FC2ブログ
2013 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2013 05

私が愛する手塚治虫ワールド[5]・・・アドルフに告ぐ

kage

2013/04/10 (Wed)

Arika手塚治虫

アイコンりす手塚治虫漫画感想担当…Arika

アドルフに告ぐ(1) (手塚治虫漫画全集 (372))アドルフに告ぐ(1) (手塚治虫漫画全集 (372))
(1996/06/14)
手塚 治虫

商品詳細を見る


少年時代に熱い友情で結ばれた2人のアドルフ。

やがて運命に翻弄される彼らは敵同士に。

歴史のもつ非情さの果てに、正義の意味を掲示する。

今回は、手塚先生のある意味問題作、『アドルフに告ぐ』をpick up!


img445c.jpg


←ポチって押して頂けると励みになります



関連記事
スポンサーサイト



レッスン/作:キャロル・リン ピアソン 訳:灰島かり 画:ささめやゆき

kage

2013/04/10 (Wed)

Book目次(新学期)1VOL…4

アイコンりす今回のBook案内人・・・・Arika
★大切な人に届けたい、小さくて大きな絵本・・・今回のBook案内人/Arika

レッスンレッスン
(2002/12)
キャロル・リン ピアソン

商品詳細を見る




米の大ベストセラーが日本で小さな絵本に生まれかわりました。

アメリカの人気詩人、キャロル・リン・ピアソンがつむいでくれたのは「呼吸が楽になる」「まなざしが深くなる」そんな物語です。








関連記事

(アニメ感想) カーニヴァル 第1話 「なないろ導花線」

kage

2013/04/10 (Wed)

カーニヴァル (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)カーニヴァル (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
(2008/03/17)
御巫 桃也

商品詳細を見る



とある腕輪を頼りに「嘉禄(カロク)」という人物を探す主人公の无(ナイ)は、旅の途中でミネという女の屋敷に捕えられる。

その際、屋敷に窃盗に入っていた少年、花礫(ガレキ)に助けられた无は、「嘉禄の腕輪」を譲ることを条件に、花礫と行動を共にすることになる。

ミネが言うところによると、その腕輪は、国家防衛機関「輪(サーカス)」の身分証であるらしい。

嘉禄が輪の人間であると踏んだ花礫は、无を連れ、輪の本部を目指す旅に出る。




■スタッフ
原作:御巫桃也(月刊コミック「ZERO-SUM」連載中/一迅社)
監督:菅沼栄治
シリーズ構成:待田堂子
キャラクターデザイン・総作画監督:川村敏江
武器デザイン:さとう陽
ヴァルガデザイン:安彦英二
美術監督:鈴木武志
色彩設計:中尾総子
撮影監督:騠橋賢司
音響監督:矢野さとし
音楽:浜口史郎、井内啓二
アニメーション制作:マングローブ
製作:カーニヴァル製作委員会

■キャスト
无(ナイ):下野紘
花礫(ガレキ):神谷浩史
與儀(ヨギ):宮野真守
ツクモ:遠藤綾
平門(ヒラト):小野大輔
喰(ジキ):中村悠一
朔(ツキタチ):遊佐浩二
燭(アカリ):平川大輔
キイチ:喜多村英梨
イヴァ:本名陽子
羊&兎:五十嵐裕美
嘉禄:保志総一朗
エリシュカ:佐藤聡美
黒白(ウロ):諏訪部順一

■アニメ公式サイト:カー二ヴァル


関連記事