FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

カテゴリ:📺2015春期ドラマ紹介 の記事リスト(エントリー順)

2015年春、金曜ドラマ『アルジャーノンに花束を』

kage

2015/06/12 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月10日スタート 

TBS系 毎週金曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:09)

 アルジャーノンに花束を

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:ダニエル・キイス「アルジャーノンに花束を」(ハヤカワ文庫)/脚本監修:野島伸司/脚本:池田奈津子/演出:吉田健/プロデューサー:韓哲/プロデューサー:佐藤敦司

主題歌:ベット・ミドラー「ローズ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•白鳥咲人(山下智久)
花の運送会社「ドリームフラワーサービス」のスタッフ。28歳だが6歳児並みの知能しかない知的障害者。ママが好きになってくれる“お利口さん”になることが夢の純粋な青年。「脳生理化学研究センター」の研究員・遥香や白ねずみのアルジャーノンと出会ったことで、知的能力を向上させる臨床試験の被験者となる。

•望月遥香(栗山千明)
「脳生理科学研究センター」の研究者。知的能力を向上させる研究者・蜂須賀の右腕的な存在で、彼に心惹かれている。純粋な青年・咲人と運命的な出会いを果たす。

•柳川隆一(窪田正孝)
「ドリームフラワーサービス」のスタッフ。頭はいいがどこか投げやりな性格で、詐欺罪で逮捕された過去を持つ。純粋な咲人を利用していたが、やがて友情が芽生える。

•檜山康介(工藤阿須加)
「ドリームフラワーサービス」のスタッフ。母親を守るために父親を刺し、殺人未遂で服役した過去を持つ。守るべき存在だった咲人に変化が生じ、友情関係も変わっていく。

•蜂須賀大吾(石丸幹二)
「脳生理科学研究センター」のリーダーで脳医学研究の第一人者。白ねずみ・アルジャーノンの知能を向上させる実験に成功し、その研究の被験者となった咲人にねじれた愛情を注ぐようになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
山下智久主演×野島伸司脚本監修で世界的ベストセラーをドラマ化!
ダニエル・キイスの同名小説を原作に、野島伸司が脚本監修を務めるヒューマンドラマ。主演の山下智久は「自分としてもチャレンジとなる役柄。最後まで気を抜かずに、一つ一つ自分のものにできるよう頑張っていきたい」と意気込みを語る。同ドラマは、6歳児並みの知能のまま成長した28歳の青年・白鳥咲人(山下)が、手術によって天才的な知能を手に入れたことで味わう愛と憎しみ、喜びと孤独を描く。花の配送センターで働く心優しい咲人は、動物実験で驚くべき知能を得た白ねずみ・アルジャーノン、その研究の被験者を探す望月遥香(栗山千明)と出会い、人生が大きく動きだす。


2015年春、金曜ドラマ『金曜8時のドラマ「3匹のおっさん2~正義の味方、ふたたび!!~」』

kage

2015/06/12 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月24日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 午後7:58~午後8:54(初回は午後7:58~午後9:09)

 金曜8時のドラマ「3匹のおっさん2~正義の味方、ふたたび!!~」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:有川浩「三匹のおっさん」シリーズ(新潮社)/脚本:佐藤久美子/脚本:清水しおり/監督:猪原達三/監督:白川士/監督:山田勇人

主題歌:和田アキ子「晴レルヤ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
清田清一(北大路欣也)
通称キヨ。熱い正義感の持ち主。定年退職し、ゲームセンターの嘱託社員として再就職。還暦を迎えた今でも剣道の腕はにぶっていない。

立花重雄(泉谷しげる)
通称シゲ。居酒屋「酔いどれ鯨」の元亭主。店は息子夫婦に任せているが、“三匹のおっさん”の溜まり場でもある。武闘派で柔道の腕に覚えあり。

有村則夫(志賀廣太郎)
通称ノリ。町工場「有村電業」の社長。機械を触らせたら無敵の頭脳派だが、愛娘の早苗にはめっぽう弱い。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
テレビ東京の歴史を塗り替えた人気作第2弾。三匹のおっさんが近所の悪を成敗!
作家・有川浩の人気シリーズを基に、かつて悪ガキ3人組だった清田清一(北大路欣也)、立花重雄(泉谷しげる)、有村則夫(志賀廣太郎)が結成した私設自警団“三匹のおっさん”が、詐欺や痴漢、動物虐待など、近所にはびこる悪を“斬って”いくヒューマンミステリーの第2シリーズ。昨年放送された第1シリーズでは、最終回に同局のプライムタイムの連続ドラマ(時代劇を除く)史上最高となる12.6%の高視聴率を獲得したほか、北大路ら主要キャスト3人が「東京ドラマアウォード2014」で特別賞を受賞するなど、大きな話題を呼んだ。今作は前回の1年後を描き、清一たちが近所を守るために再び痛快な立ち回りを演じる。

2015年春、水曜ドラマ『心がポキッとね』

kage

2015/06/10 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★4月8日スタート 

フジテレビ系 毎週水曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:09)

 心がポキッとね

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:岡田惠和/演出:宮本理江子/演出:都築淳一/演出:宮脇亮/プロデューサー:森安彩

主題歌:星野源「SUN」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•小島春太(阿部サダヲ)
オーバーワークと周りからのプレッシャーにより心を病んで会社を辞め、家も家族も失う。ホームレス生活をしていたところを心に拾われて、家具再生職人として働きながらひっそりと暮らしている。

•葉山みやこ(水原希子)
恋愛がらみで警察ざたになり、会社を辞め、現在は無職で放浪中。男性にほれると、のめり込み過ぎてしまうストーカー気質の26歳。

•大竹心(藤木直人)
春太の働くアンティーク家具店のオーナー。顔よし、性格よし、スポーツマンで、完璧ないい人。悩むことができないのが唯一の悩み。

•鴨田静(山口智子)
フリーの空間コーディネーター。春太の元妻で、心の恋人。完璧に見えて、実は自己実現できていない。自分にとっての本当の幸せが何なのか分からず迷う日々を送っている。
----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
「最後から二番目の恋」コンビの新作で、阿部サダヲが4年ぶりの連続ドラマ主演!!
過去の失敗や心の傷のせいで、不器用にしか生きられず、究極に面倒くさい存在となっている“病んでるオトナ”4人が織り成すラブコメディー。脚本家・岡田惠和による完全オリジナルストーリーで、演出は、「最後から二番目の恋」(同系)で岡田とタッグを組んだ宮本理江子が手掛ける。阿部サダヲは、「マルモのおきて」(同系)以来、約4年ぶりとなる民放連続ドラマ主演。共演する水原希子、藤木直人、山口智子らとの軽妙な掛け合いも見どころ。




2015年春、火曜ドラマ『戦う!書店ガール』

kage

2015/06/09 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★4月14日スタート 

フジテレビ系 毎週火曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:09)

 戦う!書店ガール

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:碧野圭「書店ガール」シリーズ(PHP文芸文庫)/脚本:渡辺千穂/演出:白木啓一郎/演出:木内健人/プロデューサー:山下有為/プロデューサー:沖貴子/プロデューサー:松井洋子

主題歌:渡辺麻友「出逢いの続き」/挿入歌:SOLIDEMO「Girlfriend」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•北村亜紀(渡辺麻友)
「ペガサス書房」正社員、コミック担当の23歳。「結婚より仕事や夢!」がモットーの、気が強くて表裏がない正直な性格。何ごとも納得しなければ折れないため、理子とは常にぶつかる。

•西岡理子(稲森いずみ)
「ペガサス書房」副店長。仕事にプライドを持って働いてきた故に、40歳にして独身。気が強く頑固なわりに、情にもろくてお人好し。

•三田孝彦(千葉雄大)
「ペガサス書房」正社員。物静かな児童書担当の27歳。人を見る目にすぐれ、他人とは一定の距離を保って付き合っている。

•小幡伸光(大東駿介)
一つ星出版のコミック雑誌編集部の副編集長。「ペガサス書房」で亜紀に会い、一目ぼれし猛アプローチを掛ける。

•田代敏之(田辺誠一)
亜紀と理子の奮闘を見つめる謎の男。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
AKB48の渡辺麻友と稲森いずみがダブル主演。真逆な2人が恋に仕事に奮闘!
ゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初主演となるAKB48の渡辺麻友と稲森いずみのダブル主演で、碧野圭の人気小説を映像化するウーマンライフドラマ。脚本は、「名前をなくした女神」「ファースト・クラス」(同系)などで、人間の表と裏を隠すことなく描き女性の共感を呼んできた渡辺千穂が手掛ける。世代の異なる働く女性2人がぶつかり合いながらも、仕事、恋愛、人生に果敢に立ち向かっていく中で、お互いに成長していくさまを描き、頑張っているすべての女性にエールを送る。痛快で“オンナ心”が満載。



2015年春、土曜ドラマ『土曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 「夢を与える」』

kage

2015/06/06 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★5月16日スタート 
WOWOWプライム 土曜 午後10:00~午後11:00

 土曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 「夢を与える」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:綿矢りさ「夢を与える」(河出文庫)
監督:犬童一心
脚本:高橋泉

主題歌:Rinbjo「dIS de rEAm」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•阿部夕子(小松菜奈)
幼少期に母の勧めでCMオーディションを受け、それを機に芸能界入りし、成長してからブレークしたアイドル。自分のパブリックイメージに違和感を覚え始める中で、自由奔放に生きるダンサー・正晃と恋に落ちる。

•阿部幹子(菊地凛子)
夕子の母親。夕子に過剰な思い入れを持ち、ステージママとして夕子の芸能活動やプライベートに干渉する。フランス人の夫・トーマとの関係は冷めきっている。

•ミイ羽(夏帆)
夕子と共演するアイドルユニット「ニャンギャル7」のメンバー。

•増尾仁太郎(浅野和之)
JBCテレビのワイドショー番組のベテラン司会者。夕子がブレークするきっかけを作りながらも、恋愛スキャンダルの発覚後はそのネタを徹底的に追及していく。

•村野(オダギリジョー)
広告代理店のクリエイティブディレクター。CMオーディションで幼少期の夕子の才能を見出した。夕子の最大の理解者でもある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
芥川賞作家・綿矢りさの原作を、小松菜奈と菊地凛子のダブル主演でドラマ化!
2004年に「蹴りたい背中」で芥川賞を受賞した綿矢りさの同名小説を、初の連続ドラマ化。娘に夢を託す元モデルの母と、スターの座に上り詰めながらも、やがて転落していく美しい娘とが織り成す愛憎劇。友情、恋愛、裏切り、そして母娘の葛藤の物語を描く。監督は、映画「ジョゼと虎と魚たち」、「連続ドラマW グーグーだって猫である」の犬童一心。現実世界での出来事を彷彿とさせるスキャンダルの数々に巻き込まれながら成長していくヒロインを、映画「渇き。」で注目を集めた新進気鋭の小松菜奈が熱演。愛憎半ばするその母親を、ハリウッドでの活躍も目覚しい菊地凛子が務める。

2015年春、金曜ドラマ『天使と悪魔─未解決事件匿名交渉課─』

kage

2015/06/05 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月10日スタート 

テレビ朝日系 毎週金曜 午後11:15~深夜0:15

 天使と悪魔─未解決事件匿名交渉課─

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:高橋悠也/演出:波多野貴文/プロデューサー:山田兼司/プロデューサー:布施等/プロデューサー:木曽貴美子

主題歌:ソナーポケット「Song for you~明日へ架ける光~」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•蒔田ヒカリ(剛力彩芽)
警視庁の警察官。人を疑うことを知らず、容疑者にだまされるミスを連発。未解決事件資料室という窓ぎわ部署に追いやられる。茶島と出会ったことをきっかけに、司法取引を用いた捜査を行うことに。人間の裏の顔を見抜くことはできないが捜査知識は豊富で、運動神経もいい。

•茶島龍之介(渡部篤郎)
人を信じることができず、シニカルな思想を持つ正体不明の悪徳弁護士。突然、ヒカリの前に現れ、警視庁匿名交渉課の一員として共に活動することに。なぜ彼が匿名交渉課の仕事を請け負ったかは謎。人並みはずれた弁論術と論理的思考能力を持つ一方、身体能力は並以下。

•宇田川賢(長谷川朝晴)
警視庁捜査一課の主任。匿名交渉課が絡む案件の不可解な解決の仕方に疑問を抱き、やがてヒカリと茶島を脅かす存在になる。

•阿野忠臣(荒川良々)
東京地方検察庁の検事で、茶島の元部下。匿名交渉課が関わった事件の後始末を背負わされるなど、中間管理職のような振る舞いを余儀なくされている。

•神楽坂遼一(宇崎竜童)
最高検察庁の特任検事長。匿名交渉課の設立に関与した人物の一人で、検察時代の茶島と大きな因縁がある。司法取引を自らの思惑の実現に使えるか試すために茶島を利用し、日本国内での適用を目指して水面下で動いている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
剛力彩芽と渡部篤郎が天使と悪魔に!? 司法取引をテーマにした異色サスペンス!
司法取引をテーマにした異色のリーガルサスペンス。剛力彩芽が主演を務め、渡部篤郎がヒロインの相棒役で共演する。司法取引とは、主犯の罪を密告することで自分の罪を軽減するシステムで、アメリカでは広く取り入れられており、日本でも一部導入が予定されている制度。剛力演じる“天使のような警察官”蒔田ヒカリと、渡部扮する“悪魔のような弁護士”茶島龍之介がコンビを組み、禁断の交渉で未解決事件を極秘裏に解決していく姿が描かれる。また、司法取引を通してヒカリの中に潜む1%の“悪魔”、茶島に潜む1%の“天使”がえぐり出されるなど、「表と裏の顔」をめぐる濃密な人間ドラマも大きな見どころとなっている。


2015年春、木曜ドラマ『京都人情捜査ファイル』

kage

2015/06/04 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月30日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 午後8:00~午後8:54

 京都人情捜査ファイル

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:吉本昌弘/脚本:李正姫/監督:兼崎涼介/プロデューサー:黒田徹也/プロデューサー:池田邦晃/プロデューサー:塚田英明

主題歌:山下達郎「マイ・ガーディアン・エンジェル」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•戸隠鉄也(高橋克典)
京都府警警務部・犯罪被害者支援室・戸隠班の班長。かつては捜査一課の優秀な刑事だったが、自身が被害者遺族となる悲惨な事件を経験。今もなお割り切れない思いを抱えながら、事件解決が第一優先の捜査一課が見落としがちな“遺された者たち”の声に耳を傾けていく。

•吉崎仁美(松下由樹)
京都府警警務部・犯罪被害者支援室の室長。臨床心理士の資格を持ち、カウンセラーとしての一面も持ち合わせている。刑事だった父が殉職した経験から、犯罪被害者のケアを重要視しているが、時折、感情移入し過ぎてコントロールが利かなくなることも。

•清水安裕(尾美としのり)
京都府警警務部・犯罪被害者支援室・戸隠班のメンバー。元捜査二課の刑事で、明るく、班ではムードメーカー的存在。

•星野佳世(高部あい)
京都府警警務部・犯罪被害者支援室・戸隠班のメンバーで元交通課の刑事。見た目はきゃしゃだが、バイクやトラックの運転が得意で、いわゆる“女”を武器にすることもいとわない。

•花園健(鈴木貴之)
京都府警警務部・犯罪被害者支援室・戸隠班メンバー。元サイバー犯罪対策課の刑事で、コンピューターを扱わせたら無敵だが、人間を信用していない。ある事件で戸隠に救われたことがあるが、恩義は全く感じていない。

•仲田周平(渡辺邦斗)
京都府警捜査一課の刑事。人並みはずれた正義感の持ち主で、職に殉ずる覚悟ができている。

•加藤善浩(石丸謙二郎)
京都府警捜査一課の係長。犯人検挙以外に興味がなく、現場に出張ってくる被害者支援室のメンバーを邪魔者扱いするが、岩瀬にうまく丸め込まれている。

•岩瀬厚一郎(松平健)
京都府警警務部長。周囲から“昼あんどん”と噂されることもしばしばある好々爺だが、実は権謀術数をめぐらす実力者で、警務課に戸隠班を設置した張本人。古都をこよなく愛する風流人で、茶道、書道、剣道の達人でもある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
高橋克典が「犯罪被害者支援室」を舞台にしたミステリーで人情警察官に!
各都道府県警に実在し、凶悪事件に遭った犯罪被害者の心に寄り添うことを使命とする「犯罪被害者支援室」を舞台にした、熱く優しいヒューマンミステリー。木曜ミステリー枠に初出演となる高橋克典は、「時代劇のような勧善懲悪でスッキリしていただける要素もあります」とアピールする。相手役を務めるのは、高橋と久しぶりの共演となる松下由樹。2人を見守る存在として、テレビや舞台はもちろん、CMや声優まで活躍の場を広げる名優・松平健が登場する。高橋と松平は今作が待望の初共演。確かな実力とキャリアを誇る初顔合わせの3人が、老舗ドラマ枠に新風を吹き込む。

2015年春、日曜ドラマ『日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 『テミスの求刑』

kage

2015/05/31 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★5月10日スタート 

WOWOWプライム 日曜 午後10:00~午後11:00

 日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW「テミスの求刑」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------

原作:大門剛明「テミスの求刑」(中央公論新社)/脚本:久松真一/脚本:香坂隆史/監督:権野元

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•平川星利菜 (仲里依紗)
検事志望で司法試験を受けたこともある、静岡地方検察庁の検察立会事務官。かつて警官だった父親を殺害され、その事件の担当検事だった田島を尊敬していたが、「田島は殺人検事」との電話を受けてから疑念を抱くように。高校3年生の妹・穂之果と2人暮らし。

•滝川要(杉本哲太)
田島の後任として東京地検から呼び寄せられた敏腕検事。仲間とコミュニケーションを取るのを嫌うなど一癖あるが、検事としての腕は一流。星利菜を立会事務官とし、田島が容疑者となる弁護士殺しの担当を引き受ける。

•水谷康介(高岡奏輔)
静岡県警所轄の地域課巡査部長。星利菜の父親と仕事をしていた関係で、星利菜と穂之果の親代わりを務めている。

•深町代言(袴田吉彦)
東京に拠点を置く凄腕弁護士。世論が注目する事件を好んで名乗り出るミーハーな面も。田島が罪に問われることがあれば弁護したいと申し出る。

•黒宮和彦(佐藤二朗)
星利菜の父の殺害事件で、被告である澤登健太郎の弁護を務めていた弁護士。田島の司法修習時の同期でもある。

•澤登栄太郎(世良公則)
健太郎の父。健太郎が無実を訴えて自殺した今は、息子の無実を信じている。建具店を経営している。

•田島亮二(岸谷五朗)
被疑者を自白に追い込むのを得意とし、“割り屋”の異名をとる、静岡地方検察庁のエース。犯罪者を野放しにすることを決して許さない性格。星利菜の父の殺害事件でも、担当検事として健太郎から自白を引き出したが、冤罪の可能性が浮上してきて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
仲里依紗が社会派ドラマに初挑戦。検察事務官役で冤罪事件の真相に迫る!
司法制度をテーマにした作品を発表し続ける、大門剛明の同名小説を連続ドラマ化。警官だった父親を殺された過去を持つ女性検察事務官を、連続ドラマW枠初主演の仲里依紗が務め、冤罪事件の真相を解き明かしていく。“冤罪をどう償うのか”という現代社会に課せられたテーマを扱いつつ、2つの殺人事件の真実を追う法廷ミステリーでもある同作。「連続ドラマW 悪貨」「連続ドラマW 震える牛」などの監督・権野元、「ドラマW 再生巨流」、映画「64 ロクヨン」などを手掛けた脚本家・久松真一という、重厚な社会派サスペンスの映像作品を生み出してきた2人が担当するのも見どころ。






2015年春、昼ドラマ『プラチナエイジ』

kage

2015/05/29 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★3月30日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜~金曜 午後1:25~午後1:55

 プラチナエイジ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:清水有生/脚本:清水有生/演出:阿部雄一/プロデューサー:市野直親/プロデューサー:浦井孝行/プロデューサー:河角直樹

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•伊佐山香織(榊原郁恵)
主婦。2人の子供はそれぞれ家庭を持ち独立している。面倒見の良い性格で、夫の晃司や今の生活にも不満はない。小さな幸せに満足していたが、台所のリフォームを機に出会った建築家の森山亮平に惹かれていく。

•速水智恵子(池上季実子)
輸入家具店の店主。夫の純一は再婚で、先妻との間の一人娘・浅尾未来にひょんなことから出会ってしまう。夫が認知症と診断されてから激動の日々が待ち受ける。

•岩村和子(宮崎美子)
主婦。夫・吾郎と2人での穏やかな人生に満足していた。しかし、あることがきっかけで嫌気がさし、ホストクラブに通い詰めて大金を使うようになる。

•速水純一(春田純一)
智恵子の夫で輸入家具店経営。店を智恵子に任せ、毎日のように若い女と遊ぶ自由人。ところが、次第に物忘れが激しくなり、認知症という診断が下る。

•岩村吾郎(中本賢)
和子の夫で中堅食品会社の経理部課長。間もなく定年退職を迎えるため、のんびり暮らすために湘南に引っ越してきた。第2の人生に希望を抱いていたが…。

•伊佐山晃司(宅麻伸)
香織の夫で弁護士。自分の事務所を東京に持っている。家族を大切にしているが、学生時代に付き合っていた恋人の娘が突然仕事の依頼で事務所に訪れたことから、彼女に振り回され始める。
----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
榊原郁恵、池上季実子、宮崎美子がトリプル主演。60歳の妻たちの青春物語!
榊原郁恵、池上季実子、宮崎美子の3人が、湘南で暮らす60歳の妻たちを演じる友情と青春の物語。3組の夫婦それぞれにさまざまな問題が起こるが、葛藤とともに生きる素晴らしさがつづられていく。人生の岐路に立ち、年を重ねたからこそ抱く夢やときめきとともに、時に助け合い、時にぶつかり合いながら今を生きる60代女性の等身大のドラマが展開。3人の夫役として宅麻伸、春田純一、中本賢が脇を固める。


2015年春、金曜ドラマ『BS時代劇 神谷玄次郎捕物控2』

kage

2015/05/22 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月3日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週金曜 午後8:00~午後8:45

 BS時代劇 神谷玄次郎捕物控2

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:藤沢周平「霧の果て~神谷玄次郎捕物控」(文春文庫)/脚本:古田求/脚本:田上雄/脚本:渡辺善則/脚本:保利吉紀/脚本:中村勝行/演出:本木克英/演出:酒井信行/制作統括:原克子/制作統括:管原浩/制作統括:原林麻奈

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•神谷玄次郎(高橋光臣)
北町奉行所の定廻り同心で直心陰流の使い手。その一方で、奉行所きっての怠け者ではみ出し者との烙印を押されている。しかし、ひとたび事件が起これば、持ち前の洞察力と剣の腕前を駆使して難問を解決する。母と妹を殺された過去がある。

•お津世(中越典子)
小料理屋「よし野」の女将で、子供と2人暮らし。玄次郎と恋仲にある。

•おさく(岸本加世子)
神谷家に仕える女中。自堕落な玄次郎をいつも叱りつけている。世話焼きで、玄次郎にとっては煙たい存在だが、母親替わりの良き理解者でもある。

•銀蔵(中村梅雀)
髪結い床「花床」の主人で、玄次郎配下の岡っ引き。玄次郎の父親の代からの関係で、玄次郎とはお互いを信頼し合う仲。父親のような存在。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
藤沢周平原作の名作捕物帖シリーズ第2弾! 高橋光臣演じる神谷玄次郎の名推理!
北町奉行所のはみ出し者・神谷玄次郎が抜群の推理力で難事件を解決していく、藤沢周平原作による名作捕物帖で、2014年春に放送された時代劇ミステリーの第2弾。普段は茶屋に入り浸たり自堕落な怠け者だが、いざ事件が起きると天才的な集中力と鋭い観察眼、卓越した勘とひらめきで真犯人を突き止めてしまう主人公を、前作に引き続き高橋光臣が演じる。前作同様、玄次郎と恋仲である小料理屋の女将・お津世(中越典子)、世話焼きな神谷家の女中・おさく(岸本加世子)との軽妙なやり取りや、信頼する岡っ引きの銀蔵(中村梅雀)らとの名推理、そして剣術の使い手としての立ち回りを披露する。


2015年春、土曜ドラマ『She』

kage

2015/05/16 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★4月18日スタート 

フジテレビ系 毎週土曜 午後11:40~深夜0:05

 She

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:安達奈緒子/演出:山内大典/演出:北坊信一/プロデューサー:上久保友貴

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•西澤涼子(松岡茉優)
秀英館高校の3年生。荻原あづさの親友でクラスメート。ジャーナリスト志望のクールな才女で、あづさの失踪の理由とその裏に潜む真実に近づいていこうとする。

•荻原あづさ(中条あやみ)
秀英館高校の3年生。成績優秀、容姿端麗なパーフェクト美女。ある日、こつ然と姿を消した。

•山本沙綾(竹富聖花)
あづさのクラスメートで、彼女とトップ争いをしていた、自称・学年のクイーン。

•奥村千里(森川葵)
あづさら学園の中心人物とはほど遠く地味な存在。涼子たちとはクラスメートだが、言葉を交わしたこともない。

•江藤美百合(清水くるみ)
あづさと同じバドミントン部に所属していた。上位グループの底辺にいる、ブレーク願望がある普通の女子。

•村岡晴人(成田凌)
秀英館高校の学園一のイケメン。あづさと同じバトミントン部に所属し、県大会で優勝する腕前を持つ。

•広瀬祐喜(白洲迅)
あづさらのクラスメートで、晴人といつも一緒にいるイケメンのチャラ男。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
“新生”土曜ドラマ第1弾。松岡茉優主演のスクールドキュメント・サスペンス!
“fresh&edgy”をテーマに、エッジの効いたドラマを放送するフジテレビの“新生”土曜ドラマ第1弾。“主人公不在”という実験的なスタイルを取った異色のスクールドキュメント・サスペンスで、成績優秀・容姿端麗な学年一の美女が失踪したことから歯車が狂い始める、4人の女子高生の姿をドキュメントタッチで描く。連続ドラマ初主演を飾る若手実力派女優の松岡茉優が、失踪した“彼女”の一番の親友で、ジャーナリストを夢見るクールな才女役に扮し、失踪の理由と真実に迫っていく。

2015年春、土曜ドラマ『64(ロクヨン)』

kage

2015/05/16 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★4月18日スタート 

NHK総合 毎週土曜 午後10:00~午後11:00

 64(ロクヨン)

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:横山秀夫「64」(文春文庫)/脚本:大森寿美男/演出:井上剛/制作統括:屋敷陽太郎

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•三上義信(ピエール瀧)
D県警の広報官。未解決事件「64」担当の元刑事。組織の論理で動く県警上層部の傲慢な命令のため、反発する記者クラブとの間で板挟みになる。家庭では一人娘のあゆみが消息不明になっている。

•三上美那子(木村佳乃)
義信の妻。元ミス県警に選ばれた美貌の持ち主。容姿に極度のコンプレックスを持つ一人娘のあゆみが行方不明になり、自宅で電話を待ち続ける。

•諏訪尚人(新井浩文)
D県警の広報室の係長。三上の部下。表向きは腰が低いが、警察の体面や組織の論理ばかりに目を向け、内心では記者たちをないがしろにしている。

•秋川修次(永山絢斗)
東洋新聞記者。県警記者クラブのキャップ。県警が加害者を匿名発表した事件で、三上と対立する。

•美雲志織(山本美月)
D県警の広報室のスタッフ。三上を慕う部下。東洋新聞の秋川から一方的に思いを寄せられている。

•松岡勝俊(柴田恭兵)
D県警の捜査一課長。三上のかつての上司。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
ピエール瀧主演、地方県警の広報官の視点から未解決誘拐事件の真相を描く!
2013年度「このミステリーがすごい!」年間ランキング1位にも選出された、作家・横山秀夫の同名小説をドラマ化。昭和64年と平成14年にまたがる2つの誘拐事件を、地方県警の広報官の視点から描くミステリー。横山秀夫作品のNHKでのドラマ化は、2005年に放送され、放送文化基金賞本賞、ギャラクシー賞優秀賞を受賞した「クライマーズ・ハイ」以来となる。ピエール瀧が主人公の広報官・三上義信に扮し、県警広報室と記者クラブが加害者の匿名問題で対立する中、新たな誘拐事件に直面。2つの事件に翻ろうされながら、事件に隠された真相を探っていく。そのほか、木村佳乃、新井浩文、永山絢斗らが共演する。


2015年春、土曜ドラマ『土曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 闇の伴走者』

kage

2015/05/09 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★4月11日スタート 

WOWOWプライム 毎週土曜 午後10:00~午後11:00

 土曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 闇の伴走者

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:長崎尚志「闇の伴走者-醍醐真司の博覧推理ファイル-」(新潮文庫)/脚本:佐藤大/脚本:阿相クミコ/監督:三木孝浩/プロデューサー:喜多麗子/プロデューサー:川田尚広

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•水野優希(松下奈緒)
出版業界メインの調査員。元警察官で、強い責任感の持ち主。アジマプロからの依頼で、漫画界の巨匠・阿島文哉の未発表画稿が本当に阿島の作品なのかを調べ始める。

•醍醐真司(古田新太)
フリーの漫画編集者。偏屈だが編集者としては奇才。知識が豊富で推理力にすぐれている。優希に協力を求められ、阿島の画稿の調査をする。

•一峰馨(田中哲司)
大手出版社「英人社」の副編集長。醍醐の元部下。

•小澤幸秀(要潤)
アジマプロの部長。阿島夫人から、阿島文哉が遺した50枚の未発表画稿の調査を頼まれる。

•矢島友之(森本レオ)
警察官だった優希の父親の元同僚。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
未発表原稿から始まる謎! 松下奈緒と古田新太のダブル主演のクライムミステリー!
数々の漫画原作・脚本を手掛けた長崎尚志によるミステリー小説を、松下奈緒と古田新太のダブル主演で連続ドラマ化。伝説の漫画家が遺した未発表原稿に迷宮入り失踪事件の謎を読み取った、元警察官の水野優希(松下)と漫画編集者・醍醐真司(古田)が、真贋調査の中で犯人を手繰り寄せていくさまを描く。劇中に登場する鍵となる漫画を手掛けるのは、田中圭一と伊藤潤二。監督は、恋愛映画の旗手として「僕等がいた」「ホットロード」で注目を集めた三木孝浩で、初のテレビドラマ監督、初のミステリーに挑戦する。

2015年春、日曜ドラマ『日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW スケープゴート』

kage

2015/05/03 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★4月12日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 午後10:00~午後11:00

 日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW スケープゴート

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:幸田真音「スケープゴート」(中央公論新社)/脚本:大石哲也/監督:星野和成
主題歌:平原綾香「Prayer」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•三崎皓子(黒木瞳)
永和大学大学院政策科学研究科教授。明正党総裁・山城の策によって、政治家の道を歩み始める。自らの仕事のため家族に負担がかかっていることを心苦しく思いながらも、仕事を捨てられず苦悩する。

•矢木沢峻(石丸幹二)
東都テレビの取締役。大物政治家の背後で暗躍する。皓子の大学時代の先輩であり、かつての恋人。

•山城泰三(古谷一行)
次期総理大臣のいすを狙う、明正党総裁。次の総選挙での政権奪還のために、皓子を政界に引き込む。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
黒木瞳が社会派政界ドラマで総理大臣のポストに向けて突き進むヒロインに!!
作家・幸田真音による社会派政界小説の連続ドラマ化で、猛烈な勢いで総理大臣のポストに向けて政界の階段を上って行く女性政治家を、黒木瞳が演じるサクセスストーリー。期せずして政界入りした大学教授の三崎皓子(黒木)が、権力と嫉妬が渦巻く永田町で、活躍すればするほど男性長老議員からの風当たりが強まる中、日本初の女性総理大臣を目指す。彼女は、硬直化した政界に放たれた“生贄=スケープゴート”か、それとも沈没に向かう国家を救う“ジャンヌ・ダルク”なのか。女性政治家の姿を通し、国民が求める真のリーダー像を問い掛ける。


2015年春、日曜ドラマ『プレミアムドラマ リキッド~鬼の酒 奇跡の蔵~』

kage

2015/04/26 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★4月12日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週日曜 午後10:00~午後10:50

 プレミアムドラマ リキッド~鬼の酒 奇跡の蔵~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:源孝志/演出:源孝志/制作統括:荻野太朗/制作統括:伊藤純/制作統括:手塚治/プロデューサー:豊田研吾/プロデューサー:石崎宏哉

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•相楽修一(伊藤英明)
金沢の老舗酒蔵「相楽酒造」の一人息子。東京のエリート銀行マンだったが、社内の権力闘争で失脚したのをきっかけに、大赤字を抱えたを家業を継ぐ決意をする。

•相楽直木(柄本佑)
修一のいとこ。軽度の不安神経症。働きどころがなく、母親の勧めで「相楽酒造」にやってきて蔵人を目指すことに。亡くなった父親も蔵人。

•鷲尾勇作(津川雅彦)
伝説の老杜氏で、酒造りの鬼と恐れられる男。一人息子が自殺した過去を持つ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
伊藤英明主演、金沢で酒造りに第二の人生を捧げる男たちのヒューマンドラマ!
北陸新幹線の開業でさらに身近になる金沢を舞台に、伊藤英明主演で描く小さな酒蔵で起きる奇跡の物語。老舗の酒蔵の一人息子でエリート銀行マンの相楽修一(伊藤)が、思わぬことから銀行を辞めて金沢へ戻り、大赤字を抱えた実家の酒蔵を継ぐ決意をし仲間たちと奮闘する。修一と共に働くのは、鬼と恐れられる伝説の老杜氏と、訳ありの素人蔵人たち。崖っぷちの男たちが理想の酒造りにまい進する中で明らかになる、それぞれの過去と苦悩、そして涙と笑顔を映し出す。共演は、柄本佑、津川雅彦ら。