FC2ブログ
2014 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2014 07

トムは真夜中の庭で/フィリパ・ピアス(作)

kage

2014/06/08 (Sun)

6月のテーマBook特集!?

Arika時の旅人

誰にでも平等にある時間だからこそ、追い立てられたり、無駄に過ごすことなく、優雅に上手に使えるようになることが、今も昔も変わらぬ理想なのかもしれません。

★時空を超えて、過去や未来の時間を体験できるのが読書の楽しみです。

アイコンりす今回のBook案内人・・・・Arika

年齢も性別も関係ない”時”の本!

トムは真夜中の庭で (岩波少年文庫 (041))トムは真夜中の庭で (岩波少年文庫 (041))
(2000/06/16)
フィリパ・ピアス

商品詳細を見る




関連記事
スポンサーサイト



(音楽市場♪)「ストレス」「ストレス・バスターズ」

kage

2014/06/08 (Sun)

レビュー担当:Arika
Arika音楽市場1   『音楽市場♪』は、こだわりのあるおススメ音楽CDをレビュー!

ストレス社会に注目したクラッシックのアルバム2枚。

あなたなはどちらを選びますか?



顔文字ピアノ


関連記事

【おすすめBOOKフェア】ほんのまくらフェア37~42

kage

2014/06/08 (Sun)

Arika(フェア)1

紀伊国屋「ほんのまくらフェア」37~42

ほんのまくら2a

本の出だしの文章=「まくら」と呼びます。

有名なものならたくさんある。

「国境のトンネルを抜けると~」…by『雪国』川端康成

「ゆく河の流れは絶えずして~」…by『方丈記 』鴨長明

「メロスは激怒した」by『走れメロス』太宰治

「桜の樹の下には~」by『桜の樹の下には』 梶井 基次郎

「スプリットタンって~」・・・by『蛇とピアス』金原ひとみ


このフェアは、単行本に、冒頭の一文の『まくら』のみ印刷したカバーをつけてビニールで封印。

オリジナルカバーに載っているそれぞれの「まくら」に何を感じ取ったのでしょうか?

それはもう本当に研ぎ澄まされた感覚のみで、きっと不思議な本との出会いが待っていたはずです。

題名も作者も中身もわからない斬新な試みが大反響を呼び、1ヶ月半の期間中、売り上げは目標の約30倍に!


Book紹介案内担当:Arika


関連記事

大人本セレクト(43)…読むだけで『英会話』がマスターできる3冊![英語で手帳をつけてみる/その英語、ネイティブはカチンときます /「超速」英語プログラム~脳の専門家も認めたネイティブ脳育成CD付き]…Arika

kage

2014/06/08 (Sun)

■大人だから楽しんで読める、大人だから読んでほしい様々なジャンルの『大人本セレクト』をレビュー!
Arikaおとな本1
VOL・043

ほん運び大人だからこそ、『英会話力』のマスターは大事!

焦りが挫折に代わって、諦めがちな英会話。

自分に合う勉強法が見つかる。!



関連記事