FC2ブログ
2019 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 10

カテゴリ:・2016夏期ドラマ紹介 の記事リスト(エントリー順)

kage

| | 古い記事一覧へ ≫

2016年春夏、朝ドラマ『連続テレビ小説「とと姉ちゃん」』

kage

2016/10/01 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★4月4日スタート 

NHK総合 月曜~土曜 午前8:00~午前8:15

 連続テレビ小説「とと姉ちゃん」

Arika注目1h父親代わりに一家を支え、妹たちを育てた女性の奮闘を描く!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:西田征史/演出:大原拓/演出:岡田健/演出:藤並英樹/演出:松園武大/制作統括:落合将/プロデューサー:盆子原誠

主題歌:宇多田ヒカル「花束を君に」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
小橋常子(高畑充希)
小橋家の長女。11歳の時に亡くした父の代わりに、母と2人の妹を背負って立つ“とと姉ちゃん”。自由に生きられない女性たちの姿を見て、戦後、女性のための実用雑誌「あなたの暮し」を創刊する。

小橋竹蔵(西島秀俊)
常子たち3姉妹の父。仕事も家庭も大切にするよき父親だったが、結核で死去。常子に「ありきたりの毎日を大切にし、家族のことを頼む」と言い残す。

小橋君子(木村多江)
常子たち3姉妹の母。竹蔵との結婚をめぐって、母の滝子と絶縁する。おっとりした性格だが、陰ながら家族を支えようと力を尽くす。

小橋鞠子(相楽樹)
小橋家の次女。豪快な姉・常子とは対照的に、勉強はできるが運動は苦手な真面目な性格。女学校時代に平塚らいてうに傾倒し、後に「あなたの暮し」の創刊スタッフとなる。

小橋美子(杉咲花)
小橋家の末っ子。けんかが絶えない2人の姉の間で、要領よく立ち振る舞う器用な性格。衣装に興味を持ち、後に「あなたの暮し」の衣装面をサポートする。

小橋鉄郎(向井理)
竹蔵の弟で、3姉妹の叔父。性格は竹蔵とは異なり、いい加減。定職に就かず、もうけ話を追い求めて各地を旅する。男手がいなくなった小橋家をふらりと訪ねて、たびたびピンチを救う。

隈井栄太郎(片岡鶴太郎)
君子の実家「青柳商店」の筆頭番頭。生粋の江戸っ子で情に厚い男。君子と3姉妹を気に掛け、陰ながら一家を支える。

青柳滝子(大地真央)
君子の母で常子たちの祖母。深川で江戸時代から続く材木問屋「青柳商店」の女将。浜松での暮らしに困窮した君子を迎え入れるが、考え方の違いから再び絶縁する。孫娘の3姉妹には愛情を持って接する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
高畑充希が演じる父親代わりの“とと姉ちゃん”が昭和を駆け抜ける! 
雑誌「暮しの手帖」を創刊した大橋鎭子をモデルに、女ばかりの一家の長女・小橋常子(高畑充希)が、亡き父・竹蔵(西島秀俊)に代わって母・君子(木村多江)と2人の妹を守ろうと奮闘しながら、激動の昭和を駆け抜けるストーリー。自由に生きられない女性たちを見てきた常子が、焼け野原となった戦後の東京で家族を養うために、実用雑誌「あなたの暮し」を立ち上げ、復興ままならぬ人々に生活の知恵を与え、高度経済成長期の女性たちに欠かせない雑誌へと成長させていくさまを描く。脚本は、「妖怪人間ベム」(日本テレビ系)、「信長協奏曲」(フジテレビ系)などを手掛けた西田征史が担当する。

スポンサーサイト



2016年夏、金曜ドラマ『こえ恋』

kage

2016/09/30 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★7月8日スタート 

テレビ東京ほか 金曜 深夜0:52~深夜1:23

 こえ恋

Arika注目1h”紙袋男子”の声に恋する青春恋愛ドラマ!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:どーるる「こえ恋」(「comico」連載)/脚本:大林利江子/脚本:中村能子/脚本:三浦直之/監督:平林克理/監督:湯浅弘章/監督:宝来忠昭

オープニングテーマ:さくらしめじ「ひだりむね」/エンディングテーマ:井上苑子「ナツコイ」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
吉岡ゆいこ(永野芽郁)
何でも素直に受け止める真っすぐな女子高校生。松原くんの優しい声と温かい内面に徐々に引かれていく。

兵頭誠(竜星涼)
堅物で女子に免疫のないピュアな生徒会長。松原くんへの生徒指導をきっかけに、ゆいこを意識するようになっていく。

松原くん(櫻井孝宏)
なぜかいつも紙袋をかぶっているクラス委員長。紙袋をかぶっているのには、ある理由があるらしい。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
「こえ恋」を永野芽郁主演で実写化。松原くんの声役は「おそ松さん」の人気声優! 
昨年公開された映画「俺物語!!」のヒロイン役などでブレークした女優・永野芽郁のドラマ初主演作。漫画・ノベルアプリで連載中の同名人気漫画を基にした青春ラブストーリーで、なぜか紙袋をかぶって生活しているクラス委員長・松原くんと、彼の素敵な声と優しさに引かれていく吉岡ゆいこ(永野)、そして超が付くほど真面目な生徒会長・兵頭誠(竜星涼)というちょっと変わった高校生たちが織り成す、ピュアで切ない恋模様を描く。松原くんの声を「おそ松さん」などの人気声優・櫻井孝宏が担当する。


2016年春夏、日曜ドラマ『WOWOW開局25周年記念 連続ドラマW 沈まぬ太陽』

kage

2016/09/25 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★5月8日スタート 

WOWOWプライム 日曜 午後10:00~午後11:00

 WOWOW開局25周年記念 連続ドラマW 沈まぬ太陽

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:山崎豊子「沈まぬ太陽」(新潮文庫)/脚本:前川洋一/監督:水谷俊之/監督:鈴木浩介

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
恩地元(上川隆也)
国民航空の予算室社員。前任の委員長・八馬の画策により労働組合の委員長を引き受けることに。強い責任感から、空の安全を守るべく労働環境の改善を目指して活動するが、経営陣と対立。海外の僻地の営業所へ左遷される。

恩地りつ子(夏川結衣)
恩地の妻。夫を献身的に支える2児の母。

三井美樹(檀れい)
国民航空の客室乗務員。恩地、行天と共に組合活動に参加する。恩地のことを尊敬している。

八馬忠次(板尾創路)
前任の国民航空の労働組合委員長。労務課長。恩地に次期委員長を押し付け、経営幹部側に回る。

桧山衛(古谷一行)
国民航空の社長。労使交渉で恩地、行天ら労働組合側と対立する。

堂本信介(國村隼)
国民航空の労務担当取締役。元左翼運動の闘士だった過去を買われ、桧山社長から労使交渉を任される。

行天四郎(渡部篤郎)
国民航空の営業部社員。恩地とは大学時代からの友人で、労働組合の副委員長となり共に闘う。しかし、後に出世と引き換えに恩地と決別。現実主義で上昇志向が強い性格。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
上川隆也が20年ぶりに山崎豊子原作ドラマの主人公を熱演! 
「白い巨塔」「華麗なる一族」などで知られる作家・山崎豊子による同名ベストセラー小説を初めてテレビドラマ化。未曽有の航空機墜落事故という悲劇の裏で信念を貫き巨大組織で生きる者たちを、WOWOWドラマW枠史上最大の全20話(第1部・全8話、第2部・全12話)のスケールで描く。主人公・恩地元役を務めるのは、「大地の子」(NHK)以来約20年ぶりの山崎作品への主演となる上川隆也。その同志で、後に袂を分かつことになるライバル・行天四郎を渡部篤郎が演じる。脚本はNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の前川洋一、監督は「連続ドラマW マークスの山」「連続ドラマW 下町ロケット」の水谷俊之、鈴木浩介が担当する。




2016年夏、土曜ドラマ『ノンママ白書』

kage

2016/09/24 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★8月13日スタート 

フジテレビ系 土曜 午後11:40~深夜0:35

 ノンママ白書

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:伴一彦/演出:佐藤祐市/演出:松木創/プロデューサー:栗原美和子/プロデューサー:後藤勝利/プロデューサー:山崎淳子

主題歌:Crystal Kay「Lovin' You」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
土井玲子(鈴木保奈美)
中堅広告代理店「ジニア広告」企画制作部勤務。50歳目前の独身、バツイチでノンママ。 入社当時に男女雇用機会均等法が施行されたが、まだ法律ができたてのホヤホヤだったため、女性が男性と肩を並べて働くという現状に苦労した。離婚を機にマンションを購入して一人で暮らしている。

大野愛美(菊池桃子)
「ジニア広告」人事部社員。美人で男にモテる人生を幼いころから歩んできた。コネ入社で能力もないが、若い時は美貌を武器に接待要員として活躍。 危険な恋愛体質で、不倫ばかりを繰り返した結果、いまだに独身。

葉山佳代子(渡辺真起子)
フリールポライター。既婚のノンママ。サブカルチャーを中心に取材・分析をし、いくつもの雑誌連載を持つ。定期的に新書を上梓しているそこそこの売れっ子。夫も同意のもとで子づくりはせず、夫婦の共有財産であるマンションで二人暮らし。

小中荘太(濱田崇裕)
「ジニア広告」企画制作部の部員。独身。28歳のいまどき男子。目立ったことをするよりも、なるべく平均的社員でいようとしているが、裏では上司たちを分析している。土井にとっては、味方か敵かはよく分からない存在。“モンスターワーママ”からの被害に遭ったことで、誰よりも早く土井を信頼し始める。

野村佳奈(内山理名)
「ジニア広告」企画制作部社員で玲子の部下。初出産で産休を取り、職場に復帰。時短を使いながらも、派手で目立つ仕事をゲットしようと奮闘中。「時短で申し訳ない」と言いながらも会社員としての権利は主張する、いわゆる“モンスターワーママ”。

本城司(高橋克典)
「ジニア広告」企画制作部部長。玲子と愛美の同期。男性社会のため玲子よりも出世が早い。バツイチで別れた妻が育てている息子がいる。社内での立ち振る舞いは如才なく、上層部からも部下からも信頼されている。過去に玲子と男女の関係だったことがある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
鈴木保奈美が49歳バツイチ・子無しのキャリアウーマン役で18年ぶりに連ドラ主演! 
ヒロインを務めた大ヒットドラマ「東京ラブストーリー」(同系)から四半世紀、50歳を迎える鈴木保奈美が18年ぶりに連続ドラマの主演を務めるヒューマンドラマ。鈴木が演じるのは、中堅広告代理店に勤務するバツイチで、子供を産まないという選択をして生きる“ノンママ”のキャリアウーマン・土井玲子。マタハラ・逆パワハラ・子無しハラスメントなど現代社会がはらむ問題に加え、上からは抑えられ、下からは突き上げられる四面楚歌の状態の玲子が、仕事に恋にと奮闘する姿が描かれる。そのほか、菊池桃子、渡辺真起子、南沢奈央、濱田崇裕(ジャニーズWEST)、三浦祐太朗、近藤芳正、佐戸井けん太、内山理名、高橋克典らが共演する。



2016年夏、金曜ドラマ『ドラマ24「侠飯~おとこめし~」』

kage

2016/09/23 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★7月15日スタート 

テレビ東京ほか 金曜 深夜0:12~深夜0:52

 ドラマ24「侠飯~おとこめし~」

Arika注目1hヤクザの組長は料理上手!? 食欲も刺激する”夜食テロ”
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:福澤徹三「ドラマ24「侠飯~おとこめし~」」(文春文庫)/脚本:根本ノンジ/脚本:清水匡/監督:榊英雄/監督:山口雄也/プロデューサー:浅野太/プロデューサー:濱谷晃一/プロデューサー:松本拓/プロデューサー:近藤正岳/プロデューサー:中野剛

オープニングテーマ:エレファントカシマシ「i am hungry」/エンディングテーマ:wacci「歩み」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
柳刃竜一(生瀬勝久)
柳刃組の組長。見た目は強面だが料理好きで、冷蔵庫にあるものだけで驚くほどおいしい料理を作る。

若水良太(柄本時生)
三流大学の3年生。現在、就職活動中。抗争に巻き込まれた柳刃が突然家に転がり込んできて、やむなく居候させることに。

結城春菜(内田理央)
良太の大学の友人。ルックスはいいが、ボーイズラブコミックが好きな腐女子。

火野丈治(三浦誠己)
柳刃の右腕である柳刃組の若頭。何かと良太を威圧し、うそか本当か分からない話で翻弄する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
テレ東得意の“夜食テロ”再び。生瀬勝久主演で「任侠×グルメ」がテーマの異色作! 
福澤徹三の小説「ドラマ24「侠飯~おとこめし~」」を連続ドラマ化。「任侠×グルメ」をテーマにした異色グルメドラマで、絶品料理を振る舞うやくざの組長役で生瀬勝久が主演する。命を救ってくれた柳刃組の組長・柳刃竜一(生瀬)を、なぜか自分の部屋にかくまう羽目になった大学生の若水良太(柄本時生)が、居座る柳刃に戸惑いながらも、毎回冷蔵庫の残り物で料理を作ってもらい、その発想とおいしさに驚くとともに柳刃の生きざまから何かを学び、成長していく姿を描く。各話で柳刃が披露する至高のレシピが見どころの一つで、深夜に食欲を刺激する“夜食テロ”が炸裂する。


2016年夏、木曜ドラマ『営業部長 吉良奈津子』

kage

2016/09/22 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★7月21日スタート 

フジテレビ系 木曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:09)

 営業部長 吉良奈津子

Arika注目1h産後、職場復帰した女性が、仕事と家事を両立させるために奮闘する姿を描く!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:井上由美子/演出:河毛俊作/プロデューサー:牧野正/プロデューサー:三竿玲子/プロデューサー:金城綾香
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
吉良奈津子(松嶋菜々子)
業界大手の広告代理店「東邦広告」の元売れっ子クリエイティブディレクター。40歳手前で結婚し、出産・育児休暇を経て3年ぶりに職場復帰したが、会社の業績悪化や人の入れ替わりなどで状況は一変し、クリエイティブ局でなく、営業開発部に配属される。さらに、家庭と仕事の両立に悩む。

高木啓介(松田龍平)
「東邦広告」クリエイティブ局勤務の、優秀なクリエイティブディレクター。新人時代に、当時クリエイティブディレクターだった奈津子の下で担当した“ある仕事”で、辛酸をなめさせられた過去がある。そのため、成長した姿を奈津子に見せつけたいと思っている。

一条達哉(DAIGO)
「東邦広告」に中途採用された営業開発部所属の優秀な営業マン。部内で異彩を放ち、他の部員と必要以上にはつるまないクールな性格。合理主義な上に無駄が嫌いで、極力物を持たない“ミニマリスト”でもある。

坂部深雪(伊藤歩)
奈津子が雇ったベビーシッター。円満だった奈津子と浩太郎の夫婦仲を壊していく。

米田利雄(板尾創路)
「東邦広告」営業開発部の副部長。自分よりも出世した奈津子のことを疎ましく思っていて、いつも不機嫌。

斎藤良一(石丸幹二)
「東邦広告」営業局の常務。奈津子を買っていたように見えたが、会社復帰した奈津子をゆかりのない営業開発部部長という管理職に就かせる。

小山浩太郎(原田泰造)
奈津子の夫。「拝島建設」の都市開発部に勤務するサラリーマン。30代後半のころに奈津子と出会い、3年前に結婚した。仕事と家庭の両立に奮闘する妻を献身的に支えようとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松嶋菜々子が3年ぶりの連続ドラマ主演。産後復帰した働く女性の奮闘を描く! 
大手広告代理店の売れっ子クリエイティブディレクターだった主人公が、40歳手前で結婚し、出産と育児休暇を経て3年ぶりに職場復帰したことをきっかけに、多くの問題に正面から向き合いながら、仕事と家庭を両立させるため奮闘する姿を描く。主人公の吉良奈津子を演じるのは、「救命病棟24時 第5シリーズ」(同系)以来3年ぶりの連続ドラマ主演となる松嶋菜々子。その奈津子のかつての部下である、若手クリエイティブディレクター・高木啓介役を松田龍平が務める。脚本は、社会現象を巻き起こした「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(同系)で主婦の本音をリアルに描き、女性の共感を得た井上由美子が手掛ける。


2016年夏、木曜ドラマ『遺産相続弁護士 柿崎真一』

kage

2016/09/22 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★7月7日スタート 

日本テレビ系 木曜 午後11:59~深夜0:54

 遺産相続弁護士 柿崎真一

Arika注目1h遺産相続をめぐるトラブルを型破りな方法で解決していく人間模様!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:林誠人/演出:白川士/プロデューサー:中村泰規/プロデューサー:田中雅博

主題歌:出雲咲乃「世界のしかけ」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
柿崎真一(三上博史)
遺産相続案件を専門に扱うワケあり弁護士。金もうけが大好きで、案件解決の手段も型破りなものだが、「遺産に隠された本当の価値」を探り出してきちんと金に換え、そのおこぼれに預かることをポリシーとしている。金を使うのも大好きで、弁護士にも関わらず闇金に多額の借金がある。2度の離婚歴があり、現在は独身。美樹とは付かず離れずの大人の関係だが、ほれてはいない。「安らかにお休みください」が口ぐせ。

丸井華(森川葵)
柿崎法律事務所に勤める新米弁護士。ギリギリの経済状況下で育ったため人一倍、金への執着心が強い。弁護士になったのも金のためで、金のためならボスの柿崎も平気で裏切る。司法試験の問題作成を担当した教授をたらし込み、問題を横流ししてもらって合格したといううわさがある。

水谷美樹(酒井若菜)
セレブを相手にした歯科医院を営んでいる美人歯科医。柿崎のガールフレンドだが、それは患者たちの遺産を手に入れるため。さまざまな資格を有する才女で、歯科医院以外にも多角的な経営をしている。

河原井正(豊原功補)
闇金会社の社長で、とある組織の若頭。社会的弱者には優しく接するが、自社から金を借りている柿崎が成功報酬を手にすると、容赦なく全額回収していく。名字の読み方は「かわらい」だが、柿崎や華からは「かばらい」と呼ばれている。柿崎とは過去に因縁がある様子。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
三上博史がワケありの弁護士役で主演! 遺産相続をテーマにしたヒューマンドラマ! 
三上博史が遺産相続を専門とするワケあり弁護士役で主演を務めるヒューマンドラマ。三上が演じるのは、変わり種の弁護士・柿崎真一。「遺産の価値は“金”」が持論で、相談者から持ち込まれた案件を常識やモラル、規制を超えて決着に導く。その一方で、「故人の財産だけでなく、“思い”を残された人たちへつないでいく」をモットーとするなど、人間くさい一面も持ち合わせている。ドラマでは、そんな柿崎が財産をめぐる骨肉の争いをとんでもない形で解決していくさまを、硬軟織り交ぜて描いていく。共演は森川葵、酒井若菜、豊原功補ほか。


2016年夏、火曜ドラマ『闇金ウシジマくん Season3』

kage

2016/09/20 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★7月19日スタート 

TBSほか 火曜 深夜1:28~深夜1:58

 闇金ウシジマくん Season3

Arika注目1hウシジマくん最終章!崖っぷち人間のリアル
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:真鍋昌平「闇金ウシジマくん」(小学館)/脚本:福間正浩/演出:山口雅俊/演出:川村泰祐/プロデューサー:山口雅俊

主題歌:鴉「巣立ち」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
丑嶋馨(山田孝之)
ヤミ金「カウカウファイナンス」社長。冷静沈着、冷酷非道で、返済の滞った債務者を徹底的に追い詰める。

戌亥(綾野剛)
情報屋。丑嶋の幼なじみとして彼を助ける。

上原まゆみ(光宗薫)
女性向け雑誌の編集者。フリーターの彼氏や親の干渉に不満を抱き、ある占い師に心酔する。

神堂大道(中村倫也)
優しい言葉でまゆみに近づく謎の男。

高田(崎本大海)
「カウカウファイナンス」の社員。元ホストのイケメンで、ヤミ金界のプリンス。

柄崎(やべきょうすけ)
「カウカウファイナンス」のナンバー2。丑嶋の片腕的な存在。

小瀬章 - 本多力
結城美奈 - 佐々木心音
結城恵美子 - 倖田李梨
上原みゆき - 今野鮎莉
川崎 - ムートン伊藤
テルミ - 卯水咲流
柏木 - 大塩ゴウ
丸山 - 平田実
希々空 - 小瀬田麻由
JP - 福山翔大
勅使河原 - 三田真央
上原重則 - 名倉右喬
上原広子 - 武藤令子
カズヤ - 板橋駿谷
橋本 - ジェントル
飯野 - 野澤剣人
トーキー - 水間ロン
スキッパー - 中島弘輝
葉山朋子 - 希崎ジェシカ
ジュリア - 佐々木麻衣
峠のやまびこ代表・丸井 - 西洋亮
K - 金田誠一郎
ニューリッチ - 川口覚、酒井貴浩、紺野ふくた、大野ミツル
犀原茜 - 高橋メアリージュン
村井 - マキタスポーツ

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
山田孝之主演のヤミ金ドラマ、原作漫画の中で“最も危険なエピソード”を実写化! 
真鍋昌平の漫画「闇金ウシジマくん」を原作に、ヤミ金「カウカウファイナンス」社長の丑嶋馨とその客たちの人間模様を赤裸々に描いた、山田孝之主演の人気シリーズ第3弾。今作では、原作漫画の中で最も危険なエピソードとされる「洗脳くん編」を基に、甘い言葉で女性に近づき食い物にする神堂大道(中村倫也)が、出版社に勤務する上原まゆみ(光宗薫)をマインドコントロールしていくストーリーなどを描く。今秋には、「闇金ウシジマくん Part3」「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」と続編映画2作が公開されることも決まっており、人気シリーズがついに完結する。


2016年夏、火曜ドラマ『せいせいするほど、愛してる』

kage

2016/09/20 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★7月12日スタート 

TBS系 火曜 午後10:00~午後10:54

 せいせいするほど、愛してる

Arika注目1h武井咲&滝沢秀明の危険な恋!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:北川みゆき「せいせいするほど、愛してる」(小学館)/脚本:李正美/脚本:渡邉真子/脚本:井上聖司/演出:石井康晴/プロデューサー:伊與田英徳/プロデューサー:飯田和孝
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
栗原未亜(武井咲)
仕事が生きがいの企業で働く広報部員。研修で広報部に来た副社長・三好海里の教育係となり、行動を共にする。やがて海里が既婚者と知りながらも惹かれてしまう。

三好海里(滝沢秀明)
未亜が勤める会社の副社長。広報部で研修することになり、未亜と行動を共にする。奮闘する未亜に、時に厳しく接し、時に優しく見守る。隠された過去がある。

宮沢綾(中村蒼)
ライバル会社の広報マン。未亜に思いを寄せ、海里の恋敵となる。

真咲あかり(水沢エレナ)
未亜のルームシェア仲間。出版社に勤務している。恋愛には奥手。

美山千明(トリンドル玲奈)
未亜のルームシェア仲間のモデル。恋愛に奔放で独占欲が強い。

久野淳志(中村隼人)
証券会社に勤める新人小説家。あかりに才能を見いだされ、新人賞を受賞する。あかりと絆を深める一方で、千明とも特別な関係になる。

山下陽太(高橋光臣)
未亜の元彼氏。未亜に仕事を辞めてほしいという一方的な提案をし、プロポーズするが断られてしまい、ストーカー化する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
武井咲と滝沢秀明が“せいせいするほど”ひたむきな、大人の恋愛ドラマに挑む! 
北川みゆきの同名漫画を原作に、企業の広報部で働く主人公とその会社の副社長との禁断の恋を描く大人の純愛ドラマ。主人公の栗原未亜を武井咲が、未亜が恋に落ちる相手で既婚者の三好海里を滝沢秀明が演じる。そのほか、ライバル会社の敏腕広報マンで海里の恋敵となる宮沢綾に中村蒼、未亜のルームシェア仲間で恋愛に奥手な真咲あかりを水沢エレナ、恋に奔放なモデルの美山千明をトリンドル玲奈、証券マンで小説家の久野淳志を人気若手歌舞伎俳優の中村隼人が演じるなど、個性豊かな面々が登場。禁断の恋愛とともに“大人の群像劇”を繰り広げる。


2016年夏、月曜ドラマ『好きな人がいること』

kage

2016/09/19 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★7月11日スタート 

フジテレビ系 月曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:09)

 好きな人がいること

Arika注目1h不思議な4角関係が織り成す胸キュン・ラブコメ!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:桑村さや香/演出:金井紘/演出:田中亮/演出:森脇智延/プロデューサー:藤野良太

主題歌:JY「好きな人がいること」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
櫻井美咲(桐谷美玲)
27歳のパティシエ。独立の夢を抱き日々仕事にまい進してきたため、恋愛はご無沙汰で、この4年間キスの一つもしていない。仕事をクビになり、転職活動もうまくいかない中、初恋の人・千秋に誘われ、彼が経営する海辺のレストランで住み込みで働くことに。

柴崎夏向(山崎賢人)
柴崎家の次男。レストランを支えるクールな天才シェフ。美咲のことをパティシエと認めず、嫌味や皮肉ばかり言う。

柴崎千秋(三浦翔平)
柴崎家の長男で、レストランの経営者。いつも優しく、包容力があって紳士的。美咲の高校時代の初恋の人。

柴崎冬真(野村周平)
柴崎家の三男。シェフを目指して学校に通っている。おしゃべりでお調子者のプレーボーイ。

高月楓(菜々緒)
ボストン帰りのピアニストで、千秋の大学時代の同級生。心優しき大人の女性。千秋とはただの友達だと言っているが…。

東村了(吉田鋼太郎)
飲食業界のカリスマ的存在。全国展開の巨大外食チェーン企業を経営している。千秋ら兄弟が経営するレストランの買収計画をもくろむ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
桐谷美玲が月9初主演。夏のビーチが舞台の胸キュンラブコメディー! 
海辺のレストランを舞台に、ケーキ作りに人生を捧げキスの仕方も忘れるほど恋愛にご無沙汰だったヒロインが、イケメン3兄弟と一つ屋根の下で暮らしながら四角関係の恋愛模様を繰り広げるロマンチック・ラブコメディー。ヒロインの櫻井美咲を月9初主演の桐谷美玲が務め、3兄弟の次男で、美咲をパティシエと認めようとしないシェフ・柴崎夏向に月9初出演となる山崎賢人が扮する。美咲の初恋相手である長男・千秋を三浦翔平、末っ子でお調子者のプレーボーイ・冬真を野村周平が演じ、ほかに菜々緒、吉田鋼太郎らが脇を固める。脚本は、昨年夏の月9「恋仲」(同系)も担当した桑村さや香が手掛ける。

2016年夏、日曜ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』

kage

2016/09/18 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★7月17日スタート 

フジテレビ系 日曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:24)

 HOPE~期待ゼロの新入社員~

Arika注目1h夢に挫折したダメ新入社員の奮闘記!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:「ミセン‐未生‐」/脚本:徳永友一/演出:河野圭太/演出:城宝秀則/プロデューサー:高丸雅隆

主題歌:スピッツ 「コメット」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
一ノ瀬歩(中島裕翔)
幼いころからの囲碁のプロ棋士になるという夢が挫折し、総合商社「与一物産」の営業3課で働くことに。学歴も社会人経験もなく、周囲からの期待はゼロ。しかし、囲碁で鍛えた記憶力と洞察力と、ひたむきな努力を武器に、懸命に組織の一員になろうとする。

織田勇仁(遠藤憲一)
「与一物産」営業3課の課長。こわもてだが、部下思いの理想の上司。仕事は優秀ながら、上にこびず社内政治に無頓着なため、同期に比べて出世が遅れている。一ノ瀬のひたむきな姿を見て、次第に大切なチームの一員として受け入れていく。

桐明真司(瀬戸康史)
一ノ瀬の同期。学歴もプライドも高く、上昇志向の強い性格。採用試験では非常に優秀な成績を修めた。採用後は鉄鋼2課に配属されるも、単調で地味な業務しか与えられず、自分のやるべき仕事ではないと苦悩する。

香月あかね(山本美月)
一ノ瀬の同期。優秀で美しいが気どることがなく、誰とでも公平に接することができる性格。採用後は資源2課に配属され、男性社員からセクハラやパワハラを受けることになる。

人見将吾(桐山照史)
一ノ瀬の同期。お調子者で愛想がいいムードメーカーで、社内の情報通。採用後は希望していた繊維1課に配属される。自分の仕事を部下にやらせて手柄は横取りし、失敗すれば部下のせいにするという、とんでもない上司の下で働くことになり、怒りを募らせていく。

安芸公介(山内圭哉)
一ノ瀬と同じ営業3課の主任。お人好しで、一ノ瀬の良き理解者。先輩からのイジメで退社を考えていた入社当時に、織田に救われた経験から彼への恩義を感じ、むちゃな案件も必死に取り組む。しかし、会社的には厄介者である織田の部下として、冷たい目で見られている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
Hey! Say! JUMP・中島裕翔主演で、韓国で社会現象を起こしたドラマをリメーク! 
2014年に韓国のケーブルテレビ局で放送され、社会現象を巻き起こした連続ドラマ「ミセン‐未生‐」が原作のヒューマンドラマ。舞台を日本に置き換え、ひたむきに働く主人公たちの姿を、イジメやセクハラ、社内不正、非正規雇用といった問題と共に描く。囲碁のプロ棋士という夢に破れ、訳あって総合商社で働くことになる、学歴も社会人経験もない主人公の一ノ瀬歩を、ゴールデンタイム放送の連続ドラマ単独初主演となるHey! Say! JUMPの中島裕翔が務める。共演は遠藤憲一、瀬戸康史、山本美月、桐山照史、山内圭哉ら。脚本は「水球ヤンキース」「探偵の探偵」(ともに同系)の徳永友一が手掛ける。


2016年夏、木曜ドラマ『はじめまして、愛しています。』

kage

2016/09/15 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★7月14日スタート 

テレビ朝日系 木曜 午後9:00~午後9:54

 はじめまして、愛しています。

Arika注目1h子供のいない夫婦が、
特別養子縁組に迎えた子供と”本当の家族”を目指すホームドラマ!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:遊川和彦/監督:片山修/監督:日暮謙/プロデューサー:黒田徹也/プロデューサー:山田兼司/プロデューサー:太田雅晴
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
梅田美奈(尾野真千子)
世界的に有名な指揮者を父に持つピアニスト。10年前に結婚し、自宅で子ども向けのピアノ教室を開きながら国際コンクールでの入賞を目指しているが、現在49連敗中。理想とかけ離れた現実に思い悩む日々を送っている。

梅田信次(江口洋介)
美奈の夫。不動産管理会社に勤めている。極度のお人好しで損することもしばしばだが、性格をあらためる考えは全くない。また、全ての出会いや出来事には意味があると考えている。美奈と美奈の弾くピアノを心から愛しているが、実はそんな彼女にも打ち明けていない家族の秘密を抱えている。

梅田巧(速水もこみち)
信次の弟。37歳になった今でも定職に就かず、自堕落な生活を送っている。常に女性関係のトラブルに巻き込まれているどうしようもないダメ人間だが、どこか愛きょうがあり、憎めない。結婚や家族制度には意味がないと考えており、生涯独身を決め込んでいる。

不破春代(坂井真紀)
信次の妹。8歳の娘がいるが過干渉で、娘に依存しながら生きている。夫に興味はない。人に取り付くのがうまく、いいように美奈を利用しておきながら、血のつながらない子供を養子にしようとする彼女に優越感を抱く。

堂本真知(余貴美子)
児童相談所のベテラン職員。児童福祉司の資格を持っており、梅田夫妻が男の子を養子として引き取れるかどうかの審判を下す立場にある。本心が分からない不気味さを漂わせているが、全ての言動の裏には彼女なりの意図がある。

追川真美(藤竜也)
美奈の父。世界的に有名な指揮者。音楽に対する情熱は常軌を逸しており、家庭を顧みないばかりか、社会常識も欠如している。娘の美奈とも親子とは思えぬ距離を置き、信次のことは名前すら覚えていない。音楽で唯一、父娘はつなぎとめられていたが、その呪縛は今も美奈を苦しめている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
尾野真千子と遊川和彦が初タッグ。
特別養子縁組制度をテーマにしたホームドラマ! 

奇才・遊川和彦が脚本を手掛ける、特別養子縁組制度をテーマにした意欲作。主人公のピアニスト・梅田美奈を尾野真千子、その夫・信次を江口洋介が演じる。題材となる特別養子縁組は日本で唯一、血のつながらない他人同士が本当の家族として認められる実在の戸籍制度。対象となる子供の年齢は6歳までで、親になることを望む夫婦には6カ月以上に及ぶ試験期間が課せられ、さまざまな条件を審査される。ドラマでは、尾野と江口演じる夫婦が、同制度を利用して実の親に捨てられた男の子の親になることを決断し、“本当の家族”になろうと奮闘する6カ月の物語を、時にシビアに、時にコミカルに描いていく。


2016年夏、水曜ドラマ『家売るオンナ』

kage

2016/09/14 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★7月13日スタート 

日本テレビ系 水曜 午後10:00~午後11:00(初回は午後10:00~午後11:10)

 家売るオンナ

Arika注目1h不動産会社のスーパー営業ウーマンが、
常識破りの方法で家を売りまくり、顧客家族のさまざまな問題を解決していく!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:大石静/演出:猪股隆一/演出:佐久間紀佳/プロデューサー:伊藤響/プロデューサー:小田玲奈

主題歌:GReeeeN「beautiful days」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
三軒家万智(北川景子)
「テーコー不動産」新宿営業所・売買仲介営業課のチーフ。数々の謎をまとい、誰にも媚びず、独特の人生哲学で家を売りまくるスーパー営業ウーマン。客のさまざまな問題を解決し、その結果として家も売る。強引なやり方に見えるが、客の「どんな家が欲しいか」ではなく、「どう生きたいか」を見抜いている。類まれな美貌の持ち主だが、独身。

庭野聖司(工藤阿須加)
「テーコー不動産」新宿営業所・売買仲介営業課の若手営業マン。万智と行動を共にする相棒に抜てきされ、いいように使われるが、めげずについて行く真っすぐな青年。型破りな万智に恐怖を抱くが、やがてその心境に変化が現れる。

足立聡(千葉雄大)
「テーコー不動産」新宿営業所・売買仲介営業課のエリート営業マン。甘いマスクとアイドル的な“神対応”で家を売る人たらし。

白洲美加(イモトアヤコ)
「テーコー不動産」新宿営業所・売買仲介営業課の新人営業ウーマン。いまだに売り上げゼロだが、努力を嫌っている。今までの仕事も長続きせず、今の職場に流れ着いたが、そんな生ぬるい人間性を万智に見抜かれ、しごきの対象となる。

屋代大(仲村トオル)
「テーコー不動産」新宿営業所・売買仲介営業課の課長。多くの顧客を抱える“デキる”営業マンだが、出世願望が強く、コンプライアンスを重視する社の方針に忠実。よって型破りな万智の手法には立腹するが、彼女が次々と家を売ってくるため辞めさせられない。バツイチ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
北川景子が独特な人生哲学をもとに家を売りまくるスーパー営業ウーマンに!! 
北川景子が不動産会社のスーパー営業ウーマンに扮する異色のお仕事ドラマ。脚本は大河ドラマ「功名が辻」や「セカンドバージン」シリーズ(ともにNHK)などを手掛けた大石静が担当する。北川が演じるのは、客にとって人生最大の買い物である「家」を次から次へと売っていく営業の天才・三軒家万智。その方法は極めて独特で、客とその家族が抱える問題に首を突っ込み、あらゆる手段を使って解決することで必ず家を売っていく。波瀾万丈な人生を歩んできた万智の独特な人生哲学が、既成の価値観に縛られた客たちの心を解き放っていくさまが痛快に描かれる。共演は工藤阿須加、千葉雄大、イモトアヤコ、仲村トオルほか。

2016年夏、水曜ドラマ『死幣』

kage

2016/09/14 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★7月13日スタート 

TBSほか 水曜 深夜0:10~午後0:40


 死幣

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:吉田海輝/演出:渡瀬暁彦/演出:川嶋龍太郎/演出:東仲恵吾/プロデューサー:伊藤雄介/プロデューサー:植田春菜

主題歌:SKE48「金の愛、銀の愛」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
南由夏(松井珠理奈)
経済学部の大学1年生。他人の死が見える第六感を持ち、妹の小夢だけに明かしている。“死幣”を使う友人の死を目撃したことをきっかけに、事件に巻き込まれる。

若本猛(戸次重幸)
正義感あふれる刑事。由夏のゼミ仲間・郁美の変死事件を担当したことをきっかけに、由夏と共に“死幣”の謎を追う。

財津太一郎(筧利夫)
国際経済学の教授。由夏のゼミの指導教授で、ひょうひょうとしたつかみどころのない男。独自に“死幣”について調査している。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
SKE48松井珠理奈が第六感を持つ女子大生役で怪事件を追う本格ホラーサスペンス! 
呪われた一万円札“死幣”の謎を追う本格ホラーサスペンス。他人の死が見える第六感を持つ女子大生・南由夏をSKE48の松井珠理奈が演じ、連続ドラマ初主演を果たす。連続怪死事件に疑問を持ち、由夏と共にその謎を追う正義感あふれる刑事・若本猛に戸次重幸が、また、由夏が通うゼミの教授・財津太一郎に筧利夫、財津ゼミ生として葉山奨之、中村ゆりか、西田麻衣、白洲迅、山田裕貴、吉岡里帆ら若手俳優が共演する。お金に翻ろうされ、お金に苦しめられる人たちを通して、現代社会の本当の恐怖を皮肉たっぷりにあぶり出す。



2016年夏、水曜ドラマ『刑事7人』

kage

2016/09/14 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★7月13日スタート 

テレビ朝日系 水曜 午後9:00~午後9:54

 刑事7人

Arika注目1h刑事・天樹の活躍が再び!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:真野勝成/脚本:大石哲也/脚本:八津弘幸/脚本:森下直/監督:長谷川康/監督:及川拓郎/監督:新村良二/プロデューサー:内山聖子/プロデューサー:三輪祐見子/プロデューサー:和佐野健一
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
天樹悠(東山紀之)
警視庁機動捜査隊の一員。一見、朗らかで人懐こいが全く空気を読めず、協調性もないため勝手に単独行動を取ることもしばしば。メンツにこだわる捜査一課からは煙たがられ、機動捜査隊内ではスタンドプレーは禁止されているため、「警視庁で唯一単独捜査を許された捜査官」という特殊なポジションにある。

沙村康介(高嶋政宏)
警視庁捜査一課12係の刑事を経て、同部署の係長に就任。正義感の強い熱血漢で、以前は少々乱暴な物言いも目立ったが、“長”になったことで言葉使いが丁寧になった。一刑事としては元来の行動力を発揮し、天樹との連携で機敏な初動捜査を行う。

山下巧(片岡愛之助)
警視庁捜査一課12係の刑事を経て、未来犯罪予測センターというたった1人の部署に配属された。「私は警視庁を滅ぼす力がある」と放言する危険人物だが、警察システムの脆弱性を知り抜いた最強のホワイトハッカーでもある。天樹や12係は犯人のみならず警察内部との情報戦を有利に進めるため、山下をうまく利用しようと考えている。

永沢圭太(鈴木浩介)
警視庁捜査一課12係の刑事。7人の中で唯一空気を読める男だが、プライドも低く、感情なく効果的にお世辞を言ったり、謝ることができる。自分の出世はあきらめているが、仲間たちの特徴や能力を完璧に把握しており、ボヤきながらも淡々とサポートに徹する。


水田環(倉科カナ)
警視庁捜査一課12係の刑事。12係が窓際部署と認識しつつも、刑事として可能な限り捜査に参加したいという思いを抱いている。帰国子女で、組織での無駄なあつれきを避けるようにクールな立ち振る舞いをしているが、細かな証拠を足を使って地道に調べ上げるなど、クラシカルで職人肌な一面を持つ。

片桐正敏(吉田鋼太郎)
警視庁捜査一課12係の係長を経て、刑事総務課の課長に昇進。出世とは無縁と思われていたこの男の異例の抜てきは多くの憶測を呼んでおり、以前よりはるかに謎の人物となっている。実は、天樹や山下の配属も片桐の采配によるものだが、その真の目的は不明。

堂本俊太郎(北大路欣也)
殺人事件が発生した際の司法解剖を受け持つ東都大学医学部の法医学教室教授で、天樹の亡き妻の父。法医学に関するずば抜けた知識と経験のみならず、日本の検死制度のシステム上の問題についても熟知しており、そこから起こりうる不作為やミス、隠ぺい工作の可能性についても目を光らせている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
東山紀之演じる風変わりな刑事が帰ってきた! 最強の仲間と凶悪犯罪に立ち向かう! 
東山紀之演じる天樹悠ら、個性的な刑事たちの活躍を描く刑事ドラマの第2シリーズ。昨年に放送された第1弾では、物や事象への執着が強く空気が読めない天樹ら、風変りだが愛すべきパーソナリティーを持った警視庁捜査一課12係の刑事ら7人が、ぶつかり合いながらもそれぞれの得意分野を生かして事件を解決に導いていく鮮やかさが好評を博した。今回は、「機動捜査隊」に移った天樹が、今はそれぞれの異動先で本領を発揮しているかつての12係の面々らと手を組み、警視庁最強の「別動捜査隊」を結成。数々の凶悪犯罪に立ち向かっていく。高嶋政宏、片岡愛之助、鈴木浩介、倉科カナ、吉田鋼太郎、北大路欣也らメーンキャストは今作も健在。


2016年夏、日曜ドラマ『そして、誰もいなくなった』

kage

2016/09/11 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★7月17日スタート 

日本テレビ系 日曜 午後10:30~午後11:25(初回は午後10:00~午後11:25)

 そして、誰もいなくなった

Arika注目1h偽者に人生を”乗っ取られる”サスペンス!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:秦建日子/演出:佐藤東弥/プロデューサー:伊藤響/プロデューサー:鈴木亜希乃/プロデューサー:渡邉浩仁/プロデューサー:鈴木香織/プロデューサー:八木欣也

主題歌:クリープハイプ「鬼」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
藤堂新一(藤原竜也)
大手コンピューターシステム開発会社の優秀なシステム開発の研究員。幼いころに父が亡くなり、母・万紀子に女手一つで育てられた。仕事も恋も順調で何一つ不満のない毎日を送っていたが、同姓同名の男が婦女暴行容疑で逮捕されたことが発覚し、それをきっかけに人々に陥れられ、人生が崩壊していく。

小山内保(玉山鉄二)
新一の大学時代のゼミ仲間で、今でも一番の親友。総務省のキャリア官僚で、腐敗したこの世の中を変えたいという気持ちを強く持っている。新一のピンチにいち早く気付き、自らの立場が危険になる場合でも救いの手を差し伸べるが、その温厚な顔の裏にもう一つの顔が隠されている。

倉元早苗(二階堂ふみ)
新一の婚約者。仕事も容姿も完璧な新一との結婚にこぎつけ幸せの絶頂だったが、不可解な事件に巻き込まれて変わっていく新一に対して、次第に不信感を募らせる。

日下瑛治(伊野尾慧)
新一が会社帰りによく立ち寄る、行きつけのバー「KING」のバーテンダー。甘いマスクと柔らかい物腰で、客をイメージして作るオリジナルカクテルは絶品。彼目当ての女性客も多い。カクテルのおいしさも手伝って、客の心に自然と入り込む不思議な魅力を持っている。自身のプライベートは謎に包まれている。

藤堂万紀子(黒木瞳)
女手一つで新一を育てた心優しい母。かつては看護師をしており、看護師長を務めるなどキャリアも積んでいたが、ある事件に巻き込まれ引退を余儀なくされた。新一を心から信用する一方、時折、何か怪しさを含んだ表情を見せる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
藤原竜也が何者かに人生を乗っ取られる!? 先が読めない衝撃のサスペンス! 
何者かに人生を乗っ取られた主人公を藤原竜也が熱演する、予測不能のサスペンスドラマ。順風満帆な人生を送っていたエリートサラリーマン・藤堂新一(藤原)は、ある日、同姓同名の男が逮捕されたことから全ての歯車が一気に狂い始め、疑心暗鬼のスパイラルが巻き起こる。突如現れた偽者に人生を丸ごと乗っ取られた新一に、不可解な事件が次々と襲い掛かる。裏切りが連鎖する絶望的状況の中、新一は正体不明の敵に懸命に立ち向かっていく。新一の親友でありながら、怪しげな裏の顔を持つ小山内保を玉山鉄二、女手一つで新一を育てた心優しい母・万紀子を黒木瞳が演じる。



2016年夏、日曜ドラマ『仰げば尊し』

kage

2016/09/11 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★7月17日スタート 

TBS系 日曜 午後9:00~午後10:00(初回は午後9:00~午後10:19)

 仰げば尊し

Arika注目1h元音楽家と問題児たちの物語!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原案:石川高子「ブラバンキッズ・ラプソディー」「ブラバンキッズ・オデッセイ」(三五館)/脚本:いずみ吉紘/演出:平川雄一朗/演出:吉田健/演出:福田亮介/プロデューサー:佐藤善宏/プロデューサー:大西孝幸
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
樋熊迎一(寺尾聰)
オーケストラの元サックス奏者。事故の後遺症で思うように演奏ができなくなり、自宅で音楽教室を開く。美崎高校の小田桐校長に誘われ、吹奏楽部の指導を引き受ける。

樋熊奈津紀(多部未華子)
迎一の一人娘。父親に似て気が強く、しっかり者。荒れた美崎高校の吹奏楽部指導を引き受けた父に文句を言いながらも、心配し、支えようとする。

木藤良蓮(真剣佑)
美崎高校3年生。不良グループの一員で、物事を客観的に見つめる冷静沈着な生徒。樋熊との出会いで、自分の気持ちを徐々に出していく。

青島裕人(村上虹郎)
美崎高校3年生。不良グループのリーダー。木藤良、安保、高杢、桑田とバンドを組んでいたが、演奏中の乱闘で左手にけがを負い、ギターが演奏できない。

有馬渚(石井杏奈)
美崎高校3年生。吹奏楽部のリーダー的存在。明るく社交的な努力家。木藤良、青島と同じ中学校出身で、ずっと気にかけている。

安保圭太(北村匠海)
美崎高校3年生。不良グループの一員。正直な性格で、ギターが演奏できなくなった青島を気遣う。

高杢金也(太賀)
美崎高校3年生。不良グループの一員。ムードメーカー的な存在でおバカキャラ。

桑田勇治(佐野岳)
美崎高校3年生。不良グループの一員。表面上は軽いが、実は熱いハートの持ち主。オシャレ番長的な存在。

小田桐寛治(石坂浩二)
美崎高校校長。温厚な性格の持ち主で、樋熊の良き理解者。暴力事件が頻発する学校を救いたいと思っている矢先に樋熊と出会い、吹奏楽部の顧問を依頼する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
寺尾聰が28年ぶりに出演する日曜劇場で主演。弱小高校吹奏楽部に奇跡を起こす!! 
横浜の弱小高校吹奏楽部を舞台に繰り広げられる感動のヒューマンドラマ。寺尾聰演じる元サックス奏者の樋熊迎一が、荒廃した高校の吹奏楽部の顧問となり、問題児らと向き合いながら、“音楽の甲子園”で全国の頂点を目指す。1980年代に神奈川県立野庭高校で吹奏楽を指導した中澤忠雄の“奇跡の実話”がモチーフ。監督を「とんび」「天皇の料理番」(ともに同系)などを手掛けた平川雄一朗が務め、脚本は、「ROOKIES」「南極大陸」(ともに同系)などで高い評価を得ているいずみ吉紘が担当する。多部未華子が樋熊の娘役で、真剣佑、村上虹郎、石井杏奈、北村匠海、太賀、佐野岳ら若手が共演。石坂浩二が校長役で脇を固める。


2016年夏、土曜ドラマ『土曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 賢者の愛』

kage

2016/09/10 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★8月20日スタート 

WOWOWプライム 土曜 午後10:00~午後11:00

 土曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 賢者の愛

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:山田詠美「賢者の愛」(中央公論新社)/脚本:Sawa/監督:源孝志

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
高中真由子(中山美穂)
出版社で働く敏腕編集者。裕福な家庭で幸せに育ったが、13歳で百合と出会ってから人生を狂わされる。初恋の人・諒一を奪って結婚した百合の息子・直巳を、20年かけて調教。直巳を自分の恋人にすることで、復讐しようとしている。

朝倉/澤村百合(高岡早紀)
13歳の時に高中家の隣りに引っ越してきて、同じ年の真由子と親友になる。しかし、何でも真由子のものを欲しがり、彼女の初恋相手を略奪し結婚。

澤村直巳(竜星涼)
百合と諒一の息子。名付け親である真由子と逢瀬を重ねる。幼少のころから真由子と過ごすことに喜びを感じ、成長してからも依存して彼女を求めている。

澤村諒一(田辺誠一)
売れっ子の作家。真由子の初恋の相手で百合の夫。若いころは、真由子の父に世話になり、高中家の離れで暮らしていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
中山美穂主演の愛憎劇。初恋の人を奪った親友の息子を調教し復讐する女の結末とは?
「ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー」で直木賞を受賞した恋愛小説の名手・山田詠美が、谷崎潤一郎の「痴人の愛」をモチーフに描いた同名小説をドラマ化。初恋の人を奪った親友の息子を、20年もの歳月をかけて自分好みの男に調教していく主人公・高中真由子を中山美穂が演じる。親友への復讐が生きる糧となってしまった主人公と、その周囲の人々との間で繰り広げられる心理描写を軸にした愛憎劇。真由子の親友でありながら彼女の人生を狂わせていく女性・朝倉百合を高岡早紀、その息子で真由子と密接な関係を持つ青年・直巳を竜星涼、真由子の初恋の人・澤村諒一を田辺誠一が演じる。

2016年夏、金曜ドラマ『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』

kage

2016/09/09 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★7月22日スタート 

テレビ朝日系 金曜 午後11:15~深夜0:15

 グ・ラ・メ!~総理の料理番~

Arika注目1h”天才シェフ”が総理大臣の料理番に!!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:西村ミツル「グ・ラ・メ!~大宰相の料理人~」(新潮社)/脚本:菱田シンヤ/演出:常廣丈太/演出:落合正幸/演出:小松隆志/プロデューサー:内山聖子/プロデューサー:中川慎子/プロデューサー:浅井千瑞/プロデューサー:神通勉

主題歌:ケツメイシ「カラーバリエーション」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
一木くるみ(剛力彩芽)
フランス帰りの25歳。料亭で仲居として働いている時に偶然古賀と出会い、“官邸料理人”として総理官邸に入る。歯に衣着せぬ物言いで周囲とのあつれきを生むこともあるが、料理の才覚、直観力、創造力は天才的。

古賀征二(滝藤賢一)
阿藤総理の政務担当総理大臣秘書官。自身が表舞台に立つことはないが、総理官邸と官邸調理場を裏で取り仕切っている。“総理大臣の料理番”復活は、下降気味の支持率を回復させ、阿藤の改革を強引に推し進めようとする古賀の策略でもある。

清沢晴樹(高橋一生)
元ワシントン日本大使館公邸料理人という輝かしい経歴を持つ料理人。総理官邸でも総料理長として君臨していたが、海外研修中に“総理大臣の料理番”としてくるみがやって来たことで、深くプライドを傷つけられる。

立花優子(新川優愛)
東陽テレビ政治部の記者。阿藤政権には批判的な立場を取っている。官邸料理人の必要性にも否定的。

阿藤理子(内藤理沙)
阿藤の娘。両親が離婚して以来、父と2人暮らし。事実上、ファーストレディーという立場で阿藤を支えている。

桜井あすか(松尾幸実)
総理大臣官邸事務所で働く古賀の部下。才色兼備で強い上昇志向の持ち主。

田村友和(三宅弘城)
官邸食堂の料理人。古賀の指名でくるみの面倒を見ることになり、官邸料理人たちの派閥“清沢会”との板挟み状態に陥るが、やがてくるみの才能に惹かれていく。

阿藤一郎(小日向文世)
内閣総理大臣。改革を旗印に国民から熱狂的な人気を得て総理大臣の座に就いたものの、改革は思うように進まず、支持率は急降下。アメリカからも「冷めたスープ」とやゆされている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
剛力彩芽が“総理大臣の料理番”に抜てきされた女性シェフ役に初挑戦!! 
「信長のシェフ」や「大使閣下の料理人」といったグルメ漫画の名作を生み出してきた西村ミツル原作の人気コミック「グ・ラ・メ!~大宰相の料理人~」をドラマ化。吉田茂政権以来、約70年ぶりに復活した総理任命の“官邸料理人”に抜てきされた孤高の天才シェフ・一木くるみを剛力彩芽が演じる。ドラマでは、敵意むき出しで接してくる官邸食堂の料理長やその部下たちとぶつかり合いながらも、くるみがひたすら料理を追求。一皿一皿にメッセージを込めて国家レベルのゲストたちに料理を振る舞い、日本の政治や外交に貢献していく姿が描かれる。滝藤賢一、小日向文世、高橋一生、新川優愛、内藤理沙ら豪華キャストが共演。



2016年夏、金曜ドラマ『BS時代劇 伝七捕物帳』

kage

2016/09/09 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★7月15日スタート 

NHK BSプレミアム 金曜 午後8:00~午後8:43

 BS時代劇 伝七捕物帳

Arika注目1h江戸の悪事を撲滅するため、岡っ引きの伝七が悪を成敗!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:陣出達朗「伝七捕物帳」/脚本:森脇京子/脚本:山本むつみ/演出:吉田啓一郎/演出:山下智彦/演出:宇喜田尚/制作統括:銭谷雅義/制作統括:内堀雄三/制作統括:原林麻奈

主題歌:ももいろクローバーZ「Hanabi」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
黒門町の伝七(中村梅雀)
北町奉行・遠山左衛門尉から直に紫房の十手を預かった、奉行直属の岡っ引き。鋭い推理と得意の十手さばきで悪を懲らしめる。

お俊(田中美佐子)
伝七の恋女房。産婆として忙しく働きながら、伝七の下っ引きである勘太や文治に家族のように接し、面倒を見ている。

がってんの勘太(徳重聡)
伝七の下っ引き。腕っぷしは強いが早飲み込みで、熱意が空回りすることが多い。小春に好意を持っている。

かんざしの文治(上遠野太洸)
伝七の下っ引きで、勘太の弟分。勘太と違って冷静沈着な性格で、女性にもてる。かんざしを飛び道具にする。

小春(原田夏希)
伝七たちが通う食事処「菊乃屋」の看板娘。文治に秘かな思いを寄せている。

米次(石橋蓮司)
お俊の父親。無実の罪を着せられて島流しにされたが、そこで真犯人の名前を聞き復讐に燃える。

遠山左衛門尉(松平健)
江戸北町奉行。弱い者の立場を思いやり、人情味あふれた裁きを下す名奉行。伝七と2人の時はくだけた口調で建前抜きの会話を交わす。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
中村梅雀が父・中村梅之助の当たり役を受け継ぐ名作人情時代劇! 
過去に何度も映画やテレビドラマになった、陣出達朗の同名時代小説シリーズの連続ドラマ化。中村梅之助の当たり役となった黒門町の伝七を、その息子で歌舞伎俳優の中村梅雀が受け継ぎ、鋭い推理と鮮やかな十手さばきで下町にはびこる悪を成敗していくさまを描く。アイドルグループ・ももいろクローバーZが、主題歌「Hanabi」を提供するほか第2話で旗本・橋本家の奥女中として時代劇に初出演することも話題。伝七を岡っ引きへと引き立てた名奉行・遠山左衛門尉に松平健が、伝七の恋女房・お俊に田中美佐子が扮し、ほかにも徳重聡、上遠野太洸、原田夏希、石橋蓮司ら多彩なキャストが脇を固める。