FC2ブログ
2015 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 12

(僕が女性に読ませたいマンガ-122)ギガントマキア/三浦健太郎

kage

2015/11/03 (Tue)

Arikaうさたく本2

Arika嬢から、「女性に読ませたいマンガや見てほしいアニメをテーマに書いてみませんか?」

その企画を聞いた時、僕は「書きたいです!」とふたつ返事した。

小説よりも、映画よりも、僕はマンガやアニメから学んだ事が多い。

そしてずっと、マンガやアニメと共に生きてきた。

僕にとって、マンガを読む、アニメを観ることは子どもの頃から生活の一部です。

という事でうさタクの企画(≧▽≦)☆


ギガントマキア (ジェッツコミックス)/白泉社

¥648
Amazon.co.jp




関連記事
スポンサーサイト



【特集】池井戸潤作品★スーパー銀行員列伝1/4『果つる底なき』

kage

2015/11/03 (Tue)

テープ1


ペンギン読む池井戸潤作品「スーパー銀行員」列伝/4


第44回(1998年) 江戸川乱歩賞受賞
 果つる底なき

果つる底なき (講談社文庫)/講談社

¥713
Amazon.co.jp

「これは貸しだからな。」謎の言葉を残して、債権回収担当の銀行員・坂本が死んだ。死因はアレルギー性ショック。彼の妻・曜子は、かつて伊木の恋人だった……。坂本のため、曜子のため、そして何かを失いかけている自分のため、伊木はただ1人、銀行の暗闇に立ち向かう!



「あのキャラ」がここにも

銀行狐 (講談社文庫)/講談社

¥576
Amazon.co.jp

村上 貴史 (解説)


『銀行狐』は5編収録の短編集。

第5話「ローンカウンター」では、同主人公・伊木が探偵ばりの名推理を披露。

渋谷円山町で若い女性死体発見、その近隣で2件の殺人事件も発生した。迷宮入りしそうになったが、山北刑事が自分のオートローンの相談に銀行のローンカウンターに行った。そこで・・・。

池井戸作品ではじめて映像化された。2000年2月11日21:00 - 22:52にフジテレビ系「金曜エンタテイメント」で、『果つる底なき-銀行の融資打ち切りが生んだ倒産の悲劇- 銀行の影に潜む巨悪犯罪』として放映された。

伊木遥(本店勤務)は渡辺謙が演じた。

ちなみに『果つる底なき』では、不慮の死を遂げる坂本健司(緑町支店勤務)を伊集院光が演じた。

※ドラマでは支店名が渋谷支店から緑町支店になっているほか、登場人物の設定が多少変更されている。





関連記事

(メガネっ娘02)8♀1♂(6)/咲 香里

kage

2015/11/03 (Tue)

メガネうさたく2a

清く明るくエロくエロくエロく!!

8人の♀と1人の♂、強制恋愛スタート!!

トキメキどぎまぎラブコメディ!!





関連記事

(時代小説・歴史小説)牡丹酒/山本一力

kage

2015/11/03 (Tue)

2015年11月のテーマ特集本
Arika時代小説

時代小説といえば「江戸時代」。

鎖国された社会でありながら文化に富み、循環社会でもあったことから環境面でも注目されています。

漢字や侍にあこがれを抱くのは欧米の若者というイメージでしたが、日本人も江戸にさまざまな思いを馳せているのです。

凛としながら温かい江戸人情・・・・・・・作家にもご注目ください。



アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika



ほろ酔い気分でタイムスリップ!!
 牡丹酒/山本一力

牡丹酒/講談社

¥1,680
Amazon.co.jp



関連記事

大人本セレクト(58)…Arikaの「今日の棚の三冊」(過ぎ去りし王国の城/かわいい結婚/森は知っている)

kage

2015/11/03 (Tue)

■大人だから楽しんで読める、大人だから読んでほしい様々なジャンルの『大人本セレクト』をレビュー!
Arikaおとな本1
VOL・058

ほん運び大人だからこそ読んでほしい、Arikaの「今日の棚の三冊」



気まぐれな悪意と暴力、蔑みと無関心が、いたいけな魂を凍りつかせる。
 過ぎ去りし王国の城/宮部 みゆき(著)

過ぎ去りし王国の城/KADOKAWA/角川書店

¥1,728
Amazon.co.jp

Arika報告書v1アイコン拾った古城のデッサンに分身を描き込むことで、その世界に入り込めることを突き止めた尾垣真。そこで、塔に閉じ込められている少女を発見する。それが十年前のとある失踪事件に関連していることを知った三人は、ある計画を立てる…。「今」を引き受けて必死に生きるすべての人へ―心にしみこむ祈りの物語。


関連記事