2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

カテゴリ:・2015春期ドラマ紹介 の記事リスト(エントリー順)

kage

| | 古い記事一覧へ ≫

2015年春、日曜ドラマ『天皇の料理番』

kage

2015/07/12 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★4月26日スタート 

TBS系 毎週日曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:48)

 天皇の料理番

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:杉森久英「天皇の料理番」(集英社)/脚本:森下佳子/演出:平川雄一朗/演出:岡本伸吾/プロデューサー:石丸彰彦

主題歌:さだまさし「夢見る人」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•秋山篤蔵(佐藤健)
何をやっても長続きしないやっかい者だったが、ひょんなことから料理人への夢を抱き、日本一のコックを目指して上京。天皇の料理番を務め上げるまでに成長する。

•高浜俊子(黒木華)
海産物問屋の娘。容姿端麗な妹に引け目を感じていたが、篤蔵と結婚し、次第に明るい一面を見せる。夫が夢をかなえるまで待ち続けようとする。

•秋山周太郎(鈴木亮平)
篤蔵の兄。東京の大学で法律を学び弁護士を志す。篤蔵の理解者で、恩師に頼んで華族会館のコック見習いの職を篤蔵に紹介してもらう。

•田辺祐吉(伊藤英明)
軍隊のコック。昆布の配達に訪れた篤蔵にカツレツを振る舞ったことがきっかけで、篤蔵の料理人への夢を目覚めさせる。

•桐塚尚吾(武田鉄矢)
日本大学の教授で弁護士。教え子・周太郎の頼みで、篤蔵に華族会館のコック見習いの職を紹介する。

•宇佐美鎌市(小林薫)
華族会館の料理長。男らしい品のある身のこなし、高い料理の腕前を持つ。篤蔵から“料理人としての父”と慕われる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
佐藤健が政治や外交にも深く関わった“天皇の料理番”に!
大正・昭和時代に宮内省大膳頭を務めた秋山徳蔵をモデルにした、史実に基づく人間ドラマ。片田舎のやっかい者だった秋山篤蔵(佐藤健)が天皇の料理番を務め上げるまでに成長する姿を描く。佐藤は、「一人の青年が夢と出合い、闘い、生きていく一途な姿を見てもらいたい」と、見どころをアピールしている。同ドラマは、篤蔵が料理人の夢をつかみ取るために心機一転して上京。フランス・パリへ料理の修業に赴き、当時の差別や偏見と闘いながら、世界最高峰のオテル・リッツのシェフとなった後に、26歳の若さで皇室の台所を預かる“天皇の料理番”となるストーリー。日々の食事を通して篤蔵が感じた天皇の人柄や、尊敬の感情も描かれる。



スポンサーサイト

2015年春、土曜ドラマ『土曜オリジナルドラマ 連続ドラマW ふたがしら』

kage

2015/07/11 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★6月13日スタート 

WOWOWプライム 土曜 午後10:00~午後11:00

 土曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 「ふたがしら」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:オノ・ナツメ「ふたがしら」(小学館ビッグコミックスピリッツ増刊「ヒバナ」連載)/脚本:中島かずき/監督:入江悠/プロデューサー:青木泰憲/プロデューサー:松永綾/プロデューサー:平部隆明

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•弁蔵(松山ケンイチ)
飛脚問屋で働いているが、夜は盗賊。明るく豪放で腕っ節が強いが、酒乱の気もある。敬愛する、盗賊“赤目”の頭・辰五郎が亡くなったことで一味から離れ、赤目の遺志を継ぐ自分たちの一味を構えようと宗次と2人で旅に出る。

•宗次(早乙女太一)
弁蔵の相棒。昼は飛脚問屋で働いているが、裏の顔は“赤目”の一味。冷静沈着な頭脳派。クールな色男で弁蔵とは真逆の性格だが、辰五郎の遺志を継ぎたいという思いは一致している。

•甚三郎(成宮寛貴)
“赤目”の一人。表の顔は髪結い。辰五郎の遺言書により赤目の次期頭となる。金のためなら手段を選ばない冷酷さを持つ。

•おこん(菜々緒)
辰五郎の妻。自由気ままで、したたかな女。手下に色目を使うこともしばしばで、甚三郎とは深い仲にある。

•辰五郎(國村隼)
「脅さず殺さず汚え金を根こそぎいただく」をモットーにした、“赤目”一味の頭。弁蔵と宗次を気にかけていたが、2人を残して死んでしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松山ケンイチと早乙女太一共演、新感覚の時代劇エンターテインメント!
オノ・ナツメによる同名コミックを連続ドラマ化した、盗賊たちの策略、だまし合いを描く時代劇エンターテインメント。主人公・弁蔵を演じるのは、3年ぶりの連続ドラマ主演でWOWOWドラマ初登場となる松山ケンイチ。弁蔵とタッグを組むクールな色男・宗次役は、大衆演劇界のスターであり、俳優としても活躍する早乙女太一。そのほか、盗賊“赤目”一味を率いる頭の辰五郎を演じる國村隼はじめ、成宮寛貴、菜々緒ら豪華キャストが集結。二転三転する痛快な展開の全く新しい時代劇の世界観を、映画「SR サイタマノラッパー」「ジョーカー・ゲーム」の入江悠監督、劇団☆新感線の座付き作家・中島かずきがどのように作り上げるのかも注目だ。


2015年春、日曜ドラマ『日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 予告犯―THE PAIN―』

kage

2015/07/05 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★6月7日スタート 

WOWOWプライム 日曜 午後10:00~午後11:00

 日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 『予告犯―THE PAIN―』

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:筒井哲也「予告犯」(集英社YJCジャンプ改)/脚本:林民夫/脚本:田中洋史/監督:中村義洋/監督:平林克理 /監督:佐和田惠

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•佐久間英司 (東山紀之)
謎の覆面集団・シンブンシのリーダー。ネット上で疑似裁判「公開裁判」の開廷予告動画を投稿している。その正体は西東京地裁刑事4部の裁判長。

•吉野絵里香(戸田恵梨香)
警視庁サイバー犯罪対策課室長。たび重なる一連のシンブンシ事件を追う刑事。独自の嗅覚で事件の真相を追究していく。

•水谷健(桐谷健太)
ウェブライター。痴漢事件で無実を主張するが有罪にされる。冤罪になったことから佐久間と出会い、自身の汚名をすすごうと決意する。

•沖菜啓子(市川実日子)
ある目的を共有し、佐久間と行動を共にしているシンブンシのメンバー。秘めた過去を抱えている。

•田淵勇蔵(橋本さとし)
佐久間と行動を共にするシンブンシのメンバー。寡黙だが豪腕。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
東山紀之が映画「予告犯」連動ドラマでWOWOW連続ドラマ初主演!
新聞紙の覆面マスクをかぶる謎の集団・シンブンシが、動画サイト上で疑似裁判を行ない、闇に葬られかけていた真実を暴こうとするクライム・サスペンス。6月6日公開の映画「予告犯」(生田斗真主演)と連動したドラマで、映画の約1年後を描いた同作では、原作者の漫画家・筒井哲也が監修したドラマオリジナルのストーリーが展開される。シンブンシのリーダーを演じるのは、WOWOWドラマ初出演にして初主演の東山紀之。桐谷健太、市川実日子、橋本さとしが脇を固めるほか、彼らを追う警視庁サイバー犯罪対策課の刑事を、映画版でも同役を務める戸田恵梨香が演じる。

2015年春、金曜ドラマ『ドラマ24「不便な便利屋」』

kage

2015/06/26 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月10日スタート 

テレビ東京ほか 毎週金曜 深夜0:12~深夜0:52

 ドラマ24「不便な便利屋」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:鈴井貴之/監督:鈴井貴之/プロデューサー:中川順平/プロデューサー:浅野太/プロデューサー:高石明彦

オープニングテーマ:ストレイテナー「The Place Has No Name」/エンディングテーマ:スピッツ「雪風」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•竹山純(岡田将生)
妄想力ともえいるほどのたくましい想像力を持つ新進気鋭の脚本家。台本の書き変えをめぐって監督と口論になったのを機に北海道にやってきて、大いなる勘違いに巻き込まれる。

•松井英夫(鈴木浩介)
便利屋「ダイヤモンドダスト便利商会」の代表。高校卒業後に上京したが、挫折を繰り返した末に帰郷し便利屋を始めた。頼まれたことは何でもやるのがポリシー。

•梅本聡一(遠藤憲一)
2年前から「ダイヤモンドダスト便利商会」を手伝っている従業員。離婚歴が3回あることと、幼くして生き別れた息子がいるということ意外、プライベートは謎に包まれている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
「水曜どうでしょう」の鈴井貴之脚本&監督、岡田将生主演のコメディー!
極寒の北海道で便利屋を営む男3人が繰り広げる“ズレた”コメディー。主演はテレビ東京初出演の岡田将生、共演は鈴木浩介、遠藤憲一らで、脚本と監督は人気バラエティー「水曜どうでしょう」(北海道テレビ)の企画者で、舞台演出や執筆活動など幅広く活動する鈴井貴之が務める。内山理名、小日向文世、鈴木福、時任三郎、柳沢慎吾ら豪華キャストがゲスト出演するなど、俳優陣の“競演”も見どころ。また、レギュラー出演する森崎博之ほか、大泉洋、安田顕ら演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーも全員出演。鈴井演出を知り尽くしているTEAM NACSが、ドラマにどんなスパイスをもたらすのかにも注目。

2015年春、水曜ドラマ『警視庁捜査一課9係』

kage

2015/06/24 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★4月22日スタート 

テレビ朝日系 毎週水曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後8:00~午後9:48)

 警視庁捜査一課9係

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:深沢正樹/脚本:岡崎由紀子/脚本:真部千晶/脚本:瀧川晃代/監督:杉村六郎/監督:新村良二/監督:長谷川康/監督:吉田啓一郎/プロデューサー:松本基弘/プロデューサー:峰島あゆみ

主題歌:V6「Timeless」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•加納倫太郎(渡瀬恒彦)
警視庁捜査一課9係係長。警部。捜査の指揮を執る立場にありながら神出鬼没で、同僚たちからは「捜査をしない指揮官」と言われている。性格的にもつかみどころがなく、不可解な言動も多いが、それら全てに“理由”があることを周囲は後から気付かされる。

•浅輪直樹(井ノ原快彦)
警視庁捜査一課9係刑事。巡査長。倫太郎とコンビを組む。頭脳明晰で運動能力も高く、人一倍、正義感も強い。倫太郎の娘・倫子と交際中。

•小宮山志保(羽田美智子)
警視庁捜査一課9係刑事。階級は警部補で9係では主任を務める。男勝りの性格で、9係の紅一点という扱われ方をするのを最も嫌っている。幾多の恋を繰り広げてきたが、結局どれも実らず、仕事に生きる覚悟を決めたふしがある。

•石川倫子(中越典子)
倫太郎の一人娘。パティシエ。直樹と交際しているが、仕事に没頭して家庭を顧みず、亡き母を苦しめた倫太郎を憎んでいることから、警察官を嫌っている。直樹とは互いの仕事を尊重するあまり、なかなか結婚に踏み切ることができない。

•青柳靖(吹越満)
警視庁捜査一課9係刑事。警部補。富裕層を毛嫌いしている皮肉屋。恋人の垣内妙子は暴力団員に覚せい剤漬けにされた過去があるため、彼女との関係を警察組織がよく思っていない中で、刑事という職業でいることに葛藤することがある。

•矢沢英明(田口浩正)
警視庁捜査一課9係刑事。巡査部長。青柳の捜査上の相棒。持ち前の大きな心で変わり者の青柳を受け止め、巧みにコントロールする。売れっ子の漫画家・早苗を妻に持つ。

•村瀬健吾(津田寛治)
警視庁捜査一課9係刑事。警部補。ノンキャリアだが自信過剰で、自分の能力はキャリア組を上回っていると信じている。出世のことばかり考えているようだが、実際、何でもそつなくこなし、熱い刑事魂も秘めている。

•早瀬川真澄(原沙知絵)
監察医。事件遺体に関する臨床例を求めて大学の法医学研究室から東京都監察医務院に転職してきた。その転職には近親者の死が関わっているらしいが、真相を知る者はいない。志保とは時折、飲みにいく仲。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
「9係」が10年目のアニバーサリーイヤーに突入! 新たなセミレギュラーも登場!
“昼あんどん”と呼ばれる加納倫太郎(渡瀬恒彦)や、曲がったことが大嫌いな熱血漢・浅輪直樹(井ノ原快彦)ら個性豊かな捜査一課9係の活躍を描く刑事ドラマの第10シリーズ。羽田美智子、津田寛治らおなじみのレギュラー陣は今作も健在。事件捜査だけでなく、刑事たちの私生活も描いていく。放送10年目の節目を迎える今作では、各話のゲストが豪華なのはもちろん、新たなセミレギュラーも登場し、毎週見逃せない展開に。また、「9係」の面々が捜査やプライベートで新たな一面を見せるなど、さらに進化した“9係ワールド”が繰り広げられる。


2015年春、火曜ドラマ『プレミアムよるドラマ 「ランチのアッコちゃん」』

kage

2015/06/23 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★5月12日スタート 

NHK BSプレミアム 火曜 午後11:15~午後11:45

 プレミアムよるドラマ 「ランチのアッコちゃん」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:柚木麻子「ランチのアッコちゃん」「3時のアッコちゃん」(双葉社)/脚本:泉澤陽子/演出:青島太郎/演出:湯浅弘章/制作統括:篠原圭/制作統括:松山絵梨

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•澤田三智子(蓮佛美沙子)
中堅商社・高潮物産の第4営業部で働く派遣社員。何事にかんしても断れない性格。最近彼氏に振られ、悩んでいる。節約のために毎日手作り弁当を持参していたところ、部長の黒川敦子からランチの交換を提案される。

•原田ちひろ(野呂佳代)
高潮物産第4営業部の派遣社員。後輩の三智子を気遣う優しい性格。派遣社員を辞めて、独立することを考えている。

•笹山隆一郎(成田凌)
三智子がひょんなことから訪れる古書店「ハティフナット」の店主。何を考えているか分からず謎めいた存在だが、三智子にとって気になる人となる。

•清水公子(堀内敬子)
高潮物産第2営業部主任。女性社員たちのリーダー的存在で、男性社員にバレンタインのチョコレートを渡すことに反対する。

•山川部長(鶴見辰吾)
高潮物産宣伝部部長。人当たりが良さそうだが、その性格は強情。かつて敦子と深い関わりを持っていた。

•井川芳夫(田山涼成)
高潮物産第4営業部のあるビルの屋上で、お好み焼きを焼くケータリングのおじさん。敦子のことを15年以上前から知っている。

•黒川敦子(戸田菜穂)
高潮物産第4営業部の部長。威圧感のある風貌で、仕事に厳しく妥協を許さないため周りから恐れられている。「食べることは生きること」が信条で、食に対する思い入れが強く、三智子にランチの交換を提案する。実はいろいろな場所で“アッコちゃん”と呼ばれている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
蓮佛美沙子と戸田菜穂で贈る、おいしくて生きるヒント満載のお料理ドラマ!
不器用ながら恋に仕事に一生懸命向き合うヒロインと、そんな悩めるヒロインを食の力で導いていく謎の女性・アッコちゃんが繰り広げるお料理ドラマ。小説家・柚木麻子の原作をベースに、「食べることは生きること」を信条にしたアッコちゃんに出会った冴えない派遣社員が、ランチに振り回されながらもいつの間にか人生で大事なことに気付かされ、成長していく姿を描く。就職活動に失敗し、派遣社員として働き、節約のために毎日手作り弁当を持参する主人公・澤田三智子を蓮佛美沙子が、三智子にランチの交換を提案する、アッコちゃんこと謎多き女性・黒川敦子を戸田菜穂が演じる。おいしそうな料理がたくさん登場するのも見どころ。







2015年春、月曜ドラマ『LOVE理論』

kage

2015/06/22 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★4月13日スタート 

テレビ東京ほか 毎週月曜 午後11:58~深夜0:45

 LOVE理論

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:水野敬也「新装版LOVE理論」(文響社)/脚本:八代丈寛/監督:西古屋竜太/演出:水谷豊/プロデューサー:水谷豊
主題歌:氣志團
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•今田聡(大野拓朗)
華のキャンパスライフを夢見て茨城から上京してきた童貞大学生。気弱で、恋をめぐる厳しい現実を前に打ちひしがれるが、愛也との出会いを機に運命が変わり始める。

•桐谷玲子(清野菜名)
應慶大学に入学した新入生。今田のマドンナ的存在。

•太田亮介(武田真治)
「ピカレスク」の社員で、今田の先輩ボーイ。夜の社会の裏側を知り尽くしている。

•水野愛也(片岡愛之助)
キャバクラ「ピカレスク」の店長。“ラブ理論マスター”という裏の顔を持ち、恋に悩む今田にさまざまな恋愛テクニックを伝授する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
目指せラブ理論マスター! 恋愛テクニック情報満載の新感覚恋愛ハウツードラマ!
大ベストセラーとなった「夢をかなえるゾウ」などで知られる作家・水野敬也の恋愛ハウツー本を基にした新感覚ラブコメディー。連続ドラマ初主演となる大野拓朗演じる大学生が、店員として働くキャバクラの店長から“ラブ理論”を伝授される。「もてる男になりたい」と一念発起し、キャバクラ「ピカレスク」で働くことになった童貞大学生・今田聡(大野)が、“ラブ理論マスター”という裏の顔を持つ同店の店長・水野愛也(片岡愛之助)の手ほどきを受けながら、憧れのマドンナとの恋を成就させるために奮闘する。劇中で次々と紹介される恋愛テクニックは、実生活でも役立つこと間違いなし!?


2015年春、日曜ドラマ『ワイルド・ヒーローズ』

kage

2015/06/21 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★4月19日スタート 

日本テレビ系 毎週日曜 午後10:30~午後11:25(初回は午後10:00~午後11:25)

 ワイルド・ヒーローズ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:蛭田直美/演出:佐藤東弥/演出:石尾純/プロデューサー:伊藤響/プロデューサー:松原浩/プロデューサー:渡邉浩仁

主題歌:Crystal Kay「君がいたから」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•瀬川希一(TAKAHIRO)
医療機器メーカーで営業を担当している“元ヤン”。愛称はキー坊。ひょんなことから危機的状況に巻き込まれる。

•三木洸介(青柳翔)
希一のかつての悪友。愛称ミッキー。現在は自転車店を営むかたわら、祖母の介護をしている。クールな性格の持ち主。

•佐伯春太郎(岩田剛典)
カラオケボックスの店長を務める希一のかつての悪ガキ仲間。愛称チョコ。見た目はチャラいが、情には熱い男。

•徳井哲平(野替愁平)
万引きGメンとして働く希一の同級生。一本木な熱血漢で、仲間内からはポンジャラの愛称で親しまれている。

•神部剛(八木将康)
希一の元悪友、愛称ピー。既婚で、現在はトラック運転手として働いている。名前の由来は大事な場面で腹を下すことが多いから。

•里島透(佐藤大樹)
洸介の自転車店を利用する高校生。洸介に憧れを抱いている。

•林田典明(黒木啓司)
クリーニング店を経営する希一のかつての悪友。仲間たちのムードーメーカー的存在。愛称はテンテン。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
TAKAHIRO主演、友情と絆を確かめ合う痛快アクションエンターテインメント!
2015年4月期から新設されたドラマ枠の第1弾で、EXILEのTAKAHIROが主演を務める痛快アクションエンターテインメント。ある少女を助けたことから、裏社会の連中に命を狙われることになった元ヤンキーの青年・瀬川希一(TAKAHIRO)が、今はそれぞれの人生を送る高校時代の悪ガキ仲間を頼り、彼らとの友情を取り戻しながら、少女の謎と次々と襲い掛かる敵の正体に迫っていく。希一を“援護”する悪友たちを演じるのは、青柳翔、岩田剛典、野替愁平、八木将康、佐藤大樹、黒木啓司らEXILE TRIBEの面々。役柄と同じく気心の知れた彼らが、熱いドラマを繰り広げる。




2015年春、土曜ドラマ『妄想彼女』

kage

2015/06/20 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★5月23日スタート 

フジテレビ系 毎週土曜 午後11:40~深夜0:05

 妄想彼女

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:地主恵亮「妄想彼女」(鉄人社)/脚本:大野敏哉/演出:後藤庸介/プロデューサー:後藤庸介

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•はる(広瀬アリス)
さえないダメ男・圭祐の前に突然現れた“理想の彼女”。圭祐の妄想通りに行動する。

•圭祐(浅利陽介)
彼女いない歴28年、恋愛経験ゼロのダメ男。SNSに妄想上の彼女・はるとの生活を投稿している。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
広瀬アリスが恋愛ドラマ初主演! ダメ男と“理想の彼女”のラブファンタジー!
実在しない架空の彼女との出会い・結婚・出産までを1人で撮影したデート写真とともにつづり話題を呼んだ、“ひとりデートマスター”地主恵亮の妄想恋愛小説が原案。実在しない彼女=“妄想彼女”はるとの生活をSNSに投稿していたさえない男・圭祐と、ある日突然彼の前に現れた“理想の彼女”はるが繰り広げる恋愛ファンタジー。はるを演じるのは、モデル、女優として注目を集め、本作で恋愛ドラマ初主演となる広瀬アリス。圭祐に扮するのは、経験豊富な若き実力派俳優・浅利陽介。妄想と現実が交差するストーリーで初共演となる2人の掛け合いに注目。

2015年春、土曜ドラマ『ドS刑事』

kage

2015/06/20 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★4月11日スタート 

日本テレビ系 毎週土曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:00)

 ドS刑事

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:七尾与史「ドS刑事」(幻冬舎)/脚本:川崎いづみ/演出:中島悟/演出:川村泰祐/演出:松永洋一/プロデューサー:伊藤響/プロデューサー:森雅弘/プロデューサー:福井宏/プロデューサー:野村敏哉

主題歌:関ジャニ∞「強く 強く 強く」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•黒井マヤ(多部未華子)
川崎青空警察署・刑事一課強行犯捜査係の巡査部長。人の困った顔を見るのが大好きで、口癖は「バッカじゃないの!」。鋭い洞察力を持ち、サディスティックな言動で世の悪人たちを一掃する。

•代官山脩介(大倉忠義)
交番勤務から川崎青空警察署・刑事一課強行犯捜査係に配属された巡査。13歳の時に他界した父の背中を追って警察官になった。人の発言を真に受ける純粋な性格で、ある事件現場でのおっちょこちょいぶりがマヤの目に留まり、彼女とタッグを組むことに。

•白金不二子(吉田羊)
川崎青空警察署刑事一課課長で警視。国立大学出身のキャリアで、何事にも勤勉な努力家だが、実はマヤに負けない“Sキャラ”。立場上、それを封印しているものの、たまにボロが出る。

•浜田宗一郎(八乙女光)
川崎青空警察署刑事一課強行犯捜査係の巡査。純粋な性格だったが、マヤと出会ったのをきっかけにドM気質に目覚めてしまう。

•有栖川恒夫(勝村政信)
川崎青空警察署刑事一課強行犯捜査係の係長で警部補。不二子の太鼓持ち的存在。

•近藤徳二(伊武雅刀)
川崎青空警察署・刑事一課強行犯捜査係の巡査部長。定年を間近に控えているが出世には興味がなく、ひたすら犯人逮捕のために足を棒にする、いぶし銀のベテラン刑事。

•代官山啓子(岸本加世子)
脩介の母。夫の死後、美容室を経営しながら脩介と妹・かおりを女手一つで育ててきた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
多部未華子が史上最強の“ドS刑事”に! 振り回される相棒役で大倉忠義が共演!
七尾与史の同名小説を基にしたポリスコメディー。主演の多部未華子が、人の困った顔を見るのが大好きという“ドS刑事”黒井マヤ役で新境地に挑むほか、バディとなるお人好しの警察官・代官山脩介を関ジャニ∞の大倉忠義が演じる。おっとりしたイメージの強い多部が、どのように大倉を振り回すのか、また、昨年公開された映画「クローバー」でドSキャラを演じた大倉が、今作でどのような姿を披露するのか、2人が起こすコミカルな化学反応に注目が集まる。


2015年春、木曜ドラマ『恋愛時代』

kage

2015/06/18 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月2日スタート 

日本テレビ系 毎週木曜 午後11:59~深夜0:54

 恋愛時代

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:藤井清美/演出:藤村享平/プロデューサー:木谷俊樹/プロデューサー:西川義嗣/プロデューサー:汐口武史/プロデューサー:津嶋敬介/プロデューサー:石田麻衣

主題歌:西内まりや「ありがとうForever...」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•衛藤はる(比嘉愛未)
スポーツジム勤務。体育会系で仕事はしっかりこなすが、細かい気配りは苦手。実は小心者で、思いついた皮肉は言わずにはいられないタイプ。短い結婚生活の後に離婚したのは、ある悲しい理由がある。

•早勢理一郎(満島真之介)
はるの元夫。文学をこよなく愛し、書店で働いている。客の気分にぴったりの本を薦めることを生きがいとしている。はるの皮肉は気に障っていたが、ないと物足りないとも感じている。

•小笠原かすみ(佐津川愛美)
はるの小学校時代の友人。離婚歴のあるシングルマザーで、経済的にも苦しいが、娘にだけは苦労をさせまいと奮闘している。はるとはスポーツジムで再会し、はるに紹介された理一郎に恋心を抱く。

•永冨匠平(淵上泰史)
はると理一郎の結婚式を担当した結婚式場職員。結婚を迷う理一郎の背中を押したが、実はこの時、はるに一目ぼれしており、密かに思いを募らせていた。理一郎とはるが離婚したことを知り、はるに思いを打ち明ける。

•織田多実子(香椎由宇)
理一郎の高校の同級生で初恋の人。現在は料理教室の先生として働いており、同窓会で理一郎と再会する。

•喜多嶋竜一(佐藤隆太)
はるの妹・しず夏が通う大学の准教授。はるのジムで水泳の特訓をしているが、極度の水恐怖症。妻との関係がこじれ、現在は別居しており、密かにはるに思いを寄せる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
比嘉愛未が民放の連続ドラマ初主演! 元夫婦の“婚活”を描くラブストーリー!
故・野沢尚の同名小説を基にした、面白くてどこか切ないラブストーリー。かつてのパートナーの再婚相手探しに奔走し合う、ちょっと変わった元夫婦の姿を描く。主人公の衛藤はるを演じるのは、民放の連続ドラマ初主演にして恋愛ドラマも初挑戦となる比嘉愛未。比嘉は「今は幸せな気持ちでいっぱいです。楽しみで仕方ありません。この作品に全身全霊でぶつかっていきますので、私の奮闘をぜひたくさんの方に見守っていただけたらうれしいです」と意欲を燃やす。文学を愛する書店店員で理屈っぽい元夫・早勢理一郎役は満島真之介が演じ、2人の姿を通して、一度切れた赤い糸は戻るのか、結婚と離婚とは何かを問い掛ける。





2015年春、木曜ドラマ『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』

kage

2015/06/18 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月16日スタート 

TBS系 毎週木曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後8:57~午後10:09)

 ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:櫻井武晴/演出:堤幸彦/演出:加藤新/演出:坪井敏雄/プロデューサー:植田博樹/プロデューサー:伊藤雄介/プロデューサー:楠千亜紀

主題歌:Thinking Dogs「世界は終わらない」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•永光麦秋(大島優子)
警視庁組織犯罪対策部第三課“足抜けコール”担当。ヤクザを異常なまでに憎んでいる。元少年課の刑事で、異動してから性格がゆがんでしまった。

•三ヶ島翔(北村一輝)
警視庁組織犯罪対策部第三課“足抜けコール”の担当者。元マル暴の刑事で、とある事件で容疑者を取り逃がし、左遷されてきた。ドスの効いた強面だが、いざとなると逃げ腰。

•佐野直道(勝地涼)
全国暴力団追放運動推進センターの暴追相談員。ヤクザとの交渉をこなすイケメン。暇さえあれば“足抜けコール”に来て、なじんでいる。

•永光遥(本田翼)
麦秋の妹。尊敬する医師・有留章子の病院で働く看護師。

•石山博文(田中哲司)
警視庁組織犯罪対策部第三課“足抜けコール”の担当者。子煩悩な性格だが、自分と子供の血縁に疑念を持っている。

•有留章子(山口紗弥加)
個人病院の院長。麦秋に過去の弱みを握られ、利用されている。

•永光由美子(名取裕子)
麦秋、遥の母親。娘のことを思っているが謎多き人物。

•橘勲(遠藤憲一)
関東貴船組の15代目組長。義理人情に厚い人物で、社会からドロップアウトした組員たちを息子のように愛する。組員たちが堅気に戻っても幸せにはなれないと考え、麦秋と対立する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
大島優子が連続ドラマ初主演! “足抜けコール”を舞台にした新しい警察ドラマ!
暴力団から抜け出したい人が助けを求めてくる、「暴力団離脱者相談電話」通称“足抜けコール”を舞台にした、新しい警察ドラマ。主人公の永光麦秋を、連続ドラマ初主演となる大島優子が演じる。麦秋が、次々と現れる妨害者から「一筆、頂戴致します!」と念書(離脱承諾書)を取り、離脱した元暴力団構成員らに“堅気”の仕事をあっせんするなど更生をサポートしていくストーリー。演出は、ドラマ「ケイゾク」「SPEC」(同系)、映画「20世紀少年」シリーズなどで知られる堤幸彦が務め、脚本はドラマ「ATARU」(同系)、「相棒」(テレビ朝日系)シリーズなどを手掛けた櫻井武晴が担当する。



2015年春、木曜ドラマ『アイムホーム』

kage

2015/06/18 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月16日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:09)

 アイムホーム

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:石坂啓「アイムホーム」(小学館)/脚本:林宏司/監督:七高剛/監督:田村直己/プロデューサー:横地郁英/プロデューサー:大江達樹/プロデューサー:川島誠史/プロデューサー:太田雅晴

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•家路久(木村拓哉)
証券会社のサラリーマン。超エリートだったが、事故に遭って過去の記憶が曖昧になり、業務が楽な部署に異動する。妻の恵と4歳の息子の顔が仮面に見えるようになり、2人に対する愛情があるのかすら分からない。離婚した妻子のことははっきりと覚えている。

•家路恵(上戸彩)
久の妻で資産家の娘。久はなぜ彼女と結婚したのか、どのような結婚生活を送っていたのか、何も思い出せない。

•野沢香(水野美紀)
久の元妻。雑誌のライターをして生計を立てている。記憶を失い、時々、自分と娘を今の家族と錯覚する久に困惑する。

•本城剛(田中圭)
久と恵の息子・良雄が所属するサッカークラブのコーチ。

•四月信次(鈴木浩介)
久が異動した第十三営業部の部員。かつてはバリバリ働いていたが、今はやる気がない。

•筑波良明(及川光博)
久の主治医を務める脳外科医。妻子が仮面に見えてしまう久に対しても、ひょうひょうと接する。

•小机幸男(西田敏行)
久が異動した第十三営業部の部長。優しく穏やかだが、無神経な一面も。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
木村拓哉が記憶を失った会社員に! “仮面妻”と過去の謎をめぐるホームドラマ!
SMAPの木村拓哉が、テレビ朝日の連続ドラマに初主演。過去5年の記憶を失ったサラリーマンをめぐるミステリアスなホームドラマで、主人公の妻役は、木村と初共演となる女優・上戸彩が務める。原作は、文化庁メディア芸術祭の大賞を受賞した石坂啓の同名漫画。木村が、5年前に妻・恵(上戸)と再婚し、息子をもうけたものの、ある事故に遭ったことが原因で記憶が曖昧になり、恵と息子の顔が仮面をかぶったように見えるサラリーマン・家路久に扮し、過去の記憶の謎が交差する衝撃的なストーリーが繰り広げられる。


2015年春、木曜ドラマ『かぶき者慶次』

kage

2015/06/18 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月9日スタート 

NHK総合 毎週木曜 午後8:00~午後8:45

 かぶき者慶次

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原案:火坂雅志/脚本:小松江里子/演出:佐藤峰世/演出:吉村芳之/演出:田中英治/制作統括:内藤愼介/制作統括:原林麻奈

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•前田慶次(藤竜也)
戦国一のかぶき者。関ヶ原の合戦が終わり、世に名高い猛将らしからぬ風流三昧の生活を送る。人が死ぬことのない世を願い、血気盛んな息子・新九郎に対して本当に大切なことを教えようとする。

•前田新九郎(中村蒼)
慶次の息子。周囲の同輩のように上杉家に出仕したいと焦り、家督を譲らない父・慶次に反発するが、やがて父の度量の大きさや生きざまに気が付いていく。

•前田佐乃(西内まりや)
慶次の娘。加賀を飛び出して戻らない慶次を連れ戻しにやってくるが、初めて知る兄・新九郎の存在に驚く。

•安田勝之進(工藤阿須加)
上杉家の勘定頭・安田継之丞の嫡男。正義感が強く、剣の腕も立つ男前。慶次の娘・佐乃に好意を抱く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
藤竜也が戦国一のかぶき者・前田慶次の晩年を熱演!
加賀の前田家を出奔し、上杉家に仕えた“戦国一のかぶき者”前田慶次(藤竜也)の晩年を描いた痛快時代劇。関ヶ原の戦いで敗れ、会津120万石から出羽・米沢30万石に格下げされた上杉家を舞台に、60歳を超え、かぶき者としての潮時を迎える慶次が、風流三昧の父に反発する息子・新九郎(中村蒼)らに男の生きざまを見せる。慶次を加賀に連れ戻そうする娘・佐乃を西内まりや、佐乃に思いを寄せる上杉家臣・安田勝之進を工藤阿須加が演じるほか、田畑智子、伊武雅刀、火野正平らが脇を固める。


2015年春、木曜ドラマ『医師たちの恋愛事情』

kage

2015/06/18 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月9日スタート 

フジテレビ系 毎週木曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:09)

 医師たちの恋愛事情

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:秋山竜平/脚本:坂口理子/脚本:小山正太/演出:田中亮/演出:平野眞/演出:関野宗紀/プロデューサー:中野利幸
主題歌:シシド・カフカ「Don't be love feat.斉藤和義」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•守田春樹(斎藤工)
郊外の病院から大学病院に赴任してきた外科医で、365日・24時間、患者を救うことだけを考えて生きている。女性を惹きつけるフェロモンにあふれた彼は次第に、何よりも仕事を優先する千鶴に惹かれていく。

•近藤千鶴(石田ゆり子)
大学病院の外科医。医師という仕事に誇りを持っており、何よりも仕事を優先してきたため、気づいたら結婚適齢期を過ぎていた。「恋より仕事」「恋より命」と考えているが、年下の春樹に惹かれていく。

•河合奈々(相武紗季)
シングルマザーの麻酔科医。自他共に認める肉食系女子。幼い息子のために、条件の良い結婚相手を探している。

•高橋宗太郎(平山浩行)
地方の大きな私立病院の院長の息子で、春樹をライバル視している外科医。恋愛では誰彼構わず手を出すが、実は千鶴に好意を寄せている。

•大根良太(三宅弘城)
既婚者で子持ちの外科医。出世のために教授にこびを売ったり、さまざまな女性にちょっかいを出したりしている。

•市川友子(板谷由夏)
大学病院の内科医で、千鶴の親友。結婚したが、子供に恵まれず不妊治療中。

•仁志祐介(伊原剛志)
春樹の良き理解者である、大学病院の外科医で准教授。既婚者だが子供はいない。

•渡辺幹夫(生瀬勝久)
大学病院の経営管理部長。売り上げ第一主義で費用効率ばかりを考えており、春樹と対立していく。


----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
斎藤工が医師役で主演。大学病院を舞台にした大人の群像ラブストーリー!
「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(同系)で話題となった斎藤工が、同系連続ドラマ初主演。“医療ドラマ”と“恋愛ドラマ”を融合させた“医療ラブストーリー”で、出世争い・恋愛・不倫・三角関係などのさまざまな欲望が渦巻く大学病院を舞台に、医師たちの複雑に絡み合う人間関係や恋愛模様を描く。斎藤が演じるのは、女性を惹きつけるフェロモンにあふれた熱血外科医・守田春樹。その恋の相手となる年上ヒロイン・近藤千鶴役を初共演となる石田ゆり子が務め、相武紗季、平山浩行、三宅弘城、板谷由夏、伊原剛志、生瀬勝久など個性と実力を兼ね備えた豪華俳優陣が脇を固める。


2015年春、水曜ドラマ『Dr.倫太郎』

kage

2015/06/17 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★4月15日スタート 

日本テレビ系 毎週水曜 午後10:00~午後11:00(初回は午後10:00~午後11:10)

 Dr.倫太郎

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:中園ミホ/演出:水田伸生/プロデューサー:次屋尚

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•日野倫太郎(堺雅人)
精神科医として慧南大学病院で働き、学生や研修医相手に教べんも取るやり手の医師。相手の心に徹底的に寄り添う治療法で多くの患者の心を救ってきた。恋愛に対しては「一過性の精神疾患」と、冷めた態度を取っている。

•夢乃(蒼井優)
新橋の売れっ子芸者。ぶっきらぼうな性格だが、ひとたび座敷に立つと抜群の愛嬌と美しい舞踊で男たちを魅了する。金目当てで倫太郎に近付くが、ある病気を疑われて倫太郎の患者になる。

•水島百合子(吉瀬美智子)
慧南大学病院の外科医で、倫太郎の幼なじみ。倫太郎の一番の理解者で、彼の母親代わりのような存在として過ごしてきており、周囲からは恋人と噂されている。

•桐生薫(内田有紀)
慧南大学病院の看護師。常に笑顔を絶やさない明るい性格。息子を女手一つで育てるシングルマザー。

•川上葉子(高梨臨)
倫太郎に憧れて精神科医を目指し、倫太郎を慕って慧南大学病院に入った研修医。

•荒木重人(遠藤憲一)
精神科の開業医。数年前、副院長の座を巡る争いに敗れて慧南大学病院を去った。

•蓮見栄介(松重豊)
慧南大学病院の副病院長兼脳外科の主任教授。人前ではクールに振る舞い、笑顔を見せず、自分の意見も口に出さない。

•円能寺一雄(小日向文世)
慧南大学病院の理事長で病院以外にもさまざまな事業を経営している富豪。倫太郎を名物教授にするべく同大学病院に呼び寄せた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
堺雅人×中園ミホの強力タッグ! 堺が天才的な洞察力を持つ敏腕精神科医に!
2013年の視聴率トップドラマ「半沢直樹」(TBS系)に主演した堺雅人と、昨年の視聴率トップドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子」(テレビ朝日系)の脚本を担った中園ミホの強力タッグで描くエンターテインメントドラマ。堺は天才的な洞察力を持つ精神科医・日野倫太郎を演じる。精神科医としての成功を収めた倫太郎が、さまざまな症状の精神疾患患者らと向き合い治療していく姿が描かれる。また、「恋愛なんて一過性の精神疾患だ」と、うそぶいていた倫太郎が恋に落ちるのも見どころ。新橋の売れっ子芸者・夢乃役を蒼井優、幼なじみの外科医・水島百合子役を吉瀬美智子が演じる。

2015年春、火曜ドラマ『REPLAY&DESTROY』

kage

2015/06/16 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★4月28日スタート 

TBSほか 毎週火曜 深夜1:11~深夜1:41

 REPLAY&DESTROY

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:飯塚健/監督:飯塚健

主題歌:ASIAN KANG-FU GENERATION「Planet of the Apes/猿の惑星」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•横山要(山田孝之)
レンタルビデオ店で働くフリーターで映画監督志望。口が達者で屁理屈、無駄話の中で“生きる哲学”を繰り出す。大学時代から付き合いのある真野、新田とルームシェア歴1年半。

•真野真広(林遣都)
薬学科の大学院生。偏差値72を誇る秀才。常識人でクールな性格の持ち主。横山、新田とルームシェア中。

•新田広重(阿部進之介)
宅配会社勤務。背筋力280kgの筋肉男。趣味は筋トレ。横山、真野とルームシェア中。

•葛西ルーシー(小林涼子)
女子校に通うハーフの高校3年生。横山らとの付き合いは約2年ほどで仲が良く、部屋に出入りしている。

•安部寿(中村倫也)
区役所職員。横山とは中学・高校が同じで腐れ縁。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
山田孝之主演、男3人のシェアハウスを舞台にした“世直し哲学チープストーリー”!
「荒川アンダー ザ ブリッジ」(同系)などで知られる飯塚健が監督・脚本を手掛けた最新作。無駄話で“生きる哲学”を繰り出す、映画監督志望の日本一偉そうなフリーター・横山要(山田孝之)、偏差値72の大学院生・真野真広(林遣都)、宅配会社に勤める背筋力280kgの新田広重(阿部進之介)の男3人が暮らすシェアハウスを舞台に、各話に豪華ゲストを迎えて、1話完結の世直しストーリーを展開する。2011年に携帯電話限定サービス「au LISMO Channel」で配信され、一部のファンの間で“幻の作品”として熱狂的な人気を博した異色作で、今作は山田、飯塚が発起人となり、新たな共演者を加えたオリジナルドラマとして復活する。




2015年春、火曜ドラマ『マザー・ゲーム~彼女たちの階級~』

kage

2015/06/16 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★4月14日スタート 

TBS系 毎週火曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:09)

 マザー・ゲーム~彼女たちの階級~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:荒井修子/脚本:武田有起/演出:塚原あゆ子/演出:竹村謙太郎/演出:福田亮介/プロデューサー:新井順子

主題歌:Superfly「Beautiful」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•蒲原希子(木村文乃)
シングルマザー。区役所で偶然出会った奈良岡フネの口利きで、5歳の息子・陽斗が名門のしずく幼稚園に入園することになる。思ったことをすぐ口にする性格で、ストレートに自分の思いをぶつけ、凝り固まった母親たちの考えを変えていく。

•矢野聡子(長谷川京子)
開業医の妻で3人の子供を持つベテランママ。身分不相応な希子を幼稚園から追い出そうとする。家庭では義母からのモラルハラスメントに悩んでいる。

•神谷由紀(貫地谷しほり)
公務員の妻。教育熱心で、娘・桜子の小学校受験を考えて、背伸びをしてセレブ幼稚園に通わせる。希子とは小学校時代からの幼なじみで、高校時代はソフト部でバッテリーを組んでいた。聡子の側近だが、経歴を嘘で固めている。

•後藤みどり(安達祐実)
元キャリアウーマンの専業主婦。幼稚園では他のママとは群れない一匹狼的な存在。夫の浮気に悩み、自身も娘の梨香が通うスポーツスクールのコーチと不倫している。

•小田寺毬絵(檀れい)
ママ仲間たちの絶対的トップ。不動産・ホテル事業を展開する大企業社長の娘として何不自由なく育ったセレブ。非の打ち所がないように見えるが、実は中学生の長男・彬が引きこもっていることを隠している。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
木村文乃演じるシングルマザーが、名門幼稚園で新しい絆をつくっていく!!
名門幼稚園を舞台に繰り広げられる“女の友情と成長”を描いた痛快ヒューマンドラマ。連続ドラマ初主演となる木村文乃が扮するのは、空気を読まないバツイチのシングルマザー・蒲原希子。希子はセレブな母親たちと衝突しながらも、持ち前のパワフルさと快活さ、人情深さで新たな絆を築いていく。セレブママ役には、長谷川京子、貫地谷しほり、安達祐実、檀れいら実力派が顔をそろえ、子育てだけでなく、モラハラ地獄、ギャンブル依存、不倫など、母親たちが抱える“人には言えない悩み”にも焦点を当てる。





2015年春、月曜ドラマ『ようこそ、わが家へ』

kage

2015/06/15 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★4月13日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:09)

 ようこそ、わが家へ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:池井戸潤「ようこそ、わが家へ」(小学館文庫)/脚本:黒岩 勉/演出:中江功/プロデューサー:羽鳥健一
主題歌:嵐「青空の下、キミのとなり」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•倉田健太(相葉雅紀)
売れない商業デザイナー。人と争うのが苦手で自己主張を貫けず、つい相手に合わせてしまう気弱な性格。駅のホームで女性を突き飛ばし、割り込み乗車をしようとした男を注意して以来、ストーカー的な嫌がらせを受けるようになる。

•神取明日香(沢尻エリカ)
タウン誌を発行している出版社に勤める記者。もともとはジャーナリスト志望。生真面目で少々勝ち気。健太がストーカーから嫌がらせをされていることを知り、取材を申し込む。

•倉田七菜(有村架純)
健太の妹で大学生。兄や父親と正反対の性格で物事をハッキリ言う、明るいしっかり者。しつこく追い回してくる元カレの存在に悩んでおり、倉田家への嫌がらせを、彼の仕業ではないかと疑う。

•倉田珪子(南果歩)
健太の母親で専業主婦。健太の仕事がうまくいかないことを心配している。自分の時間をつくろうと、主婦向けの陶芸教室に通い始めるが、そこはひがみやねたみが潜む場所だった。

•倉田太一(寺尾聰)
健太の父親。息子に輪をかけて気弱で口下手、真面目な性格。大手銀行の出世レースから脱落し、総務部長として中小企業「ナカノ電子部品」へ出向中。健太から頼りない父親と思われているため関係を改善したいと思っているが、切り出すことができない。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
嵐の相葉雅紀が月9初主演! 池井戸潤原作でサスペンスタッチのホームドラマ!
「半沢直樹」(TBS系)などで知られる作家・池井戸潤による、累計発行部数50万部を超えるミステリー小説で、“池井戸作品史上、最弱のヒーロー”が主人公の作品を、嵐の相葉雅紀主演で連続ドラマ化。月9初主演の相葉のほか、寺尾聰、有村架純、南果歩が家族を演じる。月9史上初となるサスペンスタッチのホームドラマで、ストーカーの恐怖と企業の謀略に立ち向かう家族の姿を通して、この現代に“家族でいること”の意味、理不尽な苦難に直面しながらも、それを乗り越えようとする愛と絆を描く。



2015年春、日曜ドラマ『プレミアムドラマ ボクの妻と結婚してください。』

kage

2015/06/14 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★5月10日スタート 

NHK BSプレミアム 日曜 午後10:00~午後10:50

 プレミアムドラマ ボクの妻と結婚してください。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:樋口卓治「ボクの妻と結婚してください。」(講談社)/脚本:岡田惠和/監督:深川栄洋/制作統括:後藤高久/制作統括:黒沢淳/プロデューサー:金澤友也

主題歌:槇原敬之「5 minutes」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•三村修治(内村光良)
テレビ局の営業マン。子供のころからの夢だったバラエティー番組のディレクター一筋で生きてきたが、45歳にして営業部に異動。時を同じくしてすい臓がんを患っていることが発覚し、余命半年を宣告される。残される家族のために、妻の再婚相手を探すことを思いつく。

•三村彩子(木村多江)
修治の妻で専業主婦。修治とは高校時代の同級生。マネジャーをしていた野球部で万年補欠だった修治と知り合い、当時から優しく見守っている。夫や息子が生き生きと頑張れるように的確に行動する、三村家のムードメーカー。

•斉藤光信(小泉孝太郎)
修治の主治医。余命宣告をした修治から、妻の再婚相手を探す計画を打ち明けられる。

•沖秀樹(吉田栄作)
建設会社に勤めるサラリーマン。彩子の初恋の相手。余命宣告を受けた修治に偶然出会い、彩子の再婚相手になって欲しいと頼まれる。

•立木宏(筧利夫)
修治の同期で親友。テレビ局のバラエティー制作部に籍を置く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
内村光良主演、余命宣告から“妻の婚活”に奔走する男の汗と涙と笑いのドラマ!
放送作家・樋口卓治による同名小説を、映画「神様のカルテ」「トワイライト ささらさや」で知られる深川栄洋監督で連続ドラマ化。何よりも人を笑わせることが好きな男が、余命6カ月を宣告され、自分の代わりに家族を守ってくれる人を探すべく、“妻の婚活”を始める姿を描く。愛する妻の再婚相手探しに奔走する主人公・三村修治を、2002年夏放送の「ぼくが地球を救う」(TBS系)以来13年ぶりの連続ドラマ主演となる内村光良が演じ、その妻・彩子を木村多江が務めるほか、小泉孝太郎、吉田栄作、筧利夫らが脇を固める。