FC2ブログ
2012 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2012 10

わたしのおじさん/著:湯本 香樹実 画:植田 真

kage

2012/09/03 (Mon)

ほん運び 特集 感性にまかせて選ぶ
なんだか○○な本の選び方No/008
★ときには感覚や気分にまかせて本を選んでみませんか? あなたがピンときたとき本は、今のあなたの心の中をそのままうつし出しているのかもしれません…今回は雑画家2人が感覚や気分で選んだセレクト25冊★

■なんだか、ひとりぼっちだなと感じてしまったときに読んでほしいで選びました!

アイコンりす今回のBook案内人…Arika

わたしのおじさんわたしのおじさん
(2004/10)
湯本 香樹実、植田 真 他

商品詳細を見る






い草原で私はコウちゃんに出会った。

コウちゃんが話してくれたのは、動物園のゴリラと貸してもらえなかった縄跳びのこと。

やがてくる別れの切なさが始まりの希望に昇華する小さい美しい物語。

いつか、わたしは思い出すだろう、遠い昔、はるかな草原をあなたと旅したこと・・・

せつなさと希望にみちた始まりの物語。





関連記事
スポンサーサイト



遠めがねの海/文:山下 明生 絵:村上康成

kage

2012/09/03 (Mon)

ほん運び 特集 感性にまかせて選ぶ
なんだか○○な本の選び方No/007
★ときには感覚や気分にまかせて本を選んでみませんか? あなたがピンときたとき本は、今のあなたの心の中をそのままうつし出しているのかもしれません…今回は雑画家2人が感覚や気分で選んだセレクト25冊★


夏から秋への季節の変わり目

きゅうに静かになった海岸通りを歩いていると、

なんだか小さな不思議に出会いそう


アイコンかえる今回のBook案内人・・・風うろこ


遠めがねの海遠めがねの海
(2004/09)
山下 明生

商品詳細を見る





がおわってきゅうに静かになった海岸通り。

「あれれ? こんなところに、お店?」

ぼくの足をとめたのは、道端ほこりっぽいシューウィンドウ

アンティークショップのウインドーで出会った古い傷だらけの望遠鏡。

いや望遠鏡というより、それは遠めがね。

その中には、ときどき外とはちがう風景がうつるのです。

静まりかえった初秋の砂浜につむぎ出された人に教えたくない、とっておきのお話。



↑プチって押して頂けると励みになります。



関連記事