FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

カテゴリ:食欲の秋 の記事リスト(エントリー順)

kage

| | 古い記事一覧へ ≫

あふれだす食欲の秋≪お取り寄せコミック≫…うろこ、Arika、うさタク

kage

2015/11/01 (Sun)

■2015年秋のテーマ特集本≪食欲の秋≫

食欲の秋2


アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*

お取り寄せマンガ


Arika003ssいちおし
 おとりよせ王子飯田好実/高瀬志帆

おとりよせ王子 飯田好実 1巻/ノース・スターズ・ピクチャーズ

¥価格不明
Amazon.co.jp

おとりよせ王子 飯田好実 2巻/ノース・スターズ・ピクチャーズ

¥価格不明
Amazon.co.jp

おとりよせ王子 飯田好実 3巻/ノース・スターズ・ピクチャーズ

¥価格不明
Amazon.co.jp

おとりよせ王子 飯田好実 4巻/ノース・スターズ・ピクチャーズ

¥価格不明
Amazon.co.jp

おとりよせ王子 飯田好実 5 (ゼノンコミックス)/徳間書店

¥607
Amazon.co.jp

おとりよせ王子 飯田好実 6 (ゼノンコミックス)/徳間書店

¥607
Amazon.co.jp

おとりよせ王子 飯田好実 DVD-BOX/ポニーキャニオン

¥14,040
Amazon.co.jp

ノー残業デーの毎週水曜日。誰もよりも一目散に帰るクールな男の子、飯田好美(26)。

「付き合い悪い」と言われても気にする素振りもない様子。

なぜなら、早く帰れる水曜日、それは大好きなお取り寄せの宅配便(夜間配達」に間に合う唯一の曜日だったのだ・・・!

毎週全国からお取り寄せをして、ささやかだけど温かい今どき男子のお家ごはんの晩餐☆水曜日は毎週、王子の「お取り寄せ」曜日!

ArikaかぜちゃんPC3甘党OL漫画家&しょっぱ党大食い編集がレポる東京ハズレなしの食べ放題!
SEとして働くクールな男・飯田好美(26)には、ノー残業デーの水曜日に全国各地の名品をお取り寄せをしての1人だけの晩餐を楽しむ…!楽しみがあった。お取り寄せをテーマにした漫画で、実際にネット通販で購入できる商品を紹介しています。 会社と自宅とでギャップがあり、ネットスラングを使う?主人公を好きになれるかで評価が分かれそうな作品です。私は1人暮らしを満喫している雰囲気が好きです。美味しそう。徳間書店「月刊コミックゼノン」2011年2月号より連載。



評価:






スポンサーサイト



あふれだす食欲の秋≪通飯マンガ≫…Arika、うさタク、うろこ

kage

2015/10/31 (Sat)

■2015年秋のテーマ特集本≪食欲の秋≫

食欲の秋2


アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*

通飯マンガ


arikaいちおし カラスヤサトシの世界スパイス紀行/カラスヤ サトシ

カラスヤサトシの世界スパイス紀行 (ウィングス・コミックス)/新書館

¥価格不明
Amazon.co.jp

ワイルドなナイジェリア、おしゃれなスウェーデン、驚きのパプアニューギニア……

おいしくてびっくりの世界のスパイス料理をご紹介。

Arikaアイコン(小)1世界のスパイス料理を食べ歩く食レポマンガ
カレーの定義を突き詰めると、スパイスの世界になる。世界にはどのようなスパイスがあるのか東京にある世界の料理ペルー、エジプト、ブラジル、カンボジア、モンゴル、ブルガリア、ロシアラオス、ナイジェリア、スウェーデン、中国、メキシコ、インドネシア、モロッコ、パプアニューギニア、イラン・トルコ、アフガニスタン…… おいしくてびっくりの世界のスパイス料理をご紹介。東京の都内にあるお店や、埼玉まで行き料理店を周ってその世界の料理や食習慣やスパイスなどの使われ方などを食事を食べながら作者が体験。世界旅行に行ったような感じです。「未知のスパイスを見つけて世界を旅した気分」にひたれる内容と幕間の「スパイスとその仲間」も楽しい。作者の素朴な絵が料理紹介番組のような漫画とマッチしていい味を出しています。




あふれだす食欲の秋≪女性漫画家料理・グルメ・食漫画≫…うさタク、うろこ、Arika

kage

2015/10/30 (Fri)

■2015年秋のテーマ特集本≪食欲の秋≫

食欲の秋2


アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*

マンガ・料理人編(5)


うさタクのおすすめ
  ホクサイと飯/鈴木小波

ホクサイと飯 (単行本コミックス)/角川書店

¥670
Amazon.co.jp

海苔佃煮、お雑煮、カレーうどん……いつものおかずも自分で作れば、楽しくてしかもおいしい! 一人暮らしの女マンガ家が、迫り来る締切&容赦ない編集、そして日々の「飯」と全力で取り組む姿を描いた、インドア系。

Arikaうさたく2漫画家山田ブンこと山田文子が、描き、生き、食らう!
漫画家ブンとぬいぐるみ?のホクサイ、近所のヤンキー風女子乙女さんを取り巻く、ごはんのお話。主人公の「山田ブン」はとても売れっ子とは言えない女性漫画家。カツカツの生活の中、冷蔵庫の中身と財布の中身と相談しながら毎度毎度の食事を考える。主人公はどうも作者の投影らしい。そのメニュー決定のプロセスも面白い。締め切りまで4時間しかない状況で、普通なら出前やコンビニ弁当ですませばよいのに、だし用に固形のかつお節をカンナで削るところから食事を作り始めたり・・・。一人暮らしなのでどうしても単調になりがちな描写であるが、部屋に置いてある(リュックにつけて持ち歩いている)謎のぬいぐるみ「ホクサイ」に作者の脳内会話と実況中継(ナレーション)をさせることで、作品に広がりを持たせる手法が面白い。食うことそのものよりも作る過程に主眼をおいているためか、食う描写よりも作る描写に非常に手間がかかっているのが特徴。飯は質素でありながら、決して手間暇を惜しまない主人公。家に帰ったら山田ブン氏が料理を作って待っててくれたらなぁ~。

あふれだす食欲の秋≪一般書・文庫≫…Arika

kage

2015/10/29 (Thu)

■2015年秋のテーマ特集本≪食欲の秋≫

食欲の秋2


アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*

一般書・文庫



arikaおすすめ
 「オーパ!」シリーズ /著:開高健、写真:高橋昇

【電子特別版】オーパ! (集英社文庫)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1釣り師としても知られる作家・開高健が大河や海に挑んだ冒険記
ジャングルを蛇行するアマゾンは魚たちのユートピア。名魚トクナレや殺し屋ピラーニヤ、黄金の魚ドラドなど、巨魚・怪魚を求めて褐色の大河に挑んだ60日、驚異の16、000キロ。アマゾンや北アメリカの大自然で釣り糸を垂れる壮絶な日々は綴られ、食に関するエピソードも多数登場する。どんな物でもおいしく食べようと追求する人たちの物語でもある。



あふれだす食欲の秋≪コミック・料理人⑥≫…うろこ

kage

2015/10/28 (Wed)

■2015年秋のテーマ特集本≪食欲の秋≫

食欲の秋2


アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*

マンガ・料理人編(5)


  しろくまカフェ /ヒガアロハ

しろくまカフェ (フラワーコミックススペシャル)/小学館

¥700
Amazon.co.jp

究極の癒し系コミック登場。しろくまとパンダの掛け合いが見所。ツッコミどころ満載!

ArikaかぜちゃんPC3動物も人間もいっしょに暮らすの世界で、人気のカフェケロ♪
動物も人間もいっしょに暮らすの世界で、人気のカフェをやってるしろくま。動物園でパンダのバイトをしているパンダ君。しろくまもパンダもボケ同士なので、ペンギンのツッコミも必須。4段ギャグをするしろくま君のコスプレもけっこう凝っててツボ(※ダンスの時のマツケンサンバ爆笑)。シンプルな絵柄ですが、上手いです。さりげなくパンダポシェットや、ハンチングがお洒落。しろくまレシピもちゃんと使えることが載ってます。動物好きな人にはオススメの本です。

パンダ君ロール.マンガ

パンダ君ロール

評価:




あふれだす食欲の秋≪コミック・料理人⑤≫…うさタク

kage

2015/10/27 (Tue)

■2015年秋のテーマ特集本≪食欲の秋≫

食欲の秋2


アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*

マンガ・料理人編(5)


うさタクのおすすめ
  至福の暴対レシピ/西条真二

至福の暴対レシピ(1) (ヤンマガKCスペシャル)/講談社

¥610
Amazon.co.jp

Arikaうさたく2西条真二が作り出した「料理バイオレンス」
相変わらず美味しそうだけど絶対に食べたくない料理ばっかりだなぁ…

渋谷のスナック「雨音」ウェイター兼料理人の蘇我スギオ。ほおに傷を持つ24歳は壊滅した暴力団、溝仁会の会構成員だったのだが人を動かすのは暴力ではなく料理だという事に気づき、料理で人を笑顔にする道を選択したのだ。しかし彼の元にはトラブルが舞いこみがちで、そのトラブルを特異な料理知識で撃退するのだが、そのトラブルの裏側には「ある人」の影がちらついて──。「世界を動かすのは暴力ではなく料理だ」が座右の銘の蘇我スギオの活躍とストーリー全編にただようサスペンスの香り満載の、勧善懲悪料理コミック!!西条先生の料理漫画ということで、本編も期待通りの西条真二テイストです。ヒロイン格の女性キャラが「守られているだけの存在」なのが西条作品としては異色ですが、ほとんどの登場人物がクズで、その中でも主人公の「芯の通ったクズっぷり」の清々しさの痛快なのはいつもの通りです。料理の絵が上手いのも相変わらずで、特に肉の絵の上手さは抜群です。シャープな線でいて濃い顔の絵柄がこの世界観に似合ってセクシー。 内容としては 旧作『ジャン』シリーズとはひと味違い……やってる事はだいたい同じ気もするけど……性と暴力うずまく極道。ジャンほど狂ってないというかジャンより狂ってるというか…。しかし謎の勢いと暴力性はまだまだ内に秘めてる部分も多し。「鉄鍋のジャン」に暴力と性描写が加わった感じ。人を料理で倒すくだりは五行を思い出す。 「発情フルコース」や「食い合わせによる強制酩酊」等の、通常の料理漫画では間違いなくカテゴリーエラーとして弾かれる品目も過剰な演出と刺激が噛み合っているし、なるほど料理バイオレンスに偽りは無い。相変わらず美味しそうだけど絶対に食べたくない料理ばっかりだなぁ…。



あふれだす食欲の秋≪コミック・料理人④≫…Arika

kage

2015/10/26 (Mon)

■2015年秋のテーマ特集本≪食欲の秋≫

食欲の秋2


アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*

マンガ・料理人編(4)



arikaおすすめ
  ヘルズキッチン/漫画:天道グミ、原作:西村 ミツル

ヘルズキッチン(1)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1がお前を美味くする――!!包丁も握った事のない中学生・守屋悟(もりや・さとる)の前に突然現れた地獄の料理人・ドグマ。その目的は、地獄で最も美味とされる「本物の料理人の魂」を手に入れる事。食べられるために「本物の料理人」を目指す事になった悟の運命は--!?地獄発!憑かれて料理(つく)る、異端のグルメコミック!料理漫画なのに、スポーツ漫画を読んでいるような快感です!!最も美味だという料理人の魂をくらうために、地獄からやってきた悪魔に目をつけられた主人公が、料理人の道を目指していく、という話。1巻では、主人公はやっと料理のやりがいの片鱗を掴んだ所で、最高の料理人にはまだ程遠い。やりたいことがぼんやりしていることと、まだ文字通りの悪魔の傀儡にすぎないこともあって、展開は熱いとはいえないが、純粋な天才型のライバルを1巻終わりに得たことが、この後の大きな転換点になます。2巻からはドグマに<本物の料理人>を目指すことを強要された悟は“食の東大”「食専」に編入。天才ひしめく食専で、料理ド素人の悟だが、ドグマの力で料理人として成長し始める。表紙絵詐欺的なものもたまに見かけるが、このマンガ家さんは表紙と内容の絵にほとんど差がないし、キャラクター(中華娘やらスパイス少年やら刃物スキー娘……続々と新キャラ登場っ!!)がみんな濃くて覚えやすいです。個性的な絵と言えばそうなのかもしれませんが、個人的には好みな絵でした。もちろんストーリー・設定も良く、飽きません。




あふれだす食欲の秋≪コミック・料理人③≫…うろこ

kage

2015/10/25 (Sun)

■2015年秋のテーマ特集本≪食欲の秋≫

食欲の秋2


アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*

マンガ・料理人編(3)


Arika003ssいちおし
  失恋ショコラティエ /水城せとな

失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)/小学館

¥432
Amazon.co.jp

製菓学校に通う爽太(ソータ)は一つ上のサエコと交際中。

4年前の一目惚れから想い続け、去年のクリスマス直前にようやく初キス。

大のチョコレート好きな彼女のため、チョコ作りの腕を磨く日々。

彼女からタバコの匂いがしても、バレンタインのデートを断られても、全くくじけず挑み続ける爽太だったが…!?

ArikaかぜちゃんPC3チョコレートの美味しさと
主人公のドロドロさとヒロインのかわいさにキュンケロ♪

少し前に嵐の松潤主役でドラマ化もされた少女漫画。内容としては、学校のアイドルのサエコさんに2人目の男としか見られず、結局フラレてしまった小動爽太は悔しさを胸に勢いだけで一人、フランスへお菓子作りの修行へ出る。目的は自分の事を見てくれなかったチョコレート好きのサエコさんに自分の作ったチョコレートを食べてもらって「おいしい!」と言ってもらって、出来れば”おとす”こと。イケメンをとっかえひっかえする天然系小悪魔のサエコに恋した主人公の爽太が、サエコの心を射止めるために、菓子職人として、男として磨きをかけていくしかないと奮闘する話。

この漫画、「サエコ」という女性に対する感じ方で評価が分かれると思うのですよね。作中では主人公である爽太がショコラティエとしてチョコレートを作る様子が描かれるのですが、チョコレートの質感が出ていてすごいなあ…と感心します。作中に登場するチョコレートやチョコレート菓子も美味しそうに描かれています。甘い香りが漂ってくる感じ。食べたい。爽太が新商品のレシピを考案する過程なども描かれていて、興味深い。

彼のすることなすこと、全てサエコに繋がっているのもすごい(笑)。サエコは客観的に見れば普通の女の子で、もっと可愛い子や美人な女性が周りにいる。なのにどうして?と周囲は首を傾げるけど、爽太にとってサエコは誰よりも素敵で、可憐で、特別な「妖精さん」なのです。それは、二股かけられてポイ捨てされようと、他の男とのウェディングケーキを作らされようと、人妻になってしまおうと全然変わらない。「恋は生理現象だよ。太陽がまぶしい!って思うのやめられる?」と当然のように言い切る爽太が素直に羨ましい。ここまでひたむきに想う一方で、「この女、ガードゆる過ぎ。というかガードする気ないよな・・・今までの経歴から考えて」なんて、冷静に分析できてたりもする。粘着質な男の話だけど、イケメンさと出てくるチョコレートの綺麗さに惹きつけられて読むことが出来る。粘着質だけど、相手への想いがストーカー方面ではなく、チョコレート作りにぶつけられるのがなんだか、少年の初恋っぽさと少し大人のドロドロした感情がいい塩梅で混じっている。ちょっと大人向け少女漫画として男性にもオススメできるかもしれない作品。特に甘いもの好き男子へお薦めケロ♪

評価:




あふれだす食欲の秋≪コミック・料理人②≫…うさタク

kage

2015/10/24 (Sat)

■2015年秋のテーマ特集本≪食欲の秋≫

食欲の秋2


アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*

マンガ・料理人編(2)


  浅草人/脚本:鍋島雅治、作画:小川悦司

浅草人~あさくさびと~(1) (ニチブンコミックス)/日本文芸社

¥637
Amazon.co.jp

Arikaうさたく2浅草イズムというべき心と工夫。
機会があれば一度浅草に行ってみたい。

日本における代表的な観光都市である“浅草”――。主人公の風祭風介は、この地で働く車夫である。実はこの風介、伝説の洋食店「風神軒」の跡取りであり、料理人を目指していた。そして天才と謳われた亡き父の料理を再現できるのであった。下町“食”物語、開幕――!!
タイトルの通り「浅草」という街がテーマになっています。毎回、主人公・風祭風介が浅草ゆかりのお客に浅草ならではの一品を提供するのは同じ展開ですが、一つ一つの料理に、浅草イズムというべき心と工夫がこめられていてジーンときます。基本は浅草の洋食人情話ですが、『中華一番』の作者だけあり、料理を食べた時の人の描写がぶっ飛んでいて楽しいです。料理を食べた時のぶっとびリアクションもあり、確かな画力でシッカリと書き込まれた食材と、丁寧な調理シーン、マンガという連続した絵の媒体でありながら、全ての絵に手抜きが感じられずマンガを読む速さには自信のある僕ですが、ついゆっくりと作品から伝わってくる雰囲気を感じながら読んでしまいます。登場料理はハヤシライス、ナポリタン、コンソメ、トンカツ、グラタン、ビフテキ、オムライス。浅草という街のあたたかさ、煩雑さ、騒がしさ、情緒深さ、すべてをひっくるめた街の魅力を、毎回一品の料理で伝えよう、表現しよう、という気持ちが伝わってきて気持ちいい。実際に浅草の地元の人が読んだらどう感じるのかはわからないけど、浅草の洋食屋さんの味を確かめに東京に行きたくなるほど美味しそうで、さすがのコンビの作品です。




あふれだす食欲の秋≪コミック・料理人①≫…Arika

kage

2015/10/23 (Fri)

■2015年秋のテーマ特集本≪食欲の秋≫

食欲の秋2


アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*

マンガ・料理人編(1)


  食戟のソーマ/佐伯俊

食戟のソーマ 1 (ジャンプコミックス)/集英社

¥432
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1家が下町の定食屋を営む中学生・幸平創真。目標である料理人の父を越える為、創真は修業の毎日を送っていた。しかし突然、父から料理学校への編入話を告げられ…!? 創造する新料理マンガ、ここに開演!! ソーマの作る料理がとっても美味しそう! 料理漫画のお馴染みと言えば、リアクション芸!この『食戟のソーマ』は漫画を原作と作画担当に分けて、所謂エロ漫画家の先生を呼び作画担当にするという中々破天荒な作品です。綺麗でエロい女子のリアクションで読者を虜にする反面、内容はしっかりと少年ジャンプしていて面白いです。最近はエロで釣る手法を乱発しなくて良い程にしっかり内容がある漫画になっているのでおススメです。キャラも濃いし熱い展開のある漫画なので男女関係なく是非読んで欲しい作品です。



あふれだす食欲の秋2≪おいしい絵本編≫…うろこ

kage

2015/10/22 (Thu)

■2015年秋のテーマ特集本≪食欲の秋≫

食欲の秋2


アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*

おいしい絵本



Arika003ssいちおし
 ジャムつきパンとフランシス
 /作:ラッセル・ホーパン、絵:リリアン・ホーパン、訳:松岡亨子


ジャムつきパンとフランシス/好学社

¥1,296
Amazon.co.jp

近ごろ「ジャムつきパンしか食べたくない」とわがままを言うフランシス。

そんなフランシスに、お母さんはやさしく、かしこい作戦をじっこうすることに!!すると、フランシスは・・・?

ArikaかぜちゃんPC3食べ物がとってもおいしそう!
かわいいキャラクターが長年愛されている絵本ケロ♪

今回は題名通り、食べ物の話で、ほほえましくなります。人間の世界とおなじで家族それぞれが違う食べものを食べていてほかの食べものが食べたくなる様子も描かれています。あなぐまのフランシスは、ジャムつきパンが大好物。他の物を食べようとしないフランシスに、無理矢理食べさせることも、怒ることもしないお母さんがとった作戦とは・・・!今読んでも、笑ってしまうフランシスの想像力と歌の楽しさ!表情の豊かさと言ったら、可愛いケロ♪お母さんの作る料理、お友達の持ってくるお弁当、食べるシーンがとっても美味しそうで、いつも美味しそうだなって思いながら子どもの頃に読んでもらっていました。どこが面白いって、読み進めていくとフランシスと一緒においしいごはんをお預けされているような気分になってきて、どうにもおなかがすいてきてしまうところ。あーもうフランシス!なんでそんなに意地を張るの!なんて絵本に向かって声をかけたくなるから不思議。いやしかし、フランシスに感情移入してしまった大人から言わせてもらえば、なんともフランシスが食べるスパゲッティーがおいしそうでたまらない。そう、フランシスはパスタを食べれましたが、読者はそれを最後まで食べられないんです!

評価:




あふれだす食欲の秋≪コミック・家で料理②≫…うさタク

kage

2015/10/21 (Wed)

■2015年秋のテーマ特集本≪食欲の秋≫

食欲の秋2


アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*

マンガ・家で料理編(1)



 まかない君/西川魯介

まかない君 1 (ジェッツコミックス)/白泉社

¥価格不明
Amazon.co.jp

Arikaうさたく2一家の料理係「まかない君」!
年上イトコ三人達が暮らす家に同居することになった浩平くんが、一家の料理係「まかない君」としてごはんを作る漫画です。ストーリーはないようなもの。作って、食べて、おいしい、の繰り返し。食べ物ドーン!!!ガッツリ食べて大満足!!!な漫画じゃありませんが、凄く美味しそうな料理と美味しそうな食べ姿が良い感じです。ちょっぴりエロスなところがまた良い。掛け軸、額、Tシャツ、吹き出し外の書き文字など、小ネタはちょっと面白い。また料理はおいしそう。野菜が少ないのは悲しいけれど…手のかけ方・抜き方、材料の工夫の仕方、など、生活に密着した感じが良い。レシピだけでも出してほしい。紹介される料理自体もお手軽簡単に家庭で作れるものばかりで、全て作者が自作・試食してから掲載したと言う料理はズボラ飯ほど敷居が低く有りませんが、ちょっと頑張れば我々にも出来る、または挑戦したくなるメニューばかりです。連載中からそんなに詳細も載っていないけど、妙に惹かれるレシピと、ベタな人間関係でもいいじゃないかと 好きなマンガです。





あふれだす食欲の秋≪コミック・家で料理①≫…Arika

kage

2015/10/20 (Tue)

■2015年秋のテーマ特集本≪食欲の秋≫

食欲の秋2


アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*

マンガ・家で料理編(1)


arikaおすすめ
 クッキングパパ /うえやまとち

クッキングパパ(1) (モーニング KC)/講談社

¥566
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1岩一味は食の街・博多でバリバリ働くサラリーマン。荒岩には、仕事よりも大切なものがある。それは、家族。多忙を極める業務の合間、家族のため料理を作る荒岩。料理が好き、そして食べてくれる家族の笑顔が大好き。荒岩の活力は家族の「おいしい笑顔」なのだ。妻・虹子、長男・まこと、長女・みゆきの四人家族を中心に、家庭人として、時に企業人として、荒岩は今日もその腕を振るう。1985年に始まり、現在も連載継続中の長寿マンガ。コミックだけでも100巻以上あるからね、いやはや歴史を感じます。私はこの本に出会った頃小学生で、まこと君より小さく、今や荒岩も係長になり、大平さんも退職されてしまいました。メニューに困ったときは、この本を参考に自炊することもしばしば。登場人物たちの料理にまつわる温かな逸話が物語の中心で、ほのぼのとした内容もさることながらやっぱり定番料理から各国の料理、アイディア料理などメニューもバリエーション豊で楽しみながらできるところがいいですね。冒頭の作者の「料理って楽しいんですよー」というフレーズが今でも好きです。





あふれだす食欲の秋2≪コミック・食欲編③≫…うろこ

kage

2015/10/19 (Mon)

■2015年秋のテーマ特集本≪食欲の秋≫

食欲の秋2


アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*

マンガ・食欲編(3)



Arika003ssいちおし
 ごはんのおとも/たな

ごはんのおとも/実業之日本社

¥価格不明
Amazon.co.jp

これさえあれば、何杯だって食べられる。

わが友、ごはんの友。

●たまごの黄身のしょうゆづけ×独身男子
●しそみその焼きおむすび×女子大生
●なすの浅漬け×おばあちゃん
●セロリのじゃこ炒め×おじいちゃん
●とりそぼろ×料理人……

路地裏の料理店「ひとくちや」にあつまる人たちを、 心まであたためる8つのレシピ。

もたいまさこさんも微笑!
しあわせの笑みがこぼれる物語と美味しいレシピのあったかフルカラーコミック。

ArikaかぜちゃんPC3私の人生のおとも。
すごく落ち込んでいるのにごはんを通して前向きになれたり、笑顔になれたりする。ごはんが美味しいって幸せなことです!そういうことを教えてくれる。私にとってすごく大切にしたい人生のおともな一冊。 でてくる人がみんなあったかくて、絵柄がほっこりとかわいらしい。お料理もおいしそうで、ちょっとやってみようかな、と手が出しやすい。シリーズ化してほしい…。カラーページで描かれるごはんのなんとおいしそうなこと!やさしい時間とおいしそうなごはんに、おなかいっぱいで素晴らしく美味しそうケロ♪ひとくちやさんの夫婦が好きです、かわいい、姉さん女房と旦那さんかわいい! じんわり。「しそみそのおにぎり」食べたい。小さな幸せは身近にある!!!人を温かい気持ちにしてくれる魔法が詰まっている1冊。リアルなイラストに口元ゆるゆるケロ♪

評価:



あふれだす食欲の秋≪コミック・食欲編②≫…うさタク

kage

2015/10/18 (Sun)

■2015年秋のテーマ特集本≪食欲の秋≫

食欲の秋2


アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*

マンガ・食欲編(2)



 花のズボラ飯 / 原作:久住昌之、漫画:水沢悦子

花のズボラ飯/秋田書店

¥972
Amazon.co.jp

【あらすじ】
単身赴任の夫を持つ主婦、駒沢花(こまざわ・はな)、30歳。花は今日も自分のためだけに、ズボラだけど美味しいご飯を作ります!

Arikaうさたく2連載開始時からネットで話題騒然!
主婦から、オタクから、マンガ読みから絶大な人気を誇るグルメ・ショート!! 原作は超ロングセラー漫画『孤独のグルメ』の久住昌之、作画は日本一女の子をかわいく描ける漫画家・水沢悦子。驚異のコンビが、かわいくって、おかしくって、でもちょっぴり寂しいときもある一人暮らしの主婦・花の生活を描きます。誰も予想し得なかった、新しい『孤独のグルメ』の誕生です。本作の花さんの面倒くさがりな部分からいかに手間を掛けずにご飯を食べるか、という部分が主なテーマです。もっと言えば、コンビニで売っているものを買って食べて終わり・・・という話もあるくらい、「億劫さ」が貫かれています。それでも次が読みたくなるのは、僕も面倒くさいのが嫌いという点であるあるな本なのだろうと思います。なにより、食べるのに夢中な花さんがエロ可愛いらしいです。







あふれだす食欲の秋≪コミック・食欲編①≫…Arika

kage

2015/10/17 (Sat)

■2015年秋のテーマ特集本≪食欲の秋≫

食欲の秋2


アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*

マンガ・食欲編(1)


arikaおすすめ
 謎のあの店 /松本英子

謎のあの店 1 (Nemuki+コミックス)/朝日新聞出版

¥842
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1が止まっているかのような、佇まいからして尋常じゃない。でも、気になる。そんなお店、勇気を出して覗いてみたら……? 謎っぽくて入りにくい店をとことん楽しむ著者。入ってうわ~ってなるようなお店も、そこがまた赴き深い様子。私もこういう店って気になってます。でも入る勇気がない。だからか余計面白い。小さいケーキ屋ってのも気になりますよね。 超個性的なお店や町を著者独特の視点で描いたコミックエッセイ。一度読んだら病みつきになること間違いなし!





食欲の秋!、だから、おいしい本!≪第五章≫「料理がテーマや隠し味になっている美味しい小説」13冊

kage

2014/12/23 (Tue)

■2014年秋のテーマ特集本≪食欲の秋≫
Arika食欲の秋

★食欲の秋、読書の秋。・・・・・となれば、料理の世界を味わおう。

美味しい料理に出会うと、不思議と笑顔になる。幸せになれる。でも、どうして? そもそもおいしいには、どんなチカラがある? 秋のBOOK特集は、料理がテーマや隠し味になっている小説、料理エッセイ、食べ歩き、レシピ本etc.…おいしい文庫や書籍をご紹介。この季節にお勧めの、おいしい本をずらりと揃えさせていただきましたよ。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


≪第五章≫
になっているしい小説」13冊

彼女のこんだて帖/角田 光代

恋に疲れても、日々生きるために彼女たちは食べる。

巻末にレシピも・・・



彼女のこんだて帖 (講談社文庫)彼女のこんだて帖 (講談社文庫)
(2011/09/15)
角田 光代

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1
15本のストーリーには、それぞれの、”こんだて”がある。だれもおいしそうで、笑うための武器だったり、前を向くための道具になったりもする。日常のデキゴト、人のつながり、恋人、家族、時間と、とけあって完成する15の”こんだて”をどうぞ召し上がれ!!


食欲の秋!、だから、おいしい本!≪第四章≫「甘くておいしい」を味わいたい甘いもの好きさんへおすすめする6冊

kage

2014/12/08 (Mon)

■2014年秋のテーマ特集本≪食欲の秋≫
Arika食欲の秋

★食欲の秋、読書の秋。・・・・・となれば、料理の世界を味わおう。

美味しい料理に出会うと、不思議と笑顔になる。幸せになれる。でも、どうして? そもそもおいしいには、どんなチカラがある? 秋のBOOK特集は、料理がテーマや隠し味になっている小説、料理エッセイ、食べ歩き、レシピ本etc.…おいしい文庫や書籍をご紹介。この季節にお勧めの、おいしい本をずらりと揃えさせていただきましたよ。

アイコンかえる今回の書籍案内人・・・・うろこ


≪第四章≫
を味わいたい、甘いもの好きさんへおすすめする6冊

 ひんやり氷の本/前野紀一(監修)

氷を味わい、楽しむための本。

氷を知り、活かす方法はさすがケロ♪


ひんやり氷の本ひんやり氷の本
(2013/06/26)
前野 紀一

商品詳細を見る


かぜちゃんPC1
と氷の研究を重ねてきた北海道大学の名誉教授監修の美味しくて不思議な氷の話。

おいしくて、かんたんな「かき氷・氷を使ったレシピ」を紹介。暑い夏を乗り切るための「氷」ビジュアル読み物多数。かき氷のかき方、甘い氷のレシピ、氷をつあった料理、氷を料理に活かすなど、氷を味わい、楽しむための本。氷を知り、活かす方法はさすがケロ♪


食欲の秋!、だから、おいしい本!≪第三章≫「ひとり暮らしさん&料理下手さん」にも優しい誰が作っても美味しい料理本7冊

kage

2014/12/04 (Thu)

■2014年秋のテーマ特集本≪食欲の秋≫
Arika食欲の秋

★食欲の秋、読書の秋。・・・・・となれば、料理の世界を味わおう。

美味しい料理に出会うと、不思議と笑顔になる。幸せになれる。でも、どうして? そもそもおいしいには、どんなチカラがある? 秋のBOOK特集は、料理がテーマや隠し味になっている小説、料理エッセイ、食べ歩き、レシピ本etc.…おいしい文庫や書籍をご紹介。この季節にお勧めの、おいしい本をずらりと揃えさせていただきましたよ。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


≪第三章≫
さん&さん」にも優しい誰が作っても美味しい料理本7冊

 蒸籠でつくる、毎日のごはん/平野 由希子

遅い時間に食べても罪悪感のない蒸し料理レシピ!

「蒸籠」はなにも特別な道具じゃない。

中華以外の料理にだって、どんどん使えるスグレモノなのです。

あなたも、蒸籠のある暮らし、はじめてみませんか?


蒸籠でつくる、毎日のごはん蒸籠でつくる、毎日のごはん
(2007/11)
平野 由希子

商品詳細を見る



Arikaアイコン(小)1
籠に材料をセットして湯を沸かした鍋にのせるだけ、という簡単かつ美味しい蒸し料理のバリエーションが充実。電子レンジも便利だけれど、蒸籠だってちっとも難しいことはないんです。肉じゃが、手作り豆腐、塩ぶり大根......といった和食をはじめ、シュウマイや蒸し豚などの中華&エスニック、アクアパッツァやチーズフォンデュなど、平野さんお得意のフレンチ・イタリアンにだって、蒸籠は大活躍。それに、なにより美味しい!

もちろん、蒸籠の定番・おこわや蒸しギョウザなどの充実の内容。 遅い時間に帰宅してすぐに何か食べたいとき、重宝します。ひと手間かかるけど、手作りのふかふか花巻もロールキャベツも、さらにはプリン、マーラーカオなどのデザート系まで誰か招待してのホームパーティの定番にもおすすめだよ!





食欲の秋!、だから、おいしい本!≪第二章≫「作っておいしい」を味わいたい料理好きの人へおすすめする6冊

kage

2014/12/02 (Tue)

■2014年秋のテーマ特集本≪食欲の秋≫
Arika食欲の秋

★食欲の秋、読書の秋。・・・・・となれば、料理の世界を味わおう。

美味しい料理に出会うと、不思議と笑顔になる。幸せになれる。でも、どうして? そもそもおいしいには、どんなチカラがある? 秋のBOOK特集は、料理がテーマや隠し味になっている小説、料理エッセイ、食べ歩き、レシピ本etc.…おいしい文庫や書籍をご紹介。この季節にお勧めの、おいしい本をずらりと揃えさせていただきましたよ。




≪第二章≫
を味わいたい料理好きの人へおすすめする6冊

アイコンかえる今回の書籍案内人・・・・うろこ


 やさい歳時記/長尾 智子

野菜料理好きな人へ推選する『やさい』歳時記

やさい歳時記やさい歳時記
(2013/04/01)
長尾 智子

商品詳細を見る


かぜちゃんPC1
夏秋冬、季節の野菜と向き合い、食卓の主役にするべく調理してきた著者の野菜料理集。新しい角度からアプローチしたやさい料理には定評がある著者のシンプルだけど味わい深い、自然の恵みを豊かにいただくヒントがいっぱい。その料理に合わせて、器を選ぶのはスタイリストの高橋みどりさん。二人の息の合ったコラボレーションを眺められるのも、この本の愉しみのひとつケロ♪