FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

カテゴリ:・2020冬期ドラマ紹介 の記事リスト(エントリー順)

kage

| | 古い記事一覧へ ≫

2020年冬、火曜ドラマ『死にたい夜にかぎって』

kage

2020/03/31 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★2月25日スタート 

TBS系 毎週火曜 25:28~25:58

 死にたい夜にかぎって

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:爪切男「死にたい夜にかぎって」(扶桑社)
脚本:加藤拓也
監督:村尾嘉昭
主題歌:7/ましのみ

E13-b043.gif
外部サイト:死にたい夜にかぎって

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
小野浩史 :賀来賢人
幼くして母に捨てられ、父の鉄拳制裁を受けながら育つ。女性に憧れが強いものの、全くモテず、振り回されてばかりいる。25歳の時に人生最愛の女性・アスカと出会う。渋谷にあるラッパーしかいない編集社で働いている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
賀来賢人主演。過激な女性たちに振り回され続けたどうしようもない男の“実録”半生 
WEBサイト「日刊SPA!」の連載エッセーから恋愛エピソードを中心に再構築した爪切男の同名小説を原作に、賀来賢人の主演で実写ドラマ化。幼くして母に捨てられた男・小野浩史(賀来)が、さまざまな女性たちとの出会いを通じて少しずつ笑顔を取り戻していく姿を描く、もの悲しくもユーモアあふれる物語。監督は「アンナチュラル」「Nのために」(同系)などを手掛けた村尾嘉昭が、脚本は「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)や演劇界でも活躍する加藤拓也が担当する。さらに、TBSでの放送終了後から、TSUTAYAプレミアムでの独占配信も決定している。


スポンサーサイト



2020年冬、真夜中ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」

kage

2020/03/28 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★1月11日スタート 

BSテレ東 毎週土曜 24:00~24:30

 真夜中ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:きらたかし「ハイポジ」(双葉社)
脚本:開沼豊
監督:平林克理/茂木克仁/松下洋平
プロデューサー:金岡英司/岡本宏毅/宇田川寧/加藤千穂
主題歌:FINE MAN ART/SAKANAMON

E13-b043.gif
外部サイト:真夜中ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
天野光彦:今井悠貴
1986年、16歳の高校生。体は若いが、心は30年後からタイムスリップしてきた46歳の光彦。かつては経験できなかったことばかりの“2度目の青春”を謳歌するが、さつきと幸子との間で戸惑う。

天野光彦:柳憂怜
会社をリストラされ、離婚危機に直面している46歳。ある日、風俗店で頭を打ち、魂だけ16歳の自分にタイムスリップしてしまう。

小沢さつき:黒崎レイナ
光彦の高校時代の同級生で、初恋の相手。現在の光彦にとって忘れられない存在。16歳。

司幸子:鈴木絢音
光彦と同じ高校の生徒で、16歳。後に光彦の妻となるが、高校時代は会話したこともなかった。

司幸子:いしのようこ
光彦の46歳になる妻。離婚の危機にある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
今井悠貴が中身は46歳の高校生役に。1980年代カルチャー満載の青春ドラマ! 
原作は「漫画アクション」連載の同名コミック。会社をリストラされ、離婚危機にあり、お先真っ暗な46歳の主人公がタイムスリップして、16歳の高校生となり2度目の高校生活を謳歌していくさまを描き出す。1980年代の流行や文化、音楽などを盛り込み、この時代を知っている世代は懐かしく、知らない世代も青春の切なさを感じられる恋愛ドラマ。

16歳の天野光彦役を務める今井悠貴が、体は16歳だが魂は46歳という難役に挑む。46歳の光彦には柳憂怜が扮し、タイムスリップした先でも、16歳の光彦の心の声となって登場する。そのほか、黒崎レイナ、乃木坂46・鈴木絢音、いしのようこらが共演する。



2019年秋—2020冬、連続テレビ小説「スカーレット」

kage

2020/03/28 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★2019年9月30日スタート 
NHK総合 毎週月曜~土曜 08:00~08:15

 連続テレビ小説「スカーレット」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:水橋文美江
演出:中島由貴/佐藤譲/鈴木航
制作統括:内田ゆき
プロデューサー:長谷知記
主題歌:フレア/Superfly

E13-b043.gif
外部サイト:連続テレビ小説「スカーレット」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
川原喜美子:戸田恵梨香
3人姉妹の長女。9歳で滋賀・信楽に移り住み、地元の信楽焼に触れて育つ。幼い頃から貧しい一家を支える働き者。男性ばかりの陶芸の世界に飛び込み、女性陶芸家の草分けとして歩み始める。お人よしな性格で、周囲に頼られることが多い。特技は絵と柔道。

川原常治:北村一輝
喜美子の父。大阪出身。小学校卒業後、商家にでっち奉公に出る。山っ気があり、いろいろな商売に手を出してきた。見栄っ張りで人がよく、金が全く身につかない。借金から逃れるために一家で信楽へ移り住んだ。

川原マツ:富田靖子
喜美子の母。大阪・八尾の大地主の娘。商売で実家に出入りしていた常治と駆け落ち同然で結婚する。穏やかでおっとりした性格。和洋裁の腕があり、学問もできる。体が弱く、働き者の喜美子を頼りにしている。

川原直子:桜庭ななみ
喜美子の上の妹。3歳の時に空襲で1人取り残された記憶がトラウマとなる。わがままで自由奔放な性格。家の手伝いは大嫌い。早々に信楽を飛び出すが、反抗心と裏腹に甘えたい気持ちもあり、たびたび喜美子にトラブルを持ち込む。

熊谷照子:大島優子
喜美子の幼なじみ。信楽で一番大きな窯元「丸熊陶業」のお嬢さま。プライドが高く、勝気な性格で、ちやほやされる割に友達ができない。転校生の喜美子に興味を持ち、一緒に柔道を習うなど、仲が良いのか悪いのか分からない不思議な関係。

大野信作:林遣都
喜美子の幼なじみ。信楽の「大野雑貨店」の一人息子。気が弱く、引っ込み思案な性格。器量よしで照子からさかんにアピールされるが気付かない。成長後は大きな変化を遂げ、喜美子を驚かせる。

草間宗一郎:佐藤隆太
謎の旅人。ふとしたことから常治が信楽に連れてきて、川原家の居候になる。戦時中は満州におり、日本で空襲にあって行方不明になった妻を捜している。信楽を去ってからも喜美子の前に現れ、新たな道を選ぶきっかけとなる。

大野陽子:財前直見
川原家の隣人。信作の母。「大野雑貨店」を切り盛りする。祖母の住まいだった空き家を川原家に提供する。大らかな性格で、マツの良き友人となり、喜美子たち3姉妹のことも何かと気にかけている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
戸田恵梨香主演で滋賀・信楽を舞台に描く、女性陶芸家の波瀾万丈な物語 
滋賀の焼き物の名産地・信楽を舞台に、がむしゃらな強さと天性の明るさを持つ女性の人生を描く波瀾万丈な物語。戦後の高度経済成長期に男性ばかりの陶芸の世界で、女性陶芸家の草分けとして歩み始める主人公・川原喜美子を戸田恵梨香が演じる。
脚本は「ホタルノヒカリ」(日本テレビ系)、同局の「みかづき」などを手掛けた水橋文美江が担当。タイトルの“スカーレット”は伝統的に炎の色とされる緋色のことで、窯の炎のほか、情熱的な人生の意味が込められている。

喜美子の両親を、北村一輝、富田靖子が演じるほか、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、財前直見らが共演する。

2019年春—2020冬、テレビ朝日開局60周年記念帯ドラマ劇場『やすらぎの刻~道』

kage

2020/03/27 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★2019年4月8日スタート 

テレビ朝日系 毎週月曜~金曜 12:30~12:50

 テレビ朝日開局60周年記念帯ドラマ劇場「やすらぎの刻~道」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:倉本聰
主題歌:進化樹/離郷の歌/中島みゆき

E13-b043.gif
外部サイト:やすらぎの刻~道

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
根来しの :風吹ジュン
無名の夫婦の生涯をつづる菊村の作品「道」のヒロイン。戦後から平成の世を生き抜く。

浅井(根来)しの :清野菜名
14歳の時、訳あって同業の養蚕農家から根来家に引き取られた。明るくおてんばな性格で度胸も満点。なぎなたは県の大会で2位に輝いたほどの腕前。男子相手のけんかにもひるまず立ち向かい、度々騒動を巻き起こす。

根来公平 :橋爪功
「道」のヒロイン・しのの夫。栄が水沼の魅力を投影したキャラクター。

根来公平 :風間俊介
養蚕農家・根来家の四男。小さい頃から“ついていないこと”ばかり起きるため、13歳にして「うまくいかないのが人生」と達観し、夢や希望を持たずに生きる。

菊村栄 :石坂浩二
かつての売れっ子シナリオライター。認知症となった妻・律子の介護に疲れ果てていた時、「やすらぎの郷 La Strada」から入居の誘いを受ける。夫婦での移住を決意した矢先に律子が他界。1人で入居することに。その後、入居者たちに触発されて新たに「道」のシナリオ執筆を始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
倉本聰オリジナル脚本の帯ドラマ劇場を1年間放送! 新加入メンバーも共に物語を紡ぐ
倉本聰のオリジナル脚本により帯ドラマ劇場枠で1年間放送する、テレビ朝日開局60周年記念作品。2017年に放送された「やすらぎの郷」の続編で、石坂浩二演じる主人公のシナリオライター・菊村栄が新たに執筆する「道」が映像化されていくという壮大なストーリー。“ふるさと”をテーマに、戦中・戦後と激動の時代を生き抜いた無名の夫婦の生涯とともに、「やすらぎの郷」の“その後”も併せて描かれる。

物語は昭和初期から始まり、前半の主人公を清野菜名、戦後の高度成長期を経て現代に至るまでの後半を風吹ジュンが演じる。風吹は前作同様、菊村の亡き妻・律子との2役。そのほか、橋爪功、風間俊介など豪華キャストが多数共演する。


2020年冬、ドラマ24「コタキ兄弟と四苦八苦」

kage

2020/03/27 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★1月10日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 24:12~24:52

 ドラマ24「コタキ兄弟と四苦八苦」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:野木亜紀子
監督:山下敦弘
プロデューサー:阿部真士/濱谷晃一/根岸洋之/平林勉/伊藤太一
エンディング:ちょうどいい幸せ/スターダスト☆レビュー

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマ24「コタキ兄弟と四苦八苦」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
古滝一路 :古舘寛治
真面目過ぎてうまく生きられない男。以前は予備校の英語講師だったが、現在は無職でつつましい暮らしをしている。近所の喫茶店「シャバダバ」に通うことが唯一の楽しみで、かわいいアルバイト店員のさっちゃんに話しかけようと試みるが、いつもうまくいかず空振りに終わっている。

古滝二路 :滝藤賢一
一路の弟。真面目過ぎる兄を見て育ったせいか、ちゃらんぽらんで一路とは正反対の性格。8年前に一路から勘当を言い渡されていたが、ある日突然、一路の家に転がり込む。ひょんなことから一路と2人で“レンタルおやじ”を始めることに。

さっちゃん :芳根京子
一路行きつけの喫茶店「シャバダバ」でアルバイトしている、同店の看板娘。最初は店員として兄弟に接するが、次第に深く関わるようになっていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本・野木亜紀子×監督・山下敦弘、
古舘寛治と滝藤賢一が兄弟役の人間賛歌コメディー 

真面目すぎる兄とちゃらんぽらんな弟が、ひょんなことから“レンタルおやじ”を始め、癖のある依頼内容に四苦八苦しながらも孤独な依頼人たちと関わっていく人間賛歌コメディー。古舘寛治と滝藤賢一がダブル主演を務め、愛すべき駄目おやじ兄弟を演じる。
脚本は、「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」(ともにTBS系)、「獣になれない私たち」(日本テレビ系)など人気作を手掛ける野木亜紀子のオリジナルで、本作で同系ドラマに初参加する。監督を務めるのは、数々の映画での受賞歴を誇り、「山田孝之の東京都北区赤羽」「山田孝之のカンヌ映画祭」(同系)を担当した山下敦弘。


2020年冬、木ドラ25「ゆるキャン△」

kage

2020/03/26 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★1月9日スタート 

テレビ東京 毎週木曜 25:00~25:30

 木ドラ25「ゆるキャン△」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:あfろ「ゆるキャン△」(芳文社)
脚本:北川亜矢子
監督:二宮崇/吉野主/玉澤恭平
プロデューサー:藤野慎也/熊谷喜一/岩倉達哉
主題歌:Replay/LONGMAN

E13-b043.gif
外部サイト:木ドラ25「ゆるキャン△」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
志摩リン:福原遥
祖父の影響で中学1年生の時からキャンプを始めた女子高生。知識、経験ともに豊富だが、人付き合いは苦手。静かにキャンプを楽しみたいというポリシーの持ち主で、原付スクーターに乗りながら、道中で気になったキャンプ場に繰り出すほどのキャンプ好き。

各務原なでしこ:大原優乃
無邪気で活発な女子高生。引っ越し当日に自転車で富士山を見に来たものの、疲れて日没まで居眠りをしてしまい困っていたところをリンに助けられ、キャンプに興味を持つように。高校で、大垣と犬山が作った同好会「野外活動サークル」に入部する。

大垣千明:田辺桃子
「野外活動サークル」の部長。リンとは面識があるようだが、若干苦手意識を持たれている。騒々しいが、行動派で男気のある性格。

犬山あおい:箭内夢菜
「野外活動サークル」の一員で、大垣と2人で同好会を立ち上げた創立メンバー。肝心な時にはみんなを気遣う陰のリーダー的存在で、関西なまりのおっとり系。

斉藤恵那:志田彩良
リンの学校の友達。休日に自宅からキャンプ先のリンとSNSでメッセージを交わす間柄で、人付き合いが苦手なリンをサポートする。マイペースな自由人。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
福原遥主演で実写化! ブームを牽引する人気漫画が原作のガールズキャンプドラマ 
近年のキャンプブーム、とりわけ女性のソロキャンプブームに大きな影響を与え、2018年にはテレビアニメも放送された累計250万部突破の同名コミックを実写化。静かにキャンプを楽しみたい、主人公のソロキャンパー・志摩リンを、同系ドラマ初主演となる福原遥が演じる。共演者には、大原優乃、田辺桃子、箭内夢菜、志田彩良と注目の若手女優が集結。

原作の絶景を実際に映像として届けられるよう、ロケ場所にもこだわって撮影。見ればキャンプに行きたくなる、行かなくても行った気分になる、キャンプの魅力満載の、見た人全てが癒やされる新感覚のゆるゆる系キャンプドラマ。


2020年冬、ドラマパラビ「来世ではちゃんとします」

kage

2020/03/25 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★1月8日スタート 

テレビ東京系 毎週水曜 25:35~26:05

 ドラマパラビ「来世ではちゃんとします」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:いつまちゃん「来世ではちゃんとします」(集英社「グランドジャンプ」連載中)
脚本:ペヤンヌマキ/舘そらみ
監督:三木康一郎/湯浅弘章/ペヤンヌマキ/大内隆弘松浦健志
プロデューサー:山鹿達也/祖父江里奈/北川俊樹
主題歌:Tonight/SCANDAL

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマパラビ「来世ではちゃんとします」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
大森桃江:内田理央
都内にある映像プロダクション「スタジオデルタ」の社員で、5人のセフレがいる27歳の性依存系女子。本命の男性・Aくんの彼女には決してなれないと自覚しており、どうしようもない切なさと虚しさを感じているが、「まーいっか。来世ではちゃんとしますということで」と、どこかクールに現状を見つめ、承認欲求、好奇心と寂しさの狭間を生きている。

高杉梅:太田莉菜
「スタジオデルタ」の社員。美人だが、彼氏いない歴=年齢の隠れ処女。恋愛への興味はないアセクシャルだが、BLが大好き。

松田健:小関裕太
「スタジオデルタ」の社員。悪気なく女性に手を出す魔性のイケメン。ヒモ適性もあり、付き合った相手をことごとくメンヘラ化させていく。

林勝:後藤剛範
「スタジオデルタ」の社員。初めてできた彼女を寝取られたトラウマにより、清楚な処女しか好きになれなくなったセカンド童貞。元カノのSNSを見るのがやめられない。

檜山トヲル:飛永翼
「スタジオデルタ」の社員でチームリーダー。副業で漫画を描いている。風俗嬢に本気で恋しており、稼いだお金を貢ぎまくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
内田理央主演。性と生き方をこじらせながらしぶとくサバイブする男女を描くコメディー 
恋に悩む女性たちから共感の声が殺到している、いつまちゃんの同名漫画が原作の、性と生き方をこじらせた今どきの男女の毎日をつづる赤裸々コメディー。主人公の、性に奔放で5人のセフレがいる性依存系女子・大森桃江を同系ドラマ初主演となる内田理央が演じ、個性豊かな社員たちに太田莉菜、小関裕太、後藤剛範、ラバーガール・飛永翼が扮する。

脚本は、演劇ユニットを主宰し、「恋のツキ」「吉祥寺だけが住みたい街ですか」(ともに同系)などを手掛けたペヤンヌマキと、同じく劇団を主宰する舘そらみが担当。「ラブラブエイリアン」「ポルノグラファー」(ともにフジテレビ)などで知られる三木康一郎らがメガホンを取る。



2020年冬、月ドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』

kage

2020/03/23 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★1月20日スタート 

日本テレビ系 毎週月曜 24:59~25:29

 やめるときも、すこやかなるときも

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:窪美澄「やめるときも、すこやかなるときも」(集英社文庫)
脚本:桑村さや香
演出:小室直子
プロデューサー:福士睦/長松谷太郎/能勢荘志/高橋淳之介/松山雅則
主題歌:memento/Kis-My-Ft2

E13-b043.gif
外部サイト:やめるときも、すこやかなるときも

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
須藤壱晴:藤ヶ谷太輔
小さな工房を1人で経営している家具職人。穏やかで優しい性格。初恋の人の死に対するトラウマに苦しんでおり、毎年命日になると1週間ほど声が出なくなる。大切な人を忘れたくても忘れられないストレスを抱えている。

本橋桜子:奈緒
小さな広告制作会社で営業職として勤務。高校生の時に父親の会社が倒産。以来、父親から時折暴力をふるわれている。就職してからは働かない父に代わって家計を支えてきた。家族への不満を抱え、今の生活を変えるために結婚したいと思っている。

柳葉優太:五関晃一(A.B.C-Z)
小料理屋の主人。
かつては壱晴と同じところで家具職人をしていた。

佐藤哲:火野正平
家具職人で壱晴の師匠。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
藤ヶ谷太輔主演、奈緒の共演で“好き”だけでは前に進めない男女を描くラブストーリー 
藤ヶ谷太輔主演、奈緒の共演で、恋愛のリアルを描くことに定評のある窪美澄の長編小説をドラマ化。大切な人の死が忘れられず苦しむ須藤壱晴(藤ヶ谷)と、結婚さえすれば人生を変えられると思っている本橋桜子(奈緒)が、お互いに傷を抱えながら、次第に心を通わせていく姿を描く。人を思う優しさと身勝手な残酷さに揺れる2人の、“好き”だけでは前に進めないラブストーリー。脚本は、映画「ストロボ・エッジ」など多様な恋愛模様を紡いできた桑村さや香が担当。相手を思う純粋な気持ちだけでなく、“自分のため”に恋愛を始める2人の変化を通して、一生を添い遂げるとは何かを問いかける。


2020年冬、月ドラマ『今夜はコの字で』

kage

2020/03/23 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★1月6日スタート 

BSテレ東 毎週月曜 24:00~24:30

 今夜はコの字で

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:加藤ジャンプ 作画:土山しげる「今夜はコの字で」(集英社インターナショナル)
脚本:タナカトモフミ/久万真路/岩渕崇
監督:久万真路/岩渕崇
プロデューサー:瀧川治水/小林教子/湊谷恭史/石井光雄

E13-b043.gif
外部サイト:今夜はコの字で

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
田中恵子:中村ゆり
フードコーディネーターとして働く、吉岡の憧れの先輩。酒豪で、居酒屋で初対面の人とも打ち解けることができる。吉岡に、コの字型のカウンターのある大衆居酒屋“コの字酒場”の魅力を伝える。

吉岡としのり:浅香航大
広告代理店「シューエイプロジェクト」の社員。忙しい毎日で会社と家を往復する日々だったが、再会した恵子に勧められ“コの字酒場”で一緒に飲むうちに、どんどんハマっていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
中村ゆりと浅香航大がW主演。
コの字酒場で繰り広げられる異色のグルメ&恋愛ドラマ 

同名コミックを原作に、中村ゆりと浅香航大のダブル主演でおくる、“コの字酒場”を舞台にした異色のグルメ&恋愛ドラマ。忙しい毎日に、会社と家を往復するだけの日々を送っていた広告代理店社員の吉岡としのり(浅香)が、ひょんなことから再会した憧れの先輩・田中恵子(中村)に教えてもらったコの字型のカウンターのある居酒屋で、おいしい料理と酒に出合い、次第に心がほどけていくさまと、2人の関係が深まっていく姿を描く。

中村と浅香は、共に民放連続ドラマ初主演。そこに、同局で放送し好評を博した「ワカコ酒」シリーズの制作スタッフが集い、シズル感たっぷりの映像をおくる。

2020年冬、日ドラマ『テセウスの船』

kage

2020/03/22 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月19日スタート 

TBS系 毎週日曜 21:00~21:54

 テセウスの船

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:東元俊哉「テセウスの船」(講談社モーニング)
脚本:高橋麻紀
演出:石井康晴/ 松木彩/山室大輔
プロデューサー:渡辺良介/八木亜未
主題歌:あなたがいることで/Uru

E13-b043.gif
外部サイト:テセウスの船

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
田村心:竹内涼真
31年前に起きた連続毒殺事件で父・文吾が逮捕され、顔も見たことがない父のせいで人目を気にして生きてきた。事件が起きる直前の平成元年にタイムスリップ後、失われた家族の笑顔を取り戻すために、父の事件を食い止めて過去を変えようとする。

佐野和子:榮倉奈々
心の母。明るく朗らかな笑顔が印象的な肝っ玉母さん。大きな愛で家族を見守り、時に叱咤激励するたくましさを持つ。

田村由紀:上野樹里
心の妻。心の父が殺人犯だと知りながら、両親の反対を押し切って結婚。現在妊娠中。事件と向き合うように心の背中を押す。

佐野文吾:鈴木亮平
心の父。31年前に起きた連続毒殺事件で逮捕され、死刑囚として服役している。かつては村の駐在警察官として働いており、底抜けに明るく豪快で、家族からも村人からも愛されていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
竹内涼真が過去を変えるべく事件の謎に挑む! “父と子の絆”を描く本格ミステリー 
東元俊哉のミステリー漫画を竹内涼真主演でドラマ化。父が逮捕される直前の平成元年にタイムスリップして、殺人事件の真相を追う主人公・田村心を竹内が演じる。

心の両親役で、鈴木亮平と榮倉奈々が出演。鈴木はNHK大河ドラマ「西郷どん」以来のドラマ出演となる。
榮倉は34歳と65歳の和子を1人で演じるほか、現在26歳の竹内と36歳の鈴木は、実年齢10歳差で父子役に挑戦。また、心を支える最愛の妻・由紀役で上野樹里が特別出演する。

加害者家族としてつらい人生を送ってきた心が、タイムスリップしたことで本当に父が殺人犯なのか疑問を抱き、過去を変えようと立ち向かう姿を描く壮大なミステリー大作。


2020年冬、プレミアムドラマ「捜査会議はリビングで おかわり!」

kage

2020/03/22 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★2月2日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週日曜 22:00~22:50

 プレミアムドラマ「捜査会議はリビングで おかわり!」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:武井彩/秋山竜平
演出:木下高男/朝比奈陽子/大畑真治
制作統括:海辺潔/森安彩

E13-b043.gif
外部サイト:プレミアムドラマ 捜査会議はリビングで おかわり!

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
森川章子:観月ありさ
千葉県警刑事部特殊班所属の刑事。夫の晶と小学5年生の息子・直と3人で西花町に暮らす。基本的に大ざっぱな性格で、家事全般は苦手。柔道の達人で運動能力と野生の勘には優れているが、緻密な計画や論理的な思考も大の苦手。班長代理に昇格したものの、いまだに結果は残せていない。

森川晶 :田辺誠一
章子の夫で、入江久蘭(いりえくらん)のペンネームを持つ小説家。警察官の家系に育ちながらも、親の期待を裏切り作家の道に。几帳面な性格で、整理整頓、家事全般が得意。ミステリー大賞を受賞して人気作家の仲間入りを果たすも、その後が続かずスランプ中。

谷悠馬 :片桐仁
「うつぎ出版」に勤務する、晶の担当編集者。売れ始めた晶を、仕事部屋として借りているマンションに缶詰にし、次々と仕事を持ってくる。晶のファンの女性と知り合い、鼻の下を伸ばしている。

桂木綿子 :トリンドル玲奈
直の担任教師で通称・わたこ先生。西花町交番の松井巡査から好意を寄せられているが、そのことに気付いているのか不明な天然キャラ。

森川正倫 :高橋英樹
晶の父。ノンキャリアから警察署署長まで上り詰めた元警察官で、かつての章子の上司。妻が他界してからは、一人暮らししながら家に併設された柔道場で柔道を教えている。体育会系を絵に描いたような人柄で、町の自警団にも名乗りを上げるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
観月ありさと田辺誠一が 
2018年に観月ありさと田辺誠一のダブル主演で放送された、刑事の妻とミステリー作家の夫がタッグを組んで、近所で起こる事件や謎をスカッと解決するホームコメディーの第2弾。

特殊班に所属するすご腕の刑事だが、家庭ではずぼらな妻・森川章子(観月)は、今回責任のある立場に出世。家事が得意で類まれな頭脳を持つ章子の夫・晶(田辺)は、本業の小説でミステリー大賞を受賞するが現在スランプ中。2人は息子・直(庵原匠悟)と共に、自宅のリビングで捜査会議を開いて事件を解決していく。晶の担当編集者・谷悠馬(片桐仁)、直の担任教師・桂木綿子(トリンドル玲奈)、元警察署署長で晶の父・正倫(高橋英樹)らが引き続き登場する。


2020年冬、土曜ドラマ『この男は人生最大の過ちです』

kage

2020/03/21 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★1月18日スタート 

テレビ朝日系 毎週土曜 26:30~27:00

 この男は人生最大の過ちです

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:九瀬しき「この男は人生最大の過ちです」(ソルマーレ編集部)
脚本:さくのり限/伊澤理絵
監督:菊地健雄/桑島憲司
プロデューサー:山崎宏太/清家優輝
主題歌:I’m a slave for you/川口レイジ

エンディング:STOP/川口レイジ

E13-b043.gif
外部サイト:この男は人生最大の過ちです

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
天城恭一:速水もこみち
製薬会社「天城製薬」の社長で顔よし、頭脳よし、家柄よしと非の打ち所がない。優秀な研究者でありながら経営者としても一流。しかし、いちずに思いを寄せる唯だけには“ドM”な一面を見せる。

佐藤唯:松井愛莉
「天城製薬」に勤める派遣社員。社内でのおとなしいイメージからは想像できない“隠れドS”な素質がある。社長から奴隷志願されるという非常事態に心が揺れる。

三島冴:田中道子
天城の同級生。天才科学者。“多能性細胞”を開発しノーベル賞候補となっている。天城への思いもはっきりと伝える天真らんまんな性格。

名取蒼:入江甚儀
天城社長に忠実なエリート秘書。女性に対してはだらしない性格。

石川麻美:片山萌美
唯の先輩。天真らんまんで少しミーハーな性格。唯と天城の関係を面白がりながらも、応援している。

藍田航之郎:平岡祐太
天城の同級生で友人。手術成功率100%のスーパードクター。クールな性格だが、天然な部分も。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
速水もこみちが社長役で主演! 松井愛莉に奴隷志願する“ツンドレ”ラブストーリー! 
「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2019」で女性部門賞を受賞した九瀬しきの同名コミックを原作に、速水もこみちが連続ドラマに10年ぶりに主演するラブストーリー。速水は顔よし、頭脳よし、家柄よしで非の打ち所のない製薬会社の社長ながら“ドM”な一面を持つ天城恭一を演じる。

天城がいちずに思いを寄せる女性社員・佐藤唯に松井愛莉が扮するほか、天城に忠誠を誓う社長秘書役を入江甚儀、ハイスペックな天城の同級生役を平岡祐太、田中道子が演じる。
速水が「僕を奴隷にしてください!」と土下座する“ツンドレ”キャラクターはもちろん、“隠れドS”の素質を持つ唯を演じる松井とのやりとりも見逃せない。



2020年冬、土曜ドラマ『パパがも一度恋をした』

kage

2020/03/21 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★2月1日スタート 

フジテレビ系 毎週土曜 23:40~24:35

 パパがも一度恋をした

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:阿部潤「パパがも一度恋をした」(小学館)
脚本:田中眞一/福島三郎/山下すばる
演出:後藤庸介/六車俊治/酒見顕守
プロデューサー:河角直樹/松本圭右/古林都子/高石明彦

E13-b043.gif
外部サイト:パパがも一度恋をした

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
山下吾郎 :小澤征悦
3年前に最愛の妻・多恵子を亡くして以来、引きこもり生活を送る、山下家のダメパパ。元々は商社マンで、仕事もでき、家族をこよなく愛する“かっこよくて優しいパパ”だったが、多恵子への愛が強過ぎたためにショックも大きく、その死を受け入れられない。いまだに多恵子の墓参りにも行けずにいる。

おっさん多恵子 :塚地武雅
多恵子の生まれ変わり。3年前にこの世を去ったが、吾郎の様子を見ていられず、なぜか中年のおっさんの姿でよみがえった。戸惑いつつも、吾郎らと再び生活できることを心から喜ぶ。天然で優しくかわいらしい性格で、料理の腕も抜群。すね毛を気にしたりする乙女心も忘れない。

山下多恵子 :本上まなみ
3年前に交通事故で亡くなった、吾郎の妻。山下家の精神的支柱であり、女神のような存在だった。美人な上に人好きのする穏やかな性格で、家族にとっては自慢の妻であり母。残した家族のことを天国から見守っていたが、吾郎が立ち直れない状態を見かねて現世に降りてくる。

山下トモ :福本莉子
山下家の一人娘で、高校2年生。元々は甘えん坊な性格だったが、中学2年生の時に母・多恵子を亡くして以来引きこもる吾郎を見かねて、家事を取り仕切ったりと、しっかりせざるを得なかった事情が。動物好きで将来は獣医になりたいと考えているが、大学に進学するか迷っている。

加藤英太 :塚本高史
しょっちゅう山下家にやって来る、吾郎のいとこ。通称・トカレフ。いつも適当な発言で吾郎を刺激してしまうトラブルメーカーだが、振り回される吾郎もなぜかいつも許してしまうキャラクター。仕事で世界を飛び回っていると吹聴しているが、その実態は誰も知らない。

山下タロスケ :麿赤兒
吾郎の父。山下家でのんびりと過ごしている。多恵子を亡くして失意の吾郎を優しく見守っていたが、それがかえって引きこもりを悪化させてしまった。おっさん姿の多恵子を真っ先に多恵子自身だと認識するなど、時に優れた直感を発揮することも。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
小澤征悦主演! 塚地武雅が本上まなみ演じる妻の生まれ変わりに扮するコメディー 
最愛の妻を失い絶望した男性が再び立ち直るまでの、不思議な愛を描くヒューマンコメディー。阿部潤の同名漫画を原作に、家族の前に突如現れた妻の生まれ変わりの中年男性によって少しずつ再生されていく家族の絆を、ハートフルに描く。

3年前に妻を亡くし引きこもり中のダメパパ・山下吾郎役で小澤征悦が主演を務め、その妻・多恵子を本上まなみ、多恵子がこの世によみがえった姿をドランクドラゴンの塚地武雅が演じる。吾郎を心配しつつ家事をこなす一人娘のトモに福本莉子、吾郎のいとこでトラブルメーカーの加藤英太(通称・トカレフ)に塚本高史、失意の吾郎を優しく見守る父・タロスケ役に麿赤兒が扮する。


2020年冬、よるドラ「伝説のお母さん」

kage

2020/03/21 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★2月1日スタート 

NHK総合 毎週土曜 23:30~24:00

 よるドラ「伝説のお母さん」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:かねもと「伝説のお母さん」
脚本:玉田真也/大池容子
演出:村橋直樹/佃尚能/二見大輔
制作統括:松川博敬/篠原圭
プロデューサー:上田明子

E13-b043.gif
外部サイト:よるドラ「伝説のお母さん」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
メイ :前田敦子
かつて魔王を封印した史上最強の魔法使い。現在はワンオペの家事育児と戦う毎日。0歳8カ月の一人娘・さつきを抱え、初めての子育てに奮闘中。「家事育児はお母さんの仕事」という思いが強く、一緒に子育てしてくれない夫のモブにも強く言えない。

モブ :玉置玲央
メイの夫。行き当たりばったりの性格。ゲームとゴロ寝が大好き。「男は一家の大黒柱」という思いも強く、メイに対してコンプレックスを隠し持っている。娘・さつきのことはかわいがっているが、オムツは替えられない。おだてに弱く、人はいい。

カトウ:井之脇海
国王に仕える若き士官。実直な仕事ぶりで人望も厚い。10年前の魔王侵攻の際、メイに家族を救ってもらった。冒険と育児の両立に悩むメイを支えようと奔走するが、国王のムチャぶりに振り回され、いつも苦労が絶えない。

ベラ :MEGUMI
伝説のシーフ(盗賊)。あらゆる情報に精通し、世界を見通す。夫と離婚し、1人で8歳の息子・ベルを育てている。完全男社会な盗賊会社で戦うワーキングマザー。マイペースなメンバーをまとめる裏ボス的存在。

マサムネ :大東駿介
伝説の勇者。イクメン。商社勤務で男性の育休取得者第1号となったが、社内の風当たりは強く、疲弊している。リーダーっぽい決めゼリフを試みるが、根が適当なため大していいことは言えない。モブとは悪友同士。もうすぐ第2子が生まれる。目立ちたがり屋で持ち歌を持っている。

国王 :大倉孝二
メイたちの国を統治する王さま。「私、偉い?」が口癖。士官のカトウや大臣たちをいつも困らせている。子育て政策には無関心。自国にラグビー世界大会を招致するのが夢。適当なようで、たまに鋭い発言をする。

魔王 :大地真央
魔界を支配する王。侵略のため人間を研究するも、魔族は雌雄同体であるため、「男だから」「女だから」という概念が理解できない。人間界の「ショウシカ」「ワンオペ」「タイキジドウ」に付け入った奇策を弄する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
前田敦子が出産後初の連ドラ主演! 子育てしながら魔王討伐に奮闘するRPGストーリー 
ロールプレーイングゲーム(RPG)の世界を舞台に、“伝説のお母さん”が魔王討伐に奮闘する姿を描く、ファンタジーなのにリアルな子育てストーリー。出産後初のドラマ主演となる前田敦子が、かつて勇者と共に魔王を撃退した魔法使いのメイ役に扮する。

保育所に入る順番待ちの待機児童問題やワンオペ育児、キャリアと子育ての両立に悩む働くママの悩みなど、現実でも山積みの社会問題を盛り込む点も見どころ。メイの夫役に玉置玲央が扮するほか、井之脇海、大東駿介、MEGUMIらが共演。同局放送の話題作「透明なゆりかご」を手掛けた村橋直樹が演出を担当する。


2020年冬、金曜ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』

kage

2020/03/20 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★1月17日スタート 

TBS系 毎週金曜 22:00~22:54

 病室で念仏を唱えないでください

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:こやす珠世「病室で念仏を唱えないでください」(小学館)
脚本:吉澤智子
演出:平野俊一/岡本伸吾/泉正英
プロデューサー:峠田浩
主題歌:I’m Here/三浦大知

E13-b043.gif
外部サイト:病室で念仏を唱えないでください

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
松本照円:伊藤英明
あおば台救命救急センターの救命救急医であり、病院付きの僧侶。僧侶としての名が照円で、本名は照之。幼なじみを自分のせいで亡くしたと考え、トラウマから仏門に入り、たくさんの命を救うために医師となる。病室で念仏を唱えると、「縁起でもない」と嫌がられている。僧衣姿のまま救急医療にあたることも。

三宅涼子 :中谷美紀
松本の同僚。腕のいい仕事のできる救命救急医。松本のことを「念仏くん」と呼んでいる。サバサバとした性格の現実主義者。一方で繊細な一面も併せ持つ。容姿端麗だが少し抜けたかわいらしい一面も。松本とは衝突することも多いが、互いの実力を認め合い、信頼関係を築いている。

濱田達哉 :ムロツヨシ
エリート心臓血管外科医。医学会でも一目置かれる存在で、心臓外科の中でも特に難しいとされる小児心臓血管外科手術も手掛ける。「美しいオペ」を信条としているため、命を救うためであればむちゃにも見える処置をもいとわない松本と、事あるごとに衝突する。

児嶋眞白 :松本穂香
濱田の下で働く新人心臓外科医。能力は高いがプレッシャーに弱い。濱田の前立(第一助手)をしていた際にミスをして役立たず扱いされてから、干され気味に。松本と出会い、目の前の命を助ける救命救急に携わりたいと思い始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
伊藤英明が救命救急医兼僧侶の異色の役柄に挑む医療ヒューマンストーリー 
こやす珠世の同名漫画を原作に、僧侶でもある救命救急医・松本照円の奮闘を通して、「生きること」を問う医療ヒューマンストーリー。TBSの連続ドラマは12年ぶりの主演となる伊藤英明が、肩まで長かった髪をばっさりと落とし、丸刈りで異色の役柄に挑む。
そのほか、中谷美紀、ムロツヨシ、松本穂香、片寄涼太、堀内健、萩原聖人、余貴美子らが共演。個性豊かなキャストが物語に深みを与える。

脚本は「初めて恋をした日に読む話」(同系)などを手掛けた吉澤智子が担当。これまでの医療ドラマではあまり描かれなかった“救命救急医 VS 専門医”の対立も描くほか、僧侶ながら煩悩たっぷりな主人公の姿など、コミカルな要素も盛り込む。


2019年春—2020冬、木曜ドラマ『科捜研の女』

kage

2020/03/19 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月18日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 20:00~20:54

 科捜研の女

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:戸田山雅司/櫻井武晴
監督:森本浩史/田崎竜太
プロデューサー:関拓也/藤崎絵三/中尾亜由子/谷中寿成
主題歌:Blue Rain/今井美樹

E13-b043.gif
外部サイト:科捜研の女

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
榊マリコ:沢口靖子
京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員。科学捜査には信念とプライドを持っているが、過信することなく真理は科学を扱う人間にかかっていることも心得ている。現在は独身だが、実は一度結婚経験がある。京都府警捜査一課の土門とは強い絆で結ばれており、互いに信頼し合っている。

土門薫:内藤剛志
京都府警捜査一課の刑事。警部補。団体行動が苦手な一匹狼タイプで、直情的に突っ走ることが多い。マリコと共に独断で捜査に走ることがあり、藤倉刑事部長から苦言を呈されることもしばしばだが、やり方を変える気はない。妻とは死別、かつての部下の殉職に責任を感じ続けている。

風丘早月:若村麻由美
洛北医科大医学部病理学科法医学教室の教授。一男一女の母。のんきで陽気な性格。仕事以外でも何かとマリコの相談に乗っている。マリコとは性格も私生活も正反対だが、仕事に関してはよいパートナーシップで結ばれている。

宇佐見裕也:風間トオル
科捜研の化学担当。狭き門の中途採用試験に合格し採用された。以前は国立航空科学研究所の技官として、爆発物や化学兵器の防犯・研究をしていた。気象や海洋など航空安全に関わる知識も豊富で、マリコのよきアドバイザー。

藤倉甚一 :金田明夫
京都府警刑事部長。警視。土門の上司。以前は鑑識畑一筋で、筋金入りの現場第一主義だった。頑固で曲がったことが嫌いな性格。人にこびたりは絶対にしない。以前は「科捜研はあくまで裏方であるべき」と考え、捜査に過度に介入してくるマリコの行動を非難していたが、最近は一定の理解を示すようになった。

日野和正 :斉藤暁
科捜研所長。文書鑑定担当。もともとは警視庁の科捜研にいたが、京都府警からの要請で東京から京都へ異動してきた。そのため、妻子は東京在住で単身赴任中。見かけはいい加減だが、意外に正義感も強く、情にもろい。過労で仕事中に倒れて入院して以来、科捜研メンバーの働き方に気を配っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
沢口靖子主演の20周年を迎える人気ミステリー。科学技術を武器に難事件に挑む! 
沢口靖子扮する法医研究員・榊マリコら京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)のメンバーが、各々の専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く人気ミステリー。

日本の連続ドラマ史上、最も長くシリーズが継続しており、今作で20周年を迎える。また、テレビ朝日開局60周年を記念して、1年間にわたって放送されるため、京都の四季折々の情景がふんだんに盛り込まれるのも見どころとなる。
もちろん、おなじみのメンバーもそのままに、一癖も二癖もある研究員たちが繰り広げる“最新の科学捜査テクニック”とともに、深みのある人間ドラマが絡み合う、ハイクオリティーなミステリーに期待。



2020年冬、木曜ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』

kage

2020/03/19 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★1月9日スタート 

フジテレビ系 毎週木曜 22:00~22:54

 アライブ がん専門医のカルテ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:倉光泰子
演出:高野舞
プロデューサー:太田大/有賀聡
主題歌:はるどなり/須田景凪

E13-b043.gif
外部サイト:アライブ がん専門医のカルテ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
恩田心:松下奈緒
横浜みなと総合病院に勤務する、がん診療のスペシャリストである腫瘍内科医。画像診断でがん患者を救った経験をきっかけに、がんの専門家になりたいと思うようになり、腫瘍学を学び腫瘍内科へ転科。周囲からは名前を略して“オンコロ先生”と呼ばれている。夫・匠との間に、一人息子の漣がいる。

梶山薫:木村佳乃
腕が良いと評判の消化器外科医。ある強い意志を持って医師を目指し、消化器外科医になって15年が経つ。“サイレントキラー”と呼ばれるすい臓がんの手術などを行ってきた。横浜みなと総合病院に転籍してくると、心の腫瘍内科医としての知識と姿勢に共鳴し、外科治療の立場から心を支える存在になる。

結城涼:清原翔
2年目の研修医。さまざまな診療科を回り、最後の研修期間を腫瘍内科で過ごすことに。冷静沈着でぶっきらぼうな物言いをするため、誤解されることもしばしばだが、冷徹な人間というわけではなく、実は熱い思いを奥底に持っている。家族全員が外科医で、自らも外科志望。

関河隆一 :三浦翔平
容姿、性格ともに魅力にあふれた謎の男性。ある日突然、薫の前に現れ、何かにつけて薫に接近しようと試みる。そこには何らかの意図が隠されているようだが、その真意は誰にも分からない。

須藤進:田辺誠一
薫が以前勤めていた関東医科大学付属病院の消化器外科副科長。薫の元上司で、消化器外科医として優秀な技量を持つ。頭が切れるだけでなく医師としても誠実なため、院内一の人気者。薫が横浜みなと総合病院に移った後も、手術のことなどで何かと相談を受ける。

光野守男:藤井隆
心の同僚。もともとは優秀な麻酔科医だったが、第5子が産まれたことをきっかけに、勤務時間がある程度決まっている腫瘍内科に転科してきた。腫瘍内科医としてのキャリアは心よりも浅いが、陽気でほがらかな人柄で、医師からだけでなく患者からの信頼も厚い。

高坂民代:高畑淳子
心が担当しているがん患者。再発・転移を繰り返し、横浜みなと総合病院に長年通っているため、院内の情報に通じている。自身の病状に対してはどこか達観しており、独自の死生感を持っている。かつて、化粧品会社で美容部員をしていた。

恩田京太郎:北大路欣也
心の義父。数々のテレビドラマをヒットさせてきたベテラン脚本家。大らかでちゃめっけのある人物。妻を亡くして以降、まだ幼かった匠を男手一つで育ててきた。料理や裁縫が得意で、恩田家にちょくちょく顔を出しては、夕食を作ったり、孫の漣と遊んだりして恩田家を助けている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松下奈緒と木村佳乃がタッグを組んでがん治療に挑むメディカル・ヒューマンドラマ 
日本のテレビドラマとして初めての、腫瘍内科を舞台にしたメディカル・ヒューマンドラマ。日本ではまだ比較的数の少ない“がん診療のスペシャリスト”である腫瘍内科医と、有能な消化器外科医を中心に、がん治療の最前線で闘う医師と患者の姿を描き出す。
舞台となる、横浜みなと総合病院の腫瘍内科で真摯にがん患者と向き合う医師・恩田心を演じるのは、松下奈緒。心とタッグを組むもう1人の医師である、有能な消化器外科医・梶山薫を木村佳乃が演じる。心を支える医療チームのメンバーや患者、周囲の人々として、清原翔、岡崎紗絵、中村俊介、三浦翔平、田辺誠一、藤井隆、木下ほうか、高畑淳子、北大路欣也らが出演する。




2019年秋—2020冬、水曜ドラマ『相棒 season18』

kage

2020/03/18 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★2019年10月9日スタート 

テレビ朝日系 毎週水曜 21:00~21:54

 相棒 season18

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:輿水泰弘
監督:橋本一
プロデューサー:桑田潔/佐藤凉一/高野渉/西平敦郎/土田真通

E13-b043.gif
外部サイト:相棒 season18

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
杉下右京:水谷豊
警視庁特命係の係長。警部。明晰な頭脳で数々の事件を解決してきたが、切れ者であるが故に上層部から疎まれ特命係という閑職に追いやられている。どんな時でも冷静沈着、誰にでもいんぎんな態度で接するため、無礼に感じられることも。そうした性格から、特命係に配属された者はことごとく辞めていき「人材の墓場」と呼ばれている。

冠城亘:反町隆史
巡査。法務省から警視庁に出向してきたキャリア官僚だったが、事件捜査に興味を持ち、紆余曲折あった末に法務省から警視庁へ天下りのような形で異動。特命係の配属となる。元キャリア官僚らしく明晰な頭脳を持ち、軽口や芝居がかった態度で人をけむに巻く。杉下とは息の合ったコンビネーションを見せることもあるが、どこか信用しきっていない素振りも見せる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
水谷豊&反町隆史コンビも5年目に突入! 大人気刑事ドラマシリーズの第18弾! 
誕生から20年目を迎える、大人気刑事ドラマシリーズの第18弾。水谷豊と反町隆史のコンビも5年目に突入し、さらなる“伝説”が生まれる。これまでシリーズを彩ってきた名キャラクターたちも再び集結。石坂浩二、杉本哲太、仲間由紀恵など、特命係存続の鍵を握る上層部の面々が暗躍する。前シーズンから登場した大物政治家・鑓鞍兵衛役の柄本明、サイバーセキュリティ対策本部に出戻った青木年男役の浅利陽介も続投。癖の強いつわ者たちが繰り広げる濃密な人間ドラマとともに、特命係がどのような事件に遭遇して謎を解いていくのか期待が高まる。



2020年冬、水曜ドラマ『DASADA』

kage

2020/03/18 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★1月15日スタート 

日本テレビ系 毎週水曜 24:59~25:29

 DASADA

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:秋元康
脚本:吉田恵里香
監督:河合勇人/西村了
プロデューサー:植野浩之/山王丸和恵/水田貴久/伊藤裕史/横山祐子
主題歌:青春の馬/日向坂46

E13-b043.gif
外部サイト:DASADA

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
佐田ゆりあ:小坂菜緒
マロニエ女学院高校2年生。容姿がよく、クラスの中でも中心的存在。かわいいことを自覚している天然な性格。しかし、どこかダサいせいで周囲から下に見られることも。両親が営む「佐田洋裁店」の借金返済のため、同じクラスの沙織を誘い、ファッションブランド「DASADA」の立ち上げを決意する。

篠原沙織:渡邉美穂
マロニエ女学院高校2年生。ゆりあのクラスメート。スケッチブックにいつもデザイン画を描いている。群れたり目立つことが好きではなく、独りでいることを何とも思わない性格。3人組のアイドルユニット「FACTORY」のファン。

小笠原真琴:齊藤京子
マロニエ女学院高校3年生。バレーボール部の部長を務めており、仲間を大切に思っている。コツコツ努力することが好きで、その一生懸命な姿から、周囲からダサい存在だと思われている。周りの目を気にすることなく自分を貫くところがあり、クラスの中でも一番大人。

高頭せれな:加藤史帆
マロニエ女学院高校3年生。ヒエラルキーのトップに君臨している。読者モデル「せれな~で」としても活動しているが、撮影時に緊張で顔がこわばる癖がある。トップでいたいという思いが強く、ゆりあを少し疎ましく思っている。

岡田いちご:佐々木美玲
マロニエ女学院高校2年生。進学組。教室では誰とも会話せずにひたすら勉強をしている。全てに対して諦めているため、基本的に意見を言わない。何も考えずに行動するゆりあたちを冷めた目で見ている。周囲には絶対に知られたくない秘密がある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
日向坂46のメンバー総出演&初主演! 少女たちの夢と友情を描く学園青春群像劇 
秋元康が企画・原作を担当し、日向坂46のメンバーが総出演して初主演を務める学園青春群像劇。容姿はかわいいが周囲からどこかダサいと思われている主人公・佐田ゆりあ(小坂菜緒)を中心に、ファッションブランド「DASADA」を立ち上げることになった私立マロニエ女学院高校の生徒たちが、夢をかなえるために奮闘する姿を描く。さまざまな騒動が巻き起こる中でも、同じ目標に向かうことで友情を築いていく個性あふれる生徒たちを、メンバーがどのように演じるのかも見どころ。脚本は「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系)、映画「ヒロイン失格」などを手掛けた吉田恵里香が担当する。



2020年冬、ドラマホリック!「僕はどこから」

kage

2020/03/18 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★1月8日スタート 

テレビ東京系 毎週水曜 24:12~24:52

 ドラマホリック!「僕はどこから」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:市川マサ「僕はどこから」(ヤンマガKC)
脚本:高橋泉
監督:瀧悠輔/熊坂出/大内隆弘
プロデューサー:山鹿達也/戸石紀子/北川俊樹/川西巧久
主題歌:I am/Hey! Say! JUMP

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマホリック!「僕はどこから」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
竹内薫:中島裕翔
認知症の母と暮らし、小説家を志す20歳の青年。他人の文章を書き写すことで、その人物の思考を読み取り、あたかも自分の体験のように没入することができる異能を持つ。しかしその能力ゆえに、自分の作品が作れないというジレンマを抱える。母が事故に遭ったことで人生に絶望していた時、智美と再会する。

藤原智美:間宮祥太朗
薫の元同級生で、講談会系東宮寺組の最年少組長。薫とは学生時代からの付き合いで、その能力を深く信じている。母の事故で絶望に暮れていた薫の前に現れ、薫の能力を用いた替え玉受験の仕事を、莫大な報酬とともに提示する。

藤原千佳:上白石萌歌
智美の2歳下の妹。天真らんまんな明るさの持ち主だが、時折冷めた影が見え隠れする。複雑な家庭環境で育ち、思春期に孤立しかかっていた影響か、たった1人の心の支えである智美に心酔している。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
中島裕翔と間宮祥太朗のフレッシュコンビがおくる青春異能クライムサスペンス 
Hey! Say! JUMP・中島裕翔と間宮祥太朗の共演でおくる、同名コミック原作の青春異能クライム・サスペンス。文章を書き写すことで書いた人間の思考をコピーしてしまう異能に苦悩する、小説家志望の青年・竹内薫(中島)が、元同級生のエリートヤクザ・藤原智美(間宮)に導かれ、“自分探し”を決意していく中でさまざまな策謀に巻き込まれていく。上白石萌歌は、智美の妹・千佳というドラマオリジナルのキャラクターで登場。脚本を担当するのは、映画「凶悪」で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞し、「ミュージアム」「ソラニン」「坂道のアポロン」等、数々の映画作品を手掛けてきた高橋泉。