FC2ブログ
2018 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 09

カテゴリ:・2015夏期ドラマ紹介 の記事リスト(エントリー順)

kage

| | 古い記事一覧へ ≫

2015年夏、木曜ドラマ『まんまこと~麻之助裁定帳~』

kage

2015/10/01 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★7月16日スタート NHK総合 毎週木曜 午後8:00~午後8:45
 まんまこと~麻之助裁定帳~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:畠中恵「まんまこと」「こいしり」「こいわすれ」(文藝春秋)/脚本:吉田紀子/演出:黛りんたろう/演出:榎戸崇泰/演出:岡田健/制作統括:銭谷雅義/制作統括:原林麻奈

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•高橋麻之助(福士誠治)
神田の町名主・高橋宗右衛門の跡取り息子。もともとは勤勉な少年だったが、とある理由でお気楽な遊び人になってしまい、幼なじみの悪友・清十郎と遊びほうけている。頼まれると断れず、もめ事に首を突っ込んでしまうが、見事な推理力で人の心の奥底の真実(まんまこと)を引き出していく。

•お寿ず(南沢奈央)
吉五郎のまたいとこ。明るく聡明だが、思ったことを口に出さずにはいられない性格。女性特有の勘で、麻之助の謎解きに協力する。

•お由有(市川由衣)
清十郎の父・八木源兵衛の後妻。芯は強いが、あまり気持ちを表に出さない女性。麻之助にとっては幼なじみで、実は初恋の人。

•八木清十郎(桐山漣)
神田の町名主・八木源兵衛の跡取り息子。麻之助の幼なじみ。美しい容姿の色男で、絶えず複数の女性と付き合っている。ばくちもケンカも強い。

•相馬吉五郎(趙珉和)
同心見習い。実直な性格だが、融通の利かない石頭。幼なじみの麻之助、清十郎とは真逆の性格だが、なぜかうまが合う。

•おさん(竹下景子)
麻之助の母。腰痛に悩まされ、かんしゃくを起こす夫・宗右衛門をうまく受け流す。しなやかで肝の据わった女性。

•高橋宗右衛門(高橋英樹)
神田で八つの町の町名主を兼務する麻之助の父。自他共に厳しく、真面目が取り柄の男。男女の機微にも疎く、ふらふらとしている麻之助をいつも叱り飛ばす。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
福士誠治主演、江戸の下町を舞台にした人情ミステリー!
人気作家・畠中恵による小説が原作の、江戸の下町を舞台にした人情ミステリードラマ。福士誠治演じる町名主の跡取り息子・高橋麻之助が、幼なじみの八木清十郎(桐山漣)、相馬吉五郎(趙珉和)とともに、さまざまな謎やもめ事と対峙して、人の心の奥底に隠れている真実(まんまこと)を引き出していく。福士は、「前回の時代劇(NHK総合「オトコマエ!」シリーズ)は奉行所を舞台にした物語でしたが、今回は事件としてはささいなもの。江戸弁を身に着けて、人情味のある世界観を出せれば」と意気込みを語っている。脚本は、ドラマ「Dr.コトー診療所」シリーズ、「あすなろ三三七拍子」(ともにフジテレビ系)などで知られる吉田紀子が手掛ける。

スポンサーサイト

2015年春夏、連続テレビ小説『まれ』

kage

2015/09/26 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★3月30日スタート 

NHK総合 月曜~土曜 午前8:00~午前8:15

 連続テレビ小説『まれ』

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:篠崎絵里子/演出:渡辺一貴/演出:一木正恵/演出:西村武五郎/演出:川上剛/制作統括:高橋練/プロデューサー:長谷知記

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•津村希(土屋太鳳)
「地道にコツコツ」がモットー。小学生の時に能登に移住し、働かない父に代わってアルバイトを掛け持ちして家計を助ける。高校卒業後は市役所に就職するが、パティシエになるという夢を取り戻し、横浜の菓子店に修業に行く。

•津村徹(大泉洋)
希の父。自他ともに認めるダメ人間。山っ気があり若いころから仕事が長続きしない。東京で自己破産に追い込まれ、家族で能登に移住する。

•津村藍子(常盤貴子)
希の母。働かない夫に変わって一家を支える大黒柱。おっとりした性格だが、移住先をダーツで決めるなど大胆な一面も。

•津村一徹(葉山奨之)
希の弟。移住してすぐに能登に溶け込む。父親譲りの勝負事好きで勝負運もある。高校では野球部の参謀的な役割を務め、次第に家族に内緒で株のデイトレードにのめり込む。

•桶作元治(田中泯)
能登の塩田職人。炎天下での厳しい力仕事を黙々とこなすが、祭りになると人が変わったように先頭を切り、誰も止められなくなる。

•桶作文(田中裕子)
元治の妻。塩田で働くかたわら、あるゆる仕事をこなす働き者。肝っ玉が大きく、毒舌だが、根は親切で優しい。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
堅実第一のヒロインが夢を持つ大切さを取り戻し、世界一のパティシエを目指す!
連続テレビ小説第92作目のヒロイン・津村希(まれ)を演じるのは、2020人の応募の中から選ばれた土屋太鳳。石川県能登地方を舞台に、堅実第一で「地道にコツコツ」をモットーとした希が、さまざまな人と出会う中で忘れていた夢を取り戻し、世界一のパティシエを目指していくストーリー。希の両親役は、どちらも連続テレビ小説初出演となる大泉洋と常盤貴子が演じる。また、能登の豊かな自然や輪島塗、キリコ祭りなど伝統文化も劇中に登場するほか、パティシエの修業先・横浜市も物語の舞台に。脚本は、NHKのドラマ「紙の月」などを手掛けた篠崎絵里子、劇中の製菓指導は、石川県七尾市出身のパティシエ・辻口博啓が担当する。





2015年夏、昼ドラマ『癒し屋キリコの約束』

kage

2015/09/25 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★8月3日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜~金曜 午後1:25~午後1:55

 癒し屋キリコの約束

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:森沢明夫「癒し屋キリコの約束」(幻冬舎文庫)/脚本:佐伯俊道/脚本:和田清人/演出:星田良子/演出:星護/プロデューサー:市野直親/プロデューサー:高橋萬彦

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•有村霧子(遼河はるひ)
喫茶店「昭和堂」のオーナー。年齢不詳。店のことは店長のカッキーに任せきりで、コーヒーも入れられないが、人々の悩みを解決する“癒し屋”とうわさされている。金にがめつく、店の神棚に大金を奉納した客でないと相手にしない。

•柿崎照美(前田亜季)
通称カッキー。「昭和堂」の雇われ店長。28歳。おとなしそうに見えるが、芯は強い。めちゃくちゃなことを言う霧子とは逆で、一般的な感覚を持ち依頼者の心に寄り添う。特技はおいしいコーヒーを入れること。

•上山涼(戸塚祥太)
バイク便のライダー。24歳と若いが、発言も行動もファッションもクールで、どこか陰のあるイケメン。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
元タカラジェンヌ・遼河はるひ主演の音楽人情劇!
映画「ふしぎな岬の物語」の原作者で知られる作家・森沢明夫による同名小説を連続ドラマ化。元タカラジェンヌで連ドラ初主演となる遼河はるひが主人公・有村霧子を演じる。東京・谷中近くの商店街にある喫茶店「昭和堂」を舞台に、金にがめつく怠け者なのに、不思議と周囲に慕われる店のオーナー・霧子(遼河)と、雇われ店長のカッキーこと、柿崎照美(前田亜季)が、“癒し屋”という裏稼業を通して人々に希望を与えていくさまを描く。昭和の名曲のワンフレーズが、各話の問題解決のためのキーワードになっており、劇中でも歌謡曲が使用される。クールで謎めいたバイク便ライダー・上山涼役で、アイドルグループ・A.B.C-Zの戸塚祥太が昼帯ドラマ初出演するのも注目。


2015年夏、金曜ドラマ『BS時代劇 「一路」』

kage

2015/09/25 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★7月31日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週金曜 午後8:00~午後8:45

 BS時代劇「一路」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:浅田次郎「一路」(中央公論新社)/脚本:渡邉睦月/演出:石原興/演出:服部大二/演出:井上昌典/制作統括:齋藤寛之/制作統括:吉永証/制作統括:原林麻奈

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•小野寺一路(永山絢斗)
父・弥九郎が失火により焼死したために、蒔坂家の道中御供頭として参勤行列の差配を任される。

•蒔坂左京大夫(渡辺大)
西美濃の旗本・蒔坂家当主。一路に、切腹の代わりに蒔坂家道中御供頭としての役目を授ける。

•すず(ミムラ)
左京大夫の正室。息子と一緒に江戸に住んでいる。

•国分七左衛門(石黒賢)
蒔坂家勘定役。一路の許嫁・薫の父親。一路の父・弥九郎とは幼なじみで、一路を支える。

•蒔坂将監(佐野史郎)
左京大夫の叔父で、蒔見家後見役。お家乗っ取りの機会をうかがっている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
浅田次郎原作の時代小説を、永山絢斗主演でドラマ化!
時代小説の名手・浅田次郎の小説を原作に、永山絢斗主演で連続ドラマ化するロードムービー時代劇。突如、参勤行列の差配を任された19歳の青年・小野寺一路を主人公に、お家乗っ取りの謀略と道中のトラブルを乗り越えながら、父が命懸けで守った参勤交代を記した先祖伝来の「行軍録」を頼りに、たった12日間で江戸を目指すさまを描く。永山のほか、渡辺大、ミムラ、藤本隆宏、梶原善、松浦雅、忍成修吾、矢島健一、上條恒彦、石黒賢、佐野史郎らが脇を固める。



2015年夏、金曜ドラマ『表参道高校合唱部!』

kage

2015/09/25 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★7月17日スタート 

TBS系 毎週金曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:09)

 表参道高校合唱部!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:櫻井剛/演出:石井康晴/演出:池田克彦/演出:吉田秋生/プロデューサー:高成麻畝子/プロデューサー:大澤祐樹

主題歌:Little Glee Monster「好きだ。」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•香川真琴(芳根京子)
表参道高校2年生。合唱をこよなく愛し、香川から転校してきた。かつては名門として知られていたが、現在は廃部寸前の合唱部を立て直そうと奮闘する。

•夏目快人(志尊淳)
表参道高校2年生。運動神経抜群で人当たりが良く、甘いマスクを持つ学年の人気者。真琴のようなタイプを珍しく感じ、興味を持つ。

•谷優里亞(吉本実憂)
表参道高校2年生。容姿、成績ともに優れ、上昇志向が強い。周囲から憧れられる“一軍”で、スカウトをきっかけに芸能活動もしている。幼なじみで思いを寄せる快人が興味を示す真琴のことを目の敵にする。

•引田里奈(森川葵)
表参道高校2年生。容姿、成績ともに中の下だが、場を和ますことに長けている。優里亞の取り巻きの1人として、かろうじて“一軍”のポジションをキープしている。

•桜庭大輔(堀井新太)
表参道高校2年生。野球部で甲子園を目指しているが、声出し要員としてベンチを温めている。明るい性格で周囲を笑わせるが、実は野球の才能のなさと両親の期待で板挟みになっている。

•宮崎祐(高杉真宙)
表参道高校2年生。不登校の合唱部員。桜庭と同じ中学の出身で親友だったが、ある事件をきっかけに学校に来なくなった。

•佐々木美子(萩原みのり)
表参道高校2年生。合唱部員で、部長の廉太郎に思いを寄せる。非リア充の典型で、学内では“圏外”扱いの腐女子。クラスでは目立たないようにひっそりとしている。

•相葉廉太郎(泉澤祐希)
表参道高校2年生。学年一の秀才で合唱部部長。市内の合唱クラブにも所属し、年末は各地のオーケストラ公演に駆り出される。部長だが、廃部問題については受け身。

•鈴木有明(城田優)
表参道高校の音楽教師。合唱部の顧問。かつてはその指導力と情熱で合唱部をコンクール上位入賞常連校に導いていたが、ある事件を機にやる気を失う。現在は借金にまみれながら、キャバクラ通いとギャンブルがやめられない。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
合唱をこよなく愛すヒロインが、学校に奇跡を起こす青春ストーリー!
香川から転校してきた、合唱を愛する高校2年生の香川真琴(芳根京子)が、わけありの合唱部員や同級生たちを巻き込んで、廃部寸前となったかつての名門合唱部に活気を取り戻し、歌の力で学校に奇跡を起こす青春ストーリー。主人公の真琴役をオーディションで射止めた芳根は、「まさか主演に選んでいただけるなんて、夢のようだったので泣いて喜びました。真琴として3カ月間、合唱を愛して、すてきな作品になるよう精いっぱい頑張ります」と意気込みを語る。合唱部の顧問で真琴のかつての恩師・鈴木有明を城田優が演じるほか、志尊潤、吉本実憂、森川葵、堀井新太、高杉真宙、萩原みのり、泉澤祐希らフレッシュな若手俳優が顔をそろえる。

2015年夏、金曜ドラマ『廃墟の休日』

kage

2015/09/25 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★7月10日スタート 

テレビ東京ほか 毎週金曜 深夜0:52~深夜1:23

 廃墟の休日

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
プロデューサー:井上雅晴/プロデューサー:清水啓太郎
エンディングテーマ:コレサワ「シュシュ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
廃虚をテーマに俳優らが繰り広げる“ロードムービー的ドキュメンタリー”!
国内外の壮大で美しい廃虚を舞台に、俳優とそのクリエーター仲間が旅する様子を紹介する“ロードムービー的ドキュメンタリードラマ”。廃虚を訪れる俳優らの素顔が見られるドキュメンタリーと、彼らが道中や廃虚で繰り広げるエチュード(即興芝居)の二つの要素を組み合わせて展開する意欲作で、廃虚に詳しい謎の人物ジョン・Tに誘われた俳優らが、指定された廃虚に向かうという設定で進行する。撮影には、今話題のドローンや4Kカメラを活用。臨場感たっぷりに映し出される国内外の神秘的な廃虚の映像は必見だ。

2015年夏、金曜ドラマ『ドラマ24「初森ベマーズ」』

kage

2015/09/25 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★7月10日スタート 

テレビ東京ほか 毎週金曜 深夜0:12~深夜0:52

 ドラマ24「初森ベマーズ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:秋元康/脚本:小峯裕之/脚本:根本ノンジ/監督:鈴村展弘
主題歌:乃木坂46「太陽ノック」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•ななまる(西野七瀬)
もんじゃ焼屋の一人娘。正義感は人一倍強く、勝手にいろいろと背負い込むが、そのくせすぐに心が折れてしまう。生まれながらの魔球を投げる才能を秘めている。

•ショパン(生田絵梨花)
ピアニスト志望。ドイツ人の専属コーチの下、ショパンの曲を一生懸命練習している。

•コテ(高山一実)
剣道部の部員。明るくサバサバした性格で、食いしん坊。恋愛気質な一面も。チームのムードメーカー的存在。

•キレイ(白石麻衣)
下町の再開発を進める「セレブ都市開発」の会長の娘で、セント田園調布ポラリス学園の女子ソフトボール部キャプテン。将来を嘱望されているピッチャーで、超人的な剛速球が武器。

•マルキュー(橋本奈々未)
高校を休学し、町のファッションショップ“209”に勤めているおしゃれ美少女。秘めたソフトボールの才能を持つが、クールな性格でチームに加わろうとしない。

•アカデミー(生駒里奈)
アカデミー女優になるという大志を抱く演劇部の部員。ソフトボールの練習中にいきなりせりふの練習を始めるなど、少々変わり者。

•ブナン(桜井玲香)
生徒会長。優柔不断な日和見主義者で、愛想笑いが得意。もめ事が起きると常に仲裁役に回り、何もかもを無難に収めようとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
乃木坂46が連ドラ初主演。汗あり、涙あり、魔球ありのスポ根ドラマが展開!
アイドルグループ・乃木坂46の連続ドラマ初主演作。同グループのメンバーがソフトボールの選手に扮し、汗あり、涙あり、そして魔球ありの“スポ根”ドラマが展開する。主人公のエース・ななまる役の西野七瀬、ライバルチームのキャプテン・キレイ役の白石麻衣ほか、橋本奈々未、生田絵梨花、高山一実、桜井玲香、生駒里奈、若月佑美、秋元真夏、深川麻衣、松村沙友理、衛藤美彩ら乃木坂46のメンバーが多数集結。白石以外はソフトボール未経験者。このドラマのために撮影前から練習を重ねたメンバーたちの、奮闘と成長も見どころ。



2015年春夏、木曜ドラマ『植物男子ベランダー season2』

kage

2015/09/24 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月16日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週木曜 午後11:15~午後11:45

 植物男子ベランダー season2

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:いとうせいこう「ボタニカル・ライフ 植物生活」(新潮文庫)

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•ベランダー(田口トモロヲ)
自称・ベランダー。都会の片隅にひっそりと住むバツイチの中年男性で、フリーのライター。自分勝手なやり方でベランダで植物を育てることを無上の喜びとしている。植物の世話の仕方は、かなりいい加減。

•木下楓(岡本あずさ)
ベランダーが通う花屋の店員。

•藤村杏子(安藤玉恵)
ベランダーが通う花屋の店長。

•茂木梅吉(松尾スズキ)
ベランダーが以前勤めていた会社の先輩。筋金入りの盆栽愛好家で、ベランダーにことあるごとに盆栽を勧めてくる。

•田中惣太郎(古舘寛治)
ベランダーの隣に住む植物学者。突然、ベランダーの家に上がり込んできたりする。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
中年独身男性の、ガーデニングならぬ“ベランダー”ライフ第2弾!
作家・いとうせいこうが、ベランダでの自らの植物生育体験をつづった「ボタニカル・ライフ 植物生活」を、田口トモロヲ主演で連続ドラマ化したシリーズの第2弾。都会の片隅でひっそりと暮らすバツイチの中年男性・ベランダー(田口)が、マンションのベランダで、いろいろな植物を自己流で育てて一喜一憂するさまを描く。2014年放送の前シリーズに登場した、古舘寛治や松尾スズキらおなじみの面々も再登場。多肉植物が織りなすミニドラマや、植物にまつわる楽曲を味わう「植物SONGS」などのミニコーナーも注目だ。

2015年夏、火曜ドラマ『プレミアムよるドラマ [オンナミチ』

kage

2015/09/22 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★8月4日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週火曜 午後11:15~午後11:45

 プレミアムよるドラマ オンナミチ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:北沢バンビ「オンナミチ」(小学館)/脚本:田中ひろみ /脚本:坪田文/演出:村松弘之/制作統括:磯智明/制作統括:佐野奈緒子

挿入歌:Little Glee Monster「書きかけの未来」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•山口梨花(片瀬那奈)
32歳独身。レコード会社勤務で、アーティストを育てるのが夢。別れたはずのダメ男・マサオとの関係を断ち切ることができず、いまだにお金を貢いでいる。占い好きで人の言葉に振り回されがちな性格。

•オバちゃん(渡辺えり)
梨花の20年後の姿。経営するスナックでビール瓶につまずき、52歳で無念の孤独死を遂げる。人生に対する後悔から成仏できず、20年前の梨花の前に現れ、間違った選択をしないように若き日の梨花にアドバイスする。

•小谷地義宗(徳重聡)
梨花の同僚。アメリカ支社帰りの敏腕音楽プロデューサー。豊富な人脈を駆使して、さまざまなアーティストを手掛けている。仕事に厳しく、梨花に無理難題を押し付ける。

•竹内晶子(市川由衣)
梨花の高校時代からの友人。銀行に勤務し、5カ月前にできた彼氏との結婚を意識している。

•太田和幸(合田雅吏)
バツイチの音楽ライター。明るく仕事に情熱を注ぐ梨花の姿に、好意を抱く。

•山口有次(金田明夫)
梨花の父親。頑固一徹な性格の左官職人。厳しい性格で、昔から梨花に恐れられている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
片瀬那奈と渡辺えりのダブル主演で人気コミックを映像化。涙と笑いの人生奮闘劇!
北沢バンビによる同名人気コミックを、連続ドラマ初主演の片瀬那奈と渡辺えりのダブル主演で映像化。恋も仕事もイマイチのヒロインが、20年後の未来からやってきた“自分”を名乗るオバちゃんと共に、人生をリニューアルさせようと奮闘する姿を描く。人の言葉に振り回されがちで、ダメ男に貢ぎ続ける32歳の山口梨花を片瀬が、52歳の時にビール瓶につまずいて転倒死する未来の梨花を渡辺が演じるほか、梨花を取り巻く面々として、レコード会社の同僚に徳重聡、梨花に惹かれるバツイチの音楽ライターに合田雅吏、元カレに淵上泰史が扮する。




2015年夏、火曜ドラマ『ホテルコンシェルジュ』

kage

2015/09/22 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★7月7日スタート 

TBS系 毎週火曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:09)

 ホテルコンシェルジュ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:松田裕子/演出:今井和久/プロデューサー:木村元子/プロデューサー:本郷達也

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•天野塔子(西内まりや)
「ホテル・フォルモント」の新人コンシェルジュ。負けず嫌いの体育会系で、「お客さまには絶対にノーとは言わない」がモットーだが、心の中でパニックになることも。飲料部に3年間勤務し、念願のコンシェルジュへ異動した。

•本城和馬(三浦翔平)
「ホテル・フォルモント」のコンシェルジュ。努力家で何をやらせても完璧だが、プライドも高い。お客さまに対しては優しく柔和だが、同僚に対しては態度が悪い。

•珠久里太一(尾美としのり)
「ホテル・フォルモント」のヘッドコンシェルジュ。高級旅館でおもてなしの流儀を極めた男。人の気持ちを読む力や天才的な記憶力があり、世界中のホテルやレストランとのネットワークも持つ。

•高垣亜里砂(夏菜)
「ホテル・フォルモント」の客室係。全く笑顔を見せないが、丁寧で正確な仕事ぶりが支持されており、クレームが来たことがない。

•西崎隼人(浅利陽介)
「ホテル・フォルモント」の用具係。聴覚障害があり耳が聞こえないが、明るい性格。手先が器用で、どんなものでも直せる。塔子とは手話で愚痴を言い合う仲。

•片桐美穂子(若村真由美)
「ホテル・フォルモント」の経営戦略室ゼネラルマネジャー。海外のホテルで鍛えられた“一流”を知る女。「ノットエレガント」が口癖で、部下に厳しく、仕事に一切妥協しない。

•成沢瑛一(伊武雅刀)
「ホテル・フォルモント」の日本法人社長。買収ファンドから派遣され、ホテルの企業価値を上げて高く転売するのが目的。サービスが数字に反映されないコンシェルジュを軽視する。

•鷲尾陵介(高橋克典)
「ホテル・フォルモント」の総支配人。ホテルマン一筋で、さまざまなポジションを経験している現場の責任者。部下思いで、合理主義者の成沢とは対立することも。塔子をコンシェルジュに抜てきした。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
西内まりやが「ノーと言わない」をモットーにした新米コンシェルジュ役に挑戦!
TBSの連続ドラマ初主演となる西内まりやが、一流ホテル「ホテル・フォルモント」の新米コンシェルジュとして奮闘する、1話完結のハートウォーミングドラマ。「絶対にノーとは言わない」をモットーにした天野塔子(西内)が、ホテル内で巻き起こるさまざまなトラブルを、同僚たちと解決していく。西内は「コンシェルジュというお仕事はあまりなじみのなかった職業ですが、責任ある役割だと知り、身の引き締まる思いです」と役への思いを明かした。脚本は、「花咲舞が黙ってない」「ごくせん」シリーズ(ともに日本テレビ系)を手掛けた松田裕子、演出は「チーム・バチスタ」シリーズ(フジテレビ系)で知られる今井和久が務める。



2015年夏、日曜ドラマ『ナポレオンの村』

kage

2015/09/20 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★7月19日スタート 

TBS系 毎週日曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:19)

 ナポレオンの村

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原案:高野誠鮮「ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?」(講談社)/脚本:仁志光佑/演出:岡本伸吾/演出:平野俊一/演出:塚原あゆ子/プロデューサー:高橋正尚

主題歌:平井堅「君の鼓動は君にしか鳴らせない」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•浅井栄治(唐沢寿明)
星河市に赴任した東京都職員。東京オリンピックのプロジェクトに携わるなど、やり手として活躍。持ち前の奇抜なアイデアと飛び抜けた行動力で、東京の西の果てにある星河市神楽村を生まれ変わらせようと決意する。

•岬由香里(麻生久美子)
星河市役所の農林商工課職員。職員の中でも異彩を放つ都会的な女性。市長の福本から浅井を見張るよう命じられるが、次第に浅井の相棒的存在になっていく。

•戸川真人(山本耕史)
浅井の幼なじみ。経営コンサルタント会社を経営し、金もうけの才能がある。東京の片田舎・星河市の神楽村を復興させると言い切る浅井を一番の理解者として支える。

•山田大地(ムロツヨシ)
星河市役所の農林商工課課長。市長の福本の腰ぎんちゃく的な存在。神楽村の村おこしをするという浅井をけむたがり、何かと邪魔をする。

•菰田孝三郎(イッセー尾形)
星河市神楽村にある菰田神社の神主。村人たちから絶大な信頼を得ているため、影響力もある。

•福本純也(沢村一樹)
星河市長。市の発展のために過疎化している神楽村の廃村を陰で進めている。自分の方針と真逆を行く浅井を疎ましく感じている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
ビジネス書原案のエンタメ作品で、唐沢寿明が限界集落を再生させるスーパー公務員に!
東京の西端にある限界集落を舞台に、都庁から派遣されてきたスーパー公務員が、村を再生させようと奮闘する爽快サクセスストーリー。主人公・浅井栄治を演じる唐沢寿明は、「過疎化という現実に起きている問題を、テレビドラマで扱うのがとても面白いと思いました。どんな方法で問題を解決していくのか、僕個人も興味がありますし、どう表現していくのか楽しみにしています」と意気込みを語る。浅井は東京オリンピックのプロジェクトに携わるなど、都庁でもやり手のスーパー公務員だが、持ち前の奇抜なアイデアと飛び抜けた行動力で、単身、星河市神楽村に飛び込み、限界集落の復興に取り組んでいく。


2015年夏、土曜ドラマ『ブスと野獣』

kage

2015/09/19 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★8月1日スタート フジテレビ系 毎週土曜 午後11:40~深夜0:05(初回は深夜0:10~深夜0:35)
 ブスと野獣

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:坂本絵美/脚本:村井真也/演出:加藤裕将/演出:高野舞/プロデューサー:池田拓也

主題歌:サンボマスター「時間をとめるラブソング」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•中田健太(矢本悠馬)
大学のディベートサークル所属のエース。「ペンは剣よりも強し」という座右の銘のもと、数々のディベート大会で勝利を収めてきた理屈至上主義論者。理論的ではあるが、勇気がないため、一目ぼれした美女に近づけず空回りばかりしている。

•篠原幸恵(ゆいP)
大学のレスリング部の主将。「欲しいものは力ずくで」という座右の銘のもと、恋愛以外のすべてのものを手に入れてきた努力至上主義者。勇気はあるけど、理論を持ち合わせていないため、一目ぼれしたイケメンとすれ違いを起こし、大暴走してしまう。

•上条梓(逢沢りな)
レスリング部のマネジャーで幸恵の親友。誰もが振り向くかわいらしい外見を持つ才色兼備の美女。

•北原颯佑(成田凌)
健太の親友。ディベートサークルとバスケットボール部に所属している。女子を惹きつける爽やかな笑顔を振りまく、完全無欠のイケメン。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
矢本悠馬とおかずクラブのゆいPがダブル主演する“ブサイク”な男女のラブコメディー!
恋愛未経験ながら共に面食いのブサイクな男女2人が、美男美女と恋人になるためにあらゆる手段を使って悪戦苦闘する、とびきり変わったラブコメディー。大学のディベート部エースで理屈至上主義論者の“ブス”な男・中田健太を、大人計画所属の若手個性派俳優・矢本悠馬が演じ、“野獣”な女・篠原幸恵を、ブスカワなビジュアルと独特な存在感でブレーク中の女性お笑いコンビ・おかずクラブのゆいPが演じる。2人が恋に落ちる美男美女役として、逢沢りなと成田凌が出演。絶妙のタイミングで主人公2人の前に現れる、“いけ好かないカップル”には、ゆいPの相方・オカリナと森下大地が登場する。

2015年夏、土曜ドラマ『ど根性ガエル』

kage

2015/09/19 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★7月11日スタート 

日本テレビ系 毎週土曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:09)

 ど根性ガエル

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:吉沢やすみ「ど根性ガエル」(集英社)/脚本:岡田惠和/演出:菅原伸太郎/演出:狩山俊輔/プロデューサー:伊藤響/プロデューサー:河野英裕/プロデューサー:大倉寛子

主題歌:ザ・クロマニヨンズ「エルビス(仮)」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•ひろし(松山ケンイチ)
かつてはピョン吉と一緒にど根性で人生を乗り切っていたが、30歳を迎えた今では定職にも就かずにぶらぶらしているダメ男。ピョン吉と京子ちゃんのある変化をきっかけに、人生をやり直そうと決意する。

•ピョン吉(満島ひかり/声の出演)
16年前、慌てん坊の中学生だったひろしが転んだ時につぶされて彼のシャツに張り付き、“平面ガエル”として生きていくことになったガマガエル。持ち前のど根性で何事にもぶつかっていき、ひろしをサポートする。

•京子ちゃん(前田敦子)
ひろしの中学校時代の同級生で、彼の永遠のマドンナ。離婚して生まれ育った町に戻ってきたが、つらい経験を経た影響からか、優しかったかつての面影はなく、冷たく、ドライな女性になっていた。

•五郎(勝地涼)
中学校時代からひろしを慕っている一つ下の後輩。持ち前の男気で今では立派な警察官となり、暇さえあればひろしの世話を焼いている。

•ゴリライモ(新井浩文)
ひろしの中学校時代の同級生で、かつてのガキ大将。今ではパン工場の若社長を務めている。ことあるごとにひろしと対立するが根は優しい。

•ひろしの母ちゃん(薬師丸ひろ子)
女手一つで、ひろしとピョン吉を育ててきた気丈夫で優しい母。ゴリライモのパン工場で働いており、実は一番のど根性の人。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
「ど根性ガエル」が初の実写ドラマ化! 松山ケンイチが三十路のひろしを熱演!
1970年代に一世を風靡した人気漫画「ど根性ガエル」を初めて実写化。主人公のひろし役を松山ケンイチが演じる。脚本はNHK連続テレビ小説「ちゅらさん」、「最後から二番目の恋」(フジテレビ系)などを手掛けた岡田惠和が務め、ひろしがピョン吉と出合ってから16年後を舞台にしたオリジナルストーリーを展開する。三十路を迎えたものの、うだつの上がらない毎日を送っていたひろしが、ピョン吉(声・満島ひかり)のある異変をきっかけに人生をやり直すほか、離婚して出戻ってきたヒロイン・京子ちゃん(前田敦子)との恋愛模様や、ピョン吉の正体も描かれる。




2015年夏、金曜ドラマ『民王』

kage

2015/09/18 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★7月24日スタート 
テレビ朝日系 毎週金曜 午後11:15~深夜0:15

 民王

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:池井戸潤「民王」(文春文庫)/脚本:西荻弓絵/監督:木村ひさし/監督:本橋圭太/プロデューサー:大川武宏/プロデューサー:飯田爽/プロデューサー:菊池誠/プロデューサー:神山明子

主題歌:miwa「ストレスフリー」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•武藤泰山(遠藤憲一)
内閣総理大臣。長年の政治闘争の末、ようやく最高権力者の座を手にした。翔と心と体が入れ替わった後は仕方なく就職活動を開始するが、偉そうな面接官を次々と論破し、ことごとく面接で失敗してしまう。一方、大学生の目線から社会を見直したことで、日本を良くしたいという純粋な志を取り戻し、次第に真の“民王”となっていく。

•武藤翔(菅田将暉)
泰山の息子で、今はやりの“女子力男子”。通っている大学では勉強もせず、家にも寄り付かなかったが、泰山と入れ替わった後に、泰山が社会のことも考えていたと分かる。総理大臣として国会に通い始めた当初は、答弁がボロボロで国民からひんしゅくを買うが、やがてストレートな物言いに共感が高まり、支持率も上がっていく。

•南真衣(本仮屋ユイカ)
大学卒業後、職業紹介会社を立ち上げた若社長。大学近くの定食屋「キッチン・やみくも」は、亡き母の親戚が経営しており、頻繁に出入りしている。総理になった翔のモチベーションを上げたいという狩屋と貝原の思惑により、総理の秘書見習いとして働くことに。泰山と入れ替わった翔が妙に男っぽい性格に変わったことで、あろうことか泰山の心の翔に惹かれていく。

•村野エリカ(知英)
翔の同級生。先輩である真衣のことを尊敬し、慕う一方、学力の低い翔のことを馬鹿にし、よく挑発的な言葉を浴びせている。親が離婚し、母親の姓を名乗っているため周囲は分かっていないが、実は泰山の政敵・蔵本の娘。ある日、体にある異変が起き、翔と協力関係を結ばざるを得なくなる。

•貝原茂平(高橋一生)
泰山の公設第一秘書。性格は真面目一辺倒で、超優秀な総理のサポーターでもある。何事にもクールに分析しては、鋭く突っ込むのが特徴。泰山と翔の入れ替わり後、総理の答弁原稿を作り、翔を支えるため奮闘する。お酒を飲むと溜め込んでいたストレスが爆発して豹変するが、それも周囲に隠している。

・狩屋孝司(金田明夫)
内閣官房長官。泰山の盟友で、女房的存在。情に厚く、泰山になった翔を懸命にフォローするが、女好きが災いしてあるトラブルを起こし、窮地に追い込まれる。

•蔵本志郎(草刈正雄)
憲民党の党首で、泰山の長年の政敵。若いころからダンディで女性から人気があり、泰山もそのことを意識している。ネチネチとしつこい代表質問を繰り広げ、前総理を精神的に追い込んだ過去がある。今でも政権交代を狙っており、泰山にさまざまな言い掛かりを付けてくる。

•城山和彦(西田敏行)
民政党の副総裁。泰山が所属する城山派のボスで、政界のドン的存在。柔和な笑顔の裏で、何を考えているのか分からないところがある。泰山を総理に押し上げた張本人。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
“入れ替わり系”政治エンターテインメントで遠藤憲一と菅田将暉がダブル主演
遠藤憲一と菅田将暉がダブル主演を務める政治エンターテインメントドラマ。池井戸潤の小説を基に、総理大臣と息子の心と体が入れ替わったことから起きる騒動と奇跡を描く。遠藤が扮するのは、現職の総理大臣・武藤泰山。菅田は、彼の息子でちょっとおバカな大学生・翔を演じる。こわもての遠藤が今時の“女子力男子”の軟弱な内面を、注目の若手俳優・菅田が最高権力者の迫力と知性をどう体現するかが大きな見どころ。また、本仮屋ユイカ、知英、高橋一生、金田明夫、峯村リエ、山内圭哉、原金太郎、池谷のぶえ、六角精児、草刈正雄、西田敏行ら多彩なキャストが脇を固める。





2015年夏、木曜ドラマ『37.5℃の涙』

kage

2015/09/17 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★7月9日スタート 

TBS系 毎週木曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:09)

 37.5℃の涙

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:椎名チカ「37.5℃の涙」(小学館 月刊「Cheese!」)/脚本:梅田みか/監督:古澤健/監督:藤尾隆/監督:村上牧人/プロデューサー:渋谷未来/プロデューサー:近見哲平

主題歌:wacci「大丈夫」/挿入歌:木村カエラ「EGG」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•杉崎桃子(蓮佛美沙子)
訪問型病児保育「リトルスノー」の病児保育士。保育園で保育士として勤務していたが、笑うことが苦手で保護者とコミュニケーションが取れず、契約を打ち切られてしまう。「リトルスノー」に拾われて、病児保育士として再出発する。

•朝比奈元春(成宮寛貴)
桃子の上司。「リトルスノー」で病児保育スタッフを管理する。不器用な桃子の成長を温かく見守る。

•篠原健介(速水もこみち)
6歳の息子を持つシングルファーザー。「リトルスノー」の顧客で、どうしても仕事が休めない時に、息子の世話を桃子に頼む。次第にひたむきな桃子に惹かれていく。

•柳主税(藤木直人)
桃子の上司。マニュアルを重視する「リトルスノー」の鉄仮面。

•関めぐみ(水野美紀)
「リトルスノー」の病児保育スタッフ。仕事に高いプロ意識を持つ、桃子にとって頼れる先輩病児保育士。

•杉崎富美子(浅野温子)
桃子の母。桃子の過去に暗い影を落とした張本人。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
蓮佛美沙子の主演で新米病児保育士の奮闘を描くハートフルストーリー!
コミック誌で連載中の同名マンガをドラマ化。民放連続ドラマ初主演となる蓮佛美沙子が、仕事中の親に代わって病気の子供の世話をする新米病児保育士を演じる。笑顔が苦手で保育園の契約を打ち切られた杉崎桃子(蓮佛)が、訪問型病児保育「リトルスノー」で働き始めてさまざまな家族と出会い、仲間に支えられながら成長していくストーリー。“37.5℃”は、子供がこの体温を超えると保育園から「お迎えコール」が掛かり、親は仕事中でも迎えに行かなければならないボーダーラインを示している。脚本は、ドラマ「CAとお呼びっ!」(日本テレビ系)などを手掛けた梅田みかが務める。




2015年夏、木曜ドラマ『探偵の探偵』

kage

2015/09/17 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★7月9日スタート 

フジテレビ系 毎週木曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:09)

 探偵の探偵

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:松岡圭祐「探偵の探偵」「探偵の探偵Ⅱ」「探偵の探偵Ⅲ」(講談社文庫)/脚本:徳永友一/演出:石井祐介/演出:品田俊介/演出:森脇智延/プロデューサー:渡辺恒也/プロデューサー:草ヶ谷大輔

主題歌:超特急「Beautiful Chaser」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•紗崎玲奈(北川景子)
中堅調査会社「スマ・リサーチ社」で、悪徳探偵業者を調査・追及するため新設された、対探偵課に所属する調査員。ストーカーに殺害された亡き妹のため、命懸けで探偵を追っている。容姿端麗、頭脳明晰で、記憶力が異常に良い。

•峰森琴葉(川口春奈)
玲奈の相棒。就職活動に失敗し、軽い気持ちで「スマ・リサーチ社」に入社。玲奈と行動を共にするうちに、「知的な仕事」というイメージを持っていた探偵業を「最低のブラック企業」だと思うようになる。勉強熱心で、仕事の飲み込みは悪くない。

•窪塚悠馬(三浦貴大)
警視庁捜査一課の刑事。ノンキャリア出身。妻を亡くし、8歳になる娘・柚希を妻の実家に預けながら仕事をしている。探偵という職業に対して強い嫌悪感を示していたが、玲奈の過去を知り共感を覚えるようになっていく。

•桐嶋颯太(DEAN FUJIOKA)
「スマ・リサーチ社」の探偵課調査員で、現場のまとめ役的存在。理性的な現実主義者で、人に本心を見せない謎めいた人物。「探偵業における非法行為は必要悪」との考えから、非合法的手段も辞さない。玲奈を陰ながらサポートする。

•阿比留佳則(ユースケ・サンタマリア)
「阿比留総合探偵社」社長。警視庁からの信頼が厚く、警察への捜査協力を積極的に行う。マスコミにも顔出しで多く登場する自己顕示欲の塊のような男。葉巻とサングラスを愛用している。

•須磨康臣(井浦新)
「スマ・リサーチ社」社長。現役時代は優秀な探偵だった。探偵業について独自の価値観を持つが、どこよりも早く探偵業法に基づいた健全な会社運営に乗り出す。探偵の行動はすべて自己責任によるものと考え、玲奈のピンチにも介入しない。かつて、人生が闇に覆われるほどつらい思いをした経験がある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
北川景子が探偵役で本格アクションに初挑戦。美し過ぎる女性バディのサスペンスドラマ!
原作は、「万能鑑定士Q」「千里眼」シリーズなどで累計1000万部以上の売り上げを誇る人気作家・松岡圭祐の「探偵の探偵」シリーズ最新作。“探偵を追う探偵”という異色の設定ながら、徹底的なリアリティーで探偵業を描写し、読者の支持を得ている傑作サスペンスを、原作者の松岡をして「主人公の生き写し」と言わしめる北川景子主演で連続ドラマ化する。亡き妹のため命懸けで探偵を追う主人公と、川口春奈扮する新人探偵が、徐々にバディとして絆を強めていく関係性をどう表現していくかにも注目。共演の男性陣には、日本の連続ドラマ初出演となる国際派俳優・DEAN FUJIOKAや、三浦貴大、井浦新らが顔をそろえる。





2015年夏、木曜ドラマ『婚活刑事』

kage

2015/09/17 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★7月2日スタート 

日本テレビ系 毎週木曜 午後11:59~深夜0:54

 婚活刑事

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:安道やすみち「婚活刑事 花田米子の絶叫」(TOブックス)/脚本:ますもとたくや/演出:遠藤光貴/プロデューサー:福田浩之

主題歌:斉藤和義「傷口」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•花田米子(伊藤歩)
警視庁両国署刑事課に所属する巡査部長。「ほれた男は必ず罪を犯している」という特殊能力“米子レーダー”で抜群の検挙率を誇る。だが、本人はこの能力を忌み嫌っており、理想の結婚相手と巡り合うため、好きになった相手を信じて恋愛にまい進していく。

•藤岡躑躅(小池徹平)
直近の事件でミスを犯し、警視庁捜査一課から両国署の刑事課に左遷されたエリート警部。冷静かつ論理的な性格で、情に流されがちな両国署の面々のことを見下しており、ことあるごとに衝突する。オカルトの類いを一切否定していて、米子レーダーも全く信じていないが、米子同様、犯罪を敵視しており、責任感も強い。

•宮谷博之(升毅)
両国署刑事課の課長補佐。たたき上げのベテラン警部補。米子レーダーを最初に発見した人物で、米子の恋と能力を徹底的に利用する。

•小西弥生(森カンナ)
両国署交通課に勤務する巡査。署のアイドル的存在で、米子の婚活の師匠でもある。

•山下美香(川村エミコ)
米子の飲み友達。取引先の社長と不倫しており、「結婚していても恋愛は自由」などとうそぶいているが、「妻とは別れる」という彼の言葉を信じ、もうすぐ結婚が実現すると思っている。

•塚本樹(鈴木砂羽)
両国署刑事課の課長。警部。多数の案件を抱えているため現場に顔を出すことは少ないが、米子にとっては数少ない女性の先輩。一児の母で、家庭もうまくいっていることから、米子の憧れの存在。

•佐伯信二郎(大杉漣)
警視庁警務部参事官。警視正。入庁以来警務畑一筋で、警視庁のナンバー3まで登り詰めた。温厚かつ実直な性格の持ち主で人望もあり、手腕にも定評がある。警視庁の人事を握っており、捜査ミスを犯した藤岡を左遷という名目で両国署に送り込んだ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
伊藤歩が“究極の恋愛不適合者”に!? 女性刑事の奮闘を描くコメディーミステリー!
安道やすみちの「婚活刑事 花田米子の絶叫」を基にしたコメディーミステリー。主人公の女性刑事で究極の恋愛不適合者・花田米子を、民放の連続ドラマ初主演となる伊藤歩が演じる。米子は両国署刑事課に配属されて以来、驚くほどの検挙率を誇るやり手刑事。実は彼女には「ほれた男が必ず罪を犯している」という特殊能力が備わっていたのだ。恋愛の始まりが逮捕につながり、やがて別れが訪れる。負のスパイラルに陥っている米子が、自分の運命にあらがいながらも結婚を夢見て奮闘する姿が、軽妙かつ切なく描かれる。同僚のエリート警部・藤岡躑躅を小池徹平が演じるほか、升毅、森カンナ、川村エミコ、鈴木砂羽、大杉漣らが共演する。



2015年夏、水曜ドラマ『花咲舞が黙ってない』

kage

2015/09/16 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★7月8日スタート 

日本テレビ系 毎週水曜 午後10:00~午後11:00(初回は午後10:00~午後11:10)

 花咲舞が黙ってない

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:池井戸潤「不祥事」(実業の日本社・講談社文庫)/脚本:松田裕子/脚本:梅田みか/脚本:横田理恵/演出:南雲聖一/演出:佐久間紀佳/演出:鈴木勇馬/プロデューサー:伊藤響/プロデューサー:加藤正俊/プロデューサー:柳内久仁子

主題歌:福山雅治「I am a HERO」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•花咲舞(杏)
「東京第一銀行」本部・支店統括部臨店班に勤務する入社6年目の銀行員。困っている人を放っておけない性格で、トラブル解決のためなら行内の人間関係やゆがんだ企業倫理をものともせずに突っ走る。

•相馬健(上川隆也)
舞の相棒役を務める「東京第一銀行」本部・支店統括部臨店班の中堅銀行員。かつては敏腕融資マンとして名を馳せていたが、上司とぶつかったのを機に出世ラインから外され、現在の職に就いている。以前は事なかれ主義で日々の仕事をこなしていたが、舞との出会いで一変。かつての熱い血がよみがえり、舞の行動に振り回されながらも彼女の活躍を支えている。

•芝崎太一(塚地武雅)
「東京第一銀行」本部・支店統括部次長。無類のうわさ好きで、人事情報から不祥事まで、あらゆる行内の情報に精通している。

•児玉直樹(甲本雅裕)
「東京第一銀行」本部・秘書室次長。相馬の同期で、真藤派閥の若手リーダー。真藤を心から尊敬し、絶対服従の姿勢を貫いており、臨店班の動向に常に目を光らせている。

•花咲幸三(大杉漣)
舞の父。妻を早くに亡くし、男手一つで舞を育て上げた“頼れるお父さん”。舞が就職したのを機に脱サラし、自宅の1階に「酒肴処 花咲」を開店。店は舞だけでなく、相馬にとっても安らぎの場所となっている。

•真藤毅(生瀬勝久)
「東京第一銀行」に入行以来、エリート畑を歩んできた出世頭で、この1年で経営企画本部長から常務取締役に昇進した。真藤派閥の支店長たちが起こした不祥事を次々と明るみにする臨店班を目の敵にしている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
メガバンクが舞台の人気作、待望の続編! 痛快さはそのままに、舞に恋の展開も!?
池井戸潤の小説を杏主演で映像化、昨年4月期に放送して好評を博した連続ドラマの待望の続編。銀行の支店に赴きさまざまなトラブルを解決する、大手メガバンクの「臨店班」に所属する熱血銀行員・花咲舞(杏)の奮闘を描く。舞が「お言葉を返すようですが!」の決めゼリフを武器に、誤払いや情報漏えいなどの問題解決のため突っ走る痛快なストーリーが魅力。コンビを組む上司・相馬健役の上川隆也、2人の宿敵の常務・真藤毅役の生瀬勝久ほか、甲本雅裕、大杉漣、塚地武雅らおなじみのメンバーも健在だ。また、舞に恋心を抱く銀行員役で成宮寛貴が準レギュラーとして出演するなど、舞の女心を巡る新展開も訪れる。





2015年夏、水曜ドラマ『リスクの神様』

kage

2015/09/16 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★7月8日スタート 

フジテレビ系 毎週水曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:09)

 リスクの神様

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:橋本裕志/演出:石川淳一/プロデューサー:高丸雅隆

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•西行寺智(堤真一)
日本最大の商社「サンライズ物産」危機対策室長。かつてアメリカの「GE社」や政府関連の危機管理に携わり、数々のトラブルを解決し、業界内で“the God of risk”(リスクの神様)と呼ばれた伝説の危機管理専門家。大学から単身アメリカへ渡って数々の職業を経験し、弁護士資格を取得。大手弁護士事務所で企業トラブルの対応に従事した後、危機管理専門家として独立。豊富で膨大な知識を持つ。

•神狩かおり(戸田恵梨香)
「サンライズ物産」の女性総合職。東大卒で、英語のほか中国語やロシア語など数カ国の言語を扱えるマルチリンガル。入社10年目で、同期で一番の出世頭だったが、開発に携わった商品のリコール問題によって出世争いに敗れ、危機対策室で働くことに。

•結城実(森田剛)
「サンライズ物産」危機対策室の危機管理コンサルティング助手。西行寺がアメリカで働いていたころに出会い、以来10年近く仕事を共にしてきた右腕的存在。明るい性格で一見軽そうに見えるが、西行寺の指示には忠実で、ハッキング、情報解析、張り込み、依頼人との交渉など、困難な仕事でも淡々とこなすスキルを持っている。

•坂手光輝(吉田鋼太郎)
「サンライズ物産」社長。自分の方針には絶対的な自信を持ち、その経営スタイルから独裁的とも見られている。アメリカから西行寺を呼び寄せ、社内に危機対策室を開設した。

•白川誠一郎(小日向文世)
「サンライズ物産」の専務。坂手の経営方針に反発し、ことごとく対立。温和な性格で、坂手のワンマン経営を変えようと画策している。社長直轄の危機対策室の動向を監視。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
堤真一が伝説の危機管理専門家に! 絶体絶命の企業や人を救う社会派ドラマ!
トラブルに巻き込まれた企業や個人、そしてその家族を救う、危機管理専門家たちの活躍を描く本格社会派ドラマ。フジテレビ系連続ドラマ初主演となる堤真一が演じるのは、数々のトラブルを解決し、業界内で“the God of risk”(リスクの神様)と呼ばれる危機管理専門家・西行寺智。日本最大の商社「サンライズ物産」で西行寺と共に働くことになるヒロイン・神狩かおりを演じるのは、堤とドラマ初共演となる戸田恵梨香。また、西行寺の頼れる右腕・結城実役には、8年ぶりの民放連続ドラマレギュラー出演となるV6の森田剛が扮する。数多くの伏線が複雑に張り巡らされ、登場人物たちのクールな掛け合いと息もつかせぬストーリー展開も見どころだ。



2015年夏、火曜ドラマ『となりの関くんとるみちゃんの事象』

kage

2015/09/15 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★7月28日スタート 

TBSほか 毎週火曜 深夜1:11~深夜1:41

 となりの関くんとるみちゃんの事象

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:森繁拓真「となりの関くん」(KADOKAWA)、原克玄「るみちゃんの事象」(小学館)/脚本:細川徹/演出:細川徹/演出:平林克理/脚本:月川翔/演出:月川翔/演出:深迫康之/プロデューサー:深迫康之

主題歌:フジファブリック「Green Bird」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•関俊成(渡辺佑太朗)
授業を全く聞かずに遊んでばかりいる不真面目な男子生徒。しかし常にオリジナルの遊びを開発し、黙々と打ち込む姿は真面目そのもの。サボリを先生に発見されない技も超一流。

•横井るみ(清水富美加)
関くんの隣の席の女子生徒。真面目に授業を受けたいと思っているが、授業中に関くんがしている斬新な遊びが気になってしまう。関くんの遊びを妨害することもあるが、時には本気で参加してしまう。

•郁野るみ(トミタ栞)
私立花ヶ岡女子高に転校してきた高校2年生。摩訶不思議な感性で生きている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
個性豊かな学園生活を描いた人気コミックを実写化! 毎週豪華2本立てで放送!
個性豊かな学園生活を描いた同名の人気漫画2作品をそれぞれ実写化し、2本立てで放送。森繁拓真原作の「となりの関くん」は、静かな教室という閉鎖空間を舞台にしたコメディードラマで、授業中にドミノや将棋などで遊び始め、机の上を“遊園地”に変えてしまう謎の男子生徒・関くんこと関俊成(渡辺佑太朗)と、それに見入ってしまい授業に集中できない隣の席の女子生徒・横井るみ(清水富美加)の攻防が描かれる。原克玄原作の「るみちゃんの事象」は、特技が脱臼で、カラオケではなぜか千葉真一、ちばてつやを熱唱するという不思議キャラの女子生徒・郁野るみ(トミタ栞)の生態とともに、まさかの方向に脱線し続ける日常をシュールに描く。