FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

カテゴリ:ドラマ資料 の記事リスト(エントリー順)

海外ドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」 (1985年-1995年|初回放映)

kage

2019/08/08 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

海外ドラマ

★“真のホームズ”と絶賛されたジェレミー・ブレット主演の英国グラナダ版

アーサー・コナン・ドイルの推理小説「シャーロック・ホームズシリーズ」を原作とする、英国グラナダTV製作のテレビドラマである。

主演のジェレミー・ブレットの死により、全原作を映像化できなかったものの、原作を忠実に映像化した本シリーズ。

小説のファンにも受け入れられ、真の「シャーロック・ホームズ」と世界中のホームズファンから絶賛され、定評がある。

 シャーロック・ホームズの冒険

📺日本国内での放送
日本ではNHKにおいて吹き替え版が製作され、1985年から1995年にかけて初回放映、その後何度も再放送された。放送枠の都合上、すべてのエピソードで5分ほどのカットが行われている。このため、ホームズがコカイン依存症であるなど重要なシーンが抜け落ちている。また、後にノーカット版のソフト化が行われた際、カットされたシーンの吹き替えを新たに取り直す必要に迫られることになった。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
オリジナル版
原作:サー・アーサー・コナン・ドイル
製作:マイケル・コックス/ジューン・ウィンダム・デービス
脚本:ジョン・ホークスワース/ジェレミー・ポール/デレク・マーロウ/アラン・プレーター/リチャード・ハリス/トレバー・ボウエン他多数
演出:ポール・アネット/ピーター・ハモンド他多数
音楽:パトリック・ゴワーズ
制作:英グラナダ・テレビジョン

NHK日本語版
翻訳:額田やえ子(「サセックスの吸血鬼」のみ宇津木道子)
演出:蕨南勝之
制作:テレシス

E13-b043.gif
外部サイト
シャーロック・ホームズの冒険データベース
シャーロック・ホームズの冒険 | AXNミステリー
シリーズ最高傑作『シャーロック・ホームズの冒険』の秘密を紐解く!


スポンサーサイト



地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子DX(2017年9月20日スペシャル放送!)

kage

2017/09/20 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★2017年9月20日スペシャル放送! 

日本テレビ系 水曜 午後9:00~

 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子DX

Arika注目1h地味にスゴイ!がスペシャルドラマで復活!

日テレで、2017年秋にSPドラマで放送される【地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子DX】。

2016年秋に連ドラで放送された、地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子がSPドラマで待望の復活を果たします!

ドラマで恋人役として話題になった、石原さとみ・菅田将暉の2人がSPドラマでも勿論再共演です!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:宮木あや子「校閲ガール」シリーズ(KADOKAWA・角川文庫)
脚本:中谷まゆみ
チーフプロデューサー:西 憲彦
プロデューサー:小田玲奈/森 雅弘/ 岡田和則(光和インターナショナル)
演出:佐藤東弥
制作協力:光和インターナショナル
製作著作:日本テレビ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
河野悦子〔29〕(石原さとみ)オシャレが大好き。ファッション誌の編集者。

折原幸人〔24〕(菅田将暉)…幸人は悦子の恋人。是永是之(これながこれゆき)は作家名。

ゲスト
二階堂 凛(木村佳乃)…景凡社のファッション誌「Lassy」新編集長!
廃刊寸前のLassyを立て直すために現れた厳しく合理的な女性。これまでも数々の雑誌を立て直しては去っていった、通称“渡り鳥”。

橘 花恋(佐野ひなこ)…幸人の新しい担当編集者
元々ファンだった幸人の担当者になれたことが嬉しくて、まるで世話係のように至れり尽くせり。

----------------------------------------------------------------------------------------
■イントロダクション
----------------------------------------------------------------------------------------
やっと叶ったファッション誌編集者の夢!

でも本当にやりたいことじゃなかった? 

まさか、私の天職は…校閲⁉

―――悦子が校閲部から念願の「Lassy」編集部へ移動して1年。

幸人との関係も順調で充実した毎日を送っていた―――

そんな中、
「Lassy」にスゴ腕の新編集長がやってくる!

創刊当時からのベテランスタッフのクビを切るなど
編集長の冷酷なやり方に悦子は猛反発!

校閲の存在をバカにされ編集部を追い出される始末

さらに!
幸夫の新しい担当編集者(若くて可愛い♡)に胸騒ぎ…

仕事に恋に大ピンチの悦子、一体どうする!?


----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
石原さとみ演じる“校閲ガール”が破天荒に大暴れするお仕事ドラマ、再び! 
2016年秋に連ドラで放送された、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』が2017年秋にSPドラマで復活することが決まりました。連ドラで気になっていた内容がSPドラマで分かるようなので、視聴者もスッキリすること間違いないでしょう。もちろん!主役の石原さとみさんのファッションにも注目です。SPドラマでは、31ポーズのコーディネートが見られるそうです。新しいゲストを迎え、更に豪華になったSPドラマを是非お見逃しなく!

猫弁と透明人間(2013年4月22日(1回/114分))

kage

2013/04/22 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★放送期間:2013年4月22日21:00 - 22:54(1回/114分) 

TBS「月曜ゴールデン」枠 

 猫弁と透明人間

猫弁と透明人間【TBSオンデマンド】/作者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作 - 大山淳子『猫弁〜天才百瀬とやっかいな依頼人たち〜』『猫弁と透明人間』(講談社刊)
脚本 - 大山淳子
音楽 - 横山克
演出 - 北川雅一
音楽監修 - 甲斐よしひろ
演出補 - 山崎統司
選曲 - 近藤隆史
第2作協力スタッフ 劇中引用台詞 - 『どついたるねん』(脚本・監督:阪本順治)
 ┣アニメーション監督 - 長濱博史
 ┣アニメーションプロデューサー - 大竹秀和
 ┣アニメーションラインプロデューサー - 大野雅義
 ┣アニメーションコンポジット - 黛潤一郎
 ┣医療監修 - 布施友里恵
法律監修 - 菅弘一
動物医療監修 - 平尾秀博(日本動物高度医療センター)
プロデューサー - 北川雅一、杉浦美奈子、前田利洋
製作著作 - TBS、ドリマックス

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
百瀬 太郎〈40〉:吉岡秀隆(幼少期:五十嵐悠鷹)
百瀬法律事務所弁護士。通称:「猫弁」。事務所には10匹の猫が住んでいる。大手弁護士事務所・ウェルカムオフィスから独立。

大福 亜子:杏
太郎の婚約者。ナイス結婚相談所相談員。

仁科 七重:キムラ緑子
百瀬法律事務所事務員。

寿 春美:柳原可奈子
ナイス結婚相談所相談員。亜子の後輩。

柳 まこと:板谷由夏
獣医。太郎・亜子の良き相談者。

百瀬 翠(声) :林原めぐみ
太郎の母親。失踪中。

梅園 光次郎:伊東四朗
太郎が住むアパートの大家。太郎の愛猫・テヌーを可愛がる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ゲスト
----------------------------------------------------------------------------------------
沢村透明(司法試験主席合格) - 井上芳雄

二見純 - 鈴木浩介
テレビに出演している有名な弁護士で法律王子と呼ばれる。消防士医療過誤裁判の被告側代理人。

山田サトシ(気象予報士) - ムロツヨシ
テレビ番組のお天気コーナーに相棒のタイハクオウムと一緒に出演していた。

田部井陽子(耕平の妻) - 坂井真紀
夜中の公園で沢村透明と知り合う。

田部井耕平(消防士) - 清水伸
消火活動中の火災事故で十文字病院に搬送され、適切な処置で一命は取り留めるが、その後、意識不明に陥る。

田部井すず(耕平・陽子の娘) - 平澤宏々路

大貫沙織(十文字病院看護師) - 猫背椿
パチンコ屋の娘で元不良少女。太郎の家庭教師時代の教え子。

タマオ(サチ江の愛猫。メス) - 皆川猿時

梶佑介(Cafe EDEN店員) - 内田滋

稲葉京三郎(稲葉法律事務所弁護士) - 金内喜久夫
消防士医療過誤裁判の原告側代理人。

山下早苗(八百屋・さいわいフルーツの跡取り娘) - 犬山イヌコ

小林美樹(宝石屋店員) - 宍戸美和公

杉山(タイハクオウム) - 矢島晶子(声)
お天気オウム・ミスター杉山として人気を博す。

秦野秀一(ウェルカムオフィス弁護士) - 坂東三津五郎
十文字病院の医療過誤訴訟を担当する。

黒岩サチ江〈没92〉 - 森康子
やすらぎ愛の里入居者。老衰で死去。世田谷猫屋敷事件当事者。

古川文子(やすらぎ愛の里介護職員) - 野々目良子

青田進〈25〉(消防士。田部井の後輩) - 村井良大

大福徹二(猫アレルギーを持つ亜子の父親) - 陣内孝則(特別出演)
町会長で小学校の校長。世田谷猫屋敷事件原告側関係者。

その他 -
外山誠二、神崎孝一郎、水野小論、尾崎一彦、斎藤哲也


猫弁〜死体の身代金〜(2012年4月23日(1回/114分))

kage

2012/04/23 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★放送期間:2012年4月23日21:00 - 22:54(1回/114分) 

TBS「月曜ゴールデン」枠 

 猫弁〜死体の身代金〜

猫弁~死体の身代金~ [DVD]/板谷由夏

¥4,104
Amazon.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作 - 大山淳子『猫弁〜天才百瀬とやっかいな依頼人たち〜』『猫弁と透明人間』(講談社刊)
脚本 - 大山淳子
音楽 - 横山克
演出 - 北川雅一
音楽監修 - 甲斐よしひろ
演出補 - 山崎統司
選曲 - 近藤隆史
第1作協力スタッフ CM音楽 - ポクポク山の音楽隊
法律監修 - 菅弘一
動物医療監修 - 平尾秀博(日本動物高度医療センター)
プロデューサー - 北川雅一、杉浦美奈子、前田利洋
製作著作 - TBS、ドリマックス

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
百瀬 太郎〈40〉:吉岡秀隆(幼少期:五十嵐悠鷹)
百瀬法律事務所弁護士。通称:「猫弁」。事務所には10匹の猫が住んでいる。大手弁護士事務所・ウェルカムオフィスから独立。

大福 亜子:杏
太郎の婚約者。ナイス結婚相談所相談員。

仁科 七重:キムラ緑子
百瀬法律事務所事務員。

寿 春美:柳原可奈子
ナイス結婚相談所相談員。亜子の後輩。

柳 まこと:板谷由夏
獣医。太郎・亜子の良き相談者。

百瀬 翠(声) :林原めぐみ
太郎の母親。失踪中。

梅園 光次郎:伊東四朗
太郎が住むアパートの大家。太郎の愛猫・テヌーを可愛がる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ゲスト
----------------------------------------------------------------------------------------
大河内進 - 岩松了

野口美里 - 秋山菜津子

伊藤ゆかり - 野波麻帆

田村太 - 荒川良々

木村一 - 石田明(NON STYLE)

桜井敏男 - 上田耕一

類田壮介 - 塩見三省

靴磨きの老女 - 渡辺美佐子

有田ひろみ - 衛藤美彩

その他 -
金谷真由美、宍戸美和公、内田滋、宮坂あゆみ、水野小論、横山裕之、矢田泰子、斎藤哲也




赤川次郎ミステリー「4姉妹探偵団」(2008年1月18日‐3月14日)

kage

2008/01/18 (Fri)

Arikaシネマ2014b4
2008年版

★2008年1月18日‐3月14日 

テレビ朝日系 毎週金曜日21:00 - 21:54

 赤川次郎ミステリー4姉妹探偵団

四姉妹物語 DVD-BOX I/ブロードウェイ

¥17,064
Amazon.co.jp

四姉妹物語 DVD-BOX II/ブロードウェイ

¥17,064
Amazon.co.jp

三姉妹にオリジナルの長女を追加。

4姉妹に。

各登場人物のキャラクター強化のための追加要素も強い。

視聴率はふるわなかった。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作 - 赤川次郎「三姉妹探偵団」(講談社)
脚本 - 福田卓郎、高山直也、立見千香
音楽 - 辻陽
演出 - 新城毅彦(5年D組)、池添博(5年D組)、常廣丈太(テレビ朝日)
主題歌 - YUI「Namidairo」
プロデューサー - 横地郁英(テレビ朝日)、奈良井正巳(ABC)、太田雅晴(5年D組)
チーフプロデューサー - 桑田潔
技斗 - 佐々木修平
技術協力 - ビデオスタッフ
美術協力 - KFライズ
スタジオ - 東京メディアシティ
制作協力 - 5年D組
製作 - ABC・テレビ朝日

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏠佐々本家
┣佐々本夕里子(夏帆)
高校2年生。佐々本4姉妹四女。末っ子だが4姉妹で1番のしっかり者。強気で無鉄砲な性格のため、すぐ事件に首を突っ込んでしまう。無茶な行動をするため、周囲をハラハラさせることが多い。国語が苦手で一般的なことわざや慣用句の意味がわからず、漢字も読めない。科学は得意。

┣佐々本 真理(中越典子)
国際線の客室乗務員。佐々本4姉妹長女。非常に楽天的な性格で事件に遭遇しても笑って済ましてしまう。イケメンとの玉の輿を狙っている。

┣佐々本 綾子(加藤夏希)
美術大学3年生。佐々本4姉妹次女。おっとりした性格でとても世間知らずの上、気が弱くすぐに泣き出してしまう。方向音痴。

┣佐々本 珠美(市川由衣)
「今の世の中では、大学進学や就職をしても何も得をしない」という考えでフリーターになる。佐々本4姉妹三女。家族思いではあるが、お金にはうるさい性格である。

┣佐々本 周平(竹中直人)
青修学院大学の准教授で考古学者。佐々本4姉妹の父。5年前に妻に先立たれた。普段は出張などで外出していることが多い。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

横浜中央警察署
┣国友 靖之(吉沢悠)
横浜中央署の刑事。4姉妹とは事件を通して知り合い、彼女たちと協力し事件を解明する。

┣三崎 太郎(近藤芳正)
国友の上司。部下には態度が強く、上司や目上の人物に対しては態度が弱い。ナルシストな一面もある。

┣山田 邦夫(日野陽仁)
三崎や国友と直属の上司。部下の的はずれな推理を信用するので、事実上は頼りにならない。

┣田島 明日香(原史奈)
横浜中央署・交通課の警官。後輩の英子と行動を共にし、想いを寄せる国友にアタックする。

┣新藤 英子(桜井知里)
明日香とコンビを組む警官。国友をはじめ、イケメンの前では態度が変わる。

┣刑事達(佐野元哉/松井晶煕/川島広輝)
横浜中央署・捜査課の刑事。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

佐々本家の関係者
城之内 秀樹(生瀬勝久)
加津代の内縁の夫。加津代とは長い付き合いで、好かれているのをいいことに自由気ままに生活している。

宮本 加津代(室井滋)
4姉妹の亡き母親の妹。佐々本4姉妹の叔母。不動産を複数持っている。面倒見が良く様々なかたちで4姉妹をバックアップしてくれるが、人一倍でしゃばり。



土曜ワイド劇場「半落ち」

kage

2007/12/08 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★2007年12月8日(1回) 

テレビ朝日系 土曜日21:00 - 23:21(126分)

 半落ち

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
製作著作:テレビ朝日
製作協力:共同テレビジョン
企画協力:コブラピクチャーズ
プロデューサー:佐藤涼一/川島保夫/越智貞夫/高橋萬彦
アソシエイトプロデューサー: 高丸雅隆
演出:土方政人
脚本:佐伯俊道
音楽:村山竜二
ロケ協力:富士の国やまなしフィルムコミッション/小山町フィルムコミッション/いばらきフィルムコミッション/安中市/富士吉田市/東京海洋大学/ほか
撮影協力:バスク/ベイシス/フジアール/国際放映
協力: 骨髄移植推進財団

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
志木和正(椎名桔平)
梶聡一郎(渡瀬恒彦)
佐瀬銛男(高嶋政伸)
梶啓子(風吹ジュン)
梶俊哉 (吉川史樹)
志木美紀 (志保)
池上一志(中林大樹)
田沼光子(ふくまつみ)
高野貢(隈部洋平)
(鈴木浩介)
(小林隆)
(森岡豊)
加賀美康博 (矢島健一)
片桐時彦 (深水三章)
鈴木孝夫(斉藤暁)
中尾洋平(東幹久)
小久保令子(若村麻由美)友情出演
伊予数男(渡辺いっけい)
志木浩子(森口瑤子)
島村康子(銀粉蝶)
岩村肇(橋爪功)
岩国〈検事正〉( 寺田農)
志木忠正(竜雷太(当初の発表は小林桂樹))

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
主演は椎名桔平! 志木目線でのストーリー
テレビ朝日系列の2時間ドラマ『土曜ワイド劇場』(土曜日21:00 - 23:21、JST)で30周年特別企画として2007年12月8日に放送された。志木目線でストーリーが進み、志木が梶の元部下という設定が追加されている。また、尺の都合もあって裁判のエピソードはカットされており、弁護士の植村と裁判官の藤林は登場しない。ただし、藤林の設定の一部は志木に取り入れられている。視聴率は18.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。



三姉妹探偵団(1998年1月10日-3月21日)

kage

1998/01/10 (Sat)

Arikaシネマ2014b4
1998年版

★1998年1月10日-3月21日≪全10回≫

日本テレビ系列(NNS)土曜グランド劇場(第2期・21時台)平均視聴率は13.6%。

 三姉妹探偵団

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:赤川次郎
脚本:橋本以蔵、津田真弓、夏野すいか
音楽:日向大介
演出:大平太、吉野洋、長沼誠、古賀倫明
プロデュース:古賀倫明、佐藤敦
製作著作:日本テレビ

主題歌・挿入歌
主題歌「TEENAGER」 (井上陽水)
挿入歌「WITH」 (Daisuke Hinata debuting MaMi)

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
佐々本綾子(長女):鈴木蘭々
佐々本夕里子(次女):吉川ひなの
佐々本珠美(三女):野村佑香
国友靖之:河相我聞
倉茂春子:大島さと子
植松部長:谷隼人
三崎警部:長谷川初範
佐々本周平(三姉妹の父):高田純次
王様:藤村俊二
派出所の警官 日吉:上田晋也(海砂利水魚)
菊名:有田哲平(海砂利水魚)
川崎:深沢邦之(Take2)
大森:東貴博(Take2)
衣笠:西尾季隆(X-GUN)
戸塚:嵯峨根正裕(X-GUN)

桃源郷・店主:Mr.オクレ
メイファ:NOKKO
谷原章介、丸久美子、星野亜希、前田綾、上原あや、藤村ちか、國分肖魅、三浦和貴子、橋本真美関根双葉、蓮沼茜、興石阿里紗、三輝みきこ、吉田潤之佑、俵木藤汰、MAJID AZIZE、HOSSIEN ABDOLE、MICHAEL BIMSARA、厖国強



顔に降りかかる雨 事故か?殺人か!変死体に潜むもう一つの真実(1994年5月6日)

kage

1994/05/06 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★放送期間:1994年5月6日21:02-22:52(1回)

フジテレビ系「金曜エンタテイメント」枠21:02-22:52

 顔に降りかかる雨 事故か?殺人か!変死体に潜むもう一つの真実

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
主な脚本 竹山洋
主なプロデューサ 中山 和記、(プロデューサー補:加藤 正俊)(広報:山本 政己(CX))(スチール:森田 俊明)
主な演出 福本 義人、(演出補:加門 幾生)(スクリプター:幸縁 栄子)
原作 桐野 夏生(講談社刊)
局系列 FNN
制作会社 (制作:共同テレビジョン、CX)
制作 (制作主任:山口 昌也)
企画 遠藤龍之介(CX)
音楽 石田 勝範、(音響効果:塚田 益章)
撮影技術 増井 初明、(技術プロデューサー:佐々木俊幸)(映像:千葉  研)(照明:高山 喜博)(音声:吉田  登)(オフライン編集:田中 美砂)(編集:飯塚  守)
美術
 ┣デザイン:山本修身
 ┣美術プロデューサー:板村一彦
 ┣美術進行:末松隆
 ┣大道具:山崎博康、下ノ門勝広
 ┣装飾:秋田谷宣博
 ┣衣裳:代田恵美子
 ┣メイク:松倉はるみ
 ┣スタイリスト:関沢緑、野口強

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
成瀬隆次(役所広司)
婚約者 中古外車販売業社長 10年前拘置所で上杉と知り合う。

鶴田真由
上杉 (岡田眞澄/岡田真澄)…ボス
宇佐川耀子(村上里佳子)…ルポライター
床嶋 佳子
山崎龍太(筧利夫)…社員
ジュヌヴィエーブ松永(森公美子)…占い師
川添桂:赤星昇一郎… 鎌倉の先生 死体愛好家
上野正希子
山崎一
倉橋青児
武藤洋行
栗原敏
二橋進
田村晃哉
ケーシー・アルカンファラ
加藤祐子
益田哲夫
植田泰弘
正岡邦夫
相原康助
演劇実験室・万有引力
古賀プロダクション
(スタント:ジャパンアクションクラブ)

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
特別企画 第三十九回江戸川乱歩賞受賞作品! 
第39回江戸川乱歩賞受賞作(桐野夏生)の映像化。ルポライターの耀子(村上里佳子)が失踪。婚約者の成瀬(役所広司)は、彼女の親友、ミロ(鶴田真由)と共にその行方を追う。「中古外車販売業の成瀬(役所広司)は、妻子と別れて愛人のルポライター・耀子(村上里佳子)と婚約していた。その耀子が、横浜中華街で貿易商殺しの現場を目撃、車で逃げる犯人の金髪女の写真を撮った。特ダネと勢いこむその耀子が突然姿を消した。成瀬が耀子にあずけた1億2千万円の金とともに。成瀬が彼女の部屋から帰った夜のことだ。金はボスの上杉(岡田真澄)に返す金だ。成瀬は耀子の親友・ミロ(鶴田真由)と二人で耀子の行方を追う。その耀子の水びたしの死体写真が、死体愛好家・川添の家で見つかった。しかもその川添も首吊り死体になっていた。耀子を殺したのは誰か?金は誰が?事件に見え隠れする金髪女は何者か。目まぐるしく二転三転する謎の中に、男と女の愛憎の極限の姿が浮かび上がってくる…。

【この項、BSフジ広報資料より引用】

協力:日本推理作家協会、講談社。
撮影協力:ローバージャパン、RODMOTORS、BESCO。
協力:バスク、フジアール。車輌:ランナーズ。

三姉妹探偵団(1986年2月20日)

kage

1986/02/20 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

1986年版

★1986年2月20日 20:02-21:48 

フジテレビ『木曜ドラマストリート』枠で放送

 三姉妹探偵団

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:赤川次郎
脚本:岡村香織
演出:高橋伴明
プロデューサー:久里耕介、宅間秋史、松下千秋

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
佐々本綾子:和由布子
佐々本夕里子:河合美智子
佐々本珠美:遠藤由美子
秋川リサ
高橋恵子
ジョニー大倉
梅宮辰夫
嶋大輔
下元史朗
天本英世
萩尾みどり
安岡力也
松本小雪
高橋悦史



水曜劇場「寺内貫太郎一家」

kage

1974/01/16 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

 水曜劇場「寺内貫太郎一家」

寺内貫太郎一家 DVD-BOX 1
TCエンタテインメント (2006-02-24)
売り上げランキング: 124,934


----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作・脚本:向田邦子
脚本:向田邦子、金子成人、福田陽一郎
プロデューサー:久世光彦、宮田吉雄(TBS)、三浦寛二(KANOX)、太田登(KANOX)
演出:久世光彦、浅生憲章、宮田吉雄、服部晴治、山泉脩、秋山征夫
音楽:井上堯之、大野克夫
題字・タイトル画 :山藤章二
タイトルデザイン:横尾忠則
制作著作:TBS
「新・寺内貫太郎一家」以降の制作表記:KANOX・TBS


「水曜劇場・寺内貫太郎一家」挿入歌
浅田美代子「しあわせの一番星」(シリーズ初期の挿入歌。番組本編では西城秀樹とデュエットで歌った)
作詞:安井かずみ 作曲・編曲:筒美京平

浅田美代子「虹の架け橋」(シリーズ中期の挿入歌。番組本編では「しあわせの一番星」同様、西城秀樹とデュエットで歌った)
原案:柳生武彦 作詞:安井かずみ 作曲:都倉俊一 編曲:高田弘

小林亜星・いけだももこ「リンゴがひとつ」(シリーズ後期の挿入歌。番組本編ではレギュラー全員で歌うことが多い)
作詞:阿久悠 作曲:小林亜星 編曲:渋谷毅

「水曜劇場・寺内貫太郎一家2」挿入歌
徳久広司「北へ帰ろう」(居酒屋「花ぢょうちん」で流れる音楽)
作詞・作曲:徳久広司 編曲:小林亜星

風吹ジュン「23才」(初期の挿入歌)
作詞:安井かずみ 作曲・編曲:三木たかし

白鳥哲「ひとりだち」
作詞:松本隆 作曲:吉田拓郎 編曲:あかのたちお

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
水曜劇場・寺内貫太郎一家
----------------------------------------------------------------------------------------
放送期間:1974年1月16日 - 1974年10月9日・全39話

TBS系列の水曜劇場枠(毎週水曜日21:00 - 21:55)


寺内貫太郎:小林亜星
主人公。49〜50歳。寺内家の主人・典型的な頑固親父。

寺内里子:加藤治子
貫太郎の妻。47〜48歳。和服姿でいつもてきぱき働いている。

寺内静江:梶芽衣子
寺内家の長女。23歳。4歳の頃の事故で左足が不自由。

寺内周平:西城秀樹
寺内家の長男。18歳〜19歳。大学浪人中で、何かにつけ貫太郎と衝突する。原作では西城秀樹に似ていると書かれている。

寺内きん:悠木千帆
貫太郎の実母。70歳。
[要出典]元々は寺内家のお手伝いだったが、二代目貫太郎に見初められて結婚。新潟県出身。
沢田研二の大ファン。自分の部屋に飾ってあるポスターに向かって、毎回「ジュリー〜!!」と叫ぶのがお約束。(沢田本人は第29話にゲスト出演している)

相馬ミヨコ(相馬美代子):浅田美代子
寺内家のお手伝い。17歳〜18歳。新潟からやってきた。
高校3年の5月に母を亡くして親戚に引き取られたが、その親戚の家の金銭事情を察して高校を中退している。この設定は、『時間ですよ 第3シリーズ』の相馬ミヨコとほぼ同様である。
役名の「相馬」は、当時の所属事務所で西城と浅田のマネージャーを務めていた相馬一比古から命名。

岩さん(倉島岩次郎):伴淳三郎
「石貫」の職人で、職人暦50年のベテラン。66歳。山形出身で大阪に息子夫婦がいる。
基本的に貫太郎からの信頼は厚いが、頑固な性格のため同じ性格の貫太郎と大ゲンカになることも。また時には静江や周平が落ち込んだときにさり気ない思いやりを見せることもある。若い頃は、きんに想いを寄せて求婚したこともあった…らしい。

タメさん(榊原為光):左とん平
「石貫」の職人。35歳〜36歳。女好きのお調子者。いつも貫太郎に啖呵を切っては、痛い目に遭う。
安アパートに岩次郎と同居している。独身生活が長いため、家族の温かさに憧れたことも。

ウス:三浦寛二
「石貫」の職人で、花くまの知り合い。第18話より登場。

花くま:由利徹
「石貫」の向かいにある花屋「花くま」の主人。52歳〜53歳。独身。

上条裕也:藤竜也
静江の恋人。32歳〜33歳。子持ちでバツイチ。

上条マモル:芦沢竜介
上条の連れ子。フィンガー5のメンバー・玉元妙子のファン。

秋本幸子:吉行和子
上条と別れた元妻。上条とは嫁姑問題のもつれから離婚、姑の希望から、マモルとは引き離された。その後姑が他界したこともあり、上条やマモルには未練を抱いている。しゃぶしゃぶ屋で働いている。
ひと月に一度、マモルと会えることになっているが、我が子恋しさから上条の留守に約束を破ってさつき荘を訪れ、静江を困惑させたこともあった。

お涼:篠ヒロコ
貫太郎や岩さんたちがよく利用する、居酒屋「霧雨」のおかみ。

倉田:横尾忠則
居酒屋「霧雨」の常連客。謎多き男。岩さん、タメなどからは「だんまり兄さん」と呼ばれている。

諏訪チエコ:加茂さくら
居酒屋「霧雨」の常連客。岩さん、タメのアパートの隣人。

毛利:毛利久
居酒屋「霧雨」の常連客。洋服屋を営む。

マユミ:いけだももこ
周平のガールフレンド。

きみ子:藤園貴巳子
居酒屋「霧雨」の従業員。

雄さん:伊藤高

金子みさ:野村昭子
さつき荘(上条の住むアパート)の管理人。上条と静江の仲を応援してはいるが、付き合いの長さから幸子との付き合いのほうに重点を置いている。甘いもの好きで、ポケットには常に菓子が入っている。

寺内貫次郎:谷啓
貫太郎の腹違いの弟。豆腐屋を営んでいる。第26話で豆腐屋が火事となり登場。(実際は、谷の方が早生まれだが、小林と同い年)

ふみ子:浅茅しのぶ
貫次郎の妻。第26話より登場。

京子:市地洋子
貫次郎の長女。第26話より登場。

和夫:白石浩司
貫次郎の長男。第26話より登場。