FC2ブログ
2019 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 11

カテゴリ:大人な夜のアニメ(2013年10月特集) の記事リスト(エントリー順)

(10月の特集「大人な秋の過ごし方」…アニメ)笑ゥせぇるすまん

kage

2013/10/26 (Sat)

pick Up!
Arika大人の秋の過ごし方5



「大人の秋」ではなく、「大人な」

―――― いくつになっても、ちょっと背伸びした気持ちを持つ続ける人を大人と呼びたい

そしてそんな雰囲気をまといながら楽しむ秋の夜長に、

いい相棒になってくれそうなアニメをご紹介します。



Arika報告書v

★人間の「ココロ」を取り扱う不気味なセールスマン

笑ゥせぇるすまん [完全版] DVD-BOX笑ゥせぇるすまん [完全版] DVD-BOX
(2013/03/20)
ポニーキャニオン

商品詳細を見る



■声の出演
喪黒 福造- 大平透
白金- 大木民夫
鬼田- 加藤精三
茂手内 蛾次郎- 山口勝平
変奇堂店主- 渡部猛
ワニオ- 大平透
今仁 見手郎- 田中真弓
佐木 キザオ- 二又一成

■各話リスト(題名の右は喪黒が関わった客の名前である。なお、客の名前は第4話からテロップが挿入された。)
1989年(★=原作つき作品)
第0話 プロローグ(10月10日)小池さん・サラリーマン(声- 二又一成)
第1話 たのもしい顔(10月17日):頼母雄介 (41) ・会社部長(声 - 柴田秀勝)★
第2話 イージー・ドライバー(10月24日):浦成平一 (44) ・サラリーマン(声 - キートン山田)★
第3話 ともだち屋(10月31日):青井達夫 (22) ・サラリーマン(声 - 難波圭一)★
第4話 化けた男(11月7日):磯部錦一 (26) ・サラリーマン(声 - 島田彰)★
第5話 47階からの眺め(11月21日):憂木守 (20) ・学生(声 - 松本保典)★
第6話 勇気は損気(11月28日):熊井勇 (24) ・イラストレーター(声 - 平野義和)★
第7話 ナマケモノ(12月5日):佐保民夫 (37) ・土地販売セールスマン(声 - 大山豊)★
第8話 手切れ屋(12月12日):坊田進一 (21) ・タレント(声 - 水島裕)★
第9話 プラットホームの女(12月19日):直木純一 (23) ・銀行員(声 - 堀川亮)★
第10話 的中屋(12月26日):中山歩一 (20) ・学生(声 - 鈴木清信)★
第10話にはメイキング・オブ・笑ゥせぇるすまん(アニメ制作裏側VTR)も放送されている。

1990年(★=原作つき作品)
第11話 押入れ男(1月9日)日陰久利・漫画家(声 - 中村大樹)★
第12話 白昼夢(1月16日)中島健一(声 - 橋本晃一)★
第SP話 ユスリの落とし穴(1月23日)襟戸勉(声 - 塩屋翼)
第13話 ゴルフ入門(1月30日)舞戸千代郎・サラリーマン(声 - 堀内賢雄)★
第14話 結婚したい女(2月6日)妻成耐子(声 - 佐久間レイ)
第15話 切る(2月13日)出無野風太(声 - 桜井敏治)★
第16話 チ漢さん(2月20日)冬木花衛(69)・無職(声 - 野本礼三)★
第17話 アルバイト㊙情報(2月27日)筒井伸一(声 - 菅原淳一)★
第18話 夢のあと(3月6日)浦島太一(声 - 仲木隆司)★
第19話 ザ・ガードマン(3月13日)石野隆志(声 - 広森信吾)★
第20話 初恋の人(3月20日)恋野夢美 (36)(声 - 松原雅子)
第SP話 OB夫婦-夫のケース-(3月27日)虫味一郎(声 - 幹本雄之)★
第SP話 OB夫婦-妻のケース-(3月27日)虫味蝶子(声 - 島津冴子)
第21話 空手道(4月10日)烏森喜一(声 - 竹村拓)★
第22話 男ぎらい(4月17日)刈谷麻子(声 - 冬馬由美)
第23話 家の灯(4月24日)加江利宅内 (46) サラリーマン(声 - 岡部政明)
第24話 後部座席の男(5月1日)大栗之益(声 - 西川幾雄)
第25話 モテモテご注意(5月8日)無西俊夫 (34) 会社員(声 - 荒川太郎)
第26話 狸のオナカ(5月15日)出原奈也巳 (29) 俳優(声 - 橋本晃一)
第27話 重役と窓際(5月22日)日眞賀星也(声 - 筈見純)
第28話 五月病(5月29日)勝田類(声 - 菊池英博)
第29話 伝言ダイヤル(6月5日)生地内也 (20)(声 - 巻島直樹)
第30話 シングルライフ(6月12日)男谷毛馬(声 - 岸野一彦)
第31話 途中下車(6月19日)半出押太(声 - 宮内幸平)★
第32話 キッス占い(6月26日)尾崎真蔵 (20)(声 - 関俊彦)
第33話 乗車拒否(7月3日)大井卓司 (33) タクシー運転手(声 - 荒川太郎)
第34話 ブルペンエース(7月10日)能見野新造(声 - 塩沢兼人)
第SP話 笑ゥせぇるすまん大図鑑(7月17日) … 今までの放送回を再編集したもの
第35話 愛妻写真(7月24日)加古忍(声 - 徳丸完)
第36話 コレクター(7月31日)吉手麻仁也(声 - 速水奨)
第37話 月下美人(8月7日)産名八太(声 - 津久井教生)
第38話 カンヅメのペット(8月14日)高亜羅夫(声 - 高木渉)
第39話 フクロウの目(8月21日)耳津邦夫(声 - 目黒裕一)
第40話 若さ自慢(8月28日)若狭万次郎(声 - 納谷六朗)
第41話 グルメ志願(9月4日)久留米星雄(声 - 堀川亮)
第42話 カラオケ症患者(9月11日)空尾慶一(声 - 塩屋浩三)
第43話 単身赴任(9月18日)丹巳一人(声 - 村松康雄)★
第44話 月夜のオーキッド(9月25日)花畑駒太(声 - 池水通洋)★

1991年(★=原作つき作品)
第SP話 雪山惨歌(1月22日)見地目苔(声 - 難波圭一)
第SP話 湯けむり哀歌(3月12日)落窪礼(声 - 田原アルノ)
第45話 ケーフィア(3月19日)須田見梨也(声 - 山口勝平)★
第46話 見おろす男(4月9日)宇和目和夫(49)・サラリーマン(声 - 増岡弘)★
第47話 ゴルフフリーク(4月16日)白玉教一(声 - 肝付兼太)★
第48話 老顔若体(4月23日)出雲若志(声 - 阪脩)★
第49話 椅子男(4月30日)安楽一寿(声 - 塚田正昭)
第50話 決断ステッキ(5月7日)真夜井王志(声 - 西村智博)★
第51話 温泉奇行(5月14日)木原志佐雄(声 - 吉村よう)★
第52話 安心カプセル(5月21日)浦成平一(声 - キートン山田)★
第53話 自画自賛(5月28日)伴護保(声 - 津久井教生)
第54話 家庭菜園(6月4日)出利慶太(声 - 田中和実)
第55話 からみ酒(6月11日)酔手壮郎(声 - 塩屋翼)
第56話 極楽風呂(6月18日)湯網好男(声 - 田口昂)
第57話 レンタル彼女(6月25日)常仁一人(声 - 菅原淳一)★
第58話 想い出酒場(7月2日)開高角太郎(声 - 矢田稔)
第59話 愛妻弁当(7月9日)我妻毅(声 - 松本保典)
第60話 離婚倶楽部(7月16日)福水凡(声 - 島香裕)
第61話 夢のマイホーム(7月23日)一戸立男(声 - 上田敏也)
第62話 愛の贈りもの(7月30日)上木四郎 (33) セールスマン)(声 - 石丸博也)
第63話 家族あわせ(8月6日)屋内寒志 (41)(声 - 麦人)★
第64話 ガラス越しの愛(8月13日)甲田亀太郎(声 - 桜井敏治)
第65話 はしご酒(8月20日)越葉庄介(声 - 青森伸)
第66話 長期休暇(8月27日)長井安実(声 - 石森達幸)★
第SP話 ワニオの怪奇料理(9月3日)柿田アゲル (12) 小学生(声 - 松岡洋子)★
第67話 ハウスレディ(9月10日)我間真知子(声 - 渕崎ゆり子)
第68話 安眠まくら(9月17日)宗利清(声 - 橋本晃一)
第69話 幻のスタア(9月24日)勝手良三(声 - 宮内幸平)
第70話 クリーン症候群(10月8日)清家津寿貴(声 - 速水圭)
第71話 すりかわった手帳(10月15日)目茂麻太郎 (36) フリーライター(声 - 田中秀幸)
第72話 赤か黒か!?(10月22日)筧一八 (35) カメラマン(声 - 二又一成)
第73話 日曜クラブ(10月29日)内名木洋介(声 - 青野武)★
第74話 森の生活(11月5日)律木守(声 - 土師孝也)
第75話 マンガニア(11月12日)中念宅次(声 - 荒川太郎)★
第76話 空の上の空き地(11月26日)賀来大将(声 - 大塚芳忠)
第77話 ホームレスのすすめ(12月3日)須藤礼寿(声 - 上田敏也)
第78話 超豪華カーション(12月10日)泊場梨雄(声 - 橋本晃一)★
第79話 谷間のケヤキ(12月17日)木上守(声 - 内海賢二)
第SP話 妖しいアンティーク1 MIRROR(12月24日)日比野鏡子(声 - 日髙のり子)
第SP話 妖しいアンティーク2 DOLL(12月24日)姫野宅二(声 - 鈴木清信)★

1992年(★=原作つき作品)
第80話 小指のコヨリ(1月7日)石井博若(38) ・サラリーマン(声 - 屋良有作)
第81話 幻の遊園地(1月14日)由地周郎(50) ・無職(声 - 中庸助)
第82話 点滴症患者(1月21日)甘絵泰治(42) ・サラリーマン(声 - 西尾徳)
第83話 看板ガール(1月28日)夢見憧太(23) ・イラストレーター(声 - 高木渉)★
第84話 アフター5CLUB(2月4日)手持房太(28) ・サラリーマン(声 - 関俊彦)
第85話 ゴルフ・ドミノ倒し(2月11日)泡手退三(56)・会社社長(声 - 富田耕生)★
第86話 シルバーバンク(2月18日)加手井延満(34) ・サラリーマン(声 - 平野正人)★
第87話 谷間の灯(2月25日)宇佐木生士 (39) ・サラリーマン(声 - 大山高男)
第88話 永遠のすみか(3月3日)羽賀場求 (58) ・サラリーマン(声 - 藤本譲)
第89話 食品売場おじさん(3月10日)鵜飼寄道 (48) ・サラリーマン(声 - 増岡弘)
第90話 ブルー・アイ・ジャパニーズ(3月17日)ケント・ピンカートン (32) ・サラリーマン(声 - 堀内賢雄)★
第91話 夜行列車(3月24日)小宮友雄 (41) ・サラリーマン(声 - 小林清志)★
第SP話 今仁見手郎の秘密復讐計画表(7月7日)今仁見手郎 (12) ・小学生(声 - 田中真弓)★
第92話 モグリメンバー(7月14日)毛栗入造 (51) ・サラリーマン(声 - 徳丸完)★
第93話 スタミナ茸(7月21日)割井肝造 (49) ・サラリーマン(声 - 江原正士)
第94話 長距離通勤(7月28日)長井道範 (34) ・サラリーマン(声 - 橋本晃一)★
第95話 夢の楽園(8月4日)尾宅秀夫 (23) ・フリーター(声 - 沼田祐介)
第96話 社長幼稚園(8月11日)尾山野大造 (64) ・会社社長(声 - 村松康雄)★
第97話 示談屋(8月18日)水野翔平(35) ・タレント(声 - 堀川りょう)
第98話 同窓会(8月25日)堂木学 (39) ・サラリーマン(声 - 幹本雄之)
第99話 家庭教師(9月1日)横道行雄 (41) ・サラリーマン(声 - 塩屋浩三)★
第100話 余生(9月8日)向井誓司 (65) ・無職(声 - 北村弘一)
第101話 ドリンクバー(9月15日)日練詩作 (60) ・作詞家(声 - 石森達幸)
第102話 男運(9月22日)玉腰典江 (28) ・OL(声 - 荘真由美)
第103話 主夫道(9月29日) 梶大介 (31) ・サラリーマン(声 - 橋本晃一)★… レギュラー放送最終回

特別番組(★=原作つき作品)
笑ゥせぇるすまんスペシャル:1992年12月26日午後10時~11時30分放送 全4話。
カラオケパレス 端目和久(声 - 橋本晃一)★
待つ女 四井待子(声 - 松井菜桜子)
幻のスーパーレーサー 車尾宅雄(声 - 山口勝平)


笑ゥせぇるすまん春の特大号(★=原作つき作品)
1993年4月6日午後9時~11時放送 全5話。
大変愛 茂手内蛾次郎(声 - 山口勝平)★
弱肉強食 青菜仁志夫(声 - 結城比呂★[19])
愛犬物語 犬貴狛太(声 - 松本保典)
ダミィ 矢和井和夫(声 - 柏倉つとむ)★
何もしない課 大仁芳雄(声 - 堀之紀)★

笑ゥせぇるすまん年忘れ特大号:1993年12月28日午後9時-11時放送 全5話。
邯鄲の夢枕 霞忘作(声 - 塚田正昭)★
豹変ゴルファー 押井忍(声 - 塩屋浩三)★
オールド・シネマ・パラダイス 勝戸大介(声 - 藤原啓治)★
リストラの男 枯木尚平(声 - 阪脩)★
下り電車への招待 夢野童太(声 - 菅原淳一)★



放送時間-1989年10月10日から1990年9月25日、1991年3月12日から1992年3月24日、1992年7月7日から9月29日(スペシャル版含み全126話)
原作 - 中央公論「笑ゥせぇるすまん」(藤子不二雄Ⓐ著)
総監督 - クニトシロウ
監督 - 米たにヨシトモ
脚本 - 梅野かおる
作画監督 - 岡迫亘弘
美術監督 - 宮野隆
撮影監督 - 山田廣明
録音監督 - 大熊昭
音楽 - 田中公平
効果 - 柏原満
タイトル - 道川昭
監修 - 鈴木伸一
プロデューサー - 児玉征太郎
アニメーション制作 - シンエイ動画
制作 - TBS

主題歌(特番と再放送のみ)[編集]
オープニングテーマ - 「孤独の唄」 唄 - 梅沢富美男
エンディングテーマ - 「ココロの唄」唄 - 梅沢富美男

『セールスマンの喪黒 福造(もぐろ ふくぞう)が現代人のちょっとした願望をかなえてやるが、約束を破った場合または忠告を聞き入れなかった場合にその代償を負わせる』というプロットから成る一話完結のオムニバス形式。この作品の本質は単なるブラックジョークではなく、寓話的な意味合いを兼ねている。また、人間の本質であるいい加減さ、愚かさ、弱さが描かれた物語が多い。

1999年6月時点で、単行本の発行部数は累計350万部を突破している。

喪黒は「魔の巣」というバーに出入りすることと、小田急線沿線に在住していること以外の私生活すべてが謎の男性。作者曰く、喪黒兄弟は人間ではない存在だという。 また、喪黒のふてぶてしい容貌はタレントの大橋巨泉からヒントを得ている。なお、この作品は後にアニメ化されるが、後述の通りモデルとなった大橋巨泉が司会のバラエティ番組『ギミア・ぶれいく』の枠内で放送された。







スポンサーサイト



(10月の特集「大人な秋の過ごし方」…アニメ)劇場版「銀河鉄道999」(The Galaxy Express 999)

kage

2013/10/26 (Sat)

pick Up!
Arika大人の秋の過ごし方5



「大人の秋」ではなく、「大人な」

―――― いくつになっても、ちょっと背伸びした気持ちを持つ続ける人を大人と呼びたい

そしてそんな雰囲気をまといながら楽しむ秋の夜長に、

いい相棒になってくれそうなアニメをご紹介します。



Arika報告書v

★一人の男として大人になるための母性的母性からの自立・・・・

映画チラシ 「銀河鉄道999」監督 りんたろう映画チラシ 「銀河鉄道999」監督 りんたろう
()
アットワンダー

商品詳細を見る




■声の出演
星野鉄郎 - 野沢雅子(主人公)
メーテル- 池田昌子
車掌声 - 肝付兼太
鉄郎の母 / 星野加奈江- 坪井章子
機関車- 戸谷公次( - 第8話、第50話 - 最終話)、山田俊司(第14 - 45話までの一時期)
メーテルの父 - 田中崇
プロメシューム - 来宮良子


公開-1979年8月4日
製作総指揮 - 今田智憲
企画・原作・構成 - 松本零士
企画 - 有賀健、高見義雄
脚本 - 石森史郎
作画監督 - 小松原一男
美術監督 - 椋尾篁、窪田忠雄
監督 - りんたろう
音楽 - 青木望
監修 - 市川崑
原画 - 兼森義則、友永和秀、金田伊功、中島忠二 他
製作 - 東映動画
配給 - 東映

■主題歌
挿入歌 - 「Taking off」歌 - ゴダイゴ
挿入歌 - 「やさしくしないで」歌 - かおりくみこ


青春映画にしたいという製作陣の意図により、映画版1作目において主人公の鉄郎の年齢が10歳から15歳へと5歳引き上げらたことと、漫画版・テレビアニメ版に比べ鉄郎の顔が男前になっていることである。

本作最大の特徴は、原作・テレビアニメ版共に未完結の時点での制作であったにもかかわらず、「これからも鉄郎の旅は続く」といった尻切れにせず、これらに先んじてアンドロメダ編の結末を最初に披露したことである。

メーテルの正体や機械の体をただでくれる星の真実といった、序盤から挙げられていた謎の回答を先に見せるという、当時としては大胆な試みがなされた。そのため原作への影響を懸念する声も出たが、原作者の松本は「鉄郎が停車駅で繰り広げる幾多の出会いが大切なのだから大丈夫」と答えたという。







(10月の特集「大人な秋の過ごし方」…アニメ)ルパン三世 PARTⅢ

kage

2013/10/26 (Sat)

pick Up!
Arika大人の秋の過ごし方5



「大人の秋」ではなく、「大人な」

―――― いくつになっても、ちょっと背伸びした気持ちを持つ続ける人を大人と呼びたい

そしてそんな雰囲気をまといながら楽しむ秋の夜長に、

いい相棒になってくれそうなアニメをご紹介します。



Arika報告書v

★第1期と第2期のシリーズのまさにいいとこ取りをした第3期!

ルパン三世 LUPIN THE THIRD PART 3 [レンタル落ち] (全9巻) [マーケットプレイス DVDセット商品]ルパン三世 LUPIN THE THIRD PART 3 [レンタル落ち] (全9巻) [マーケットプレイス DVDセット商品]
(2013/10/01)
山田康雄、小林清志 他

商品詳細を見る




■声の出演
ルパン三世 - 山田康雄
次元大介 - 小林清志
峰不二子 - 増山江威子
石川五右ェ門 - 井上真樹夫
銭形警部 - 納谷悟朗


放送時間-1984年3月3日から1985年12月25日(全50話)
原作 - モンキー・パンチ
製作 - 藤岡豊(東京ムービー・ノンクレジット)
プロデューサー - 松元理人(東京ムービー新社)、佐野寿七(YTV・ノンクレジット)
シリーズ構成 - 飯岡順一、小野田博之
音楽 - 大野雄二(演奏 - S.S.T)
脚本 - 大和屋竺、鈴木清順、金子裕、平野靖士、大川俊道、柏原寛司 他
美術監督 - 石垣努
撮影監督 - 長谷川肇
音楽監督 - 鈴木清司
録音監督 - 加藤敏
作画監修 - 青木悠三
作画監督 - 青木悠三、尾鷲英俊、柳野龍男、荒木伸吾、田中平八郎、高田三郎 他
原画 - 荒木プロダクション、姫野美智、山下将仁、越智一裕、佐藤真人、長岡康史、伊藤富士子 他
選曲 - 合田豊
音響効果 - 宮田音響
現像 - 東京現像所
連載 - パワァ・コミックス、100てんランドコミックス、アクションコミックス(双葉社)
制作 - よみうりテレビ、東京ムービー新社




■主題歌
★オープニングテーマ
「セクシー・アドベンチャー」唄 - 中村裕介

☆エンディングテーマ
「フェアリー・ナイト」唄 - ソニア・ローザ


過去の2シリーズの番組名が『ルパン三世』と同一だったのに対し、本作は第3作目であることが『PartIII』という番組名で区別できる唯一のシリーズ。

本シリーズは、過去の『TV第1シリーズ』、『TV第2シリーズ』とにおいて作品世界が確立され、また劇場映画第2作『ルパン三世 カリオストロの城』の高い評価(映画自体の興行成績は思わしくなかった)により国民的アニメとなったルパン三世だったが、今作ではそのイメージに敢えて従わず、原作からの抜粋を中心にハード&アダルト路線を軸とした作品が目立つようになっており、全く違った一面を出したシリーズとなっている。タイトルの「PartIII」表記及びレギュラー陣同キャストの起用で同じ世界観つながりは明確であるが、それ以外はあくまで独立した作品となっている。







(10月の特集「大人な秋の過ごし方」…アニメ)ルパン三世 2nd series

kage

2013/10/25 (Fri)

pick Up!
Arika大人の秋の過ごし方5



「大人の秋」ではなく、「大人な」

―――― いくつになっても、ちょっと背伸びした気持ちを持つ続ける人を大人と呼びたい

そしてそんな雰囲気をまといながら楽しむ秋の夜長に、

いい相棒になってくれそうなアニメをご紹介します。



Arika報告書v

★ルパンの人気を不動のものにしたシリーズ第2弾!


ルパン三世 second-TV. BD-BOX VI [Blu-ray]ルパン三世 second-TV. BD-BOX VI [Blu-ray]
(2009/12/23)
山田康雄、小林清志 他

商品詳細を見る



■声の出演
ルパン三世 - 山田康雄
次元大介 - 小林清志
峰不二子 - 増山江威子
石川五右ェ門 - 井上真樹夫
銭形警部 - 納谷悟朗


放送時間-1977年10月3日から1980年10月6日(全155話)
原作 - モンキー・パンチ
企画 - 藤岡豊(TMS(ノンクレジット))、吉川斌(NTV)、小坂敬(NTV(ノンクレジット))
監修 - 鈴木清順(第52話 - )
音楽 - 大野雄二
プロデューサー - 高橋靖二(NTV)、高橋美光(TMS)
シリーズ構成 - 大和屋竺(第52話 - )
文芸担当 - 飯岡順一
キャラクターデザイン - 北原健雄
作画監督 - 北原健雄、児玉兼嗣、朝倉隆、丹内司
作画監督補 - 児玉兼嗣、朝倉隆
原画 - 青木悠三、大塚康生、友永和秀他
作画監修 - 大塚康生(テレコム回の一部参加)
美術監督 - 龍池昇、清水一利
美術設定 - 曽我元、橋本三郎、山本二三
撮影監督 - 小林健一、長谷川肇
録音監督 - 加藤敏
選曲 - 鈴木清司
音響効果 - 橋本正二、糸川幸良(宮田音響)
制作担当 - 堀越とおる(NTV)、仙石鎮彦(TMS)
レイアウト - 葛岡博
現像 - 東京現像所
制作協力 - 東京ムービー、テレコム・アニメーションフィルム
製作 - 東京ムービー新社



■主題歌
★オープニングテーマ
「ルパン三世のテーマ」(第1話〜第26話)演奏 - ユー&エクスプロージョン・バンド
「ルパン三世のテーマ(ヴォーカル・ヴァージョン)」(第27話〜第51話)唄 - ピートマック・ジュニア
「ルパン三世'79」(第52話〜第103話)演奏 - ユー&エクスプロージョン・バンド
「ルパン三世'80」(第104話〜第155話)演奏 - ユー&エクスプロージョン・バンド

☆エンディングテーマ
「ルパン三世 愛のテーマ」(第1話〜第26話)演奏 - ユー&エクスプロージョン・バンド
「ルパン三世 愛のテーマ(ヴォーカル・ヴァージョン)」 唄 - 水木一郎
「ラヴ・スコール」(第52話〜第103話) 唄 - サンドラ・ホーン
「ラヴ・イズ・エヴリシング」(第104話〜第155話) 唄 - 木村昇



ルパン三世のシリーズ中で、最も有名なシリーズである。現在まで引き継がれる「ルパンのモンキー面」や「赤いジャケット」のイメージ、テーマ曲「ルパン三世のテーマ」もこのシリーズで生まれたものである。

前作『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』(以下、『TV第1シリーズ』)は、本放送時は低視聴率から打ち切りになったが、再放送にて高視聴率をあげていた。これを受けて本作品は、『TV第1シリーズ』後半の方向性を継承して、家族全員が楽しめるファミリーアニメとして放送された。とは言え、長期に渡る放映期間の中で、ハードボイルドなエピソードから、脚本の浦沢義雄と作画の青木悠三のコンビによるスラップスティック調のコメディーまで、多彩なエピソードを幅広く揃えるのもこのシリーズの特徴である。ヒロインの峰不二子が肉感たっぷりのグラマラスなビキニの水着姿を披露している回が比較的多いのもこのシリーズであった。

日本テレビ系放映ながらプロ野球中継、大晦日特番、正月特番がない月曜日という恵まれた時間帯だったこともあり、3年間に155話が製作され、ルパン三世のTVアニメ全3シリーズ中、最も長期間放映された。また本作放送中の1978年と1979年には、劇場映画作品が2作製作されている(『ルパン三世 ルパンVS複製人間』、『ルパン三世 カリオストロの城』)。

物語後半からであるが、日本のTVアニメで初めてステレオ放送された。







(10月の特集「大人な秋の過ごし方」…アニメ)ルパン三世 1st series

kage

2013/10/24 (Thu)

pick Up!
Arika大人の秋の過ごし方5



「大人の秋」ではなく、「大人な」

―――― いくつになっても、ちょっと背伸びした気持ちを持つ続ける人を大人と呼びたい

そしてそんな雰囲気をまといながら楽しむ秋の夜長に、

いい相棒になってくれそうなアニメをご紹介します。



Arika報告書v

★狙った獲物は必ず奪う、神出鬼没の大泥棒!

ルパン三世 TV第1期(first tv.) コンプリートBOX 全23話[DVD] [Import]ルパン三世 TV第1期(first tv.) コンプリートBOX 全23話[DVD] [Import]
()
不明

商品詳細を見る



■声の出演
ルパン三世 - 山田康雄
次元大介 - 小林清志
峰不二子 - 二階堂有希子
石川五ェ門 - 大塚周夫
銭形警部 - 納谷悟朗


放送時間-1971年10月24日から1972年3月26日(全23話)
原作 - モンキー・パンチ
連載 - 週刊漫画アクション(双葉社刊)
製作 - 藤岡豊(東京ムービー)、佐野寿七(よみうりテレビ)
作画監督 - 大塚康生
美術監督 - 千葉秀雄、伊藤雅人
撮影監督 - 三沢勝治
録音監督 - 田代敦巳
サウンド - 大野松雄(T.E.O)
編集 - 井上和夫
音楽 - 山下毅雄
演出 - 大隅正秋 → Aプロダクション演出グループ(宮崎駿、高畑勲)
作画プロダクション - Aプロダクション、OH!プロダクション、ネオメディア、メイツ、ジュニオ
原画 - 小林治、青木悠三、今沢哲男、岡迫亘弘、木村圭市郎、山口泰弘、村田耕一、近藤喜文、本多敏行、金沢比呂司、湖川友謙 ほか
動画 - 前田実、福富博、山田道代 ほか
キャスティング協力 - テアトル・エコー、東京俳優生活協同組合、青二プロダクション
制作 - 読売テレビ・東京ムービー
再放送・デジタルリマスター版では「製作・著作:トムス・エンタテインメント、アニメーション制作:東京ムービー」となっている。



■主題歌
★オープニングテーマ
「ルパン三世主題歌I」(第1-3、9話)唄 - チャーリー・コーセイ
「AFRO "LUPIN '68"」(「ルパン三世その4」)(第4-8、10-15話)唄 - チャーリー・コーセイ / ナレーション - 山田康雄
「ルパン三世主題歌3」(第16-23話)唄 - よしろう・広石 / ナレーション - 納谷悟朗(第16話のみ)

☆エンディングテーマ
「ルパン三世主題歌II」 唄 - チャーリー・コーセイ



■第1シリーズの特徴(後続するシリーズとの識別のため、タイトルに第1シリーズ・第1期などと付記)

怪盗ルパンの孫で大泥棒のルパン三世が仲間次元大介、峰不二子、石川五ェ門や、ルパン三世逮捕に執念を燃やす銭形警部と繰り広げる活躍を描く基本的なストーリーの構造は各メディアの作品と同様。

演出としては、全話の作風は大人向けのハードボイルドタッチな演出が多い前半と、子供も見る事をある程度考慮したギャグタッチな後半に別けられる。

■レギュラー
レギュラーメンバー全員が揃うことの方が少ない。
石川五ェ門は第5話で初登場(オープニングには第4話から登場)。当初は名うての殺し屋でルパンの敵。第7話で仲間になるが、その後も出番が無かったり、あっても本筋にまったく絡まないことも少なくない。レギュラーとして定着するのは後の『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』(以下、『TV第2シリーズ』)以降である。一人称として「某(それがし)」や「俺」を使用したり、『TV第2シリーズ』以降に定着した女性を苦手とする素振りはここでは無く、傍らに女弟子(正体は不二子)をはべらせて肩を抱いていたり、初登場の時点で不二子に惚れていたりと、後のシリーズとは一味違った人物像で描かれる。

不二子のキャラクターは前半と後半の演出路線変更の影響が著しく、前期は、セクシーで小悪魔的な性格で、仲間というより利害が一致した時だけ手を組む独立した女盗賊として描かれている。後期は髪型もショートボブカットとなり、仲間的色彩が強くなる。性格も、より明朗活発な女性として描かれている。

■衣装
ルパンの上着の色は青緑色を使用。ただし、オープニング2では赤い上着を着ているカットがある(これはパイロットフィルムからの流用である為)。 上着以外は、黒のレギュラーカラーのシャツ。黄色のニットタイをタイバーで止めている。紺色のスラックスはTV第1シリーズの特徴。白のハイソックスに茶色のチャッカブーツ。ルパンの髪の色は黒ではなく茶色。

■愛車
初期の愛車は黄色いベンツSSK。 オリジナルは200馬力を誇るが、ルパン仕様はエンジンを第一話「ルパンは燃えているか・・・・?!」でも使用したF1カー、フェラーリ・312B(劇中ではフェラリーと呼称)の水平対向12気筒(180°バンクのV型12気筒)に乗せかえることで500馬力にパワーアップさせている。また、フロントのエンブレムがベンツ本来のマークではなく十字(島津家の家紋に類似)のものに変更されている(設定資料ではエンブレムそのものが取り付けられていない)。

ルパンは『TV第2シリーズ』でもSSKに似た形の車に乗っているが、こちらは主にアルファロメオ・グランスポルト・クアトロルオーテである。

番組路線変更後は、映画『カリオストロの城』同様フィアット・500を愛車としていたが、『TV第1シリーズ』でのボディ色は白に近い淡い空色である。
大塚康生の愛車としても知られる車であるが、作中に登場させるにあたっては、演出上の方向転換に加え、ディテールの複雑なSSKよりも作画のしやすさに配慮した宮崎駿からの注文であった。

■音楽
『TV第2シリーズ』以降に定着した大野雄二によるジャズ色の強いフュージョン、ディスコファンク路線とは異なり、ここではブルースロックを中心とした楽曲が並ぶ。また、ボーカル曲が多いのも『TV第2シリーズ』以降と大きく異なる点であり、チャーリー・コーセイや伊集加代子の歌声が全編に彩りを添えている。なお、伊集加代子は『TV第2シリーズ』にも起用され、オープニング・テーマのコーラスやCMアイキャッチで歌声を披露している。







(10月の特集「大人な秋の過ごし方」…アニメ)シティーハンター

kage

2013/10/12 (Sat)

pick Up!
Arika大人の秋の過ごし方5



「大人の秋」ではなく、「大人な」

―――― いくつになっても、ちょっと背伸びした気持ちを持つ続ける人を大人と呼びたい

そしてそんな雰囲気をまといながら楽しむ秋の夜長に、

いい相棒になってくれそうなアニメをご紹介します。



Arika報告書v

★アクションあり、シリアスあり、コメディありの痛快ハードボイルド!

シティーハンター―Complete edition (Volume:32) (Tokuma comics)シティーハンター―Complete edition (Volume:32) (Tokuma comics)
(2005/04/15)
北条 司

商品詳細を見る



■声の出演
冴羽獠 - 神谷明
槇村香 - 伊倉一恵
槇村 秀幸 - 田中秀幸
海坊主 - 玄田哲章
野上 冴子 - 麻上洋子
野上 麗香 - 鷹森淑乃
美樹 - 小山茉美 / 伊藤美紀
麻生 かすみ - 冨永みーな


放送時間:1987年4月6日から1988年3月28日(51話)
原作:北条司(週刊少年ジャンプ連載
企画: 諏訪道彦
監督:こだま兼嗣
キャラクターデザイン:神村幸子
総作画監督:北原健雄
プロデューサー:植田益朗、諏訪道彦
製作:読売テレビ・サンライズ

■主題歌
★オープニングテーマ
(第1話—第26話)City Hunter〜愛よ消えないで〜/小比類巻かほる
(第27話-)ゴーゴーヘブン /大沢誉志幸

☆エンディングテーマ
Get Wild/TM NETWORK、


北条司の人気コミック『シティーハンター』を原作にした、80年代後半を代表とするアニメ作品。

1987年にテレビアニメ化されたのを皮切りに、テレビシリーズとしては4度のアニメ化と3度のスペシャルが放送、またアニメ映画としては3本が発表され、いずれの作品も制作にはよみうりテレビとサンライズが関わっている。

第1シリーズは、第15話までは原作をモチーフにした話だったが、第16話以降はオリジナル作品の量が多くなり、全51話中27話までがオリジナル作品である。原作の第15巻中盤までの内容に相当(第2話は読み切りの『シティーハンターXYZ』が原作)。

本作品の出演声優の中には数人のいわゆる〝常連声優〟が存在した。重要な役柄以外のいわゆるエキストラ的な役を演じる常連にはまだ当時無名に等しかった山寺宏一、田原アルノ、梁田清之、林玉緒、茶風林(当初は島沢弘隆)などの声優の名前があり、なかでも山寺は無印ではエキストラ役で全51話中実に31話ものエピソードに出演しており、2では名前のある役を演じることも多かった。この他にも、俳優の玉野井直樹などが出演していた事もあった。