2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

編集室(※1時間毎に下記の「メッセージ」が自動更新)

kage
顔文字りぼん ■月別特集記事■

☑1月の特集:2017年の手帳&カレンダー

手帳1:毎日ページを開きたくなる手帳

手帳2:機能性と遊び心たっぷりユニークさで勝負!の手帳

手帳3:機能性と遊び心たっぷり書くことで自分を掘り起こす手帳

カレンダー1:機能的、シンプルカレンダー

カレンダー2:飾って楽しむ写真カレンダー

カレンダー3:もっと楽しくイラストカレンダー

カレンダー4:卓上カレンダー

カレンダー5:日めくり・週めくりカレンダー ……………………………………………………………………

☑2月の特集

1:もうすぐバレンタイン!チョコ気分が高まる本

……………………………………………………………………

☑3月特集:3・11を心に刻む「あの日」を思う本

1:5年を経て。悼む、そして生きていく≪ノンフェクション≫

2:悼む、そして生きていく物語

3:福島を生きる≪原発事故の現実≫

4:災害に備える≪悲劇から得た教訓≫

……………………………………………………………………

☑4.5月特集:『古典』古くて良いもの

1:『古典』古くて良いもの〈古典文学〉日本編

2:『古典』古くて良いもの〈古典文学〉世界編

3:『古典』古くて良いもの〈古典芸能〉歌舞伎編

4:『古典』古くて良いもの〈古典芸能〉お能編

5:『古典』古くて良いもの〈古典芸能〉狂言編

6:『古典』古くて良いもの〈古典芸能〉文楽編

7:『古典』古くて良いもの〈古典芸能〉落語編

★----------------------------------------------------------------------★

■各レビュー担当

Arika

腐女ArikaのこのBLに萌え❤ 音楽市場へようこそ♪ メディアミックス映画*ドラマ*映画 Arikaの気まぐれcooking♡

└──────────────────────────────────

Uroko

風ちゃんの料理レシピお料理便利帖おうちカフェスイーツ風ちゃんの今日の絵本箱 └──────────────────────────────────

Usataku

僕が女性に読ませたいマンガ観せたいアニメ

└──────────────────────────────────

Uroko×Arika

BL&乙女ゲーム部気になる作家の魅力シチュエーションCDレビュー「妄想オトメ部」 └──────────────────────────────────

Usataku(奇数担当)×Arika(偶数担当)

この乙女たちに夢中❤

Arikaブック1a

【2017】アニメブロガー人たち感想と評価

kage

2017/12/31 (Sun)

ピッコロのらじお

*FC2ブログ『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』

ゲームを語る人1
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」はピッコロフォルテの2人での共同運営になりました。 それぞれの個性を活かしたアニメ記事作り、また水・金放送の「ねとらじ」と連動した企画も今後増えていくかも!? まずは下記のアニメブロガー2人衆の各アニメ評価記事をまとめclick 

ピッコロ4人6①a
2017年1月31日まで更新★ピッコロのアニメ感想まとめ2017(1/1~12/31)を読む!


ピッコロ4人6③
img235c4.jpg
2017年1月日まで更新★フォルテのアニメの感想2017(1/1~12/31)まとめを読む!




関連記事
スポンサーサイト

2017年春、土曜ドラマ『連続ドラマW 宮沢賢治の食卓』

kage

2017/06/16 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★6月17日スタート 

WOWOWプライム  毎週土曜 22:00~23:00

 連続ドラマW 宮沢賢治の食卓

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:魚乃目三太「思い出食堂」(少年画報社)
脚本:池田奈津子
監督:御法川修
プロデューサー:武田吉孝、平体雄二、佐藤幹也

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏠宮沢家

宮沢賢治(鈴木亮平)
作家を夢見て上京した、好奇心旺盛な青年。最愛の妹・トシが病気だと連絡を受けて、故郷の花巻に戻る。自分が情熱をそそげるものを見つけられずにいる。

┣宮沢トシ(石橋杏奈)
賢治の最愛の妹で、一番の理解者。生まれつき体が弱く、花巻高等女学校の教師として働いていたが、体調を崩して休職。賢治の才能を評価し、尊敬している。

┣宮沢イチ(神野三鈴)
賢治の母。賢治、トシを含む5人の子どもを育てている。おっとりした性格で子どもたちを優しく見守る。

┣宮沢政次郎(平田満)
賢治の父。代々続く質屋の主人で、賢治に後を継いでほしいと思っている。厳格な性格。


藤原嘉藤治(山崎育三郎)
高校の音楽教師。女生徒からの憧れの的で、文才もある。教師仲間のトシから賢治を紹介され、自由奔放な賢治に振り回されるが、後に賢治の良き親友となる。

櫻小路ヤス(市川実日子)
男勝りの小学校教員。実家のそば屋を手伝っている。おっちょこちょいなところもあるが、音楽や現代文学を愛し、次第に賢治に引かれていく。賢治にとって運命の女性となる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
鈴木亮平が“ヤング宮沢賢治”の知られざる日々を熱演! 
「銀河鉄道の夜」「雨ニモマケズ」などで知られる、詩人であり作家の宮沢賢治。その賢治の青春時代を描いた、魚乃目三太の人気コミックをドラマ化し、若かりし頃の天真らんまんな賢治と、彼の愛した食べ物やクラシック音楽を通して描かれる家族や親しい人たちとの関わり、そして最愛の妹との死別を描く感動の物語。

主人公の賢治を演じるのは、2018に主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」も控えている実力派俳優・鈴木亮平。賢治の妹で一番の理解者であり、後に病に倒れてしまうトシを石橋杏奈が演じる。


関連記事

2017年春、土曜ドラマ『屋根裏の恋人』

kage

2017/06/03 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★6月3日スタート 

フジテレビ系 毎週土曜 23:40~24:35

 屋根裏の恋人

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:旺季志ずか
監督:中田秀夫、川村泰祐、大内舞子
プロデューサー:後藤勝利、渡辺良介、熊谷理恵

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏠西條家
西條衣香(石田ひかる)
44歳の専業主婦。夫と高校2年生の娘、中学生3年生の息子がいる。優しく穏やかで人当たりも良く、「いい妻」「いい母」「いい女」の仮面をつけて暮らしているが、心の中では周囲に毒づいている。無意識に、完璧な妻・母として周囲から賞賛されたいと思っているが、その実、子ども達が抱えてい苦悩に気が付いていない。

┣西條誠(勝村政信)
衣香の夫で、証券会社の部長。外で金を稼ぐことが自分の仕事で、家庭を守るのは妻の役目だと考えている。出世欲の塊。

┣西條千鶴子(高畑淳子)
衣香の姑。誠の亡くなった父の後妻で、誠と血のつながりはない。ベリーダンスの講師として、日本中に名をはせている。派手で目立つことが大好きな性格。

瀬野樹(今井翼)
衣香の元恋人。20歳の時、あることがきっかけで衣香と出会い、引かれ合っていたが、突然姿を消した過去がある。18年ぶりに衣香の前に現れ、勝手に西條家の屋根裏に住みついてしまう。昔は明るく正義感の強い好青年だったが、今は謎多き陰のある人物。

菅沼杏子(三浦理恵子)
衣香の高校時代からの親友。ファイナンシャル・プランナーとして活躍している。自分で稼いだお金で、完璧に自分を美しく整えている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
石田ひかりと今井翼で織り成す、洋館を舞台にした背徳の恋愛サスペンス! 
映画「リング」などで知られる中田秀夫らが監督を務め、オリジナル脚本で描く禁断の恋愛サスペンス。何不自由ない幸せな生活を送っていた主婦が、18年ぶりに再会したかつての恋人に新居の屋根裏に住みつかれたことを発端に、家族の秘密が次々と露わになり、精神的に追い詰められていく。

主人公の西條衣香を演じるのは、約14年ぶりに連続ドラマに主演する石田ひかり。謎を抱えた衣香の元恋人・瀬野樹に、民放の連ドラ出演は14年ぶりとなる、今井翼が扮する。共演には三浦理恵子、勝村政信、高畑淳子ら実力派俳優が脇を固め、大人の事情が錯綜するドロドロのストーリーを盛り上げる。



関連記事

2017年春、土曜ドラマ『みをつくし料理帖』

kage

2017/06/03 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★5月13日スタート 

NHK総合 毎週土曜 18:05~18:43

 みをつくし料理帖

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:高田郁「みをつくし料理帖」(ハルキ文庫)
脚本:藤本有紀
演出:柴田岳志、佐藤峰世
制作統括:城谷厚司、山本敏彦

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
澪(黒木華)
大坂に生まれ、淀川の水害で両親を亡くし天涯孤独となったところを、料理屋「天満一兆庵」のおかみ・芳に助けられる。井戸水の味が変わったために、料理の味も変わったことを見抜き、天性の味覚を見込まれて料理人に抜てきされる。

小松原(森山未來)
料理屋「つる家」の常連の武士。澪の料理に対して常に本質を突いた批評をする。厳しくも深い愛情に、澪は次第にひかれていく。

永田源斉(永山絢斗)
町医者。医者の立場から、澪の料理に助言を与え、励ますうちに、澪に恋心を抱くようになる。

あさひ太夫(成海璃子)
吉原「翁屋」の花魁(おいらん)。吉原一の美貌を持つと言われながら、表には姿を現さないため“幻の花魁”と呼ばれる。

種市(小日向文世)
料理屋「つる家」の主人。元はそば屋だったが、澪を「つる家」の料理人として迎え入れる。江戸の味付けに慣れない澪を長い目で温かく見守り、応援する。

芳 (安田成美)
大坂の料理屋「天満一兆庵」のおかみ。水害で路頭に迷う澪を助け、母親のような愛情を注ぐ。その後、火事で店を失い、澪と共に江戸に出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
黒木華が時代劇初主演! 天涯孤独の澪が一流の料理人になるまでの波瀾万丈の物語! 
累計部数300万部を超える高田郁の同名小説を原作に、大坂・淀川の水害で天涯孤独となった少女・澪(みお)が、料理の腕一本を頼りに江戸に行き、艱難(かんなん)辛苦を乗り越えながら、やがて一流の料理人になるまでの波瀾万丈の物語。ヒロインの澪を、NHKの連続ドラマ初主演となる黒木華が演じる。

江戸の人情と笑い、毎回クライマックスで登場する創作江戸料理も見どころのひとつ。森山未來、永山絢斗、成海璃子、小日向文世、安田成美らが共演するほか、NHK木曜時代劇「ちかえもん」で向田邦子賞を受賞した藤本有紀が脚本を担当する。


関連記事

2017年春、木曜ドラマ『ソースさんの恋』

kage

2017/06/01 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★6月1日スタート 

NHK BSプレミアム  毎週木曜 23:00~23:30

 ソースさんの恋

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:本田晴巳「君とソースと僕の恋」(スターツ出版)
脚本:田中ひろみ、神田優
演出:村松弘之
制作統括:篠原圭、佐野奈緒子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
後藤ミカ(ミムラ)
毎晩8時になるとコンビニエンスストアに同じソースを買いにいくミステリアスな女性。4年前から記憶の一部が欠落しているが、両親は他界しているため一人暮らしをしながら、知人のデザイン会社でデスク業務をしている。4年前のバンド活動ではキーボードを担当していた。

宇野正直(千葉雄大)
美大の油彩科1年生。山梨県出身。14歳の時に出会ったある女性の言葉で、絵画の道を志した。長男のため、両親からは家業の酒屋を継ぐことを期待されているが、説得して上京してきた。アルバイト先のコンビニに現れるミカのことが気になり始める。

吉田朝子(岩崎ひろみ)
ミカの過去を知る友人で、ミカが勤務するデザイン会社の副社長。記憶をなくしたミカを、公私にわたってフォローし続けている。バンドではベースギターを担当していた。

佐々木由紀(萩原みのり)
正直の美大の同級生で、同じく画家を目指している。正直に片思い中。

安本文也(栩原楽人)
正直のアルバイト仲間で、東京出身の有名私大生。バイト先にたびたび来店するミカのことを好きになる。

吉田幸作(阿部進之介)
デザイン会社社長で、朝子の夫。バンドではドラムを担当していた。

白鳥新二(松田悟志)
ミカの主治医である白鳥クリニック院長の次男で、クリニックの事務長。ミカにゆがんだ愛情がある。バンドではサイドギターを担当。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
ミムラと千葉雄大で描く、年の差10才の純愛ラブストーリー! 
トラウマにとらわれ不安を抱えながら日々を生きる女性と、コンビニエンスストアでアルバイトしながら画家を夢見る地方出身の美大生の純愛ラブストーリー。

毎晩8時になるとソースを買いに行くミステリアスなヒロイン・後藤ミカを演じるのは、ミムラ。そんなミカを心の中で「ソースさん」と呼ぶ青年・宇野正直役を千葉雄大が務め、10才の年の差を越えて、運命に引き寄せられた2人が恋に落ちていくさまを描く。そのほか、岩崎ひろみ、萩原みのり、栩原楽人、阿部進之介、松田悟志が脇を固める。





関連記事

2017年春、日曜ドラマ『プレミアムドラマ クロスロード~声なきに聞き形なきに見よ~』

kage

2017/05/28 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★5月28日スタート 

NHK BSプレミアム  毎週日曜 午後10:00~午後11:00

 プレミアムドラマ クロスロード~声なきに聞き形なきに見よ~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原案:金子成人
脚本:高橋美幸、是安彌生
演出:藤井裕也、村田忍、初山恭洋
制作統括:篠原圭、藤田裕一

主題歌:ひとりの世界/Anna

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
尾関辰郎(舘ひろし)
元警視庁捜査一課のエリート刑事。26年前、懇意にしていた記者の板垣に情報をリークしたことから前線を外される。定年を1年後に控え、大森臨港署の刑事課に異動する。

片山明日子(栗山千明)
三葉出版「週刊レポ」のライター。ゴシップ記事ばかりを書いていたが、板垣と出会い自分の記者としての在り方に疑問を持つ。

津山浩太郎(勝野洋)
大森臨湾署に新しく赴任してきた署長。チームワークを乱す恐れのある尾関に目を付けている。

田中啓介(神田穣)
尾関とバディを組む若手刑事。生意気な口をききながらも、尾関の刑事として在り方に感化されていく。

近衛滋(竹中直人)
管理官。過去に尾関と面識があり、一見温和だが謎多き人物。

板垣公平(神田正輝)
元大手新聞社社会部のエース。26年前に尾関がリークした情報から冤罪(えんざい)事件を暴いたが、その強引ともいえる取材方法が周囲の反感を買う。現在はフリージャーナリストとして活動している。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
舘ひろしと神田正輝の共演でおくる、刑事とジャーナリストの骨太な人間ドラマ! 
2016年に放送されて話題となった前作に続き、舘ひろしと神田正輝の共演でおくる、男たちの骨太な人間ドラマ第2弾。定年を1年後に控えた元エリート刑事の尾関辰郎を舘が、尾関と反目しながらも絆を深めるフリージャーナリスト・板垣公平を神田が演じる。
今作では「無戸籍」をテーマに、“真実を暴く”という共通した目的を持つ尾関と板垣が、くしくも事件現場で再び対面。己の信念のもと、うそがつけない不器用な定年世代の二人と、社会の片隅で必死に生きる人々の心情を重厚なストーリーで描き出す。
栗山千明、竹中直人、勝野洋、神田穣ら新たな出演陣も加わり、社会派のテーマに挑む。


関連記事

2017年春、土曜ドラマ『架空OL日記』

kage

2017/05/27 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★4月15日スタート 日本テレビ系 毎週土曜25:55~26:25 

★4月13日スタート 読売テレビ 毎週水曜25時29分~
※読売テレビで放送後、特別版1話と2話がHuluで先行配信されます。

 架空OL日記

Arika注目1hバカリズムのなりすましブログがドラマ化!
このドラマは、バカリズムが2006年から3年にわたり、ネット上にこっそり銀行勤めのOLになりすまして綴っていたブログ「架空升野日記」をまとめ。

OLたちの日常にありがちな仕事や恋愛のプチ事件を描く。

その唯一無二のOLの観察力にブログを読んでいた誰もが本物のOLだと騙され…

「女心が分かりすぎている。」「いや、頭おかしい。」と話題を呼んだ怪作です!

ブログを書籍化し話題沸騰!

そして本人(バカリズム)の「原作」・「脚本」・「主演」の連続ドラマなので、注目が集まります。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:バカリズム「架空OL日記」(小学館文庫)
脚本:バカリズム
監督:住田崇
放送局:読売テレビ、日本テレビ

主題歌:月曜日戦争/吉澤嘉代子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
升野英知 (バカリズム)
┣入社5年目の銀行一般職OL(24歳)
┣彼氏なしの実家住まい。
┣恋愛はやや遠ざかり気味。
┣週末はややインドア派で、何かとややズボラ気味…。
┣ゲームと食べることが好き。

藤川真紀(夏帆)
┣入社5年目の銀行一般職OL(24歳)
┣通称・マキちゃん
┣升野の同期で親友。
┣彼氏ありの実家住まい。
┣ストイックな性格。
┣筋トレにハマり、気が付けば腹筋が6つに割れんばかりの勢いでジムに通っている。

小峰智子(臼田あさ美)
┣入社7年目になる升野の先輩(27歳)
┣通称・小峰様。
┣彼氏ありで実家住まい。
┣中高はバレー部のキャプテン。
┣姉貴肌で上司にもはっきりモノを言う、頼れる先輩。

五十嵐紗英(佐藤玲)
┣入社2年目の升野の後輩(22歳)
┣通称・サエちゃん。
┣彼氏なしの実家住まい。
┣漫画好きの天然な妹キャラ。

酒木法子 (山田真歩)
┣入社10年目の先輩(29歳)
┣彼氏は募集中。
┣実家住まい。
┣規律に細かく、家庭的でしっかり者。
┣特技はボウリング。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
バカリズムが女性としてOL生活を満喫!? 銀行勤めの仲間たちとの日常生活を描く! 
バカリズムが銀行勤めのOLのふりをして、インターネット上にこっそりつづり書籍化もされた“伝説のブログ”を、本人の脚本・主演で連続ドラマ化。銀行の一般職OLとして働く升野英知にバカリズムがそのまま扮し、4人の仲良しOL仲間と共に、更衣室や休憩室で上司の愚痴・美容・恋愛話などを繰り広げる。ブログを読んでいた誰もが本物のOLだとだまされ、「女心が分かり過ぎている」と話題となった怪作。OLたちの“あるある爆笑トーク”や、日常の中で起こる“プチ事件”の数々がコミカルに描かれる。仲良しのOL仲間役には、夏帆、臼田あさ美、佐藤玲、山田真歩が共演する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■そもそも「架空OL日記」ってなに
----------------------------------------------------------------------------------------
架空OL日記とはバカリズムが匿名でネットに銀行のOLのフリをして書いていたブログ。ネットでのブログ名は「架空升野日記」。ブラジャー、ダイエットなどの女子ワードを連発させ、OLのリアルな日常をつづっている。バカリズム本人は「身内を笑わせるためだけに、ただの暇つぶしで始めた」と言うが、2008年に辰巳出版、2013年に小学館から「架空OL日記」のタイトルで書籍化された。デパートでのショッピングや料理教室、友人たちと何もしない1日だと淡々と日常が描かれており、OLの何でもない日々だが、バカリズムの洒落たセリフ回しにより一気に愉快な仲間たちとの生活に変わると評判。バカリズムはこの架空OL日記の雰囲気を出せるのは自分しかいないと判断して主演を務める。ちなみにバカリズムの役名の升野英知は本名。



関連記事

2017年春、土曜ドラマ24『マッサージ探偵ジョー』

kage

2017/05/27 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★4月8日スタート 

テレビ東京系 毎週土曜 24:20~24:50

 土曜ドラマ24「マッサージ探偵ジョー」

Arika注目1hコミュ障のマッサージ師が事件の謎を解きほぐす!

土曜深夜ドラマ枠での「ジャニーズ」の起用は初!

KAT-TUNの中丸雄一さんが「99.9」のゲスト出演以来、約1年ぶりのドラマ出演。

驚異的なマッサージ技術と情報収集能力で謎を解決していく笑えるサスペンスドラマ。

このドラマは、人とコミュニケーションをとることが苦手な主人公・ジョーが出張マッサージ師をしながら探偵として活躍するという今までにないサスペンスドラマです。

実力派のキャストを迎え、新しい「名探偵」が誕生します!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:井上テテ、政池洋佑
監督:根本和政、瀧 悠輔
チーフプロデューサー:浅野太(テレビ東京)
プロデューサー:稲田秀樹(テレビ東京)、小松幸敏(テレビ東京)、村上公一(ROBOT)
制作協力:ROBOT

主題歌:「お疲れサンクス」マッサージ探偵ジョー(ジェイ・ストーム)

※「マッサージ探偵ジョー」名義で中丸が歌唱する。
インド風のメロディーと、ドラマの世界観に合わせた歌詞であり、マッサージの動きを取り入れたダンスの振付けはパパイヤ鈴木が手がけた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏢マッサージ店・ほぐす堂
ジョージが務める店。出張サービスも行っている。

矢吹原丈(ジョー)…中丸雄一
通称:ジョージ。マッサージ店「ほぐす堂」の出張担当の従業員。幼い頃に父親と生き別れており、苦労して育った。母親に勧められて若くしてマッサージ師の資格を取ったものの、生来の人間嫌いからその道は断念。コンピュータプログラマーとして働いていた。ふとした縁で「ほぐす堂」店主のエコ婆に拾われて改めてマッサージの世界へ。意外な才能を開花させていくことになる…。ひとたび集中のスイッチが入ると人が変わり、マッサージからありとあらゆるカラダの情報をゲットしてしまう。「事件のツボはここだ!」が決めセリフ。

亜久里葉子(アグリ) …小芝風花
「ほぐす堂」の新人従業員。通称・アグリ。天真らんまんで明るく、くせ者ぞろいの従業員たちをあしらう処世術も身に付けている。自称「ワトソン役」で、嫌がるジョーを強引に事件に巻き込む。

┣西藤吉…与座よしあき
出張マッサージ店「ほぐ師堂」の従業員。店では一番の古株で、どんなお客のどんな話にも対応する聞き上手でおっとりした性格。奇妙なメンバーの中では唯一の癒し系キャラ。

┣エコ婆 …倍賞美津子
「ほぐす堂」の店主。芸能界や政財界にまで顧客ネットワークを持つ伝説のマッサージ師で、穏やかな風貌ながら、得体のしれない雰囲気も漂わせている。ケチで無駄を嫌うが、本人はあくまでも“エコ”だと主張している。実は、ジョーとの出会いは偶然ではない。

┣青山広松…三河悠冴
出張マッサージ店「ほぐ師堂」の従業員。アイドルおたく。でも、そこそこリア充。ゆとり世代特有の自分本位な面もあり、職場ではジョーより先輩。


🌸警視庁捜査一課
マネーとタイガーが勤務。事件先でジョージと頻繁に遭遇する。

■金石徹(マネー) …小澤征悦
警視庁捜査一課の刑事。通称・マネー。刑事ドラマに憧れて刑事になったストレートな男だが、思い込みが激しく、事件解決を自ら困難にしてしまう。ロサンゼルスでの研修を終えて帰国したばかりのせいか、英語を交じえての会話でクールな刑事を演じたがる。ジョーには、基本悪態をつくが、実は頼りにしている。

■加藤虎雄(タイガー) …和田正人
警視庁捜査一課の刑事で、マネーの部下。通称・タイガー。実直で生真面目な性格で、「全ては勉強だ」が座右の銘。無謀な行動をとるマネーの尻ぬぐいから盛り上げ役まで、苦もなくこなす究極の相棒。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
KAT-TUN・中丸雄一が“マッサージ”で謎を解く探偵に。おバカで笑えるサスペンス! 

KAT-TUNの中丸雄一が主演を務めるサスペンスコメディー。中丸扮する、卓越したマッサージ技術と情報収集能力を持つ出張マッサージ師・矢吹原丈(通称・ジョー)が、毎回仕事先で殺人事件に遭遇し、驚異的なマッサージスキルで関係者の心を解きほぐし、「マッサージでそこまで分かっちゃうの?」と思わずツッコミを入れたくなる名推理を展開。事件の謎を解決していく。

毎回、深夜番組ならではの“お色気マッサージ”シーンも登場。

名探偵の決めゼリフは、「事件のツボはココだ!!」

ちなみに、ドラマのエンディングでは、主題歌に合わせて中丸くんがダンスダンス~♪ 

事件のツボと共に、劇中で紹介する役立つマッサージ豆知識も必見!


【追加】
※3月末日:振り付けをパパイヤ鈴木さんが担当することも発表。


関連記事

2017年冬春、土曜ドラマ『豆腐プロレス』

kage

2017/05/27 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★1月21日スタート 

テレビ朝日系 毎週土曜 深夜2:35~深夜3:00

 豆腐プロレス

Arika注目1h「AKB48凋落」の烙印を覆せ! 結成12年のAKB48の新境地『豆腐プロレス』!
AKB48グループのメンバーが多数出演する女子プロレスをテーマとしたテレビドラマ。2クール放送予定。主演はHKT48の宮脇咲良。AKB48グループ総合プロデューサーの秋元康は「ヤンキー、キャバクラ嬢、次は、プロレスにしようとかなり前から企画していた」として、メンバーの賛同を得られたことからプロジェクトが開始した。

タイトルの「豆腐プロレス」にはプロレスの真剣勝負を言う「セメント」にはならず、所詮アイドルの「なんちゃってプロレス」になるにしても、気持ちは「セメント」、実際は「柔なもの」=「豆腐」という意味が込められている。公式略称は宮脇咲良が発案した「まめプロ」。

現役プロレスラーの下田美馬と元プロレスラーのミラノコレクションA.T.が指導者となり、加えてバラエティ番組でのプロレス経験者を2名(横山由依・島田晴香[注 1][7])出演させ、出演メンバーらは本格的なプロレスのトレーニングを行い、ドラマでありながらも真剣勝負を展開していく[4]。トレーニングの模様や撮影の裏側などは公式サイト(YouTube・tvasahi公式チャンネル)上で更新される動画コンテンツ『ROAD to W.I.P.』内で公開されている[8]。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
企画・原作:秋元康/監督:豊島圭介/脚本:徳尾浩司/音楽:スキャット後藤/プロレス指導 :ミラノコレクションA.T.、下田美馬/コスチュームデザイン :えぐちりか/タイトルバックイラスト :広く。/コンテンツビジネス : 小野仁(テレビ朝日)/協力 : AKS、Y&N Brothers、新日本プロレスリング

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
■W.I.P.(ワールド・アイドル・プロレスリング)


テレビ中継もされ女子中高生に人気を誇るプロレスイベント。リーグ登録の条件は女子高生(年齢は問われない)レスラーであること、条件を満たすレスラーがジムに6人以上いることである。

■錦糸町道場


元プロレスラー・ウロボロス洋平の営むプロレス道場。宮脇豆腐店と併設。豆腐店経営の傍ら後進を育てていたが、後輩・矢崎の裏切りにあい、ほとんどの選手を白金ジムに引き抜かれる。キャッチフレーズは「泣きべそより汗をかけ!」。

宮脇咲良(宮脇咲良 )
普通の女子高校生。母親を早くに亡くし、豆腐店とプロレス道場「錦糸町道場」を営む父親・ウロボロス洋平と暮らしている。プロレスを嫌悪していたが父親が急死し、その思いを継いでプロレスの世界に入る。

向井地 美音(向井地美音)
咲良の親友。咲良につきあう形で、戸惑いながらも道場に入ることになる。コスチュームモチーフは「お菓子」。

横山 由依(横山由依(2006年時:原舞歌))
小学生の頃に道場に入門し、洋平によるトレーニングを積んできた。白金ジムに有望選手を引き抜かれた末、唯一残っていた門下生[3]。W.I.P.に参加するため、通信制高校に入学した。周りが現役高校生の中でひとり24歳であるため、オバサン扱いを受ける。プロレスをする傍ら、豆腐店も手伝う。

木﨑 ゆりあ(木﨑ゆりあ)
ヤンキー女子と喧嘩に明け暮れる孤高のアウトロー。咲良からスカウトを受ける。

加藤 玲奈(加藤玲奈)
ティーン雑誌「エイティーン」の読者モデルで校内の人気者。スクールカースト上位であり、取り巻きに囲まれている。咲良からスカウトを受けるが、「興味ない」と断ってしまう。

古畑 奈和(古畑奈和)
吹奏楽部所属で学内でいつもサックスを吹いているが、立場としては万年補欠にある。咲良からスカウトを受けるが、「興味ない」と断ってしまう。

ウロボロス洋平[宮脇 洋平](菅原大吉)
咲良の父親で、かつては「週刊プロレスの道」表紙も飾った帝国プロレスの元プロレスラー。宮脇豆腐店を営む傍ら、錦糸町道場を運営していたが急死する。プロレスに関してはエンターテインメント性より強さの追求を重んじるが、その信条が元で矢崎の離反につながってしまう。


■白金ジム


W.I.P.の主力ジム。有金スタジアムでの「有金スペシャルマッチ」のプロモートも行い、錦糸町道場の土地建物も保有する。

松井珠理奈/ ハリウッドJURINA(松井珠理奈)
白金ジムに所属する、W.I.P.(ワールド・アイドル・プロレスリング)のスター選手。通称「銀の雨」。エメラルドHARUKAと「パワーストーンズ」というペアを組む。必殺技はフライングJURINA。実は右足を怪我している[15]。演じる松井によると同郷のオカダ・カズチカをイメージして役作りをしている。

兒玉 遥 / エメラルドHARUKA(兒玉遥)
ハリウッドJURINAと「パワーストーンズ」というペアを組む。得意技は複合関節技であるジャベ。普段は地味で真面目でおとなしく、眼鏡を着用する。繊細で傷つきやすい性格で、リングネームもここに由来する。

島田 晴香 / ユンボ島田(島田晴香)
クイウチ松村とタッグチーム「工事現場同盟」を組むヒールレスラー。金髪のモヒカン頭で顔にはペインティングを施し、右腕にアームカバーをしている。得意技はジャイアントスイング。

松村 香織 / クイウチ松村(松村香織)
ユンボ島田と「工事現場同盟」を組むヒールレスラー。島田と同じく顔にペインティングを施し、左腕にアームカバーをしている。得意技はクイウチチョップ。

山田 野絵 / ボイス山田(山田野絵)
「工事現場同盟」のセコンドとして登場。目の周りに赤いアイメイクを施している。得意技はこけしで、技の為に常に水泳キャップを持参している。

白間 美瑠 / 道頓堀白間(白間美瑠)
W.I.P.の次世代エース候補。劣勢に陥ると「なんでやねん!」とツッコミし、ドラゴン・スクリュー、レッグスクリューで逆転するのが定番ムーブ。得意技はD-STF(道頓堀STF)。

須田 亜香里 / オクトパス須田(須田亜香里)
飛び付き卍固め(オクトパスホールド)の使い手。とどめを刺すときのチューチューポーズは中高生にも人気で、技が決まった後は須田がチューチューフェイスをしながら、客席も「チューチュー」という。体が柔らかくマトリックスも使用する。

高柳 明音 / バード高柳(高柳明音)ストリートファイトスタイルで戦うレスラー。蹴り技を得意にし、必殺技はPK。いじめられっ子で、飼っていたインコが唯一の友達だったという過去がある。

木下 百花 / イケメン百花(木下百花)
白金ジムメンバーを遠目から見守る謎の人物。

湯本 亜美 / コマネチ湯本(湯本亜美)
ロンダートエルボーをローリングコマネチの名前で使用する軽業戦士。勝利の際は「ゴールドメダルポーズ」を決める。

中井 りか / MAX中井(中井りか)
白金ジム練習生。

加藤 美南 / バトンかとみな(加藤美南)
白金ジム練習生。

矢崎 英一郎(渡辺いっけい)
白金ジムの創設者。かつて洋平の弟子であったが、師匠を裏切りジムを新設する。咲良にプロレスの世界に入るよう仕組んだ人物。洋平の死後、錦糸町道場を買収しようとするが、ジムを訪れた咲良を挑発し、プロレスの世界へ誘う。強さを追い求めるプロレスは時代に合わないと、美しさを求める華やかなアイドルプロレスを追及する白金ジムを設立。プロレスはショービジネスと捉えている。

アリゲート流司[坂巻 流司](今野浩喜)
かつて帝国プロレスでウロボロス洋平とタッグを組んでいた元プロレスラー。ワニの背骨を折ったという伝説を持つが、酒に溺れたのちにタッグ解消を言い渡され消息を絶つ。現在はスーパーの警備員をしており、断酒の集会に通っているが、密かに酒は飲んでいる様子。咲良と美音にトレーナーになってくれと懇願されるが、その誘いを断ってしまう。

フェアー・オオコウチ(江利川祐)
W.I.P.レフェリー

神宮寺 一馬( 野上慎平(テレビ朝日アナウンサー))
W.I.P.の実況アナウンサー。

時宗 正子(佐藤真弓)
W.I.P.の解説者。

咲良の母(田中あい(写真のみの出演))
咲良が幼い頃に病死。忌日に洋平の決勝試合があり、洋平は病室で付き添っていたものの、病室を追い出してまでチャンピオンベルトを望んでいた。

主要ゲスト
古舘 伊知郎 - 古舘伊知郎(試合実況アナウンサーとして声の出演)(1話)
土地建物の査定人 - 辻修(1話)
玲奈の取り巻き - 水野怜那、穴田ちひろ、二階堂姫瑠(2,3話)
女子高生ファン - シャーロック麗良(2話)
芸能プロダクション・森プロの馬場 - 村上航(3話)
アリゲート流司の住むアパート住人 - 小貫加恵(3話)

オープニングナレーション:加藤登紀子

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
AKB48グループのメンバーがプロレスラーに扮し、ガチンコの肉弾戦を展開! 
AKB48グループが「プロレス×ドラマ」という異色のテーマに挑むエンターテインメントドラマ。同グループのメンバーたちが女子プロレスラーに扮し、ガチンコの肉弾戦を展開する。彼女たちは現在、第一線で活躍したプロレスラーから本格的なトレーニングを受けており、そこで磨いたプロレス技を劇中でさく裂させる。
“アイドル×プロレス”という大型プロジェクトにふさわしい実力の持ち主、そして次世代のAKB48をけん引するメンバーという観点からプロデューサーの秋元康が選抜した“つわ者”たちが出演。宮脇咲良、松井珠理奈、兒玉遥、島田晴香、白間美瑠、松村香織、向井地美音、横山由依らが“参戦”する。
関連記事

2017年春、土曜ドラマ『犯罪症候群 Season1』

kage

2017/05/27 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★4月8日スタート 

フジテレビ系 毎週土曜 23:40~24:35≪全8話≫

 犯罪症候群 Season1

Arika注目1h東海テレビ×WOWOWの共同制作ドラマ

Season1…主演:玉山 鉄二


正義に罪はないのか?

復讐心に苦しむ元刑事が裏稼業に手を出す!


シーズン1は「特殊任務」につく玉山鉄二さん

シーズン2は「刑事」の谷原章介さん

「特殊任務」の指揮には渡部篤郎さん

豪華なキャストです。

ドラマの質には定評のあるWOWOWとのコラボなので、きっとクールなオトナのドラマ

この3人が繰り出すドラマ、期待できます。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:貫井徳郎「失踪症候群」「誘拐症候群」「殺人症候群」(双葉文庫)
脚本:篠﨑絵里子、谷口純一郎
音楽:やまだ豊
監督:村上正典、都築淳一
企画:横田誠(東海テレビ)、小西真人(WOWOW)
プロデュース:市野直親(東海テレビ)、青木泰憲(WOWOW)、水野綾子(共同テレビ)
制作協力:共同テレビ
製作:東海テレビ、WOWOW

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🌸警視庁
捜査課が公に捜査できない事件を処理する任意も存在する。

鏑木護(谷原章介)武藤の親友である現役刑事
警視庁捜査一課の刑事。表面上は飄々とした明るい男。武藤の先輩であり、深い信頼と友情で結ばれている。殺された武藤の妹は、鏑木の恋人で、心から愛した女性を未成年に殺害された過去を持っている。鏑木は、刑事の仕事に打ち込むことにより過去を乗り越えようとしている。シーズン1では、「復讐なんかして何になる」と武藤を諌め続ける鏑木だが、シーズン2では、実は鏑木自身、復讐という地獄にはまっていく。42歳。

環敬吾(渡部篤郎)特殊任務を指揮する男
警視庁警務部人事二課所属の、優秀だが私生活も前歴も不明な謎の男。刑事部長からの特命で、警察が表立って動けない事件を、退職した元警察官を使って超法規的手段で捜査している。武藤に救いの手を差し伸べるような振る舞いをするが、弱みや家族関係など利用できるものは徹底的に利用する冷酷さを持つ。国や社会を守るためには、多少の犠牲は仕方がないと考えている。その冷徹さはすべて正論でもある。47歳。

┣酒井信宏(古川悦史)…刑事部長
警視庁刑事部長。環敬吾(渡部篤郎)に裏の捜査の特命を下し、警察を辞めたものを捜査に当たらせているが、果たしてそれは本意なのか・・・・

┣浜村明彦(芹沢名人)…捜査一課課長
警視庁捜査一課課長。環敬吾(渡部篤郎)達のことにはタッチしていない様。熱い鏑木護(谷原章介)を上司として諫めてはいるが、内心では環敬吾(渡部篤郎)のやり方に浜村自身不満を抱えている。


🏠武藤家
シーズン1の主人公
武藤隆(玉山鉄二)「特殊任務」につくことになった男
正義感が強く熱い元刑事。妻と娘がいる。一年前、親代わりにかわいがっていた妹を、殺害された。犯人が未成年者のため、すぐに社会復帰。そんな犯人に憎悪を燃やす。犯人は自殺したが、武藤は自分の中に人をも殺しかねない『獣』がいたことに恐怖し、警察を辞め「復讐をしない」道を選ぼうとする。しかし一年後、警視庁人事課の環からある未成年者犯罪の捜査を依頼され犯罪捜査をする。時には超法規的手段を使ってでも犯罪者を逮捕する警察の裏稼業であった。

┣武藤雅恵(鶴田真由)…武藤の妻
武藤隆(玉山鉄二)の妻。隆(玉山鉄二)がまだ学生だった頃に知り合った。隆が妹を亡くしたことで深い悲しみの中にいることだくではなく、心に獣を飼ってることで苦しんでいることもよく理解している。だからこそ、妻子である身でありながら警察官を辞めた隆に対しても不満ひとつ言わず、生活を支え見守っている。夫が警察を辞めたことで娘の真梨子(桜田ひより)が反抗的なことに手を焼いているが、夫の苦しみをまだ子供である娘に打つ明けるわけにもいかず、夫と娘の間で悩んでいる。

┣武藤真梨子(桜田ひより)…武藤の娘
武藤隆(玉山鉄二)と武藤雅恵(鶴田真由)の一人娘(中学2年生)。元々明るい性格で、父・隆が警察官だった頃は、それを友達に自慢するような少女だった。父・隆が警察官を辞めて以来、父親に対する尊敬の気持ちは消え、落胆して態度も反抗的に。その落胆や反抗的な態度も父親のことが大好きで心配だからこそだが、幼さゆえに父親に対しては反発しかできず、付き合う友達も変化し、夜遊びが増えている。

┣【死亡】武藤小百合…隆の実妹


組織犯罪の匂い?
磯村咲子(ミムラ)に子供のを世話を頼んでいる人物

┣ジーニアス(要潤)
本名不明のネット界のカリスマ。自分こそが頂点に立ち社会を支配する天才だと豪語するが、その実は……。

┣磯村咲子(ミムラ)
元は保育士として働いていたが、母の介護を機に退職して以来、社会とはすっかり接点のない疲弊した毎日を送っている。外の世界で華々しく生活する友人と自らの生活との落差に嫌気がさすが、唯一SNSでのメッセージのやりとりが現実を忘れる時間だった。顔の見えない相手に心酔していく咲子だったが…。後に、ジーニアス(要潤)、後藤俊和(生島翔)に、あるマンションの一室で子供と遊ぶ仕事を頼まれる。名目は、おもちゃの商品開発モニターのアルバイトでしたが、どこかおかしいことに気が付いて動き始めます。

┣後藤俊和(生島翔)…ジーニアス(要潤)の部下
ジーニアス(要潤)に言われるがままの男。何も考えていないように見えるが時折見せる鋭いまなざしが印象的。


🏠田村家
┣田村公平(甲本雅裕)…幼い娘を誘拐された父親
幼い娘の秋穂を誘拐された父親。500万円を払って娘を取り戻すことはできました。しかし、娘が帰ってきたあとにかかってきた犯人からの電話の「警察ニ知ラセタラ、娘サンニハ二度ト会エマセン」という脅しを無視して、警察に連絡してしまいます。すぐに逮捕されると思った田村公平(甲本雅裕)に反して、捜査は暗礁に乗り上げる。そのことで田村は娘・秋穂の身を案じて青くなる。
┣田村容子…妻
┣田村秋穂…娘(5歳)


🏠高梨家
┣高梨道典(高橋光臣)…乳児の息子を誘拐された父親
まだ乳児の息子を誘拐された父親です。父親の高梨道治(竜雷太)に反抗して家を出ていましたが、頭を下げて身代金を道治に借りました。

┣高梨道治(竜雷太)…大企業の社長
高梨道典(高橋光臣)の父親、大企業の社長です。

???
┣桜井秀人(相島一之)
※いまのところ、どういう人物なのか、設定が不明。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
東海テレビ×WOWOWが初タッグ。復讐心に苦しむ元刑事を玉山鉄二が熱演! 
貫井徳郎の3部作「失踪症候群」「誘拐症候群」「殺人症候群」を、「オトナの土ドラ」と、「連続ドラマW」(WOWOW)で、メーンキャストはそのままに主人公を入れ替え、別視点でドラマ化する社会派サスペンス。警察組織が扱いにくい事件の真相を追う特殊任務に携わる男たちの姿を通して、復讐(ふくしゅう)と正義の狭間で揺れ動く苦悩を描く。

Season1の主人公となる、妹を殺された元刑事・武藤隆役を玉山鉄二、殺された妹の恋人で、武藤の先輩刑事でもある鏑木護役を谷原章介、特殊任務の指揮役であり事件解決のためなら手段を選ばない冷酷な男・環敬吾役を渡部篤郎が演じる。

なお、Season2は谷原章介さんが主演を務め、6月11日からWOWOWにて放送開始。

Arika注目1h★東海テレビ×WOWOW【犯罪症候群】の見どころ
----------------------------------------------------------------------------------------
東海テレビ×WOWOWが初タッグを組み、玉山鉄二、谷原章介、渡部篤郎ら熱き俳優陣で送る社会派サスペンス。

原作は「失踪症候群」「誘拐症候群」「殺人症候群」と3部作からなる「症候群シリーズ」。

また、探偵・托鉢僧・肉体労働者の3名が特殊任務に当たっています。

失踪症候群 新装版 (双葉文庫)/貫井 徳郎

¥価格不明
Amazon.co.jp

誘拐症候群 <新装版> (双葉文庫)/双葉社

¥価格不明
Amazon.co.jp

殺人症候群 <新装版> (双葉文庫)/双葉社

¥価格不明
Amazon.co.jp

ドラマのテーマは『復讐の是非』

ドラマ全体を通しての共通のテーマは『復讐の是非』

主役は、同じ大切な女性を殺された二人の男。早くに両親を亡くし、親代わりに可愛がってきた妹を殺された男・竹藤護。

天涯孤独の身で、唯一愛した恋人を殺された男・鏑木護。

シーズン1では、心のうちの『復讐心』に苦しみながらも、復讐を選ばず、妹のような犠牲者を二度と出さないよう犯罪を追い続けようと決意する武藤。

シーズン2は、一線を越えた『復讐』に囚われる鏑木

また、特殊任務の指揮役であり事件解決のためなら手段を選ばない非常な男・環

この3人の男の物語を軸に、特殊で興味深い誘拐事件や殺人事件を取り上げ、男たちの対照的な生き方を通して『復讐の是非』の裏表を描く。深い友情で結ばれている武藤と鏑木は、復讐を巡って互いの決意の違いに葛藤し、怒り、苦しみ、そして悲劇的な結末を迎えることに……。

■ドラマでは、このあたりがどう描かれるのでしょうか?

┣❶若者の失踪が連続して起きる。彼らにはある共通点があった。その背後にあるものをあぶり出すべく、環は特殊任務のメンバーを集めた。

┣❷誘拐事件が連続して起きたが、身代金の金額は、家族で何とかなる額だったため、表沙汰にならずに、泣き寝入りしていた。その卑劣な犯人を追い詰める。

┣❸「大切な人を殺された者が、犯人に復讐することは是か非か」複数の死亡事件の背後に、殺人を代行するものがいるのではないか?殺されたのは事件の加害者で、その事件の被害者には、犯人が未成や精神障害で処罰を逃れたという共通点があった。

上記の❷と❸が、シーズン1とシーズン2の軸のストーリーになりそうです。

「失踪」「誘拐」は最後の「殺人」に至る通過点で、「殺人」とてもリアルで考えさせられる内容となっています。

「症候群」とは「はっきりとした原因が不明だが、いつも必ずいくつかの症状があらわれる。」という意味があり、医療用語になります。よく「◯◯シンドローム」とか使われますが、そういう場合は「それがないとおかしくなってしまう」っていう、一種の依存症のような意味で使われることが多いですが、このシリーズでも何かに「依存」しちゃっている人たちがメインではなかったかと思います。

ただ、「正当な理由があるから、殺人を犯してもいい。復讐しても良い。」というのは、単なる言い訳のすり替えでしかありません。

現実にも問題になっている課題なので、ドラマを見ながら少し考えてみてもらえればいいかと思います。


復讐しない地獄 復讐する地獄

症候群シリーズの中で、「失踪症候群」「誘拐症候群」がシーズン1のベースになっています。

豪華キャストが復讐正義の間で翻弄される男たちを熱演!!



原作者:貫井徳郎
1968年生まれの49歳の小説家、推理作家です。奥さんは同じ推理作家の加納朋子さんです。早稲田大学商学部卒業後、不動産会社に勤められましたが、1992年、本格的に小説を書こうとされて退職されました。その失業時に書かれた「慟哭」が1993年の鮎川哲也賞の最終候補作に残って、編集者の目に留まって、作家デビューされました。その「慟哭」が2002年、50万部の大ヒットとなり、有名になりました。



関連記事

2017年春、土曜ドラマ『ボク、運命の人です。』

kage

2017/05/27 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★4月15日スタート 

日本テレビ系 毎週土曜22:00~22:54(初回15分拡大:22:00~23:10)

 ボク、運命の人です。

Arika注目1hすべての偶然はこの恋のための「運命」

亀梨和也が”運命の恋”に突き進む!


土曜の日テレドラマは今期から21時スタート→22時スタートに変更となります。

亀梨和也さんは「怪盗山猫」以来のドラマ出演。

そして共演には山下智久さんの名前も…修二と彰の再来ですね。

主題歌はもちろん、二人が歌います。

そのスペシャルユニットの名前は「亀と山P」…そのまま!

ちなみに「怪盗山猫」は同じ枠の土曜21時のドラマでした。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:金子茂樹
演出:佐久間紀佳、小室直子、猪股隆一
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:福井雄太、下山潤(日活)
音楽:林ゆうき
制作協力:日活
製作著作:日本テレビ

主題歌:背中越しのチャンス/亀と山P

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏢ウェルカムウォーター社
誠が働くウォーターサーバー会社。営業部は男所帯。

正木誠(亀梨和也)…運命の恋を信じる男(29)
ウォーターサーバー会社に勤める29歳の会社員。「運命の恋」を信じてしまう、ひたむきで真っすぐな性格。過去の恋愛は悲惨なものばかりだったが、神を名乗る謎の男との出会いによって一変。謎の男の口車に乗せられて、運命の人との恋に向き合う。

烏田翔吉(田辺誠一)…超自然派な誠の部署の部長(49)
誠が所属する部署の部長で、周囲のことをよく見ていて、誰も気付いていない部分にも手を伸ばすすてきな上司。超自然派。その気遣いが誠の恋にも図らずも影響を及ぼすことがある。

葛城和生(澤部佑)…誠の同期。仲良し同期(30)
誠の会社の同期。ちゃちゃを入れるが実は情に厚い仲良き同僚。

関原卓(大倉孝二)…誠の先輩。営業のファンタジス(42)
誠が配属されることとなるウォーターサーバーの営業所の上司。何をするか分からない不思議な男。営業のファンタジス。

宇久森みどり(岡野真也)…誠の後輩OL。会社の娘的存在(24)
誠の会社の後輩。妹的存在。

同じ8階の隣の会社

🏢スワローマーケティングス社
商品開発や営業戦略に必要なデーターなどを集めるマーケティング会社

湖月晴子(木村文乃)…運命なんて信じない超左脳女(29)
スワローマーケティングス社勤務。運命なんて信じない超左脳女で、大人になるにつれ素直になれなくなり歯がゆい思いを感じている。とにかく現実的な性格で、どんなことも頭で考えてから行動をする現代的な“左脳系”女子。30という年齢になる今、結婚の2文字を意識し、ますます慎重になっている。

四谷三恵(菜々緒)…直下型。晴子の大親友(29)
晴子の親友で、つらいいことも楽しいことも共有し合う飲み仲間。直感型。女性としての楽しみを多く持ち、自立して人生を楽しんでいる。言いたいことははっきりと言うが、どこか憎めない愛らしさがあり、最良の距離感で人と接する。

鳩崎すみれ(渡辺江里子(阿佐ヶ谷姉妹))…晴子の会社の社長(48)
晴子と三恵の会社社長。女上司。物事の白黒をはっきり決めたい。


🏢紅友物産
定岡光圀(満島真之介)…晴子の同級生(29歳)


🏠湖月家
晴子の実家。善江は娘の帰宅に合わせてご飯を用意。

湖月大地(杉本哲太)…一言多いが憎めない晴子の父(55)
少々抜けたところがあり、一言多いタイプだが憎めない性格。会社では管理職を務めているが、目下の悩みは若い社員との摩擦。なぜか誠と変な縁をもってめぐり会う。

湖月善江(石野真子)…悪気なくチクりとさす晴子の母(54)
結婚しない晴子にプレッシャーをかけ、悪気なくチクリとさしてくる。

・・・・・・・・✂・・・・・・・・

謎の男??(山下智久)…謎めく…自称 神様の男⁉
誠の部屋に突然現れ、自らを”神様”という謎の男。誠に”運命の恋”を説き、晴子を「運命の女性」と定め、その恋が「地球に不可欠なものだ」とし「結婚するように」に告げる。誠の恋を楽しんでいるようだが何を考えているかは不明。誠のマンションに居る。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
亀梨和也と山下智久が共演! 運命の恋を信じた男のラブコメディー! 
土曜夜9時のドラマ枠が10時に移動し、「土10ドラマ」第1弾となるラブコメディー。運命を信じた男とそれをかたくなに拒否する女、そして運命を説く謎の男を軸に物語が展開する。

主人公となる平凡な会社員・正木誠を亀梨和也、誠の運命の女性・湖月晴子に木村文乃、誠の前に突然現れて“運命の恋”を説く謎の男に山下智久が扮する。亀梨と山下は、今作のためにスペシャルユニット「亀と山P」を結成し、主題歌も担当。2人は2005年の同系ドラマ「野ブタ。をプロデュース」から誕生したユニット「修二と彰」としても主題歌を歌い、大ヒットさせている。

Arika注目1h★ドラマ【ボク、運命の人です。】の見どころ
----------------------------------------------------------------------------------------
今年30歳になる、誠(亀梨和也)と晴子(木村文乃)は幼いころから何度もすれ違ってきた。お互いに誰なのか全く知らない。そんな2人の人生はある男の登場によって大きく動いていく。誠は突然現れた「自称・神」と名乗る男から運命の話を聞き、初対面に近い晴子に「自分は運命に相手だ」と声をかける。最悪な出会い・「運命って…?」と信じられない晴子は何度も断るが、誠は諦めずに「運命の恋」を追いかけ続ける。「自称・神」を名乗る男は一体何者なのか?偶然は必然?「運命」に翻弄され続ける2人のラブコメです。

亀梨和也、山下智久、木村文乃とかなりインパクトのあるキャストです。今回の亀梨さんの役は「運命の人だ」と言われてすんなり受け入れてしまう正木誠、名前にも素直さが滲み出ていますね。しかし、現状のあらすじを見る限り「これ…何?」と思うくらい表面的な部分しか見えていません。このまま薄っぺらいお話にならないと良いのですが…。

「ボク、運命の人です。」の自称”神(山P)”は正木誠(亀梨)と湖月晴子(木村文乃)の息子なのでは?という説があります。

山Pは自身が演じる自称・神について、公式サイトではこのようにコメントしています。


“役は神様…?です。笑

つかみどころのない、ふわっとしていて、それでいて言う事に信憑性がある役です。

そして愛に溢れていると思います。

偶然と必然の真ん中を漂う不思議な存在になれるよう頑張りたいと思います。”


そしてイントロダクションにも気になる点がありました。

“自称・神「あなたたちは絶対に恋をしなければならない運命の二人だと」”

言う事に信憑性がある→未来を知っている?

愛に溢れている→2人の愛する子供だから?

自称・神→「神」と断言していないので神ではなく未来人?

絶対に恋をしなければならない運命の二人→恋をして2人が結婚しないと自分(山P)は産まれて来ないから?

ちょっと突拍子もない予測ですが、この説はかなり有力なのでは?と思っています。

ちなみに、主題歌シングル「背中越しのチャンス」は2017年5月17火発売決定!!

関連記事

2017年春、連続テレビ小説『ひよっこ』

kage

2017/05/27 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★4月3日スタート 

NHK総合  毎週月曜~土曜 08:00~08:15

 連続テレビ小説『ひよっこ』

Arika注目1h昭和のヒロインが高度経済成長期を駆け抜ける!

東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語

高度成長期の真っただ中、日本の発展を支えたのは、地方から上京し懸命に働いた名もなき人々でした。

この物語のヒロインも、そんなひとり。

東京オリンピックの時代、父が出稼ぎに行ったまま帰ってこなかったことを機に一人の少女が父さがしに奮闘する物語。


集団就職で上京した“金の卵”ヒロインが、自らの殻を破って成長していく波乱万丈青春記です。

『卵を割らなければ、オムレツは作れない』というフランスのことわざそのものとなっています。

「連続テレビ小説」に相応しいキャストの面々と若手の初々しさで、朝ドラを盛り上げることでしょう。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
放送回数:全156回予定
脚本:岡田惠和
演出: 黒崎博、田中正、福岡利武
制作統括:菓子浩…朝ドラ「あまちゃん(制作統括)」
プロデューサー:山本晃久
音楽:宮川彬良

主題歌:若い広場/桑田佳祐

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
・・・・・・・・✂・・・・・・・・・・茨城県編・・・・・・・・✂・・・・・・・・・・

🏠谷田部家
奥茨城村の小さな農家。不作の年に借金を背負い、実が出稼ぎに行くことになる。

谷田部みね子(有村架純)
奥茨城村の小さな農家に生まれ育った高校3年生。おっとり、のんびりした性格で奥茨城の暮らしが大好き。卒業後は祖父や母と共に畑仕事を頑張るつもりだったが、東京に出稼ぎに行った父が行方不明になってしまう。集団就職で上京しトランジスタラジオを作る工場で働き始めるも会社が倒産。父がかつて通っていた洋食屋で働くことになり、見知らぬ東京の人情溢れる町で成長していく。

┣谷田部実 (沢村一樹)
みね子の父。本来は農業が大好きだが、借金を返すために東京の工事現場で懸命に働いている。いつも家族のことを思っている心優しい父親だが、稲刈りで帰郷したのを最後に行方不明に。

┣谷田部美代子(木村佳乃)
みね子の母。明るくおしゃべりで、ちょっとおちゃめ。農作業と洋裁の内職をしている働き者で、みね子の憧れの存在。夫・実が家にいないことで寂しい思いをしているが、子どもたちの前では気丈に振る舞い実の無事を信じて待ち続ける。

┣谷田部茂 (古谷一行)
みね子の祖父。普段は口かずが少なく、たまに発する言葉には毒が含まれている。だが家族のことを一番に考え、実を出稼ぎに行かせなくてはならない状況を苦に思うなど、心優しい谷田部家の支えとなる人物。昔はかなりモテたと言われている。

┣谷田部ちよ子(宮原和)
みね子の妹。父・実の帰りを心待ちにしている。大人たちの会話に加わりたいと思いつつ、弟・進の面倒を見るしっかり者。

┣谷田部進(髙橋來)
みね子の弟。三人きょうだいの末っ子。甘えん坊で、ちよ子とよく一緒にいる。8歳になるがおねしょ癖が直らない。

┠──────────────────────────────────

🏠助川家
酪農を手掛け、奥茨城村で成功している。谷田部家と縁が深く、家長不在の谷田部家をよく助ける。

┣助川君子(羽田美智子)…時子の母
時子の母。美代子とは幼なじみで、1・2を競う美女だった。上京に反対し、時子の幸せを願っている。

┣助川時子(佐久間由衣)…《奥茨城村の人々・みね子の同級生》
みね子の幼なじみ、同級生で親友。自他ともに認める村一番の美少女で、みね子とは正反対な気の強い性格。いつかは女優になるという夢を持ち集団就職で上京、トランジスタラジオの工場で働く。

┣助川正二(遠山俊也)…《奥茨城村の人々・時子の父》
時子の父。酪農も手がけるなど、農家として成功者。谷田部家とは付き合いも古く、君子の勢いに押され周りから尻に敷かれているように見られている。

┣助川豊作(渋谷謙人)…《奥茨城村の人々・時子の兄》
時子の兄で、奥茨城村青年団の副団長。冷静沈着に仕事をこなし家族が揉めていても、ひとり黙々とソロバンをはじいている。文学が好きで、高校の頃は作家志望だった。

┠──────────────────────────────────

🏠角谷家
谷田部家よりは大きなリンゴ農園。三男の三男は家を継がずに集団就職で東京の日本橋の米屋へ出稼ぎに行く。

┣角谷きよ(柴田理恵)…《奥茨城村の人々・三男の母》
三男の母。みね子の家より大きな農家で、リンゴ栽培も手掛け日々の農作業で忙しく口うるさい。だが、集団就職の見送りで誰よりも号泣するなど、本当は愛情深い人物。

┣角谷三男(泉澤祐希)…《奥茨城村の人々・みね子の同級生》
みね子の幼なじみで、時子に片思い中の同級生。奥茨城が大好きなのだが、農家の三男坊なので継ぐことができず集団就職で日本橋の米屋で働く。上京後も3人の友情は続き、励まし合いながらそれぞれの道を歩んでいく。

┣角谷征雄(朝倉伸二)…《奥茨城村の人々・三男の父》
三男の父。奥茨城村では比較的大きな農家の家長。無口でおとなしい性格もあり、口うるさい妻・きよの陰に隠れがち。普段は厳しい父親であるが、聖火リレーでは走る三男を全力で応援する。

┣角谷太郎(尾上寛之)…《奥茨城村の人々・三男の兄》
三男の兄。奥茨城村青年団の団長も務めるしっかり者。聖火リレーの提案が三男たちからあがった時は、一度は否定するもののやると決めたらとことん熱く楽しく盛り上げる。青年団で身に付けた政治力を存分に発揮し、村全体を巻き込んで開催を主導する。

┠──────────────────────────────────

茨城の人々

┣益子次郎(松尾諭)…《奥茨城村の人々・バスの車掌》
みね子たちが通学に使うバスの車掌。みね子たちの集落から町に出る唯一の交通手段のバスで、長年子どもたちの成長や数々の出会いと別れを見守ってきた。ほとんどの村人と顔なじみ。

┣田神学(津田寛治)…《奥茨城村の人々・みね子たちの担任》
みね子たちが通う、常陸高校社会科の教師で担任。長年生徒の就職を世話しているため顔が広く、毎年3年生を任されている。生徒思いで教育熱心。急きょ就職先を探すことになったみね子のために奔走する。上京当日は、東京まで引率してあたたかく見送った。

┣小祝宗男(峯田和伸)
実の弟でみね子の叔父。養子として谷田部家を出ているが、実がいない事を気にかけよく訪れる。美代子と同じく明るい性格で、その場を盛り上げる。東京にも行ったことがないが、海外の話が大好き。

┣小祝滋子(山崎静代・南海キャンディーズ)…《奥茨城村の人々・みね子の叔母》
みね子の叔父・宗男の妻。宗男にとっては、とにかくおっかなくて怖い存在らしい。子どもの世話でなかなか谷田部家に顔を出せないと宗男は言うが、本当のところはわからない。宗男が冗談を言っても鼻で笑うような、気が強い女性なので、谷田部家のみんなが笑ってくれるのが宗男は嬉しいらしい。

・・・・・・・✂・・・・・・・・・・東京編・・・・・・・✂・・・・・・・・・・

🏠赤坂・洋食屋「すずふり亭」
空襲で焼けてしまうが、戦後、鈴子たち親子が再建し繁盛店へ成長。

┣牧野鈴子(宮本信子)…《洋食屋「すずふり亭」の人びと・店主》
赤坂にある洋食屋「すずふり亭」の主人・おかみさん。空襲で、父が開いた洋食屋と夫を失った鈴子は戦後「本格的な洋食を気軽に食べられる」店を再建した。東京に出稼ぎで来ていたみね子の父・実も来店したことあり、町の人からも愛される繁盛店となった。実のことがきっかけで谷田部家との交流が始まり、みね子が上京してからも何かと世話を焼き大きな支えとなっていく。

┣牧野省吾 (佐々木蔵之介)…《洋食屋「すずふり亭」の人びと・料理長》
「すずふり亭」の料理長で、鈴子の息子。父亡きあと鈴子と二人三脚で店を切り盛りし、こだわりのドミソースなどその味を守ってきた。仕事熱心で時に厳しいが優しく、家を出て行ってしまった娘を思ってか、父を探すみね子をそっと見守る。妻とは死別していて、鈴子は再婚を願っている

┣井川元治(やついいちろう)…《洋食屋「すずふり亭」の人びと・コック》
「すずふり亭」のコック。店の二番手だがサボってばかりいて、後輩の秀俊にはやたら厳しく面倒なことをすぐに押しつけようとする。料理人としてやる気があるのか疑問に思ってしまうほど。だが、感動してすぐに泣くなど、その単純さが憎めない。

┣朝倉高子(佐藤仁美)…《洋食屋「すずふり亭」の人びと・ホール係》
「すずふり亭」のホール担当。愛想があまりよくなく、なぜか若い女性を勝手にライバル視するなど冷たいイメージだが、仕事は出来る。「いい女」には厳しいらしいが、みね子には優しく嬉しさ半分…といったところだ。この店で働くようになったのには、ある理由があるらしい。

┣前田秀俊(磯村勇斗)…《洋食屋「すずふり亭」の人びと・見習いコック》
「すずふり亭」の見習いコック。1日の大半を厨房で過ごす秀俊の夢は、いつか自分の店を持つこと。省吾から料理の技と心得を学ぼうと、日々修業に精を出している頑張り屋。みね子が店で働くようになってからは、下積みの仲間として、時にぶつかり、時に助け合う。

┠──────────────────────────────────

🏢墨田区・向島電機

┣永井愛子(和久井映見)…《乙女寮の舎監》
みね子が働く向島電機・「乙女寮」の舎監。40名ほどが暮らす女子寮で、工員たちの面倒をみている。中学や高校を卒業してすぐに上京してきた女子工員たちにとっては、母のようでもあり先生のようでもある存在。若いころは、みね子たちと同じく工場で働いていたが、不器用でとても苦労したらしい。おっちょこちょいで抜けていることも多いが、ここぞという時には頼りになる。恋人を戦争で亡くしていて、今も独身を守っている。女子工員たちにとっては、母のようでもあり先生のようでもある存在で頼りになる。若い頃は、みね子たちと同じく工場で働いていたが、不器用でとても苦労したらしい。おっちょこちょいで抜けているところもあると可愛い一面も持ち合わせている。

┣秋葉幸子(小島藤子)…《乙女寮の仲間》
みね子たちの先輩の工員で「乙女寮」の寮長。山形県出身で中学卒業後、向島電機で働き始めた。みんなに慕われる優等生で、みね子たち新人をあたたかく迎え入れる。課外活動のコーラスを指導しに来る先生と婚約しているが…。

┣夏井優子(八木優希)…《乙女寮の仲間》
みね子たちの先輩の工員で、幸子の同期。秋田県出身。中学を卒業して上京した。体が弱いため寝込んでしまうことがあるが、本当なら工場で1番になるくらい仕事ができる。すぐにけんかになってしまう澄子と豊子をなだめるお姉さん的存在。可憐で可愛らしい雰囲気は、みね子の憧れへとなっていく。

┣青天目澄子(松本穂香)…《乙女寮の仲間》
みね子の同期の工員。福島県出身で家計を助けるために、中学を卒業してすぐに上京してきた。何をするのも遅く、よくミスをして生産ラインを止めてしまうが、悪びれる様子もないというマイペースぶり。「乙女寮」では、課外活動のコーラスと食堂のカレーライスを楽しみにしており、それが大きな騒動を巻き起こす。

┣兼平豊子(藤野涼子)…《乙女寮の仲間》
みね子の同期の工員。青森県出身。優秀だったのにもかかわらず、家が貧しく中学を卒業して就職した。頭の回転もよく仕事もできるが、進学出来なかった悔しさからついついとげのある言い方をしてしまう。とくに全くタイプの違う澄子とはそりが合わない。休日も勉強に励む努力家でもある。

┣森和夫(陰山泰)…乙女寮の料理人
乙女寮に通い、工員たちの食事を作る料理人。みね子たちの入寮日には、やりくりして肉たっぷりのカレーライスをふるまう。

┣松下明(奥田洋平)…トランジスタラジオ工場の主任
トランジスタラジオ工場の主任。気弱な性格で、ミスをしないかビクビクしている。愛子に調子を狂わされ、困惑している。

┠──────────────────────────────────

東京の人々

┣綿引正義(竜星涼)…警察官
赤坂警察署管内の五丁目派出所に勤務する警察官。実の捜索願を出しに来た美代子が茨城県出身の同郷と知り、役に立ちたいと捜索の手伝いを申し出る。爽やかなルックスで乙女寮の女子工員たちを夢中にさせてしまうが、根っからの真面目な性格。

┣高島雄大(井之脇海)…幸子の婚約者
芝浦の大きな工場で働く勤労青年だが、音楽家を目指しており働いたお金を音楽につぎ込んでいる。毎週、乙女寮にコーラスを教えに来ていて寮長の幸子と婚約中。対照的な性格の綿引と不思議な友情を結ぶ。

ドラマ語り手…増田明美

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
有村架純が奥茨城を愛するヒロインに!
高度成長期の“金の卵”が成長する姿を描く! 

地方から集団就職で上京した“金の卵”のヒロインが、自らの殻を破って成長していく姿を描く、波瀾万丈の青春記。奥茨城の農家に生まれ、大家族の中でのんびりと育った主人公・谷田部みね子を有村架純が演じる。みね子の母・美代子を木村佳乃、突然消息を絶った父・実を沢村一樹、東京の洋食屋「すずふり亭」の主人・牧野鈴子を宮本信子が演じるなど、多彩なキャストも魅力。
右も左も分からぬ大都会に戸惑っていたみね子が、友人や仲間たちとの泣き笑いの日々の中で、さまざまな出会いと別れを経験して試練を乗り越え、見知らぬ町だった東京にしっかりと根を張っていく。

Arika注目1h★NHK朝ドラ【ひよっこ】のみどころ
----------------------------------------------------------------------------------------
有村架純さんは朝ドラ【あまちゃん】で小泉今日子さんの少女時代を演じて大ブレイクしました。

そして今回はオーディション無しで主演に抜擢されました。

1964年、東京オリンピックが開催されたオリンピックイヤーの物語です。

岡田惠和さんの完全オリジナル作品となる、高度経済成長を支えた少女の奮闘記。

見どころは、のびのびと育った少女・みね子が「金の卵」として勇気・喜び・耐えなどを学び自分自身の殻を打ち破っていく、「成長」という部分ではないでしょうか。

平凡な当たり前の毎日の中で、人生の転機が訪れ「上京」という決心をし、望んでいた仕事とは異なる職業に就職・その後もまた新しい世界へと飛び立ちます。

不安・恐怖いろいろな感情の中、彼女を支えてくれたのはやはり「人」。

幼馴染であったり、仲間であったり、家族であったり…人生の中で出会う「人」の大切さを再確認できるのではないでしょうか。

そんな茨城を愛し、家族を愛し、仕事を愛する、みね子の波乱万丈な人生・挑戦し続け成長していく姿、そしてなによりヒロインの笑顔に日本中が圧巻されることでしょう!

関連記事

2017年春、金曜ドラマ『SR サイタマノラッパー~マイクの細道~』

kage

2017/05/26 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月7日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 24:52~25:23

 SR サイタマノラッパー~マイクの細道~

Arika注目1h8年前に公開された映画から続くシリーズ、今回初めてファン待望のドラマ化!

予算が少ないことで有名なテレビ東京は、内容で勝負するテレビ局!

実力ある若手俳優もこの枠で出演し、のちにブレイクすることでも知られているんです。

知る人ぞ知る「SR サイタマノラッパー」は、なんと8年前に公開された映画から続くシリーズもの

今回初めてファン待望のドラマ化が実現!


数々の映画賞を受賞した映画「SRサイタマノラッパー」シリーズが遂にドラマ化。

監督・脚本の入江悠さんは「歌は祝いにして呪い。

言葉は相手への贈り物。僕らはいつでも半径1メートルで、ネクストステージ準備中。」と語っています。

MC IKKU役、MC TOM、MC MIGHTYの3人は映画でもお馴染みのキャストとなっています。

結成10年目を迎えた「SHO-GUNG」の笑いあり、涙ありの珍道中に目が離せませんっ!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
監督:入江悠
脚本:入江悠
プロデューサー:大和健太郎、武藤大司、東田陽介

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
IKKU(駒木根隆介)
┣ヒップホップグループ「SHO-GUNG」のメンバー。
┣本名・加賀谷郁美。
┣ラッパーとしての成功を夢見ているが、今はニート同然の生活を送っている。

TOM(水澤紳吾)
┣「SHO-GUNG」のメンバー。
┣本名・本間友弥。
┣結婚し、現在はガールズバーで働いている。間もなく父になる予定。

MIGHTY(奥野瑛太)
┣「SHO-GUNG」のメンバー。
┣本名・松本樹。
┣事件を起こして逮捕され、服役していた。出所後は青森の大間で観光ガイドをしている。

香田トーコ(山本舞香)
┣大間のスナック店の娘。
┣ある事情から、好きでもない男と無理やり結婚させられそうになり、家出する。

カブラギ(皆川猿時)
┣フリーのトラック運転手。
┣偶然が重なり、「SHO-GUNG」の面々と旅することに。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
“インディーズ映画の金字塔”「サイタマノラッパー」が連続ドラマ化! 
“インディーズ映画の金字塔”と称賛を集めた映画「SR サイタマノラッパー」シリーズを、初めてドラマ化。ラッパーとしての成功を夢見る埼玉の田舎育ちの青年・IKKU(駒木根隆介)、TOM(水澤紳吾)、MIGHTY(奥野瑛太)の3人の苦悩と成長を描いた同シリーズは、2009年に1作目の映画が公開されるやいなや話題をさらい、続く2作目、3作目の映画でも数多くの賞を受賞した。

映画と同じく入江悠が監督・脚本を務める本ドラマでは、ヒップホップグループ「SHO-GUNG」として活動する3人が、東北各地をさまよいながら、“諦めきれない夢”と“青春”にけじめをつけるさまを、ラップを刻みながらつづっていく。


関連記事

2017年春、金曜ドラマ『孤独のグルメ Season6』

kage

2017/05/26 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月7日スタート 

テレビ東京系  毎週金曜 24:12~24:52
放送局:テレビ東京、テレビ北海道、テレビ愛知、テレビ大阪、テレビせとうち、TVQ九州放送 
※テレビ大阪のみ毎週月曜深夜0時12分〜

 孤独のグルメ Season6

Arika注目1h松重豊が巻き起こす深夜の”飯テロ”シーズン6!

月クールに『孤独のグルメ』を放送するのは初。

松重豊は今クール話題となったドラマ『バイプレイヤーズ』に引き続き「ドラマ24」枠での主演を務めます!


松重豊さんが、街角でふと見かけた“よさげな店”で、ひたすら“ひとり飯”を実況するグルメドキュメンタリードラマ【孤独のグルメ】の第6シリーズがスタート!

メニューを見てはどんな料理かと妄想したり、周りの人が食べているものや店の主人やスタッフを観察したり。日常的な外食のシーンがなぜこんなにも面白いのでしょうか。初めてのお店を探訪するときに誰もが体験する“あるある”がいっぱいの親近感。そしてもちろん松重豊さんの味のある演技と、登場する個性的なお店やおいしそうな料理の数々が魅力なんですね。

原作マンガ『孤独のグルメ』の画を手がけていた巨匠・谷口ジローさんが2017年2月に死去され、マンガの新作が見られなくなったのは本当に残念ですが、ドラマはまだまだ続きます。

谷口さんへの追悼の意もこめながら、思い切り楽しんでいきたいと思います。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:久住昌之、作画:谷口ジロー「孤独のグルメ」(週刊SPA!)
脚本:田口佳宏、児玉頼子
音楽:The Screen Tones
久住昌之、フクムラサトシ、河野文彦、Shake、栗木健
チーフプロデューサー:浅野太
プロデューサー:川村庄子、吉見健士・菊池武博(共同テレビジョン)
演  出:溝口憲司・井川尊史・北畑龍一(共同テレビジョン)
制作協力:共同テレビジョン
製作著作:テレビ東京

オープニングテーマ:「哀愁のグルメ」作曲:久住昌之
井之頭”松重”五郎のテーマ:「Joy Alone」作曲:久住昌之/フクムラサトシ
エンディングテーマ:「五郎の12PM」(作曲:久住昌之 歌:伝美)

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
井之頭五郎 (松重豊)
自由な生き方をモットーとし、個人で輸入雑貨商を営んでいる。
仕事で訪れた街で雰囲気のある店を探し、そこで食事を取ることを楽しみとしている。
未婚で、酒は飲めない。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松重豊主演の“夜食テロ”、待望の第6シーズン始動。あの食の聖地へ出張も! 
松重豊が主演を務める異色グルメドラマの第6シーズン。輸入雑貨商・井之頭五郎(松重)が、仕事で訪れた街で1人絶品料理に舌鼓を打つ姿をドキュメンタリータッチで描く同シリーズは、小腹がすく深夜帯に料理を味わうさまが視聴者から“夜食テロ”と称されているほか、登場する店が全て実在することから、放送後、その店にファンが殺到するなどさまざまな話題を振りまいてきた。
今シーズンも、ドラマの基本コンセプトは踏襲。五郎のホームグラウンドである東京都内でのロケはもちろん、地方やあの“食の聖地”へも出張し、さまざまな国やジャンルのグルメが登場する。

Arika注目1h★ドラマ【孤独のグルメSeason6】の見どころ
----------------------------------------------------------------------------------------
Season6に向けて、制作陣も「最高の癒しの時間」を届けたい! と気合いが入っているようです。Season6では、吾郎がどこを訪ね、どんなグルメに出会うのか?

詳細はまだ発表されていないので、番組公式ホームページのコメントから予想してみましょう。

五郎のホームグラウンドである都内ロケに加えて、地方出張も健在です。今回はあの食の聖地へも出張が決まり、スタッフ一同やる気満々です!また、4月クールに『孤独のグルメ』を放送するのは初。初めての春を迎える『孤独のグルメ』は、いつにも増していろいろな国やジャンルのグルメが続々登場、これまでにない食が満載です!それでも今までと変わらず、ほっこりグルメと癒しの時間をお届け致します。

これによるとSeason6の気になるキーワードは・・初めての春→春が旬のグルメが登場!?

・“あの食の聖地”へ出張→“あの食の聖地”とは、未登場の街のようなので、ひとまずこれまで吾郎が訪れた地方をおさらい。

【Season2】 
群馬県邑楽郡大泉町/ブラジル料理(4話)

【Season3】 
静岡県賀茂郡河津町/生ワサビ付きわさび丼(3話)
新潟県十日市市/ドライブインの牛すじ煮込みと五目釜めし(11話)

【Season4】 
神奈川県足柄下郡箱根町/ステーキ丼(3話)
愛知県知多郡日間賀島/しらすの天ぷらとたこめし(5話)
福岡県福岡市博多区/鯖ごまと若どりのスープ炊き(スペシャル)

【Season5】 
台湾宜蘭県羅東/三星葱の肉炒めと豚肉の紅麹揚げ(4話)
台湾台北市永楽市場/鶏肉飯と乾麺(5話)
北海道旭川市/新子焼、味噌汁ライス、カニクリームコロッケ、ほっけフライ(お正月スペシャル 真冬の北海道・旭川出張編)
宮城県仙台市・牡鹿郡女川町/牛タンセット、テール焼き、海鮮五色丼、穴子の天ぷら、殻うに、サバ出しらーめん(スペシャル 真夏の東北・宮城出張編)

ドラマに登場する店は原作に登場するものではなく、実在する“味な店”を、毎回番組スタッフが自らの足で探している。

ということなので、原作マンガを見てもわからないのですが、これまで吾郎さんが行っていなくて、食の聖地といえば大阪、オリジナル色が濃い名古屋めしもおもしろそうです。また、いろいろな国やジャンルのグルメが続々登場(→これまでアフリカ、タイ、インド、ブラジル、台湾、韓国など)しエスニック系が多かったので、ヨーロッパ系の料理が出てくるかも?

Season6の夜めしテロはどんな攻撃を仕掛けてくるのでしょうか(笑)

ドラマの終わりには、「ふらっとQUSUMI」という原作者である久住昌之さんが、舞台となった店を訪ねるコーナーもあるということで、こちらも楽しみです。



関連記事

2017年春、金曜ドラマ『立花登青春手控え2』

kage

2017/05/26 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月7日スタート 

NHK BSプレミアム  毎週金曜 20:00~20:43≪連続8回≫

 立花登青春手控え2

Arika注目1h藤沢周平没後20年の2017年、時代劇ファンの期待に応える続編を放送!

「人を知らずして医はその技を揮(ふる)えず 心を知らずしてその道を歩めず…。」

NHK BSプレミアムで放送予定の「立花登青春手控え2」は藤沢周平原作の時代劇。

出演者はかなり豪華なのでそれだけでも見る価値アリだと思います

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:藤沢周平「獄医立花登手控え」(講談社文庫)
脚本:古田求/田村惠/小林政広
演出:山下智彦/服部大二
演出:前原康貴
制作統括:原克子/吉永証/山本敏彦

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
立花登(溝端淳平)…江戸・小伝馬町の牢医者
江戸・小伝馬町の牢医者。医者である叔父の玄庵を頼って出羽・亀田から江戸へと上京し、居候をしながら医学の勉強に励んでいる。起倒流柔術の使い手でもある。

ちえ(平祐奈)…登のいとこ
玄庵の娘で、登のいとこ。美人だが、おてんばな性格で、年上の登を呼び捨てにしては、家来のように扱い、からかうこともしばしば。しかし、実は登を頼りにしている。父譲りでお酒が好き。

松江(宮崎美子)…登の叔母
玄庵の妻で、登の叔母。口が達者、登に対しては厳しい人。言葉はきついが、登の良き理解者となる。庭木の手入れや雑巾がけなど、なにかと登に雑用を頼もうとする。

平塚平志郎(マキタスポーツ)
小伝馬町牢屋敷の牢屋同心。クールで実直。お茶好き。

土橋桂順(正名僕蔵)
小伝馬町牢屋敷の牢医者。登の先輩にあたる。

直蔵(波岡一喜)
藤吉配下の下っ引き。仕事ぶりはきっちりしている

久坂道之丞(渡辺佑太朗)
旗本の三男坊。起倒流柔術の道場に通う登の後輩。うぬぼれやすい性格。登を慕っている。

きよ(鷲尾真知子)
小牧家の女中。登の味方になってくれる存在。思ったことを口に出して、災いを招くことも。

藤吉(石黒賢)…深川・八名川町の岡っ引き
江戸の深川・八名川町の岡っ引き。事件のことについて、登に相談をしたり、時には登とともに、事件の真相を追う。女房のおせんに「どん助」という小料理屋を任せている。

小牧玄庵 (古谷一行)…登の叔父、町医者
登の叔父で、公儀の御用を務める江戸の開業医。幼少期は神童といわれたが、江戸での評判は良くない。無類の酒好きで、仲間と飲むため、登に仕事を押し付けることも。妻の松江には頭が上がらない。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
溝端淳平主演でリメークした藤沢周平原作の時代劇、続編が登場! 
時代小説の名手・藤沢周平の原作で、数あるテレビ時代劇の中でも異色の“監獄もの”をリメークした連続ドラマの続編。1話完結型の物語の中で、牢獄の青年医師がさまざまな人との交流を通して成長していく姿を描く。青年医・立花登を、前作に引き続き溝端淳平が演じるほか、平祐奈、宮崎美子、マキタスポーツ、正名僕蔵、波岡一喜、鷲尾真知子、石黒賢、古谷一行らレギュラーキャストが続投。今作より渡辺佑太朗が新たに加わる。



関連記事

2017年春、金曜・ドラマ10『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』

kage

2017/05/26 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月14日スタート 

NHK総合 毎週金曜22:00~22:50≪連続8回≫

 ドラマ10「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」

Arika注目1h伝えたい思い、ありませんか? その手紙、あなたに代わって書きます。

春クール「日暮旅人」でも大人気だった多部未華子さんが今度はNHK総合の主演に!

八幡様の脇を入った鎌倉宮の程近くにあり、大きな藪椿の木が目印の小さな古い文房具屋「ツバキ文具店」。

文房具は一通り扱うものの、先代の祖母が子供には鉛筆が一番と譲らず、シャーペンなど言語道断。

鶴岡八幡宮の鳩に因んで命名され、「ポッポちゃん」と呼ばれる店の主・鳩子は文具店を営む傍ら、手紙の代書を請け負う、代々続く代書屋さん。

お悔やみ状、和食のお品書きから、祝儀袋の名前書き、離婚の報告、借金のお断り、さらには天国からの手紙まで。

文字に関することなら何でも承る代筆屋。

先代の祖母が亡くなって、20代の鳩子がその後を継ぐことになった。個性的な依頼に応えながら、鳩子は成長していく。

週末にNHKが送る優しい気持ちになれる多部未華子さん主演のドラマ10『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』。

2017年本屋大賞にノミネートされている小川糸さん原作の『ツバキ文具店』。

ネットの普及により、年賀状はもとより手紙を書くなんてことはなくなってきています。

そんな忘れている気持ちを思い出させてくれるドラマ。

最近では珍しいドラマかもしれませんが、最近人気上昇中の多部未華子さんが、どういう成長を見せてくれるのでしょうか。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:小川糸「ツバキ文具店」(幻冬舎)
脚本:荒井修子
音楽 :白石めぐみ
演出:黛りんたろう、榎戸崇泰、西村武五郎
制作統括:内田ゆき、中村高志

主題歌:コトノハ/絢香

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
雨宮鳩子(多部未華子)…文具店の娘(カシ子の孫)
かつては祖母と一緒に住み、代書の厳しい指導を受けていた。それに反発して高校卒業とともに上京し、就職活動に失敗して海外に出ていた。祖母が亡くなり8年ぶりに故郷の鎌倉に戻った鳩子は、祖母から「ツバキ文具店」を受け継いだ。だが文具店とは名ばかりで、手紙の代筆屋であり、鳩子で11代目になる。あだ名はポッポ。26歳。

白川清太郎 (高橋克典)…鎌倉の観光ガイド。
鎌倉の観光ガイド。以前は商社のエリートサラリーマンで、英語が堪能。鳩子の祖母・カシ子に書道を習っていたことがある。鳩子のことを何かと気遣ってくれるが、自身は老いた母親の介護に悩む日々をおくる。50歳。

守景蜜朗 (上地雄輔)…鎌倉の「むぎカフェ」の店主
ツバキ文具店の近くの「むぎカフェ」の店長。男手一つで娘の陽菜を育てるシングルファーザー。穏やかで控えめな性格の守景さんとの会話ができるカフェは、鳩子にとっては癒しの場となる。34歳。

守景陽菜(新津ちせ)…守景さんの娘
通称はーたん。守景さんの娘で、手紙を書くのが大好きな5歳の女の子。鏡文字が交ざった手紙を鳩子にくれる「文通相手」。

バーバラ婦人(江波杏子)…鳩子の隣人
ツバキ文具店の隣に住む、上品でちょっとミステリアスな婦人。その朗らかな言葉には、自由に楽しく生きる人生のヒントが。フランスなど外国で生活していた時期があり、目利きの画商という一面も。生前のカシ子と仲が良く、鳩子とも交流する。鳩子を温かい目で陰ながら見守っている。72歳。

男爵 (奥田瑛二)…カツ子の旧知
鎌倉の人々から「男爵」と呼ばれている謎の紳士。高台に住むお金持ちと噂されている。祖母のカシ子と親交があり、鳩子のことは幼い頃からよく知っている。ぶっきらぼうな態度とずばずば言う性格で、鳩子はちょっと苦手にしている。65歳。

雨宮カシ子(倍賞美津子)…鳩子の祖母(故人)
鳩子の祖母で、代書屋の「先代」。娘が出奔したのち、女手一つで鳩子を育てた。鳩子を厳しくしつけ、自分の後継者として指導。反抗した鳩子は高校卒業と同時に家を飛び出した。以来、鳩子とは会えないうちに亡くなってしまった。鳩子には厳しいが、仕事熱心で近隣の人々の信頼が厚い。生前、鎌倉で「ツバキ文具店」を営み、客に頼まれると美しい文字で手紙を代筆していた。

楠 帆子(片瀬那奈)…小学校の教師
パンを焼くのが得意な小学校の教師(ティーチャー)であることから、パンティーと呼ばれている。手紙にまつわる出来事がきっかけで鳩子と友達に。明るくて前向きな女性。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
多部未華子主演で小川糸の小説をドラマ化。
人の心の奥底に眠った思いを手紙に乗せる! 

2017年の本屋大賞にノミネートされた小川糸のベストセラー小説「ツバキ文具店」を原作に、多部未華子主演でドラマ化。古都・鎌倉を舞台に、バリからふるさとに帰ったばかりの主人公・雨宮鳩子(多部)が、亡き祖母から文具店を受け継ぎ、手紙の代筆をなりわいとする“代書屋”として成長していく姿を描く。鳩子は依頼者の思いもくみ取り、手紙を一から考えて代筆する日々の中で、風変わりな人々と触れ合い、日常の小さな幸せを感じていく。高橋克典、上地雄輔、片瀬那奈、新津ちせ、江波杏子、奥田瑛二、倍賞美津子らが共演する。

Arika注目1h★NHKドラマ【ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~】のみどころ
----------------------------------------------------------------------------------------
原作の小川糸さん著「ツバキ文具店」は、2017年本屋大賞ノミネートのベストセラー。

古都鎌倉が舞台。

手紙を書くことを生業(なりわい)とする、若い女性のみずみずしい成長の物語をお届けします。


8年ぶりにふるさと鎌倉に戻った鳩子。亡き祖母から「ツバキ文具店」を受け継ぐはめに。実は、文具店とは名ばかりで、本業は美しい文字を代筆する「代書屋」だったのです。しかも「ツバキ文具店」は、手紙を一から考えて書いてくれる、一風変わった代書屋でした。 新米の代書屋となった鳩子は、次第に才能を発揮。さまざまな手紙の依頼に応えていきます。どうしても言葉に表せない、心の奥底の思いを、最高の形で伝えるのが、鳩子の新たな仕事です。そしてツバキ文具店に集まる、ちょっと風変わりな人々とのふれあい。小さな幸せのピースが、鳩子の心を満たし、それは新しい一歩へとつながっていきます。

依頼によってペンの色や紙を変えるなどの心配り。

鎌倉の四季を感じながら、日本語の美しさを再認識。

原作では基本的にニックネームで登場する人々。

主役の鳩子も、ポッポちゃんと呼ばれています。他にも、身ぎれいで明るく、男性にモテモテの隣人バーバラ婦人、スタイル抜群の小学校教師楠帆子こと通称パンティー、謝絶状の依頼主で着物姿が粋な男爵、鳩子の最年少の友人QPちゃん等。どの俳優さんがどの役になるのでしょう。

主題歌「コトノハ」は、実力派シンガー・絢香さんによる書き下ろしです。

時間も空間も越えて紡がれる、愛に満ちた言葉の数々。

大切な人に手紙を書きたくなるドラマです!

ツバキ文具店/幻冬舎

¥価格不明
Amazon.co.jp



関連記事

2017年春、金曜ドラマ『女囚セブン』

kage

2017/05/26 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月21日スタート 

テレビ朝日系 毎週金曜 23:15~24:15

 女囚セブン

Arika注目1h魑魅魍魎の女子刑務所で頂点(トップ)に君臨するのは誰だ?

殺人罪で刑務所に入ることになる芸妓の神渡琴音。

魑魅魍魎の女子刑務所がマウント合戦の舞台!


刑務所送りになった剛力彩芽と同房になり、 激しいバトルを繰り広げるアクの強~い女囚を演じる6人

山口紗弥加、トリンドル玲奈、平岩紙、橋本マナミ、木野花、安達祐実…

全員、悪女!生き残るのは誰だ!?

女囚たちに虐められながらも持ち前の腹黒さやしたたかさで切り抜けていくという爽快感のあるドラマです。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:オリジナルドラマ(脚本家:西荻弓絵による完全オリジナルストーリー)
脚本:西荻弓絵
監督:瑠東東一郎、豊島圭介
プロデューサー:山田兼司、浅井千瑞、本郷達也
ゼネラルプロデューサー:内山聖子
演出・監督:瑠東東一郎(「黒い十人の女」「民王 番外編」ほか)、豊島圭介(「黒い十人の女」「徳山大五郎を誰が殺したか」ほか)
制作:テレビ朝日、MMJ

主題歌:未定
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
花園女子刑務所
☑琴音らが収監され、女囚たちは頂点を競い合う。

神渡琴音(剛力彩芽)冤罪で女囚となった元芸妓
殺人罪で刑務所に入れられた京都の芸妓。酔っ払って寝ている間に仲間の芸妓が殺され、状況証拠が揃ってしまったことから有罪が確定してしまうが、実は冤罪。刑務所で待ち受けていた女囚たちから壮絶なイジメに遭うが、舞妓・芸妓の世界でいけずな姐さんたちから厳しい指導を受けてきた琴音にとってそれくらいのイジメは屁でもないため「えらいすんません、かんにんしとくれやす」と捉えどころのない感じでかわし、何ならシレッと仕返しする。力づくで来られても、合気道でスルリとかわす。何も知らないおバカなふりをしているが、実は腹黒くしたたか。語学(英語や仏語が得意)にも長け、超地獄耳かつ怪力。

楠瀬司(山口紗弥加)罪を犯した謎多き元政治家秘書
政治資金規正法違反及び詐欺罪で服役している、謎多き政治秘書。宝塚の男役のような仕草がカッコイイ男装の麗人。あだ名は“ヅカ”。政界の事情通。極度の潔癖症で、よく自分の周辺を除菌している。 政界の事情通。

市川沙羅 (トリンドル玲奈)夫殺しのシングルマザー
殺人罪で服役している、キレる怖いシングルマザー。DVから子供を守ろうとし、夫を殺害してしまった。雑居房(共同室)では最年少だが、刑務所歴はかなり長いため、新入りである琴音いじめも率先して主導する。あだ名は“元ヤン”。

津田桜子(平岩紙)遺産目当ての毒婦
無期懲役で服役している後妻業の女。遺産目当てで男に色仕掛けをし、次々と殺害してきた毒婦。本人いわく「モテすぎちゃって困る夜の匠」だが、見た目はどう見てもただのオバサン。常に自信満々で、獄中でも自分磨きに余念がないナルシストな勘違い女。 あだ名は“エロ女”。

矢島千鶴香(橋本マナミ)全身整形外科の美容整形元看護師
業務上過失致死で服役している不倫にハマった有名美容整形外科の看護師。人目を引く美貌の持ち主だが、実は全身整形サイボーグでその美しさが偽物であるため、異常なまでにひがみっぽい。特に千鶴香の話をしていなくても「いまみんなで私の悪口言ってたでしょ!」と泣き出してしまうような被害妄想癖があるヒステリックな“ネガティブモンスター”。 あだ名は“ナース”。

平塚うめ(木野花)老老介護で夫殺し
雑居房(共同室)の中で最高齢の老女。老老介護の末、夫を殺害してしまった。優しい顔つきでおとなしく、琴音いじめにも関与せずに粛々と労務をこなす。ちょっと耳が遠い。あだ名は“ウメボシ”。

坂本奈津(安達祐実)嘘だらけの食い逃げ女
無銭飲食の常習犯。刑務所ナンバーワンの情報屋。おしゃべりで、新入りの琴音に刑務所のルールを教えたりと何かと世話を焼く。しかしその優しさは全てウソで、琴音を陥れようと裏で暗躍している。あだ名は“食い逃げ”。

┣山川まお(山崎静代)…脱走した巨体の受刑者・“野獣”
脱獄を図る元女子プロレスラー。

┣菊池 徹子(大幡しえり)…噂大好き花園刑務所女囚
刑務所に服役する女囚。

┣鈴木 小夜子(雨宮舞香)
刑務所に服役する女囚。


【刑務官】
┣恩田健郎(池内万作)…事なかれ主義の刑務所長
花園刑務所・所長。内藤法務大臣を尊敬・啓蒙しており、大臣の方針『母性の保護』を実現すべく、壁をピンクにしたり塀を低くしたり、と明るく楽しい刑務所作りに奔走している。しかし究極の“事なかれ主義”で、脱獄などもできるだけ見て見ぬふり。

┣立原桐子(内藤理沙)…振り回されがちな新人刑務官
花園刑務所の新人刑務官。女囚たちに騙されたり、笑われたりする日々。女囚にはいじめられ、先輩刑務官の幸子には怒られ、散々な日々を送っている。

┣百目鬼幸子(宍戸美和公)…鬼の異名を持つ女刑務官
花園刑務所のベテラン刑務官。女囚たちだけでなく同僚の刑務官たちにもとても厳しい。やや昭和を引きずっていて、いまどき女囚たちを番号で呼ぶ珍しいタイプ。気に入らない女囚はすぐに「事故!」として懲罰房に入れてしまう。意地が悪いのは独身だから…か?

┣一本松 昇(永野宗典)…出世を目論むヨイシィ処遇部長
花園刑務所の処遇部長。常に恩田所長の顔色を窺っている“ヨイショ男”。

┣大平 仁(田村健太郎)…刑務所一の自称イケメン刑務官
花園刑務所イチのイケメン刑務官。通称・顔だけ男。よく桜子に色仕掛けで迫られている。


【琴音を知る人々】
☑天涯孤独となった琴音を育てた“母親代わり”。
琴音の”出生の秘密”、本当の”父親の正体”を知ってるようで…

一条 涼(梶芽衣子)…母親代わりの置屋『一条』の女将
琴音が京都の芸妓時代に世話になった置屋の女将。琴音の母親とは旧知の仲で、彼女の死後、天涯孤独となった琴音を育てた“母親代わり”。琴音の無実を信じており、塀の外から数々のバックアップを試みる、と同時に琴音が選んだ修羅の道を案じている。琴音の”出生の秘密”、そして本当の”父親の正体”を知っているようで、物語のキーパーソンとして重要な役割を担っていく

┣小春(久住小春)…琴音を慕う後輩舞妓。
琴音の無実を晴らそうと、独自に動き始める。

┣雪乃(寺川里奈)…謎の死を遂げたライバル芸妓
琴音の芸妓仲間であり、ライバル。ある日、琴音と同じお座敷に呼ばれ、何者かに殺されてしまう!

☑この男、敵か味方か…?
実は琴音の冤罪事件の秘密を握る人物。

内藤裕次郎(高嶋政伸)…表向き”庶民派”な法務大臣
次期総理大臣の呼び声も高く、現総理をも陰で操る政界の実力者。表向き“庶民派”を装い、女性の人権尊重などを叫んでいて人気が高いが、裏では弱者を人とも思わない思想を持っている。実は琴音の冤罪事件の秘密を握る人物。善の顔と悪の顔を使い分け、ドラマに大いなる謎を投げかける。彼の正体が明らかになるとき、どんな恐ろしい陰謀が姿を現すのか…?

┣本郷和也(寿大聡)…法務大臣の懐刀
法務大臣・内藤裕次郎の秘書。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
剛力彩芽が犯罪者に!? ワケあり女囚7人が“プリズン・サバイバル”を繰り広げる! 
剛力彩芽が女囚に挑戦する、女子刑務所を舞台にした異色の群像劇。塀の中の女囚たちが、“頂点”を目指して壮絶なバトルを繰り広げていく。

剛力が演じるのは、殺人の冤罪(えんざい)で女子刑務所に送られた京都の芸妓・神渡琴音。琴音はクセの強い女囚たちから嫌がらせを受け、時には命を狙われさえもするが、持ち前のしたたかさと腹黒さでクールに仕返しし、“プリズン・サバイバル”を切り抜けていく。

女たちのバトルとともに、なぜ琴音が無実の罪をかぶったのか、その謎も大きな見どころ。脚本は「民王」シリーズ(同系)などを手掛けた西荻弓絵が担当する。

----------------------------------------------------------------------------------------
★ドラマ『女囚セブン』の見どころ
----------------------------------------------------------------------------------------
Arika注目1hワケあり女囚7人による史上最強の“プリズン・サバイバル”!
冤罪をきせられて刑務所送りとなった京都の芸妓・神渡琴音(剛力彩芽)が、同房に待ち受けるアクの強~い女囚6人と激しいバトルを繰り広げる。ヅカ(山口紗弥加)、元ヤン(トリンドル玲奈)、エロ女(平岩紙)、ナース(橋本マナミ)、ウメボシ(木野花)など、女子刑務所にひしめくマウント好きな魑魅魍魎たちに、琴音は芸妓時代に鍛え抜かれた技と精神で見事に立ち向かう。

時に命までも狙われる熾烈なマウント合戦の中、琴音は持ち前のミステリアスさと腹黒さの他に語学力、怪力、合気道、超地獄耳などの能力を駆使して女囚たちのいじめをかわしてゆく。そんな器用な一面のある琴音が、なぜ無実にも関わらずすんなりと刑務所に入ってきたのか、その謎も、次第に解き明かされてゆく。

テレビ朝日金曜ナイトドラマでは、2015年より『セカンドラブ』『不機嫌な果実』『奪い愛、冬』など、大人で、ドロドロとしたストーリーも持ち味。海外でも「プリズン・ブレイク」「オレンジ・イズ・ニューブラック」「ウェントワース女子刑務所」などの刑務所を舞台とした作品が放送され、どれも好評を博していますが、果たして日本ではどれくらいの視聴率が取れるのか。日本での刑務所ものドラマといえば、2006年『プリズン・ガール』『スクール・ウォーズ2』などが過去に放送されているが、視聴率自体はさほど高くはない。日常を普通に生活している分には縁のない刑務所、しかも、かつて日本ドラマであまり取り上げられたことのない女刑務所、その想像を絶する閉塞的で熾烈な舞台を前に、どれだけの視聴者が引き込まれるか、制作側の力量が試されるところとなる。

今回完全オリジナルストーリーとして脚本を手掛けた西荻弓絵さんと言えば、1993年のドラマ「ダブル・キッチン」で最高視聴率30.7%を叩き出した名脚本家。「ケイゾク」や「特上カバチ」「SPEC」などの数々のヒット作を手掛け、ウィットに富んだ会話劇、テンポの良いストーリー展開で定評がある。そんな西荻氏×剛力彩芽のタッグが、女刑務所という舞台でどのような化学反応を起こすのかも見所の一つです。






関連記事

2017年春、金曜ドラマ『リバース』

kage

2017/05/26 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月14日スタート 

TBS系 毎週金曜22:00~22:54(初回15分拡大:22:00~23:10)

 リバース

Arika注目1h僕の親友を殺したのは誰だ? 謎の告発文から始まるミステリー

「告白」や「Nのために」で知られる湊かなえのヒューマンミステリー「リバース」が実写化。

主人公の深瀬和久には藤原竜也さん。
恋人役には戸田恵梨香さん。
深瀬の親友、広沢由樹には小池徹平さん。
深瀬の大学時代のゼミ仲間には市原隼人さん、玉森裕太さん、三浦貴大さん。
そしてドラマだけの登場人物、村井の妹には門脇麦さん。

今をときめく役者陣がおくる、ヒューマンミステリーです。

『夜行観覧車』、『Nのために』のスタッフが結集した『リバース』ドラマ化!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:湊かなえ「リバース」(講談社)
脚本:奥寺佐渡子、清水友佳子
音楽 - 横山克
演出:塚原あゆ子、山本剛義、村尾嘉昭
プロデューサー:新井順子
制作 - ドリマックス・テレビジョン、TBS

主題歌:Destiny/シェネル

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
★=元明教大学ゼミ仲間だった人物
----------------------------------------------------------------------------------------
🏫元明教大学ゼミ仲間
10年前のスノボ旅行にて、広沢が雪山で不審な事故死を遂げている。

★深瀬和久(藤原竜也)…主人公(事務機器メーカー勤務)
「ニシダ事務機」営業部に勤務。学生時代から自分には価値がないと、コンプレックスを抱いて生きてきた。大学のゼミで知り合った自分と同じ“地味グループ”の広沢は、人生で初めて出来た親友だった。現在は美穂子という恋人ができ、これからの生活に光がさして来たと感じられていたある日、美穂子の元に「深瀬和久は人殺し」という謎の告発文が届く。「一体誰が?」と、告発文の犯人を探すため、再び広沢の事故と向き合うことになるが、その中で、当時隠されていた数々の秘密を知ることに……。 32歳。

越智美穂子(戸田恵梨香)…パン屋で働く深瀬の恋人
パン屋「グリムパン」に勤めている。派手さはないが、美人で慎ましい性格の持ち主。パン職人で、ある日、行きつけのコーヒー専門店で深瀬と運命的に出会い、ほどなく付き合うように。お店で売れ残ったパンを、深瀬のアパートで彼のいれた珈琲で食べる時間がささやかな幸せ。 30歳。


📚楢崎高校
★浅見康介(玉森裕太)・・・・現代、高校の社会科教師
深瀬(藤原竜也)の大学のゼミ仲間。学生時代は“派手グループ”に属していたが、何事にも真面目でストイックな性格で、現在は高校で世界史の教鞭を取っている。生徒を思うが故の厳しい指導により、生徒や保護者とのトラブルになることも。10年経った今も広沢の死に対して責任を感じている。告発文が届いた後、深瀬と共に事故の真相を調べることになる。 32歳。

藤崎莉子(山口まゆ)…浅見の生徒
浅見の教え子で、浅見に好意を抱いている女子高生。一見、おとなしそうに見えるが、芯の強い一面を持っている。17歳。

相良了平(鈴木仁)…浅見の生徒
浅見の教え子でサッカー部のキャプテン。校内である問題を起こすが、PTAの会長を務める父を盾に、担任の浅見と対峙する。17歳。

森下泉(藤本泉)…浅見の同僚で国語教師
浅見の同僚で、国語教師。クラスの副担任として浅見をサポートする。23歳。


🏠広沢家(愛媛)
愛媛でミカン農家を営む。息子を大事に育ててきた。
┣広沢忠司(志賀廣太郎)…広沢由樹の父
広沢由樹(小池徹平)の父親。愛媛県でみかん農園を経営している。いつまでも息子の死を受け入れられない妻・昌子を、いつか救ってやりたいと思っている。 65歳。

┣広沢昌子(片平なぎさ)…広沢由樹の母
広沢由樹(小池徹平)の母親。愛媛県でミカン農家を夫と営む。のんびりして大らかな性格で、理想的な母親だが、息子の死を機に一変。未だに息子の死が、事故だとは納得できないでいる。そんなある日、深瀬たちが10年前の事故を調べていると知り……。57歳。

★広沢由樹(小池徹平)…深瀬の親友(亨年22歳)
大学のゼミで知り合った深瀬のたった一人の親友。ゼミ仲間のスノーボード旅行(卒業旅行)中に行方不明となり、その半年後に崖の下から白骨化した遺体で発見される。事件当時、事件性も疑われたが、最後には事故として処理された。深瀬は広沢を自分と同じ“地味グループ”に属していると理解していたが、広沢のことを調べて行く中で、知らない顔が次々と現れてくる。 亨年22歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


🏢村井あきまさ県議会議員事務所
┣村井明正(村井國夫)…村井隆明と明日香の父。県議会議員。
神奈川県議会の議長で隆明と明日香の父親。隆明を一人前の政界人に育てたいと考えているが、いまだ頼りない隆明に苛立つことも。70歳。

┣甲野伸之(山崎銀之丞)…村井明正の第一秘書。
村井明正の第一秘書を長年勤める切れ者。常に冷静沈着な判断力の持ち主で、様々なトラブルに対処してきた、懐刀的存在。52歳。

沼淵ことは(篠原ゆき子)…有能な女性議員。村井隆明の不倫相手
神奈川県議会の有能な女性議員。村井隆明と不倫している。夫のモラハラを受け、心身ともに疲弊していたとき、村井隆明と知り合い、お互い惹かれていった。42歳。


🏠村井家(神奈川)
★村井隆明(三浦貴大)…県議会議員秘書
深瀬(藤原竜也)の元ゼミ仲間。政界のサラブレッドで、現在は議員である父の秘書として働きながら、父の地盤を引き継ぎ選挙に立候補する日を待ち望んでいるが、偉大な父に認めてもらえず日々、歯痒い思いをしている。性根は純粋で、父からのプレッシャーに苦悶する。有力議員の娘を嫁にもらい、表向きは円満に見えるが、実は神奈川県議会の沼淵ことは議員と不倫関係にある。32歳。

┣村井香織(趣里)…村井隆明の妻
村井隆明の妻。大臣も務めた有力議員の娘。隆明とお見合い結婚をしたが、出世欲や覇気を感じられない夫のことを疎ましく思っている。26歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

🏠谷原家
★谷原康生(市原隼人)…明日香の夫で一児の父
明朗快活な性格で、分け隔てなく“みんなで行こうぜ”が口癖の、ゼミのリーダー的存在。一浪して大学を卒業後は大手の商社に入り、ほどなく学生時代から好きだった村井の妹と結婚、良き夫で一人娘の良き父。順風満帆な生活に見えるが、会社で上司のパワハラを受けて閑職へと追いやられ、そのことを妻にも言えないでいる。 33歳。

┣谷原明日香← 旧姓・村井明日香(門脇麦)…村井の妹。10年前の旅行に同行する
村井の妹。高校生の頃、兄・隆明の友人の広沢のことが好きで、隆明たちの旅行にも強引に参加した。 礼儀作法も身についた名家育ちのお嬢様だが、活発で言いたいことははっきり言うタイプ。大学卒業後、アプローチされていた谷原と結婚。現在は良き妻、良き母として家庭を守っている。 27歳。

┣谷原七海(古田結凪)…康生と明日香の娘
愛娘。子煩悩な谷原夫妻からたくさんの愛情を受け、朗らかに成長している笑顔の可愛い子。3歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

🍀クローバーコーヒー☕
深瀬と美穂子が知り合う。深瀬のくつろぎの空間
┣乾恭子(YOU)…クローバーコーヒーの店主の妻
深瀬和久と美穂子の恋のキューピット。深瀬が行きつけにしているコーヒー専門店「クローバーコーヒー」のマスターの妻。気さくな性格で面倒見もよく、深瀬と美穂子が付き合うきっかけを作ったのもこの人。二人の良き相談相手でもあり、お互いに想いあっているがなかなか進展しない二人の関係を心配し、もどかしく思っている。48歳。

┣乾圭介(バッファロー吾朗A)…クローバーコーヒーの店主
乾恭子の夫。深瀬が行きつけにしているコーヒー専門店「クローバーコーヒー」のマスター。48歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小笠原俊雄(武田鉄矢)…フリージャーナリスト(元長野県警で、広沢失踪事件の担当だった)
10年前に長野県警管轄で発生した、広沢の失踪事件の担当刑事であり、この事件により人生が変わった一人。広沢が遺体として発見されてからも、事故で処理しようとする上司に対して「事件性がある」と執拗に主張したため、担当を外され僻地に飛ばされてしまい、のちに退職。その後、フリージャーナリストに転身。広沢の事故の真相を追い、度々、深瀬たちに接近する。65歳。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
湊かなえの同名小説を藤原竜也主演でドラマ化!
豪華キャスト総出演の極上ミステリー! 

人気作家・湊かなえの同名小説を原作に、「夜行観覧車」「Nのために」(ともに同系)のスタッフが藤原竜也主演でドラマ化。10年前に旅先で起きた親友の不審な事故死に向き合う主人公のサラリーマン・深瀬和久を藤原が演じる。

深瀬の恋人でパン屋に勤める越智美穂子を戸田恵梨香、旅行を共にしたゼミ仲間らを玉森裕太、三浦貴大、門脇麦、市原隼人が演じるほか、YOU、志賀廣太郎、片平なぎさらが共演。元刑事のフリージャーナリストで10年前の事故の真相を追う小笠原俊雄に武田鉄矢が扮するなど、豪華キャスト総出演で、友情、贖罪(しょくざい)、美しい愛を描いた極上のミステリーを紡ぐ。

Arika注目1h★ドラマ【リバース】のみどころ
----------------------------------------------------------------------------------------
金曜ドラマ枠における湊かなえ作品のドラマ化はこれが3作目となる。

過去2作『夜行観覧車』(2013年1月期)、『Nのために』(2014年10月期)の制作チームが今作にも携わっている。

今回の主演は「そして、誰もいなくなった」でも熱演した藤原竜也。そして恋人役を演じるのは藤原さんとデスノート以来の共演となる戸田恵梨香。その他にも玉森裕太(Kis-My-Ft2)、小池徹平、三浦貴大、門脇麦、市原隼人など若手注目株が揃いました。また、ベテラン勢も武田鉄矢さんはじめ超豪華なメンバーとなっています。

満足度が高かった「Nのために」のスタッフが再集結してヒューマンミステリーを描きます。

原作者、湊にとって初めての男性主人公の長編小説である。

ドラマでは原作のその後も描き、オリジナルストーリーの結末を原作者の湊が書き下ろす。

公式サイトのタイトル下には「birth:Re:verse」と書いてあり、反転(Reverse)と再生(Rebirth)の意味も持つ。

リバース (講談社文庫)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp



関連記事

2017年春、金曜ドラマ『釣りバカ日誌 Season2 新米社員 浜崎伝助』

kage

2017/05/26 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月21日スタート 

テレビ東京系ほか 毎週金曜 20:00~20:54

 釣りバカ日誌 Season2 新米社員 浜崎伝助

Arika注目1h平成版:”釣りバカ”ドタバタ劇シーズン2!

ご存知釣りドラマの金字塔。

三國連太郎さん亡き後、主演のハマちゃん役を濱田岳さんに、西田敏行さんをスーさん役に変更した作品。

正月スペシャルから主要キャストの変更はない様子。

2017年4月『釣りバカ日誌』が再び連ドラで帰ってくる!!

会社では”新米社員と社長” 

釣りでは”師匠と弟子


今度の浜崎伝助(ハマちゃん)は、入社3年目の新米社員!釣りへの情熱と憎めないマイペースっぷりに拍車がかかり、鈴木建設社長の鈴木一之助(スーさん)との奇妙な師弟関係や、永遠の中間管理職・佐々木課長らと巻き起こす珍騒動は前作よりはるかにパワーアップ!そして、ハマちゃんとみち子の恋人関係に割り込む、強力なイケメンライバルが新たに登場!?新米ハマちゃん独身時代の「釣りバカ日誌」を家族みんなでぜひご覧ください!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:「釣りバカ日誌」「釣りバカ日誌番外編 新入社員 浜崎伝助」(小学館)
脚本:佐藤久美子、山岡潤平
監督:朝原雄三、児玉宜久、石川勝巳
音楽:信田かずお
チーフプロデュ―サー:山鹿達也(テレビ東京)
プロデューサー:浅野太(テレビ東京)、齋藤寛之(松竹株式会社)、竹内絵唱(松竹株式会社)
製作:テレビ東京、松竹株式会社

主題歌:I’m FISH///DISH//

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏢鈴木建設
☑伝助が勤務する会社で、鈴木社長が裸一貫で立ち上げた建設会社。
ビル建設や公共事業である道路・橋・ダム工事が中心だったが、海外建設事業・マンション・一般住宅なども手がけるようになる。
2020年の東京五輪に向けて好景気に沸く大手ゼネコン会社


【営業三課】
浜崎伝助(濱田岳)…社員(釣りでは”師匠”)
大手ゼネコン「鈴木建設」営業三課の社員。仕事や出世より釣りをこよなく愛する釣りバカ。大学卒業後に入社→営業三課に配属され3年目。通称「ハマちゃん」。入社して3年になるが相変わらずマイペースで、出世よりも大好きな釣りに情熱を注ぐ。失敗が回り回って良い結果を生むこともあるのだが、その成果に気付く者は少ない。マイペースでポジティブだが、釣りに支障をきたすと上司にも抵抗を示すこともある。偶然出会った一之助とは釣りの師弟関係という奇妙な関係。出身は宮崎県都城市。実家は、学校教材等を取り扱う大規模な文具店「浜崎文科堂」。

■佐々木和男(吹越満)…営業三課課長
「鈴木建設」営業三課の課長で伝助の上司。長いものには巻かれ、上に弱く、下に強く出る、悲哀漂う典型的なTHE中間管理職タイプ。仕事よりも釣りに没頭する伝助にいつもイライラしており、家では家族に相手にされないなどいつも胃薬が手放せない。高知県出身。

魚住伸太郎(葉山奨之)…伝助と同期の3年目
営業三課3年目、伝助と同期のイケメン社員。伝助のライバル!?頭脳明晰で若手のホープと期待されている。

山口雄二(敦士)…伝助の先輩
営業三課主任。佐々木の次に年長者でまとめ役。妻と2人の娘がいる。

石見聡史(三浦力)…伝助の先輩
営業三課。伝助に年が近く、面倒見がいい先輩。

大原守(森田甘路)…伝助の先輩
営業三課。少し気弱で、押しに弱く伝助に振り回されることが多い。チャーハンが大好き。

【役員・管理職】
鈴木一之助(西田敏行)…鈴木建設の創業者であり社長(釣りでは”弟子”)
伝助が勤める大手ゼネコン「鈴木建設」の創業者であり社長。ひょんなことから伝助と知り合い釣りに誘われて以来、伝助を「ハマちゃん」と呼び、 実はハマちゃんの釣りの弟子で師匠と仰ぐ。愛称はスーさん。普段は社長として威厳を保っているが、釣りが絡むと冷静な判断を下せなくなることも。2人の関係は社員に気付かれていない。

植木雄一(猪野学)…秘書課長
鈴木建設秘書課長。一之助の忠実な秘書で良き理解者。バツイチ。

岡本信隆(名高達男)…専務
鈴木建設の専務。一之助の要求に健気に応える。

野上恵一(小野了)…管理本部担当常務
鈴木建設・人事部長→管理本部担当常務。伝助の度重なる失態に頭を悩ませている。

秋山哲夫(伊武雅刀)…営業本部担当常務
鈴木建設・営業部長→営業本部担当常務。創業当時からの鈴木建設の古株。やり手で、佐々木課長の直属の上司。会社一の事情通として知られている。


🍚定食屋「かづき屋」
☑ハマちゃん行きつけの定食屋で、魚料理が絶品の店。みち子の居候先でもある。

小林みち子(広瀬アリス)…平太の姪・定食屋の看板娘
伝助の恋人。定食屋「かづさ屋」の従業員で、秋田出身の料理上手な看板娘。美人で明るく物おじしない性格だが、感情が高まると思わず秋田弁を口にしてしまう。伝助も認めているほど、料理の腕は一級品。恋人の伝助が釣ってきた魚を、いつもおいしく料理してくれる。明るく、物おじしない性格で、感情が一気に高まることも。伝助の釣りバカっぷりにいつも振り回される。

小林平太(きたろう)…定食屋の店主
伝助が通う定食屋「かづさ屋」の店主。味はイマイチだが、伝助は平太の人柄に惹かれ通い続けている。早くに妻を亡くし、娘の薫を男手一つで育てている。

小林薫(田辺桃子)…平太の姪
定食「かづさ屋」・平太の一人娘。高校2年生の彼女は色々なことに興味があり、大人の話に首を突っ込んでくる。


≪※新レギュラー≫藤岡祐一郎(浦井健治)…大学准教授
フランス文学専攻の城北大学准教授。頭脳明晰で容姿端麗。釣りバカ・ハマちゃんとの将来を不安に思い始めたみち子さんの前に現れいきなりプロポーズするという、ハマちゃんの恋のライバル!?

鈴木久江(市毛良枝)…一之助の妻
一之助を支え続ける心優しき妻。のんびりと大らかな性格。乙女な部分も持ち合わせているが、時にドキッとさせる鋭い発言をすることも。

浜崎とし子(榊原郁恵)…伝助の母(宮崎県城市在住)
明るく元気な伝助の母。伝助の故郷、九州・宮崎県都城市で文房具店を営んでいる。伝助の仕事ぶりを気にかけながら、ちゃっかりとした一面も持っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
濱田岳&西田敏行の「釣りバカ日誌」シリーズ連続ドラマ第2弾! 
2015年秋に連続ドラマとして放送され好評を博した、濱田岳主演の「釣りバカ日誌」シリーズ第2弾。濱田がハマちゃんこと大手ゼネコン社員・浜崎伝助に、西田敏行がスーさんこと社長の鈴木一之助に扮し、時にはけんかをしながら仲良く釣りをして、さまざまな珍騒動を繰り広げるコメディー。今回は、入社3年目を迎えマイペースぶりに磨きがかかってきた“新米社員”ハマちゃんが、さらなるトラブルを巻き起こしていく。前シリーズに引き続き、伝助の恋人・小林みち子役の広瀬アリス、営業三課課長・佐々木和男役の吹越満らおなじみのメンバーも健在。

----------------------------------------------------------------------------------------
ドラマ【釣りバカ日誌 Season2 新米社員 浜崎伝助】の見どころ
----------------------------------------------------------------------------------------

4月スタートの金曜8時のドラマ【釣りバカ日誌シーズン2 新米社員 浜崎伝助】。

人気シリーズ『釣りバカ日誌』が再びドラマで帰ってきます!

会社では、新米社員と社長・釣りでは、師匠と弟子のナイスなコンビ・ハマちゃんとスーさん。

今回は、入社3年目となったハマちゃんこと浜崎伝助が更に釣りへの情熱と憎めないマイペースっぷりを発揮!

スーさんこと社長の鈴木一之助とのおかしな師弟関係や、周りを巻き込む珍騒動は前作よりパワーアップしていることでしょう!

新たなキャスト・ゲストにも注目が集まります。

Arika注目1hハマちゃんに強力なイケメンライバルが現れる!?
1話ゲストに若林正恭さん、2話ゲストに浜野謙太さん!

ハマちゃんこと伝助と釣り仲間のスーさんこと一之介が仕事に、恋に、釣りに奮闘する第2弾。毎回ゲストが楽しみなのだが、第1話のゲストはハマちゃんの大学時代の先輩役で若林正恭さんが、さらに鈴木建設社長・鈴木一之助と犬猿の仲のライバル会社、邦栄建設・甘粕賢三郎社長役に松平健さん出演が決定してる。甘粕社長は海釣りで知り合ったハマちゃんから釣りの手ほどきを受け、ハマちゃんに弟子入りを志願。そして破格の条件でハマちゃんのヘッドハンティングに乗り出す!?白馬に乗って釣りバカ参戦!ハマちゃんを巡ってスーさんと釣りバトル!など、まさに暴れん坊!な社長役となっています(笑)。また、恋人のみち子にプロポーズする男・藤岡が現れ、2人の仲に暗雲が立ち込める。さらにさらに第2話では、鈴木建設の設計課主任・尾上和夫役には、ミュージシャンとしても人気を集めている浜野謙太さんがゲスト出演。ゲストを含め新たなメンバーも加わり、”釣りバカ師弟コンビ”はどんな珍騒動を起こすのか、前回にも増して笑いが絶えないことでしょう!


関連記事

2017年春、木曜ドラマ『緊急取調室』

kage

2017/05/25 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月20日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 21:00~21:54

 緊急取調室

Arika注目1h天海祐希の弾丸トークバトル再び!被疑者の”裏の顔”を取り調べで暴く!

あなたをマル裸にする。

極限の心理戦。真実は、暴かれる。


第2シーズンのテーマは「普通の人間が一番怖い」

人生を積み重ねる中で、超えてはいけない一線を越えてしまった普通の人々――

彼らの時にゾッとさせ、時にやるせなさや悲しさを感じさせる“裏の顔”を、

鉄壁の取り調べ集団「キントリ」がマル裸にします!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:井上由美子
演出:常廣丈太、本橋圭太
ゼネラルプロデューサー:黒田徹也 三輪裕見子
プロデューサー:三輪祐見子、都築歩、松野千鶴子、神馬由季
音楽:林ゆうき
制作協力:アズバーズ

主題歌:最後は必ず正義が勝つ/AI

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🌸警視庁

磐城和久(大倉孝二)…警視庁刑事部部長。
警視庁刑事部部長。過去の不正などによる、警察不信、警察批判を払しょくすべく、「開かれた警察」をモットーとしている。梶山勝利をライバル視しており、彼が率いるキントリの活躍を内心では面白く思っていないが、彼らをうまく利用し、自分のポジションを確立しようとしている。

捜査一課
緊急事案対応取調班【通称:キントリ】

可視化設備の整った特別取調室で取り調べを専門的に行うチーム。

真壁有希子(天海祐希)元・女性初の特殊犯捜査(SIT)第3係長主任
警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。キャリア不合格組の警部補だったが、その能力を認められ、警視庁捜査第一課へ。女性初の特殊犯捜査(SIT)第3係長主任になる。バスジャック事件で交渉に失敗し、犯人に発泡。キントリに配属された。一匹おおかみだったが、今はチームの連帯感を大事にしている。被疑者を「マル裸にする」を信条に、取り調べに臨む。47歳。

梶山勝利(田中哲司)緊急事案対応取調班・管理官(出世を狙う中間管理職)
警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の管理官。警察組織の階級主義、縄張り争いに苦労するが、出世もしたい中間管理職。冷徹な判断力と要領の良さでノンキャリアでも出世をしてきた。決断力で部下を引っ張る男。昔からよく知る有希子の卓越した交渉能力に目を付け、キントリメンバーに抜てきした。冷徹な判断力と決断力で部下たちを引っ張る。48歳。

菱本進(でんでん)緊急事案対応取調班の刑事(刑事人生の大半がマル暴一筋)
警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。刑事人生の大半がいわゆる”マル暴一筋”で、犯罪の生き字引。見た目も物言いも態度もヤクザのよう。取り調べにかんしてもは、おだてたり、脅しや取引をもちかけたりする。おだてたり、脅したり、取引をもちかけたりと、悪賢い駆け引きと経験で犯人を落としていく。女性警察官など邪魔だと思っていた過去がある。有希子のことを「おばはん」と読んだりするが、有希子の能力は認めている。58歳。

中田善次郎(大杉漣)緊急事案対応取調班の刑事(誠実に対応、情で落とす)
警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。通称「ホトケの善さん」と呼ばれる。優しく、人情味があり、とにかく良い人。どんな凶悪犯でも更生できると信じており、取り調べでも無駄にテクニックを駆使せず、情で落とす。有希子との間に、信頼関係が出てきている。59歳。

小石川春夫 (小日向文世)緊急事案対応取調班の刑事(チームきっての頭脳派)
警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。キントリチームきっての頭脳派で、被疑者への対応は穏やかでソフトだが、その実、徹底した鋭い洞察力を発揮して犯人を追い込んでいく。いつも笑顔だが、周囲は彼が本当に笑っているとは思っていない。いつも笑顔でいる。でも、誰も彼が本当に笑っているとは思っていない。有希子を有能と認めている。57歳。


捜査一課一係
緊急事案対応取調班(通称・キントリ)と連携を取りつつ捜査。

沢渡 巌(三上市朗)…新しい捜査一課長
新しい警視庁捜査一課長。叩き上げ。一筋縄ではいかないキントリに手を焼いているが、それは磐城刑事部長の手前で、実はどこか頼りにしているところもある。

■渡辺鉄次(速水もこみち)…殺人捜査第一係の刑事(監物のどんな命令にも従う)
警視庁捜査一課一係、殺人捜査第一係の刑事。係長である監物大二郎とコンビを組んでおり、周囲から「もつなべコンビ」と呼ばれる。恐怖心や駆け引きの機微というものを持たない怪力男。上司である監物の命令ならば、どんなことでも従順に従う。キントリ・チームとの関係をうまく利用していけばいい、という合理的な面も垣間見える優秀な刑事。32歳。

■監物大二郎(鈴木浩介)…殺人捜査第一係の係長(キントリチームを敵視)
警視庁捜査一課の殺人捜査第一係長。部下の渡辺鉄次とコンビを組んでおり、周囲から「もつなべコンビ」と呼ばれる。徐々にキントリチームの実力を認めつつあるが、相変わらず自分たちが検挙した犯人を横取りしていく緊急事案対応取調班(通称・キントリ)に対して、敵意を抱いている。すぐ物に当たる、度量の小さい男。徐々にキントリ・チームの実力を認めつつあるが、相変わらず「俺たちはパシリじゃねぇ」が口癖。43歳。


居酒屋 しんじ🍶
緊急事案対応取調班(通称・キントリ)のメンバーが仕事終わりによく訪れる居酒屋

かやの (中村 静香)
居酒屋『しんじ』の店主。夫・しんじと二人三脚で店を切り盛りしている。

しんじ(生島 勇輝)
居酒屋『しんじ』の店主。妻・かやのと二人三脚で店を切り盛りしている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
天海祐希が真実を追い求めるプロの取調官を演じる連続ドラマの第2弾! 
天海祐希が主演を務める人気シリーズの刑事ドラマの連ドラ第2弾。2014年に連続ドラマ第1弾が、2015年9月にはスペシャルドラマが放送された。同作は、可視化設備の整った特別取調室で厄介な被疑者を取り調べる警視庁の専門チーム「緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)の活躍を描く。

天海演じる真壁有希子らキントリの刑事たちが、一筋縄ではいかない被疑者と緊迫の心理戦を繰り広げる。今回のテーマは“普通の人間が一番怖い”。人生を積み重ねる中で、超えてはいけない一線を越えてしまった人々。時にゾッとさせ、時にやるせなさや悲しさを感じさせる彼らの闇を、真壁らが暴いていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
ドラマ【緊急取調室】事前チェック事項
----------------------------------------------------------------------------------------
天海祐希演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーとともに、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる『緊急取調室』。天海をはじめとする実力派俳優たちの魂のこもった演技で、大きな話題を呼びました。さらに2015年9月27日には、スペシャルドラマとして復活! “スリリングかつ爽快感あふれる世界観”をよりパワーアップさせ、多くの視聴者をとりこにしました。

その『緊急取調室』が、取り調べの録音録画(可視化)を義務付ける「刑事司法改革関連法案」の可決(2016年5月)を経た今春、連ドラ第2弾として再復活! 豪華キャスト陣がた固い団結力を発揮しながら、“密室の銃撃戦”ともいうべき緊迫の取り調べ劇を展開します。第2シーズンのテーマは、「普通の人間が一番怖い」。人生を積み重ねる中で、超えてはいけない一線を越えてしまった普通の人々――彼らの時にゾッとさせ、時にやるせなさや悲しさを感じさせる“裏の顔”を、天海らがマル裸にしていきます!

天海祐希率いる無敵の取り調べチームが、今度は“普通の人間”の闇を暴く!
Arika注目1h2014年にシーズン1が放送され、2015年にスペシャルドラマに、そして2017年春ドラマで再び連ドラに。簡単な情報しかない第2シーズンですが、『普通の人間の闇を暴く、普通の人間が一番怖い。越えてはいけない一線を超えてしまった普通の人』ということなので、ここは素直に「事件を起こすように見えない人が、実は残忍な事件の犯人だった。ということになるのでしょうね。日常でもそのような犯罪者はたくさんいます。テレビでは”近所の人”が「いい人でしたよ。挨拶もするし、勉強もよくできてたし」なんて言うコメントをしています。「仕事の事で口喧嘩をした」「犬の声がうるさい」「浮気をした」「人を殺してみたかった」etc.。こんな闇に陥る人が、どうしてそうなってしまったのかという、そのあたりの心理を解明してくれることを期待しちゃいます。

主人公・有希子を演じる天海は、連ドラ第1弾のときに役のイメージに合わせ、長い髪を約20cmもカット。直線的でマニッシュな黒髪ショートボブと、硬軟併せ持つ巧みな演技で、真実を追い求める正義の取調官・有希子像を確立しました。その後のスペシャルでは、終盤で被疑者に髪を切られるという物語の展開上、ロングヘアでの出演となりましたが、今回の第2シーズンでは長く美しい髪を25cm…と以前よりも大幅にカット。天海を含め、彼ら全員合わせて410歳(※2017年2月10日現在)! 豊富な人生経験と芝居経験を武器に一丸となって戦う彼らは、今回どんな戦法を繰り出し、どんな“一筋縄ではいかない被疑者”をマル裸にしていくのか…!? さらに加速する、息もつかせぬ攻防戦から1秒たりとも目が離せません。(公式サイト

第2シーズンも田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、でんでん、大杉漣、小日向文世ら第1シーズンからおなじみの豪華メンバーが再集結!さらに、前回のスペシャルで初めて登場した現・警視庁刑事部部長を演じる大倉孝二も続投!このドラマはゲストも注目で、前回のスペシャルドラマでは松下由樹さんと斉藤由貴さんの「Wユキ」をゲストに迎え、話題となりました。主演・天海を中心に固い団結力をいかんなく発揮しながら、“密室の銃撃戦”ともいうべき緊迫の取り調べ劇を展開し、今回も毎話超豪華ゲストと心理戦を繰り広げてくれることでしょう。第1シーズンの視聴率は、最低11.2%〜最高16.1%、平均視聴率12.9%でした。スペシャルドラマは14.6%。この時間帯は、裏番組にドラマ枠はなく、ニュースとバラエティのみ、そこからすると、前回くらいの視聴率には届きそうな気がします。


関連記事