FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

カテゴリ:・2016春期ドラマ紹介 の記事リスト(エントリー順)

2016年春、火曜ドラマ『重版出来!』

kage

2016/06/14 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★4月12日スタート 

TBS系 火曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:09)

 重版出来!

Arika注目1h新米コミック編集者の奮闘物語!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:松田奈緒子「重版出来!」(小学館)/脚本:野木亜紀子/演出:土井裕泰/プロデューサー:那須田淳/プロデューサー:東仲恵吾/プロデューサー:八尾香澄

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
黒沢心(黒木華)
週刊コミック誌「バイブス」の新人編集者。柔道の日本代表選手候補だったが、けがで選手生命を絶たれ、もう一度熱くなれる場所として出版社に入社する。

五百旗頭敬(オダギリジョー)
「バイブス」の編集者。次期編集長候補。普段はクールだが、漫画愛にあふれていて常に仕事第一。そのストイックさと情熱に、心が尊敬と憧れを抱く。

小泉純(坂口健太郎)
興都館のコミック営業部員。希望する部署ではなく、3年間異動願いを出している。ただ与えられた仕事をこなすだけの日々で、営業先の書店員から「ユーレイ」と呼ばれる。次第にパワフルで一本気な心に感化され、恋心を抱く。

壬生平太(荒川良々)
「バイブス」の編集者。陽気で威勢がよく、ラーメンが主食の大食漢。心とは食の趣味が合い、よく2人でご飯を食べに行く。

安井昇(安田顕)
「バイブス」の編集者。“新人ツブシ”の悪名が高く、結果至上主義で売れる作品を作るためには、どんな手段もいとわない。

和田靖樹(松重豊)
「バイブス」の編集長。熱烈な阪神ファンで、喜怒哀楽が激しい。ここぞという時には粋な決断をする。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
黒木華が新人編集者役で連ドラ初主演。人気漫画を超豪華キャストでドラマ化! 
日本アカデミー賞をはじめ、数々の主要映画賞を受賞している黒木華の連続ドラマ初主演作。松田奈緒子の人気漫画を原作に、柔道一筋で五輪の代表候補にもなった黒沢心(黒木)が、新卒で大手出版社の興都館に入社し、配属先の「バイブス」編集部で先輩編集者の五百旗頭敬(オダギリジョー)から編集のイロハを学んでいく。“重版出来”とは出版業界の用語で、本が売れて増刷されることを指し、心も“重版出来”という夢のために、逆境に立ち向かいながら全力で仕事に打ち込んでいく。

2016年春、月曜ドラマ『ラヴソング』

kage

2016/06/13 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★4月11日スタート 

フジテレビ系 月曜 午後9:00~午後9:54

 ラヴソング

Arika注目1hミュージシャン福山雅治のリアルなギター演奏シーンは必見! 
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:倉光泰子/演出:西谷弘/演出:平野眞/プロデューサー:鈴木吉弘/プロデューサー:草ヶ谷大輔

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
神代広平(福山雅治)
元プロミュージシャン。自らの才能の限界に打ちのめされ、現在は音楽とは距離を置き、企業カウンセラーとして働いている。音楽にも女性にも真剣に向き合うことができず、何一つ成し遂げられないまま人生を過ごしてきたが、ある日カウンセリングに訪れたさくらの歌声を聞き、心を動かされる。

佐野さくら(藤原さくら)
広島の児童養護施設で育ち、孤独に生きてきた女性。大型車の整備・販売をする会社の整備部で働いているが、人とコミュニケーションをとるのが苦手で、職場の同僚にもなじめず、自分の人生に嫌気が差していた。社内に勤務する企業カウンセラーである神代に出会い、歌を通じて自己表現することを知る。

天野空一(菅田将暉)
さくらの児童養護施設時代からの幼なじみ。両親から虐待を受け捨てられた過去が影響し、人を信用できず自己防衛本能が強い。粗暴に見せているが根は優しくて純粋な性格。アルバイトで始めた料理の面白さに目覚め、いつかさくらと共に洋食店を持ちたいという思いを胸に秘め、学費を夜のアルバイトで稼ぎながら、昼間は調理学校に通っている。

中村真美(夏帆)
さくらの姉代わりともいうべき存在で、児童養護施設時代からの付き合い。キャバクラで働きながらさくらと同居しているが、自身の結婚を控え、さくらに自立してほしいと考えている。

増村泰造(田中哲司)
神代が大学時代に組んでいたバンドのメンバーで、ベースを担当していた。現在は総合病院の耳鼻科に勤務する医師。

笹裕司(宇崎竜童)
神代が一定の距離を置いている音楽と、唯一関われる場所であるライブハウス「S」の経営者。神代たちのバンドをライブハウスに立たせてあげていた経緯があり、彼らの兄貴分。

宍戸夏希(水野美紀)
神代のかつてのバンド仲間。ひそかに神代に思いを寄せているが、友達以上の関係には発展しないまま。現在は互いの恋愛相談もする間柄。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
福山雅治、3年ぶりの連ドラ主演作で元ミュージシャン役を熱演! 
福山雅治が「ガリレオ」(同系)以来約3年ぶりに連続ドラマ主演を務めるヒューマン・ラブストーリー。福山演じる元プロミュージシャンが、孤独を背負った女性と出会い、音楽を通して心を通わせ、失いかけた人生を取り戻していく姿を描く。ミュージシャンとしてプロデビューしたが、現在は音楽とは一定の距離を置き企業カウンセラーとして勤務する主人公・神代広平(福山)。その神代に希望をもたらす、天性の歌声の持ち主であるヒロイン・佐野さくらを、オーディションで選ばれた演技経験ゼロのミュージシャン・藤原さくらが演じる。そのほか菅田将暉、夏帆、田中哲司、宇崎竜童、水野美紀ら多彩な俳優陣が脇を固める。

2016年春、日曜ドラマ『OUR HOUSE』

kage

2016/06/12 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★4月17日スタート 

フジテレビ系 日曜 午後9:00~午後9:54

 OUR HOUSE

Arika注目1h12歳の少女vsアメリカ人の新米ママ!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:野島伸司/演出:永山耕三/演出:澤田鎌作/演出:加藤裕将/プロデューサー:太田大/プロデューサー:高田雄貴

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
伴桜子(芦田愛菜)
伴家の長女で4人きょうだいの2番目。半年前に母親が病気で他界してから、中学1年生ながら家事全般を一手に引き受けている。自分が家族を仕切らなければという責任感が強く、“鬼軍曹”さながらに家族に対する厳しい言動が多い。知らぬ間に、家族を恐怖で震え上がらせていることも。

アリス・シェパード(シャーロット・ケイト・フォックス)
アメリカの中西部で、写真家になりたいという夢を持ちつつアルバイトで生計を立てていた。一生その生活から抜け出せないのかと思い悩んでいた時、仕事でアメリカに来ていた桜子の父・奏太と運命的な出会いを果たし、伴家に新しい母親としてやって来る。

伴奏太(山本耕史)
桜子たちの父。ポジティブで、常にハッピー。さまざまな人に垣根なく愛される“天性の人たらし”。若いころからジャズにほれ込んでサックスのプロ奏者を目指したが、一線級にまではなれなかった。地道にバックバンドやライブ演奏で稼いでいる。常に留守がちで、育児は妻の蓉子と奏一郎に任せていたが、蓉子が病気で亡くなり、ふさぎこんでいた。復帰して行ったラスベガスのショーの際、立ち寄ったカジノでアリスと出会う。

三上丈治(塚本高史)
亡くなった桜子たちの母・蓉子の弟。近所で焼き鳥店を営んでいる熱い男。桜子にとっては素直に思いを吐露できる相談相手。離婚歴があり、7歳の息子の親権を元妻に取られている。

赤尾琴音(松下由樹)
奏太の姉で、桜子たちの伯母。救急病院の救急医として働く医師。すこし前に夫に浮気をされ、離婚届を突き付けて実家である伴家に出戻っている。アリスのことは気に入らない。基本的にいつも自分の話をしている。

伴奏一郎(橋爪功)
奏太の父で、桜子たちの祖父。奏太が再婚相手のアリスを連れて帰ってきたことに驚くが、前妻を亡くした寂しさも理解している。常にひょうひょうとしていて、一家の騒動をどこか楽しんでいるようにも見える。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
野島伸司脚本のホームコメディー。芦田愛菜とシャーロット・K・フォックスが初共演! 
およそ3年ぶりに新設される、日曜午後9時のドラマ枠第1弾。芦田愛菜と、NHK連続テレビ小説「マッサン」で知られるアメリカ人女優シャーロット・ケイト・フォックスが、初共演にしてダブル主演を務めるハートフルコメディーで、「101回目のプロポーズ」「ひとつ屋根の下」(ともに同系)などで知られる脚本家・野島伸司が手掛けたオリジナルストーリーが展開する。東京都世田谷区を舞台に、母親を亡くした一家の長女・伴桜子(芦田)が、突然アメリカから父・奏太(山本耕史)が連れて帰ってきた新しい母親のアリス・シェパード(シャーロット)と、仁義なき戦いを繰り広げるさまを通して、家族愛を描きだす。


2016年春、日曜ドラマ『プレミアムドラマ 奇跡の人』

kage

2016/06/12 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★4月24日スタート 

NHK BSプレミアム 日曜 午後10:00~午後10:50

 プレミアムドラマ 奇跡の人

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:岡田惠和/演出:狩山俊輔/制作統括:後藤高久/制作統括:河野英裕/プロデューサー:大倉寛子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
亀持一択(峯田和伸)
うだつの上がらない無職でお金もないダメ男。山形出身。自分にできることを見つけるよう祖母に言われ、東京に追い出されるが、何もできない日々を過ごしていた。シングルマザーの花に一目ぼれしたことから、その娘の海に新しい世界を見せてあげようと奮闘する。

鶴里花(麻生久美子)
生花市場で働く男勝りなシングルマザー。幼いころに両親を立て続けに亡くし、強く生きることを心に誓う。定時制高校で出会った正志と結婚し娘の海を産むが、海には目と耳に障害のあることが発覚し、正志は失踪。さまざまな困難に直面している。

鶴里海(住田萌乃)
花の一人娘。目と耳に障害を抱えている。

馬場三太(勝地涼)
一択の親友。自称・詩人だが才能がないため、9年近く何も書いていない。

都倉風子(宮本信子)
一択が住むアパートの大家。一択の無謀な恋を見守る。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
感動の実話「奇跡の人」を岡田惠和が大胆アレンジ。主演は銀杏BOYZの峯田和伸! 
脚本家・岡田惠和が、重度のハンデキャップを克服したヘレン・ケラーと、彼女に光を与えた“奇跡の人”サリバン先生の物語をモチーフに描く笑いと涙の感動ドラマ。舞台を現代の日本、サリバン先生役を男性に変更して、ラブストーリーを軸に展開する。サリバン先生的ポジションとなる主人公の亀持一択を演じるのは、ロックバンド・銀杏BOYZの峯田和伸。一択が恋するシングルマザーの鶴里花には麻生久美子、花の娘で目と耳に障害のある海には連続テレビ小説「「マッサン」(NHK)で主人公の長女・エマの幼少期を演じた住田萌乃、3人を温かく見守るアパートの大家・都倉風子には宮本信子が扮する。


2016年春、金曜ドラマ『不機嫌な果実』

kage

2016/06/10 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月29日スタート 

テレビ朝日系 金曜 午後11:15~深夜0:15

 不機嫌な果実

Arika注目1h林真理子原作の不倫ドラマが20年ぶりによみがえる!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:林真理子「不機嫌な果実」(文春文庫)/脚本:江頭美智留/脚本:小山正太/演出:樹下直美/プロデューサー:横地郁英/プロデューサー:川島誠史/プロデューサー:木曽貴美子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
水越麻也子(栗山千明)
結婚して5年になる主婦。会社員の夫と2人暮らしで、子どもはいない。自分の外見に自信を持っているが、夫からはもはや女として見られず、ここ3年はセックスレス。そんな中、工藤と出会い惹かれていき、本当の愛に目覚める。

工藤通彦(市原隼人)
クラシック専門の音楽評論家。仕事のために長期間滞在していた海外から帰国後、運命のいたずらとも言うべきアクシデントによって麻也子と出会う。何事にも脇目を振らず、真っすぐ突き進む性格で、麻也子に対してもちゅうちょせずにアプローチする。

竹田久美(高梨臨)
麻也子の大学時代の友人。物事に対してクールで、堅実に生きてきたタイプ。夫の不倫が原因で離婚し、手に入れた慰謝料を全て注ぎ込んでワインバーを開店。そのため、不倫に対しても嫌悪感を露わにし、夫に不満を持つ麻也子にも道を外さないよう忠告する。麻也子や玲子には決して明かさない、とんでもない秘密がある。

遠山玲子(橋本マナミ)
麻也子の大学時代の友人で、現在は主婦モデル、人気ブロガーとして活躍中。自由奔放で派手な女王様タイプ。容姿は見劣りするが高収入の夫・茂と結婚して息子をもうけ、表面的には平和な家庭生活を送っている。スポーツクラブのインストラクターと不倫をしている。

野村健吾(成宮寛貴)
麻也子が独身時代に不倫をしていた相手。大手広告代理店勤務。既婚者であるにもかかわらず、女性関係が派手で、常に複数の女と交際している。麻也子と数年ぶりに再会し、スマートな振る舞いと甘く危険な言葉で麻也子を魅了し、再び男女の関係を深めていく。

水越航一(稲垣吾郎)
麻也子の夫。有名一流大学を卒業し、現在は大手金属メーカーの営業部課長。結婚して5年になる麻也子に女を感じることができず、家政婦のように扱う。しかし、独占欲や所有欲は人一倍強く、麻也子が不倫などするわけがないと思い込んでいる。神経質で潔癖症。毎週末、実家で母・綾子と過ごすことが何よりの楽しみ。麻也子には明かせない秘密を抱えている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
「不機嫌な果実」が連続ドラマで復活! 
栗山千明と市原隼人が不倫に溺れる男女を熱演! 

1990年代に日本を席巻した林真理子の小説「不機嫌な果実」を、約20年ぶりに連続ドラマ化。主人公の水越麻也子に栗山千明が、情熱的な音楽評論家・工藤通彦に市原隼人が扮し、泥沼の恋愛劇を繰り広げてスリリングに金曜の夜を彩る。96年に出版された原作は、理性では抑えられない生々しい女の深層心理を赤裸々に描き、翌年にはテレビドラマや映画になるなど、濃厚なラブストーリーと大胆な濡れ場で話題を呼んだ。今作では、夫への不満を募らせる人妻の麻也子と海外から帰国した工藤が出会うところから物語が展開。人妻と知りながらも激しく自分を求めてくる工藤に心を奪われた麻也子は、禁断の恋に溺れていく。


2016年春、金曜ドラマ『コントレール~罪と恋~』

kage

2016/06/10 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月15日スタート 

NHK総合 金曜 午後10:00~午後10:50

 コントレール~罪と恋~

Arika注目1h夫を殺した男に恋をした女性を描く!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:大石静/演出:柳川強/演出:橋爪紳一朗/制作統括:勝田夏子

主題歌:鈴木雅之「泣きたいよ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
青木文(石田ゆり子)
海辺のドライブイン「コントレール」を細々と続ける。6年前に夫を無差別殺人事件で亡くし、事件後に生まれた息子・友樹と2人暮らし。人生をあきらめた日々の中で、トラックドライバーの瞭司と出会い、惹かれ始める。

長部瞭司(井浦新)
トラックドライバー。耳は聞こえるが話すことができず、筆談用のメモ張を持ち歩いている。

佐々岡滋(原田泰造)
東京・品川南署の刑事。6年前に起きた無差別殺人事件を担当し、被害者遺族の文を気に掛け、「コントレール」を足しげく訪れる。友樹とも仲が良く、文に思いを寄せる。

篠崎圭子(桜庭ななみ)
6年前に品川で起きた無差別殺人事件の現場に居合わせた女性。

田渕さゆみ(堀内敬子)
文の中学時代の同級生。「コントレール」が繁忙期になると手伝う。親友の文とその息子の友樹を見守る。

青木英恵(野際陽子)
文の義母。亡くなった息子・敦の代わりに孫の友樹を溺愛する。フリルの刺しゅうが趣味。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
石田ゆり子&井浦新が紡ぐ大人のラブストーリー。大石静脚本で“禁断の恋”を描く! 
社会現象にもなったドラマ「セカンドバージン」(NHK総合)の大石静が脚本を手掛ける、激しくも切ない大人のラブストーリー。無差別殺人事件で夫を失い、海辺のドライブインをほそぼそと続ける孤独な女性・青木文役を石田ゆり子が、また、その事件で夫を殺した相手である長部瞭司役を井浦新が演じる。時を経てトラックドライバーとなった長部が文のドライブインを訪れて2人が出会い、愛してはいけない相手と恋に落ちてしまうストーリー。「コントレール」とは飛行機雲のことで、文にとって“すぐに消えてしまう幸せの象徴”であり、長部にとっては“人を殺めた時に見た悲劇の象徴”。文が営むドライブインの店名でもある。


2016年春、金曜ドラマ『金曜8時のドラマ「ドクター調査班~医療事故の闇を暴け~』

kage

2016/06/03 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月22日スタート 

テレビ東京系 金曜 午後8:00~午後8:54

 金曜8時のドラマ「ドクター調査班~医療事故の闇を暴け~

Arika注目1h病院の医療事故の真相を暴く!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:林誠人/演出:白川士/演出:遠藤光貴/演出:山田勇人/プロデューサー:山鹿達也/プロデューサー:阿部真士/プロデューサー:大垣一穂/プロデューサー:角田正子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
華岡慧(谷原章介)
医療事故調査委員会(MAIC)・第7班の班長。医療現場での不正を憎む気持ちは人一倍で、医師を辞めてMAICに転職してきた。潜入先で“違和感”を覚えると、証拠をつかむまで粘り強く調査を続ける。亡き婚約者の6歳の娘と、その祖母との3人暮らし。

岩崎佐和(中越典子)
内科医でMAICのメンバー。心療内科専門医の資格を併せ持ち、読唇術も扱う。豪快かつ明朗な性格で、有事の際にも肝が座っている。

早乙女篤朗(忍成修吾)
病理専門医でMAICのメンバー。東京大学医学部にストレートで入学したが、フランス語の単位が取れずに4年で中退。他大学の医学部に入りなおして医師免許を取得した。ウイルス研究を好み、コンピューターのウイルスまで解析する。悪気なく上から目線の発言をしてしまう。

田渕裕子(藤井美菜)
MAICのメンバーで、普段は弁護士をしている。かわいらしいルックスとは対照的に、冷めた性格と合理的思考の持ち主。暗記力に優れ、見たものを一瞬で写真のように脳裏に焼き付けられる。

鴨志田三次(田山涼成)
MAICに所属する整形外科医。緊迫した場面でもひょうひょうとしており、考えてそうしているのか単に不真面目なのか、メンバーにも分からない。3という数字にやたらと縁がある。

遠山晃代(高畑淳子)
MAICの統括管理官。厚生労働省のエリート官僚にして、MAIC全体を切り盛りする切れ者。常に冷徹な判断を下し、メンバーたちにも容赦ない調査報告を要求。笑顔を見せることがないため、陰で「鉄仮面」と呼ばれている。夫と死別しており、その死に関して華岡と不可解な因縁を持つ。


----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
谷原章介が医療事故の真実に迫るヒューマン医療ミステリーで主演! 
医療事故調査にスポットを当てた完全オリジナル脚本の1話完結型のヒューマン医療ミステリー。架空の組織「医療事故調査委員会(MAIC=通称・マイク)」のメンバーである医師や弁護士たちが、疑惑の病院や医療施設に潜入調査を行い、医療事故の背景に潜む闇を暴く。2015年10月に開始された医療事故の原因究明と再発防止を目的とした「医療事故調査制度」。同作は、その「医療事故調査」にスポットを当て、谷原章介演じる主人公の医療事故調査員・華岡慧の姿を通して、医療事故の背景に潜む医療関係者や患者たちの真実に迫る。

2016年春、木曜ドラマ『鼠、江戸を疾る2』

kage

2016/06/02 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月14日スタート 

NHK総合 木曜 午後8:00~午後8:45

 鼠、江戸を疾る2

Arika注目1h江戸の大泥棒・鼠小僧が復活!
第2弾は次郎吉の妹・小袖に思いを寄せる広之進の恋心が止まらない!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:赤川次郎「鼠、江戸を疾る」(角川文庫)ほか/脚本:大森寿美男/脚本:佐藤友治/脚本:川崎いづみ/演出:黛りんたろう/演出:川村泰祐/演出:中西健二/制作統括:内藤愼介/制作統括:原林麻奈/制作統括:鈴木光/プロデューサー:野村敏哉

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
次郎吉(鼠小僧)(滝沢秀明)
下町長屋に住む遊び人。表向きは甘酒屋を営んでいるが、裏の顔は武家屋敷から金品を奪い、貧しい庶民に分け与える怪盗・鼠小僧。冷たい様子を装っているが、義侠心から困っている人は放っておけない性格。妹の小袖と二人暮らし。

小袖(青山美郷)
次郎吉の妹。町娘ながら武芸に精を出し、町道場に通い、腕を磨く。おてんばな性格で、兄の次郎吉を困らせることも。

米原広之進(京本大我)
小袖と同じ道場に通う旗本の三男坊。腕はいま一つだが気のいい性格。小袖に恋心を抱いている。

千草(片瀬那奈)
医師・良安の娘。修学先の長崎から江戸に帰り、治療代が払えない者も診療する。次郎吉を信頼しており、その正体にうすうす気が付いている。

徳五郎(高嶋政宏)
江戸の町の治安を取り締まる岡っ引き。鼠小僧を捕らえることに執念を燃やすが、内心では庶民の味方である鼠小僧のことが嫌いではない。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
滝沢秀明が鼠小僧を演じる、痛快エンターテインメント時代劇の第2弾! 
人気ミステリー作家・赤川次郎の同名小説をはじめとした「鼠シリーズ」を原作に、2014年1月期に放送されて好評を博したエンターメインメント時代劇が、パワーアップして再登場。風紀が乱れた江戸の町を舞台に、武家屋敷から千両箱を盗み出して貧しい人に分け与える怪盗・鼠小僧こと次郎吉を、前回と同じく滝沢秀明が演じる。悪をくじいて弱き庶民を助ける、泣いて笑って手に汗握るストーリー。次郎吉の妹・小袖を青山美郷が演じるほか、京本大我、片瀬那奈、高嶋政宏らが共演する。

2016年春、土曜ドラマ『火の粉』

kage

2016/05/28 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★4月2日スタート 

フジテレビ系 土曜 午後11:40~深夜0:35

 火の粉

Arika注目1hユースケ・サンタマリアが凶悪犯に!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:雫井脩介「火の粉」(幻冬舎文庫)/脚本:香坂隆史/脚本:高橋悠也/演出:森雅弘/演出:竹村謙太郎/プロデューサー:市野直親/プロデューサー:高橋史典

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
武内真伍(ユースケ・サンタマリア)
3年前に起きた的場一家殺害事件の被疑者として起訴され、死刑を求刑された過去を持つ。ある日、その裁判で無罪判決を下した裁判長・梶間勲の家族の隣に引っ越してくる。人生をやり直したいと願い、梶間家と良好な関係を築こうとする。

梶間雪見(優香)
主婦。経済的な理由で義父の勲たちと同居している。隣家に引っ越してきた武内の言動を真っ先に怪しみ、梶間家で孤立しながらもその正体を暴こうとする。

梶間尋恵(朝加真由美)
俊郎の母で専業主婦。家族への愛情に満ち、皆に優しく接する良き母。家族のために自分の時間を犠牲にしてきた。それが生きがいではあったが、特に感謝されることもない主婦業と義母の介護に、知らぬ間にストレスを溜めてきた。

梶間俊郎(大倉孝二)
雪見の夫で、勲の一人息子。楽天的な性格で軽口をたたいてばかりのお坊ちゃん。これまで職を転々とし、現在は就職活動中。勉強はできたが、自分のしたいことが分からず、根気もないまま30歳を超えた。とことん武内を信用してしまう。

佐々木琴音(木南晴夏)
2歳の息子を育てるシングルマザーで、雪見の友人。梶間家がよく行く和食店の娘で、武内と出会い好意を持つようになる。明るい性格で、思ったことをすぐ口にしてしまう。

池本亨(佐藤隆太)
3年前に殺害された的場久美子の兄。雪見に接触し、武内は危険だと警告する。怒りから精神を病み、武内の化けの皮をはぐことにすべてを懸けている。

梶間勲(伊武雅刀)
梶間家の大黒柱。元裁判官で、現在は大学の教員。裁判官の仕事には誇りを持っていたが、死刑判決を下したことへの後悔から定年を前に早期退官した。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
ユースケ・サンタマリアが9年ぶりの連ドラ主演。雫井脩介原作の心理サスペンス! 
「昼ドラ」でおなじみの東海テレビが「オトナの土ドラ」枠と銘打って送る第1作目で、作家・雫井脩介の同名小説を連続ドラマ化。元裁判官とその家族の住む梶間家の隣に、かつて無罪判決を下した男が引っ越してきたことから始まる恐怖の日々を描く。あふれんばかりの善意で人々の心をつかむが、周辺で次々と不可解な事件が起こる謎の隣人・武内真伍役を、「今週、妻が浮気します」(同系)以来約9年ぶりの連ドラ主演をユースケ・サンタマリアが務める。武内を怪しむ、梶間家の嫁・雪見役に扮する優香がユースケとドラマで初共演する。

2016年春、日曜ドラマ『日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 東野圭吾「カッコウの卵は誰のもの」』

kage

2016/05/01 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★3月27日スタート 

WOWOWプライム 日曜 午後10:00~午後11:00

 日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 東野圭吾「カッコウの卵は誰のもの」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:東野圭吾「カッコウの卵は誰のもの」(光文社文庫)/脚本:田辺満/監督:耶雲哉治/監督:山下司/プロデューサー:井上衛/プロデューサー:渡邉浩仁

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
緋田風美(土屋太鳳)
「新製開発スキー部」に所属するアルペンスキー選手。幼少時に母親が他界し、父・宏昌の手ほどきを受け、トップスキーヤーを目指してきた。高い運動能力を示す特別な遺伝子を保有するが故に、出生にまつわる危険な事件に巻き込まれる。

上条文也(本郷奏多)
「KM建設」の社長・上条伸行の息子で、現在白血病で闘病生活を送っている。病院では、いつも子どもたちに囲まれ「才能」について語り続けている。

柚木洋輔(戸次重幸)
「新製開発スポーツ科学研究所」の副所長で遺伝子研究者。スポーツ選手の才能は、科学的に発掘し開発できると信じている。研究に対して真摯な情熱を持つ。

緋田宏昌(伊原剛志)
風美の父親で、アルペンスキーの元オリンピック選手。妻を早くに亡くし、男手一つで風美を育ててきたが、風美には決して言えない秘密を抱えている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
現役体育大生の土屋太鳳が“スポーツ遺伝子”を持つ天才スキーヤー役で主演! 
東野圭吾の小説をドラマ化する医科学ヒューマンサスペンス。トップアスリートを目指す若者たちの過酷だが輝きに満ちた日々と、主人公の出生の秘密によって巻き起こる事件、そんな彼らの遺伝子を研究する科学者の葛藤を描き、親子の絆、才能、また真の幸せとは何かを問う。高い運動能力を秘めた遺伝子パターンを持つ主人公の天才アルペンスキーヤー・緋田風美を演じるのは、現役体育大生の土屋太鳳。NHK連続テレビ小説「まれ」以来、初の連続ドラマ主演に注目が集まる。また、元五輪選手で風美の父親・緋田宏昌を伊原剛志、物語の鍵を握る青年・上条文也を本郷奏多、緋田親子の秘密に迫る遺伝子研究者・柚木洋輔を戸次重幸が演じる。

2016年冬‐春、火曜ドラマ『プレミアムよるドラマ 初恋芸人』

kage

2016/04/19 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★3月1日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週火曜 午後11:15~午後11:45

 プレミアムよるドラマ 初恋芸人

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:中沢健「初恋芸人」(風塵社)/脚本:根本ノンジ/演出:小林義則/制作統括:篠原圭/制作統括:川西琢

♪主題歌:フラワーカンパニーズ「青い吐息のように」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•佐藤賢治(柄本時生)
「怪獣芸人」を自称する、売れないピン芸人。25歳にして恋愛経験ゼロ。華やかな人気者たちの影で、客のまばらなステージに立ち、わずかなギャラとアルバイトの収入でなんとか生活している。

•市川理沙(松井玲奈)
賢治が出演したお笑いライブを観覧し、その芸を面白いと公言する謎の美少女。賢治と一緒に映画を見たり、食事をしたり、買い物をする仲になる。

•山形ツチノコ(小堺一機)
賢治の先輩お笑い芸人。自身も売れていないが、賢治のことを何かと気に掛け、お笑いライブへの出演話を持ち掛けたりする。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
柄本時生が売れない芸人に! 奇跡のような初恋が舞い降りる異色のラブコメディー! 
作家で、個性的なキャラクターでバラエティー番組などにも出演している中沢健による同名小説を、柄本時生の主演で連続ドラマ化。25歳にして恋愛経験ゼロの、全く売れていない孤独なピン芸人が、謎の美少女に出会ったことから奇跡的な恋に落ちていく姿と、売れない芸人たちのリアルな日々やその成長をコミカルに描く異色のラブコメディー。お笑い業界の最底辺にいるピン芸人・佐藤賢治を演じるのは、NHKドラマ単独初主演の柄本。そんな彼が恋をするヒロイン・市川理沙に元SKE48の松井玲奈が扮するほか、主人公の親友・橋本晃役を溝端淳平、売れない先輩芸人・山形ツチノコ役を小堺一機が演じる。



2016年冬‐春、土曜ドラマ『放送90年大河ファンタジー 精霊の守り人』

kage

2016/04/09 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★3月19日スタート 

NHK総合 毎週土曜 午後9:00~午後10:00(初回は午後9:00~午後10:15)

 放送90年大河ファンタジー「 精霊の守り人」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:上橋菜穂子「精霊の守り人」シリーズ(偕成社)/脚本:大森寿美男/演出:片岡敬司/制作統括:海辺潔/制作統括:加藤拓/制作統括:越智篤志

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•バルサ(綾瀬はるか)
カンバル王国出身の用心棒。短槍の使い手で、ニノ妃の依頼を受け、新ヨゴ国の第二王子・チャグムを守る旅に出る。

•チャグム(小林颯)
新ヨゴ国の第二王子。水の精霊の卵を宿したため、父である帝から命を狙われる。母・ニノ妃の依頼でバルサに守られながら旅をする。

•タンダ(東出昌大)
新ヨゴ国の薬草師。先住民・ヤクーの血を引き、幼いころから呪術師・トロガイの元で修業を積む。バルサの身を案じている。

•ジグロ(吉川晃司)
バルサの育ての親。カンバル王国最強の武人だったが、バルサの父親に頼まれ、幼いバルサを連れて国を脱出する。

•トロガイ(高島礼子)
先住民・ヤクーの呪術師。当代一の呪術力を持つタンダの師匠で、バルサからも尊敬される。新ヨゴ国の帝を冒とくする者として命を狙われる。

•聖導師(平幹二朗)
新ヨゴ国の聖導師。星読博士の最高位で、帝を補佐して政治を司る。

•帝(藤原竜也)
新ヨゴ国の君主。水の精霊の卵を宿した息子のチャグムが異能者になっていくことに恐怖心を抱き、狩人たちに殺害を命じる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
綾瀬はるか主演でファンタジー大作「守り人」シリーズを実写化! 
人と精霊が共生する世界を舞台にしたファンタジー大作を綾瀬はるか主演で実写ドラマ化し、全編4K映像で制作する。用心棒で短槍の使い手であるバルサ(綾瀬)が、精霊の卵を宿した新ヨゴ国の幼い王子・チャグム(小林颯)を、帝(藤原竜也)の命を受けた王宮の狩人たちや異界の魔物から守りながら冒険の旅を続ける。上橋菜穂子の同名小説シリーズ全10巻を原作に、3年にわたり全22回で放送する予定。仲間との絆や、チャグムが帝に成長し、国々を巻き込む戦乱を乗り越えるまでを壮大なスケールで描く。

原作
舞台となるのは、異界と人の世界が交錯する世界 ── 。
シリーズ1作目:精霊の守り人、シリーズ2作目:闇の守り人、シリーズ3作目:夢の守り人、シリーズ4作目:虚空の旅人、シリーズ5作目:神の守り人 上 来訪編、シリーズ6作目:神の守り人 下 帰還編。


2016年冬-春、金曜ドラマ『ドラマ24「東京センチメンタル」』

kage

2016/04/08 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★1月15日スタート 

テレビ東京ほか 毎週金曜 深夜0:12~深夜0:52

 ドラマ24「東京センチメンタル」

Arika注目1h下町の中年男が美女たちに恋い焦がれる日々を描く!
2014年に放送したスペシャルドラマを連続ドラマ化。東京の下町を舞台に、3度の離婚歴を持つ和菓子店店主・卓三の自由気ままな日常を描いていく。
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:松本哲也/脚本:ブラジリィー・アン・山田/脚本:新井友香/演出:三木康一郎/演出:今泉力哉/演出:渡部亮平/演出:日向朝子/プロデューサー:山鹿達也/プロデューサー:井関勇人/プロデューサー:阿部真士

♪主題歌:MACO「恋心」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•久留里卓三(吉田鋼太郎)
老舗和菓子屋「くるりや」の3代目店主。生まれも育ちも下町の江戸っ子だが、女性関係にだらしがなく、3度の離婚歴がある。趣味は一眼レフカメラ。

•須藤あかね(高畑充希)
「くるりや」のアルバイト店員。肝の座った看板娘。

•柴田幸吉(片桐仁)
卓三の昔なじみ。「くるりや」の向かいで理容店を営んでいる。

•玲子(大塚寧々)
卓三の過去を知る謎多き女性。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
吉田鋼太郎主演で、下町を舞台にマドンナとの淡い恋をノスタルジックに描く! 
2014年末に放送され好評を博したスペシャルドラマが連続ドラマ化。連続ドラマ初主演となる吉田鋼太郎が演じるのは、東京の下町・言問橋の老舗和菓子屋「くるりや」店主の久留里卓三。3度の離婚歴がある卓三が、毎回出会う魅力的な女性とひと時を過ごし淡い恋心を抱くさまを、切なくノスタルジックに描く。スペシャルドラマに引き続き、16年春からスタートするNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主役が決定している高畑充希と、お笑いコンビ・ラーメンズの片桐仁が共演。さらに今回から、卓三の過去を知る謎多き女性の役で大塚寧々が新たに加入する。各話のマドンナ役として豪華女優陣がゲスト出演し、実在の店が登場するのも見どころ。



2016年冬‐春、火曜ドラマ『神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎』

kage

2016/04/05 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★3月15日スタート 

TBSほか 火曜 深夜1:11~深夜1:41

 神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:飯塚健/監督:飯塚健

♪主題歌:松井玲奈とチャラン・ポ・ランタン「シャボン」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•南雲凪(松井玲奈)
神奈川県厚木市にある「コインランドリー茅ヶ崎」のアルバイト店員。どこにでもいそうな25歳。

•オーナー(滝藤賢一)
「コインランドリー茅ヶ崎」のオーナー兼店長。アイロンがけと洗濯物を畳む、風変わりなサービスを提供している。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松井玲奈主演、飯塚健が監督・脚本を手掛けるコインランドリーを舞台にした異色作! 
風変わりなサービスのある神奈川県厚木市のコインランドリーを舞台にしたオリジナル作品。元SKE48の松井玲奈が、「コインランドリー茅ヶ崎」のアルバイト店員・南雲凪役で主演を務め、オーナー兼店長を滝藤賢一が演じる。監督・脚本は、ドラマ「荒川アンダー ザ ブリッジ」(TBSほか)、映画「風俗行ったら人生変わったwww」などで知られる飯塚健が担当。松井と遠藤の役柄は飯塚が2人をイメージして当て書きしたもので、松井も「台本を読んで思わずにやりとした」というセリフやストーリーが注目される。各話のゲストには、角田晃広(東京03)、山田真歩、岸井ゆきの、三浦俊輔、ベンガルなど、個性的な役者陣が顔をそろえる。