FC2ブログ
2019 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 11

カテゴリ:・2015秋期ドラマ紹介 の記事リスト(エントリー順)

kage

| | 古い記事一覧へ ≫

2015年秋、日曜ドラマ『日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 誤断』

kage

2015/12/27 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★11月22日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 午後10:00~午後11:00

 日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 誤断

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:堂場瞬一「誤断」(中央公論新社)/脚本:羽原大介/監督:村上牧人/監督:古厩智之/プロデューサー:堤口敬太/プロデューサー:黒沢淳/プロデューサー:東田陽介

主題歌:稲葉浩志 「水路」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•槙田高弘(玉山鉄二)
大手製薬会社「長原製薬」の広報部員。副社長の安城から不祥事の隠蔽を指示され、良心と社命とのはざまで思い悩む。

•森田真弓(蓮佛美沙子)
槙田の婚約者で、安城の秘書。

•高藤辰美(柳葉敏郎)
「長原製薬」の顧問弁護士。槙田の良き相談相手だが、社長派であるため安城から排除されそうになる。

•安城隆雄(小林薫)
「長原製薬」の副社長。外資系企業との合併交渉を成立させるために、槙田に指示を出し、薬害被害者遺族との示談と隠蔽を進めさせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
堂場瞬一による社会派ヒューマンサスペンス小説を、玉山鉄二主演でドラマ化!! 
作家・堂場瞬一による社会派ヒューマンサスペンス小説を連続ドラマ化。薬害事件を抱える大手製薬会社を舞台に、法の網をかいくぐってでも会社の繁栄と存続を優先する企業人、巨大企業の利益のために犠牲となった被害者たちなど、さまざまな人々の思惑が交錯する中で、隠蔽工作を指示された若手社員の苦悩を描く。主人公である槙田高弘を演じる玉山鉄二は、NHK連続テレビ小説「マッサン」以来初の連続ドラマ単独主演となり、「マッサン」の脚本家でもある羽原大介と再びタッグを組む。婚約者の森田真弓役に蓮佛美沙子、顧問弁護士・高藤辰美役に柳葉敏郎、隠蔽を指示する副社長・安城隆雄役に小林薫と、実力派が脇を固める。





スポンサーサイト



2015年秋、土曜ドラマ『トランジットガールズ』

kage

2015/12/26 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★11月7日スタート 

フジテレビ系 毎週土曜 午後11:40~深夜0:05(初回は午後11:50~深夜0:15)

 トランジットガールズ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
監督:前田真人/脚本:加藤綾子/プロデューサー:松本彩夏/プロデューサー:関友彦

主題歌:降谷建志「Prom Night」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•葉山小百合(伊藤沙莉)
高校3年生。2年前母親を亡くしてから父・圭吾と2人で暮らしてきた。進学校に通い、成績も良い。活発な性格だが、将来やりたいことがなく不安を抱いている。圭吾が再婚したことで、ルックスも性格も正反対のゆいと姉妹になる。

•志田ゆい(佐久間由衣)
プロのカメラマンを目指す21歳。カメラマンの佐伯に師事し、一人立ちするために大学を辞める。母親の再婚をきっかけに小百合と姉妹になり、小百合の生意気な性格の裏に隠された思いやりのある内面に触れることで、急速に惹かていく。

•深澤直(健太郎)
小百合の隣の家に住む幼なじみで、高校の同級生。小百合とは兄弟のように仲がいいが、実は一途に思い続けている。医学部入学を目指している。

•門脇未来(吉田里琴)
小百合の高校の同級生。美人で優等生。直のことが好き。恋愛については少女漫画を参考にしている。

•倉田葵(渡辺恵伶奈)
小百合の高校の同級生。小百合グループの中では一番ませており、ラブラブの彼氏がいる。勉強に興味がなく、卒業後は留学する予定。

•佐伯柳太郎(尚玄)
ゆいがアシスタントでついているプロのカメラマン。ゆいの元彼で、まだゆいに気があるが節度を守っている大人の男性。

•志田まどか(霧島れいか)
ゆいの母親。自立したキャリアウーマンで、間違ったことは違うと言えるいつも冷静な女性。

•葉山圭吾(Mummy-D)
小百合の父親。料理人で、日本料理店「葉やま」の店主。2年前に最愛の妻を亡くし、まどかと再婚。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
「テラスハウス」制作陣によるガールズラブドラマで伊藤沙莉&佐久間由衣が主演! 
同系の人気リアリティー番組「テラスハウス」制作チームによる、衝撃のガールズラブドラマ。親同士の再婚によって、一つ屋根の下で暮らす義理の姉妹となった2人が、最悪な出会いから始まり、反発しながらも次第に愛を育んでいくさまを描く。主人公の葉山小百合を連続ドラマ初主演の伊藤沙莉、そしてその義姉である志田ゆいを人気モデルの佐久間由衣が務める。また、この2人の前に現れるイケメン男子役で健太郎、そのほか吉田里琴、渡辺恵伶奈、尚玄、霧島れいか、Mummy-Dらが脇を固める。ソロ作品でのドラマタイアップは今回が初めてとなる降谷建志が、音楽を担当するのも話題。


2015年秋、木曜ドラマ『青春探偵ハルヤ~大人の悪を許さない!~』

kage

2015/12/24 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★10月15日スタート 

日本テレビ系 毎週木曜 午後11:59~深夜0:54

 青春探偵ハルヤ~大人の悪を許さない!~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:福田栄一「青春探偵ハルヤ」(創元推理文庫)/脚本:田中眞一/演出:大塚徹/演出:小松隆志/プロデューサー:中村泰規/プロデューサー:木谷俊樹/プロデューサー:田中雅博/プロデューサー:伊藤達哉

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•浅木晴也(玉森裕太)
東京学院大学2年生。正義感が強く、困っている人を放っておけない硬派な男。大学進学で上京したが、親からの仕送りがなく常に金欠状態。昔は不良だったという説も。

•能見美羽(新川優愛)
東京学院大学2年生。裏表のない性格に加えて容姿も端麗で、「ミス東学」に選ばれた。晴也のことが徐々に気になり始める。

•窪寺和臣(高田翔)
東京学院大学2年生。女好きなお調子者だが、気は小さい。交友関係が広く、高い情報収集能力を持つ。実家が裕福なため、私生活はリッチ。

•磯部克夫(宇梶剛士)
晴也がアルバイトをする解体工事現場の先輩。純粋すぎる性格が災いし、さまざまな失敗を繰り返す。大の阪神ファンで、何かと野球に例える。

•石田静江(高島礼子)
喫茶&スナック「アラバマ」のママ。竹を割ったような性格で情に厚く、晴也たちの保護者的存在となっている。実はバツイチ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
玉森裕太がミステリードラマに初挑戦。頭脳明晰な学生探偵に!
Kis‐My‐Ft2の玉森裕太主演で、福田栄一の小説を映像化した青春痛快ミステリードラマ。ミステリー初挑戦となる玉森は、明晰な頭脳と人並み外れた度胸を併せ持つ大学生・浅木晴也を演じる。ひょんなことから探偵まがいの仕事を引き受けることになった晴也が、大人の世界に巻き込まれながら、ストーカー、詐欺、ドラッグなど、現代にはびこる犯罪が絡んだ難事件を仲間たちと共に解決していく。悪を追い詰める見せ場のシーンには毎回、痛快なセリフが用意されており、新たな玉森の一面が見られそうだ。共演は新川優愛、高田翔、宇梶剛士、高島礼子ほか。

2015年秋、水曜ドラマ『おかしの家』

kage

2015/12/23 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★10月21日スタート 

TBSほか 毎週水曜 午後11:53~深夜0:23

 おかしの家

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作協力:山田タロウ「うちのネコが訴えられました!? -実録ネコ裁判-」(KADOKAWA)/脚本:石井裕也/脚本:登米裕一/演出:石井裕也/演出:池田克彦/プロデューサー:佐野亜裕美/プロデューサー:河添太

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•桜井太郎(オダギリジョー)
祖母の明子と共に駄菓子屋「さくらや」を切り盛りする。月の利益が3万円しかないため深夜のアルバイトをするが、たまに誘惑に負けて風俗に行ってしまう。気の優しいおばあちゃん子。

•木村礼子(尾野真千子)
太郎の幼なじみ。離婚を機に、5歳の息子・春馬と共に地元に戻ってきたシングルマザー。実家には戻らずにアルバイトを掛け持ちして、アパートで暮らしている。

•三枝弘樹(勝地涼)
太郎の同級生。脚本家を目指しながら、高校卒業以来アルバイトで食いつないでいる。脚本のアイデアが降りてこないため、日中は「さくらや」でたむろしている。

•金田剛(前野朋哉)
太郎と三枝の後輩。かつてはいじめられっ子で、大学卒業後は職を転々とするがいずれも挫折。精神を病んで地元に戻り、かつての憩いの場「さくらや」に再び通いだす。

•島崎明(嶋田久作)
銭湯「亀の湯」の経営者。離婚し、妻子は札幌にいる。最近は客が減り、特にやることもないので「さくらや」でたむろしている。生前・太郎の祖父・吉太郎と親しくしていた。

•桜井明子(八千草薫)
太郎の祖母。「さくらや」の店主。ほとんどの客の顔を記憶している。亡き夫・吉太郎との思い出が詰まった店を守りたいと思いつつ、孫の太郎のためにならないと店を閉めることを考えている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
オダギリジョー主演でおくる、下町の駄菓子屋を舞台にした心温まる笑いと涙の物語!
下町の小さな駄菓子屋を舞台に、大切なものを見失っていた人々が自分自身の過去の失敗や夢と向き合い、新たな一歩を踏み出していく姿を描くハートウォーミングストーリー。祖母と共に駄菓子屋「さくらや」を切り盛りする桜井太郎をオダギリジョーが演じる。シングルマザーで太郎の幼なじみ・木村礼子に尾野真千子、太郎の同級生で脚本家志望の三枝弘樹を勝地涼が演じ、太郎の祖母で「さくらや」の店主に八千草薫と、実力派俳優の共演は見どころ。演出・脚本は、映画「舟を編む」などで知られる石井裕也が務めるほか、ドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。」「表参道高校合唱部!」(共に同系)を手掛けた池田克彦が演出として参加する。


2015年秋、水曜ドラマ『HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.~』

kage

2015/12/23 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★10月21日スタート 

日本テレビほか 毎週水曜 深夜1:29~深夜1:59

 HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:TEAM HI‐AX/監督:久保茂昭/企画プロデュース:EXILE HIRO

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
・コブラ(岩田剛典)
山王連合会の総長。かつてはチーム「ムゲン」に所属し、「最強の7人」の1人と呼ばれていた。無口で女性に対しても奥手。何でもプロレスに置き換えて話す癖がある。

•ヤマト(鈴木伸之)
けんかの腕はコブラと同等といわれている。正義感が強く、真っすぐな正直者。

•ノボル(町田啓太)
コブラと大和の幼なじみ。

•マサキ(TAKAHIRO)
数々の武勇伝を残した雨宮三兄弟の次男。

•ヒロト(登坂広臣)
雨宮三兄弟の三男。

•琥珀(AKIRA)
ムゲンの2代目総長。けんかの実力は圧倒的。

•九十九(青柳翔)
ムゲンの副総長的存在。ハイレベルな格闘センスを持つ。

•ママ(小泉今日子)
「BAR 小林」のママ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
異例の総合エンターテインメントプロジェクトにEXILE一族や豪華キャストが大集結!
EXILEや三代目 J Soul Brothersら「EXILE TRIBE」の面々が大集結するビッグプロジェクト「HiGH&LOW ~THE STORY OF S.W.O.R.D.~」の一環として放送される連続ドラマ。来年公開予定の映画を軸に、ドラマ、漫画、音楽といった各メディアが連動して展開する総合エンターテインメントプロジェクトで、ドラマにはEXILE TRIBEの主要メンバーが総出演するほか、小泉今日子、YOU、窪田正孝、林遣都、早乙女太一ら豪華キャストが共演する。物語は完全オリジナル原作で、不良チームが集まるSWORD地区で巻き起こる壮絶な闘いを描く。

2015年秋、日曜ドラマ『下町ロケット』

kage

2015/12/20 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★10月18日スタート 

TBS系 毎週日曜 午後9:00~午後9:54

 下町ロケット

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:池井戸潤「下町ロケット」(小学館)/脚本:八津弘幸/演出:福澤克雄/プロデューサー:伊與田英徳/プロデューサー:川嶋龍太郎

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•佃航平(阿部寛)
「佃製作所」の2代目社長。元宇宙開発機構の研究員で、ロケット打ち上げ失敗の責任を取り退職した。父親が残した町工場を継ぐが、宇宙への夢を捨てきれず、ロケットエンジンの開発を続ける。

•佃利菜(土屋太鳳)
航平の一人娘。バドミントン部に所属する、受験を控えた高校生。年頃のためか、事あるごとに航平に反発する。

•財前道生(吉川晃司)
「帝国重工」宇宙航空部の部長で、藤間が進める「スターダスト計画」を担当。

•藤間秀樹(杉良太郎)
日本を代表する大企業「帝国重工」の社長。宇宙航空分野で世界のリーディングカンパニーとなることを目指す。徹底した実力主義者で、経団連会長の座も狙う野心家。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
池井戸潤の直木賞受賞作をドラマ化。夢と現実の狭間で奮闘する主人公を阿部寛が熱演! 
第145回直木賞を受賞した池井戸潤の同名小説をドラマ化。元宇宙科学開発機構の研究員で、父親が残した工場の経営を引き継いだ佃航平を、5年ぶりのTBS連続ドラマ出演となる阿部寛が演じる。また、佃の娘・利菜を、NHK連続テレビ小説「まれ」の好演が記憶に新しい土屋太鳳が務めるのも話題となっている。脚本は「半沢直樹」「流星ワゴン」(共に同系)を手掛けた八津弘幸が務め、同作を共に作り上げた福澤克雄が演出を担当する。10月から朝日新聞朝刊で「下町ロケット2」の連載も始まり、ドラマ前半は「下町ロケット」を、後半は「下町ロケット2」を原作に映像化。物語後半からは、ドラマと新聞連載が同時進行する試みも決定している。


2015年秋、土曜ドラマ『いつかティファニーで朝食を』

kage

2015/12/19 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月10日スタート 

日本テレビほか 毎週土曜 深夜1:25~深夜1:55(初回は深夜2:40~深夜3:10)

 いつかティファニーで朝食を

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:マキヒロチ「いつかティファニーで朝食を」(新潮社)/脚本:足立紳/脚本:小林昌/監督:中茎強/監督:御法川修/監督:久保田充/プロデューサー:藤牧彩/プロデューサー:宮田幸太郎/プロデューサー:宮木宣嗣/プロデューサー:三上絵里子/プロデューサー:横山祐子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•佐藤麻里子(トリンドル玲奈)
アパレル会社勤務。毎朝、テーブルいっぱいにメニューが並ぶ幸せな朝食を食べて育った。今は恋よりも仕事が楽しいと感じているが、7年間一緒に暮らしていた彼氏との別れをきっかけに、思い出の幸せな朝食を追い求めるようになる。明るく、皆のムードメーカー的存在。

•阿久津典子(森カンナ)
麻里子の高校時代の同級生。現在はバーの雇われ店長。店のオーナーと不倫しているが、このままではいけないと葛藤している。昼夜が逆転しているため、普通の人にとっての朝食が、寝る前のご飯となっている。マイペースで、物事をストレートに伝える性格。

•新井里沙(新木優子)
麻里子の高校時代の同級生。ヨガインストラクターをしており、ストイックで食べ物にも気を使うため、菜食中心の生活を送っている。浮気して母と離婚した父と、かつて自分を捨てた男の存在がトラウマとなり、男嫌いに。親友3人のことを気遣う優しい一面もある。

•那須栞(徳永えり)
麻里子の高校時代の同級生。職場結婚で子供ができ、今は4歳の息子がいる専業主婦。麻里子たちを見て、仕事に復帰したいと思い始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
トリンドル玲奈が連続ドラマ初主演! 朝食をテーマにした人気コミックを映像化! 
マキヒロチの同名人気コミックを映像化した、朝食がテーマの“ハートフル・グルメ・恋愛ドラマ”。主人公を連続ドラマ初主演となるトリンドル玲奈が演じるほか、森カンナ、新木優子、徳永えりといった話題の若手女優たちが共演する。物語は、アパレル会社に勤める佐藤麻里子(トリンドル)、バーの雇われ店長・阿久津典子(森)、ヨガインストラクターの新井里沙(新木)、専業主婦の那須栞(徳永)の4人の人生と朝食をめぐって展開。高校の同級生である彼女たちが、朝食をきっかけにライフスタイルを見つめ直し、新たな自分を発見し、成長していく姿を描く。各話に登場するさまざまな朝食レシピも注目ポイント。






2015年秋、土曜ドラマ『土曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 「5人のジュンコ」』

kage

2015/12/19 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★11月21日スタート 

WOWOWプライム 毎週土曜 午後10:00~午後11:00

 土曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 「5人のジュンコ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:真梨幸子「5人のジュンコ」(徳間書店)/脚本:渡辺千穂/監督:権野元

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•田辺絢子(松雪泰子)
ノンフィクション作家・久保田芽依の右腕として働いているジャーナリスト。連続不審死事件について調べる中で、篠田、福留、守川らに取材を重ねていく。自身もある過去を抱えている。

•篠田淳子(ミムラ)
コールセンター勤務の会社員。佐竹とは、中学時代に共通の趣味を持つ友人関係だったが、ある時から不登校になった。

•福留順子(西田尚美)
夫の広太を支えながら、10歳の子供を育てている平凡な主婦。現在は社宅暮らしだが、いつかマイホームを買うという夢がある。

•守川諄子(麻生祐未)
スナックを経営していたが、不慮の事故で死亡。不審死事件の被害者と思われる男の母親。

•佐竹純子(小池栄子)
連続不審死事件の容疑者。何人もの男性に大金を貢がせ、5人の男性の命を奪ったとされている。事件を取材する田辺の過去に、興味を持ちはじめる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
連続不審死事件を取材する主人公を松雪泰子が熱演。人間の深遠を描く衝撃ミステリー! 
真梨幸子による同名のミステリー小説を連続ドラマ化。連続不審死事件の取材をすることになったジャーナリストの女性を中心に、同じ「ジュンコ」という名前を持つ女性たちが翻弄され悪意の渦へと巻き込まれていくさまを描く。主人公となるジャーナリストの田辺絢子を松雪泰子、連続不審死事件の容疑者である佐竹純子を小池栄子が演じるほか、ミムラ、西田尚美、麻生祐未が全員「ジュンコ」という名前の女性に扮する。監督と脚本は、「連続ドラマW 悪貨」でタッグを組んだ権野元と渡辺千穂が担当する。

2015年秋、金曜ドラマ『ドラマ24「孤独のグルメ Season5」』

kage

2015/12/18 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月2日スタート 

テレビ東京ほか 毎週金曜 深夜0:12~深夜0:52

 ドラマ24「孤独のグルメ Season5」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:久住昌之・作画:谷口ジロー「孤独のグルメ」(週刊SPA!)/プロデューサー:川村庄子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•井之頭五郎(松重豊)
自由な生き方をモットーとし、個人で輸入雑貨商を営んでいる。仕事で訪れた街で雰囲気のある食堂を探し、そこで食事を取ることを楽しみとしてる。未婚で、酒は飲めない。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
異色グルメドラマ、待望の第5シーズン! 五郎が国内だけでなく海外グルメにも舌鼓! 
松重豊が主演を務める異色グルメドラマの第5シーズン。輸入雑貨商・井之頭五郎(松重)が仕事で訪れた街で、一人で絶品料理に舌鼓を打つ姿をドキュメンタリータッチで描く同シリーズは、放送が小腹がすく深夜帯のため、料理をおいしそうに味わう五郎のさまが、“夜食テロ”と視聴者から称されているほか、登場する店が全て実在することから、放送後ファンが殺到するなどさまざまな話題を振りまいてきた。今シーズンも、ドラマの基本コンセプトは引き継がれるが、五郎の行動範囲にある変化が。都内を中心に仕事を行ってきた五郎だが、今回は海外も訪問する。果たして五郎はどこへ行き、何を食べるのか。今作でも世間の耳目を集めそうだ。



2015年秋、金曜ドラマ『コウノドリ』

kage

2015/12/18 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月16日スタート 

TBS系 毎週金曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:09)

 コウノドリ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:鈴ノ木ユウ「コウノドリ」(講談社)/脚本:山本むつみ/演出:土井裕泰/演出:金子文紀/プロデューサー:峠田浩

主題歌:miwa「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•鴻鳥サクラ(綾野剛)
ペルソナ総合医療センターの産婦人科医であり、BABYの名で素性を隠して活動するピアニスト。生まれてすぐに母を亡くし、乳児院と児童養護施設で育った。喜びや悲しみをピアノに込めて演奏するが、病院からの呼び出しがあれば、ライブ中でもステージを飛び出してしまう。

•下屋加江(松岡茉優)
産婦人科医。後期研修医1年目の新米で、サクラが率いるチームの一員として奮闘する。ときに暴走するが、いつかサクラのように患者から信頼される存在になりたいと願っている。

•小松留美子(吉田羊)
助産師。サクラと四宮が研修医だったころを知るベテラン。ひょうひょうとしているが仕事は的確。サクラや四宮は小松を「先生」としてリスペクトしている。サクラがピアニストのBABYだと知る一人。

•四宮春樹(星野源)
産婦人科医。ある出来事以降は、患者に対しても冷徹に現実を突きつけ、周囲から浮いた存在になっている。同期入局のサクラとは正反対の性格だが、お互いに尊敬し、信頼し合っている。

•今橋貴之(大森南朋)
新生児科の部長で、周産期センター長も兼任。愛想がなく、口数も少ないが、新生児医療に対しては熱い思いを抱いている。周囲の医師からも一目置かれる存在で、サクラが尊敬する人物。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
連続ドラマ単独初主演の綾野剛が産婦人科医&天才ピアニストに!! 
産婦人科医療の現場をリアルに表現した、新しい切り口の医療ドラマ。連続ドラマ単独初主演となる綾野剛が、謎の天才ピアニスト・BABY(ベイビー)としても活躍する産婦人科医・鴻鳥サクラ役を演じる。サクラとともにチーム医療で臨む病院スタッフや患者など、命が誕生する現場に関わる人々が、葛藤を抱えながらも奮闘する姿を通して、出産に関するリスクや、現場が直面している社会問題なども正面から描いていく。松岡茉優、吉田羊、星野源、大森南朋らが共演するほか、脚本はNHK大河ドラマ「八重の桜」などで知られる山本むつみ、演出は映画「ビリギャル」の監督を務めた土井裕泰が担当する。






2015年秋、木曜ドラマ『オトナ女子』

kage

2015/12/17 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★10月15日スタート 

フジテレビ系 毎週木曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:09)

 オトナ女子

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:尾崎将也/プロデューサー:中野利幸/演出:田中亮/演出:関野宗紀

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•中原亜紀(篠原涼子)
40歳独身の会社員。仕事はできるが、付き合った男性にとことん尽くしてしまい相手が出世するアゲマン気質で、便利で都合のいい女になってしまうのが悩み。広告の部署から、会社が新規参入した女性向け恋愛ゲーム「恋愛アプリ」の部署に急に異動になり戸惑う。

•大崎萠子(吉瀬美智子)
亜紀の親友。40歳独身で、フラワーアレンジメントの仕事をしている。ほれっぽく、結婚相手を求めていろんな男性にアプローチしている。

•坂田みどり(鈴木砂羽)
亜紀の親友。バツイチで3人の子持ちの40歳。大学生の長男からは「恋愛してもいい」と許可が出ている。

•栗田純一(谷原章介)
亜紀の会社の社長。女遊びが激しく、社内でも「チャラい」と思われているが、社員思いの一面もある。

•高山文夫(江口洋介)
脚本家。10年以上前に恋愛ドラマで何本もヒット作を生み出したが、最近は作品をあまり発表していない。恋愛に関して独自の哲学を持っており、周囲からは偏屈者と思われている。亜紀から「恋愛アプリ」の監修を頼まれる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
篠原涼子、2年半ぶりの連続ドラマ主演で幸せを求める40歳独身女子役!
ダメな男に振り回されながらも恋に仕事に立ち向かっていく、“オトナ女子”3人のラブコメディー。とことん相手に尽くして出世させるアゲマン気質だが自分は幸せになれない、40歳独身のヒロイン・中原亜紀役を務めるのは、「ラスト・シンデレラ」(同系)以来、2年半ぶりの連ドラ主演となる篠原涼子。偏屈な脚本家に、篠原とは連ドラ初共演となる江口洋介が扮し、主人公と同い年の親友役で吉瀬美智子と鈴木砂羽、主人公の会社社長を谷原章介が演じる。



2015年秋、木曜ドラマ『遺産争族』

kage

2015/12/17 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★10月22日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 午後9:00~午後9:54

 遺産争族

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:井上由美子/演出:松田秀知/演出:常廣丈太/プロデューサー:内山聖子/プロデューサー:服部宣之/プロデューサー:峰島あゆみ/プロデューサー:霜田一寿/プロデューサー:池田禎子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•佐藤育生(向井理)
内科の研修医。シングルマザーとして自分を育ててくれた母に負担を掛けないように、奨学金を得て公立大学の医学部に入学。外科や産婦人科で研修を続け、将来は医師が不足している世界の地域に赴きたいと考えている真っすぐな青年。院内の出世争いには興味がなく、自らを“闘わない医師”と言ってはばからない。

•河村楓(榮倉奈々)
大手葬儀会社「カワムラメモリアル」の社長・河村恒三の一人娘。乗馬クラブのインストラクター。バツイチで「もう恋などしない」と思っていたが、育生と出会い、彼の医師としての純粋な思いに触れ、強く惹かれていく。恒三や祖父の龍太郎に溺愛されて育った、愛され上手のちゃっかり者。

•河村陽子(余貴美子)
龍太郎の長女で恒三の妻。恒三に寄り添う献身的な良妻賢母。一見、控えめに見えるが、芯の強さや度胸は姉妹の中で一番。

•矢幡月子(室井滋)
龍太郎の次女で、「カワムラメモリアル」常務取締役。父の勧めで有望な社員と結婚したが、先立たれた。派手好きの浪費家で、息子の正春を甘やかしている。

•河村凛子(板谷由夏)
龍太郎の三女。自称・写真家。龍太郎の金でアメリカと日本を行き来しているが、仕事の実態は不明。末っ子ならではの人懐っこさがあるが、打算的な一面もある。

•矢幡正春(鈴木浩介)
月子の一人息子で、「カワムラメモリアル」の執行役員兼広報担当。いわゆるマザコンで、突如として現れた育生に敵対心を燃やす。

•佐藤華子(岸本加世子)
育生の母。育生が7歳の時に離婚し、女手一つで育生を育て上げた。男勝りの快活な性格で、生命保険の外交員として小さな営業所で売り上げトップをとったこともある。育生の婿入り結婚に当初は反対する。

•河村恒三(岸部一徳)
「カワムラメモリアル」代表取締役社長。育生の舅(しゅうと)。河村家に婿入り後、社長に就任すると業績を伸ばし、社名を「葬祭屋河村」から「カワムラメモリアル」に改称。時代に合ったさまざまな葬儀を提案し、時代の寵児となる。一方、冷徹なコストカッターとして知られており、業界では“死神”と恐れられている。

•河村龍太郎(伊東四朗)
楓の祖父。「葬祭屋河村」の創業者で、現「カワムラメモリアル」の会長。5年前に妻を亡くしている。現在、重度の糖尿病で闘病中。孫の夫となった育生をかわいがる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
向井理が“闘わないヒーロー”に。遺産相続をめぐるヒューマンホームドラマ!
大家族に婿入りした研修医が、遺産相続の世界に巻き込まれていく姿を描くヒューマンホームドラマ。向井理がテレビ朝日で初の主演を務め、脚本は「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(フジテレビ系)などを手掛け、社会問題を取り上げた作品に定評がある井上由美子が担当する。向井が演じる内科に勤務する研修医・佐藤育生は、院内の権力や出世争いには一切興味がなく、自ら“闘わない医師”を宣言する穏やかな性格。そんな育生が女系家族の長女・河村楓(榮倉奈々)の婿となり、いつの間にか巻き込まれていく遺産相続争いを通して、家族とは何かを問い掛ける。伊東四朗、岸部一徳、余貴美子、室井滋、板谷由夏ら実力派俳優陣が共演。



2015年秋、水曜ドラマ『無痛~診える眼~』

kage

2015/12/16 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★10月7日スタート 

フジテレビ系 毎週水曜 午後10:00~10:54(初回は午後9:57~午後11:09)

 無痛~診える眼~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:久坂部羊「無痛」(幻冬舎文庫)/脚本:大久保ともみ/演出:佐藤祐市/演出:木下高男/演出:山内大典/プロデューサー:貸川聡子/プロデューサー:稲田秀樹

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•為頼英介(西島秀俊)
大学病院勤務、刑務所の医務官を経て、現在は地方都市の片隅で診療所を営んでいる医師。“神の診察眼”を持つ視診の天才で、犯罪者特有の徴候を見通せることから、早瀬に事件捜査への協力を依頼される。妻の死をきっかけに、医療の限界を感じ苦悩している。

•早瀬順一郎(伊藤淳史)
所轄署の刑事。正義感が人一倍強く、独自の視点から事件を徹底的に捜査するのが信条。かつて、自身が追っていた殺人事件で真犯人を逮捕するが心神喪失状態と鑑定され無罪に。その理不尽な出来事に憤り、不祥事を起こしたことがある。

•高島菜見子(石橋杏奈)
白神メディカルセンターに勤務している臨床心理士。一家惨殺事件の犯人だと名乗る南サトミのカウンセリングを担当している。学生時代に為頼の授業を受けたことがあり、為頼が解決した事件をきっかけに再会する。

•白神陽児(伊藤英明)
白神メディカルセンターの院長。実は為頼と同じように、外見だけで健康状態や病気を見抜くことができる。その能力を生かして、病院の治癒率を飛躍的に向上させ、父親から受け継いだ病院を巨大病院へと成長させた。日本の医療制度に疑問を持ち、改革しようと思っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
西島秀俊演じる“神の診察眼”を持つ天才医師が事件を解決!
現役医師で作家の久坂部羊による医療サスペンスミステリー小説を、西島秀俊、伊藤淳史、石橋杏奈、伊藤英明ら豪華キャストで連続ドラマ化。ある事件がきっかけで警察の捜査に協力することになった医師が、天才的な観察眼と経験によってさまざまな事件を解決に導いていくさまを1話完結で描き出す。視診によって健康状態や病気の進行具合を読み取ることができるという“神の診察眼”を持つ主人公の医師・為頼英介を西島が、彼の相棒となる刑事の早瀬順一郎を伊藤淳史が演じるほか、事件関係者のカウンセリングを行うこととなる臨床心理士・高島菜見子を石橋が、為頼にとって宿命のライバルとなる医師・白神陽児を伊藤英明が演じる。


2015年秋、火曜ドラマ『わたしをみつけて』

kage

2015/12/15 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★11月24日スタート 

NHK総合 毎週火曜 午後10:00~午後10:50

 わたしをみつけて

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:中脇初枝「わたしをみつけて」(ポプラ社)/脚本:森脇京子/脚本:坂口理子/演出:野田雄介/制作統括:三鬼一希/プロデューサー:山本晃久

主題歌:androp「Kokoro」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•山本弥生(瀧本美織)
星美ヶ丘病院の准看護師。生まれてすぐ親に捨てられ養護施設で育ったことから、居場所を失いたくないという思いが強い。数字の記憶力に優れている。

•藤堂優子(鈴木保奈美)
星美ヶ丘病院の看護師長。患者のために正しいと思ったことを貫くベテラン。弥生の持つ記憶力に着目する。

•後藤雅之(溝端淳平)
星美ヶ丘病院の事務長。院長・啓一郎の息子。医大に入学したが、血を見るのが苦手で医師の道をあきらめた。父の変調を見抜き、病院の売却合併も視野に入れる。

•後藤啓一郎(本田博太郎)
星美ヶ丘病院の院長。親の代から続く病院を受け継ぎ、地域密着の医療を行ってきたが、老いから手術ミスが多くなる。診断を誤って患者を死なせたことを弥生に口止めする。

•菊地勇(古谷一行)
星美ヶ丘病院の近所に住む老人。仕事一筋だったが、定年後は地域のために活動し、地元の住民に慕われている。ひょんなことから弥生と知り合う。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
孤独を抱えて生きる准看護師を瀧本美織が熱演! 医療問題にも切り込む人間ドラマ! 
中脇初枝の同名小説を原作に、生まれてすぐに親に捨てられ孤独を抱えながら生きる准看護師が、病院での出会いを通じて自分の殻を破り、本当の“わたし”を見つけていく姿を描く。病院の准看護師としての居場所を失うことを恐れて、葛藤がありながらも“いい子”であり続けようとする主人公・山本弥生を瀧本美織が、弥生の心に影響を与え、その生き方に大きな変化をもたらす看護師長・藤堂優子を鈴木保奈美が演じる。病院の内外で起こる家族間の問題に加え、誤診やその事実の隠ぺいという医療問題にも切り込んだストーリー。溝端淳平、本田博太郎、古谷一行らが共演する。



2015年秋、火曜ドラマ『監獄学園‐プリズンスクール‐』

kage

2015/12/15 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★10月27日スタート 

TBSほか 毎週火曜 深夜1:11~深夜1:41

 監獄学園‐プリズンスクール‐

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:平本アキラ「監獄学園」(講談社)/脚本:井口昇/脚本:北川亜矢子/監督:井口昇

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•藤野清志(中川大志)
私立八光学園の男子生徒。クラスメートの美少女・千代との相撲デートのために、プリズンから脱獄しようと決意する。不屈の闘志を持つ男。

•栗原万里(山崎紘菜)
私立八光学園を裏で支配する謎の組織“裏生徒会”の会長。モデルのような容姿の美女だが、いつも背後にカラスが舞っている。

•緑川花(森川葵)
私立八光学園“裏生徒会”の書記。外見はゆるふわ系美少女だが、空手の有段者で、暴力で男子たちを屈服させる。スカートの下にジャージを履くスタイルが特徴。おいしいお茶をいれて飲むのが趣味。

•諸葛岳人(柄本時生)
私立八光学園の男子生徒。三国志オタクで、緻密な作戦で“裏生徒会”との闘いを指揮する男子たちの参謀。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
アニメのヒットに続き、平本アキラの人気コミックを中川大志主演で実写ドラマ化! 
第37回講談社漫画賞を受賞した、累計600万部を超える平本アキラの人気コミック「監獄学園」を実写ドラマ化。全寮制の高校で女風呂をのぞこうとした罪により懲罰棟(通称・プリズン)で謹慎生活を強いられる男子生徒たちが、青春を懸けて脱獄に挑む姿を描く。主人公・藤野清志役は、注目の若手俳優・中川大志が演じるほか、仲間の男子生徒役に、柄本時生、矢野聖人、ガリガリガリクソンといった個性派メンバーが集結。“監獄”の中で生み出される男同士の友情や、“裏生徒会”の美女たちとの駆け引きが見どころとなる。脚本・監督は、ドラマ「ケータイ刑事」シリーズ、映画「ヌイグルマーZ」などで知られる井口昇が担当する。



2015年秋、火曜ドラマ『結婚式の前日に』

kage

2015/12/15 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★10月13日スタート 

TBS系 毎週火曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:09)

 結婚式の前日に

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:山室有紀子/脚本:高橋麻紀/脚本:嶋田うれ葉/演出:塚原あゆ子/演出:竹村謙太郎/演出:堀英樹/プロデューサー:新井順子/プロデューサー:橘康仁

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•芹沢ひとみ(香里奈)
中堅不動産会社勤務。マンション開発事業のプロジェクトリーダーとして男性社員に負けじと働く。婚約者・悠一との結婚式を100日後に控えた幸せの絶頂に、脳腫瘍と宣告されてしまう。

•柏田可奈子(原田美枝子)
ひとみの母。28年前に家を出たが、ひとみの前に現れ、むちゃくちゃな論理と行動で、病の宣告に戸惑うひとみを叱咤激励する。

•園田悠一(鈴木亮平)
ひとみの婚約者。白金にある実家のクリニックに勤務する内科医。すし好きで「祝鮨」の常連になったことがきっかけで、ひとみと出会う。よく忘れ物をするおっちょこちょい。

•前原翔太(山本裕典)
ひとみの幼なじみ。築地の商店街にある「じゅうじゅう亭」の3代目。ひとみのことが好き。

•広瀬真菜(真野恵里菜)
区議会議員の娘。昔から園田家と付き合いがあり、初恋の相手である悠一と結婚したいと思っている。

•芹沢早紀(美保純)
健介の妹。「祝鮨」で働きながら、めいのひとみを娘のように育ててきた。バツイチの独身。

•芹沢健介(遠藤憲一)
ひとみの父。築地の商店街にある「祝鮨」の大将。顔は怖いが優しく、一人娘のひとみを大事に育ててきた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
香里奈が結婚式を控えて脳腫瘍と宣告された女性を熱演。家族とのさまざまな絆を描く!?
結婚式を100日後に控えながら脳腫瘍と宣告された娘と、病気の娘の前に、28年ぶりに現れた型破りな母親を軸に描くヒューマンラブストーリー。主人公の芹沢ひとみを、「だいすき!!」(同系)以来、7年ぶりのTBS連続ドラマ主演となる香里奈が演じる。原田美枝子演じる自由奔放な母・可奈子に猛反発するひとみが、やがてその言動に触発され、生きることに前向きになっていく姿とともに、ひとみの病気を受け入れられず、結婚をためらう婚約者・園田悠一(鈴木亮平)と、息子の結婚に反対する悠一の母・響子(江波杏子)、ひとみを心配し過保護になる父・健介(遠藤憲一)など、さまざまな視点から家族の絆とは何かを問い掛けていく。



2015年秋、火曜ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』

kage

2015/12/15 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★10月20日スタート 

フジテレビ系 毎週火曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後9:00~午後10:48)

 サイレーン 刑事×彼女×完全悪女

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:山崎紗也夏「サイレーン」(講談社モーニングKC)/脚本:佐藤嗣麻子/演出:本橋圭太/演出:白木啓一郎/プロデューサー:三宅喜重/プロデューサー:河西秀幸/プロデューサー:平部隆明

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•里見偲(松坂桃李)
初動捜査を専門に担当する部署・警視庁機動捜査隊所属の刑事。元機動隊員で体力が自慢、推理小説好き。刑事の花形である捜査一課を目指しており、同じ目標を持つ猪熊夕貴とは、仕事の相棒であり実は恋人関係。同棲しているが、周囲には秘密にしている。

•猪熊夕貴(木村文乃)
警視庁機動捜査隊所属の刑事。正義感が強く、体育会系で酒豪。里見の相棒で年上の恋人であるが、周囲には秘密。母は元婦警、父は元機動隊員で里見の上司だったが、養子であるため両親と血のつながりはない。里見同様に捜査一課を目指している。

•橘カラ(菜々緒)
整形をしたキャバクラ嬢で、職場であるキャバクラで殺人事件が発生し、捜査で駆け付けた里見と猪熊と出会い、なぜか異常なまでに猪熊に執着していく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松坂桃李と木村文乃が恋人同士の刑事役で、猟奇殺人事件に挑む!?
山崎紗也夏の人気同名コミックを基に、現代的な犯罪に挑む2人の機動捜査隊員の活躍と、正体不明の美女との対決をスピーディーな展開で描くクライム・ラブサスペンス。機動捜査隊とは、24時間体制で事件と名の付くあらゆる問題の初動捜査を専門に担当する刑事たちの部隊。主人公の警視庁機動捜査隊員・里見偲役を民放ゴールデン・プライム帯の連続ドラマに初主演となる松坂桃李が務め、里見の相棒で、恋人でもある猪熊夕貴役を木村文乃、謎の美女・橘カラ役を菜々緒が演じる。ほか、北山宏光、要潤、山口紗弥加、光石研、大杉漣、船越英一郎らが脇を固める。


2015年秋、火曜ドラマ『プレミアムよるドラマ 「仮カレ」』

kage

2015/12/15 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★11月3日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週火曜 午後11:15~午後11:45

 プレミアムよるドラマ 「仮カレ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:大林利江子/作:加藤綾子/作:千寿みのり/演出:竹村謙太郎/演出:松田礼人/演出:福田亮介/制作統括:後藤高久/制作統括:新井順子/プロデューサー:塩村香里

主題歌:aiko「プラマイ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•豊島杏(相武紗季)
29歳。ネット通販大手の「ホライズン社」で企画開発に携わっている。強い上昇志向の持ち主。35歳で高スペックな人と結婚すると公言しているが、実は派遣社員の直人と交際中。

•原田美樹(中越典子)
営業部の有能な事務員で38歳。10年間付き合った恋人の佐野と挙式間近だったが、突然の破局が訪れる。結婚を諦めきれずにお見合いを重ねる。

•村井直人(塚本高史)
杏の“仮の彼氏”。派遣社員。優柔不断なところから、女性社員から“のれん男子”と呼ばれている。

•日下部仁(眞島秀和)
杏の上司。40歳のエリートビジネスマンで、「ホライズン社」の業績立て直しを請け負う。なぜか杏に無理難題を押し付けてくる。

•筧鈴子(秋山菜津子)
49歳の企画部部長。その威圧感で周囲を黙らせるが、家庭は崩壊寸前。ファンと名乗る人物からのメールに心がときめきだす。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
相武紗季と中越典子の共演で現代女性の恋愛事情を描くハートフルコメディー! 
仕事や恋に対する姿勢が対照的だが、互いに本命の男性に巡り合えない中で本音をぶつけながら、恋に仕事に奮闘していく女性たちの姿を描く。大手ネット通販会社を舞台に、相武紗季演じる強い上昇志向を持つ女性社員・豊島杏と、中越典子演じる、社員を優しくサポートする控えめな女性アシスタント・原田美樹が、仕事や恋愛、結婚の悩みに向き合いながら自分らしい生き方を選択していく。優柔不断なことから“のれん男子”と陰口をたたかれるが、実は杏の彼氏である村井直人を塚本高史が務める。



2015年秋、月曜ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』

kage

2015/12/14 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★10月12日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:09)

 5→9~私に恋したお坊さん~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:相原実貴「5時から9時まで」(「Cheese!」連載/小学館)/脚本:小山正太/監督:平野眞/プロデューサー:後藤博幸/プロデューサー:金城綾香

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•桜庭潤子(石原さとみ)
28歳独身の英会話学校教師。海外で働きたいという夢を持ちながら、周囲の個性豊かなキャラクターたちに翻弄され葛藤する日々を送る。29歳を目前にして、突然男性からのアプローチが重なり、人生最大のモテ期が訪れる。

•星川高嶺(山下智久)
高学歴・高身長・高収入のイケメン僧侶。僧衣を着たまま高級車を乗り回すような型破りなところがあるが、ストイックかつ純粋な性格。お見合いをきっかけに潤子に出会い、一方的にほれ込んで付きまとい始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
石原さとみと山下智久が初共演! モテ期到来の女子とイケメン僧侶のラブコメディー!
相原実貴による人気コミック「5時から9時まで」を、石原さとみと山下智久で連続ドラマ化。海外で働きたいという夢を持つ英会話教師に、突然のモテ期が到来したことから巻き起こるラブコメディー。「失恋ショコラティエ」(同系)をはじめ、数々の作品で世の男性をとりこにしてきた石原が、モテ期到来の後に夢と仕事と結婚について苦悩することになるヒロイン・桜庭潤子に扮し、潤子にほれ込む型破りな僧侶・星川高嶺役を、石原とは初共演となる山下が務める。

2015年、大河ドラマ『花燃ゆ』

kage

2015/12/13 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月4日スタート 

NHK総合 毎週日曜 午後8:00~午後8:45(初回は午後8:00~午後9:00)

 大河ドラマ「花燃ゆ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:大島里美/作:宮村優子/演出:渡邊良雄/演出:末永創/制作統括:土屋勝裕/制作統括:小松昌代/プロデューサー:堀之内礼二郎

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•杉文/楫取美和(井上真央)
杉家の四女、松陰の妹。兄が教える松下村塾を“女幹事”として切り盛りし、塾生・久坂玄瑞と結婚する。禁門の変で玄瑞が死去した後は、毛利家の跡取りの守役として仕える。明治維新後は美和と名を変え、兄の盟友であり、新政府の群馬県令・楫取素彦と再婚し、華族の妻として新たな人生を切り開く。

•小田村伊之助/楫取素彦(大沢たかお)
長州藩の儒学者。松陰の盟友で、文の姉・寿と結婚する。藩主・毛利敬親の側近となり、藩政や薩摩藩との交渉役として活躍。新政府では群馬県令となる。寿と死別後に、文(美和)と再婚する。

•吉田松陰/寅次郎(伊勢谷友介)
文の兄。松下村塾の主宰者。11歳にして長州藩主の前で講義をし、藩の兵学師範となった天才。国禁を犯して黒船で密航を企てた罪で、獄中生活を送り、出獄後は才能ある若者たちを育成した。しかし、幕府を批判したため安政の大獄で処刑される。

•高杉晋作(高良健吾)
長州藩士。松下村塾の門下生。藩校・明倫館で学ぶが飽きたらず、松下村塾の門をたたく。松陰の死後、久坂玄瑞と共に過激な尊皇攘夷活動に身を投じ、後に奇兵隊を結成する。

•久坂玄瑞(東出昌大)
長州藩士。松下村塾の門下生。松陰から「天下の英才」と称され、文と結婚する。松陰の死後、遺志を受け継いで藩の尊王攘夷派のリーダーとして活躍。禁門の変で会津・薩摩軍に敗れ、自刃する。

•杉寿(優香)
文の姉。兄・松陰の盟友・小田村伊之助の妻となる。幕末の混乱の中で、夫が野山獄に投獄されたり、幕府軍が押し寄せてきても気丈に振る舞う。

•杉梅太郎/民治(原田泰造)
杉家の長男。松陰、文の兄。早くから松陰の志を理解し、貧しい暮らしの中でも生活を切り詰めて金銭を支援した。幕末の混乱を生き抜き、松下村塾を再興する。

•玉木文之進(奥田瑛二)
山鹿流の兵学者で松下村塾の創立者。松陰、文の叔父。幼い松陰をスパルタ教育で育て上げ、明治維新後は再び松下村塾を開いて教育に心血を注ぐ。

•杉百合之介(長塚京三)
松陰、文らの父。下級武士のため、畑仕事をして家族の暮らしを支えた。無類の読書好き。

•杉滝(檀ふみ)
松陰、文らの母。大らかな性格で、明るく家族を支える。松下村塾では塾生の食事の世話をしたほか、自らも講義に耳を傾けた。

•毛利敬親(北大路欣也)
長州藩13代藩主。松陰が11歳の時に兵学の講義を受け、その天才ぶりを認め、陰ながら庇護した。有能な人材を積極的に登用し、藩政を立て直した。家臣たちを信頼し、任せることが多かったため“そうせい侯”とも呼ばれた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
井上真央の主演で、激動の幕末を生き抜いた若者たちの生きざまを描く!
井上真央が演じる杉文(後の楫取美和)を主人公に、明治維新の原点となった吉田松陰と、彼を支えた家族の絆、その志を引き継いだ長州藩の若者たちの青春群像を描く物語。文は、幕末の思想家として知られる吉田松陰(伊勢谷友介)の妹で、松下村塾を“女幹事”として支えた人物。塾の門下生・久坂玄瑞(東出昌大)の妻となり、夫の死後は長州藩・毛利家の跡取りの守役として仕え、松陰の盟友・楫取素彦(大沢たかお)と再婚するなど激動の生涯が描かれる。脚本はドラマ「恋するハエ女」(同局)、映画「ダーリンは外国人」などを手掛けた大島里美と、連続テレビ小説「ぴあの」、「甘辛しゃん」などで知られる宮村優子が共同で執筆する。