圭介「盗まれた顔」(幻冬舎文庫)
脚本:足立紳
監督:武正晴
プロデューサー:井上衛/森川真行/井口正俊/石塚清和

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW 盗まれた顔 ~ミアタリ捜査班~

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
白戸崇正:玉木宏
警視庁刑事部捜査共助課に所属する、部下思いで統率力のある“見当たり捜査員”のリーダー。5年目のベテラン刑事で、抜群の記憶力と相貌識別力を誇り、3000人の指名手配犯の顔を記憶している。ある日、死んだはずの先輩刑事の“顔”を偶然見つけてしまったことから、命を狙われることになる。

安藤香苗:内田理央
抜群の記憶力で白戸に引き抜かれ、捜査共助課に異動してきたばかりの新米捜査員。着任早々実績を上げる。

谷遼平:町田啓太
白戸の部下で、捜査共助課の中堅捜査員。実直な性格だが、スランプで実績を上げられずに苦しむ。

須波通:渋川清彦
白戸のかつての先輩刑事で、群を抜く捜査能力の持ち主。4年前に謎の死を遂げたとされている。

千春:伊藤歩
白戸の恋人で、現在同棲中。白戸とは出会い系サイトで知り合った。言動に不可解な点があり、白戸からある疑念を抱かれる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
芥川賞作家・羽田圭介の原作を映像化。玉木宏が見当たり捜査員に! 
指名手配書の写真や防犯カメラの画像などから容疑者の特徴を記憶し、駅や繁華街で似ている人を捜し出す捜査手法である“見当たり捜査”を描いた芥川賞作家・羽田圭介の小説を原作にしたサスペンスアクション。

連続ドラマW初登場にして初主演の玉木宏扮する、3000人の指名手配犯の顔を記憶するベテラン見当たり捜査員・白戸崇正が、特殊な捜査に当たる中での苦悩や葛藤、交錯する記憶と認識から、不可解な事件の真相に迫っていく。

共演するのは、内田理央、町田啓太、渋川清彦、伊藤歩ら多彩なキャスト陣。映画「百円の恋」で日本アカデミー賞を席巻した、監督・武正晴と脚本・足立紳のコンビが映像化に挑む。


スポンサーサイト

【2018】アニメブロガー人たち感想と評価

kage

2018/12/31 (Mon)

ピッコロのらじお

*FC2ブログ『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』

ゲームを語る人1
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」はピッコロフォルテの2人での共同運営になりました。 それぞれの個性を活かしたアニメ記事作り、また水・金放送の「ねとらじ」と連動した企画も今後増えていくかも!? まずは下記のアニメブロガー2人衆の各アニメ評価記事をまとめclick 

ピッコロ4人6①a
2018年9月30日まで更新★ピッコロのアニメ感想まとめ2018(1/1~12/31)を読む!


ピッコロ4人6③
img235c4.jpg
2018年9月30日まで更新★フォルテのアニメの感想2018(1/1~12/31)まとめを読む!




関連記事

2018年秋、月曜ドラマ『遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます』

kage

2018/12/24 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★11月12日スタート 

WOWOWプライム 毎週月曜 24:00~24:30

 遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます

イントロダクション:僕らのドラマに、出てもらってもいいですか?
Arika注目1h名バイプレイヤーとして映画・ドラマなど第一線で活躍する遠藤憲一と数々の映画・ドラマ・舞台の脚本を手がけてきた宮藤官九郎。この2人が満を持して、WOWOWオリジナルドラマの初主演と初脚本を飾る!この作品は、俳優・遠藤憲一と脚本家・宮藤官九郎が日本を代表する“名俳優たちの役作り”を勉強する前代未聞の企画。

物語の舞台は、刑事・諸井情(遠藤憲一)が連続殺人犯を追うサスペンスドラマの撮影現場。ドラマの撮影は滞りなく終わったと思いきや、トラブル発生で撮り直しに!? だが、遠藤の共演者は既に現場にいない…。急場でオファーするのは、たまたま現場の近くにいた名俳優たち!

役者の演技力がドラマに予想外の化学反応を起こす!?
遠藤憲一×宮藤官九郎×実力派俳優たちが挑戦する画期的ワンシチュエーションコメディドラマが誕生!

同じ物語の同じ役を、違う役者が演じたらどう変わるのか?
遠藤憲一と宮藤官九郎が勉強させていただきます。

監督を務めるのは「笑う犬」シリーズや「リチャードホール」で宮藤と人気番組を手がけた伊藤征章
「ダウンタウンのごっつええ感じ」や「ワンナイR&R」など数々のテレビ番組を演出してきた伊藤がテレビドラマに初挑戦する。

そして、遠藤と宮藤に“役作り”の真剣勝負を挑む各話の多彩なゲスト俳優も超豪華!遠藤、宮藤、ゲスト俳優が番組を振り返ってのトークコーナーもあり、こちらも必見です!

WOWOWが全7話でお届けする新たなオリジナルドラマをぜひお見逃しなく!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:宮藤官九郎
監督:伊藤征章
プロデューサー:堤口敬太/関谷正征/菅沼明子
制作協力:シオン
製作:WOWOW/ファーストカット

E13-b043.gif
外部サイト:遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
遠藤憲一:遠藤憲一
1961年6月28日東京都生まれ。その眼力を生かしこわもての役で頭角を現したが、近年はかわいい役柄や気弱なキャラクターなども演じ、見た目とのギャップで視聴者を楽しませている。「ドクターX~外科医・大門未知子~」シリーズ、「民王」(共にテレビ朝日系)、「バイプレイヤーズ」シリーズ(テレビ東京系)、「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」(日本テレビ系)など出演作多数。今作では多摩川署警部・諸井情を演じる。

宮藤官九郎:宮藤官九郎
1970年7月19日宮城県生まれ。脚本家で、演出家・俳優・ミュージシャンとしての顔も持つ。テレビのバラエティー番組の構成作家から、ドラマの脚本を手掛けるようになり、「池袋ウエストゲートパーク」(TBS系)で注目される。その後も「木更津キャッツアイ」(TBS系)、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」などヒット作を世に送り出し、2019年には、NHK大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」が控える。

●出演者
多摩川署警部・諸井 情:遠藤憲一
諸井の後輩かつ相棒の刑事:小栗 旬
殺人事件の目撃者:仲里依紗
殺人事件の目撃者:加藤 諒
数々の難事件を解決したFBI捜査官:高畑淳子
諸井の元相棒で殉職した刑事の息子:野村周平
捜査に協力する諸井の元妻:水野美紀
FBIコンサルタントのサイキック捜査官:高嶋政伸
被害者が運び込まれた病院の教授(女医):桃井かおり

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
遠藤憲一×宮藤官九郎×豪華俳優陣の化学反応! 前代未聞の役作りコメディードラマ! 
名バイプレーヤーとして活躍する実力派俳優・遠藤憲一と、数々の映画・ドラマ・舞台の脚本を手掛ける売れっ子脚本家・宮藤官九郎が、“名俳優たちの役作り”を勉強する、画期的なワンシチュエーションドラマ。監督は、「笑う犬」シリーズや「リチャードホール」(共にフジテレビ系)で宮藤と組んだ伊藤征章で、今回初めてドラマの演出を務める。

各話ごとに遠藤の共演者として登場するゲスト俳優陣は、小栗旬、仲里依紗・加藤諒、高畑淳子、野村周平、水野美紀、高嶋政伸、桃井かおりと超豪華な顔ぶれ。彼らが、遠藤と宮藤に“役作り”の真剣勝負を挑み、アフタートークでドラマの感想を語り合うのも見どころ。



関連記事

2018年秋、月曜ドラマ『部活、好きじゃなきゃダメですか?』

kage

2018/12/24 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★10月22日スタート 

日本テレビ系 毎週月曜 24:59~25:29

 部活、好きじゃなきゃダメですか?

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:いづみかつき「部活、好きじゃなきゃダメですか?」(ガンガンONLINE)
脚本:加藤拓也
演出:中茎強、松山雅則
プロデューサー:長松谷太郎、三上絵里子、高島陽子、大倉寛子、高橋淳之介、戸倉亮爾、池田健司
主題歌:Memorial/King & Prince

E13-b043.gif
外部サイト:部活、好きじゃなきゃダメですか?

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
西野:高橋海人
サッカー部所属の高校2年生。ずる賢くて器用。自信家でサッカーセンスがあるにもかかわらずふざけていて、部活をサボることばかり考えている。

窪田:神宮寺勇太
サッカー部所属の高校2年生。サッカーが大好き。ちょっと気弱だが、真面目な性格で青春部活ライフに憧れている。西野と大山を意識改革して大会に臨みたいと考えている。

大山:岩橋玄樹
サッカー部所属の高校2年生。自由奔放で無邪気な純真天然男子。サッカーはうまいが、部活漫画のような人間は現実にいるわけがないと笑い飛ばし、西野と同じく部活をサボることばかり考えている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
高橋海人、神宮寺勇太、岩橋玄樹がドラマ初主演! リアルな部活男子の青春コメディー! 
King & Princeの高橋海人、神宮寺勇太、岩橋玄樹がそろってドラマ初主演。いづみかつきの同名漫画を原作に、モテたい一心でうっかり体育会系のサッカー部に入ってしまった高校生の日常をコメディータッチに描く。それぞれが現実の部活男子の姿と、妄想の中のキラキラした青春漫画キャラクターの1人2役を演じ分けるところも見どころの一つ。注目の若手演出家・加藤拓也が脚本を担当し、熱血と日常、パロディーやあるあるネタなどを盛り込み、ギャップの大きさが笑いを誘う、一度で二度おいしいドラマに仕上げる。



関連記事

2018年秋、プレミアムドラマ「クロスロード3 群衆の正義」

kage

2018/12/23 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★12月2日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週日曜 22:00~22:50

 プレミアムドラマ「クロスロード3 群衆の正義」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原案:金子成人
脚本:高橋美幸
演出:藤井裕也/村田忍
制作統括:管原浩/藤田裕一
主題歌:初恋のワルツ/Anna

E13-b043.gif
外部サイト:プレミアムドラマ クロスロード3 群衆の正義

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
尾関辰郎:舘ひろし
警視庁大森臨港署の警務課に勤務する警察官。あと半年で定年を迎える。かつては捜査一課のエリート刑事だったが、大手新聞社の記者だった板垣に情報をリークしたことで前線から外されて以来、所轄署を転々としてきた。

藤城紫苑:風間俊介
ネットジャーナリスト。取材内容をニュース動画として配信する「ネット・スクープ」というサイトを運営している。同じジャーナリストとして、板垣のことを気にしている。

見崎茜:志田未来
板垣が海岸で出会う女性。大田区連続殺人事件の直前に何者かに家宅侵入され、その時の被害届を警察に出さなかったことから、ネットユーザーの非難の的になる。中学時代のいじめ事件で、板垣と浅からぬ因縁がある。

田中啓介:神田穣
大森臨港署の刑事。尾関が刑事課にいた時は、よくバディを組んでいた。大田区で起きた連続殺人事件の捜査に加わることになる。

荒木琢磨:塚本高史
中古ブランド品の訪問売買をしているが、詐欺まがいの商法で客とトラブルが絶えない人物。少年院に入っていた経歴もあり、インターネットのSNSサイトで連続殺人事件の犯人扱いをされる。

板垣公平:神田正輝
大手新聞社の社会部エースから、「たま多摩新聞」記者を経て、フリージャーナリストとして活躍。しかし、ある事件の容疑者を自分の記事で冤罪にしたことで、報道の世界から身を引く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
舘ひろし×神田正輝のヒューマンドラマ第3弾。
インターネットに潜む闇に迫る! 

2016年、17年に放送され好評を博した、舘ひろしと神田正輝の共演でおくる骨太なヒューマンドラマの第3弾。今作では、定年まであと半年となった元エリート刑事・尾関辰郎(舘)と、尾関と反目しつつも絆をにじませるジャーナリスト・板垣公平(神田正輝)の2人が、真実を暴くという共通目的でインターネットの闇に絡んだ難事件に挑んでいく。

ネットジャーナリストの藤城紫苑を風間俊介が、板垣が以前に書いた記事と因縁のある見崎茜を志田未来が演じるほか、神田穣、塚本高史、神保悟志、相島一之、橋本マナミ、飯沼千恵子、松村北斗、徳重聡、中村玉緒らが共演者として名を連ねる。


関連記事

2018年秋、日曜ドラマ『下町ロケット』

kage

2018/12/23 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★10月14日スタート 

TBS系 毎週日曜 21:00~21:54

 下町ロケット

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:池井戸潤「下町ロケット ゴースト」(小学館)
脚本:丑尾健太郎
演出:福澤克雄、田中健太
プロデューサー:伊與田英徳、峠田浩

E13-b043.gif
外部サイト:下町ロケット

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
佃航平:阿部寛
「佃製作所」社長。宇宙科学開発機構の元研究員で、ロケット製造を夢見る。自社開発したロケットエンジン用のバルブシステムが主力製品となり、ロケット品質を掲げて事業を進める。

佃利菜:土屋太鳳
航平の娘。大学を卒業し、「帝国重工」に入社。ロケット開発に携わる。

立花洋介:竹内涼真
「佃製作所」技術開発部の若手エース。手抜きがなく信頼できる熱い男。

山崎光彦:安田顕
「佃製作所」技術開発部長。航平の大学時代の後輩で、三度の飯より実験が好きな根っからの研究者。

殿村直弘:立川談春
「佃製作所」経理部長。不器用だが、会社に対する愛情は人一倍ある。

島津裕:イモトアヤコ
ベンチャー企業「ギアゴースト」副社長兼技術者。「帝国重工」の元社員で“天才エンジニア”。

財前道生:吉川晃司
「帝国重工」の宇宙航空開発部部長。純国産ロケット開発「スターダスト計画」の責任者。航平の盟友。

藤間秀樹:杉良太郎
「帝国重工」社長。航空宇宙分野で世界のリーディング・カンパニーになることを目標に、純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」を推進する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
阿部寛主演の感動巨編!
宇宙から大地へ、佃製作所の新たな挑戦の幕が上がる! 

池井戸潤の同名小説シリーズを原作に、2015年に放送されて好評を博したドラマの続編。主人公の佃航平は前作同様に阿部寛、航平の娘・利菜に土屋太鳳が扮するほか、竹内涼真、安田顕、立川談春をはじめとした「佃製作所」のメンバーの多くが新シリーズでも続投する。前作では航平たちが国産ロケットのバルブシステムの開発に挑んだが、今作では再び窮地に陥った「佃製作所」が、宇宙(そら)から大地へと新たな挑戦に打って出るストーリーが描かれる。演出は、ドラマ「半沢直樹」(同系)などで知られる福澤克雄が前作に引き続き担当する。

関連記事

2018年秋、土曜ドラマ『さくらの親子丼2』

kage

2018/12/22 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★12月1日スタート 

フジテレビ系 毎週土曜 23:40~24:35

 さくらの親子丼2

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:清水有生
脚本:清水有生
演出:谷川功/木内健人
プロデューサー:市野直親/河角直樹/浦井孝行/村山太郎
主題歌:光/RINA

E13-b043.gif
外部サイト:さくらの親子丼2

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
九十九さくら:真矢ミキ
自宅兼古本屋の「九十九堂」店主。行き場をなくしておなかをすかせている人に無料で親子丼を提供していたが、三谷から頼まれ、子どもシェルター「ハチドリの家」を手伝うことに。虐待などで深く傷付いた子どもたちの姿に衝撃を受け、食事を通じて彼らと向き合う。

川端哲也:柄本時生
「三谷法律事務所」の新人弁護士で、「ハチドリの家」では、親権者との調整や法的支援を担当。大学在学中に司法試験に合格するほど優秀で、強い正義感と熱意を持つ。入居してくる子どもたちの実情を知り衝撃を受けるが、うまく彼らとコミュニケーションが取れず振り回される。

鍋島真之介:相島一之
「ハチドリの家」のホーム長。かつて教師をしていたが、ある理由により退職。子どもに対して厳しく接しきれない面もある。

三谷桃子:名取裕子
「三谷法律事務所」の所長。多忙な弁護士業務の合間を縫って、無報酬で「ハチドリの家」の運営に携わり、子どもの面談や入居の判断などを行う。さくらの長男が亡くなった事件の加害者側の弁護士としてさくらと知り合い、次第にお互い信頼する間柄になった。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
真矢ミキ主演の社会派人情ドラマの続編。
傷付いた少年少女たちと食事を通じて向き合う! 

真矢ミキ演じる古本屋店主・九十九さくらが、親子丼をふるまい、行き場をなくした人たちのよりどころとなる姿を通して、現代社会が抱える問題を浮き彫りにした社会派人情ドラマの続編。今作では、虐待などで居場所をなくした子どもたちの駆け込み場所である子どもシェルターに舞台を移し、さくらが“家族”“親子”という枠からはじき出されてしまった子どもたちに手を差し伸べる。
前作に引き続き原作と脚本を手掛けるのは清水有生。無報酬でシェルターの運営に携わる弁護士・三谷桃子に名取裕子、新人弁護士・川端哲也に柄本時生、シェルターの責任者・鍋島真之介に相島一之が扮し、親子丼だけでなく多様なメニューが登場する。


関連記事

2018年秋、連続テレビ小説「まんぷく」

kage

2018/12/22 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月1日スタート 

NHK総合 毎週月曜~土曜 08:00~08:15

 連続テレビ小説「まんぷく」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:福田靖
演出:渡邊良雄、安達もじり、保坂慶太
制作統括:真鍋斎
プロデューサー:堀之内礼二郎
主題歌:あなたとトゥラッタッタ♪/DREAMS COME TRUE

E13-b043.gif
外部サイト:連続テレビ小説「まんぷく」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
福子の家族
今井 福子:安藤サクラ…本作のヒロイン
大阪出身。三人姉妹の末っ子で、貧しいながらも愛情をいっぱい受けておおらかに育つ。生来の楽天家で食べることが大好き。父を早くに亡くしたため、貴金属店で働いて女学校に出してくれた長女・咲の代わりに家計を支えようと、女学校卒業後にホテルの電話交換手として働き始める。そんな中、あるできごとをきっかけに未来の夫、萬平と出会う。
やがて二人は結婚するが、枠にとらわれない発想で事業を進める萬平に、福子は振り回されっぱなし。しかし、初めは耐えるだけの福子だったが、やがて夫を支え、背中を押し、引っ張っていく強い女に成長していく。

立花 萬平:長谷川博己…福子の後の夫
本作のヒロイン・福子と生涯を共にする青年。
両親を早くに亡くし、各地を転々としながら成長してきた。幼い頃から発想力と行動力に富み、25歳の時に会社を設立して事業を興す。そんな中、あるできごとをきっかけに、萬平は福子と運命的な出会いを果たし、二人は結婚することに。戦災を乗り越え、製塩や栄養食品の開発、さらには金融業など、さまざまな事業を手がけていくが、そのたびにトラブルに見舞われ、頓挫を繰り返してしまう。それでも決して諦めない萬平は、全財産を失った47歳の春、再び新たな事業を興そうと立ち上がる。それは世界の食文化に革命を起こす大発明だった。

今井 鈴:松坂慶子…母
咲・克子・福子の三姉妹の母。感情の起伏が激しく、気位が高い。武士の末えいであることを誇りとしており、夫に先立たれて暮らしが傾いてからも、品格を大事にしながら娘たちを育ててきた。非常に心配性で、娘たちの考えや行動に細かく口をはさみ、壁となって立ちふさがることもしばしば。娘たちからは「お母さんは何か心配してなきゃ生きていけないんじゃない?」とからかわれるほど。戦争をきっかけに福子や萬平と共に暮らすようになるが、浮き沈みの激しい萬平の事業に不平をこぼしてばかり。しかし萬平はそんな鈴の不満を意に介さず突き進む。二人の間でたちまわる福子の奮闘ぶりが本作のみどころの一つ。

今井 咲:内田有紀…長女
福子と克子の姉。早くに亡くなった父の代わりに、貴金属店で働いて今井家を支えてきた。末の妹・福子の就職が決まり、婚約していた小野塚真一と結婚することを決めた。非常に優しい性格で、優しさのあまり自分の幸せを後回しにし過ぎる傾向があり、周囲を心配させることも。結婚後は真一と幸せな生活を送っていたが、身体の調子を崩してしまい、床に伏せってしまうように。

小野塚 真一:大谷亮平…咲の婚約者、後の夫
今井家の長女・咲の婚約者。口数少なく落ち着いた性格。大手企業に勤めており、収入が安定しているというところを、咲の母・鈴に大変気に入られている。度量が大きく、咲との結婚に関しての騒動が持ち上っても、泰然と受け入れる。福子も、頼り甲斐のある優しい「お義兄さん」ができたことを何より喜んでいる。口数は少ないながらも、重みのある言葉で福子を元気付ける。
太平洋戦争の終盤、外地へと出征することに。

香田 克子:松下奈緒…次女
福子の姉。画家の忠彦と恋に落ち、周りの反対を押し切って結婚。生活は楽ではないものの、四人の子どもに恵まれ、愛する夫と幸せな生活を送っている。奔放な性格だが、姉として何かと妹を気にかけており、心配性の母・鈴の言動に悩まされる福子の相談相手となる。福子の代わりに言いにくいこともハッキリ言うため、鈴と言い争いになることもしばしば。物語の始まりから終盤まで、福子たち夫婦と家族ぐるみで支え合いながら暮らしていく気風の良い姉。

香田 忠彦:要潤…克子の夫。
画家で穏やかな性格だが、「画商から依頼されるような商売用の絵は描かない」という芸術への強いこだわりを持つ。鳥を描くのが好きで、それが高じて自宅に大きな鳥小屋を作り、そこで鳥を何羽も飼っている。普段からあまり感情を表に出さないタイプだが、心の中では妻の克子や四人の子どもたち、そして福子たち家族への深い愛情を秘めている。太平洋戦争が激化してくると、徴兵され戦地へと赴くことになり…。

香田 タカ:岸井 ゆきの…福子の姪
香田家の4人兄弟の長女で、福子の姪めい。画家の父・忠彦が描く絵が大好きで、芸術家の父を尊敬している。妹や弟たちの面倒もよく見る家族思いの頑張り屋。萬平が泉大津で製塩所を開くことになり、福子に頼まれて、週末だけ家事の手伝いをすることになる。しっかり者で愛きょうもあり、従業員たちの癒やしの存在となる。特技はハーモニカ演奏。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

福子を支える仲間
牧 善之介:浜野 謙太…情熱の歯医者
お金持ちの歯医者。福子の長姉・咲にずっと恋心を抱いており、交際を申し込んだこともあるが、背が低いことを理由に咲の母・鈴から断られてしまう。相棒は白馬の「蘭丸」で、どこにいくにも蘭丸に乗って移動をする。その後、福子が働くホテルで、運命的な出会いを果たし…。

鹿野 敏子:松井玲奈…福子の親友
福子の女学校時代の親友。卒業後は薬科専門学校に通っており、親友・福子とハナと頻繁に会っては、互いの悩みを相談し合っている。屋台のラーメンが大好きで、福子に初めてラーメンを食べさせる。戦時中に呉服屋と結婚し、池田で福子と再会する。

池上 ハナ:呉城 久美…福子の親友
福子の女学校時代の親友。卒業後はタイピスト学校に通っており、親友・福子と敏子と頻繁に会っては、互いの悩みを相談し合っている。屋台のラーメンが大好きで、福子に初めてラーメンを食べさせる。戦時中に泉大津の地主と結婚し、資金繰りに駆け回る福子の助けとなる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

萬平と共に夢を追いかける仲間たち
加地谷 圭介:片岡愛之助…萬平と会社を共同経営
営業担当として、萬平と会社を共同経営している。どこか気取った雰囲気があり、「世の中の役に立つ仕事をしたい」と理想に燃える萬平を冷ややかに見ている。共同経営者でありながら、萬平に対して上から目線で指図することも。そんな折、軍に気に入られようと、戦争に使う新型兵器を作るように萬平に指示するが…。

神部 茂:瀬戸康史…事業を支える
戦争で家も母も失い、天涯孤独となった青年。復員後、仕事もなく金も尽き、ヤケになって盗みに入った家で、福子と萬平に出会う。事情を聞いて許してくれた福子らに感謝をし、恩返しをしようと今井家に押しかけるようにして一緒に住み始める。少しとぼけた性格だが、実は名門大学を卒業した秀才。萬平を慕い、従業員をまとめるリーダーとなり、萬平の事業を支えるため尽力する。

岡 幸助:中尾 明慶…事業を支える
萬平が後に開く製塩会社で働く従業員。出征前は乾物屋で奉公をしていたが、空襲で店が燃え、路頭に迷っていたところ、製塩所の人手を集めていた神部から声をかけられる。真面目な性格ではあるが、自尊心が高くけんかっ早いので、同僚とぶつかることもしばしば。時に騒ぎを起こして会社に迷惑をかけることも。

三田村 亮蔵:橋爪 功…大阪経済界の重鎮
大阪商工会の会長で実業界の大物。面倒見がよく、人望が厚い。大阪の経済を支える立役者。誰もが一目置く大人物でありながらも、性格は温厚で、困っている人を見ると放っておけず、ついつい情にほだされてしまう一面がある。ある出来事をきっかけに福子と知り合い、萬平の危機を救うため一肌脱ぐことに。

世良 勝夫:桐谷健太…萬平の親友(?)
個人で商社を経営している。上昇志向が強く、自信家で押しが強い性格。元は幻灯機を作る技術屋だったが、福子の夫・萬平の優れた技術と才能に圧倒され、「作る方」から「売る方」に転身し、販売の道を突き進んでいく。
常に損得勘定で行動し、親しくないにも関わらず、萬平を「親友」と呼んだりするが、得にならないと分かるとあっさり見捨てたりする。要領が良く、状況を判断する力にたけたたくましい男。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


福子の仕事仲間
保科 恵:橋本マナミ…フロント係
福子が働くホテルの先輩でフロント係。福子をフロント係に推薦したことがきっかけで、福子の良き友人となる。美人で華があり、男性からモテそうに見られるが、実はまったく交際経験がないのが悩み。そんな折、突如モテ期が訪れ、複数の男性から交際を迫られる事態に。思いもしなかった状況に困惑し、福子に相談するが…。

野呂 幸吉:藤山 扇治郎…料理人
福子が働くホテルのちゅう房で働く料理人。福子に恋心を抱いており、働き始めてからの3年間、アプローチのつもりでちゅう房の缶詰を渡し続けたが、野呂の気持ちは福子にまったく伝わっておらず、あえなく失恋。不器用な性格で愛情表現は苦手だが、思いやりのある青年。その後、新たな恋の相手をみつけ、猛烈なアピールを始めるが…。

樫田うた江:なるみ…電話交換手係の先輩

大前田三郎:曽我廼家寛太郎・・・支配人

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
安藤サクラ主演、“インスタントラーメン”の発明にたどり着くまでを描く成功物語! 
「チキンラーメン」を開発した「日清食品」の創業者・安藤百福と仁子夫妻をモデルにした、人生大逆転の成功物語。貧しい家庭に育ったヒロイン・今井福子を安藤サクラが、その夫となる実業家・立花萬平を長谷川博己が演じる。戦前から戦後の大阪を舞台に、高度成長期を生き抜いた福子と萬平夫婦が、“インスタントラーメン”を開発し、世界の食文化に革命をもたらす姿を描く。芦田愛菜が連続テレビ小説史上最年少のナレーターを務めることでも話題。脚本は、NHK大河ドラマ「龍馬伝」などを手掛けた福田靖が担当する。
関連記事

2018年秋、土曜ドラマ『あなたには渡さない』

kage

2018/12/22 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★11月10日スタート 

テレビ朝日系 毎週土曜 23:15~24:05

 あなたには渡さない

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:連城三紀彦「隠れ菊」(集英社文庫)
脚本:龍居由佳里
演出:植田尚/Yuki Saito
プロデューサー:黒田徹也/川島誠史/清水真由美
主題歌:あなたの知らない私たち/chay feat.Crystal Kay

E13-b043.gif
外部サイト:あなたには渡さない

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
上島通子:木村佳乃
有名料亭「花ずみ」の板長である旬平の妻。20年間にわたり家庭を守る堅実な専業主婦の役目を全うしてきたが、突然現れた多衣から夫との愛人関係の事実を告げられ、離婚を余儀なくされる。

矢萩多衣:水野美紀
金沢にある酒造会社の社長。6年前に旬平と不倫関係になる。旬平の母の死後、通子に旬平との離婚を迫って女の闘いを挑む。しかし、単なる“男の取り合い”ではない不思議な関係性で通子と対峙していく。

笠井芯太郎:田中哲司
中堅建設会社の社長。通子とは幼なじみで、ひそかに通子に思いを寄せていた。偶然、通子に再会したことからその思いが再燃。不器用な性格で思いを正直に言えないものの、陰になり日向になり通子を援助する。

上島旬平:萩原聖人
通子の夫。父親の跡を継ぎ、料亭「花ずみ」の板長を務める。父の亡き後はおかみである母親の下でひたすら腕を磨いていたが、母の死後、急速に落ちぶれていく店を立て直すことができずに多額の負債を抱えてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
木村佳乃主演、40代の男女が激しい愛憎バトルを繰り広げる濃厚なラブ・サスペンス! 
1996年に刊行された連城三紀彦の小説「隠れ菊」を現代版にリメークしてドラマ化する濃厚なラブ・サスペンス。40代の男女が、激しくも美しい愛憎バトルを繰り広げる。夫に裏切られ、思いもよらない困難に立ち向かうことになる主人公・上島通子を木村佳乃、離婚届を手に通子の前に現れる夫の愛人・矢萩多衣を水野美紀、通子の幼なじみで中堅建設会社の社長・笠井芯太郎を田中哲司、通子の夫・旬平を萩原聖人が演じるなど、実力派俳優の演技も見どころ。

「決して負けたくない」との思いで闘う女性たちと、その渦中に巻き込まれて消耗していく男たちの姿を描く。




関連記事

2018年秋、土曜ドラマ『ぬけまいる~女三人伊勢参り』

kage

2018/12/22 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月27日スタート 

NHK総合 毎週土曜 18:05~18:43

 ぬけまいる~女三人伊勢参り

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:朝井まかて「ぬけまいる」(講談社文庫)
脚本:小松江里子、桑原裕子
演出:黛りんたろう、福井充広、田中諭
制作統括:小松昌代、土屋勝裕
主題歌:今を生きよう(Seize the Day)/竹内まりや

E13-b043.gif
外部サイト:ぬけまいる~女三人伊勢参り

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
お蝶:田中麗奈
小物問屋「鳩屋」の主人。“馬喰町の猪鹿蝶”の蝶。母と妹とぎくしゃくしている。愛人の仙吉の浮気や、うだつのあがらない夫の次兵衛にいらつく毎日をおくる。

お以乃:ともさかりえ
一膳飯屋「こいこい」の娘。“馬喰町の猪鹿蝶”の猪。職を転々とし、料理人を辞めさせられたばかり。男前な性格。

お志花:佐藤江梨子
武家の奥方。“馬喰町の猪鹿蝶”の鹿。姑の嫁いびりに腹を立て、伊勢への抜け詣りを提案する。剣の達人。

お凛:大地真央
お蝶、お以乃、お志花の3人と渡し船で乗り合わせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
田中麗奈、ともさかりえ、佐藤江梨子演じる三十路過ぎ3人が“抜け詣り”する旅物語! 
直木賞作家・朝井まかての同名小説を原作に、伊勢へ“抜け詣り”する三十路を過ぎた3人組の珍道中を描く時代劇。“抜け詣り”とは、いきなり姿をくらまして伊勢詣りに行ってしまうという当時のはやりのこと。田中麗奈、ともさかりえ、佐藤江梨子が、若い頃は“馬喰町の猪鹿蝶”と呼ばれて憧れを持たれていたが、今はそれぞれに悩みを抱える女たちに扮する。伊勢へと旅する中で出会う人々を、滝沢秀明や舘ひろしなど、豪華ゲストが演じるのも見どころの一つ。泣き笑いの旅で幸せの物差しを見つめ直して、伊勢へゴールすることで、人生の再スタートを切ることができるのか。脚本は、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」などで知られる小松江里子が担当する。




関連記事

2018年秋、BS時代劇『立花登青春手控え3』

kage

2018/12/21 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★11月9日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週金曜 20:00~20:43

 BS時代劇 立花登青春手控え3

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:藤沢周平「獄医立花登手控え」(講談社文庫)
脚本:古田求/田村惠/小林政広
演出:山下智彦/服部大二/前原康貴
制作統括:原克子/後藤高久/土屋勝裕

E13-b043.gif
外部サイト:BS時代劇『立花登青春手控え3』

過去
2017年春、金曜ドラマ≫BS時代劇『立花登青春手控え2』
2016年春、金曜ドラマ≫BS時代劇『立花登青春手控え』

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
立花 登:溝端淳平
江戸・小伝馬町の牢医者で起倒流柔術の使い手。医者である叔父の玄庵を頼って出羽亀田から江戸へと上京して以来、小牧家に居候しながら牢医者を務めている。いとこのちえには何かと翻弄されている。

ちえ:平祐奈
玄庵の娘で、登のいとこ。おてんばな性格で、父譲りのお酒好き。登と一緒に暮らすうち、好意を募らせていく。

平塚平志郎:マキタスポーツ
小伝馬町牢屋敷の牢屋同心。クールで職務に忠実な男だが、囚人の手助けをしようと奔走する登のことを、内心好ましく思っている。

きよ :鷲尾真知子
小牧家の女中で、登の味方になってくれる存在。世話焼きで優しい性格だが、ぶっきらぼうな物言いで時に怖がられることも。

藤吉:石黒賢
江戸の深川・八名川町の岡っ引き。囚人の関わった事件を調べる登に、いつも協力してくれる。女房のお仙に「どん助」という小料理屋をまかせている。

松江 :宮崎美子
玄庵の妻で登の叔母。言葉はきついが、登の良き理解者。庭木の手入れや雑巾がけなど、居候の登に何かと雑用を頼む。

小牧玄庵:古谷一行
登の叔父。町医者だが、無類の酒好きで、仲間と飲むため登に仕事を押し付けることも。松江には頭が上がらない。


----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
溝端淳平が青年医師を演じる藤沢周平原作の青春時代劇。ファン待望のシリーズ最終章! 
藤沢周平の原作を映像化した連続ドラマを、溝端淳平主演でリメークした青春時代劇の第3弾。溝端演じる、強い正義感と抜群の柔術の腕を持つ青年医・立花登が、牢医者として経験を積みながら、そこに出入りするさまざまな人たちとの交流を通して成長していく姿を描く。今作では、登の将来に関わる新しい出来事も巻き起こり、恋に仕事に事件にと、登が大活躍する。

登を取り巻く人々として、叔父の町医者・小牧玄庵に古谷一行、いとこのちえに平祐奈、叔母の松江に宮崎美子が扮するほか、マキタスポーツ、正名僕蔵、波岡一喜、渡辺佑太朗、鷲尾真知子、石黒賢らおなじみのメンバーが続投する。


関連記事

2018年秋、ドラマ25「このマンガがすごい!」

kage

2018/12/21 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月5日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 24:52~25:23

 ドラマ25「このマンガがすごい!」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
監督:松江哲明
プロデューサー:大和健太郎、藤野慎也、山本晃久、涌田秀幸

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマ25「このマンガがすごい!」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
蒼井優:蒼井優…ナビゲーター
1985年福岡県生まれ。1999年に、1万人の中からミュージカル「アニー」のポリー役に選ばれデビュー。映画、ドラマのほか、モデルや声優を務めるなど幅広く活躍。今年の第41回日本アカデミー賞では、映画「彼女がその名を知らない鳥たち」で最優秀主演女優賞を受賞している。

・‥…━━━☆ゲスト俳優(※50音順)・‥…━━━☆

【作品】行け!稲中卓球部/古谷実
┣前野:新井浩文&井沢:山本浩司
新井浩文:2001年デビュー。映画『青い春』(02年)では高崎映画祭・最優秀新人男優賞を受賞。『百円の恋』(14年)では主人公が出会う中年ボクサー役を演じ、第39回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。

山本浩司:1999 年に山下敦弘監督の映画『どんてん生活』の主演でデビュー。以降も山下監督の作品をはじめ、数多くの映画やドラマに出演。映画『止められるか、俺たちを』が10月13日公開予定。監督作品の短編動画『PERSONAL LOG』がYouTubeにて現在公開中。

【作品】火の鳥/手塚治虫
┣ムービ:神野三鈴
初舞台から20年後の2012年に三谷版『桜の園』と『組曲虐殺』で紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。 舞台で真の髄まで鍛えられたその存在感と演技によって、映像作品にも活動の場を広げる。『ブラックペアン』(TBS)など話題作にも出演。

【作品】やなぎ屋主人/つげ義春
┣主人公の青年:塚本晋也
監督作品、『鉄男』(1989年)でローマ国際ファンタスティック映画祭グランプリを受賞 。『東京フィスト』(95年)、『六月の蛇』(2002年)、『野火』(14年)ほか、数多くの賞を内外で受賞。第75回ヘ?ネチア国際映画祭のコンペティション部門に新作『斬、』が選出された。俳優としても『シン・ゴジラ』(16年、庵野秀明監督)、『沈黙‐サイレンス‐』(16年、マーティン・スコセッシ監督)などで活躍している。

【作品】おそ松くん/赤塚不二夫
┣六つ子:でんでん
『の・ようなもの』(1981年)で映画デビュー後、数々の作品に出演を果たす。園子温監督『冷たい熱帯魚』(11年)では多くの助演男優賞を受賞。近年では『ディストラクション・ヘ?イビーズ』(16年、真利子哲也監督)、『あゝ、荒野』(17年、岸善幸監督)など。映像作品のみならず、舞台にも欠かせない俳優として活躍している。

【作品】ARMS/皆川亮二(原案協力:七月鏡一)
┣高槻涼:中川大志
小学4年生でスカウトされ、小学5年生で芸能界入り。2009年に俳優デビュー。ドラマ『家政婦のミタ』(11年・日本テレビ)で一家の長男役を演じ注目を浴びる。主演映画『覚悟はいいかそこの女子。』10月12日公開予定。

【作品】龍-RON-/村上もとか
┣押小路 龍(おしこうじ りゅう) / 李 龍(リイ ロン):東出昌大
モデルを経て、映画『桐島、部活やめるってよ』(2012年、吉田大八監督)で俳優デビュー。同作で毎日映画コンクールなど数々の新人賞を受賞。2018年は『コンフィデンスマンJP』(CX)、主演映画『寝ても覚めても』(濱口竜介監督)が第71回仏カンヌ映画祭コンペティション部門に正式出品されるなど活躍の場を広げている。

【作品】マチキネマ/サメマチオ
┣離婚を考える女性:平岩紙
2000年より大人計画に参加。舞台、映画、ドラマと話題の作品に出演する。近年の主な出演作に、舞台『ニンゲン御破算』(18年)、『クラウドナイン』『業音』(17年)、映画『本能寺ホテル』(17年、鈴木雅之監督)、『At the terrace テラスにて』(16年、山内健司監督)、ドラマ『透明なゆりかご』(NHK・18年)、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(NHK・16年)など。

【作品】NHKにようこそ!/大岩ケンヂ(原作:滝原竜彦)
┣:中原岬:森川葵
2010年、ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルとしてデビュー。2012年に女優デビュー後、映画『渇き。』(14年、中島哲也監督)、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(16年、宮藤官九郎監督)、『OVER DRIVE』(18年、羽住英一郎監督)などに出演。現在はドラマ24『GIVER 復讐の贈与者』(テレビ東京系)にも出演中。2018 年11 月には宮藤官九郎が演出、脚色を手掛ける舞台『ロミオとジュリエット』でジュリエット役を演じる。

【作品】うしおととら/藤田和日郎
┣蒼月潮(あおつきうしお):森山未來
数々の舞台・映画・ドラマに出演する一方、ダンスパフォーマンス作品にも積極的に参加。映画『怒り』(16年、李相日監督)、『人類資金』(13年、阪本順治監督)、2019年の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)出演予定。


【作品】少女革命ウテナ/さいとうちほ(原作:ビーパパス)
┣ウテナ:山本美月
2009年『第1回東京スーパーモデルコンテスト』でグランプリ・CanCam賞を受賞し、2017 年まで専属モデルとして活動。11年にドラマ『幸せになろうよ』(フジテレビ)で女優デビューを果たし、翌12年には映画『桐島、部活やめるってよ』でスクリーンデビューを飾り、多くの話題を集める。映画『ピーチガール』(17年、神徳幸治監督)、『貞子VS 伽椰子』(16年、白石晃士監督)で主演、4月クールのドラマ『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』(フジテレビ)などにヒロインとして出演。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
蒼井優がナビゲート! ゲスト俳優との化学反応を楽しむドキュメンタリードラマ ! 
テレビ東京と、漫画業界の人気の指標として毎年注目されている宝島社の大人気ムック「このマンガがすごい!」がタッグを組んだ新感覚ドキュメンタリードラマ。蒼井優がナビゲーターを務め、さまざまな豪華ゲスト俳優を迎えて、好きな漫画について語り合い、実際にその作品のキャラクターを演じるためにどのような役作りをするか聞いていく。さらに、実際に漫画のコマの中にいるキャラクターをゲストが演じるという特殊な方法で、漫画が実写化されるまでの過程を描いていく。

ゲストは、新井浩文&山本浩司、神野三鈴、塚本晋也、でんでん、中川大志、東出昌大、平岩紙、森川葵、森山未來、山本美月ら豪華俳優陣。


関連記事

2018年秋、ドラマ24「忘却のサチコ」

kage

2018/12/21 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月12日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 24:12~24:52

 ドラマ24「忘却のサチコ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:阿部潤「忘却のサチコ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
脚本:大島里美、狗飼恭子、山岸聖太
監督:山岸聖太、石井聡一、根本和政
プロデューサー:浅野太、井関勇人、木下真梨子、藤原努
エンディング:ループ/edda

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマ24「忘却のサチコ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
佐々木幸子:高畑充希
文芸雑誌・月刊「さらら」の編集者。真面目な性格と完璧な仕事ぶりで“鉄の女”と称される。結婚式当日に新郎に逃げられたことから、そのつらい記憶を忘れるために、ひたすらに“うまいもの”を食べる。

俊吾:早乙女太一
幸子の婚約者だったが、結婚式当日に「幸子、すまない」という置き手紙を残してこつ然と姿を消した。料理上手で優しい性格。

小林心一:葉山奨之
月刊「さらら」に配属された新人編集部員。意識高い系男子。ゆとり世代だが、根は真面目で人の話もきちんと聞く。

橋本玲奈:逢沢りな
幸子の後輩の編集者。幸子の完璧な仕事ぶりを尊敬している。

大野恭助:重岡漠
幸子の同僚編集者。幸子の仕事ぶりに一目置いている。

岡田友里奈:上地春奈
幸子の同僚編集者。

佐々木和代:ふせえり
幸子の母。幸子の一番の理解者で、いつも気に掛けている。

白井智昭:吹越満
月刊「さらら」の編集長。幸子を心配し、温かく見守る。「要するに…」が口癖。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
高畑充希主演!
“鉄の女”が“うまいもの”を求めて奔走するグルメコメディー! 

2018年1月にスペシャルドラマとして放送され好評を博した、阿部潤の同名コミックを原作にしたグルメコメディーを連続ドラマ化。スペシャル版に引き続き主演を務める高畑充希が、“鉄の女”と呼ばれる文芸誌のアラサー編集者・佐々木幸子を演じ、結婚式の日に新郎に逃げられたつらい記憶を忘れるために“うまいもの”を探し求めて奔走する姿を描く。スペシャルからの続投で、吹越満、逢沢りな、重岡漠、ふせえりが出演するほか、今作では失踪した新郎役に早乙女太一、波乱を巻き起こす新世代新入社員役に葉山奨之、幸子の同僚の編集者役に上地春奈らが加入する。


関連記事

2018年秋、木曜ドラマ『プリティが多すぎる』

kage

2018/12/20 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★10月18日スタート 

日本テレビ系 毎週木曜 24:59~25:29

 プリティが多すぎる

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:大崎梢「プリティが多すぎる」(文春文庫)
脚本:荒井修子、渡邉真子
演出:久保田充
プロデューサー:小田玲奈、松永洋一、森有紗
主題歌:COLOR/木村カエラ

E13-b043.gif
外部サイト:プリティが多すぎる

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
新見佳孝:千葉雄大
大手出版社「千石社」の編集者。通称・南吉。お堅い性格でエリート意識が強くプライドも高い。文芸編集部のエースだったが、なぜか“カワイイ至上主義”の原宿系ファッション誌「Pipin」に異動を命じられてふてくされる。

佐藤利緒:佐津川愛美
「Pipin」の編集部員。編集長の三田村やモデルたちからの信頼が厚く、新見の世話係を命じられる。嫌々働く新見に激しく反発する。

近松吾郎:中尾明慶
文芸編集部の編集者。新見の同期でお調子者。新見の異動後に人気作家の担当を引き継いだことで、新見から逆恨みされる。

三田村詩織:堀内敬子
「Pipin」の編集長。我の強い部員たちを優しい言葉で包み込み、気持ちよく働かせるのがうまい、みんなのお母さん的存在。穏やかだが鋭い視点の持ち主でもある。

柏崎龍平:杉本哲太
文芸編集部の編集長。人気作家を口説き落とすためなら手段を選ばず、数々のベストセラーを世に送り出してきた敏腕編集者。ある考えから新見を「Pipin」に異動させる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
千葉雄大主演! “ジャパニーズ・カワイイ”を作る人たちのお仕事ドラマ! 
大崎梢の同名小説を千葉雄大主演でドラマ化。文芸編集部から突然、原宿系ファッション誌「Pipin」に異動となる入社3年目の編集者・新見佳孝、通称・南吉を千葉が演じる。エリート意識が高く、プリティー満載の職場にふてくされていた新見が、次第に“カワイイ”文化に本気で取り組む姿を描くお仕事ドラマ。同僚となる編集部員・佐藤利緒を佐津川愛美が演じるほか、中尾明慶、堀内敬子、杉本哲太らが共演。日本を含めて、韓国や台湾、カンボジア、香港、インドネシア、フィリピン、シンガポール、タイの九つの国と地域でも同時期に放送、配信される。





関連記事

思わず惚れてしまうマンガ呑み男性キャラ3

kage

2018/12/19 (Wed)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫男の強さも弱さも酒の魅力になりうる
思わす惚れてしまうマンガ呑み男性キャラ3

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


C07-f001.gif一流狙撃手は酒を手にしても完璧
 デューク・東郷(ゴルゴ13(1~191巻)/著:さいとうたかを)

改訂版「ゴルゴ13」リーダーズ・チョイス (コミックス単行本)
さいとう・ たかを
小学館
売り上げランキング: 28,747


ゴルゴ13(191) (コミックス単行本)
小学館 (2018-11-24)
売り上げランキング: 2,336


酒飲みニヒルキャラな典型的ないい男といえばデューク・東郷。

バーでも自然と女が寄ってくる眉一つ動かさず、武器を向けられても平然と酒を飲み続ける。

たびたび描かれるシーンは多い


依頼は必ずやり遂げる、国籍、年齢等いっさい不明のスナイパー。並外れた運動能力と数十カ国語を操る頭脳、鍛え上げられた肉体美を誇り、酒をあおった後に平然と車に乗り込むことさえある。酒も、煙草・スーツ・美女と同じように、ゴルゴの強さを象徴する一種の小道具であるかのよう…。


関連記事

2018年秋、ドラマパラビ「天 天和通りの快男児」』

kage

2018/12/19 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★10月3日スタート 

テレビ東京系 毎週水曜 25:35~26:05

 ドラマパラビ「天 天和通りの快男児」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:福本伸行「天 天和通りの快男児」(竹書房)
脚本:根本ノンジ、政池洋佑、宮本正樹
監督:二宮崇、柴田啓佑、宮脇亮
プロデューサー:山鹿達也、松本拓、倉地雄大、渋谷英史
主題歌:天道虫/THE YELLOW MONKEY

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマパラビ「天 天和通りの快男児」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
天貴史:岸谷五朗
麻雀の請負業(代打ち)を営む博徒。無類の勝負強さと強い意思を持ち、義理人情に厚い男。赤木や原田らと、日本の裏麻雀界の頂点を決める戦いに挑んでいく。

井川ひろゆき:古川雄輝
最初は雀荘で小遣い稼ぎ程度に素人を相手にしていたが、天と出会い、真剣勝負の代打ちの世界を知ったことで、より強い相手を求める雀士へと変貌していく。理詰めの麻雀を好む。

原田克美:的場浩司
現役最強雀士で、関西随一の暴力団組長。日本の裏麻雀界の頂点を決める東西戦で天と勝負する。

僧我三威:でんでん」
西軍の雀士。赤木が登場する10年ほど前に、裏麻雀界のトップに君臨し続けていた怪物。

赤木しげる:吉田栄作
冷徹な麻雀の打ち回しから悪魔と恐れられる、負け知らずの超天才雀士。「神域の男」「鬼神」「百年に一人の天才」と言われ、数えきれないほどの伝説を持つ。
----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
福本ワールドの原点にして真骨頂! 伝説の麻雀漫画を岸谷五朗主演で初ドラマ化! 
「カイジ」シリーズ、「銀と金」など、ギャンブル漫画の金字塔を打ち立てた福本伸行の伝説の麻雀漫画を初のドラマ化。麻雀を通して、男たちの命を懸けた圧倒的な心理戦が、熱くリアルに描かれていく。主人公の天貴史に岸谷五朗、天のライバル・赤木しげるに吉田栄作、天との出会いで成長していく井川ひろゆきに古川雄輝が扮するほか、関西屈指の現役最強雀士・原田克美役の的場浩司、裏麻雀界のトップだった僧我三威役のでんでんをはじめとする、豪華個性派俳優が勢ぞろい。昨年ドラマ化され話題となった「銀と金」(同系)の制作スタッフが再集結し、福本作品の個性的なキャラクターを忠実に再現する。




関連記事

横浜民衆文化誌「はま太郎」

kage

2018/12/19 (Wed)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

2013年12月15日創刊!
≫酒のツマミになる(かもしれない?)
横浜民衆文化誌「はま太郎」

2015年12月『横濱 市民酒場グルリと』を刊行した伊勢佐木町の夫婦ふたり出版社、星羊社がお届けする横浜地元超密着型情報誌『はま太郎』。「ハマの読むツマミ」をコンセプトに2013年創刊。

横浜は下町にこそ魅力がある!と、新たな側面から地元を紹介し続ける。

星羊社 (著・編) イラスト:ナリタノゾミ

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

まず個性的な表紙から興味をそそられました。

また星羊社オリジナルデザイングッズもネットで販売中とのことです。

送料:全国一律185円 【2000円以上お買い上げで送料無料!】

下記「はま太郎の商品詳細」ページ内のリンクをクリックして覗いてみてください。

おちゃんこ倶楽部2 手ぬぐい 赤
星羊社
売り上げランキング: 272,278


おちゃんこ倶楽部2 手ぬぐい 青
星羊社
売り上げランキング: 273,807



D15-c003.gif 横浜で呑みたい人の読む肴
 はま太郎 vol.15―横濱で呑みたい人の読む肴 特別記念号

『はま太郎』15号 特別記念号
判型:A5判並製
頁数:160ページ
刊行日:2018年8月30日

横浜の酒場文化、町の歴史、人の魅力を綴った地域情報誌『はま太郎』の記念ムック。
創刊5周年目を記念する今号の大きなテーマは「横浜と川」。
横浜市神奈川区を起点に横浜を散策します。
連載陣は横浜ネイティブから全国で活躍するライター・編集者まで。それぞれの視点から横浜の街を捉えた企画で、新たな街歩きの楽しさを提案します。
末永く楽しめる永久保存版!

はま太郎 vol.15―横濱で呑みたい人の読む肴 特別記念号
星羊社
星羊社
売り上げランキング: 282,071


◆「横浜暗渠散歩」
『はじめての暗渠散歩』(ちくま文庫)や『暗渠マニアック』(柏書房)の著者、髙山英男氏・吉村生氏のコンビによる街歩き企画。
「かつて川だった跡」である暗渠から街の歴史や地形の秘密などに迫る知的街歩きシリーズがスタートします。今回の舞台は「滝の川」。

◆「市民酒場を語る」
市民酒場誕生80周年記念!市民酒場総復習篇。市民酒場はまだまだ数十件残っている!
市民酒場と川の深い関係とは?

◆「横浜理想郷譚」
・横浜の浦島太郎伝説にせまる。
・反町遊郭

◆「ナポリタンボウ」
日本ナポリタン学会会長による横浜洋食屋物語。今回の舞台は六角橋。

◆「古本屋初、居酒屋行き 横浜版」
一箱古本市発起人・南陀楼綾繁による古本・居酒屋散歩。
ほか






関連記事

これだけは読んでほしい!名作「酒本」10選

kage

2018/12/19 (Wed)


文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫お酒の本エトセトラ
これだけは読んでほしい!名作「酒本」10選

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

left.gif0.gif1.gifright.gif
 ハードボイルド・エッグ/著:荻原 浩

ハードボイルド・エッグ 新装版 (双葉文庫)
荻原 浩
双葉社 (2015-01-15)
売り上げランキング: 59,553


Arika報告書v1アイコンフィリップ・マーロウを敬愛する私立探偵が巻き込まれる殺人事件。主人公・最上俊平は、ハードボイルドに生きると決めているが、持ちこまれるのはなぜかペットの捜索依頼ばかり。正直、役不足である。そろそろ変わろうと思う。しかるべき探偵、しかるべき男に―‐。手始めに、美人秘書を雇うことを決意したが、やってきたのはなんとも達者な女性で…。心優しき私立探偵とダイナマイト・ボディ(?)の秘書が巻きこまれた殺人事件。くすりと笑えてほろりと泣けるハードボイルドの傑作、待望の新装版。お酒が弱い主人公が飲むのはバーボンのソーダ割り、ソーダ多め。とにかく恰好がつかない主人公の姿がコミカルなハードボイルドの傑作。




関連記事

札幌のおやぢたちがナビゲーター、月刊『O.tone[オトン]』

kage

2018/12/19 (Wed)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫札幌のおやぢたちがナビゲーター、オトン
月刊『O.tone[オトン]』

北海道の地元情報が掲載されていて、写真もきれいです。

北海道近辺の酒場に繰り出す際は一度お店に行ってみたい気持ちにかられる雑誌です。

お酒の特集記事のみ、2018→2009年と掘り下げてピックアップしてみました。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


C07-f002.gifC07-f010.gifC07-f001.gifC07-f008.gif
 O.tone[オトン]Vol.113(ひとり酒場をさま酔へば。)[雑誌] – 2018/3/15



◆特集1 『ひとり酒場をさま酔へば。』
帰り道、赤ちょうちんとのれんに吸い込まれて、 今夜もまたカウンターに腰を下ろす。 誰もが「自由人」になれる、至福の時間。 社会の荒波に揉まれ続けている我々は、 たまには自由気ままな「ひとり」になった方がいいのかもしれません。 ひとり酒場で、酒と肴と人情をたっぷり充電して、 いい夢を見て眠ろうじゃありませんか。

◆特集2 『我が家のDIY術、公開します』
“DO It Yourself"とは より良い住まいと暮らしを自分たちの手でつくることを意味します。
そこに、うまい下手は関係なく、 自分らしいアイデアを思い描き、 自分の力で作り出すことが何よりも大切なのです。

今回は札幌市内・近郊で、 頭と手を使い、自由気ままに快適な住まいをつくる 5人それぞれのDIY術を紹介致します。



 O.tone[オトン]Vol.118(昼酒は三文の背徳)[雑誌] – 2018/8/15



◆特集1 『昼酒は三文の背徳』
もう開いている酒場にふらりと立ち寄って、冷えたビールをグイとやる。 降り注ぐ日差しの下、優越感とちょっぴりの後ろめたさを肴に、 今日くらいは、がむしゃらに働いている自分を褒めてやりたい――。 札幌にも、昼酒文化が定着しつつあるようです。 心ゆくまで飲んでも、まだ宵の口。 身体も心も喜ぶ、こんな愉快があるでしょうか。 たまには、ちょっと早めに飲んでみませんか?

◆特集2 『ビバ! 菜園生活』
食に彩りを与えてくれる野菜。 昨今はオーガニックや無農薬など、 自分の手で安全な作物を作る人が増えてきています。
育てる期間はおよそ2~4カ月。 短いようで長い道のりは、もちろん山あり谷ありです。 畑の大きさや環境は違えど、無心になって土をいじり、汗水を流す姿は同じ。 札幌市内・近郊に住む5人の男性たちを追い、 それぞれが謳歌する菜園生活を覗かせてもらいました。



D15-c006.gif 
 O.tone[オトン]Vol.121(鉄板焼きに、お熱)[雑誌] – 2018/11/15



◆特集1 『鉄板焼きに、お熱』
熱した大きな鉄板の上で、食材を焼く。
シンプルな料理ですが、“粉もの文化"にも発展した日本独自のスタイルです。
最近では、ここぞという場面で使いたい高級店をはじめ、 気軽に使える居酒屋風の店が札幌に続々と増えてきています。

目の前で料理に変わっていく風景や、食欲をそそる香りや音。
五感を魅了する鉄板焼きに、夢中になりませんか?

◆特集2 『おやじ百までバンド忘れず』
「もう若くないんだし、やれバンドだライブだなんて卒業だよ」。 ひと昔前ならば、世のおやじにはそんな風潮があった気がします。 しかし、昨今のライブハウスを見渡せば 第二の(あるいは、切れ目なく続く)青春を謳歌するが如く 熟年バンドマンが元気に躍動しているではありませんか。

今月の第2特集には、歳をとっても“放課後のクラブ活動"に精を出す 北海道のバンドおやじたちが登場。
熱いライブの模様をはじめ 音楽漬けの半生や若かりし頃の思い出を語ってもらうコーナー、 さらには、切実(?)な声を集めたアンケートもあります。

◆連載企画
・みやげの手帖
・古地図と歩く
・Talk,YES! 農
・追憶のレトロ漫画
・さっぽろ川歩記
・御朱印神社巡り
・展示の果てまで
など

◆連載エッセイ
・記憶のなかのスケッチブック
・イナダのむかっ腹
・法律相談R40
・出会い、語らい、おやぢ旅
・法律家の日々雑感
・さけのみの宇宙
・野茂英雄の如く
・酒とラジオと芝居と女
など


関連記事

思わず惚れてしまうマンガ呑み女生キャラ3

kage

2018/12/19 (Wed)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫ほろ酔いの自然体ぷりには女でも惹かれてしまう
思わす惚れてしまうマンガ呑み女性キャラ3

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


C07-f001.gif至福な家飲みで夫に甘える姿にキュン
 水原千里(お酒は夫婦になってから/著:クリスタルな洋介)

お酒は夫婦になってから(1) (ビッグコミックス)
小学館 (2015-11-06)
売り上げランキング: 69,239


お酒は夫婦になってから(2) (ビッグコミックス)
小学館 (2016-02-12)
売り上げランキング: 70,993


お酒は夫婦になってから 3 (3) (ビッグコミックススペシャル)
クリスタルな 洋介
小学館 (2016-05-12)
売り上げランキング: 105,291


お酒は夫婦になってから(5) (ビッグコミックス)
小学館 (2017-01-13)
売り上げランキング: 68,455


お酒は夫婦になってから(7) (ビッグコミックス)
小学館 (2017-10-03)
売り上げランキング: 94,871


笑顔も見せずキビキビと働く仕事中の姿と、本音モードの甘えぷりの差が見もの。

作中に掲載されるカクテルの詳しいレシピも楽しみ♪


PR会社の主任としてバリバリクールに働く美人OL。愛する夫が毎晩処方箋のように用意してくれるカクテルが、一日の疲れをそっと解きほぐしてくれる。お酒が夫婦のコミュニケーションツールになっているのも、このマンガの素晴らしいところ。千里は、家でだんなさんの作るお酒を楽しんで甘えているうちに、つい本音を漏らしてしまう。その素直さは女子目線で見てもかわいくて、友達になりたいなって思います。

お酒は夫婦になってから 秋冬カクテルセレクション編 (My First Big SPECIAL)
クリスタルな 洋介
小学館 (2017-09-29)
売り上げランキング: 197,805



Ariko.png

波よ聞いてくれ(5) (アフタヌーンKC)
沙村 広明
講談社 (2018-07-23)
売り上げランキング: 17,353


『波よ聞いてくれ』(著:クリスタルな洋介)の主人公・ミナレ。

彼女のように、美人なのに酒を飲んで開けっぴろげに言いたいことを言う女子もいい。





関連記事