FC2ブログ
2019 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 10

カテゴリ:・2014夏期ドラマ紹介 の記事リスト(エントリー順)

kage

| | 古い記事一覧へ ≫

2014年夏、月曜ドラマ『HERO』

kage

2014/09/22 (Mon)

2014年7月14日スタート フジテレビ系毎週月曜午後9:00~午後9:54
 HERO



時代は変わった。この男はどうだ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■『HERO』スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:福田靖/演出:鈴木雅之/演出:平野眞/演出:金井紘/プロデューサー:渡辺恒也
----------------------------------------------------------------------------------------
■『HERO』キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
•久利生公平(木村拓哉)
東京地検城西支部の検事。現場主義で“お出掛け”好き。通販グッズに詳しい。札幌、山口などの地方勤務を経て、城西支部への配属はこれが三度目。ラフな格好で型破りな捜査を行う異端児だが、正義感は誰よりも強い。

•麻木千佳(北川景子)
東京地検城西支部で最も人望の厚い若手事務官。仕事熱心で才色兼備だが、言葉遣いは荒くなることも。久利生の担当事務官となり、彼の“お出掛け”にペースを乱される。

•田村雅史(杉本哲太)
東京地検城西支部の検事。出世のために結婚するような上昇志向の強い性格で、牛丸豊の娘と結婚した。露骨に上を意識した発言が特徴。5年前までいた特捜部に未練がある。

•宇野大介(濱田岳)
東京地検城西支部の新人検事。千佳に思いを寄せる。将来を期待されるルーキーだが弱気な性格のため、城西支部のイジられキャラとなる。

•井戸秀二(正名僕蔵)
馬場の担当事務官。城西支部の守衛から事務官へと転身した異例の経歴の持ち主。幸せな結婚生活を送っており、一人身の馬場に容赦なく仕事を振られる。

•馬場礼子(吉田羊)
東京地検城西支部の検事。42歳、バツイチで気性が激しい。同僚の田村とは何らかの因縁があり、ことごとく反目する。愛妻家の井戸を妬み、容赦なく仕事を振る。

•川尻健三郎(松重豊)
東京地検城西支部の部長。次席検事に昇格した牛丸の後任。奔放な久利生に頭を悩ませる。

•遠藤賢司(八嶋智人)
田村の担当事務官。検察内部の情報に詳しく目立ちたがり。未だに独身で、合コンが大好き。城西支部の面々に小気味よいツッコミを随所に入れる。

•末次隆之(小日向文世)
宇野の担当事務官。経験豊富なベテランだが、とぼけた性格であまり尊敬はされていない。趣味は社交ダンスで、身体中に湿布を貼りながら続けている。

•牛丸豊(角野卓造)
元城西支部部長で現在は次席検事。かつてより久利生との関係は遠くなったが、陰ながら彼を支える存在。強いものに巻かれる体質で、気が小さい。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
木村拓哉主演の「HERO」が復活! 新ヒロインは北川景子!
2001年に放送され、平均視聴率30%超えを記録した連続ドラマ「HERO」の新シリーズが月9に登場。木村拓哉の代表作として親しまれ、スペシャルドラマや映画化もされたヒット作が、フジテレビの開局55周年に合わせて復活を果たす。木村演じる型破りな熱血検事・久利生公平はさらにパワーアップし、個性豊かな東京地検城西支部のメンバーと、マイペースながらも着実に事件を解決していく。今回、新たにヒロインを務めるのは北川景子。久利生に振り回されながらも次第に成長していく事務官・麻木千佳を演じるほか、新たな城西支部に勤める検事として杉本哲太、濱田岳、吉田羊、松重豊らが顔をそろえる。


スポンサーサイト



2014年夏、月曜ドラマ『ペテロの葬列』

kage

2014/09/15 (Mon)

2014年7月7日スタート TBS系毎週月曜午後8:00~午後8:54
ペテロの葬列



」が生まれた瞬間―――

それは30年の時を経て、
日本中を巻き込む巨大犯罪となった

」は伝染する。


----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:宮部みゆき「ペテロの葬列」(集英社)/脚本:神山由美子/演出:金子文紀/プロデューサー:鈴木早苗/プロデューサー:橘康仁
主題歌:近藤晃央「心情呼吸」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
杉村三郎(小泉孝太郎)
今多コンツェルン社内報「あおぞら」の編集員。困っている人を放っておけない、お人好しな性格が事件を呼び込む。過去にも鋭い洞察力で、数々の事件を解決してきた。妻と娘を愛するよき父親。

間野京子(長谷川京子)
広報誌「あおぞら」編集員。杉村の妻・菜穂子の紹介で入社した元エステティシャン。子供と二人暮らしのシングルマザー。時間の融通が利くために転職。

杉村菜穂子(国仲涼子)
杉村の妻。今多コンツェルン総帥の嘉親の妾の子として生まれた。高校生の時に母が亡くなり、父に大切に育てられた箱入り娘。世間とずれた金銭感覚を持つが優しい女性。
----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
ベストセラー作家・宮部みゆきの人気小説を原作に、俳優の小泉孝太郎がサラリーマン探偵・杉村三郎を演じる連続ドラマ「ぺテロの葬列」。2013年7月期に放送された連続ドラマ「名もなき毒」に続き、映像化第2弾となる同作品は、巨大企業グループの広報室で社内報の編集をする平凡なサラリーマンの杉村が、会長を務める義父の依頼で様々な事件に巻き込まれるミステリー。

主人公は自身が巻き込まれたバスジャック事件に伴う複数の謎を調べていくうちに、昭和に起きたある有名な大事件にたどり着く。日本という国、人間の本質に潜む闇と向き合うことになった主人公は本作で人生の転機が訪れる。本作は過去に罪を犯したが後に悔い改めた者の象徴として聖ペテロがフィーチャーされ、1660年にレンブラントによって描かれた絵画「聖ペテロの否認(英語版)」が作中の要素として登場する。

ペテロとは?

ちょっと風変わりなタイトルが付けられた『ペテロの葬列』ですが、この「ペテロ」とは、イエス・キリストの第一の弟子だった人物です。

12名の使徒(=弟子)の中でも最も熱心なキリストの信者であったペテロですが、あの「最後の晩餐」の後、「あなたは鶏が鳴く前に3度、私を知らないというだろう」とキリストに予言されます。

それから程なく、キリストは役人に連行されて囚われの身となります。そして、その審問の様子をペテロが覗き伺っていると、周りから「お前はキリストの弟子ではないか?」と問われますが、「違う」と答えます。ペテロはその質問を3度、受けますが、全てに「違う」と答え、3度目に否定したときに鶏が鳴きました。その声を聞いたペテロは、キリストの予言を思い出し、泣き崩れたといいます。

そして、番組の第1話の冒頭で杉村たちが見ていた絵画が、ペテロのことを描いた『聖ペテロの否認』というもの。17世紀の画家・レンブラント・ファン・レインの晩年の作品です。

自分の弱さを知ったペテロは悔い改め、その後、ローマでキリストの教えを広めようと、熱心に布教を続けました。しかし、時の皇帝・ネロから処刑宣告を受けると、自らの希望により“逆さ十字架”にかけられて殉教しました。

その行いから、このドラマでは“悔い改めた者”の象徴としてペテロをフィーチャーしていますか、それがこの物語の誰を暗示しているのか、それに続く”葬列”とは何のことなのか、それを想像しながら、ドラマの方も見て頂ければと思います。



小泉孝太郎主演の異色のサラリーマン探偵・杉村三郎シリーズ映像化第2弾!

ベストセラー作家・宮部みゆきの人気小説を原作に、俳優の小泉孝太郎がサラリーマン探偵・杉村三郎を演じる連続ドラマ「ぺテロの葬列」。2013年7月期に放送された連続ドラマ「名もなき毒」に続き、映像化第2弾となる同作品は、巨大企業グループの広報室で社内報の編集をする平凡なサラリーマンの杉村が、会長を務める義父の依頼で様々な事件に巻き込まれるミステリー。バスジャック事件をきっかけに、30年前の巨大詐欺事件に巻き込まれ、うそが招いた悪意が伝染していく人間模様が描かれていきます。

ちなみに原作とドラマの違和感が、ほんとありません。

主人公の杉村三郎を演じる小泉孝太郎さんは、宮部みゆきさんのイメージ通りだとか…。

2014年夏、火曜ドラマ『聖女』

kage

2014/08/19 (Tue)

2014年8月19日スタート NHK総合 毎週火曜午後10:00~午後10:50
 聖女

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:大森美香/演出:日比野朗/演出:水村秀雄/制作統括:後藤高久/制作統括:志村彰
主題歌:JUJU「ラストシーン」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
緒沢まりあ(肘井基子)(広末涼子)
緒沢まりあを名乗る連続詐欺・殺人事件の容疑者。本名は肘井基子。晴樹が高校生の時に家庭教師をしていたが、突然姿を消す。偽名を使い、交際していた複数の男性が謎の死を遂げた事件で拘置所に収容される。

中村晴樹(永山絢斗)
弁護士。連続殺人事件の容疑者・肘井基子が、かつて突然姿を消した初恋の人・まりあだと知り、弁護を引き受ける。婚約者がいるが、裁判を担当するうちに昔の想いを再燃させてしまう。

本宮泉美(蓮佛美沙子)
晴樹の婚約者。看護師。看護を担当する患者がまりあによって意識不明に陥っていると知り、複雑な思いを抱える。

中村克樹(青柳翔)
晴樹の兄。かつてはエリート東大生だったが、弟に引け目を感じ、実家に引きこもる。まりあに有利に進んでいた裁判に意外な形で関わりはじめる。

黒坂京子(田畑智子)
前原総合弁護士事務所のエース弁護士。基子に疑いの目を向けながらも、晴樹と共に弁護を担当する。

前原光郎(岸部一徳)
前原総合弁護士事務所の所長。世間を騒がす連続殺人事件の弁護を買って出て、まりあと晴樹の関係を知りながら、晴樹に弁護を担当させる。
----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
初の悪女役に挑む広末涼子主演の禁断ラブ・サスペンス!
女優・広末涼子主演による8月19日スタートの連続ドラマ「聖女」。連続殺人事件の容疑者・緒沢まりあ(広末)と、その教え子で事件を担当する弁護士・中村晴樹(永山絢斗)の禁断の愛を描く。金を得るために、名前や経歴を偽って男性と交際を重ねてきた美女の心に潜む闇と、偽りの人生の中で気付いてしまった究極の愛と悲劇を、ドラマ「ランチの女王」、映画「デトロイト・メタル・シティ」などを手掛け、女性からの支持が厚い大森美香のオリジナル脚本で描くラブ・サスペンス。広末が「聖女」と「悪女」の二面性のある役柄、大胆なラブシーンに挑み、新境地を開拓する。





2014年夏、日曜日『プレミアムドラマ「そこをなんとか2」』

kage

2014/08/03 (Sun)

2014年8月3日スタート NHK BSプレミアム毎週日曜午後10:00~午後10:50
 プレミアムドラマ「そこをなんとか2」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:今井雅子/脚本:横田理恵/演出:片岡敬司/演出:一色隆司/プロデューサー:吉永証/プロデューサー:後藤高久
主題歌:プリシラ・アーン「ベスト・アイ・キャン」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
改世楽子(本仮屋ユイカ)
菅原耕太郎法律事務所に所属する、キャリア3年目の弁護士。貧乏生活脱出のために、キャバクラで働きながら弁護士になった異色の経歴を持つ。お金にならない事件にも情熱を注ぎ、全力で弁護にあたる。

東海林弘明(市川猿之助)
楽子が慕い、頼っている弁護士の先輩。所属していた菅原耕太郎法律事務所を離れてしまう。

西別府徹也(井上芳雄)
菅原耕太郎法律事務所にやって来たイケメンの敏腕弁護士。よからぬ噂や秘密を抱えている。

中道志織(井上和香)
バリバリと仕事をこなすやり手弁護士だが、恋愛に関しては不器用。かつては、東海林と付き合っていた。

菅原耕太郎(大友康平)
楽子の奮闘を見守る菅原耕太郎法律事務所の所長。情に厚く、困った人を放っておけない

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
本仮屋ユイカが再び熱血新人弁護士役に挑むシリーズ第2弾!
2012年秋に放送されたドラマ「そこをなんとか」の続編。本仮屋ユイカが、キャバクラで働きながら司法試験を突破した経歴を持つ弁護士を熱演。依頼者に感情移入し、お金にならない仕事にも本気で挑みながら、成長していく姿を描く。原作は、麻生みことの同名漫画。情にもろい熱血系ヒロインを、前作に引き続き本仮屋が演じるほか、市川猿之助、MEGUMI、大友康平らが続投する。さらに今作から、イケメンの敏腕弁護士役で井上芳雄が加わる。


2014年夏、日曜日『おやじの背中』

kage

2014/07/27 (Sun)

2014年7月13日スタート TBS系毎週日曜午後9:00~午後9:54
 おやじの背中

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:池端俊策/脚本:井上由美子/脚本:岡田惠和/脚本:鎌田敏夫/脚本:木皿泉/脚本:倉本聰/脚本:坂元裕二/脚本:橋部敦子/脚本:三谷幸喜/脚本:山田太一

----------------------------------------------------------------------------------------
■第一話 圭さんと瞳子さん    
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:岡田惠和
演出: 山室大輔 /プロデュース: 八木康夫

樋口圭太郎(田村正和)
一点ものの照明器具などを扱う小さな照明店を経営している。瞳子が小学生のとき妻を亡くしてからは、男手一つで娘を育ててきた。瞳子とは 「圭さん」 「瞳子さん」 と呼び合い、寄り添うように生きてきた。瞳子との二人暮らしを嬉しく思いつつも、彼女の将来を考えるとこのままではいけないとも考えている。

樋口瞳子(松たか子)
圭太郎の一人娘。小さな出版社で経理をしている。料理の腕は確かで、圭太郎のお弁当を作るのが日課。結婚には全く興味がなく、圭太郎と穏やかに暮らす今の生活に満足している。心にある問題を抱えている。

奥住(バカリズム)
瞳子の同僚。最近離婚し、結婚前から惹かれていた瞳子に改めて求婚するが…。

川崎悦子(キムラ緑子)
圭太郎が急病で運び込まれた病院の看護師。

茂原吾一(角野卓造)
圭太郎の店で働く唯一の従業員。圭太郎のよき話し相手にもなっている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第2話 ウエディング・マッチ
----------------------------------------------------------------------------------------
脚 本: 坂元裕二
演 出: 鶴橋康夫/ プロデュース: 八木康夫、真木 明

青木草輔(役所広司)
元プロボクサー。リングネームは 「パンタロン青木」。現在はボクシングジムを経営しつつ、娘の誠をオリンピックにいかせることに全力を注いでいる。若い彼女・亜利沙の存在は誠には秘密にしている。

青木誠(満島ひかり)
父・草輔の指導の下、オリンピック出場を目指している。青春も女の子の楽しみも捨て、父と二人三脚で全てをボクシングに捧げてきた。

高城亜利沙(山本美月)
外見・内面ともに女子力が高い草輔の彼女。

佐知子(浅田美代子)
誠の母親。別居後も誠のことが気がかりで、ボクシングを辞めることを願っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第3話 なごり雪
----------------------------------------------------------------------------------------
脚 本: 倉本 聰
ナレーション:徳光和夫/ 演 出: 石橋 冠/ プロデュース: 八木康夫

金次郎(西田敏行)
勲章受章者が配る受章記念のメダルなどを金属加工する「イズキン」を一代で築き上げる。最近老化が顕著に表われ始め、自慢だった聴力も衰えるようになり老人性難聴が進行する。
  
武田 エリ(木村多江)・・・・小泉家長女。
小泉 金一(光石 研)・・・小泉家長男。「イズキン」専務。
竹中 玲子(市川実日子)・・・「イズキン」社員。
小泉 歌子(中島ひろ子)・・・金一の妻。
武田 一平(梨本謙次郎)・・・エリの夫。「イズキン」役員。
小泉 夕子(MEGUMI)・・・小泉家次女。
小泉 しのぶ(広瀬すず)・・・金一と歌子の娘。
村田 修 (中西良太)…「イズキン」社員。
南 寛 (大杉漣)・・・金次郎と同郷の映像作家。
向田 春彦 (田山涼)・・・成金次郎と同郷の耳鼻科医。
加納 茂吉(織本順吉)・・・「イズキン」第二製作所作業員。金次郎が妻に贈る白綬褒章を製作する。
小泉 秋子(由紀さおり)…金次郎の妻。
大塚 喜平(小林稔)・・・侍金次郎と同郷の元警視庁刑事部捜査官。

ナレーション - 徳光和夫

----------------------------------------------------------------------------------------
■第4話 母の秘密
----------------------------------------------------------------------------------------
脚 本: 鎌田敏夫

賢三 (渡瀬恒彦)
慎介 (中村勘九郎)
  *
妻・加奈子 (ともさかりえ)
神野三鈴

演 出: 山室大輔

----------------------------------------------------------------------------------------
■第5話 ブドウ
----------------------------------------------------------------------------------------
脚 本: 木皿 泉

婦人警官・丸井三冬 (堀北真希)
父・正 (遠藤憲一)
  *
三冬の幼なじみ・勝 (溝端淳平)
谷村美月
   *
薬師丸ひろ子

演 出: 北川雅一

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
豪華な脚本陣と俳優陣でおくる、単発ドラマを連続して放送!
10人の脚本家と10組の俳優でおくる連続した単発ドラマ・日曜劇場「おやじの背中」。脚本家の池端俊策、井上由美子、岡田惠和、鎌田敏夫、木皿泉、倉本聰、坂元裕二、橋部敦子、三谷幸喜、山田太一が、父と子供をテーマにした対立や邂逅などを1話完結のストーリーで描く。俳優の大泉洋、田村正和、西田敏行、役所広司、満島ひかり、渡瀬恒彦、中村勘九郎らが出演する。全話をプロデュースするのは、ドラマ「オヤジぃ」「パパはニュースキャスター」「カミさんの悪口」など、数々のホームドラマを手掛けた八木康夫。1956年にスタートし、ドラマ「半沢直樹」などヒット作を送り出した同枠で、単発ドラマが連続して放送されるのは、1993年の「おんなの家」以来、約21年ぶりとなる。

2014年夏、日曜日『連続ドラマW 東野圭吾「変身」』

kage

2014/07/27 (Sun)

2014年7月27日スタート WOWOWプライム毎週日曜午後10:00~午後11:00
 連続ドラマW 東野圭吾「変身」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:東野圭吾「変身」(講談社文庫)/脚本:吉田紀子/脚本:田辺満/監督:永田琴
主題歌:高橋優「おやすみ」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
成瀬純一(神木隆之介)
産業機器のメーカーに勤務しているが、画家になる夢があり、作品作りに励む。画材店で出会った恵と恋人同士になり、日々幸せをかみしめる。両親は相次いで他界しており、恵と新しい家族を作ろうと考えていた矢先に事件に巻き込まれ、世界初の生体間脳移植手術を受ける。

葉村恵(二階堂ふみ)
画材店でアルバイトをしながらイラストレーターを目指す。店で純一と出会い、絵のモデルを引き受けるなどして親しくなり、恋人となる。事件を機に豹変する純一に戸惑いながらも、彼を愛し続ける。

橘直子(臼田あさ美)
東和大学付属病院に勤務する医師。堂元の助手として純一の治療にあたる。ある目的があり、退院後も純一と接点を持とうとする。

京極瞬介(渡部豪太)
純一が巻き込まれた強盗事件の犯人。音楽家志望の真面目な青年から一変、犯行に至った悲しい過去が明らかとなる。

光国隆康(戸次重幸)
東和大学付属病院に勤務する分析医。手術後の純一の深層心理を解析し、脳内の異常を突き止めようとする。

牧村一身(マキタスポーツ)
画材店の店主。アルバイトとして雇った恵と純一のことを優しく見守る。

葛西三朗(中尾明慶)
純一の会社の同僚。彼の数少ない友人の一人で、脳移植を経て変貌していく純一の行く末を案じる。

若生健一(東根作寿英)
東和大学付属病院に勤務する医師。出世欲が強く、堂元から重用されないことに不満を抱く。

京極亮子(本田翼)
瞬介の双子の妹。瞬介との絆は深い。純一と出会った瞬間にシンパシーを感じる。

葉村春彦(松重豊)
恵の父。娘の上京には反対しており、故郷で仏具店を経営している。ぶっきらぼうだが、娘を愛している。

倉田謙三(村上淳)
築地中央警察署刑事課の刑事。強盗事件で瞬介の書類を処理をしているうちに、事件裏にある陰謀に気づく。

堂元博(伊武雅刀)
東和大学付属病院脳神経外科教授。純一の脳移植手術を執刀した。日本の医学の発展に貢献しているが、その功績は資金源の組織によって伏せられており、いら立ちを募らせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
神木隆之介&二階堂ふみで東野圭吾原作の医療サスペンスをドラマ化
2005年に映画化もされた東野圭吾の医療サスペンスをドラマ化。強盗事件に巻き込まれ生命の危機に瀕した青年が、脳移植によって別人格となる姿を描く。医学倫理のあり方を問いながらも、志半ばで夢をもぎ取られた若者たちの苦悩と恋模様がドラマチックに繰り広げられる。監督は、連続ドラマW 東野圭吾「分身」を手掛けた永田琴が担当。大河ドラマ「平清盛」や、「桐島、部活やめるってよ」など、ドラマ、映画などに幅広い活躍をみせる神木隆之介が主演を務めるほか、ヒロイン役には二階堂ふみをキャスティング。若手演技派との呼び声が高い2人の演技に注目したい。


2014年夏、土曜ドラマ『魔法★男子チェリーズ』

kage

2014/07/27 (Sun)

2014年6月21日スタート テレビ東京ほか毎週土曜深夜2:10~深夜2:35
 魔法★男子チェリーズ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:正岡謙一郎/脚本:土城温美/監督:山本清史/プロデューサー:松澤潤/プロデューサー:伊藤仁吾
主題歌:A.B.C‐Z「僕らのこたえ~Here We Go~」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
堂神哲(橋本良亮)
高校2年生。ルックスはいいが奥手で、女子との交際経験はない。幼なじみのカスミに片思い中。17歳の誕生日に「触角魔法」に目覚め、1年前に失踪した兄の思いをかなえるために正義の味方として奔走する。

伊達勉(戸塚祥太)
25歳で誰からも好かれるまじめな幼稚園の先生。「視覚魔法」が使える。女性経験はなく、生涯愛せる女性に童貞を捧げる日を夢見ている。中学生のころから意中の女性がいる。

伝法寺亨(河合郁人)
25歳の元暴走族総長。現在はラーメン店を営む。「味覚魔法」を操る。根っからの硬派で、唯一の肉親である妹をこの上なく愛している。

出門毅(五関晃一)
就職浪人中の25歳。「嗅覚魔法」の使い手。無口で内向的な性格で、漫画やアニメなどに登場する2次元のキャラクターしか愛することができないオタクで、生身の女性には興味がなく、いまだ童貞。

大門寺司(塚田僚一)
人懐っこい性格で話術に長け、地元では指折りのホストとして知られている。女性の心を癒やし、何でも聞き出す情報通だが、25歳にして童貞。「聴覚魔法」が使える。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
A.B.C‐Zが連続ドラマ初主演! 童貞パワーで平和を守るヒーローに変身
A.B.C‐Zが主演を務めるアクションコメディー。A.B.C‐Zは2008年に結成され、今年CDデビューしたばかりの5人組男性アイドルグループで、本作が連続ドラマデビュー作となる。彼らが演じるのは、童貞を貫いたことで魔法の力を得たヒーロー「魔法★男子チェリーズ」。普段は学生や社会人として平凡な毎日をおくる彼らが、通り魔や放火事件などの緊急事態に集結、ヒーローに変身して悪と戦う姿を描く。A.B.C‐Zが得意とするアクロバティックなダンスを活かしたアクションシーンは、見ごたえ十分。童貞でなくなると魔法が使えなくなるため、彼らの悩ましい恋模様にも注目だ。


2014年夏、土曜ドラマ『近キョリ恋愛~Season Zero~』

kage

2014/07/27 (Sun)

2014年7月19日スタート 日本テレビほか毎週土曜深夜0:50~深夜1:20
近キョリ恋愛~Season Zero~



----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:みきもと凜「近キョリ恋愛」(講談社「別冊フレンド」)/脚本:松田裕子/監督:河合勇人/監督:中茎強/プロデューサー:植野浩之/プロデューサー:渡邉浩仁/制作:福士睦
主題歌:サカナクション「蓮の花」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
櫻井ハルカ(阿部顕嵐)
勉強もスポーツもそつなくこなす高校生。誰にでも優しい反面、人を寄せ付けないバリアもある。5年前の父の自殺で深く心が傷ついており、身近な人を失うことが恐い。

滝沢美麗(石橋杏奈)
しっかり者の学級委員タイプ。サバサバした性格だが、実は優秀な兄を溺愛する母親から認めてもらえないことにコンプレックスを抱いており、無意識に人の顔色を窺ってしまう。凛々子が現れ、ハルカへの自分の気持ちに気付いていく。

鮎川奏多(岸優太)
いつも皆を笑わせているお調子者。怒ることがあまりなく、小学生時代はいじめられていたが、ハルカと美麗に助けられた。密かに美麗を思い続けている。

高塔凛々子(足立梨花)
ハルカの母親の再婚相手の娘で、美大生。アメリカ留学を終えて帰国し、ハルカと一つ屋根の下で暮らし始める。寂しがり屋なため一人でいるのが大嫌いで、異性を勘違いさせる小悪魔的魅力を持っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
映画「近キョリ恋愛」のスピンオフドラマにジャニーズJr.阿部顕嵐が初主演!
山下智久主演映画「近キョリ恋愛」(10月11日公開)のスピンオフドラマ。映画で山下が演じる教師・櫻井ハルカの高校時代をつづる青春ドラマで、ドラマ初主演となるジャニーズJr.の阿部顕嵐が、高校時代のハルカに扮する。今回のドラマ版は完全オリジナルストーリー。大ヒットドラマ「花咲舞が黙ってない」、「ごくせん」などを手がけた松田裕子が脚本を務める。櫻井ハルカ、滝沢美麗(石橋杏奈)、鮎川奏多(岸優太)の仲良し3人組に、海外から帰ってきたハルカの血のつながらない姉・高塔凛々子(足立梨花)が加わったことで始まる、恋と青春の行方を追う。


2014年夏、金曜ドラマ『芙蓉の人 ~富士山頂の妻』

kage

2014/07/26 (Sat)

2014年7月26日スタート NHK総合毎週土曜午後9:00~午後10:00
 芙蓉の人 ~富士山頂の妻

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:金子ありさ/演出:清水一彦/演出:土井祥平/制作統括:小松昌代/制作統括:谷口卓敬
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
•野中千代子(松下奈緒)
到の妻。娘・園子と同じ年の夫の妹・琴子の育児のほか、家事をこなす貞淑な妻。気象学の向上に使命を燃やす夫と共に、厳冬期の富士山観測に挑む。

野中到(佐藤隆太)
千代子の夫。日本初の冬季単独富士山登頂を成功させた民間気象学者。使命感から死を覚悟してまで、富士山頂で越冬する気象観測を成し遂げようと計画を進める。

野中清(三浦貴大)
到の弟。兄夫婦の心優しき理解者。到の計画に賛同し、富士山頂での気象観測計画に参加する。

野中とみ子(余貴美子)
到の母。到と共に富士山観測に向かおうとする千代子に猛反対する。姉の娘でもある嫁の千代子に厳しく当たるが、実は身を案じている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
家族のために生きた明治の女性を松下奈緒が熱演
“芙蓉峰”と呼ばれる富士山を舞台に、厳冬期の富士山観測に挑んだ民間の気象学者と、その妻を描いた「芙蓉の人 ~富士山頂の妻」。日本の発展のために、過酷すぎる使命に命を懸けた夫と、その夫のためには死ぬことも恐れなかった妻の二人三脚の感動の物語を描く。直木賞作家の新田次郎が実話を基に執筆した小説「芙蓉の人」を原作に、脚本は映画「電車男」「ヘルタースケルター」を手掛けた金子ありさが担当する。NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」などで演じた貞淑な妻役に定評がある松下が、家族のために生きた明治の女性を熱演する。






2014年夏、土曜ドラマ紹介『水球ヤンキース』

kage

2014/07/26 (Sat)

2014年7月12日スタート フジテレビ系毎週土曜午後11:10~午後11:55
水球ヤンキース



水球ってなんだ?

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:徳永友一/脚本:麻倉圭司/演出:宮木正悟/演出:品田俊介/プロデューサー:藤野良太
主題歌:Hey! Say! JUMP「明日へのYELL」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
稲葉尚弥(中島裕翔)
男気あふれる硬派なヤンキーに憧れる高校3年生の帰国子女。地元でも有数の“おバカ”たちが通う霞野工業高校に転入し、「なんでもアリの水中の格闘技」と言われる水球に出合う。上昇志向のないマイルドヤンキーたちと衝突する。

三船龍二(山﨑賢人)
霞野工業高校のマイルドヤンキーのリーダー格で水球経験者。尚弥に勝手に「カス高の番長」と思い込まれ、タイマンを申し込まれるなど振り回される。将来を嘱望される水球の選手だったが、ある理由で水球を辞めた。

北島虎雄(髙木雄也)
水球の強豪校・水蘭高校で、水球部のキャプテンを務める。尚弥のライバルであり、中学時代は龍二と同じ水球部に所属していた。

岩崎渚(大原櫻子)
尚弥が居候している家の娘。水蘭高校で女子水球部のマネージャーをしている。幼なじみの龍二に思いを寄せる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
Hey! Say! JUMPの中島裕翔が単独初主演ドラマで水球に挑戦!
「水中の格闘技」と呼ばれる“水球”をモチーフとした青春群像ストーリー。ヤンキー漫画に憧れ、男気あふれる硬派な青年となった主人公が、転校先の高校で上昇志向のない“マイルドヤンキー”たちと衝突しつつも、ともに水球に青春を捧げる姿を描く。主人公・稲葉尚弥を演じるのは、連続ドラマ単独初主演となる中島裕翔(Hey! Say! JUMP)。水球の元選手でマイルドヤンキーのリーダーを山﨑賢人、水球強豪校のキャプテンを髙木雄也(Hey! Say! JUMP)が演じる。


2014年夏、土曜ドラマ『金田一少年の事件簿N(neo)』

kage

2014/07/26 (Sat)

2014年7月19日スタート 日本テレビ系毎週土曜午後9:00~午後9:54
金田一少年の事件簿N(neo)


「今年の夏は、事件が多い。」。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:天樹征丸・さとうふみや「金田一少年の事件簿」(講談社)/脚本:高橋悠也/演出:木村ひさし/演出:狩山俊輔/プロデューサー:神蔵克/プロデューサー:櫨山裕子/プロデューサー:萩野哲弘/プロデューサー:内山雅博
主題歌:Hey! Say! JUMP「ウィークエンダー」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
金田一一(山田涼介)
ミステリー研究部、通称“ミス研”に所属する不動高校2年生。「ジッチャンの名にかけて」の決めぜりふと共に、どんな謎でも解き明かす。

七瀬美雪(川口春奈)
一の幼なじみで、不動高校の同級生。何かと一の世話を焼き、好意も抱いているが、彼の前では素直になることができない。

佐木竜二(有岡大貴)
不動高校の1年生。ビデオカメラが大好きで、いつも撮影しており、それが事件解決の手掛かりになることも。一と美雪の恋が成就するよう応援している。

真壁 誠(浅利陽介)
不動高校3年生。ミステリー研究部部長。オカルト好き。

剣持勇(山口智充)
警視庁捜査一課の警部。捜査能力はいまいちだが、一のよき理解者で、何かと支えになってくれる。

畠山 高徳(宮下純一)
警視庁刑事部刑事で剣持の部下。原作の『銀幕の殺人鬼』に登場した無名の刑事を掘り起こしたキャラ。剣持とは違い、一に対しては懐疑的。連続ドラマ「N(neo)」より登場。


------【追加】★第1話 7/19放送「銀幕の殺人鬼」事件解決後に移籍-------

黒河 美穂(岡本あずさ)
元・映画研究部2年生で女優。→1話の最後にミステリー研究部からの移籍組。

辻 隼人(萩原利久)
元映画研究部1年生で雑用係。→1話の最後にミステリー研究部からの移籍組。

星野 かなえ(小島あやめ)
元映画研究部1年生で雑用係。→1話の最後にミステリー研究部からの移籍組。


----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
「金田一少年の事件簿」が13年ぶりに連ドラ復活! 一役は山田涼介が続投!
「週刊少年マガジン」に不定期で連載中の同名漫画を基にした人気ミステリーシリーズ「金田一少年の事件簿」が、約13年ぶりに連続ドラマとして復活。主人公の金田一一(はじめ)役は、これまで2度、スペシャルドラマで一を演じているアイドルグループ・Hay! Say! JUMPの山田涼介が務める。山田は同じジャニーズ事務所の先輩であるKinKi Kidsの堂本剛、嵐の松本潤、KAT‐TUNの亀梨和也に続く4代目。ヒロインの七瀬美雪を川口春奈、一の後輩・佐木竜二をHay! Say! JUMPの有岡大貴がそれぞれスペシャル版に続いて演じ、警視庁捜査一課の名物刑事・剣持警部には山口智充が扮する。

2014年夏、金曜ドラマ『アラサーちゃん 無修正』

kage

2014/07/26 (Sat)

2014年7月25日スタート テレビ東京ほか毎週金曜深夜0:52~深夜1:23
 アラサーちゃん 無修正

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:峰なゆか「アラサーちゃん 無修正」(扶桑社「週刊SPA!」)/脚本:新井友香/脚本:嶋田うれ葉/脚本:はしもとこうじ/脚本:八代丈寛/脚本:十時直子/監督:瀧悠輔/監督:武井陽介/監督:日暮謙/演出:工藤里紗/プロデューサー:工藤里紗/プロデューサー:山本晃久/プロデューサー:浅野由香
オープニング:ゲスの極み乙女。「猟奇的なキスを私にして」/エンディング:Giselle4「WONDER GIRL」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
アラサーちゃん(壇蜜)
30歳。モテるために努力し続ける巨乳女子。三十路に入り、自分の立場や周囲との関係について考えるようになった。興味のない男性にはモテるが、意中の男性には振り向いてもらえない。ノースリーブでハイネックのファッションがトレードマーク。

オラオラ君(川村陽介)
アラサーちゃんの元彼で、現在はセックスフレンド。イベント会社を経営しており、仕事は順調。さまざまな女性と関係を持つ典型的な“チャラ男”。32歳。

文系くん(忍成修吾)
出版社に勤めるメガネ男子。押しの弱い草食系タイプ。アラサーちゃんのことはスルーし、ゆるふわちゃんに憧れを抱く。32歳。

ゆるふわちゃん(みひろ)
アラサーちゃんの宿敵。女子力が高く、フェミニンなファッションが似合う。気に入った男を落とすためなら、ぶりっ子でも何でもする。34歳。

大衆くん(今野浩喜)
イケメンでも不細工でもない普通の28歳の男性。好きなフレーズが書かれたTシャツを着ているのが唯一の特徴。

非モテちゃん(川村エミコ)
全身をコム・デ・ギャルソンで固めている29歳の女性。ネガティブなオーラを放つ。もちろん処女。

ヤリリンちゃん(信川清順)
26歳のキャバクラ嬢。底抜けに明るく頭も股も緩めで、すぐに誰とでもセックスしてしまう。

サバサバちゃん(佐藤仁美)
30歳の派遣社員。自分のことをサバサバした女だと思っており、「男前!」とほめると喜ぶ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
壇蜜主演! アラサー世代の愛欲の世界を描くオトナのための恋愛解体新書ドラマ
元AV女優の漫画家・峰なゆか原作の4コマ漫画を基にした過激でエッチなラブコメディー。アラサー世代の恋愛とセックス事情を“地上波ギリギリ”の表現で描く。グラビアアイドルや女優としても活躍中の壇蜜が、連続ドラマ初主演を果たす。昨年、壇蜜は峰と対談する機会があり、「実写化の際は主演できるようお願いしていたので、実現してとても光栄」と出演を喜ぶ。また、「私は今年で34歳になるので、アラウンドサーティーと呼ばれる世代のうちにオファーをいただいたことが幸いでした。しっかりお勤めして恩返ししたい」と意欲を見せる。また、「アラサー男女の赤裸々で過激なシーンも多いので、お楽しみに」と作品をアピールしている。


2014年夏、金曜ドラマ『匿名探偵』

kage

2014/07/25 (Fri)

2014年7月4日スタート テレビ朝日系毎週金曜午後11:15~深夜0:15
 匿名探偵



----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:尾崎将也/脚本:高山直也/演出:秋山純/演出:小松隆志/演出:塚本連平/プロデューサー:黒田徹也/プロデューサー:池田邦晃/プロデューサー:遠田孝一/プロデューサー:神通勉
主題歌:EDGE of LIFE「Can't Stop」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
探偵(高橋克典)
氏名も年齢も不明の探偵。バーボンとジャズをこよなく愛し、同じ女とは二度と寝ないというポリシーを持っている。探偵業を生業にしているが、金のためにさまざまな案件を請け負う、いわばトラブルシューターで、基本的には女性からの依頼しか受けない。

冴島響子(片瀬那奈)
敏腕弁護士として活躍する傍ら、警察ではどうすることもできない案件を抱えた人物を探偵に紹介する“ツナギ”をしている。探偵の過去を知る唯一の人物で、何かと彼を気にかけている。金には非常に厳しく、独身。

バーテンダー(森次晃嗣)
探偵行きつけのBARのバーテンダー。無口で自分から話しかけることはない。

阿南幸一(田山涼成)
探偵の調査に絡んできては嫌味ばかり言うベテラン警察官。家のローンや子供の教育費で家計が苦しいらしく、探偵の儲けをしきりに気にしている。

長山逸朗(柴俊夫)
探偵事務所の1階にある理髪店の店主兼ビルのオーナー。かつてはやり手の探偵だったらしく、新しくビルにやってきた探偵を優しく見守り、時にアドバイスも与えていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
高橋克典扮する“匿名”探偵が、大人の街・恵比寿を舞台に再び奔走
高橋克典が氏名不詳の“匿名”探偵に扮して活躍する、ハードボイルかつチャーミングなミステリーの第2シリーズ。サブカルの街・阿佐ヶ谷から大人の街・恵比寿に拠点を移した探偵が、美女たちからの依頼を解決するため再び奔走する。今作では、らつ腕弁護士・冴島響子(片瀬那奈)、探偵が調査する事件に何かと絡んでくる警察官・阿南幸一(田山涼成)らおなじみの面々に加え、原幹恵演じるマッサージ嬢・香織、柴俊夫扮する元探偵の理髪店店主ら新キャラクターが登場。前作では明かされなかった“探偵がなぜ匿名なのか”という謎をシリーズを通して描きながら、大人の男女が織り成す人間模様をつづっていく。


2014年夏、金曜ドラマ『家族狩り』

kage

2014/07/25 (Fri)

2014年7月4日スタート TBS系毎週金曜午後10:00~午後10:54
 家族狩り




----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:天童荒太「家族狩り 第一部~第五部」(新潮文庫)/脚本:大石静/脚本:泉澤陽子/演出:坪井敏雄/演出:山本剛義/演出:伊藤雄介/プロデューサー:植田博樹/プロデューサー:長谷川晴彦
主題歌:androp「Shout」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
氷崎游子(松雪泰子)
東京都児童ケアセンターの児童心理司。アルツハイマー型認知症の父と、その介護に疲れた母と3人暮らし。事件を通じて、巣藤浚介と惹かれあっていく。

巣藤浚介(伊藤淳史)
桐明学院高校の美術教師。目的もなく教師を続け、交際相手の美歩の妊娠が分かっても家族を持つ気になれず堕胎することを望む。名前も知らない女子生徒にレイプ被害を告発される。

鈴木渓徳(北山宏光)
浚介の元教え子。学生時代は不良だったが、現在は電器設備工事の仕事をしている。

冬島綾女(水野美紀)
ヤクザの夫からDVを受けている女性。何かと面倒を見てくれる馬見原に愛情を抱く。

石倉真弓(篠田麻里子)
馬見原の娘。エリートだった兄が自殺してから、父を憎んでいる。少年院に入っていた過去があるが、現在は結婚して、夫と花屋を営む。

椎村栄作(平岡祐太)
警視庁捜査一課の刑事。馬見原の部下。父親が入院中で、出世を強く望んでいる。

清岡美歩(山口紗弥加)
桐明学院高校の国語教師。浚介の交際相手。子供を身ごもっている。

馬見原佐和子(秋山菜津子)
馬見原の妻。息子を自殺で亡くしたショックから神経を病んで入院している。

氷崎民子(浅田美代子)
游子の母。アルツハイマー型認知症を発症した夫の介護に疲れ、家事を放棄し、パチンコに依存している。

山賀葉子(財前直見)
青少年問題の電話ボランティア。真面目な性格で、問題を抱えている人たちの更生支援をしている。

馬見原光毅(遠藤憲一)
警視庁捜査一課の刑事。仕事のために家族を犠牲にし、家出した娘・真弓とは絶縁したまま。犯罪被害者には愛情を持って接する一面もあり、家族との関係に苦しんでいる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
家族の意味を問いかける天童荒太の問題作を松雪泰子の主演でドラマ化
直木賞作家・天童荒太の同名小説を原作とした、松雪泰子主演の連続ドラマ「家族狩り」。松雪は、「家族という形態の檻に縛られた人間たちが織りなす、悲しみ、狂気、ユーモアがバランスよく表現されています」と見どころをアピールする。同ドラマは、認知症の父とその介護に疲れた母を抱える児童心理司・氷崎游子(松雪泰子)、惰性で美術教師を続ける巣藤浚介(伊藤淳史)、警視庁捜査一課の刑事・馬見原光毅(遠藤憲一)の3人を中心に、自らの家庭と向き合いながら、ある一家心中事件から始まる不可解な事件に翻弄される姿を描く。脚本は、ドラマ「セカンドバージン」などを手掛けた大石静が担当する。

2014年夏、金曜ドラマ『ドラマ24「アオイホノオ」』

kage

2014/07/25 (Fri)

2014年7月18日スタート テレビ東京ほか毎週金曜深夜0:12~深夜0:52
 ドラマ24「アオイホノオ」



キャッチコピーは「勝ち負けじゃねえ、生き死にだ。」。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:島本和彦「アオイホノオ」(小学館)/脚本:福田雄一/監督:福田雄一/プロデューサー:山鹿達也
オープニング:ウルフルズ「あーだこーだそーだ!」/エンディング:柴咲コウ「蒼い星」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
焔モユル(柳楽優弥)
大阪芸術大学映像計画学科に通う18歳の芸大生。庵野、山賀、赤井らと切磋琢磨しながら学校生活を送る。出版社へ原稿の持ち込みをするなど漫画家を志す一方、アニメ業界にも興味を持っており、進むべき道を模索している。同じ大学の先輩・とんこに恋心を抱く。

森永とんこ(山本美月)
焔の先輩。バドミントン部のマネージャーをしている。スレンダーな身体と大阪弁が特徴。近視だが裸眼で生活をしており、人と会話する時の距離がやたらと近い。焔に、しばしば思わせぶりな態度をとる。

庵野ヒデアキ(安田顕)
焔の同級生。焔との実力の差は歴然で、人並み外れた作画能力がある。特に、メカや爆破シーンの作画が得意。後にSFアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を手がけ、その名を広く知られるように。

山賀ヒロユキ(ムロツヨシ)
庵野の影響でアニメ業界に興味を抱く。人の才能を見抜く力に長けている。そのプロデュース能力を生かし、若干24歳でSFアニメ「王立宇宙軍 オネアミスの翼」の監督となる。

赤井タカミ(中村倫也)
焔の同級生。芸大の課題を一緒に取り組んだことから、山賀や庵野と行動を共にすることになる。女の子の作画が得意。2次元の世界で女の子の育成を楽しむゲーム「プリンセスメーカー」を手がけ、大ヒットさせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
人気漫画「アオイホノオ」を基にした青春ドラマで柳楽優弥が連続ドラマ初主演!
島本和彦の自伝的漫画「アオイホノオ」をドラマ化。主人公は大学時代の島本がモデルとなっている。漫画家になることを志し芸大に進学した彼が、天才的な才能を持つ仲間たちと青春の日々を駆け抜ける姿を、軽快なタッチで描く。監督・脚本は「勇者ヨシヒコ」シリーズで知られる福田雄一が担当。地上波の連ドラは初主演となる柳楽優弥ほか、ムロツヨシら演技派キャストの熱演も見どころだ。柳楽は「今回初めて、熱血的かつユニークな役を演じさせていただくことになりました。福田ワールドに入れることが楽しみです」と意欲十分。「皆さんに楽しんでいただけるよう、撮影期間中、笑倒して挑みます」とはりきっている。


2014年夏、金曜ドラマ『金曜8時のドラマ「ラスト・ドクター ~監察医アキタの検死報告~」』

kage

2014/07/25 (Fri)

2014年7月11日スタート テレビ東京系毎週金曜午後7:58~午後8:54
 金曜8時のドラマ「ラスト・ドクター ~監察医アキタの検死報告~」



キャッチコピーは、「死人に口なし。なんて、ない」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:尾崎将也/脚本:武田有起/監督:水谷俊之/監督:藤尾隆/監督:金澤友也/プロデューサー:岡部紳二/プロデューサー:中川順平/プロデューサー:阿部真士/プロデューサー:黒沢淳
主題歌:桐嶋ノドカ「Wahの歌」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
秋田晋也(寺脇康文)
監察医務院に勤務する監察医。人命を救うよりも死者と向き合うことに興味を抱いている。本音を口にすることはなく、淡々と仕事に打ち込む。周囲からは変わり者扱いされているが、その仕事ぶりは高く評価されている。プライベートは謎に包まれており、既婚か否かも不明。

吉崎薫子(相武紗季)
大学病院で臨床医をしていたが、教授の進言で監察医務院に赴任。秋田から指導を受けることに。はじめは秋田の突飛な行動に頭を抱えるが、やがて彼のよき理解者となっていく。

竹内亮子(YOU)
解剖した際の検体を調べる検査課員。熱心な仕事ぶりで知られる一方、プライベートは恋愛体質。恋人の前では女々しくなる。

安田圭介(マキタスポーツ)
監察医。保守的で規則を重んじるタイプ。身勝手な行動が多い秋田のことをよく思っていない。出世欲が強く、かつて勤めていた大学病院に戻るきっかけを探している。

池田刑事(渡部秀)
刑事。今時の若者らしく、淡々と仕事をこなす。薫子に好意を寄せており、内緒で捜査の情報を共有することも。

山倉刑事(渡辺いっけい)
たたき上げの刑事。秋田は最も苦手なタイプで、事件に首を突っ込む彼のことを煩わしく思っている。

山下美恵子(戸田恵子)
監察医補佐。医師免許はないが知識も経験も豊富で、監察医たちにとって、なくてはならない存在。秋田の扱いにも慣れており、褒めたり叱ったりしながら信頼関係を築いている。

柳田修平(伊東四朗)
監察医務院の院長。サンダル履きで院内を見回るのが日課。気さくな性格で、監察医たちの抱える問題をのらりくらりと解決する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
寺脇康文が4年ぶりの連ドラ主演作で変わり者の監察医役に挑戦!
犯罪性のない遺体の死因を究明する監察医の姿を描くヒューマンドラマ。寺脇康文が4年ぶりに連続ドラマの主演を務める。脚本は「梅ちゃん先生」、「結婚できない男」の尾崎将也が担当する。寺脇とタッグを組む新人監察医役を相武紗季が演じるほか、伊東四朗、YOU、マキタスポーツ、渡辺いっけい、渡部秀、戸田恵子ら個性豊かな俳優たちが脇を固める。寺脇は、「監察医という独特な世界観、独特な主人公を楽しみながらも、頼りになる共演の皆さんと力を合わせ、肩の力を抜いて楽しんでいただけるエンターテイメントを目指して、この夏、突っ走っていきたい」と意欲を燃やす。


2014年夏、木曜ドラマ『セーラー服と宇宙人(エイリアン)~地球に残った最後の11人~』

kage

2014/07/24 (Thu)

2014年6月26日スタート 日本テレビのみ毎週木曜深夜0:59~深夜1:29
 セーラー服と宇宙人(エイリアン)~地球に残った最後の11人~



----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:鴻上尚史/演出:小室直子/演出:細川恵里/演出:戸倉亮爾/プロデューサー:伊藤響/プロデューサー:久保田充/プロデューサー:大森美孝
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
水瀬希望(門脇麦)
ごく一般的な普通の女子高生。セーラー服のまま宇宙船に乗せられ、個性的な面々と心理戦を繰り広げていく。

立花玲央(桐山漣)
地球防衛軍を名乗る謎の青年。同軍では苦情係を担当しているらしい。希望に恋心を抱く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
女子高生が宇宙で繰り広げるワンシチュエーションのサスペンスコメディー!
宇宙船内を舞台にしたワンシチュエーションドラマ。主人公の女子高校生・水瀬希望を、映画「愛の渦」、ドラマ「ブラック・プレジデント」などの好演で注目を集めている新進気鋭の女優・門脇麦が演じる。物語は、誰が味方で誰が敵なのか、そして何が正義で何が悪なのか分からない、宇宙船内の人間模様を軸に展開するサスペンスコメディー。突然、宇宙船に閉じ込められた希望が、乗り合わせた10人の男女と宇宙船からの脱出を目指してギリギリのせめぎ合いを繰り広げていく。脚本は、人気劇作家の鴻上尚史が書き下ろす。


2014年夏、木曜ドラマ『獣医さん、事件ですよ』

kage

2014/07/24 (Thu)

2014年7月3日スタート 日本テレビ系毎週木曜午後11:59~深夜0:54
 獣医さん、事件ですよ



----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:田辺満/演出:池澤辰也/プロデューサー:西川義嗣/プロデューサー:山田大作/プロデューサー:竹中美保
主題歌:GENERATIONS from EXILE TRIBE「Always with you」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
•柴健太郎(陣内孝則)
柴動物病院の2代目院長。独身。情に厚く、診察に訪れる飼い主が抱える問題を自分のことのように心配し、首を突っ込んでいく。その飼い主が女性の場合、好意を抱いてしまうこともしばしば。動物の気持ちを理解することができ、外科的な腕前も確か。

柴日菜子(吉本実憂)
健太郎に娘として育てられている17歳の女子高校生。母は自分が2歳の時に病死したと聞かされていたが、15歳の誕生日に健太郎から実の娘ではないことを打ち明けられる。動物が好きで、よく病院にも出入りしていたが、15歳の誕生日を境に行かなくなった。

柴英恵(野際陽子)
健太郎の母親だが、血縁関係はない。柴動物病院では看護師兼金庫番として働いている。27年前に夫を亡くしたが、健太郎を一人前の獣医に育て上げた。人生が波乱万丈だったこともあり、達観している。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
7年ぶりに連ドラ主演の陣内孝則が現代の“寅さん”に!?
陣内孝則の7年ぶりとなる連続ドラマ主演作。東京・下町を舞台にした人情喜劇で、陣内は困っている人を放っておけない動物病院の院長・柴健太郎を演じる。健太郎は「一つ屋根の下で一緒に住めば、みんな家族」が持論で、血のつながりのない母・英恵(野際陽子)、娘・日菜子(吉本実優)との3人暮らし。毎回登場する“マドンナ”に健太郎がほれ込み、彼女たちが抱える問題解決のために奔走する様がコミカルに描かれる。現代の“寅さん”ともいえる役どころで、陣内は「身内にいたら絶対ウザイ」とジョークを飛ばしながらも、「この作品で『ドラマってこんなに面白いんだ』と思わせたい」と気炎を上げる。





2014年夏、木曜ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~ 』

kage

2014/07/24 (Thu)

2014年7月17日スタート フジテレビ系毎週木曜午後10:00~午後10:54
 昼顔~平日午後3時の恋人たち~



----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:井上由美子/演出:西谷弘/演出:高野舞/演出:西坂瑞城/プロデューサー:三竿玲子
主題歌:一青窈「他人の関係 feat.SOIL&"PIMP"SESSIONS」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
笹本紗和(上戸彩)
スーパーでパート勤務をする主婦。ほんの出来心で万引したことを機に、人生の歯車が狂い始める。やがて、不倫にハマる「平日昼顔妻」になる。

滝川利佳子(吉瀬美智子)
妻と女の顔を使い分ける「平日昼顔妻」。紗和の弱みを握り、彼女に不倫のアリバイ工作を手伝わせる。

北野裕一郎(斎藤工)
不器用だが純粋な高校教師。ひょんなことから紗和と不倫関係に。愚直なあまり、言わなくていいことも言ってしまう。

加藤修(北村一輝)
画家。不倫をせずにはいられない利佳子の本質を見抜き、彼女と大人の恋を愉しむ関係となる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
上戸彩と吉瀬美智子が不倫妻に! 井上由美子脚本で「平日昼顔妻」を描いた衝撃作!
フジテレビ系情報番組「ノンストップ!」で特集が組まれるなど、メディアで話題を集めている「平日昼顔妻(夫に隠れて平日の昼間だけ不倫をする妻)」をテーマにした不倫ドラマ。上戸彩が、ある出来事をきっかけに、越えてはいけない一線を越えて「昼顔妻」へ身を落とすパート主婦・笹本紗和役で主演を務める。紗和を不倫へと導く、「昼顔妻」の滝川利佳子役を吉瀬美智子、紗和の不倫相手となる高校教師役を斎藤工、利佳子の魅力に溺れる画家を北村一輝が演じる。「白い巨塔」をはじめ、社会派ドラマに定評がある井上由美子の脚本をもとに、現代の不倫事情や、主婦が抱える欲望や孤独に鋭く迫る。





2014年夏、木曜ドラマ『ゼロの真実~監察医・松本真央~』

kage

2014/07/24 (Thu)

2014年7月17日スタート テレビ朝日系毎週木曜午後9:00~午後9:54
 ゼロの真実~監察医・松本真央~



----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:大石静/演出:常廣丈太/演出:星野和成/プロデューサー:内山聖子/プロデューサー:中川慎子/プロデューサー:浅井千瑞
主題歌:湘南乃風「パズル」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
松本真央(武井咲)
天涯孤独で、愛を知らずに育った天才監察医。高い知能指数を持つゆえ、あらゆる物事を見抜くことができるが、生きている人間には興味を持てない。

屋敷一郎(佐々木蔵之介)
警視庁捜査一課の刑事。数々の事件を解決に導いた実績の持ち主。その執拗さや、暴走を繰り返すことから、捜査一課の「嫌われ者」でもある。ギャンブル好きで、いつも金に困っている。

泉澤郁夫(生瀬勝久)
中央監察医務院・部長監察医。組織の論理を大切にする権威主義者。上昇志向が強く野心家のため部下たちには威張っているが、専業主婦の妻には頭が上がらない恐妻家でもある。

小杉貞夫(橋爪功)
拘置所にいる死刑囚。服役中にもかかわらず、すべてを見通しているかのような言動で、塀の外の人々を混乱させる。

印田恭子(真矢みき)
中央監察医務院のベテラン監察医で、皆から一目置かれる存在。喜怒哀楽の感情が激しく、好きなものは「自由」と「金」。贅沢品を身にまとっているためさまざまな噂がある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
武井咲主演、大石静脚本、監察医務院が舞台の法医学ドラマ!
武井咲が医師役に初挑戦する医療ドラマ。武井は同じ枠でヒットした米倉涼子主演の医療ドラマを引き合いに、「事務所の先輩でもある米倉涼子さんから白衣の着こなしを学びたい」とはりきっている。武井が演じるのは、中央監察医務院の新任監察医・松本真央。IQ150を誇る天才だが、天涯孤独で組織や人間関係には頓着せず、異性にも、食べ物にも、おしゃれにも一切関心なし。唯一興味を示すのは遺体の検案・解剖という変わり者だ。ドラマは、医学先進国から大きく後れを取った日本法医学の現状に鋭く切り込みながら、真央が数多くの遺体と向き合い、その背後にある事件の真相究明に突き進む姿を描いていく。