FC2ブログ
2015 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 08

2015夏期☆土曜日にドラマ化された原作&コミック「ラーメン大好き小泉さん/ど根性ガエル/煙霞/サッカーボーイズ明日への絆  君のためならがんばれる/恐慌に立ち向かった男高橋是清 」

kage

2015/07/22 (Wed)

Arikaひつじ


2015年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
■2015夏期☆土曜日にドラマ化された原作&コミック

【6月28日(土)更新】
・ラーメン大好き小泉さん/鳴見なる 

【7月11日(土)更新】
・ど根性ガエル/吉沢やすみ 

【7月18日(土)更新】
・煙霞 /黒川博行

【8月22日(土)更新】
・サッカーボーイズ明日への絆  君のためならがんばれる/清水久美子(フリーライター)
・恐慌に立ち向かった男高橋是清 /松元崇 


ドラマを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!




関連記事
スポンサーサイト



【BLコミック】愛されるにも程がある /柚摩サトル

kage

2015/07/22 (Wed)

アイコンりす不定期レビュー!
Arika(BL)
■BL好き案内人が初心者用にCD、コミック、小説のお勧め萌えポイント押えたレビュー★

【攻】巨根すぎる後輩・浅井健人×【受】覚悟を決めかねてる先輩・野神

勢いだけでは越えられない足りないのは恋の覚悟




付き合い初めて三ヵ月。

現在ラブラブ同棲中の野神と浅井だが、実はいまだに最後までイタしたことがない。

理由は浅井の股間の暴れん棒のせい…ということになっていたけれど、実は野神の心にはまだ迷いがあって……!?

おバカワンコ攻×クーデレ年上受の表題作ほか、ラブとエロスと(笑)がたっぷり詰まった傑作短篇集!




関連記事

わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!/兼高 かおる

kage

2015/07/22 (Wed)

初夏に仕掛けたい爽快文庫

「初夏」にお薦めしたい爽快溢れる文庫を毎日一冊ずつご紹介。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*


 わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ! /兼高 かおる

わたくしが旅から学んだこと (小学館文庫)/小学館

¥514
Amazon.co.jp



関連記事

≪色が印象に残る映画4≫洋画:ぺネロピ

kage

2015/07/22 (Wed)

2015年7月のDVD特集!!
カラフル映画

物語:2/配役:4/演出:3/映像:5/音楽:4
総合評価 :★★★☆ 5点満点評価=3・6点
 洋画:ぺネロピ
PENELOPE   2008年3月1日公開!

ペネロピ [DVD]
ペネロピ [DVD]
posted with amazlet at 15.07.23
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント (2008-09-17)
売り上げランキング: 67,930


★作品情報
製作国:イギリス/アメリカ
製作年:2006年
上映時間:101分 
監督:マーク・パランスキー
配給:東京テアトル=デスペラード

★出演
クリスティナ・リッチ
ジェームズ・マカヴォイ
キャサリン・オハラ
ピーター・ディンクレイジ
リチャード・E・グラント


★内容
先祖を巡る因縁が元で豚の鼻を持って生まれてしまったヒロインの恋と成長をキュートに描いたファンタジー・ラブストーリー。主演はクリスティーナ・リッチ、共演にジェームズ・マカヴォイ。監督のマーク・パランスキーはこれが長編デビュー作。イギリスの名家、ウィルハーン家の一人娘として生まれたペネロピ。彼女の鼻と耳はなんと豚のそれだった。ウィルハーン家に古くから言い伝えられてきた恐ろしい呪いが、現実となって彼女に降りかかってしまったのだった。これにショックを受けた母ジェシカは、世間の好奇の目を遠ざけたい一心で、ペネロピを死んだことにしてしまう。以来、屋敷から一歩も外へ出ることなく成長したペネロピだったが…。




関連記事

(第153回芥川賞受賞作品特集!③)ΜとΣ/内村薫風(著)

kage

2015/07/22 (Wed)

芥川賞153


芥川龍之介の名を記念して、直木賞と同時に昭和10年に制定された。

芥川賞…”純文学”を対象とした作品。

各新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品中最も優秀なるものに呈する賞。


■芥川賞選考委員
小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、高樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、村上龍、山田詠美(敬称略)



第153回芥川賞候補作
 ΜとΣ(新潮3月号)/内村薫風(著)

新潮 2015年 03 月号 [雑誌]/新潮社

¥980
Amazon.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------

南アフリカ共和国南西部、スヴァルト准尉はいつも通りの通勤ルートを車で走らせ、やってきた。

朝五時、ケープタウンから北東に五十キロ離れたパールの町はまだ目覚めた直後、昇り始めた陽が草むらを白い息で照らし出したころあいで、運転席から見えるドラケンスバーグ(竜の山々)山脈の峰々も、眠ったまま微動だにしない竜の背中に見える。

道が空いているのはいつも通り、駐車場のいつもと同じ場所、刑務所職員用エリアの隅に車を止めた。


関連記事