FC2ブログ
2015 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 07

TV木曜アニメ「旦那が何を言っているかわからない件 2スレ目」…Arika

kage

2015/06/18 (Thu)

ジャンル:ラブコメ
 旦那が何を言っているかわからない件 2スレ目

最速放送日… 2015年4月2日(木)25:00~(テレビ埼玉)

■キャスト
田村ゆかり、鈴村健一、釘宮理恵、坂井俊文、新谷良子、外崎大輔、堀野紗也加、清水香里

■スタッフ
原作:「旦那が何を言っているかわからない件」(原作者:クール教信者・単行本既刊4巻一迅社刊)、監督:永居慎平、キャラクターデザイン・作画監督:馬場竜一、音響監督:大室正勝、音楽:G-angle、制作プロダクション:ドリームクリエイション、音響制作:ダックスプロダクショ

■制作会社・・・セブン

■あらすじ
ごく普通のOL・カオルと、彼女の旦那で重度のオタクであるハジメのいちゃラブ生活が返ってきた! カオルは相変わらずハジメに振り回されているけど、見ているほうが恥ずかしくなるほどの仲の良さは健在で……。
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3オタクの旦那と普通のOLの主人公の夫婦再び!
2014年の秋アニメとして放送されたショートアニメの第2期シリーズ。オタクの旦那と普通のOLの主人公との、コミカルで、ときにほろりとさせるやり取りが好評を得た。メインキャストはカオル(CV:田村ゆかり)と、ハジメ(CV:鈴村健一)。

関連記事
スポンサーサイト



(マンガ家を知るマンガ家マンガ…06) エデンで会おう /惣領 冬実…Arika

kage

2015/06/18 (Thu)

2015年6月後半のBOOK特集★
マンガ家2

ここ数年、マンガ家を主人公にした作品、“マンガ家マンガ”が増えている。

マンガ家の生き様や仕事ぶりが題材のマンガ家マンガは、アツい作品が多いと思います。

読むと舞台裏の様子がわかるようになるので、マンガを読む楽しさも増すはずです。

マンガ家を目指す人はもちろん、そうじゃない人も、マンガ家さん達のリアルを知ることで、マンガを読むのがもっと面白くなるはず。また、ほかに夢を持って生きてる人にもおすすめです。

そこで、今回はマンガ家たちが作品を完成させるために努力する姿や、挫折から立ち上がっていく様子から、勇気をもらえるマンガ家マンガ”をPick Up!


Arikaブック1a
①うろこ→②うさタク→③Arika→④うろこ→⑤うさタク→⑥Arikaと毎日一冊ずつ3人でバトン形式でリレーレビュー★



関連記事

2015年春、木曜ドラマ『恋愛時代』

kage

2015/06/18 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月2日スタート 

日本テレビ系 毎週木曜 午後11:59~深夜0:54

 恋愛時代

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:藤井清美/演出:藤村享平/プロデューサー:木谷俊樹/プロデューサー:西川義嗣/プロデューサー:汐口武史/プロデューサー:津嶋敬介/プロデューサー:石田麻衣

主題歌:西内まりや「ありがとうForever...」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•衛藤はる(比嘉愛未)
スポーツジム勤務。体育会系で仕事はしっかりこなすが、細かい気配りは苦手。実は小心者で、思いついた皮肉は言わずにはいられないタイプ。短い結婚生活の後に離婚したのは、ある悲しい理由がある。

•早勢理一郎(満島真之介)
はるの元夫。文学をこよなく愛し、書店で働いている。客の気分にぴったりの本を薦めることを生きがいとしている。はるの皮肉は気に障っていたが、ないと物足りないとも感じている。

•小笠原かすみ(佐津川愛美)
はるの小学校時代の友人。離婚歴のあるシングルマザーで、経済的にも苦しいが、娘にだけは苦労をさせまいと奮闘している。はるとはスポーツジムで再会し、はるに紹介された理一郎に恋心を抱く。

•永冨匠平(淵上泰史)
はると理一郎の結婚式を担当した結婚式場職員。結婚を迷う理一郎の背中を押したが、実はこの時、はるに一目ぼれしており、密かに思いを募らせていた。理一郎とはるが離婚したことを知り、はるに思いを打ち明ける。

•織田多実子(香椎由宇)
理一郎の高校の同級生で初恋の人。現在は料理教室の先生として働いており、同窓会で理一郎と再会する。

•喜多嶋竜一(佐藤隆太)
はるの妹・しず夏が通う大学の准教授。はるのジムで水泳の特訓をしているが、極度の水恐怖症。妻との関係がこじれ、現在は別居しており、密かにはるに思いを寄せる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
比嘉愛未が民放の連続ドラマ初主演! 元夫婦の“婚活”を描くラブストーリー!
故・野沢尚の同名小説を基にした、面白くてどこか切ないラブストーリー。かつてのパートナーの再婚相手探しに奔走し合う、ちょっと変わった元夫婦の姿を描く。主人公の衛藤はるを演じるのは、民放の連続ドラマ初主演にして恋愛ドラマも初挑戦となる比嘉愛未。比嘉は「今は幸せな気持ちでいっぱいです。楽しみで仕方ありません。この作品に全身全霊でぶつかっていきますので、私の奮闘をぜひたくさんの方に見守っていただけたらうれしいです」と意欲を燃やす。文学を愛する書店店員で理屈っぽい元夫・早勢理一郎役は満島真之介が演じ、2人の姿を通して、一度切れた赤い糸は戻るのか、結婚と離婚とは何かを問い掛ける。





関連記事

2015年春、木曜ドラマ『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』

kage

2015/06/18 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月16日スタート 

TBS系 毎週木曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後8:57~午後10:09)

 ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:櫻井武晴/演出:堤幸彦/演出:加藤新/演出:坪井敏雄/プロデューサー:植田博樹/プロデューサー:伊藤雄介/プロデューサー:楠千亜紀

主題歌:Thinking Dogs「世界は終わらない」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•永光麦秋(大島優子)
警視庁組織犯罪対策部第三課“足抜けコール”担当。ヤクザを異常なまでに憎んでいる。元少年課の刑事で、異動してから性格がゆがんでしまった。

•三ヶ島翔(北村一輝)
警視庁組織犯罪対策部第三課“足抜けコール”の担当者。元マル暴の刑事で、とある事件で容疑者を取り逃がし、左遷されてきた。ドスの効いた強面だが、いざとなると逃げ腰。

•佐野直道(勝地涼)
全国暴力団追放運動推進センターの暴追相談員。ヤクザとの交渉をこなすイケメン。暇さえあれば“足抜けコール”に来て、なじんでいる。

•永光遥(本田翼)
麦秋の妹。尊敬する医師・有留章子の病院で働く看護師。

•石山博文(田中哲司)
警視庁組織犯罪対策部第三課“足抜けコール”の担当者。子煩悩な性格だが、自分と子供の血縁に疑念を持っている。

•有留章子(山口紗弥加)
個人病院の院長。麦秋に過去の弱みを握られ、利用されている。

•永光由美子(名取裕子)
麦秋、遥の母親。娘のことを思っているが謎多き人物。

•橘勲(遠藤憲一)
関東貴船組の15代目組長。義理人情に厚い人物で、社会からドロップアウトした組員たちを息子のように愛する。組員たちが堅気に戻っても幸せにはなれないと考え、麦秋と対立する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
大島優子が連続ドラマ初主演! “足抜けコール”を舞台にした新しい警察ドラマ!
暴力団から抜け出したい人が助けを求めてくる、「暴力団離脱者相談電話」通称“足抜けコール”を舞台にした、新しい警察ドラマ。主人公の永光麦秋を、連続ドラマ初主演となる大島優子が演じる。麦秋が、次々と現れる妨害者から「一筆、頂戴致します!」と念書(離脱承諾書)を取り、離脱した元暴力団構成員らに“堅気”の仕事をあっせんするなど更生をサポートしていくストーリー。演出は、ドラマ「ケイゾク」「SPEC」(同系)、映画「20世紀少年」シリーズなどで知られる堤幸彦が務め、脚本はドラマ「ATARU」(同系)、「相棒」(テレビ朝日系)シリーズなどを手掛けた櫻井武晴が担当する。



関連記事

2015年春、木曜ドラマ『アイムホーム』

kage

2015/06/18 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月16日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:09)

 アイムホーム

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:石坂啓「アイムホーム」(小学館)/脚本:林宏司/監督:七高剛/監督:田村直己/プロデューサー:横地郁英/プロデューサー:大江達樹/プロデューサー:川島誠史/プロデューサー:太田雅晴

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•家路久(木村拓哉)
証券会社のサラリーマン。超エリートだったが、事故に遭って過去の記憶が曖昧になり、業務が楽な部署に異動する。妻の恵と4歳の息子の顔が仮面に見えるようになり、2人に対する愛情があるのかすら分からない。離婚した妻子のことははっきりと覚えている。

•家路恵(上戸彩)
久の妻で資産家の娘。久はなぜ彼女と結婚したのか、どのような結婚生活を送っていたのか、何も思い出せない。

•野沢香(水野美紀)
久の元妻。雑誌のライターをして生計を立てている。記憶を失い、時々、自分と娘を今の家族と錯覚する久に困惑する。

•本城剛(田中圭)
久と恵の息子・良雄が所属するサッカークラブのコーチ。

•四月信次(鈴木浩介)
久が異動した第十三営業部の部員。かつてはバリバリ働いていたが、今はやる気がない。

•筑波良明(及川光博)
久の主治医を務める脳外科医。妻子が仮面に見えてしまう久に対しても、ひょうひょうと接する。

•小机幸男(西田敏行)
久が異動した第十三営業部の部長。優しく穏やかだが、無神経な一面も。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
木村拓哉が記憶を失った会社員に! “仮面妻”と過去の謎をめぐるホームドラマ!
SMAPの木村拓哉が、テレビ朝日の連続ドラマに初主演。過去5年の記憶を失ったサラリーマンをめぐるミステリアスなホームドラマで、主人公の妻役は、木村と初共演となる女優・上戸彩が務める。原作は、文化庁メディア芸術祭の大賞を受賞した石坂啓の同名漫画。木村が、5年前に妻・恵(上戸)と再婚し、息子をもうけたものの、ある事故に遭ったことが原因で記憶が曖昧になり、恵と息子の顔が仮面をかぶったように見えるサラリーマン・家路久に扮し、過去の記憶の謎が交差する衝撃的なストーリーが繰り広げられる。


関連記事

2015年春、木曜ドラマ『かぶき者慶次』

kage

2015/06/18 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月9日スタート 

NHK総合 毎週木曜 午後8:00~午後8:45

 かぶき者慶次

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原案:火坂雅志/脚本:小松江里子/演出:佐藤峰世/演出:吉村芳之/演出:田中英治/制作統括:内藤愼介/制作統括:原林麻奈

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•前田慶次(藤竜也)
戦国一のかぶき者。関ヶ原の合戦が終わり、世に名高い猛将らしからぬ風流三昧の生活を送る。人が死ぬことのない世を願い、血気盛んな息子・新九郎に対して本当に大切なことを教えようとする。

•前田新九郎(中村蒼)
慶次の息子。周囲の同輩のように上杉家に出仕したいと焦り、家督を譲らない父・慶次に反発するが、やがて父の度量の大きさや生きざまに気が付いていく。

•前田佐乃(西内まりや)
慶次の娘。加賀を飛び出して戻らない慶次を連れ戻しにやってくるが、初めて知る兄・新九郎の存在に驚く。

•安田勝之進(工藤阿須加)
上杉家の勘定頭・安田継之丞の嫡男。正義感が強く、剣の腕も立つ男前。慶次の娘・佐乃に好意を抱く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
藤竜也が戦国一のかぶき者・前田慶次の晩年を熱演!
加賀の前田家を出奔し、上杉家に仕えた“戦国一のかぶき者”前田慶次(藤竜也)の晩年を描いた痛快時代劇。関ヶ原の戦いで敗れ、会津120万石から出羽・米沢30万石に格下げされた上杉家を舞台に、60歳を超え、かぶき者としての潮時を迎える慶次が、風流三昧の父に反発する息子・新九郎(中村蒼)らに男の生きざまを見せる。慶次を加賀に連れ戻そうする娘・佐乃を西内まりや、佐乃に思いを寄せる上杉家臣・安田勝之進を工藤阿須加が演じるほか、田畑智子、伊武雅刀、火野正平らが脇を固める。


関連記事

2015年春、木曜ドラマ『医師たちの恋愛事情』

kage

2015/06/18 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月9日スタート 

フジテレビ系 毎週木曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:09)

 医師たちの恋愛事情

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:秋山竜平/脚本:坂口理子/脚本:小山正太/演出:田中亮/演出:平野眞/演出:関野宗紀/プロデューサー:中野利幸
主題歌:シシド・カフカ「Don't be love feat.斉藤和義」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•守田春樹(斎藤工)
郊外の病院から大学病院に赴任してきた外科医で、365日・24時間、患者を救うことだけを考えて生きている。女性を惹きつけるフェロモンにあふれた彼は次第に、何よりも仕事を優先する千鶴に惹かれていく。

•近藤千鶴(石田ゆり子)
大学病院の外科医。医師という仕事に誇りを持っており、何よりも仕事を優先してきたため、気づいたら結婚適齢期を過ぎていた。「恋より仕事」「恋より命」と考えているが、年下の春樹に惹かれていく。

•河合奈々(相武紗季)
シングルマザーの麻酔科医。自他共に認める肉食系女子。幼い息子のために、条件の良い結婚相手を探している。

•高橋宗太郎(平山浩行)
地方の大きな私立病院の院長の息子で、春樹をライバル視している外科医。恋愛では誰彼構わず手を出すが、実は千鶴に好意を寄せている。

•大根良太(三宅弘城)
既婚者で子持ちの外科医。出世のために教授にこびを売ったり、さまざまな女性にちょっかいを出したりしている。

•市川友子(板谷由夏)
大学病院の内科医で、千鶴の親友。結婚したが、子供に恵まれず不妊治療中。

•仁志祐介(伊原剛志)
春樹の良き理解者である、大学病院の外科医で准教授。既婚者だが子供はいない。

•渡辺幹夫(生瀬勝久)
大学病院の経営管理部長。売り上げ第一主義で費用効率ばかりを考えており、春樹と対立していく。


----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
斎藤工が医師役で主演。大学病院を舞台にした大人の群像ラブストーリー!
「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(同系)で話題となった斎藤工が、同系連続ドラマ初主演。“医療ドラマ”と“恋愛ドラマ”を融合させた“医療ラブストーリー”で、出世争い・恋愛・不倫・三角関係などのさまざまな欲望が渦巻く大学病院を舞台に、医師たちの複雑に絡み合う人間関係や恋愛模様を描く。斎藤が演じるのは、女性を惹きつけるフェロモンにあふれた熱血外科医・守田春樹。その恋の相手となる年上ヒロイン・近藤千鶴役を初共演となる石田ゆり子が務め、相武紗季、平山浩行、三宅弘城、板谷由夏、伊原剛志、生瀬勝久など個性と実力を兼ね備えた豪華俳優陣が脇を固める。


関連記事