FC2ブログ
2013 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 09

(怪談本通信2013夏⑧) 眩談 (幽BOOKS) /京極夏彦

kage

2013/08/16 (Fri)

2013年夏。 かなり恐いけど是非おススメしたい怪談本をレビュー!

Arika報告書怪談


Arika報告書v

■記憶、夢、現実と虚構、迷路といったモチーフが幾重にも織り込まれており、まさに眩惑感を覚えた。


眩談 (幽BOOKS)眩談 (幽BOOKS)
(2012/11/30)
京極夏彦

商品詳細を見る


視界が歪み、記憶が混濁し、暗闇が臭いたち、眩暈をよぶ。

読み手を眩惑する八つの物語。京極小説の本領を味わえる怪しき短篇集。

幽けき『幽談』、ほの冥い『冥談』に続く、シリーズ第三弾。






怪談本としてのガクブル度を5段階で評価してみました!?

ガクブル度1…

ガクブル度2… 

ガクブル度3…  

ガクブル度4…   

ガクブル度5…    





↑プチって押して頂けると励みになります。
関連記事
スポンサーサイト