FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

カテゴリ:★2015年度の月特集記事 の記事リスト(エントリー順)

kage

≪ 新しい記事一覧へ | | 古い記事一覧へ ≫

(10月のBOOK特集)本がある場所≪自分らしい本棚を取り入れる≫…Arika

kage

2015/10/21 (Wed)

(2015年10月のBOOK特集)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ物語


本のある場所1a

いま、書店や図書館、図書室、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*


≪自分らしい本棚を取り入れる≫


本棚の概念がくつがえるかも?
  本棚の本/アレックス・ジョンソン(著)、和田侑子 (訳)

本棚の本/グラフィック社

¥2,700
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1ルファベット型の本棚に、前に立つとトンネルの中にいるような感覚になるという本棚、視覚効果で目眩をおこしそうな本棚、あるいは照明がついた手押し車型、牛型、家型、木の枝、本で作られたもの、ななめ、逆さま、うねうね・・・等々、思わず「こんな本棚見たことない!」と唸ってしまう、常識の枠を超えてデザイン性の高い本棚を集めた珍しい写真集。インテリアデザイナーをはじめ、書店、図書館、学校関係者、本好き、インテリア好き、プロダクトデザイナーなど、「本」に携わるすべての人の興味をかきたてる、斬新な内容。単なる本の収納棚を越えた、モダン・アート・インテリアの数々。200本以上のデザイン本棚が書庫スペースの本棚の概念がくつがえる。 楽しく眺めながら、柔軟な発想を養えるかも。




(10月のBOOK特集)本がある場所≪本の歴史と事情≫…Arika

kage

2015/10/20 (Tue)

(2015年10月のBOOK特集)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ物語


本のある場所1a

いま、書店や図書館、図書室、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*


≪本の歴史と事情≫


人類の歴史と未来に寄り添いつづける「本と図書館」を考える。
 本と図書館の歴史-ラクダの移動図書館から電子書籍までー
 /モーリーン・サワ(著)、ビル・スレイヴィン (イラスト)、宮木陽子、小谷正子 (翻訳)


本と図書館の歴史-ラクダの移動図書館から電子書籍までー/西村書店

¥1,944
Amazon.co.jp

人々がどのように文字を記し、保存してきたのか、古代図書館から電子図書館までさまざまな図書館の役割を紹介します。

インターネットや高度な科学技術が進む現在、本・図書館のあり方をイラストでわかりやすく解説した1冊です。

Arikaアイコン(小)1の誕生から、歴史的な歩み、とても素敵な挿絵と、充実した内容が魅力的な絵本。私たち人類にとって「本とは何か?」と、その大きな意味を伝えてくれます。時代の権力者によって、図書館の蔵書も、多大な影響を受けてきました。焚書(ふんしょ)という歴史を乗り越えて、文化と教養、教えが、現代にまで受け継がれていることもあります。読書の大切さと、図書館の普及に努めた、発明家で政治家のベンジャミン・フランクリン、鉄鋼業で成功した大富豪アンドリュー・カーネギー、そして現代のマイクロ・ソフトの創業者ビル・ゲイツの活躍が紹介されています。本の価値の重要性と、私たち人類が、どのように本を守り、育て、「本によって、人類の知識と知恵が受け継がれている歴史である」ことを学ぶことができます。 小学校高学年向けの書き方で書かれているため、よくまとまっていて絵を通じて本の歴史がわかるし、読みやすい。かなり良い!




(10月のBOOK特集)本がある場所≪世界の究極な図書館≫…Arika

kage

2015/10/19 (Mon)

(2015年10月のBOOK特集)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ物語


本のある場所1a

いま、書店や図書館、図書室、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。

文化の香り漂うヨーロッパの図書館、新しいコンセプトのアジアの図書館…。

本を愛する人が幸せになれる世界の図書館を取り上げて紹介されてます。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*



≪世界の究極な図書館≫

紀元前の遺跡から、最新鋭の名建築まで知の遺産100館を巡る旅
 世界の美しい図書館/アフロ、アマナイメージズ (著)

世界の美しい図書館/パイインターナショナル

¥1,944
Amazon.co.jp

本書では、ユネスコの世界遺産としても登録されている歴史的な図書館や、巨匠による最新鋭の名建築など、世界各国の豪華な図書館やユニークな施設を100館掲載。人類の英知を体現する建築物を、各国の地域性とあわせてお楽しみいただけます。またコラムにて紀元前からはじまる図書館の歴史について、豊富な写真・図版付きで解説します。

Arikaアイコン(小)1書館と言うよりも、美術館や教会を思わせる荘厳な建築もあれば、現代的で今風の作りの建物も。近未来的、有機的、サイケデリックな建物ありと、やはりその国と言うか、建築家の個性が溢れる見事なものばかり。表紙はオーストリアのリンツ郊外にある修道院図書館で、本書のトップバッターです。1750年建造のオーストリア屈指の修道院図書館。天井のフレスコ画が見事です。同じオーストリアのアドモンド修道院図書館の豪華さにも目を奪われます。オーストリアは実は美しい図書館の宝庫で、収録5館がすべて美しい。チェコのストラホフ図書館やスイスのザンクト・ガレン修道院図書館、フィンランド国立図書館ドイツのヴィブリンゲン修道院図書館、フランスの国民議会図書館、スペインの聖ロレンソ修道院図書館も負けず劣らず凄いです。イギリスのハンフリー公爵図書館は映画「ハリー・ポッター」の撮影にも使われたとか。なんと世の中には他にもこんなに美しい図書館やユニークな図書館があるのかと本書を見て知り、驚きました。日本も10館収録で殆どが大学の図書館ですが、一般でも気軽に来館・利用できる所もあるみたいです。煌びやかな図書館に、白壁が基調の落ち着いた図書館、所蔵数が圧巻の図書館、近未来的な造りの図書館、ユニークな面白い図書館。アメリカの多くがユニークな造りの図書館が掲載されており、p.172のカンザス市立図書館は笑ってしまった。内装どうなってるんだろう…。きっとあなたのお気に入りの図書館があるはずです。意外だったのは、中国の図書館が個人的には一番魅力的だった事。なんというか、見事にアジアならではの自然を取り入れた素晴らしい図書館でした。




(10月のBOOK特集)本がある場所≪世界の究極な本屋さん≫…Arika

kage

2015/10/18 (Sun)

(2015年10月のBOOK特集)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ物語


本のある場所1a

いま、書店や図書館、図書室、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。

文化の香り漂うヨーロッパの古書店、新しいコンセプトのアジアの書店…。

本を愛する人が幸せになれる世界の本屋さんを取り上げ、オーナー・店長・店員のインタビュー。

もちろん、イチ押しのおすすめ本とともに紹介されてます。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*



≪世界の究極な本屋さん≫

欧米主要都市にある33の素敵な書店を紹介した写真集。
 世界の夢の本屋さん/清水玲奈、大原ケイ (著)、エクスナレッジ (編集)

世界の夢の本屋さん/エクスナレッジ

¥4,104
Amazon.co.jp

いま、イチオシの世界の本屋さんを質の高い写真を豊富に使って紹介するビジュアル解説書。

紹介するのは、建築、インテリアはもちろん、格式や先進性、業態のユニークさ、本の品ぞろえ、オーナーの懐の深さまで、オンリー・ワンの特徴を兼ね備えたお店ばかりです。

お店の歴史や書店を始めるきっかけ、取り扱う分野や、経営ポリシーなどを語るオーナーや店長インタビューと、本屋で働く心構えや、お客さんとの接し方、プロとしての勉強方法、仕事のやりがい、将来の夢などを語る書店員インタビューの2本立て。

本好き、本屋好きなら一度は訪れてみたい!

こんなすてきな書店なら、いつか自分でもやってみたい! と思うこと、まちがいなしです。

●目次
◆オランダ アムステルダム
┣メンド
┣アメリカン・ブックセンター
┣ナイホフ&リー

◆マーストリヒト
┣セレクシス・ドミニカネン

◆ベルギー ブリュッセル
┣クック&ブック
┣トロピスム書店
┣ブリューゼル
┣パッサ・ポルタ

◆イギリス ロンドン
┣マグマ
┣タッシェン・ロンドン
┣ロンドン・レビュー・ブックショップ
┣ドーント・ブックス・マリルボーン
┣ ヘンリー・サザラン

◆イタリア ローマ
┣メル・ブックストア
┣パラッツォ・ロベルティ書店
┣カフェ・レッテラリオ・ローマ
┣ビブリ
┣アリオン・エスポジツィオーニ書店

◆イタリア ミラノ
┣トリエンナーレ・ブックストア
┣デザイン・ライブラリー
┣ バッサーノ・デル・グラッパ
┣パラッツォ・ロベルティ書店

◆レッジオ・エリミア
┣アラルコ書店

◆アメリカ ニューヨーク(マンハッタン)
┣アイドルワイルド・ブッスク
┣マクナリー・ジャクソン・ブックス
┣リッツォーリ・ブックストア

◆アメリカ ニューヨーク(ブルックリン)
┣グリーンライト・ブックストア
┣ パワーハウス・アリーナ

◆フランス パリ
┣パレ・ド・トーキョー書店
┣ル・メルル・モケール サンキャトル店
┣フロランス・ロエヴィ - ブックス・バイ・アーティスツ
┣ラ・ベル・オルタンス
┣リブレリ・デ・ジャルダン
┣オー・エフ・エール
┣ジュソーム書店

本を愛する人が幸せになれる場所。その魅力の源泉を探る―世界の名店58名のオーナー・店長・店員さんにインタビュー。

…‥‥‥…★
Arikaアイコン(小)1界の夢の本屋さんを紹介する第1弾。本好きなら何時間でも居たいような書店たちの写真集。世界にはこんな素敵本屋さんがあるんだね。店舗の規模や建物自体が素晴らしい事もあるが、棚や平台だけでなく、様々に工夫された本の見せ方や店の雰囲気作りが個性的。カフェ・レストラン・ミュージアム、中には施設図書館併設の所まであってビックリ。この本の醍醐味は、もちろんそれらの本屋さんの魅力あふれる店内を覗けることにあるのですが、それにも増して興味深いのは、そこで働く店長と、店員さんのそれぞれのコメントです。本屋さんで働く中での様々な思い、それを語るその人の佇まいなど、とても興味深い。本のコンシェルジュとしての誇り、そして日々、お客様に喜んでもらうための工夫、情熱、学び続ける姿勢が素晴らしい。私もそんな働き方ができたら、と憧れを抱く。行ってみたい本屋さんがいっぱい。アート関係の本屋さんがたくさん出てきて、本当に素敵なお店ばっかり。お洒落なカフェ風より、暗めの茶色の本棚にぎっちり詰まってたりするのが好き



(10月のBOOK特集)本がある場所≪本を紹介する本≫…Arika、うさタク、うろこ

kage

2015/10/17 (Sat)

(2015年10月のBOOK特集)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ物語


本のある場所1a

いま、書店や図書館、図書室、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*



本を紹介する本

Arika報告書y0001おすすめ
 君に伝えたい本屋さんの思い出/日販マーケティング本部 (編)

君に伝えたい本屋さんの思い出/主婦と生活社

¥1,543
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1屋さんのお話ですが、こちらはいろんな作家さんの目線から見た本屋さんです。ベストセラー作家が語る「書店にはドラマがある!」書棚にずらりと並ぶ背表紙を見るだけで、胸がときめく…自分にとっての「決定的な一冊」に出会った、そのときの衝撃!―本屋さんをもっと好きになる「ちょっといい話」。お気に入りの作家さんが書いていたりするので、とても楽しいです。また、作家さん目線から見ると、本屋さんは少し違った場所に思えてくるから、不思議です。少しテーマと異なるかもしれませんが、いかがでしょうか?




(10月のBOOK特集)本がある場所≪出版社が舞台のコミック≫…うさタク

kage

2015/10/16 (Fri)

(2015年10月のBOOK特集)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ物語


本のある場所1a

いま、書店や図書館、図書室、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*



≪出版社が舞台のコミック≫

Arikaうさたくアイコン①いちおし
 重版出来!/松田奈緒子


重版出来! 1 (ビッグコミックス)/松田 奈緒子

¥596
Amazon.co.jp

Arikaうさたく2ンガは、マンガ家だけのものじゃない。編集者、営業、宣伝、製版、印刷、デザイナー、取次、書店員…。数えきれないマンガの裏方たちのリレーで、読者の手に届くもの。今まで柔道一筋だった心が出版社に就職して奮闘する! 編集の仕事、営業さん、書店、作家さんの関係がわかって面白い。そう、裏方の熱き想いがあるからこそ「マンガは売れる」んです!マンガに関わる一人ひとりの人間ドラマをぐいっと描く本作、全ての仕事人へのエールマンガです!!!僕も新入社員の気分になって続きも読もう。




(10月のBOOK特集)本がある場所≪図書館が舞台のコミック≫…うさタク

kage

2015/10/15 (Thu)

(2015年10月のBOOK特集)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ物語


本のある場所1a

いま、書店や図書館、図書室、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*



≪図書館が舞台のコミック≫

Arikaうさたくアイコン①いちおし
 図書館の主/篠原 ウミハル

図書館の主 1 (芳文社コミックス)/芳文社

¥637
Amazon.co.jp

Arikaうさたく2設の児童図書館が舞台の「本を紹介する」系のコミック。「タチアオイ児童図書館」の名物司書・御子柴は、ぶっきらぼうな地味眼鏡。しかし、仕事は一流。今日も、人々が救いの一冊を求め、彼のもとへ…。図書館を舞台に「児童書のソムリエ」御子柴が活躍する癒やしの物語。児童文学再読のきっかけにいかがだろうか? 「うた時計」「宝島」「幸福の王子」「ニルスのふしぎな旅」、子供の頃読んだことがある作品であっても、今パッと話を思い出せるだろうか? あの頃夢中になって読んだ高揚感を思い出せるだろうか?児童文学は子供だましではなく、子どもが理解できるような表現で書かれているだけのこと、大人が楽しむべき名作は山ほどある。「お前が本を選ぶんじゃない、本がお前を選ぶんだ。」しびれます。キノコのくせに…(笑)。1巻で翔太という少年が面白い本に出会い「全部読んでしまうのがもったいない」と言っていた気持ち、とてもよくわかる。読み終わったら、また面白い本を探そう。そのために図書館はある。それを、この作品は暖かく教えてくれる。この作品は、児童書を通していろいろな人間の人生がつづられていく。本を通して出会いがあり、過ちを見直すことがあり、そして出会いの輪が広がっていく。少し人生を立ち止まってみたくなった人に、お勧めしたい作品。




(10月のBOOK特集)本がある場所≪本屋が舞台のコミック≫・・・うさタク

kage

2015/10/14 (Wed)

(2015年10月のBOOK特集)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ物語


本のある場所1a

いま、書店や図書館、図書室、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*


≪本屋が舞台のコミック≫

Arikaうさたくアイコン①いちおし
  本屋の森のあかり/磯谷 友紀

本屋の森のあかり(1)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

Arikaうさたく2方書店から都会の本屋に転勤になった主人公・あかりが、新天地で奮闘する様を描いています。本屋の森で、会いましょう。本好きなら誰もが心弾む本屋さん。そこに、やさしくて博識なメガネ男子と、クールなメガネ王子がいたら……!?大好きな本の森で、個性あふれる書店員さんといっしょに新米スタッフあかりは、どんな物語を織りなすの――?恋愛要素が含まれていて、本屋で働く日々の中でゆるやかに進んでいく恋模様にも注目してしまいます。



(10月のBOOK特集)本がある場所≪本屋が舞台の絵本・児童書≫…うろこ

kage

2015/10/13 (Tue)

(2015年10月のBOOK特集)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ物語


本のある場所1a

いま、書店や図書館、図書室、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*



≪本屋が舞台の絵本・児童書≫

Arika001.png
 ぶたぶたの本屋さん /矢崎 存美

ぶたぶたの本屋さん (光文社文庫)/光文社

¥518
Amazon.co.jp

ArikaかぜちゃんPC3ックス・カフェやまざきは、本が読めるカフェスペースが人気の、商店街の憩いのスポット。店主の山崎ぶたぶたは、コミュニティFMで毎週オススメの本を紹介している。その声に誘われて、今日も悩める男女が、運命の一冊を求めて店を訪れるのだが―。見た目はピンクのぬいぐるみ、中身は中年男性。おなじみのぶたぶたが活躍する、ハートウォーミングな物語。 今回のぶたぶたさんはブックカフェの店長。「ブックス・カフェやまざき」が実際にあるのなら絶対に行く!通い詰めて常連になる!!(笑) ついでにご近所のパン屋さんやお饅頭屋さんも一緒に・・・。本屋さんであり、FM局で本を紹介もする。相談コーナーが印象的♪ 優しい気持ちになれた。今回もほんわかな短編ばかりで心がほぐされる感じがした。カフェのある本屋さん、そこに店主のぶたぶたさんがいる。FMのラジオ局で本の紹介をして朗読しているのがあのぶたのぬいぐるみであると思うだけで、楽しさでいっぱい、さて次はどこに現れるのだろう。ケロ♪



(10月のBOOK特集)本がある場所≪恐竜がいる図書館が舞台の絵本・児童書≫…うろこ

kage

2015/10/12 (Mon)

(2015年10月のBOOK特集)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ物語


本のある場所1a

いま、書店や図書館、図書室、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*


≪恐竜がいる図書館が舞台の絵本・児童書≫

Arika001.png
 トリケラとしょかん/五十嵐 美和子 (著)

トリケラとしょかん/白泉社

¥1,404
Amazon.co.jp

ArikaかぜちゃんPC3竜だらけのおもしろ図書館アドベンチャー。ある雨の日、女の子の前に突如現れた図書館は、なんと、トリケラトプスがお客さんの、トリケラ図書館だった。中には、トリケラ語の本がぎっしりと、博物館のような動物標本や、美術館のようなトリケラ芸術の展示が充実。こんな図書館行ってみたいなあ。女の子は、トリケラ語の本を借りる。雨があがっても、図書館もトリケラトプスは消えず、幻ではなさそう。 トリケラの図書館にはどんな本あるんだろう。気になる気になる。ドキドキしてページをめくっていたら最後のオチにびっくりしました。いつからリュックを置き忘れていた?全く気づきませんてました(笑) トリケラトプス語を解明するのが楽しかった!




(10月のBOOK特集)本がある場所≪おばけ図書館≫…うろこ

kage

2015/10/11 (Sun)

(2015年10月のBOOK特集)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ物語


本のある場所1a

いま、書店や図書館、図書室、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*



≪おばけ図書館が出てくる絵本・児童書≫

Arika001.png
  おばけとしょかん/デイヴィッド メリング (著)、山口 文生 (翻訳)

おばけとしょかん (児童図書館・絵本の部屋)/評論社

¥1,512
Amazon.co.jp

ArikaかぜちゃんPC3る夜、ボーが魔女のお話を読んでいると、明かりが消えてあやしい影が! 本といっしょに空にとびだし、ついたところは「おばけとしょかん」。いったいここは、なんなの!? 絵本を読んでいると、オバケが忍び寄ってきて…という語りだしのお話ですがやさしくてほっこりする絵本です。本棚が空っぽの図書館の本をみんなでつくるのがなんとも楽しそう。文字の一切ないページがあるので読み聞かせとかをするときは工夫が必要そうですが、暗闇で表紙が光る細工も楽しくて素敵です。自分たちで作った物語が図書館いっぱいに並んでいる情景はきっと幸せだろうなあ。ボーは、図書館司書さんに向いてるね。おばけとしょかんの、館長さんでもいいかも?



(10月のBOOK特集)本がある場所≪動物が登場する図書館が舞台の絵本・児童書≫…うろこ

kage

2015/10/10 (Sat)

(2015年10月のBOOK特集)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ物語


本のある場所1a

いま、書店や図書館、図書室、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*



≪動物が登場する図書館が舞台の絵本・児童書≫

Arika001.png
 ぶたぶた図書館 /矢崎 存美

ぶたぶた図書館 (光文社文庫)/光文社

¥535
Amazon.co.jp

ArikaかぜちゃんPC3好きの中学生・雪音と市立図書館の司書・寿美子は、「ぬいぐるみおとまり会」実現に奔走していた。子供たちのぬいぐるみを預かり、夜の図書館での彼らの様子を撮影して贈る夢のある企画だ。絵本を読んだり、本の整理をして働くぬいぐるみたち。ポスター作りに悩む二人の前に、図書館業界では伝説的存在(?)の山崎ぶたぶたが現れて…。 山崎ぶたぶたさん、子どももいるお父さん。色々気になる存在です。今回は図書館での企画をきっかけにして、人の繋がりが広がりました。「何も知らない」で謎を残したままになってるのが気になりますが、秀が突然亡くなった弟の何をも知らなかった…という悔しい想い。ぶたぶたに出会えたことで色んな感情が生まれて、そこからまたカメラマンに戻るんじゃないかと感じたりもしました。 図書館でぬいぐるみのおとまり会する企画、面白そうケロ(笑)。


(10月のBOOK特集)本がある場所≪図書館が舞台の絵本・児童書≫…うろこ

kage

2015/10/09 (Fri)

(2015年10月のBOOK特集)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ物語


本のある場所1a

いま、書店や図書館、図書室、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*


≪図書館が舞台の絵本・児童書≫

Arika001.png
 つづきの図書館/柏葉 幸子(著)、山本 容子 (イラスト)

つづきの図書館/講談社

¥1,620
Amazon.co.jp

ArikaかぜちゃんPC3い鳥文庫のHPから生まれた、柏葉幸子の最新作ファンタジーと、山本容子の美しいイラストの最強コラボレーション!感動まちがいなしの最高傑作!!「読んでくれた人のその後が知りたい!」と、本から出てきた裸の王さま(and more)と、図書館司書の交流のお話。「本をさがすんですよね。」「いやいや。本をさがしてもらいたいのではない。青田早苗ちゃんのつづきが知りたいんじゃ。」「本ではなくて、青田早苗ちゃんのつづきですか?」桃さんには、さっぱりわけがわからない。田舎の図書館でおこった、不思議なできごとに、司書の桃さんはいやおうなしに巻きこまれてしまいますが…。 児童書なんですが、大人が読み感じることがたくさんある1冊でした。ファンダジーの中にある現実。シリアスなんだけど、心がほっこりする世界観。最後は涙なくては読めません。 お話は面白いけど挨拶もなしにいなくなっちゃうのは、ちょっと切ないケロ♪



(10月のBOOK特集)本がある場所≪ライトノベルズ≫…Arika

kage

2015/10/08 (Thu)

(2015年10月のBOOK特集)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ物語


本のある場所1a

いま、書店や図書館、図書室、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。


アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*


ライトノベルズにでてくる図書館、図書室、本屋の物語を集めてみました。

紹介する本は、ほっこりするような話、ラブコメ、ミステリーと色々です。

しかも、主人公たちは超末期活字中毒者なくらい本好き。

超末期活字中毒者ラノベ本

 R.O.D―READ OR DIE YOMIKO READMAN“THE PAPER”
 /倉田 英之 、スタジオオルフェ (著)、羽音 たらく (イラスト)


R.O.D―READ OR DIE YOMIKO READMAN“THE PAPER” (集英.../集英社

¥535
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1京、お台場、人の気配のない超高層ビル。香港から来た呉は稀覯本『黒の童話集』の取引を行っていた。相手の男は金髪のイギリス人。しかしその横には、鑑定人だという眼鏡をかけた東洋人の若い女が…。ボディチェックのため、女のコートの前を開けさせた呉は、言葉を失う…。コートの裏地にはやたらと内ポケットがあって、そこには、文庫本やら雑誌やらスポーツ新聞やらが突っ込まれていたのだった!史上初(?)の文系女スパイアクション発進。少年向けの『萌え』をテーマに掲げる文庫レーベルからの作品なので―読む前は『男性向けの女性キャラ』ばかりなのかな?、と少々警戒していたのだが…、読み始めてすぐに、そんな思考は吹き飛ばされた。本をこよなく死ぬほど異常でメチャクチャに愛する女性『読子・リードマン』がこの物語の主人公。超末期活字中毒者!!の主人公の奇行は、活字を愛する人間であれば思わず我が身を省みてしまう様なモノが多く、笑いを誘われる。彼女は稀少本などの類を管理する、『大英図書館』お抱えのエージェントであり、その別名は『紙使い』、その能力は文字通り『紙』を使用して戦うこと。本をこよなく愛し、それ以外はてんでダメな紙使い•読子の異能バトル。紙がなければただの一般人。しかしひとたび紙を操れば、彼女は最強の戦士に……なるのか?ともあれ主人公の読子を初めとして、超売れっ子作家の『菫川ねねね』や、その他のキャラクター達(ちょい役やザコ敵)にも魅力があり、200ページ余りという薄さも手伝って、始まりから終わりまでスパッと楽しく読むことが出来ました。真のビブリオマニア(読書狂)とは…このレベルまで達かなくてはいけないのか?!、と思わず唸る。主人公の特殊性は、その能力「紙使い」職業「大英図書館特殊エージェント」だけでなく、その性格、行動の占める割り合いが大きいような気がしてならない。シリーズ第1巻ということもあり、主要登場人物はまだ出そろってはいないものの、十分に楽しめた1冊♪異能の成り立ちとか、全体の目的といったものは特に見えないまま次巻へ。本屋の在庫一括買い上げとか、電子書籍が普及してきた今読むとまた違った面白さがある気がするので期待!




(10月のBOOK特集)本がある場所≪物語の中の本≫…Arika

kage

2015/10/07 (Wed)

(2015年10月のBOOK特集)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ物語


本のある場所1a

いま、書店や図書館、図書室、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*



舞台が本屋でも、図書館でも、図書室でも、出版社でもない物語に本がでてくる物語を集めてみました。

紹介する本は、ほっこりするような話、しんみりしちゃうもの、ミステリーと色々です。

物語のなかでも本が愛されている素敵な本たちです。

物語の中の本

 空飛ぶ馬/北村薫

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)/東京創元社

¥734
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1学部の女子大生が主人公のシリーズで、シリーズ全て読み終わる頃にはかなり文学について詳しくなれた気がします。題材となっているのは自分の日常にも起こりそうな何気ない謎ですが、その裏に潜むドラマに時にぞっとしたり、ホッとしたりしました。どの話も面白かったのですが、個人的にはタイトルにもなっている「空飛ぶ馬」が、読了後ほっこりできていちばん好きでした。主人公は女子大生、探偵役が落語家の師匠、という異色の組み合わせ。その軽妙でいて芯のある言葉で語られる解決編には不思議な説得力があり、湧き立つような知性と品の良さが心地良く響いてくる。一見穏やかなだけの物語のように見えて、実はぴりっと悪意がきいているものもあり、人という存在を奥底まで見つめている。北村薫は元高校の国語教師だからか、これ以外にもほとんどの本の主人公が本好きで、文学の話が出てきます。




(10月のBOOK特集)本がある場所≪赤城毅/「書物狩人」シリーズ≫…Arika

kage

2015/10/06 (Tue)

(2015年10月のBOOK特集)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ物語


本のある場所1a

いま、書店や図書館、図書室、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*



今回紹介する本は、赤城毅/「書物狩人」シリーズのミステリー。

莫大な対価を払ってコレクターが収集する稀覯本をあらゆる手段を使って手に入れる「書物狩人」の話。

本や歴史に関する蘊蓄がたくさん出てきて楽しめます。

赤城毅/「書物狩人」シリーズ

 書物狩人

書物狩人 (講談社文庫)/講談社

¥679
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1覯本の謎を繙く、極上の書物ミステリー。ナポレオンの旧蔵書、バチカンが探すギリシア語写本――世界を揺るがす秘密をはらんだ本を、合法・非合法を問わず入手する「書物狩人」。書誌愛好家必読の1冊! どんな本でも依頼があれば手に入れる『書物狩人(ル・シャスール)』 依頼人も凄ければ、その金額も半端なく、価値のある本って必要な人にとってはどんな事をしても手に入れたいと思う程のモノになるんですね。 彼の活躍がきらめきます。 古書探偵というべきなのか、なんなのか・・・一言で言うと「カッコいい」探偵(笑)。本好きなら読みたくなるタイトルです。でも本についてというより稀少な古書を巡って、歴史や政治の謎に迫る感じ。もっと近代史や世界史に強ければより楽しめたのに、知識が足りないのは一重に私の勉強不足のせいです。 ストーリーは、そうだったのね、と意表を突かれる場面もあり。でも、銀髪ってやっぱりちょっとカッコつけすぎ!(笑)



(10月のBOOK特集)本がある場所≪海外文学≫…Arika

kage

2015/10/05 (Mon)

(2015年10月のBOOK特集)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ物語


本のある場所1a

いま、書店や図書館、図書室、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*


海外文学の中の本の物語

 シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々/ジェレミー・マーサー(著)、市川 恵里 (翻訳)

シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々/河出書房新社

¥2,808
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1リ、セーヌ左岸の、ただで泊まれる本屋。ジョイスの『ユリシーズ』を生みだした伝説の書店の精神を受け継ぐ二代目シェイクスピア・アンド・カンパニーは、貧しい作家や詩人たちに食事とベッドを提供する避難所だった。ヘンリー・ミラー、アナイス・ニン、ギンズバーグらも集ったこの店に、偶然住み着くこととなった元新聞記者がつづる、本好きにはこたえられない世にもまれな書店の物語。 本屋が舞台になった本といえば、ガチの本命のこの本を抜きにして語ることはできないんじゃないでしょうか。パリの実在の古書店が舞台で、それもとびきり重要な、有名作家も出入りする本屋の中に寝泊まりした日々の思い出です。本屋は今もあります。ウィキペディアで写真も見れますよ。




(10月のBOOK特集)本がある場所≪出版社が舞台≫…Arika

kage

2015/10/04 (Sun)

(2015年10月のBOOK特集)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ物語


本のある場所1a

いま、書店や図書館、図書室、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。


アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*


出版というコトりづくり

 校閲ガール/ 高木あや子(著)

校閲ガール/KADOKAWA/メディアファクトリー

¥1,296
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1ァッション誌の編集者になる! という夢を抱えて出版社に就職した河野悦子(こうの・えつこ)が配属されたのは校閲部だった。入社して2年目、苦手な文芸書の校閲原稿に向かい合う日々。「こんなところ早く抜け出してやる」とばかりに口が悪い演技をしているが、段々自分の本性がナマイキな女子であるような錯覚に陥ってくる毎日だ。そして悦子の原稿や周囲ではたびたび、ちょっとしたトラブルや事件が巻き起こり……!? 読んでスッキリ、元気になる! 最強のワーキングガールズエンタメ☆この本を読んで、やっぱり大事なお仕事であることを改めて認識した。ジャンルによるとは思うけど校閲により間違いや勘違い、ミスや抜けを防ぐことはできるだろう。その一方で作者が本当に書きたかったものが失われてしまうこともありえるだろう。その微妙な駆け引きができるのが素晴らしい校閲者なのだろう。電車の時刻やら歴史やら、何でもいちいち確認するのも校閲のお仕事だなんて大変すぎる。知識が増えていくのは楽しそうだとは思うけど。主人公になったつもりでゲラを読んだけど見つけられたのは漢字ミスぐらいで、文法とかまったく違和感を覚えなかった。仕事初めて2年とかでここまで出来ちゃうもん?スゴイよ。




(10月のBOOK特集)本がある場所≪図書室が舞台≫…Arika

kage

2015/10/03 (Sat)

(2015年10月のBOOK特集)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ物語


本のある場所1a

いま、書店や図書館、図書室、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*


図書室から繋がる物語

 図書室の海/ 恩田陸(著)

図書室の海 (新潮文庫)/新潮社

¥562
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1き下ろしで、『六番目の小夜子』の番外編・短編。十色の趣向、十色の愉悦――。受賞作『夜のピクニック』の前日譚も併録した全10篇!あたしは主人公にはなれない――。関根夏はそう思っていた。だが半年前の卒業式、夏はテニス部の先輩・志田から、秘密の使命を授かった。高校で代々語り継がれる〈サヨコ〉伝説に関わる使命を……。関根夏、桜庭克哉、浅井光、そして志田啓一。短編で終わるのがもったいないくらい、魅力的な生徒たちだった。学生の頃、図書室が好き過ぎて、休み時間はいつも入り浸っていた場所。そんな場所での少しヒンヤリするお話でした。もっとも恐怖を感じたのは「国境の南」で背筋がぞっとしながら読み進め、喫茶店の頻繁の水の給仕に気を付けよう(?)と思いました。恩田ワールドの魅力を凝縮したあまりにも贅沢な短篇玉手箱。この短編だけで完結させておくには余程の想像力が必要なのでは?と感じてしまいました。あるいは何も考えずに読み終えて、どこか引っ掛かる、すっきりしない後味を楽しむのが恩田さん作品の魅力なのかも知れない。 イサオ・オサリヴァンを探しての本編が「夜の底は柔らかな幻」らしいので、早く読みたい〜♪




(10月のBOOK特集)本がある場所≪本屋が舞台≫…Arika

kage

2015/10/02 (Fri)

(2015年10月のBOOK特集)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ物語


本のある場所1a

いま、書店や図書館、図書室、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。


アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*


本屋が舞台、古本屋から始まる出会いなどの本をセレクトしてみました。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。

本屋は、たくさんの発見を見つけられる素敵な場所。

本屋から拡がる物語

 ぼくは本屋のおやじさん/早川 義夫 (著)

ぼくは本屋のおやじさん (ちくま文庫)/筑摩書房

¥778
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)122歳(1969年)ロックグループをやめ、小さな書店を始めた著者の奮闘記。置きたい本が入荷しない小さな店のもどかしさ。冊子『読書手帖』を作って客とふれあい、書店主同士で通信を作り交流。再び歌手を始めるまでの22年間で学んだ大切なこととは。文庫化にあたり、エッセイ8本と「早川書店」のブックカバー等を収録(絵=藤原マキ)。 30年来のロングセラー!この本は町の本屋さんってどんな仕事だろうという興味に答えてくれることはもちろんだが、現在の早川さんの歌や生き方そのものがこの本にもあふれているように思える。本屋さんという仕事を通して、あるいはそこで経験されたことを引き合いに、自分がなぜ存在するか、どう存在するのか、どう存在すべきかを問い、伝えてくる。表紙の柔らか印象や文体とはちがい、この本も他の早川さんの著作同様、生きることの本質に迫る作品だと思う。好きな本に囲まれながら本を売る仕事というのにはあこがれを持った時期があるけれど、現実は厳しく、その厳しさへのぼやきがなんともいえない味を醸し出している。立ち読みとか、取次とか、問屋とか、出版社とか、その他いろいろと世知辛いことに対してひたすらボヤきまくる内容で、大変面白かったです。やっぱり、こういう人じゃないと、面白い文章は書けないよな(面白い音楽も)…とも。全体から漂ってくる、このぼんくら感がたまらんです。 いわゆる町の本屋さんが閉店していく中で昔通った本屋のご主人もこんなことを考えていたのかなと想いをめぐらしました。