FC2ブログ
2018 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 09

カテゴリ:・2015冬期ドラマ紹介 の記事リスト(エントリー順)

kage

| | 古い記事一覧へ ≫

2015年冬、火曜ドラマ『プレミアムよるドラマ その男、意識高い系。』

kage

2015/04/21 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★3月3日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週火曜 午後11:15~午後11:45

 プレミアムよるドラマ その男、意識高い系。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:安達奈緒子/作:神田優/演出:河原揺/演出:金澤友也/制作統括:篠原圭/制作統括:東田陽介

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•坪倉春子(伊藤歩)
中小IT企業「早乙女会計ソフト」入社11年目の営業3課課長。同僚の二宮との結婚も決まりつつあり、安定した人生をおくっているが、どこか納得がいっていない。今どきの意識高い系の若者・一条の面倒を見ることになる。

•一条ジョー(林遣都)
「早乙女会計ソフト」の製品“会計ソフト武蔵”を「時代遅れ」と会社説明会の場で批判する強気さとアピール力が買われて「早乙女会計ソフト」に入社。しかし、その中身は自己演出だけに長けた、実力の伴わない「意識高い系」男子。

•二宮孝至(駿河太郎)
春子の同僚で恋人。営業1課の課長で、優秀な営業マン。春子との結婚も視野に入れている。春子たちが窮地におちいる時に手を差し伸べてくれる、助っ人的存在。

•大鈴木マリア(佐津川愛美)
一条がハリウッドの人脈を開拓するために召喚した友人。中学時代にアメリカのロサンゼルスに住んではいたが、実は業界へのパイプは皆無に近い。

•早乙女蘭子(大地真央)
「早乙女会計ソフト」の二代目社長。会社説明会で会った一条をスカウトし、入社させる。春子のことを信用しているが、高く評価しているかは微妙。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
伊藤歩と林遣都共演のお仕事コメディードラマ!
入社10年、大きな仕事を任されながらも恋と自分の人生を見つめ始めた、伊藤歩演じるアラフォーのヒロインが、林遣都が扮する「意識高い系」の若者に出会い、思わぬ騒動に巻き込まれるハートフル・コメディー。やたらと自分のプロフィールを“盛る”、ソーシャルメディアで意識の高い発言を連発する、人脈を必要以上に自慢するなど、今話題の「意識高い系」の若者。「意識高く“あろうとする”女子」の前に立ちはだかる、一癖も二癖もある「意識高い系男子」とのやりとりは、笑って泣けて、わが身を振り返りたくなるエピソード満載。


スポンサーサイト

2015年冬、土曜ドラマ『お兄ちゃん、ガチャ』

kage

2015/03/28 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★1月10日スタート 

日本テレビほか 毎週土曜 深夜0:50~深夜1:20(初回は深夜1:05~深夜1:35)

 お兄ちゃん、ガチャ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:野島伸司/監督:大谷太郎/監督:河合勇人/プロデューサー:植野浩之/プロデューサー:渡邉浩仁

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•雫石ミコ(鈴木梨央)
貧しい家庭に生まれ育った小学生。家族の面倒に追われる生活に嫌気が差し、お兄ちゃんを召喚できるガチャに願いをかける。

•トイ(岸優太)
ミコがガチャで引いたSランクのお兄ちゃん。ミコのお兄ちゃんになることは拒むが、自分以上のお兄ちゃんを見つけることを誓う。わずかに残る記憶から過去を思い出そうとしている。

•レイ(宮近海斗)
ゲームセンターの店員で、ガチャを開発した博士の助手。特定の誰かのものにはならず、“みんなのお兄ちゃん”的なポジションにいる。

•雫石マコ(小山内花凜)
ミコの中学生の姉。コスプレに没頭し、母同様、ミコに家事を任せている。

•雫石リコ(野村麻純)
ミコの母親。少女漫画を描いて生計を立てており、夫が家出していることはあまり気に留めていない。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
鈴木梨央と岸優太のダブル主演で描く斬新なファンタジー
NHK大河ドラマ「八重の桜」などの演技で注目を集めた人気子役・鈴木梨央と、「仮面ティーチャー」(日本テレビほか)で好演を見せたジャニーズJr.の岸優太がダブル主演を務める連続ドラマ。「ひとつ屋根の下」シリーズ(フジテレビ系)などで知られる野島伸司が脚本を手掛ける斬新なファンタジーで、主婦のような役割を果たしている小学生・雫石ミコ(鈴木)が“お兄ちゃん”を召喚できるガチャと出合い、個性的なお兄ちゃんを引き当てていく姿が描かれる。岸はミコが引いた“Sランク”のお兄ちゃんという役どころ。また、松倉海斗、深澤辰哉、阿部顕嵐、森田美勇人らジャニーズJr.の面々も“お兄ちゃんゲスト”として出演する。





2015年冬、昼ドラマ『花嫁のれん』

kage

2015/03/27 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★1月5日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜~金曜 午後1:30~午後2:00

 花嫁のれん

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:小松江里子/脚本:小松江里子/脚本:青木江梨花/演出:杉村六郎/プロデューサー:市野直親/プロデューサー:伊藤一尋/プロデューサー:沼田通嗣/プロデューサー:東田陽介

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•神楽奈緒子(羽田美智子)
老舗旅館「かぐらや」の女将。女将襲名披露も終わり、北陸新幹線開業を前に張り切っている。素人を女将に育て上げる「金沢女将塾」を開くも、それが波乱を呼ぶ。

•片瀬真知子(矢田亜希子)
「金沢女将塾」に参加する能登の漁師町出身の女将候補生。志乃や仲居たちからは劣等生のらく印を押されるが、明るく前向きで一本気な性格でめげずに修業に挑む。

•神楽志乃(野際陽子)
「かぐらや」の大女将にして、奈緒子の姑。伝統の旅館を長年取り仕切ってきた女将の中の女将。奈緒子といさかいを続けているが、心の底では女将としても嫁としても認めている。しかし、奈緒子の始めた「金沢女将塾」には大反対。

•神楽宗佑(津田寛治)
奈緒子の夫で志乃の息子。夢とロマンを追い求めては失敗して失踪するダメ男。今では心を入れ替えて「かぐらや弁当のお店」を真面目に切り盛りしようと努力している。それでも、いつか自分の小龍包を金沢の新名物にしたいと相変わらず夢見がち。

•小島房子(沢田雅美)
実力が認められ数々の旅館を渡り歩いてきたベテラン仲居。かつて志乃に仕えたことがあり、その志乃のためにと自分の最後のご奉公として「かぐらや」にやって来た、鬼軍曹的存在の仲居頭。

•神楽辰夫(山本圭)
志乃の夫で、「かぐらや」の板長。職場では金沢伝統の味を守り続ける腕利きの料理人だが、母屋では志乃と奈緒子の間に挟まれて気苦労が絶えない日々を送っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
「おもてなし」描く人気昼ドラ、新メンバー加入で第4弾放送!
2015年新春。金沢の老舗旅館 「かぐらや」 では、女将の奈緒子(羽田美智子)が人材育成のために設けた「金沢女将塾」を始めることになり、張り切っていた。だが、大女将で義母の志乃(野際陽子)はそれが無謀に思え、不満を抱く。そのころ能登では、真知子(矢田亜希子)という女性が、金沢女将塾の合格通知が届くのを心待ちにしていた。一方、かぐらやに、新しい仲居頭として、かつて志乃から指導を受けた房子(沢田雅美)がやって来る。


2015年冬、金曜ドラマ『山田孝之の東京都北区赤羽』

kage

2015/03/27 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★1月9日スタート 

テレビ東京ほか 毎週金曜 深夜0:52~深夜1:23

 山田孝之の東京都北区赤羽

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
監督:松江哲明/監督:山下敦弘/プロデューサー:清水啓太郎/プロデューサー:山野晃/プロデューサー:太田勇

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•山田孝之(山田孝之)
1983年10月20日鹿児島生まれ。ドラマ「白夜行」、映画「クローズZERO」シリーズなど代表作多数。2014年夏、映画の役作りが原因で極度のスランプに陥る。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
俳優・山田孝之の崩壊と再生をつづるドキュメンタリードラマ
俳優の山田孝之が東京・赤羽で過ごした日々を記録した異色のドキュメンタリードラマ。仕事に没頭するあまり演じた役に取り付かれてしまった山田が、赤羽を舞台としたある漫画と出合い、その登場人物たちとのやり取りを通じて再生していく姿を描く。監督は、山田が信頼し自ら撮影を依頼した映画監督・山下敦弘と、彼の盟友・松江哲明が共同で担当。劇中では、親友の綾野剛ほか、俳優・やべきょうすけ、演出家の大根仁、ミュージシャンの吉井和哉ら、山田が敬愛する著名人たちとの交流もつづる。


2015年冬、金曜ドラマ『ドラマ24「怪奇恋愛作戦」』

kage

2015/03/27 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★1月9日スタート 

テレビ東京ほか 毎週金曜 深夜0:12~深夜0:52

 ドラマ24「怪奇恋愛作戦」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:ケラリーノ・サンドロヴィッチ/脚本:関谷崇/脚本:田中眞一/脚本:小峯裕之/監督:ケラリーノ・サンドロヴィッチ/監督:白石和彌/監督:濱谷晃一/プロデューサー:中川順平/プロデューサー:五箇公貴/プロデューサー:濱谷晃一
オープニングテーマ:女王蜂「ヴィーナス」
エンディングテーマ:電気グルーヴ「Fallin’ Down」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•消崎夏美(麻生久美子)

37歳。夢だったカフェのオーナーになるため会社を辞め、貯金を投じて店を購入するが詐欺に遭う。恋人はいないが、幼なじみの三階堂のことが少し気になっている。

•揺木秋子(坂井真紀)
39歳。定時制高校で音楽教師として働きながら、「白馬の王子様」が現れるのを待っていたが、その純粋な心を生徒たちにもてあそばれてしまう。

•華本冬(緒川たまき)
38歳。恋人有り?の自称・女優。映画スターを目指しながら女優活動に勤しむ一方、多数のバイト先を渡り歩いている。

•三階堂登(仲村トオル)
40歳。純粋無垢で天然ボケな刑事。夏美の幼なじみで、「喫茶面影」のアルバイト・萌香とは恋人同士だが、プラトニックな関係。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
演劇界の奇才が贈るアラフォー3人娘の“怪奇×恋愛×コメディー”ドラマ!

麻生久美子、坂井真紀、緒川たまきが演じる未婚のアラフォー3人が、怪奇現象に巻き込まれながら恋に奮闘する“怪奇恋愛群像劇”。脚本・監督は劇団「ナイロン100℃」を主宰する演劇界の奇才、ケラリーノ・サンドロヴィッチで、自身が長年温めてきたオリジナル企画を映像化する。愉快なアラフォー3人娘が恋に仕事に友情に、そして恐ろしい妖怪や謎の怪奇現象との闘いに、遅過ぎた青春を燃やす。婚期を逃した女性3人の強力な“負のオーラ”に吸い寄せられるがごとく、さまざま怪奇現象が起こり、3人や周囲の人々が巻き込まれていく姿がユーモラスに描かれる。

2015年冬、金曜ドラマ『BS時代劇 雲霧仁左衛門2』

kage

2015/03/27 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★2月6日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週金曜 午後8:00~午後8:45

 BS時代劇 雲霧仁左衛門2

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:池波正太郎/脚本:宮川一郎/脚本:古田求/演出:山下智彦/演出:井上昌典/演出:宇喜多尚/演出:服部大二/制作統括:銭谷雅義/制作統括:渡邊竜/制作統括:原林麻奈

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•雲霧仁左衛門(中井貴一)
盗賊・雲霧一党の首領。「殺さず、犯さず、貧しき者からは奪わず」のおきてを守り、鮮やかな手口で盗みを働くことから、希代の大盗賊として知られている。

•安部式部(國村隼)
重罪の放火や盗賊を取り締まる火付盗賊改方の長官。雲霧一党を捕らえることに執念を燃やしている。

•七化けのお千代(内山理名)
幼いころ火事で焼け出された身を拾われて以来、仁左衛門の下で働いている。公家から商家の女まで何にでも化け、引き込みを働くのが得意。

•木鼠の吉五郎(伊武雅刀)
「仁左衛門の右腕として働き、配下から「小頭」と呼ばれている。仁左衛門の命を受け、盗みの実行部隊として活躍している。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
中井貴一主演、池波正太郎原作の時代劇シリーズ第2弾!
盗みのプロと捕り物のプロが激突する、作家・池波正太郎の人気時代小説を中井貴一主演でドラマ化。シリーズ第2弾となる今作では、雲霧仁左衛門が盗賊となってまで果たそうとした宿願が明らかになる。メーンキャスト陣は前作から変わらず、一党の首領・雲霧仁左衛門を中井が務めるほか、ライバルとなる火付盗賊改方の長官・安部式部を國村隼、七化けのお千代を内山理名、木鼠の吉五郎を伊武雅刀らが熱演。前作をしのぐ追いつ追われつの激しい攻防戦を繰り広げる。


2015年冬、木曜ドラマ『五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!~』

kage

2015/03/26 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★1月8日スタート 

日本テレビ系 毎週木曜 午後11:59~深夜0:54

 五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:森ハヤシ/演出:長江俊和/プロデューサー:木谷俊樹/プロデューサー:田中雅博

主題歌:MYNAME「Stop the time」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•高瀬京香(渡辺直美)
中央管理センター所属。かつては営業部に所属し、優秀なプランナーとして活躍していたが、考え方の違いから上層部とぶつかり現在の部署に。京都に関するあらゆる情報に精通しているだけでなく、観光客の様子を察知し、その人にとって大切な旅になるよう導いていくことができる。

•佐竹一郎(山本裕典)
営業部の京都観光課に所属する新入社員。東京の裕福な家庭で生まれ育ち、旅行といえば海外ばかりだったため、京都のことはほとんど知らない。

•沢村紅葉(高月彩良)
中央管理センター所属。かつては優秀なツアーガイドだったが、今は仕事に対する意欲を完全に失っている。帰国子女で数カ国語を話せ、京言葉も巧みに操ることができるが、普段はギャル語。

•桜庭兵一(綾田俊樹)
中央管理センター長。1日の大半を寝て過ごしている。デスクから一歩も移動しないが、終業時間と共に動きだす。

•宮田正(星田英利)
営業部京都観光課の課長。仕事はできないが、出世欲が人一倍強い。常に周りの評価が気になり、自分のミスも部下に押し付ける。

•大河原百合(有森也実)
京都の隠れ家的な人気旅館の女将で、京香と仲が良い。持ち前の“はんなりさ”によって、わけありの客の懐に入り込む。

•川端哲男(寺島進)
契約タクシードライバー。京都の道を完璧に把握しているため、どんな場所にも最短で行くことができる。かつては京香が勤める旅行会社の営業部に所属しており、京香に思いを寄せている。バツイチ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
渡辺直美が連続ドラマ初主演! 観光客の願いをかなえる“トラベルマスター”に!
お笑いタレント・渡辺直美の連続ドラマ初主演作。年間5000万人以上の観光客が訪れるという京都を舞台に、旅行を通して繰り広げられる悲喜こもごもの人間模様を描くヒューマンドラマで、渡辺はかつて旅行プラン作成から添乗業務までを完璧にこなし、“トラベルマスター”と呼ばれていた旅行代理店社員の高瀬京香を演じる。ドラマは1話完結スタイルで進行。次々と会社に舞い込む個性的な客たちからの要望に応えるため、わけあって閑職に追いやられた京香ら窓際社員たちが大奮闘する姿がつづられる。全編京都で撮影されるロケシーンや、山本裕典、有森也実、寺島進ら、脇を固める実力派俳優たちの熱演にも注目だ。


2015年冬、火曜ドラマ『カサネ』

kage

2015/03/24 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★3月3日スタート 
テレビ東京ほか 毎週火曜 深夜2:40~深夜3:10

 カサネ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:金沢知樹/監督:小川弾/監督:熊坂出

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•多々良見花弥生(高城亜樹)
カサネ一族の末裔(まつえい)である多々良見家の双子の妹。依頼者が抱える秘密を見抜く鋭い観察力を持つ一方、かなりの毒舌。

•多々良見幸一太郎(遠藤雄弥)
花弥生の双子の兄。IQ180を誇る天才。クールで頭の回転もずば抜けて速いが、気が強い花弥生と母には頭が上がらない。

•多々良見良子(銀粉蝶)
多々良見家の母。あらゆる情報に精通している雑学王だが、ミーハーな一面も。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
AKB48・高城亜樹と元D-BOYS・遠藤雄弥がW主演のサスペンスコメディー!
AKB48の高城亜樹と元D-BOYSの遠藤雄弥がダブル主演を務め、人並み外れた知識量と機転でうそを重ね情報戦を戦う「カサネ」一族の末裔(まつえい)に扮し、依頼者からの“不都合な真実”を“都合の良い美談”に作り替えていく姿を描くサスペンスコメディー。脚本は、「劇団K助」を主宰し脚本・演出家として活動する金沢知樹が担当し、毎話個性的なゲストが依頼者役で登場。第1話には福士誠治、第2話には波岡一喜、第3話には元宝塚歌劇団のトップ娘役・愛加あゆ、第4話には笑福亭鶴瓶の長男で俳優の駿河太郎が出演する。



2015年冬、月曜ドラマ『マジすか学園4』

kage

2015/03/23 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★1月19日スタート 

日本テレビほか 毎週月曜 深夜0:59~深夜1:29

 マジすか学園4

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:秋元康/脚本:山岡潤平/脚本:徳永友一/演出:岩本仁志/演出:山下学美/プロデューサー:三枝孝臣/プロデューサー:加藤正俊/プロデューサー:植野浩之/プロデューサー:渡邉浩仁

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•さくら(宮脇咲良)
鹿児島から馬路須加女学園(マジ女)に転校して来た高校2年生。優等生風で立ち振る舞いも穏やかだが、拳法の使い手で圧倒的なけんかの実力を持つ。ある理由からマジ女のてっぺんを狙っている。

•ソルト(島崎遥香)
マジ女の最強軍団「ラッパッパ」の部長として君臨する高校3年生。てっぺんという地位自体には全く興味はないが、誰かに従う気もなく、挑んでくる相手を倒し続けた結果、てっぺんに立っていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
宮脇咲良と島崎遥香がW主演! 次世代メンバーも参戦する新ストーリー
AKB48グループのメンバーが演じる女ヤンキー同士のぶつかり合いと青春の日々を描くシリーズの第4弾。2010年の第1弾と11年の第2弾では前田敦子、12年の第3弾では島崎遥香が主演を務め、体を張った殺陣や、実際のグループでの立ち位置や個性がリンクしたキャラクター設定が話題を呼んだ。今回は、連続ドラマ初出演となる宮脇咲良と前作に続いて島崎が主演を務めるほか、横山由依、川栄李奈、入山杏奈、木崎ゆりあら次世代メンバーが多数参戦。「馬路須加(まじすか)女学園」を舞台にした新たな物語が繰り広げられる。先日、卒業を発表した、AKB48グループ総監督の高橋みなみ、ゲスト出演する小嶋陽菜、指原莉乃らの活躍にも注目だ。

2015年冬、月曜ドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』

kage

2015/03/23 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★1月19日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:09)

 デート~恋とはどんなものかしら~

★相関図 (恋愛ライン→ 嫌悪ライン→ 親和ライン→ その他→ )

img89a.jpg


”恋愛力ゼロ”な男女によるロマンチックラブコメ!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:古沢良太/演出:武内英樹/演出:石川淳一/プロデューサー:山崎淳子

主題歌:chay「あなたに恋をしてみました」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•藪下依子(杏)
29歳。マクロ経済の動向予想のエキスパート。東京大学大学院数理科学研究科で、数理モデルのマクロ経済への応用を研究した後、内閣府経済総合研究所に入所し、現在は横浜研究所に出向中。超合理主義で、人と接するのが苦手。

•谷口巧(長谷川博己)
働かず親に寄生し、文学・芸術・音楽・娯楽の世界に溺れる日々を過ごしている、自称“高等遊民”の35歳。自身は絶対に認めないが、ニートと変わらない。性格は明るくおだやか、理知的でスマート。労働のために貴重な時間を費やすのは愚かで、働かなくて済むのならそれに越したことはないと考えており、自身の生き方に誇りを持っている。

•島田佳織(国仲涼子)
巧の母親・留美が開いている子供向けの絵画教室の教え子で、今でも留美の絵画教室で自分の絵を描いたり、子供たちに絵を教えている。元ヤンキーで言葉遣いは乱暴だが、思いやりがあり底抜けに明るい。

•鷲尾豊(中島裕翔)
スポーツ用品メーカーに勤務する好青年。剣道の達人で、正義感が強く曲がったことが嫌い。道場で出会った俊雄から娘の依子を紹介され好意を持ち、依子と巧のデートを妨害しようとする。

•島田宗太郎(松尾諭)
佳織の兄で工務店社長。巧の幼なじみで、ニートの巧をいつも心配している。

•藪下小夜子(和久井映見)
依子の母。天才数学者として将来を嘱望されていたものの、39歳という若さで病死してしまった。

•谷口留美(風吹ジュン)
巧の母親。明るく天真らんまんで、常に息子を優しく包みこむ。自宅で教室を開いて子供に絵画を教えている。

•藪下俊雄(松重豊)
依子の父親。清貧が信条で心根が優しく、娘の幸せを日々願っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
杏が月9初主演! 古沢良太脚本による“恋愛力ゼロ”男女のラブコメディー
月9ドラマ初主演の杏を迎えて、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ、「リーガルハイ」シリーズ(同系)の脚本家・古沢良太が書き下ろす、“恋愛力ゼロで恋愛不適合者”の男女の一風変わったロマンチック・ラブコメディー。いつのころからか「人生に恋愛は不要だ」と考えるようになった男女が、それぞれのやむにやまれぬ事情から結婚を目指すことになり、恋愛感情ゼロのままデートを重ねる姿を、テンポのよい会話でコミカルに描いていく。杏が演じるマイペースで融通が利かない超合理主義者の女性の相手役、自称“高等遊民”のダメ男を、月9ドラマ初出演の長谷川博己が演じる。







2015年冬、月曜ドラマ『太鼓持ちの達人~正しい××のほめ方~』

kage

2015/03/23 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★1月12日スタート 

テレビ東京ほか 毎週月曜 午後11:58~深夜0:45(初回は深夜0:28~深夜1:15)

 太鼓持ちの達人~正しい××のほめ方~

★相関図 (恋愛ライン→ 嫌悪ライン→ 親和ライン→ その他→ )
img890.jpg

妙な3人が”正しいほめ方”を武器に立ち向かう!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原案:トキオ・ナレッジ「正しいブスのほめ方」「正しい太鼓のもち方」(宝島社)/脚本:小峯裕之/脚本:新井友香/脚本:堀雅人/監督:太田勇/監督:月川翔/監督:小中和哉/プロデューサー:濱谷晃一/プロデューサー:向井達矢

主題歌:GLIM SPANKY「褒めろよ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•スタローン大佐/岡部浩太郎(手塚とおる)
“太鼓持ちの達人”チームのリーダー。難局でも理想の褒め言葉を伝授してくれる頼れる存在だが、少々エキセントリックな一面も。普段はスーパーの店長として働いており、日々、クレーマーと向き合うことで褒める達人となった。

•マイク情報分析官/越野銀二(柄本時生)
さまざまな角度からターゲットの特徴を分析し、効果的な褒め言葉を導き出す“太鼓持ちの達人”チームの頭脳。ゲーム上では八面六臂の活躍を見せるが、現実世界では引きこもり。

•リサ作戦参謀/浦原里沙(木南晴夏)
“太鼓持ちの達人”チームの紅一点。女性ならではの視点から褒めるポイントを指南する。普段はキャバクラ嬢として働いており、接客を重ねるうちに男を手玉に取るテクニックを身に付けた。基本はツンデレだが、Sっぽいところもある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
“怪優”手塚とおるがドラマ初主演。絶妙な褒め言葉を伝授する“太鼓持ちの達人”に
「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」(ともにTBS系)などの“怪演”で話題を呼んだ俳優・手塚とおるのドラマ初主演作。コミュニケーションハウツー本「正しいブスのほめ方」「正しい太鼓のもち方」を原案にした新感覚ドラマで、コミュニケーションに悩む人々が集うオンラインゲームで繰り広げられるやり取りを通して、ユーモアたっぷりで思わず使いたくなる絶妙な褒めフレーズや、全く新しい処世術を提案していく。手塚はゲーム上では“太鼓持ちの達人”の1人で軍人キャラクターのスタローン大佐役、現実世界のパートではいつもクレーマーと向き合っているスーパーの店長・岡部浩太郎役に挑む。




2015年冬、月曜ドラマ『警部補・杉山真太郎~吉祥寺署事件ファイル』

kage

2015/03/23 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★1月12日スタート 

NHK BSプレミアム TBS系毎週月曜 午後8:00~午後8:54(初回は午後7:00~午後8:49)

 警部補・杉山真太郎~吉祥寺署事件ファイル

★相関図 (恋愛ライン→ 嫌悪ライン→ 親和ライン→ その他→ )

img891a.jpg

3児の父の顔を持つ刑事が、まごころで事件解決!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:もろさわ和幸/監督:伊藤寿浩/監督:竹園元/プロデューサー:河瀬光

主題歌:GENERATIONS from EXILE TRIBE「Sing it Loud」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•杉山真太郎(谷原章介)
吉祥寺署の敏腕刑事。解決した事件は数えきれないほどのエース。妻・香織の入院で育児と家事、捜査を両立しようと奮闘する。

•永峰有(要潤)
吉祥寺署の刑事。コンビを組む杉山を尊敬している。

•杉山美晴(本田望結)
杉山の長女。多忙な父の代わりに母の看病や、弟たちの世話をする。

•青柳芳江(高橋惠子)
杉山の義母。多忙を極める杉山の姿を見かねて、子供たちを引き取ることを提案する

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
谷原章介が3児の父&敏腕刑事役で民放連続ドラマに初主演!
敏腕刑事・杉山真太郎(谷原章介)が、育児と家事、捜査を両立しようと活躍するストーリー。3人の子供を持つ父でもある杉山が、妻の入院により家庭に重きを置くようになる。それによって、検挙率が下がってしまった吉祥寺署が舞台となっている。谷原は、「“刑事”と“家族”を両翼として生きている等身大の男性です。そんな杉山が大切にしているのは心。当然、家族には愛情を持っています。そして事件に対しても心で向き合います」と役柄をアピールしている。谷原が民放連続ドラマで主演を務めるのは初めて。


2015年冬、日曜ドラマ『日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 天使のナイフ 』

kage

2015/03/22 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★2月22日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 午後10:00~午後11:00

 日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 天使のナイフ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:薬丸岳「天使のナイフ」(講談社文庫)/脚本:尾西兼一/演出:永山耕三/プロデューサー:喜多麗子
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•桧山貴志(小出恵介)
「ブロードカフェ」のオーナー店長。妻の祥子を中学1年の少年たちに殺害された。事件以降、妻が命懸けで守った4歳の娘・愛実を男手ひとつで育てている。

•早川みゆき(倉科カナ)
貴志の娘・愛実の担当保育士。貴志の妻・祥子とは中学時代からの知り合いだった。

•桧山祥子(藤本泉)
貴志の妻。生後5カ月の娘・愛実を守りながら、金目当てで空き巣に入ろうとした少年たちに遭遇して殺害される。

•福井健(千葉雄大)
桧山が店長を務める「ブロードカフェ」の副店長で、大学受験の上京後からずっと働いている。桧山を公私共に助けている。

•三枝(手塚とおる)
埼玉警察の捜査一係警部。祥子の殺害事件を担当し、その加害者たちが命を狙われる事件では、桧山を追う。

•前田澄子(若村麻由美)
祥子の母親。娘の結婚に反対こそしなかったが、桧山に対して絶対言えない秘密を抱えている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
第51回江戸川乱歩賞受賞作を小出恵介主演でドラマ化。少年法の是非を問う!
注目を集めている気鋭の作家・薬丸岳のデビュー作にして、第51回江戸川乱歩賞受賞作を連続ドラマ化。少年法の矛盾をテーマに、真の更生と贖罪について視聴者に是非を問う社会派サスペンス。妻を13歳の少年たちに殺害された主人公を演じるのは、連続ドラマW初出演・初主演の小出恵介。少年法の壁にぶつかり、怒りと悲しみを社会にぶつける難役に挑む。そのほか、倉科カナ、若村麻由美、手塚とおる、和田正人、千葉雄大らが脇を固める。人気アイドルグループ・乃木坂46の桜井玲香、西野七瀬、松村沙友理がオーディションによって起用され、その中の1人が物語の鍵を握る重要なキャラクターを務めることも決まっている。




2015年冬、日曜ドラマ『流星ワゴン』

kage

2015/03/22 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月18日スタート 

TBS系 毎週日曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:48)

 流星ワゴン

★相関図 (恋愛ライン→ 嫌悪ライン→ 親和ライン→ その他→ )

img892a.jpg


現実に苦しむ男がたどる若かりし父との再生の旅!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:重松清「流星ワゴン」(講談社)/脚本:八津弘幸/演出:福澤克雄/演出:棚澤孝義/演出:田中健太/プロデューサー:伊與田英徳/プロデューサー:川嶋龍太郎

主題歌:サザンオールスターズ「イヤな事だらけの世の中で」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•永田一雄(西島秀俊)
中小企業の営業課長。自分勝手な父への嫌悪感から大きなことを望まず、保守的で真面目な性格に。父の仕事を継がなかったことから確執が決定的になり、妻や息子を連れて故郷に帰ることはほとんどなかった。

•永田忠雄(香川照之)
一雄の父。血気盛んで他人にも自分にも厳しく、勝手な面もある亭主関白タイプ。一雄と同じ年だった43歳の時に金貸し業を起こし、事業を広げる。「わしら朋輩じゃ」が口ぐせ。

•永田美代子(井川遥)
一雄の妻。家庭ではよき妻、よき母親を演じているが、実は内に不満をため込むタイプ。我に返ると激しい自己嫌悪に陥ることも。徐々に家を空けることが多くなっていく。

•橋本義明(吉岡秀隆)
ワゴンカーの運転手。5年前、ドライブ中に自らの不注意で息子・健太と共に事故死している。明るく前向きな性格だが、息子の命も奪ってしまったことに後悔の念を抱いている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
西島秀俊と香川照之の共演で重松清のベストセラー小説をドラマ化!
物語の主人公で会社員の永田一雄(西島秀俊)が、一雄と同い年の姿で現れた父親・忠雄(香川照之)と、後悔だらけの人生をやり直すために過去の世界をドライブするヒューマンドラマ。西島は「原作の面白さに興奮しました。参加できてとても光栄です。21世紀の日本が舞台となる『バック・トゥ・ザ・フューチャー』はどのような物語になるのかご期待いただければ」と意欲を見せている。会社からリストラを宣告され、妻・美代子(井川遥)からは離婚を切り出され、息子の家庭内暴力に悩む一雄が、死んだはずの橋本義明(吉岡秀隆)が運転する時空を超えるワゴンカーに乗って、自身でも気付かなかった“人生の分岐点”に立ち戻っていく。

2015年冬、金曜ドラマ『ウロボロス~この愛こそ、正義』

kage

2015/03/20 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★1月16日スタート 

TBS系 毎週金曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:09)

 ウロボロス~この愛こそ、正義

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:神崎裕也「ウロボロス 警察ヲ裁クハ我ニアリ」(新潮社)/脚本:古家和尚/演出:石井康晴/プロデューサー:佐野亜裕美

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•龍崎イクオ(生田斗真)
新宿第二警察署の刑事。20年前の事件の真相を暴くために刑事になった。普段は冴えないが、検挙率署内トップを誇り、常人離れした格闘能力を秘める。亡くなった結子先生の遺品である2頭の龍を象ったペンダントを身につけている。

•段野竜哉(小栗旬)
我孫子会系松江組の若頭。イクオの幼なじみで、20年前の事件の情報をつかむために裏社会の一員になった。イクオが担当する事件を裏社会の情報網で調査し、検挙率アップに貢献している。背中に2頭の龍の入れ墨を入れている。

•日比野美月(上野樹里)
新宿第二警察署の刑事。東大出身のキャリア組で、父も警察幹部。正義感にあふれ、バディを組むイクオの行動にいら立つが次第に引かれてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
生田斗真&小栗旬が、誰にも知られてはいけない“バディ”役に!
神崎裕也の人気漫画「ウロボロス 警察ヲ裁クハ我ニアリ」を映像化。孤児院で育った刑事・龍崎イクオを生田斗真が、幼なじみのヤクザ・段野竜哉を小栗旬が演じる。イクオと竜哉が、育ての恩人・結子先生を殺した犯人と、2人の目撃証言を握りつぶした警察内部の“金時計の男”を捜し、真実を暴こうとするサスペンス。生田は、「もし自分がイクオを演じられるならば、竜哉はこの人しかいないと思っていた」という小栗との共演を喜んでいる。イクオの相棒刑事で、彼の裏の顔に気付く鋭さを持つヒロイン・日比野美月を上野樹里が演じるほか、吉田羊、ムロツヨシ、清野菜名、武田久美子、光石研、滝藤賢一、吉田鋼太郎、中村橋之助らが脇を固める。



2015年冬、金曜ドラマ『セカンド・ラブ』

kage

2015/03/20 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★2月6日スタート 

テレビ朝日系 毎週金曜 午後11:15~深夜0:15

 セカンド・ラブ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:大石静/演出:塚原あゆ子/演出:片山修/プロデューサー:内山聖子/プロデューサー:中川慎子/プロデューサー:中沢晋

主題歌:KAT‐TUN「KISS KISS KISS」/挿入歌:MISIA「白い季節」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•平慶(亀梨和也)
コンテンポラリーダンサー。10代でドイツのカンパニーへ留学し、国際大会で優勝するほどの確かな実力と、天性のパフォーマンスで“若き鬼才”と呼ばれていた。だが、志半ばで挫折し、現在は夢に再挑戦するため東京でアルバイト生活を送っている。ダンスに関しては誇り高く、恋愛に関しても日本人離れした大胆さを持つ肉食系男子。

•西原結唯(深田恭子)
女子高で化学を担当するいわゆる“リケジョ”の教師。実家暮らしをしており、母親からは結婚をせかされるが、実は同僚の教師と不倫中。その先に結婚がないことを自覚し、自分自身がこの恋愛に何を望んでいるのか分からなくなっており、いつしか潤いのない空虚な人間になってしまった。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
大石静が手掛ける“夜メロ”で、亀梨和也と深田恭子が新境地!
KAT‐TUNの亀梨和也と深田恭子が、昼メロならぬ“夜メロ”に挑む。恋愛ドラマの名手・大石静が脚本を手掛ける大人のラブストーリーで、亀梨は夢をあきらめきれないダンサー、深田は閉塞感に身を沈めて生きる教師を演じる。自分の写真に色気を感じたことがないという亀梨は「僕で大丈夫ですか? と思いましたが、恥ずかしがらず、人の秘密をのぞき見しているような感覚に陥る“夜メロ”の世界観を全力で演じていきたい」とやる気十分。一方の深田も「大石先生の描き出す、繊細で情緒豊かな女性に私がどこまで近づけるのか、今は不安と期待が入り交じっていますが、精いっぱい演じていきたいです」と新境地開拓に意欲を燃やしている。

2015年冬、木曜ドラマ『問題のあるレストラン』

kage

2015/03/19 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★1月8日スタート 

フジテレビ系 毎週木曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:09)

 問題のあるレストラン

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:坂元裕二/演出:並木道子/演出:加藤裕将/プロデューサー:清水一幸

主題歌:きゃりーぱみゅぱみゅ「もんだいガール」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•田中たま子(真木よう子)
男社会の飲食業に勤める真面目な会社員だったが、シェフとして雇った恋人から裏切られた上に、ひどいセクハラを受けた親友のために起こした事件で警察沙汰に。会社を辞めて東京・裏原宿で訳ありな女性たちとレストランを立ち上げる。

•門司誠人(東出昌大)
パリで修行し、国際コンクールに入賞したシェフ。不遜な態度で職がなかったところ、飲食業に勤めるたま子と知り合い、シェフとして雇用されるが、それを裏切る形でライバル店のシェフになる。

•新田結実(二階堂ふみ)
たま子の元同僚。東大出身の秀才だが、頭でっかちでプライドが高く、融通が利かず不器用なため、実務はあまりできない。

•川奈藍里(高畑充希)
たま子の元同僚。恋愛依存症で、駄目な男ばかりを好きになる。また、男たちから勘違いされやすい。

•雨木太郎(杉本哲太)
たま子が勤めていた飲食業会社の社長。仕事で成功し金を手にしたことで、女性が寄ってくるようになり、「女は愛するものではない、買うものだ」と思うように。たま子の店をつぶそうとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
理不尽な男社会に訳あり女性がリベンジ! 真木よう子主演の女性応援コメディー!
男社会で“ポンコツ女”のレッテルを貼られた女性たちが、人生のどん底からはい上がるためにレストランを立ち上げ、壁にぶつかりながらも働く喜びを感じ生きていくさまを描く女性応援コメディー。脚本の坂元裕二はじめ「最高の離婚」(同系)の制作スタッフが再集結。理不尽な男社会の会社を辞め手作りでレストランを立ち上げる女性たちのリーダーを真木よう子が演じる。共に店を盛り上げる個性的な仲間たちを、二階堂ふみ、高畑充希、松岡茉優、臼田あさ美、YOUらが演じ、真木が扮する田中たま子の元恋人(?)であり敵対するライバル店のシェフに東出昌大、チャラい調理場担当見習を菅田将暉が務める。


2015年冬、水曜ドラマ『残念な夫。』

kage

2015/03/18 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★1月14日スタート 

フジテレビ系 毎週水曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:09)

 残念な夫。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:山崎宇子/演出:西坂瑞城/演出:宮木正悟/プロデューサー:小原一隆

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•榛野陽一(玉木宏)
大手住宅会社に勤務する設計士。外見・性格・能力ともに理想の夫だと妻・知里からは思われていたが、子供が産まれてからの妻への配慮が足りず、妻から冷たくあしらわれてしまう。その結果、家庭内で“残念な夫”になり下がる。

•榛野知里(倉科カナ)
陽一の妻。夫を尊敬し尽くしていたが、出産後は今まで許せていた陽一の言動が気になるようになり、育児に参加しないことにいら立つ。

•細井美和子(大塚寧々)
茂の妻。娘の美香とは仲のいい“トモダチ親子”。夫への愛は冷え込んでおり、“お金を持ってきてくれるだけの人”だと思っている。

•細井茂(岸谷五朗)
陽一の上司。妻の変化に悩む陽一にアドバイスをするが、実は陽一同様に妻子に見限られている“残念すぎる夫”。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
ダメ夫役に玉木宏が挑戦! 産後危機を乗り越えて“最高の夫”になれるのか?!
出産をきっかけに妻から夫への家庭内での評価が下がり、夫婦の危機を迎える昨今の産後危機問題をテーマに、子供が生まれる前は円満だった夫婦関係が変化するさまを、リアルなエピソードを盛り込んで描く社会派ライトコメディー。現代劇での父親役初挑戦の玉木宏が、父親としての責任感が希薄過ぎることから妻に愛想をつかされる夫・榛野陽一を演じるほか、父親としての自覚が芽生えない夫にいら立ちをつのらせる妻・知里を倉科カナが演じる。大塚寧々、岸谷五朗、EXILEの黒木啓司、林遣都、高橋メアリージュン、浅田美代子らが脇を固める。






2015年冬、水曜ドラマ『○○妻』

kage

2015/03/18 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★1月14日スタート 

日本テレビ系 毎週水曜 午後10:00~午後11:00(初回は午後10:00~午後11:10)

 ○○妻

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:遊川和彦/演出:猪股隆一/演出:日暮謙/演出:鈴木勇馬/プロデューサー:伊藤響/プロデューサー:大平太/プロデューサー:福井宏/プロデューサー:太田雅晴

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•ひかり(柴咲コウ)
完璧に家事をこなすなど、自分の人生を夫のためだけに捧げ、常に三歩下がって夫に付き添っていく女性。一見、理想的な妻に見えるが…。

•井納千春(黒木瞳)
ひかりの過去を知っており、彼女から嫌悪されている。

•板垣雅己(城田優)
正純がキャスターを務めるニュース番組のプロデューサーで、彼のよきパートナー。

•風谷愛(蓮佛美沙子)
新人アナウンサー。高い理想を掲げる正純に尊敬の眼差しを送る。

•久保田正純(東山紀之)
「俺の言葉で社会を変えてやる」という熱き志を持つニュースキャスター。利他的な妻・ひかりに支えられ、自身も彼女を頼りにしている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
奇才・遊川和彦が手掛ける“究極のラブストーリー”で柴咲コウが連ドラ初主演!
連続ドラマ初主演となる柴咲コウが、空前の大ヒットを記録した「家政婦のミタ」「女王の教室」(ともに同系)、「純と愛」(NHK)など、数々の話題作を手掛けてきた脚本家・遊川和彦が描く“究極のラブストーリー”に挑戦。女優としての新たな船出となる本作で、東山紀之扮するニュースキャスターの“謎の妻”を演じる。タイトルの「○○」には、人気ニュースキャスター・久保田正純(東山)と、彼を献身的に支える妻・ひかり(柴咲)の重大な秘密が隠されているが、現時点でそれは明らかにされておらず、真相は物語が進むにつれて判明していくという。


2015年冬、火曜ドラマ『女くどき飯』

kage

2015/03/17 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★1月27日スタート 

TBSほか 毎週火曜 深夜1:11~深夜1:41

 女くどき飯

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:峰なゆか「女くどき飯」(ぐるなび連載中)/脚本:北川亜矢子/プロデューサー:森谷雄/監督:宝来忠昭/監督:深迫康之

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•神林恵(貫地谷しほり)
駆け出しのフリーライター。彼氏いない歴5年、3カ月後に30歳の誕生日を控えて焦るアラサー女子。独身男性に食事をしながら口説かれるという雑誌の連載企画を持ちかけられ、チャンスだと考えている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
峰なゆかの同名作をドラマ化! 貫地谷しほり主演のグルメデートコメディー!
貫地谷しほり主演の連続ドラマ「女くどき飯」は、女性ライターが連載記事のために毎回さまざまな男性とグルメデートを重ねるコメディー。アラサーの駆け出しライター・神林恵(貫地谷)は、雑誌編集者から「食事をしながら口説かれよう」と提案され、「ただでうまい飯が食べられる! しかも出会いのチャンス!」と二つ返事でOKする。原作は、漫画家・エッセイストの峰なゆかが飲食店情報サイト「ぐるなび」で連載する同名作品。貫地谷は「普段のお店選びは友達任せの私ですが、食べることが本当に大好きです。29歳最初の作品になりますので、等身大のギリギリ感を楽しみたいです」とアピールしている。