FC2ブログ
2019 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 10

カテゴリ:・2018秋期ドラマ紹介 の記事リスト(エントリー順)

kage

| | 古い記事一覧へ ≫

2018年秋、ドラマ24「忘却のサチコ」

kage

2018/12/28 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月12日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 24:12~24:52

 ドラマ24「忘却のサチコ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:阿部潤「忘却のサチコ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
脚本:大島里美、狗飼恭子、山岸聖太
監督:山岸聖太、石井聡一、根本和政
プロデューサー:浅野太、井関勇人、木下真梨子、藤原努
エンディング:ループ/edda

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマ24「忘却のサチコ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
佐々木幸子:高畑充希
文芸雑誌・月刊「さらら」の編集者。真面目な性格と完璧な仕事ぶりで“鉄の女”と称される。結婚式当日に新郎に逃げられたことから、そのつらい記憶を忘れるために、ひたすらに“うまいもの”を食べる。

俊吾:早乙女太一
幸子の婚約者だったが、結婚式当日に「幸子、すまない」という置き手紙を残してこつ然と姿を消した。料理上手で優しい性格。

小林心一:葉山奨之
月刊「さらら」に配属された新人編集部員。意識高い系男子。ゆとり世代だが、根は真面目で人の話もきちんと聞く。

橋本玲奈:逢沢りな
幸子の後輩の編集者。幸子の完璧な仕事ぶりを尊敬している。

大野恭助:重岡漠
幸子の同僚編集者。幸子の仕事ぶりに一目置いている。

岡田友里奈:上地春奈
幸子の同僚編集者。

佐々木和代:ふせえり
幸子の母。幸子の一番の理解者で、いつも気に掛けている。

白井智昭:吹越満
月刊「さらら」の編集長。幸子を心配し、温かく見守る。「要するに…」が口癖。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
高畑充希主演!
“鉄の女”が“うまいもの”を求めて奔走するグルメコメディー! 

2018年1月にスペシャルドラマとして放送され好評を博した、阿部潤の同名コミックを原作にしたグルメコメディーを連続ドラマ化。スペシャル版に引き続き主演を務める高畑充希が、“鉄の女”と呼ばれる文芸誌のアラサー編集者・佐々木幸子を演じ、結婚式の日に新郎に逃げられたつらい記憶を忘れるために“うまいもの”を探し求めて奔走する姿を描く。スペシャルからの続投で、吹越満、逢沢りな、重岡漠、ふせえりが出演するほか、今作では失踪した新郎役に早乙女太一、波乱を巻き起こす新世代新入社員役に葉山奨之、幸子の同僚の編集者役に上地春奈らが加入する。


スポンサーサイト



2018年秋、火曜ドラマ『この恋はツミなのか!?』

kage

2018/12/25 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★12月4日スタート 

TBS系 毎週火曜 25:28~25:58

 この恋はツミなのか!?

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:鳥島灰人「この恋はツミなのか!?」(小学館)
脚本:塩塚夢
監督:小川弾
プロデューサー:丸山博雄/藤田大輔/尹楊会
エンディング:もしも僕が世界を変えれたら/MAG!C☆PRINCE

E13-b043.gif
外部サイト:この恋はツミなのか!?

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
駒田多恵:柏木由紀
プロの女流棋士。握手会などのイベントも行い、熱狂的なファンを多く持つ将棋界のスター。童顔巨乳のメガネ女子で、普段は少し天然だが、対局の際には鋭い表情を見せる。

小日向大河:伊藤健太郎
IT企業の情報システム部に勤務するプログラマー。恋愛経験がなく、友達もほとんどいないコミュ障気味のサラリーマン。他人に興味がなく関わりを避けて生きてきたが、通勤途中に生まれて初めての恋を知る。

加藤先生:斎藤工
多恵の恩師で、彼女が将棋の道へ進むきっかけをつくった人物。

結城弘人:村上淳
IT企業の情報システム部に勤務する大河の上司。会社の将棋部所属で、元々はプロを目指していた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
柏木由紀と伊藤健太郎のダブル主演!
女流棋士とさえない会社員の格差恋愛コメディー! 

鳥島灰人の同名漫画を原作に、柏木由紀と伊藤健太郎のダブル主演で連続ドラマ化。女流棋士・駒田多恵(柏木)とさえない会社員・小日向大河(伊藤)の格差恋愛をコメディータッチに描く。伊藤は今作がドラマ初主演。また、オープニングテーマは柏木の新曲が起用される。

大河と同期の田崎わたるに矢本悠馬、多恵の後輩女流棋士・田代早苗に真魚が扮するほか、多恵の恩師・加藤先生を斎藤工、大河の上司・結城弘人を村上淳が演じるなど多彩なキャストが集結。多恵が将棋の道に進むきっかけなども描かれる。

脚本は「結婚に一番近くて遠い女」(日本テレビ系)などを手掛けた塩塚夢が担当する。



2018年秋、月曜ドラマ『遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます』

kage

2018/12/24 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★11月12日スタート 

WOWOWプライム 毎週月曜 24:00~24:30

 遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます

イントロダクション:僕らのドラマに、出てもらってもいいですか?
Arika注目1h名バイプレイヤーとして映画・ドラマなど第一線で活躍する遠藤憲一と数々の映画・ドラマ・舞台の脚本を手がけてきた宮藤官九郎。この2人が満を持して、WOWOWオリジナルドラマの初主演と初脚本を飾る!この作品は、俳優・遠藤憲一と脚本家・宮藤官九郎が日本を代表する“名俳優たちの役作り”を勉強する前代未聞の企画。

物語の舞台は、刑事・諸井情(遠藤憲一)が連続殺人犯を追うサスペンスドラマの撮影現場。ドラマの撮影は滞りなく終わったと思いきや、トラブル発生で撮り直しに!? だが、遠藤の共演者は既に現場にいない…。急場でオファーするのは、たまたま現場の近くにいた名俳優たち!

役者の演技力がドラマに予想外の化学反応を起こす!?
遠藤憲一×宮藤官九郎×実力派俳優たちが挑戦する画期的ワンシチュエーションコメディドラマが誕生!

同じ物語の同じ役を、違う役者が演じたらどう変わるのか?
遠藤憲一と宮藤官九郎が勉強させていただきます。

監督を務めるのは「笑う犬」シリーズや「リチャードホール」で宮藤と人気番組を手がけた伊藤征章
「ダウンタウンのごっつええ感じ」や「ワンナイR&R」など数々のテレビ番組を演出してきた伊藤がテレビドラマに初挑戦する。

そして、遠藤と宮藤に“役作り”の真剣勝負を挑む各話の多彩なゲスト俳優も超豪華!遠藤、宮藤、ゲスト俳優が番組を振り返ってのトークコーナーもあり、こちらも必見です!

WOWOWが全7話でお届けする新たなオリジナルドラマをぜひお見逃しなく!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:宮藤官九郎
監督:伊藤征章
プロデューサー:堤口敬太/関谷正征/菅沼明子
制作協力:シオン
製作:WOWOW/ファーストカット

E13-b043.gif
外部サイト:遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
遠藤憲一:遠藤憲一
1961年6月28日東京都生まれ。その眼力を生かしこわもての役で頭角を現したが、近年はかわいい役柄や気弱なキャラクターなども演じ、見た目とのギャップで視聴者を楽しませている。「ドクターX~外科医・大門未知子~」シリーズ、「民王」(共にテレビ朝日系)、「バイプレイヤーズ」シリーズ(テレビ東京系)、「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」(日本テレビ系)など出演作多数。今作では多摩川署警部・諸井情を演じる。

宮藤官九郎:宮藤官九郎
1970年7月19日宮城県生まれ。脚本家で、演出家・俳優・ミュージシャンとしての顔も持つ。テレビのバラエティー番組の構成作家から、ドラマの脚本を手掛けるようになり、「池袋ウエストゲートパーク」(TBS系)で注目される。その後も「木更津キャッツアイ」(TBS系)、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」などヒット作を世に送り出し、2019年には、NHK大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」が控える。

●出演者
多摩川署警部・諸井 情:遠藤憲一
諸井の後輩かつ相棒の刑事:小栗 旬
殺人事件の目撃者:仲里依紗
殺人事件の目撃者:加藤 諒
数々の難事件を解決したFBI捜査官:高畑淳子
諸井の元相棒で殉職した刑事の息子:野村周平
捜査に協力する諸井の元妻:水野美紀
FBIコンサルタントのサイキック捜査官:高嶋政伸
被害者が運び込まれた病院の教授(女医):桃井かおり

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
遠藤憲一×宮藤官九郎×豪華俳優陣の化学反応! 前代未聞の役作りコメディードラマ! 
名バイプレーヤーとして活躍する実力派俳優・遠藤憲一と、数々の映画・ドラマ・舞台の脚本を手掛ける売れっ子脚本家・宮藤官九郎が、“名俳優たちの役作り”を勉強する、画期的なワンシチュエーションドラマ。監督は、「笑う犬」シリーズや「リチャードホール」(共にフジテレビ系)で宮藤と組んだ伊藤征章で、今回初めてドラマの演出を務める。

各話ごとに遠藤の共演者として登場するゲスト俳優陣は、小栗旬、仲里依紗・加藤諒、高畑淳子、野村周平、水野美紀、高嶋政伸、桃井かおりと超豪華な顔ぶれ。彼らが、遠藤と宮藤に“役作り”の真剣勝負を挑み、アフタートークでドラマの感想を語り合うのも見どころ。



2018年秋、月曜ドラマ『部活、好きじゃなきゃダメですか?』

kage

2018/12/24 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★10月22日スタート 

日本テレビ系 毎週月曜 24:59~25:29

 部活、好きじゃなきゃダメですか?

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:いづみかつき「部活、好きじゃなきゃダメですか?」(ガンガンONLINE)
脚本:加藤拓也
演出:中茎強、松山雅則
プロデューサー:長松谷太郎、三上絵里子、高島陽子、大倉寛子、高橋淳之介、戸倉亮爾、池田健司
主題歌:Memorial/King & Prince

E13-b043.gif
外部サイト:部活、好きじゃなきゃダメですか?

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
西野:高橋海人
サッカー部所属の高校2年生。ずる賢くて器用。自信家でサッカーセンスがあるにもかかわらずふざけていて、部活をサボることばかり考えている。

窪田:神宮寺勇太
サッカー部所属の高校2年生。サッカーが大好き。ちょっと気弱だが、真面目な性格で青春部活ライフに憧れている。西野と大山を意識改革して大会に臨みたいと考えている。

大山:岩橋玄樹
サッカー部所属の高校2年生。自由奔放で無邪気な純真天然男子。サッカーはうまいが、部活漫画のような人間は現実にいるわけがないと笑い飛ばし、西野と同じく部活をサボることばかり考えている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
高橋海人、神宮寺勇太、岩橋玄樹がドラマ初主演! リアルな部活男子の青春コメディー! 
King & Princeの高橋海人、神宮寺勇太、岩橋玄樹がそろってドラマ初主演。いづみかつきの同名漫画を原作に、モテたい一心でうっかり体育会系のサッカー部に入ってしまった高校生の日常をコメディータッチに描く。それぞれが現実の部活男子の姿と、妄想の中のキラキラした青春漫画キャラクターの1人2役を演じ分けるところも見どころの一つ。注目の若手演出家・加藤拓也が脚本を担当し、熱血と日常、パロディーやあるあるネタなどを盛り込み、ギャップの大きさが笑いを誘う、一度で二度おいしいドラマに仕上げる。



2018年秋、プレミアムドラマ「クロスロード3 群衆の正義」

kage

2018/12/23 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★12月2日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週日曜 22:00~22:50

 プレミアムドラマ「クロスロード3 群衆の正義」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原案:金子成人
脚本:高橋美幸
演出:藤井裕也/村田忍
制作統括:管原浩/藤田裕一
主題歌:初恋のワルツ/Anna

E13-b043.gif
外部サイト:プレミアムドラマ クロスロード3 群衆の正義

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
尾関辰郎:舘ひろし
警視庁大森臨港署の警務課に勤務する警察官。あと半年で定年を迎える。かつては捜査一課のエリート刑事だったが、大手新聞社の記者だった板垣に情報をリークしたことで前線から外されて以来、所轄署を転々としてきた。

藤城紫苑:風間俊介
ネットジャーナリスト。取材内容をニュース動画として配信する「ネット・スクープ」というサイトを運営している。同じジャーナリストとして、板垣のことを気にしている。

見崎茜:志田未来
板垣が海岸で出会う女性。大田区連続殺人事件の直前に何者かに家宅侵入され、その時の被害届を警察に出さなかったことから、ネットユーザーの非難の的になる。中学時代のいじめ事件で、板垣と浅からぬ因縁がある。

田中啓介:神田穣
大森臨港署の刑事。尾関が刑事課にいた時は、よくバディを組んでいた。大田区で起きた連続殺人事件の捜査に加わることになる。

荒木琢磨:塚本高史
中古ブランド品の訪問売買をしているが、詐欺まがいの商法で客とトラブルが絶えない人物。少年院に入っていた経歴もあり、インターネットのSNSサイトで連続殺人事件の犯人扱いをされる。

板垣公平:神田正輝
大手新聞社の社会部エースから、「たま多摩新聞」記者を経て、フリージャーナリストとして活躍。しかし、ある事件の容疑者を自分の記事で冤罪にしたことで、報道の世界から身を引く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
舘ひろし×神田正輝のヒューマンドラマ第3弾。
インターネットに潜む闇に迫る! 

2016年、17年に放送され好評を博した、舘ひろしと神田正輝の共演でおくる骨太なヒューマンドラマの第3弾。今作では、定年まであと半年となった元エリート刑事・尾関辰郎(舘)と、尾関と反目しつつも絆をにじませるジャーナリスト・板垣公平(神田正輝)の2人が、真実を暴くという共通目的でインターネットの闇に絡んだ難事件に挑んでいく。

ネットジャーナリストの藤城紫苑を風間俊介が、板垣が以前に書いた記事と因縁のある見崎茜を志田未来が演じるほか、神田穣、塚本高史、神保悟志、相島一之、橋本マナミ、飯沼千恵子、松村北斗、徳重聡、中村玉緒らが共演者として名を連ねる。


2018年秋、日曜ドラマ『下町ロケット』

kage

2018/12/23 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★10月14日スタート 

TBS系 毎週日曜 21:00~21:54

 下町ロケット

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:池井戸潤「下町ロケット ゴースト」(小学館)
脚本:丑尾健太郎
演出:福澤克雄、田中健太
プロデューサー:伊與田英徳、峠田浩

E13-b043.gif
外部サイト:下町ロケット

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
佃航平:阿部寛
「佃製作所」社長。宇宙科学開発機構の元研究員で、ロケット製造を夢見る。自社開発したロケットエンジン用のバルブシステムが主力製品となり、ロケット品質を掲げて事業を進める。

佃利菜:土屋太鳳
航平の娘。大学を卒業し、「帝国重工」に入社。ロケット開発に携わる。

立花洋介:竹内涼真
「佃製作所」技術開発部の若手エース。手抜きがなく信頼できる熱い男。

山崎光彦:安田顕
「佃製作所」技術開発部長。航平の大学時代の後輩で、三度の飯より実験が好きな根っからの研究者。

殿村直弘:立川談春
「佃製作所」経理部長。不器用だが、会社に対する愛情は人一倍ある。

島津裕:イモトアヤコ
ベンチャー企業「ギアゴースト」副社長兼技術者。「帝国重工」の元社員で“天才エンジニア”。

財前道生:吉川晃司
「帝国重工」の宇宙航空開発部部長。純国産ロケット開発「スターダスト計画」の責任者。航平の盟友。

藤間秀樹:杉良太郎
「帝国重工」社長。航空宇宙分野で世界のリーディング・カンパニーになることを目標に、純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」を推進する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
阿部寛主演の感動巨編!
宇宙から大地へ、佃製作所の新たな挑戦の幕が上がる! 

池井戸潤の同名小説シリーズを原作に、2015年に放送されて好評を博したドラマの続編。主人公の佃航平は前作同様に阿部寛、航平の娘・利菜に土屋太鳳が扮するほか、竹内涼真、安田顕、立川談春をはじめとした「佃製作所」のメンバーの多くが新シリーズでも続投する。前作では航平たちが国産ロケットのバルブシステムの開発に挑んだが、今作では再び窮地に陥った「佃製作所」が、宇宙(そら)から大地へと新たな挑戦に打って出るストーリーが描かれる。演出は、ドラマ「半沢直樹」(同系)などで知られる福澤克雄が前作に引き続き担当する。

2018年秋、土曜ドラマ『あなたには渡さない』

kage

2018/12/22 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★11月10日スタート 

テレビ朝日系 毎週土曜 23:15~24:05

 あなたには渡さない

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:連城三紀彦「隠れ菊」(集英社文庫)
脚本:龍居由佳里
演出:植田尚/Yuki Saito
プロデューサー:黒田徹也/川島誠史/清水真由美
主題歌:あなたの知らない私たち/chay feat.Crystal Kay

E13-b043.gif
外部サイト:あなたには渡さない

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
上島通子:木村佳乃
有名料亭「花ずみ」の板長である旬平の妻。20年間にわたり家庭を守る堅実な専業主婦の役目を全うしてきたが、突然現れた多衣から夫との愛人関係の事実を告げられ、離婚を余儀なくされる。

矢萩多衣:水野美紀
金沢にある酒造会社の社長。6年前に旬平と不倫関係になる。旬平の母の死後、通子に旬平との離婚を迫って女の闘いを挑む。しかし、単なる“男の取り合い”ではない不思議な関係性で通子と対峙していく。

笠井芯太郎:田中哲司
中堅建設会社の社長。通子とは幼なじみで、ひそかに通子に思いを寄せていた。偶然、通子に再会したことからその思いが再燃。不器用な性格で思いを正直に言えないものの、陰になり日向になり通子を援助する。

上島旬平:萩原聖人
通子の夫。父親の跡を継ぎ、料亭「花ずみ」の板長を務める。父の亡き後はおかみである母親の下でひたすら腕を磨いていたが、母の死後、急速に落ちぶれていく店を立て直すことができずに多額の負債を抱えてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
木村佳乃主演、40代の男女が激しい愛憎バトルを繰り広げる濃厚なラブ・サスペンス! 
1996年に刊行された連城三紀彦の小説「隠れ菊」を現代版にリメークしてドラマ化する濃厚なラブ・サスペンス。40代の男女が、激しくも美しい愛憎バトルを繰り広げる。夫に裏切られ、思いもよらない困難に立ち向かうことになる主人公・上島通子を木村佳乃、離婚届を手に通子の前に現れる夫の愛人・矢萩多衣を水野美紀、通子の幼なじみで中堅建設会社の社長・笠井芯太郎を田中哲司、通子の夫・旬平を萩原聖人が演じるなど、実力派俳優の演技も見どころ。

「決して負けたくない」との思いで闘う女性たちと、その渦中に巻き込まれて消耗していく男たちの姿を描く。




2018年秋、土曜ドラマ『ぬけまいる~女三人伊勢参り』

kage

2018/12/22 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月27日スタート 

NHK総合 毎週土曜 18:05~18:43

 ぬけまいる~女三人伊勢参り

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:朝井まかて「ぬけまいる」(講談社文庫)
脚本:小松江里子、桑原裕子
演出:黛りんたろう、福井充広、田中諭
制作統括:小松昌代、土屋勝裕
主題歌:今を生きよう(Seize the Day)/竹内まりや

E13-b043.gif
外部サイト:ぬけまいる~女三人伊勢参り

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
お蝶:田中麗奈
小物問屋「鳩屋」の主人。“馬喰町の猪鹿蝶”の蝶。母と妹とぎくしゃくしている。愛人の仙吉の浮気や、うだつのあがらない夫の次兵衛にいらつく毎日をおくる。

お以乃:ともさかりえ
一膳飯屋「こいこい」の娘。“馬喰町の猪鹿蝶”の猪。職を転々とし、料理人を辞めさせられたばかり。男前な性格。

お志花:佐藤江梨子
武家の奥方。“馬喰町の猪鹿蝶”の鹿。姑の嫁いびりに腹を立て、伊勢への抜け詣りを提案する。剣の達人。

お凛:大地真央
お蝶、お以乃、お志花の3人と渡し船で乗り合わせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
田中麗奈、ともさかりえ、佐藤江梨子演じる三十路過ぎ3人が“抜け詣り”する旅物語! 
直木賞作家・朝井まかての同名小説を原作に、伊勢へ“抜け詣り”する三十路を過ぎた3人組の珍道中を描く時代劇。“抜け詣り”とは、いきなり姿をくらまして伊勢詣りに行ってしまうという当時のはやりのこと。田中麗奈、ともさかりえ、佐藤江梨子が、若い頃は“馬喰町の猪鹿蝶”と呼ばれて憧れを持たれていたが、今はそれぞれに悩みを抱える女たちに扮する。伊勢へと旅する中で出会う人々を、滝沢秀明や舘ひろしなど、豪華ゲストが演じるのも見どころの一つ。泣き笑いの旅で幸せの物差しを見つめ直して、伊勢へゴールすることで、人生の再スタートを切ることができるのか。脚本は、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」などで知られる小松江里子が担当する。




2018年秋、BS時代劇『立花登青春手控え3』

kage

2018/12/21 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★11月9日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週金曜 20:00~20:43

 BS時代劇 立花登青春手控え3

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:藤沢周平「獄医立花登手控え」(講談社文庫)
脚本:古田求/田村惠/小林政広
演出:山下智彦/服部大二/前原康貴
制作統括:原克子/後藤高久/土屋勝裕

E13-b043.gif
外部サイト:BS時代劇『立花登青春手控え3』

過去
2017年春、金曜ドラマ≫BS時代劇『立花登青春手控え2』
2016年春、金曜ドラマ≫BS時代劇『立花登青春手控え』

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
立花 登:溝端淳平
江戸・小伝馬町の牢医者で起倒流柔術の使い手。医者である叔父の玄庵を頼って出羽亀田から江戸へと上京して以来、小牧家に居候しながら牢医者を務めている。いとこのちえには何かと翻弄されている。

ちえ:平祐奈
玄庵の娘で、登のいとこ。おてんばな性格で、父譲りのお酒好き。登と一緒に暮らすうち、好意を募らせていく。

平塚平志郎:マキタスポーツ
小伝馬町牢屋敷の牢屋同心。クールで職務に忠実な男だが、囚人の手助けをしようと奔走する登のことを、内心好ましく思っている。

きよ :鷲尾真知子
小牧家の女中で、登の味方になってくれる存在。世話焼きで優しい性格だが、ぶっきらぼうな物言いで時に怖がられることも。

藤吉:石黒賢
江戸の深川・八名川町の岡っ引き。囚人の関わった事件を調べる登に、いつも協力してくれる。女房のお仙に「どん助」という小料理屋をまかせている。

松江 :宮崎美子
玄庵の妻で登の叔母。言葉はきついが、登の良き理解者。庭木の手入れや雑巾がけなど、居候の登に何かと雑用を頼む。

小牧玄庵:古谷一行
登の叔父。町医者だが、無類の酒好きで、仲間と飲むため登に仕事を押し付けることも。松江には頭が上がらない。


----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
溝端淳平が青年医師を演じる藤沢周平原作の青春時代劇。ファン待望のシリーズ最終章! 
藤沢周平の原作を映像化した連続ドラマを、溝端淳平主演でリメークした青春時代劇の第3弾。溝端演じる、強い正義感と抜群の柔術の腕を持つ青年医・立花登が、牢医者として経験を積みながら、そこに出入りするさまざまな人たちとの交流を通して成長していく姿を描く。今作では、登の将来に関わる新しい出来事も巻き起こり、恋に仕事に事件にと、登が大活躍する。

登を取り巻く人々として、叔父の町医者・小牧玄庵に古谷一行、いとこのちえに平祐奈、叔母の松江に宮崎美子が扮するほか、マキタスポーツ、正名僕蔵、波岡一喜、渡辺佑太朗、鷲尾真知子、石黒賢らおなじみのメンバーが続投する。


2018年秋、ドラマ25「このマンガがすごい!」

kage

2018/12/21 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月5日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 24:52~25:23

 ドラマ25「このマンガがすごい!」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
監督:松江哲明
プロデューサー:大和健太郎、藤野慎也、山本晃久、涌田秀幸

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマ25「このマンガがすごい!」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
蒼井優:蒼井優…ナビゲーター
1985年福岡県生まれ。1999年に、1万人の中からミュージカル「アニー」のポリー役に選ばれデビュー。映画、ドラマのほか、モデルや声優を務めるなど幅広く活躍。今年の第41回日本アカデミー賞では、映画「彼女がその名を知らない鳥たち」で最優秀主演女優賞を受賞している。

・‥…━━━☆ゲスト俳優(※50音順)・‥…━━━☆

【作品】行け!稲中卓球部/古谷実
┣前野:新井浩文&井沢:山本浩司
新井浩文:2001年デビュー。映画『青い春』(02年)では高崎映画祭・最優秀新人男優賞を受賞。『百円の恋』(14年)では主人公が出会う中年ボクサー役を演じ、第39回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。

山本浩司:1999 年に山下敦弘監督の映画『どんてん生活』の主演でデビュー。以降も山下監督の作品をはじめ、数多くの映画やドラマに出演。映画『止められるか、俺たちを』が10月13日公開予定。監督作品の短編動画『PERSONAL LOG』がYouTubeにて現在公開中。

【作品】火の鳥/手塚治虫
┣ムービ:神野三鈴
初舞台から20年後の2012年に三谷版『桜の園』と『組曲虐殺』で紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。 舞台で真の髄まで鍛えられたその存在感と演技によって、映像作品にも活動の場を広げる。『ブラックペアン』(TBS)など話題作にも出演。

【作品】やなぎ屋主人/つげ義春
┣主人公の青年:塚本晋也
監督作品、『鉄男』(1989年)でローマ国際ファンタスティック映画祭グランプリを受賞 。『東京フィスト』(95年)、『六月の蛇』(2002年)、『野火』(14年)ほか、数多くの賞を内外で受賞。第75回ヘ?ネチア国際映画祭のコンペティション部門に新作『斬、』が選出された。俳優としても『シン・ゴジラ』(16年、庵野秀明監督)、『沈黙‐サイレンス‐』(16年、マーティン・スコセッシ監督)などで活躍している。

【作品】おそ松くん/赤塚不二夫
┣六つ子:でんでん
『の・ようなもの』(1981年)で映画デビュー後、数々の作品に出演を果たす。園子温監督『冷たい熱帯魚』(11年)では多くの助演男優賞を受賞。近年では『ディストラクション・ヘ?イビーズ』(16年、真利子哲也監督)、『あゝ、荒野』(17年、岸善幸監督)など。映像作品のみならず、舞台にも欠かせない俳優として活躍している。

【作品】ARMS/皆川亮二(原案協力:七月鏡一)
┣高槻涼:中川大志
小学4年生でスカウトされ、小学5年生で芸能界入り。2009年に俳優デビュー。ドラマ『家政婦のミタ』(11年・日本テレビ)で一家の長男役を演じ注目を浴びる。主演映画『覚悟はいいかそこの女子。』10月12日公開予定。

【作品】龍-RON-/村上もとか
┣押小路 龍(おしこうじ りゅう) / 李 龍(リイ ロン):東出昌大
モデルを経て、映画『桐島、部活やめるってよ』(2012年、吉田大八監督)で俳優デビュー。同作で毎日映画コンクールなど数々の新人賞を受賞。2018年は『コンフィデンスマンJP』(CX)、主演映画『寝ても覚めても』(濱口竜介監督)が第71回仏カンヌ映画祭コンペティション部門に正式出品されるなど活躍の場を広げている。

【作品】マチキネマ/サメマチオ
┣離婚を考える女性:平岩紙
2000年より大人計画に参加。舞台、映画、ドラマと話題の作品に出演する。近年の主な出演作に、舞台『ニンゲン御破算』(18年)、『クラウドナイン』『業音』(17年)、映画『本能寺ホテル』(17年、鈴木雅之監督)、『At the terrace テラスにて』(16年、山内健司監督)、ドラマ『透明なゆりかご』(NHK・18年)、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(NHK・16年)など。

【作品】NHKにようこそ!/大岩ケンヂ(原作:滝原竜彦)
┣:中原岬:森川葵
2010年、ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルとしてデビュー。2012年に女優デビュー後、映画『渇き。』(14年、中島哲也監督)、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(16年、宮藤官九郎監督)、『OVER DRIVE』(18年、羽住英一郎監督)などに出演。現在はドラマ24『GIVER 復讐の贈与者』(テレビ東京系)にも出演中。2018 年11 月には宮藤官九郎が演出、脚色を手掛ける舞台『ロミオとジュリエット』でジュリエット役を演じる。

【作品】うしおととら/藤田和日郎
┣蒼月潮(あおつきうしお):森山未來
数々の舞台・映画・ドラマに出演する一方、ダンスパフォーマンス作品にも積極的に参加。映画『怒り』(16年、李相日監督)、『人類資金』(13年、阪本順治監督)、2019年の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)出演予定。


【作品】少女革命ウテナ/さいとうちほ(原作:ビーパパス)
┣ウテナ:山本美月
2009年『第1回東京スーパーモデルコンテスト』でグランプリ・CanCam賞を受賞し、2017 年まで専属モデルとして活動。11年にドラマ『幸せになろうよ』(フジテレビ)で女優デビューを果たし、翌12年には映画『桐島、部活やめるってよ』でスクリーンデビューを飾り、多くの話題を集める。映画『ピーチガール』(17年、神徳幸治監督)、『貞子VS 伽椰子』(16年、白石晃士監督)で主演、4月クールのドラマ『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』(フジテレビ)などにヒロインとして出演。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
蒼井優がナビゲート! ゲスト俳優との化学反応を楽しむドキュメンタリードラマ ! 
テレビ東京と、漫画業界の人気の指標として毎年注目されている宝島社の大人気ムック「このマンガがすごい!」がタッグを組んだ新感覚ドキュメンタリードラマ。蒼井優がナビゲーターを務め、さまざまな豪華ゲスト俳優を迎えて、好きな漫画について語り合い、実際にその作品のキャラクターを演じるためにどのような役作りをするか聞いていく。さらに、実際に漫画のコマの中にいるキャラクターをゲストが演じるという特殊な方法で、漫画が実写化されるまでの過程を描いていく。

ゲストは、新井浩文&山本浩司、神野三鈴、塚本晋也、でんでん、中川大志、東出昌大、平岩紙、森川葵、森山未來、山本美月ら豪華俳優陣。


2018年秋、木曜ドラマ『プリティが多すぎる』

kage

2018/12/20 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★10月18日スタート 

日本テレビ系 毎週木曜 24:59~25:29

 プリティが多すぎる

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:大崎梢「プリティが多すぎる」(文春文庫)
脚本:荒井修子、渡邉真子
演出:久保田充
プロデューサー:小田玲奈、松永洋一、森有紗
主題歌:COLOR/木村カエラ

E13-b043.gif
外部サイト:プリティが多すぎる

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
新見佳孝:千葉雄大
大手出版社「千石社」の編集者。通称・南吉。お堅い性格でエリート意識が強くプライドも高い。文芸編集部のエースだったが、なぜか“カワイイ至上主義”の原宿系ファッション誌「Pipin」に異動を命じられてふてくされる。

佐藤利緒:佐津川愛美
「Pipin」の編集部員。編集長の三田村やモデルたちからの信頼が厚く、新見の世話係を命じられる。嫌々働く新見に激しく反発する。

近松吾郎:中尾明慶
文芸編集部の編集者。新見の同期でお調子者。新見の異動後に人気作家の担当を引き継いだことで、新見から逆恨みされる。

三田村詩織:堀内敬子
「Pipin」の編集長。我の強い部員たちを優しい言葉で包み込み、気持ちよく働かせるのがうまい、みんなのお母さん的存在。穏やかだが鋭い視点の持ち主でもある。

柏崎龍平:杉本哲太
文芸編集部の編集長。人気作家を口説き落とすためなら手段を選ばず、数々のベストセラーを世に送り出してきた敏腕編集者。ある考えから新見を「Pipin」に異動させる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
千葉雄大主演! “ジャパニーズ・カワイイ”を作る人たちのお仕事ドラマ! 
大崎梢の同名小説を千葉雄大主演でドラマ化。文芸編集部から突然、原宿系ファッション誌「Pipin」に異動となる入社3年目の編集者・新見佳孝、通称・南吉を千葉が演じる。エリート意識が高く、プリティー満載の職場にふてくされていた新見が、次第に“カワイイ”文化に本気で取り組む姿を描くお仕事ドラマ。同僚となる編集部員・佐藤利緒を佐津川愛美が演じるほか、中尾明慶、堀内敬子、杉本哲太らが共演。日本を含めて、韓国や台湾、カンボジア、香港、インドネシア、フィリピン、シンガポール、タイの九つの国と地域でも同時期に放送、配信される。





2018年秋、ドラマパラビ「天 天和通りの快男児」』

kage

2018/12/19 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★10月3日スタート 

テレビ東京系 毎週水曜 25:35~26:05

 ドラマパラビ「天 天和通りの快男児」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:福本伸行「天 天和通りの快男児」(竹書房)
脚本:根本ノンジ、政池洋佑、宮本正樹
監督:二宮崇、柴田啓佑、宮脇亮
プロデューサー:山鹿達也、松本拓、倉地雄大、渋谷英史
主題歌:天道虫/THE YELLOW MONKEY

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマパラビ「天 天和通りの快男児」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
天貴史:岸谷五朗
麻雀の請負業(代打ち)を営む博徒。無類の勝負強さと強い意思を持ち、義理人情に厚い男。赤木や原田らと、日本の裏麻雀界の頂点を決める戦いに挑んでいく。

井川ひろゆき:古川雄輝
最初は雀荘で小遣い稼ぎ程度に素人を相手にしていたが、天と出会い、真剣勝負の代打ちの世界を知ったことで、より強い相手を求める雀士へと変貌していく。理詰めの麻雀を好む。

原田克美:的場浩司
現役最強雀士で、関西随一の暴力団組長。日本の裏麻雀界の頂点を決める東西戦で天と勝負する。

僧我三威:でんでん」
西軍の雀士。赤木が登場する10年ほど前に、裏麻雀界のトップに君臨し続けていた怪物。

赤木しげる:吉田栄作
冷徹な麻雀の打ち回しから悪魔と恐れられる、負け知らずの超天才雀士。「神域の男」「鬼神」「百年に一人の天才」と言われ、数えきれないほどの伝説を持つ。
----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
福本ワールドの原点にして真骨頂! 伝説の麻雀漫画を岸谷五朗主演で初ドラマ化! 
「カイジ」シリーズ、「銀と金」など、ギャンブル漫画の金字塔を打ち立てた福本伸行の伝説の麻雀漫画を初のドラマ化。麻雀を通して、男たちの命を懸けた圧倒的な心理戦が、熱くリアルに描かれていく。主人公の天貴史に岸谷五朗、天のライバル・赤木しげるに吉田栄作、天との出会いで成長していく井川ひろゆきに古川雄輝が扮するほか、関西屈指の現役最強雀士・原田克美役の的場浩司、裏麻雀界のトップだった僧我三威役のでんでんをはじめとする、豪華個性派俳優が勢ぞろい。昨年ドラマ化され話題となった「銀と金」(同系)の制作スタッフが再集結し、福本作品の個性的なキャラクターを忠実に再現する。




2018年秋、火曜ドラマ『中学聖日記』

kage

2018/12/18 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★10月9日スタート 

TBS系 毎週火曜 22:00~23:07

 中学聖日記

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:かわかみじゅんこ「中学聖日記」(祥伝社「FEEL YOUNG」連載中)
脚本:金子ありさ
演出:竹村謙太郎、坪井敏雄、塚原あゆ子
プロデューサー:新井順子
主題歌:プロローグ/Uru

E13-b043.gif
外部サイト:中学聖日記

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
末永聖:有村架純
子星中学校3年1組のクラス担任。国語を教える。しっかり者だが真面目さが空回りして生徒にからかわれることも。遠距離恋愛中のエリート商社マン・勝太郎と婚約しているが、不器用ながら全力で恋心をぶつけてくる教え子の晶の存在に心が揺れる。

黒岩晶:岡田健史
中学3年生。繊細で内向的な性格。担任の聖に一目ぼれし、初めての恋心を真っすぐにぶつける。流行に疎く世間知らずな面がある。

川合勝太郎:町田啓太
聖の婚約者。エリート商社マン。聖の大学時代からの恋人で、現在は大阪勤務のため遠距離恋愛中。明るくポジティブな性格で、教師として忙しい聖を優しく気遣う大人の男。

原口律:吉田羊
勝太郎の会社の先輩。帰国子女。バリバリのキャリアウーマンで毒舌キャラ。バイセクシャルで女性と恋愛中。勝太郎の恋愛相談に鋭いアドバイスをするなど、勝太郎の良き理解者であり、良い意味でも悪い意味でも影響を与える。

黒岩愛子:夏川結衣
晶の母。輸入雑貨販売を手掛けるやり手社長。夫と離婚後、女手一つで晶を育ててきた。放任主義だが、息子を守るためには手段をいとわない。晶の恋心に気付き、次第に聖を警戒する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
有村架純演じる女性教師と男子中学生の“禁断の恋”を描くヒューマンラブストーリー! 
かわかみじゅんこの同名漫画を原作に、真面目でひたむきな女性教師と不思議な魅力を持つ男子中学生の“禁断の恋”を描くヒューマンラブストーリー。主人公の新米教師・末永聖を有村架純が、聖が心ひかれていく10歳年下の中学生・黒岩晶を岡田健史が演じる。聖の恋人で婚約者の川合勝太郎を町田啓太が演じるほか、マキタスポーツ、夏木マリ、友近、吉田羊、夏川結衣など個性的で芸達者な豪華キャストが共演。聖の周囲で複雑に絡み合う人間模様を紡ぎ、ストーリーに深みを与える。
脚本は、映画「羊と鋼の森」などを手掛けた金子ありさが担当する。
ストーリ


2018年秋、月曜ドラマ『SUITS/スーツ』

kage

2018/12/17 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★10月8日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜 21:00~21:54

 SUITS/スーツ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:「SUITS」NBC Universal製作
脚本:池上純哉
演出:土方政人、石井祐介
プロデューサー:後藤博幸、小林宙

E13-b043.gif
外部サイト:SUITS/スーツ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
甲斐正午:織田裕二
「幸村・上杉法律事務所」所属の敏腕弁護士。優秀で頭は切れるが、かなり傲慢な性格。勝利至上主義で、勝つためには手段を選ばない。昇進の条件としてアソシエイトを雇うことになり、面接で大貴と出会う。弁護士資格を持たない大貴の経歴を詐称することを提案し、部下にする。

鈴木大貴:中島裕翔
甲斐のバディとなる青年。明晰な頭脳と、一度見たものは決して忘れない驚異的な記憶力の持ち主。悪友の影響でその日暮らしの生活を送っていたが、幼い頃に両親を亡くしてから一緒に暮らす祖母のために大金が必要になり、甲斐の下で働くことに。

聖澤真琴:新木優子
「幸村・上杉法律事務所」のパラリーガル。優秀で、事務所でもトップクラスの調査能力を持つ。父親が敏腕弁護士で、幼い頃から弁護士を目指して勉強している。学歴コンプレックスがあり、高学歴の弁護士には絶対に負けたくないと意固地になることも。右も左も分からず弁護士になった大貴の強い味方となる。

玉井伽耶子:中村アン
甲斐の秘書。頭が良くて人心掌握術にたけ、気が利く。甲斐が検事だった頃からの付き合いで、互いに信頼し合っている。

蟹江貢:小手伸也
「幸村・上杉法律事務所」の弁護士。甲斐のことをライバル視しているが、相手にされていない。

幸村チカ:鈴木保奈美
「幸村・上杉法律事務所」所長。かつて、自腹を切って甲斐をハーバード大学に留学させた経緯から、甲斐にとって唯一頭が上がらない存在。事務所を家族のように愛しており、秩序を乱そうとする者に対しては、容赦ない処置に出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
織田裕二と中島裕翔がバディに! アメリカのメガヒットドラマが原作の弁護士ドラマ! 
敏腕弁護士のハーヴィー・スペクターらがさまざまな訴訟に挑むアメリカの同名ドラマシリーズが原作。日本を舞台に、勝利至上主義で傲慢な敏腕弁護士・甲斐正午と、頭脳明晰ながらも日陰を歩く人生を送ってきた青年・鈴木大貴がバディを組み、厄介な訴訟解決に奮闘していく姿を描く。甲斐を演じるのは、10年ぶりの月9ドラマ主演となる織田裕二。その相棒となる大貴にはHey! Say! JUMPの中島裕翔が扮する。2人が所属する弁護士事務所の所長・幸村チカ役で、織田とは「東京ラブストーリー」(同系)以来約27年ぶりの共演となる鈴木保奈美が出演することも話題。そのほか、新木優子、中村アン、小手伸也らが出演する。


2018年秋、日曜ドラマ『今日から俺は!!』

kage

2018/12/16 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★10月14日スタート 

日本テレビ系 毎週日曜 22:30~23:25

 今日から俺は!!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:西森博之「今日から俺は!!」(小学館「少年サンデーコミックス」)
脚本:福田雄一
演出:福田雄一、鈴木勇馬
プロデューサー:池田健司、高明希、松本明子
主題歌:男の勲章/今日俺バンド

E13-b043.gif
外部サイト:今日から俺は!!

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
三橋貴志:賀来賢人
軟葉高校2年生。やられたらどんな卑怯な手を使ってでも倍返しする不良。軟葉高校に転校してきたことを機に、金髪パーマにしてツッパリとして生きることを決意する。貧乏で金にがめついが実は仲間思い。

伊藤真司:伊藤健太郎
軟葉高校2年生。三橋と最強コンビを組む。温厚で正義感が強く、タイマン勝負を愛する。金持ちで女にもてるので三橋からねたまれる。ツンツン頭がトレードマーク。

赤坂理子:清野菜名
武道家である哲夫の一人娘で実は強い。三橋に思いを寄せるが素直になれず、いつも口げんかばかりしてしまう。

早川京子:橋本環奈
成蘭女子高校2年生の女番長。伊藤の彼女。強くて怖いが、伊藤の前では清純になる。

椋木先生:ムロツヨシ
軟葉高校の教師。三橋のクラス担任。生徒の前でも職員室でも調子が良く、どちらにもいい顔をする憎めない存在。

赤坂哲夫:佐藤二朗
理子の父。武道家で赤坂道場の師範。一人娘の理子が思いを寄せる三橋が気に入らず、排除しようと躍起になる。

三橋一郎:吉田鋼太郎
三橋の父。薄給のしがないサラリーマン。たいていのことは笑ってごまかし、妻にビシッと言う勇気もない。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
賀来賢人主演&福田雄一脚本・演出でおくる、笑えてグッとくる痛快学園コメディー! 
累計4000万部を超える大ヒットを記録した西森博之の同名漫画を、ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズ(テレビ東京ほか)や映画「銀魂」シリーズで、コメディー作品のヒットメーカーとして定評のある福田雄一が実写ドラマ化。1980年代の高校を舞台に、賀来賢人が演じる金髪パーマの主人公・三橋貴志と伊藤健太郎が演じるトンガリ頭の伊藤真司が、最強ツッパリコンビとして大暴れする。
清野菜名、橋本環奈、太賀、矢本悠馬、鈴木伸之、磯村勇斗ら若手キャストも多数出演。ムロツヨシ、佐藤二朗、吉田鋼太郎らが脇を固め、ギャグはもちろん男気あふれる青春学園コメディーに仕上げる。

2018年秋、連続ドラマW『パンドラIV AI戦争』

kage

2018/12/16 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★11月11日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 22:00~23:00

 連続ドラマW パンドラIV AI戦争

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:井上由美子
監督:河毛俊作/村上正典
プロデューサー:青木泰憲/高橋萬彦

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW パンドラIV AI戦争


----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
鈴木哲郎:向井理
画像診断AI「ミカエル」を開発した34歳の内科医。診断ミスをなくしたいという思いから勉強し、AIにたどり着いた。普段は感情を表に出さず不愛想に見られるが、患者には優しく接する。父は亡くなり、母の春子は認知症を患ってケアホームに入居している。3年前、ある事件を起こしたことで蒲生と知り合った。

有薗直子:黒木瞳
医師会会長。自らの権威を守るため、医療界に参入してきた蒲生と対立。医療へのAI導入に反対する。祖父の代から政界、財界の主治医を務めてきた聖章会病院の院長で、発言力がある。

橋詰奈美:美村里江
「メディノックス医療センター」の看護師。AI診断室を担当することになり、哲郎と知り合う。患者に優しく接する哲郎に、徐々にひかれていく。

東浩一郎:三浦貴大
弁護士。事務所であてがわれる企業法務などの仕事にやりがいを見いだせず、熱くなれる仕事を求めていた時に、AI診断の責任を問う医療ミスの訴訟依頼を受ける。


太刀川春夫:山本耕史
毎朝新聞の記者。過去には協会賞をとったこともあるほど有能だが、最近は停滞気味。自分の書いた記事がきっかけで、AI診断された患者の死亡という情報をつかみ、独自の調査を始める。

上野智津夫:原田泰造
「メディノックス医療センター」の心臓外科医。腕はいいが、身なりに構わず無口で、ギャンブルにお金をつぎ込んでいる。AI診断導入によって、自らの地位が失墜することを恐れている。

蒲生俊平:渡部篤郎
IT企業「ノックスグループ」のCEO。病院を買収し、優秀な医師を引き抜き医療界に参入。「メディノックス医療センター」でAI診断を導入し、医療界を変えようともくろむ。強引な手法から敵も多い。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
向井理主演、井上由美子脚本の社会派ドラマ。医療用AIが人類にもたらすのは福音か?! 
革命的な発明により、“パンドラの箱”を開いた人々の運命を描く社会派ドラマシリーズの最新作。シリーズを手掛ける脚本家・井上由美子が、今作では、多くの分野で注目を集める“AI(人工知能)”が社会に何をもたらすのかをリアルに描き出す。
画期的な医療用AIを開発する主人公・鈴木哲郎を演じるのは、向井理。そのほか、野望を抱え医療界に参入するIT企業代表・蒲生俊平に渡部篤郎、蒲生と対立する医師会会長・有薗直子に黒木瞳が扮するほか、美村里江、三浦貴大、原田泰造らが共演。さらに、「パンドラ」シリーズI~IIIに登場してきた毎朝新聞の記者・太刀川春夫役を再び山本耕史が演じる。


2018年大河ドラマ(第57作目)「西郷(せご)どん」

kage

2018/12/16 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月7日スタート 

NHK総合 毎週日曜 20:00~20:45

 大河ドラマ(第57作目)「西郷どん」

Arika注目1h明治維新を成し遂げた男の波乱の生涯を描く

【原作】林真理子 × 【脚本】中園ミホ

明治維新から150年、2018年大河ドラマの主人公となるのは男にも女にも“日本史上最もモテた男” 西郷隆盛です。

明治維新のヒーロー・西郷隆盛には、肖像写真が一枚も残っておらず、その生涯は謎に満ちています。
西郷は3度死んだ男。2度の島流し、3度の結婚を経て、類まれな「勇気と実行力」で徳川幕府を転覆し、維新を成し遂げますが、最期は明治新政府と戦い命を散らします。

その素顔は、脇は甘く、愚直でうかつ。けれど、彼に出会ったものは皆、西郷が好きになり、愛嬌あふれる男の周りには、いつも“笑いと愛と波乱”が満ちています。

極貧の家に育った男は「すべての民が幸せに暮らしてこそ日本国は強くなる」と信じ、人を愛し、故郷を愛し、国を愛し、民を愛し・・・“見返りを求めない愛”を与え続けました。

人は親しみを込めて、男を『西郷どん(セゴドン)』と呼びました。

西郷どん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)/NHK出版

¥価格不明
Amazon.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:林真理子「西郷どん!」(KADOKAWA)
脚本:中園ミホ
演出:野田雄介/盆子原誠/岡田健
制作統括:櫻井賢/櫻井壮一
プロデューサー:小西千栄子/藤原敬久

公式サイト(外部):大河ドラマ(第57作目)「西郷どん」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏠西郷家
薩摩の下級武士で、大家族。貧しいが、心優しい父と懐深い母に、家族仲はとてもいい。子供たちも伸び伸びと育った。

西郷吉之助(隆盛):鈴木亮平(西郷小吉:幼少期:渡邉蒼)
下級武士の家に生まれた、貧しい大家族の長男。貧しい家庭で育つも、困ってる人を見ると放っておかず、義理堅い男。唯一無二の魅力あふれる人柄で、とにかく男にも女にもモテた。どんなときも困った人を放っておけない、ちょっと迂闊で心優しき熱血漢。生涯の師となる藩主・島津斉彬に見いだされ密命を帯びるが、幕末に追われ、南国奄美に島送りとなる。しかし、そこには運命の出会いが待っていた。男色と疑われるほど女性を寄せつけなかったが、3度結婚する。犬好きで、写真嫌い。人々は親しみをもって彼を西郷どん(せごどん)と呼ぶ。

西郷吉兵衛:風間杜夫…吉之介(隆盛)らの父親
西郷らの父。どちらかと言えば、ダメ親父。勘定方小頭役を務める。融通がきかない一面が。次右衛門とは、何かとケンカになる犬猿の仲。そろばん片手に会計係の仕事を細々とやっているが、実は若いころ、剣の腕がすごかったらしい!?西郷の優しさと人間味は父譲り。

西郷満佐:松坂慶子…吉之介(隆盛)らの母親
男だったら家老になったと言われる肝っ玉母さん。貧乏でも明るく、子どもたちに愛情を注ぐ。「子どもは藩の預かり者」と考え、西郷を芯の通った男に育てようと愛をもって厳しく教育する。西郷の深い愛と胆力は母譲り。

西郷琴:桜庭ななみ(幼少期:栗本有規)…西郷家の長女
西郷家の長女、吉之助(隆盛)の妹。何かとトラブルを起こす兄に呆れながらも、幼い弟妹の面倒を引き受け、家計のやりくりに奔走するしっかり者。嫁入りしても何かと西郷家を気にかけ、兄を慕い、支え続ける。

西郷吉二郎:渡部豪太(幼少期:荒井雄斗)…西郷家の次男
西郷家の次男。兄の波乱の生涯の裏側で、貧乏に追い込まれる西郷家を、家にいないお兄ちゃんに代わり、一家の大黒柱として支える。畑仕事や内職にいそしむギリギリの生活ながらも、西郷の熱い思いを理解し、家族を守る優しく実直真面目な弟。

西郷従道(信吾):錦戸亮…西郷家の三男
西郷家の三男。術、兵学に秀で、島津斉彬に仕える。血の気の多い性格で、有馬新七ら過激な藩士たちと伏見(現在の京都市伏見区)の寺田屋に潜伏し京都所司代暗殺を謀る。2度目の島流しから召還された兄・隆盛に従い、戌辰戦争に従軍。明治維新になると、西郷は大久保らと袂を分かつが、従道は明治政府に残り”西南戦争”で兄を追い詰める側に立つ。

西郷龍右衛門:大村崑…西郷家の祖父
吉之介(隆盛)らの祖父。涙もろく物静かで温厚だが、侍としての矜持は忘れない。息子の吉兵衛はいまひとつ出世できなかったことを不甲斐なく思い、孫の小吉(吉之介)の成長を楽しみにしている。

西郷きみ:水野久美…西郷家の祖母
吉之介(隆盛)らの祖母。貧しくてもたくましい西郷家のゴッドマザー。自慢の嫁・満佐が生んでくれた小吉(吉之介)は、鹿児島城下に敵無しと言われた西郷家の先祖「無敵斎様」の生まれ変わりだと信じている。

熊吉:塚地武雅…西郷家の使用人
西郷家に親子代々仕える下男(下男とは、雇われて身の回りの世話をする人) 。隆盛が生まれた時からその成長を見守り、貧乏な西郷一家を支え続けた。幕末の波乱の中、江戸へ京へと西郷に従い、西南戦争では西郷の息子・菊次郎を背負って戦地から救出。義理人情に厚い男で、生涯、西郷に尽くす。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

🏠大久保家
沖永良部島に役人として赴任し、琉球(沖縄)との窓口を務めている。

大久保正助(利通) :瑛太(幼少期:石川樹)
近所の幼馴染。西郷の生涯の盟友でライバル。郷中一の秀才とうたわれたが、父が政争に巻き込まれ不遇な青春時代を過ごす。その後、藩主の弟・島津久光に近づき、頭角を現していく。西郷の生涯の友であるが、晩年は考え方の違いで、すれ違う場面も。しかし、西郷・大久保、二つの個性が出会わなければ明治維新は起こらなかった。

大久保次右衛門:平田満…正助の父
大久保正助の父。西郷家とは古くからの付き合いで、西郷のことも息子のようにかわいがっている。沖永良部島に役人として赴任、琉球(現在の沖縄)との窓口である「琉球館」で働くなどして、海外の情報にも通じている開明的で優秀な人物。正助の知性は父譲り。

大久保福:藤真利子…正助の母
正助の母。西郷家とは家族ぐるみで親しく付き合う。藩のお家騒動に巻き込まれ、夫は島流しに、息子の正助も謹慎処分となり、一家は収入源を断たれてしまう。内職にいそしみ気丈に一家を支え、出世の道を断たれ苦しむ正助を見守る賢き母。

大久保キチ:佐藤奈織美(少女期:吉田空)…正助の妹。

大久保スマ:日下玉巳…正助の妹。

大久保ミネ:髙野友那…正助の妹。

大久保満寿:ミムラ…正助の妻
正助の妻。
https://www.nhk.or.jp/segodon/cast/okubo_masu.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

🏠島津家(本家)
代々藩主を務める薩摩の豪族。しかし、父・斉興は斉彬を毛嫌いし、家族仲は良くない。

島津斉彬:渡辺謙
島津家第28代当主。薩摩では伝説の男。聡明で卓越した知識を持ち、壮大な政治哲学で時代を牽引したカリスマ。貧しい下級武士の西郷に、気骨と類いまれなる才能を見いだし大抜擢の登用をする。西郷生涯の師であり、その遺志を抱き続ける”偉大なる父”。

喜久(きく):戸田菜穂…斉彬の側室
斉彬の側室として、子宝に恵まれるが多くが幼い内に亡くなる。悲劇の裏側に、反斉彬の由羅が暗躍していると噂が広まり、お家騒動が巻き起こる。斉彬も謎の病に倒れるが、篤姫や西郷との交流の中、献身的に夫を支え続ける。

寛之助:寺師海渡…斉彬の子。母は喜久。

於一(→篤姫) :北川景子
薩摩・島津家の分家に生まれた姫。薩摩でのびのびと暮らしていたが、藩主・島津斉彬の目に留まり、13代将軍・徳川家定の正室候補となる。斉彬の養女となり、国の命運をかけて嫁ぐ覚悟をするが、婚儀をまとめるために奔走する西郷との間に恋心が芽生え、大いに揺れ動く…が徳川家定に嫁ぐ。西郷と篤姫の絆は、やがて「江戸無血開城」へと繋がっていく。

於哲(おあき):杉岡詩織…久光の娘。

虎寿丸(とらじゅまる):藤本悠希…斉彬の嫡男。

島津斉興:鹿賀丈史…斉彬の父
島津家第27代当主で薩摩藩主。斉彬の父。嫡男の斉彬を疎んじて、藩主の座を譲らないばかりか、斉彬を支持する者を徹底的に弾圧する。溺愛する側室の由羅の子・久光を登用して、自らは長きに渡り権力者として君臨し続けようと画策。そいてついに斉彬との直接対決のときが訪れる。

由羅(ゆら):小柳ルミ子…斉興の側室
島津斉興の側室。もとは江戸の町人の出で、斉興の寵愛を受け、男子を産んだことにより権力を手にする。我が子・久光かわいさから、斉彬を疎む。斉彬と斉興が決裂するなか「お家騒動(お由羅騒動)」が巻き起こり、西郷たちの運命を大きく揺るがす。西郷がこの世で一番恨んだ女。

島津久光:青木崇高…斉興の異母兄弟
斉彬の異母弟。島津斉興と由羅の子で、類まれな才能を持つ異母兄・斉彬に憧れ、その背中を追い続ける。兄の死により薩摩藩の最高権力者となるが、斉彬に心酔し自らを田舎者扱いする西郷を疎み、遠島流しの刑に処すなど対立を深める、”西郷生涯の敵”。

赤山靭負:沢村一樹…斉彬の家臣
名門の出で、薩摩藩の重臣。島津斉彬を藩主にと尽力。西郷家とは、父・吉兵衛が赤山家の御用人(用頼み)を務めていた縁で古くから交流があり、西郷たちにとって先生のような存在。良き相談相手で、斉彬との縁を結んでくれた恩人であるが、斉興と由羅の
陰謀に巻き込まれていく…。

山田為久:徳井優…斉彬の側近
斉彬の側近。国難に向けて「日本の国の形を変える」と宣言する斉彬の壮大な計画を支え忠義を尽くそうとするが、その本位が時折理解出来ず、翻弄される。斉彬のお庭方として抜擢される吉之介(隆盛)の無謀さにも、翻弄される。

調所広郷(ずしょ ひろさと):竜雷太…薩摩藩の家老
島津斉興の側近。薩摩藩主・斉興のもと厳しい財政難にあった薩摩藩を立て直した逸材。欧米列強の脅威が迫るなか、薩摩に大改革をもたらそうとする斉彬は、藩の財政を破綻させると危惧して、反斉彬派となって対立する。薩摩藩が密貿易などの嫌疑を受け、その追求の矢面に立たされ、薩摩藩を二分するお家騒動に発展していく。

桂久武:井戸田潤…赤山の弟
薩摩藩士。赤山靱負の弟。島津氏分家・日置島津家当主の島津久風の五男。母は同じ島津氏庶流である末川久泰の娘。長兄は、第29代藩主・島津忠義の主席家老島津久徴(下総、左衛門)、次兄は、お由羅騒動で犠牲となった赤山靭負。西郷の父・吉兵衛が日置島津家の用頼(御用人)をしていた関係で、久武と西郷はとても親しく、往復書簡を何度も交わしている。島から戻った西郷とは入れ違いで大島警衛として奄美大島に赴任。残された愛加那や息子・菊次郎の面倒をみる。その後藩の家老となり、さらに西郷の魅力を深く知り、生涯西郷を支える。

幾島:南野陽子…篤姫(於一)の女中頭
篤姫(於一)の女中頭。篤姫が嫁入するということで、近衛家から遣わされた世話人。恐ろしく頭の切れる女。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

郷中の仲間たち👥
岩山糸:黒木華(幼少期:渡邉このみ)
家老座書役 岩山八郎太の次女で23歳。西郷家と同じ鹿児島城下に暮らす武家の娘。好奇心旺盛で、ときに無類の行動力を発揮する芯の強いおてんば娘。幼いころ同じ城下に住む西郷隆盛にひそかに思いを寄せる。一度は心ならずも他家へ嫁ぐが、紆余曲折の末、西郷隆盛の3人目の妻となる運命の女性。慎ましく芯の強い薩摩の女。潔癖症な一面も。

大山格之助 /綱良:北村有起哉(幼少期:犬飼直紀 )
幼少時、隆盛と共に学んだ仲間。西郷より年上で、性格は親分肌。西郷や大久保利通たち城下の若者が結集した「精忠組」に参加し、ともに革命に青春をかける。維新後は鹿児島県令(知事)となるが、新政府に納税しないなど大山の過激さが大久保を激怒させる。

有村俊斎 /海江田信義:高橋光臣(幼少期:池田優斗 )
11歳で島津斉興の茶坊主となる(茶坊主とは、主に茶の湯の手配など、来訪者の案内接待をしたり、雑用をする職)。大人の世界に早くから入り込み、世渡り上手な一面を持つ「精忠組」の仲間でお調子者。西郷よりも早く江戸に出て学ぶが、その後、めきめきと出世し活躍していく西郷に嫉妬し、西郷と対立する島津久光に近づくも…。

村田新八:堀井新太(幼少期:加藤憲史郎)
同じ郷中(町内)に育った西郷を兄と慕い常に同行した子分。西郷2度目の島流しでは、新八も喜界島に流刑となる。大久保にも慕われ、明治新政府のに担い手として期待され岩倉具視欧米視察団にも参加するが、西郷とともに下野し、死の間際まで西郷に付き添うことに。西南戦争では、楽器のアコルディオン(アコーディオン)を弾き、兵士たちを癒した。

有馬新七:増田修一朗(幼少期:伊澤征樹)
下加治屋町に育ち、同じ郷中で切磋琢磨して育った幼馴染。吉之介は年下だが一目置いている。やがて脱藩拳兵を計画し、大久保と対立。過激な攘夷運動に関わり、藩を揺るがす寺田屋事件で壮絶な死を遂げることに。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都👘
月照(げっしょう):尾上菊之助
京都・清水寺成就院の僧侶。尊皇攘夷に傾倒して京都の公家と関係を持ち、徳川家定の将軍継嗣問題では一橋派に与したため、大老の井伊直弼から危険人物と見なされた。西郷隆盛と親交があり、西郷が尊敬する島津斉彬が急死したとき、殉死しようとする西郷に対し止めるように諭している。安政5年(1858年)8月から始まった安政の大獄で追われる身となり、西郷と共に京都を脱出して西郷の故郷である薩摩藩に逃れたが、藩では厄介者である月照の保護を拒否し、日向国送りを命じる。これは、薩摩国と日向国の国境で月照を斬り捨てるというものであった。このため、月照も死を覚悟し、西郷と共に錦江湾に入水した。月照はこれで亡くなったが、西郷は奇跡的に一命を取り留めている。享年46であった。「眉目清秀、威容端厳にして、風采自ずから人の敬信を惹く」と伝えられている。

近衛忠煕:国広富之
https://www.nhk.or.jp/segodon/cast/konoe_tadahiro.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

🏠徳川家・徳川幕府
徳川家定:又吉直樹
江戸幕府第13代将軍。於一(篤姫)の夫となる。第12代将軍・徳川家慶の四男として江戸城で生まれる。家慶は14男13女を儲けたが、成人まで生き残ったのは家定だけであった。しかし家定も幼少の頃から病弱で、人前に出ることを極端に嫌った。天保12年(1841年)に大御所・徳川家斉(第11代将軍。家定の祖父)の死後、(第12代将軍・家慶の)世嗣となる。しかし家慶は、家定の継嗣としての器量を心配して、一橋家の徳川慶喜を将軍継嗣にしようと考えたほどである。だが、老中・阿部正弘らが反対したため、結局は家定を将軍継嗣とした。嘉永6年(1853年)、家慶が黒船来航から19日後に病死したことを受け、第13代将軍となった。

本寿院:泉ピン子…家定の母
https://www.nhk.or.jp/segodon/cast/honjyuin.html

徳川一門
徳川斉昭(とくがわ なりあき):伊武雅刀
前水戸藩主。常陸水戸藩の第9代藩主。江戸幕府第15代(最後)の将軍・徳川慶喜の実父。

一橋慶喜:松田翔太
一橋家当主。斉昭の子。
https://www.nhk.or.jp/segodon/cast/hitotsubashi_yoshinobu.html

幕閣
阿部正弘:藤木直人
江戸幕府老中。若くして徳川幕府の老中に就任し、島津斉彬らの意見も幕府に起用。美男子で大奥でも人気。

井伊直弼(いい なおすけ):佐野史郎
彦根藩主。幕末の譜代大名。近江彦根藩の第15代藩主(16代藩主、13代当主という数え方もある)。幕末期の江戸幕府にて大老を務め、日米修好通商条約に調印し、日本の開国近代化を断行した。また、強権をもって国内の反対勢力を粛清したが(安政の大獄)、それらの反動を受けて暗殺された(桜田門外の変)。

勝海舟:遠藤憲一

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

🌸愛加那(あいかな):二階堂ふみ
奄美大島の名門、龍家一族の娘。隆盛と結ばれる島の娘。西郷の島妻となり、菊次郎、菊草の母親。隆盛が安政の大獄により、奄美大島に流罪された際に、島で出会う魅力的な娘。2人は恋に落ちるが…。当時の薩摩藩の藩法で島滞在中だけの妻となり、約3年間を隆盛と共に過ごす。隆盛との間に生まれた長子は西郷菊次郎。娘の菊草(きくそう)は大山誠之助(大山巌の弟)の妻となった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

品川宿磯田屋
ふき → ふき〈およし〉:高梨臨(少女期:柿原りんか)…貧しい農民の娘。
年貢が払えず苦しむ自分たちを救おう動く西郷に恋心を抱く。
薩摩出身で貧しい百姓の娘。通称はおよし。身売りされ江戸の品川宿で働く。

タマ:田中道子…品川宿の娘。
宿屋『磯田屋』で働く農家の娘。磯田屋の飯盛女。通称は小玉(こたま)。

八兵衛:久松龍一…磯田屋の下男。

カネ:西川可奈子…磯田屋の飯盛女。通称は金鶴(かねつる)。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

謎の漂流者(謎の男 → 謎の漂流者):劇団ひとり
鹿児島城に入牢している男。英語を流暢に話し、ジョン・マンと名乗る。本名は万次郎(まんじろう)で漁師。漁師だが学ぶことが出来た為、学がある。

汐:木内友三
謎の漂流者こと万次郎の母。

越後福井藩
橋本左内:風間俊介
越前福井藩医。


おゆう:内田有紀

虎(とら):近藤春菜

桂小五郎:玉山鉄二

岩倉具視:笑福亭鶴瓶
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

語り:【降板】市原悦子【代役】西田敏行

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
鈴木亮平が大河ドラマに初主演!
維新のヒーロー・西郷隆盛の生涯を新たな視点で描く! 

林真理子の小説を原作に中園ミホの脚本で、時代を切り開いた男・西郷隆盛の生涯を新たな視点で描く。一度会ったら誰もが引き込まれる澄んだ瞳を持ち、ユーモアある愛きょうで“せごどん”と呼ばれて男女問わず愛された西郷を、大河ドラマへの出演は今作が初めてとなる鈴木亮平が演じる。

勇気と実行力に長けた西郷の姿は、閉塞感のある現代社会を生き抜くヒントにもなるはず。幕末に薩摩藩の下級武士として生まれ、徳川幕府を倒して維新を成し遂げ、最期は明治新政府と戦い命を散らす…。そんな西郷の周りで巻き起こる、笑いと愛と波乱の物語が幕を開ける。


2018年秋、土曜ドラマ『連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~』

kage

2018/12/15 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月13日スタート 

WOWOWプライム 毎週土曜 22:00~23:00

 連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:吉田康弘、酒井雅秋、野木萌葱、瀧本智行、蓬莱竜太、瀬々敬久
監督:波多野貴文、内片輝、守下敏行

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
石川百合:吉田羊
神奈川県警捜査一課の警部。直感的な洞察力と観察眼を持ち、人の発言や行動などから事件の真相に迫る。純粋に正義を貫く強い意志で、チームを率いているが、2年前に凶悪犯を射殺したことでトラウマを抱えている。飼いネコの名前はコロンボ。

高木信次郎:永山絢斗
2年前からの百合の年下の相棒。階級は巡査部長。生意気で熱血漢だったが、チームに支えられ刑事として成長し、感情的になった立川をなだめるなど頼もしい一面も。自身のつらい経験から、被害者遺族に真摯に向き合う。

立川大輔:滝藤賢一
百合の同僚で階級は警部補。真っすぐな性格だが、事件解決を急くあまりに感情的になるなど短気な一面も。妻に愛想を尽かされ別居し、現在は一人暮らし。

金子徹:光石研
百合の同僚で階級は警部補。長年の交番勤務経験から、神奈川県に土地勘がある。冷静沈着な性格と、豊富な捜査経験と知見で事件を分析し、チームを支える。あだ名は、ねこさん。

本木秀俊:三浦友和
百合たちのチームを束ねる指揮官であり頼れるボスで、階級は警視。厳格だが、部下への思いやりも持ち合わせている。課長代理という役職のため、メンバーからは「代理」と呼ばれている。離婚後、疎遠になってしまった娘に誕生した孫に会いたいと思っている。ケバブが好き。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
日本版「コールドケース」待望の第2シーズンがパワーアップして登場!! 
未解決凶悪犯罪、通称・コールドケースを扱う捜査チームの活躍を描くアメリカの大人気ドラマを、吉田羊主演で日本版リメークした刑事ドラマの待望の続編。神奈川県警捜査一課のチームを牽引する刑事・石川百合役の吉田のほか、高木信次郎役の永山絢斗、立川大輔役の滝藤賢一、金子徹役の光石研、本木秀俊役の三浦友和と、前シーズンのレギュラーメンバーが再結集。シーズン1よりも、さらにスケールアップした大規模なロケーションが敢行され、日本ならではの時代感や重厚な事件テーマを取り上げる。また、毎話登場する豪華で多彩なゲスト俳優も見どころ。


2018年秋、土曜ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』

kage

2018/12/15 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月13日スタート 

日本テレビ系 毎週土曜 22:00~22:54

 ドロ刑 -警視庁捜査三課-

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:福田秀「ドロ刑」(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
脚本:林宏司
演出:大谷太郎、中島悟、高橋朋広
プロデューサー:池田健司、能勢荘志、次屋尚、関川友理
主題歌:カラクリだらけのテンダネス/Sexy Zone

E13-b043.gif
外部サイト:ドロ刑 -警視庁捜査三課-

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
斑目勉:中島健人
警視庁捜査三課第13係の新米刑事。ひょんなことから出会った伝説の大泥棒・煙鴉と禁断のコンビを結成し、難事件に挑む。やがて、煙鴉を捕まえるべきなのか、正義とは何かを自問する。

煙鴉:遠藤憲一
伝説の大泥棒。誰も犯行を目撃したことがなく、痕跡も全く残さない盗みのプロ。なぜか新人刑事の斑目に協力し、共に難事件を解決していく。

小平美希:石橋杏奈
警視庁捜査三課第13係の刑事。とことん前向きな性格。元警視庁音楽隊所属で絶対音感を持っている。音や声の聞き分けに関して、スーパーコンピューター並みの精度を誇る。

皇子山隆俊:中村倫也
警視庁捜査三課第13係の刑事。捜査一課出身の元エリート。煙鴉の事件解明に刑事生命を懸けている。ある時から煙鴉の事件以外は興味を示さなくなり、必要最低限の任務しかこなさない。

左門陽作:板尾創路
警視庁捜査三課第13係の刑事。捜査三課の古株。元スリ捜査専門で、捜査のために家庭を犠牲にしてきた過去を持つ。今は捜査よりも酒が好きな昭和のおやじ。

鯨岡千里:稲森いずみ
警視庁捜査三課第13係の刑事。係長。捉えどころのない天真らんまんな性格。思慮深いのか何も考えていないのか分からない独特の指示を出すため、周囲に混乱をきたしつつも、かえって13係が一致団結する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
中島健人が初の刑事役で主演!
“大泥棒”遠藤憲一とコンビを組んで難事件を解決する! 

新米刑事が大泥棒の知識とアドバイスによって“真の刑事”に成長していく新感覚の刑事ドラマ。刑事の斑目勉をSexy Zoneの中島健人が、斑目の相棒となる伝説の大泥棒・煙鴉(けむりがらす)を遠藤憲一が演じる。中島はゴールデン・プライム帯の連続ドラマは初主演。遠藤とは「チーム・バチスタ第2弾 ナイチンゲールの沈黙」(フジテレビ系)以来、9年ぶりの共演となる。ドラマタイトルは、盗犯捜査をする三課の刑事が、通称・泥棒刑事、略して“ドロ刑”と呼ばれることにちなんだもので、聞き込み、張り込み、尾行など、やらない捜査はないと言われるほど“ドロドロになりながら捜査する刑事”の意味もある。

2018年秋、土曜ドラマ9「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」

kage

2018/12/15 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月6日スタート 

BSテレ東 毎週土曜 21:00~21:54

 土曜ドラマ9「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:佐藤青南「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズ(宝島社)
脚本:ブラジリィー・アン・山田、大浦光太、本田隆朗
監督:山内大典
プロデューサー:森田昇、岩田祐二、山内大典
主題歌:FUSEKI/The Super Ball

E13-b043.gif
外部サイト:土曜ドラマ9「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
楯岡絵麻:栗山千明
警視庁捜査一課の刑事で、“泣く子も黙る閻魔さま”の異名をとる、行動心理捜査官。巻き髪に派手な服装で取調室に現れるが、被疑者の習慣や仕草、行動パターンからうそを見破る取り調べのスペシャリスト。

西野圭介:白洲迅
絵麻の相棒である、警視庁捜査一課の刑事。張り切って捜査に加わろうとするが、絵麻や筒井に振り回される。

筒井道大:宇梶剛士
警視庁捜査一課のベテラン刑事。たたき上げで情に厚く、自分の勘で動くタイプ。古いスタイルで捜査を進め、絵麻に対抗心を燃やす。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
栗山千明が“うそ”を見破る刑事に! 取調室を舞台にした心理サスペンス! 
新鋭ミステリー作家・佐藤青南の小説「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズを、栗山千明主演で連続ドラマ化。警視庁の特別取調室を舞台に、人がうそをつく瞬間に0.2秒間だけ現れる、その人固有の“マイクロジェスチャー”を読み取り、被疑者のうそを見破る刑事・楯岡絵麻が鮮やかに事件を解決していく心理サスペンス。営利誘拐、連続殺人、爆破予告、警察への挑戦など、毎回発生する難事件の容疑者は、占い師や女優、弁護士、天才学生など、上手にうそをつく手ごわい相手ばかり。彼らは、犯した罪をどのように隠して逃げ切ろうとするのか、そして絵麻がどのように追い詰めていくのか。密室での熱い心理戦が繰り広げられる。