FC2ブログ
2014 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2014 07

(風ちゃんの今日の絵本箱)10ぴきのくまのおはなし /サリー グリンドリー(文)、ピーター・アットン(絵)、宙野素子(訳)

kage

2014/06/06 (Fri)

              

アイコンかえる絵本担当・・・風うろこ
★姪っ子が大好きな絵本でした。

対象年齢…D26-g009.gif:3~4歳   D26-g009.gifD26-g009.gif:5~6歳   D26-g009.gifD26-g009.gifD26-g009.gif:小学生~  D25-g065.gif:大人まで

10ぴきのくまのおはなし (ミキハウスの絵本)10ぴきのくまのおはなし (ミキハウスの絵本)
(1996/02)
サリー グリンドリー

商品詳細を見る




↑プチって押して頂けると励みになります。


関連記事
スポンサーサイト



大人本セレクト(42)…読むだけでコミュニヶーション力がUPする3冊![「また会いたい」と思われる人の38のルール/感情の整理」が上手い人下手な人―感情コントロールで自分が変わる/平林都の接遇道]…Arika

kage

2014/06/06 (Fri)

■大人だから楽しんで読める、大人だから読んでほしい様々なジャンルの『大人本セレクト』をレビュー!
Arikaおとな本1
VOL・042

ほん運び大人だからこそ、『コミュニケーション力』のアップは大事!

大人の人間関係で最も重要なのはコミュニケーションの力!

しかし、人見知りな私は、まさに典型的なコミュニケーション下手。

バスの待ちの間に、隣同士の人たちが始めた世間話にのれず、つい携帯をいじったり……。

確実に、出会いのチャンスを潰して人生損をしている気がします。

これらの本を読んで、直すべき部分を多く発見!

しっかり勉強して、少しでも自分の卑屈なところを修正したいものです。

相手への考えや接し方のコツが分かる、そんな3冊です。



関連記事

(Arikaの気まぐれcooking♡)春キャベツのオリーブオイルソテー

kage

2014/06/06 (Fri)

Arikaレシピ

春キャベツ… 春キャベツのオリーブオイルソテー
---------------------------------------料理:ARIKA

こんにちは、Arikaでございます。

シンプル調理で春ならではの春キャベツの味をまるごと堪能

おかず(キャベツのオリーブオイルソテー)
関連記事

(百合漫画・14)かわいいあなた/乙 ひより

kage

2014/06/06 (Fri)

■百合男子・うさタクと腐・百合女子・Arikaの同企画レビュー!!
Arikaうさたく本3d

(百合漫画・14) かわいいあなた /乙 ひより

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


■百合レビュー偶数ナンバー担当

Arika001b.png


ここ数年、百合描写の入ったアニメを見かけることが多くなり、ハマった人も意外と多いはず。

「最近、女の子同士が仲良くしているのを見ると心が熱くなる」

「これから沢山女の子のイチャイチャを見るぞ!」

意気込んでみたものの、、初心者からするとまだまだ閉ざされた部分が多いと感じてしまうでしょう。

そんな百合初心者のあなたに向けてレビューするのは、

『我れ思う、故に百合あり!だが、そこに我(男)、必要無し』の百合哲学を持つうさタク。

『BLも百合もオールマイティで、その愛を愉しめる腐・百合女子』であるArika。

この2人が初心者向けに百合物件(アニメ・漫画・ゲーム・小説など)を毎回1件ずつ交互にご紹介していくよ!




↑プチって押して頂けると励みになります。




関連記事

ゾウの時間ネズミの時間―サイズの生物学/本川 達雄(著)

kage

2014/06/06 (Fri)

6月のテーマBook特集!?

Arika時の旅人

誰にでも平等にある時間だからこそ、追い立てられたり、無駄に過ごすことなく、優雅に上手に使えるようになることが、今も昔も変わらぬ理想なのかもしれません。

★時空を超えて、過去や未来の時間を体験できるのが読書の楽しみです。

アイコンりす今回のBook案内人・・・・Arika

ペットはどうして先に死んでしまうのか?

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)
(1992/08)
本川 達雄

商品詳細を見る





関連記事

【おすすめBOOKフェア】ほんのまくらフェア31~36

kage

2014/06/06 (Fri)

Arika(フェア)1

紀伊国屋「ほんのまくらフェア」25~30

ほんのまくら2a

本の出だしの文章=「まくら」と呼びます。

有名なものならたくさんある。

「国境のトンネルを抜けると~」…by『雪国』川端康成

「ゆく河の流れは絶えずして~」…by『方丈記 』鴨長明

「メロスは激怒した」by『走れメロス』太宰治

「桜の樹の下には~」by『桜の樹の下には』 梶井 基次郎

「スプリットタンって~」・・・by『蛇とピアス』金原ひとみ


このフェアは、単行本に、冒頭の一文の『まくら』のみ印刷したカバーをつけてビニールで封印。

オリジナルカバーに載っているそれぞれの「まくら」に何を感じ取ったのでしょうか?

それはもう本当に研ぎ澄まされた感覚のみで、きっと不思議な本との出会いが待っていたはずです。

題名も作者も中身もわからない斬新な試みが大反響を呼び、1ヶ月半の期間中、売り上げは目標の約30倍に!


Book紹介案内担当:Arika


関連記事

春キャベツと豚バラの味噌炒め

kage

2014/06/06 (Fri)

Arika料理c1

かたまりのゆで豚を使って、ボリューム満点。

春キャベツと豚バラの味噌炒め





関連記事