FC2ブログ
2013 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 09

(怪談本通信2013夏⑦)怪談実話 盛り塩のある家 /福澤徹三

kage

2013/08/14 (Wed)

2013年夏。 かなり恐いけど是非おススメしたい怪談本をレビュー!

Arika報告書怪談


Arika報告書v

■よんでしばらくは鏡が見られなくなりました。


怪談実話 盛り塩のある家 (幽BOOKS 怪談実話)怪談実話 盛り塩のある家 (幽BOOKS 怪談実話)
(2012/09/07)
福澤徹三

商品詳細を見る



作家・福澤徹三が取材・蒐集を重ね、端正な筆致で描いた怪談実話。

呪われた家の傍の海から這い出る獣とも人ともつかない影(「佐藤さんの家」)、夫不在のマンションの一室で響く不穏な音(「異音」)、目の前のトイレから忽然と姿を消した友人のその後(「消えた同級生」)……。

日常と地続きだからこそ、じわりと怖い話の数々を収録。

怪談専門誌『幽』での連載、書き下ろし作品を加え書籍化。読後は家の鏡に、風呂に、背後に、不穏な陰を感じずにはいられない。






怪談本としてのガクブル度を5段階で評価してみました!?

ガクブル度1…

ガクブル度2… 

ガクブル度3…  

ガクブル度4…   

ガクブル度5…    





↑プチって押して頂けると励みになります。
関連記事
スポンサーサイト