FC2ブログ
1994 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  1995 02

映画「四姉妹物語」  【1995年1月28日公開】

kage

1995/01/28 (Sat)

Arikaシネマ2014b5

 映画「四姉妹物語」  【1995年1月28日公開】

四姉妹物語 [VHS]/ポニーキャニオン

¥17,064
Amazon.co.jp

■映画ストーリー
小暮家の長女・すなみの元に、豪華客船で東京湾内をクルージングしながら催される結婚披露パーティーの招待状が、短大時代の友人・明日香から送られてきた。単身赴任で札幌に行っている父・謙三に会いに行く四女・えなみを残して、次女・ちなみの運転する車で出掛けたすなみは、三女・こなみの持っていたバーゲン会場の招待状と式の招待状を取り違えてパーティー会場へ行ってしまう。花嫁の親友ということですなみは会場に入れたが、間違いに気づいたこなみは姉の招待状と交換しようとやって来たついでに、招待状を忘れたという男・樋口とともに会場に入っていった、二人を降ろして帰宅途中だったちなみも、車をぶつけられそうになった男を追いかけるうち、すなみの友人の結婚披露パーティー会場へとたどりつく。男は沖田という刑事で、このパーティーの警備を依頼されていたのだ。さらに謙三の都合で予定をキャンセルされたえなみまでが、趣味のビデオカメラを持って会場に現れる。四姉妹が揃ってやがてパーティは華やかに開催されるが、お色直しのために控室に戻った明日香が何者かにナイフで刺し殺されてしまった。

★映画チェック★
江崎グリコの「ポッキー」のCMは1993年から1996年まで、清水美砂、牧瀬里穂、中江有里、今村雅美が起用され、「ポッキー四姉妹物語」としてキャンペーン展開されていた。物語形式によるメディアミックス戦略の一環としてスピンオフ映画作品が企画され、1995年に「四姉妹物語」として東宝系で公開された。CMの設定と、三姉妹探偵団の設定をドッキングした展開になっている。“四姉妹”を主人公に、結婚披露宴の最中に起きた殺人事件の犯人探しをコメディタッチで描いたミステリー。監督は「良いおっぱい悪いおっぱい」の本田昌広。脚本は人気作家・赤川次郎の原案を元に、「NOBODY」で切れ味の鋭い演出を魅せた大川俊道が担当している。主演の四姉妹にふんするのは、CM同様、清水美砂、牧瀬里穂、中江有里、今村雅美の四人。

■スタッフ
製作プロダクション:電通関西支社、キティ・フィルム
製作者:伊地智啓、安田匡裕
原案:赤川次郎
監督:本田昌広
脚本:大川俊道
撮影:猪瀬雅久
上映時間:103分
ダイアローグ:飯島早苗
アクション監督:斎藤英雄
助監督:富樫森
企画:藤井忠彦、大木達哉
企画協力:村上和義、荒木宏、鬼頭圭二、平川浩司
プロデューサー:椋樹弘尚
車輌協力:本田技研工業(当時、出演者の牧瀬が「トゥデイ」のCMに出演していたため)
配給:東宝

■キャスト(役柄:俳優)
小暮すなみ:清水美砂
小暮ちなみ:牧瀬里穂
小暮こなみ:中江有里
小暮えなみ:今村雅美
西村英二:竹中直人
沖田淳一:伊原剛志
小暮謙三:橋爪功
樋口彰:浅野忠信
小日向信彦:篠井英介
三崎麗子:洞口依子
野崎:笑福亭鶴瓶
木下:松尾貴史
明日香:近内仁子
美由紀:久野真紀子
郵便配達:吹越満




関連記事
スポンサーサイト