FC2ブログ
2015 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 04

(3月のBOOK特集3)【第一章】卒業シ-ズンにぴったりの本 うろこのいちおし「人生の先輩から”贈る言葉”」、この3冊

kage

2015/03/12 (Thu)

2015年3月BOOK特集
Arika卒業シーズン

晴れやかな空気の中に一抹の寂しさがある卒業の季節。

「さよなら」を交わし、次のステージへ向かうその前に…

別れと旅立ちのときにふさわしい本を3冊紹介。


アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*


【第一章】人生の先輩から”贈る言葉”
― その生き様が珠玉の言葉になる ―


Arika003ssいちおし
 うらおもて人生録/色川 武大

うらおもて人生録 (新潮文庫)うらおもて人生録 (新潮文庫)
(1987/11/30)
色川 武大

商品詳細を見る


優等生がひた走る本線のコースばかりが人生じゃない。ひとつ、どこか、生きるうえで不便な、生きにくい部分を守り育てていくことも、大切なんだ。勝てばいい、これでは下郎の生き方だ……。著者の別名は雀聖・阿佐田哲也。いくたびか人生の裏街道に踏み迷い、勝負の修羅場もくぐり抜けてきた。愚かしくて不格好な人間が生きていくうえでの魂の技術とセオリーを静かに語った名著。

----------------------------------------------------------------------------------------
とても救われた気持ちになれた一冊。

ArikaかぜちゃんPC3色川武大氏といえば、最近では、伊集院静氏が書いた「いねむり先生」として知られていますが、個人的には、今や一部メディアにおいて、世界に冠たるという形容詞がつくようになったジャズ喫茶ベイシーの人。そんな先生が人を好きになること、学歴、ばくち打ちとして培ったバランスの取り方。

阿佐田哲也の名で雀聖と呼ばれた男が優等生に向けてやさしく語りかけた教育的指南の書がコレ!

「本線とはちがうコースがみつかるといいんだがね」という言葉から優しさが滲み出てる。今読んでもとても救われた気持ちになれた一冊なんだけど、「9勝6敗」「負けを拾う」「運について」「プロはフォームが大事」などなど欠陥車の生き方の章なので、もっと若い時に読んでおきたかったケロ♪





関連記事
スポンサーサイト



(卒業シ-ズンにぴったりの本・さよならと旅立ちの物語)卒業ホームラン 自選短編集・男子編/重松 清…Arika*

kage

2015/03/12 (Thu)

2015年3月BOOK特集
Arika卒業シーズン

別れと旅立ちのときにふさわしい本を1冊ずつ紹介。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*


【第二章】さよならと旅立ちの物語
― 卒業・旅立ちをテーマにしたフィクション ―



 卒業ホームラン―自選短編集・男子編/重松 清

卒業ホームラン―自選短編集・男子編 (新潮文庫)卒業ホームラン―自選短編集・男子編 (新潮文庫)
(2011/08/28)
重松 清

商品詳細を見る


奇跡は起きる。神様はいる。あいつはそう教えてくれたんだ。重松清から君たちへ。少年たちに読んでほしい物語、全六編。新作「また次の春へ――トン汁」を特別収録。

少年野球チームに所属する智は、こつこつ努力しているのにいつも補欠の六年生。がんばれば必ず報われる、そう教えてきた智の父親で、チームの監督でもある徹夫は、息子を卒業試合に使うべきかどうか悩むが──。答えの出ない問いを投げかける表題作のほか、忘れられない転校生との友情を描く「エビスくん」などを含む、自身が選んだ重松清入門の一冊。新作「また次の春へ」を特別収録。


関連記事

2015年冬、木曜ドラマ『美しき罠~残花繚乱~』

kage

2015/03/12 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★1月6日スタート 

NHK総合 毎週火曜 午後10:00~午後10:50

 美しき罠~残花繚乱~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:岡部えつ「残花繚乱」(双葉社)/脚本:浅野妙子/演出:光野道夫/演出:岩田和行/プロデューサー:栗原美和子/プロデューサー:後藤庸介

主題歌:安田レイ「恋詩」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•西田りか(田中麗奈)
大手流通グループに勤務する頑張り屋の会社員。上司の荘太と不倫関係にあるが、関係を知った荘太の妻・美津子の画策でその思いが裏切られ、復讐を心に決める。

•柏木美津子(若村麻由美)
荘太の妻。父が経営する会社に勤める荘太と結婚し、娘にも恵まれ、はた目には円満な家庭を築く。りかが夫の浮気相手だと知りながら、腹黒い思惑から家族ぐるみで交流がある圭一との見合い話を持ち掛ける。

•落合圭一(青柳翔)
若くしてIT系企業を経営。荘太の友人の弟で柏木家とは家族ぐるみの付き合い。美津子に恋心を抱くが、りかとの見合いを了承する。

•桐谷麻紀(三浦理恵子)
りかが通う書道教室の仲間。フリーのインテリアコーディネーターで独身。美容整形にお金をつぎ込んでいる。

•滝本泉(高橋かおり)
りかが通う書道教室の仲間。既婚のキャリアウーマン。りかにとって、唯一何でも話せる友人。夫との夫婦仲が冷め切っている。

•江崎龍子(池畑慎之介)
独身の書道家で文化人としても著名。りかの人生を興味本位に翻弄していく。

•柏木荘太(村上弘明)
りかが勤める企業の常務。社内一のモテ男で、社長の娘・美津子と結婚した野心家。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
田中麗奈が大人の恋愛劇で新境地を開拓!
3年間の不倫に終止符を打ち、いわくつきの結婚に向かおうとしている主人公の西田りか(田中麗奈)を中心に、男女関係が複雑に絡み合っていく恋愛劇。田中は、「自分の今までのイメージとは異なる雰囲気の題材でとても新鮮です」と、これまでにない役柄で新境地を開拓する。勤め先の常務・柏木荘太(村上弘明)と不倫関係にありながらも純愛を信じていたりかが、荘太の妻・美津子(若村麻由美)の画策で、美津子に心を寄せる青年実業家・落合圭一(青柳翔)との見合いを強要されるスリリングな展開が見どころ。脚本は、ドラマ「ラブジェネレーション」(フジテレビ系)など数々の話題作で知られる浅野妙子が手掛ける。





関連記事