FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

カテゴリ:BOOK OF THE いちばん星≪小説≫ の記事リスト(エントリー順)

BOOK OF THE いちばん星 2015≪小説編≫

kage

2015/12/28 (Mon)

BOOK OF THE いちばん星 ウサギ釣り 2015


≪小説編≫

a011.gif
 花火/又吉直樹(著)

夢と現実の間でもがく二人の濃密な関係を描いた第153回芥川賞受賞作。

芥川賞80年の歴史に、お笑い芸人が名を刻んだのは史上初。



火花/文藝春秋

¥1,296
Amazon.co.jp

新しい笑いのために、僕らは何を考えて生きるのか!?
Arikaアイコン(小)1花火大会で出会った神谷さんに主人公徳永は弟子入りし、神谷さんに伝記を書くように言われます。その後の二人の漫才師の日常と葛藤・・・・と書こうとすると、何かが違う。神谷さんが「共感って確かに心地いいねんけど、(略)創作に携わる人間はどこかで卒業せばあかんやろ」と言うように、きっと共感できる物語よりも、井の頭公演の太鼓のお兄さん、上石神井の真樹さんのアパート、ベージュのコーデュロイパンツ、蠅川柳といった、徳永が書き溜めるげき神谷さんとの日々の、繊細な驚きや固有の輝きこそが、この小説の髄だからです。徳永は敵わないと思いつつも、自分の人生のために神谷を否定します。「ほな、自分がテレビ出てやったらよろしいやん」。「面白い」ことをストイックに突き詰めようとする芸人の神谷。そんな彼に惹かれながらも、何者にもなれない自分に焦る後輩の徳永。表現者として生きる人間が、理想と現実の間で何を選ばざるを得ないのか、その心の中身が、賢さと阿保さが、ユーモアの中に生きていく必死さが胸に迫った。

BOOK OF THE いちばん星2015に選んだ理由
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★
本を愛する読書芸人から、芥川賞作家・又吉直樹へ。売れない芸人の葛藤と悲哀を描いた話題の芥川賞受賞作は、239万部突破(2015年8月時点)のベストセラーだけでなく、純文学の世界に抵抗なく連れて行ってくれた台風の目になった作品でもある。文学としてだけでなく、人として大切にしたい言葉の意味を教えてくれた。「共感できるものしか認めない」という風潮がめっちゃあるなと思うんですよ、共感してなくても面白いものってあると思うんです。あったらあかん小説はないし、あったらあかん音楽もない。「花火」で伝えたかった思いは、いろんな人がいて、常識からはじかれている人もいてそういう人もいていいし、「無駄じゃない」という思い。どんな人が、どんな形でも「生きていていい」という心を開きや人生観がたっぷり詰まってて深い。「悩みながら生きるぞ」と思わせてくれる。もちろん賛否両論な感想はあって当然だが、『花火』を読まずして2015年の文芸は語れないだろう。



スポンサーサイト