FC2ブログ
2015 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 01

(2015年メディアミックス作品)12月11日に映画公開される原作&コミック

kage

2015/12/11 (Fri)

Arikaひつじ

2015年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(12月11日全国公開)

12 月11日(土)公開
・わたしはマララ
・Wake Up, Girls! 続・劇場版 後篇[Beyond the Bottom]



映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






関連記事
スポンサーサイト



(年の瀬に贈りたい、贈られたい、ギフトブック)日本一の肉レシピ ( dancyu特別編集プレジデントムック)/プレジデント社

kage

2015/12/11 (Fri)

2015年12月のテーマ特集本
こたつにみかん


早いもので、今年もそろそろ終わり。

クリスマス、忘年会と、今年の感謝来年の宜しくの気持ちを込めて、プレゼントを贈ったり、贈られたりする機会も多いでしょう。

12月はそんなときにおすすめのギフト本をテーマ別でご紹介。



アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

≪テーマ≫クリスマスまでのカウントダウンとその夜に。
クリスマス気分を盛り上げる本②


 日本一の肉レシピ ( dancyu特別編集プレジデントムック)/プレジデント社

日本一の肉レシピ (プレジデントムック dancyu)/プレジデント社

¥1,008
Amazon.co.jp


関連記事

秋アニメ「新妹魔王の契約者 BURST」

kage

2015/12/11 (Fri)

ジャンル:アクション
 新妹魔王の契約者 BURST

TVアニメーション「新妹魔王の契約者(テスタメント) BURST」オープニング・テーマ Ove.../日本コロムビア

¥1,944
Amazon.co.jp

最速放送日…2015年10月9日(金)25:40~(TOKYO MX)

■キャスト
中村悠一、朝井彩加、ブリドカットセーラ恵美、福原香織、野水伊織、杉田智和、吉田聖子、浅川悠、津田健次郎、藤原啓治、興津和幸、玄田哲章、山村響、井上喜久子

■スタッフ・制作会社
原作:上栖綴人(株式会社KADOKAWA 角川書店刊「スニーカー文庫」)、原作イラスト:大熊猫介、監督:斎藤久、シリーズ構成・脚本:植竹須美男、脚本協力:吉岡たかお、キャラクターデザイン:わたなべよしひろ、制作会社:プロダクションアイムズ

■主題歌
OP:Metamorphose「Over The Testament」
ED:Dual Flare「Temperature」

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3角川スニーカー文庫の同名ライトノベル原作アニメ化2期!
角川スニーカー文庫の同名ライトノベル(作:上栖綴人)が原作。澪の持つ先代魔王の力を狙ってきたゾルギアを倒し、刃更たちは平穏を取り戻したかに見えた。ところがある日、突如魔法で操られた人間たちに襲われる。家族を守るため、ますます淫らに激しく主従契約を強める刃更たち。バトルもエロスもパワーアップした「新妹魔王の契約者」の第2期が開幕!





関連記事

2015年秋、金曜ドラマ『サムライせんせい』

kage

2015/12/11 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月23日スタート 

テレビ朝日系 毎週金曜 午後11:15~深夜0:15

 サムライせんせい

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:黒江S介「サムライせんせい」(リブレ出版)/脚本:黒岩勉/監督:片山修/監督:木村ひさし/監督:植田尚/プロデューサー:内山聖子/プロデューサー:山田兼司/プロデューサー:遠田孝一/プロデューサー:木曽貴美子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•武市半平太(錦戸亮)
勤王攘夷運動を展開した幕末の志士。主君に対する不敬罪で切腹したはずが、気付けば神里村にタイムスリップしていた。幕末の世で敵視していた西洋文化や現代の文明とのギャップに驚きと憤りを覚え、さまざまな騒動を巻き起こすが、ひょんなことから学習塾の先生となり、侍ならではの方法で村の問題を次々と解決していく。

•坂本龍馬(神木隆之介)
幕末の志士で、土佐藩では半平太と親友だった。半平太よりも1年早く現代にタイムスリップしてきた。神里村で真人に拾われ佐伯家で世話になっていたが、現代の日本を知るべく村を離れた。柔軟性に富んだ思考ですぐに現代に順応し、今は楢崎と名乗りジャーナリストとして東京で暮らしている。

•佐伯晴香(比嘉愛未)
神里村役場の生活支援課の職員。中学生の時に両親を事故で失い、弟と2人で祖父・真人に育てられた。波風を立てずに平穏な毎日を送ることがモットーだったが、最近は田舎町に埋もれて一生を終えることに疑問も感じ始めている。そんな中、自宅に半平太が居候することになり、生活が一変する。

•佐伯寅之助(藤井流星)
晴香の弟。元ヤンキーで、現在はチャラ男。ことあるごとに武勇伝を披露するが、実際は大した不良ではなかった。高校卒業後は職に就かず、祖父と姉の収入に頼って生活している。何事にも全力で向き合う半平太と接するうち、怠惰な自分の生活に疑問を感じるようになっていく。

•赤城サチコ(黒島結菜)
本名は赤城幸知子で、地元の名門女子高校に通う才女。1年前、不良にからまれた自分を助けてくれた寅之助に人生初の一目ぼれをし、彼好みのギャルに成り済ましてガールフレンドの座をゲットした。寅之助に人生を捧げたいと本気で願う一方、相手をだましていることへの罪悪感にさいなまれる日々を送っている。

•篠原理央(石田ニコル)
スナック「カーニバル」のママ。晴香の幼なじみで親友。ブラジル人の母と日本人の父親を持つ。中学時代はレディースチームのリーダーとして、知る人ぞ知る有名な不良だった。現在はバツイチで、娘を女手一つで育てている。自由奔放かつ恋愛体質で、気骨のある半平太はまさに理想の男性。

•小見山喜一(梶原善)
神里村役場の生活支援課の課長。議員や上司にへつらい続け、必死に出世した。村会議員選への出馬を狙っており、村民たちの人気取りに奔走中。村民からの苦情を受け、半平太を村から追い出そうと画策し続ける。

•佐伯真人(森本レオ)
晴香と寅之助の祖父。私塾の教師。小学校の元校長で、定年後に自宅の一室を解放して塾を開いた。タイムスリップしてきた半平太を気遣い、家に引き取る。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
錦戸亮がちょんまげ男子に! 笑いあり涙ありの侍タイムスリップドラマ! 
黒江S介の同名コミックを関ジャニ∞の錦戸亮主演で映像化する侍タイムスリップドラマ。錦戸は、現代にタイムスリップした幕末の志士・武市半平太に扮する。半平太は、江戸時代末期に勤王攘夷運動を展開した土佐勤王党の盟主。藩内で開国・公武合体を唱えていた吉田東洋を暗殺して投獄され、主君・山内容堂に対する不敬罪で切腹した。ドラマは、切腹しようとした半平太が、なぜか150年後の神里村にタイムスリップするところからスタート。西洋文明にまみれた社会とのギャップに悩みながらも、侍にしかできないやり方で周囲の問題を解決していく半平太の姿を通して、“日本人として本当に大切なものは何か”を問い掛けていく。







関連記事

2015年秋、金曜ドラマ『金曜8時のドラマ「釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~」』

kage

2015/12/11 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月23日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 午後8:00~午後8:54

 金曜8時のドラマ「釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:やまさき十三・作画:北見けんいち 「釣りバカ日誌」「釣りバカ日誌番外編 新入社員 浜崎伝助」(小学館)/脚本:佐藤久美子/脚本:山岡潤平/監督:朝原雄三/監督:児玉宜久/監督:石川勝己/プロデューサー:岡部紳二/プロデューサー:浅野太/プロデューサー:齋藤寛之/プロデューサー:竹内絵唱

主題歌:DISH//「俺たちルーキーズ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•浜崎伝助(濱田岳)
通称・ハマちゃん。大手ゼネコン「鈴木建設」営業三課の新入社員で、超マイペースな性格。子供のころから大の釣り好きで、出世よりも釣りに情熱を注いでいる。失敗が回り回って良い結果を生むこともあるが、その成果に気付く者は少なく、社内では無能社員として扱われている。

•小林みち子(広瀬アリス)
伝助が利用する定食屋「かづさ屋」の従業員で、秋田出身の看板娘。明るく物おじしない性格で、料理の腕は一級品。伝助の釣りバカっぷりにいつも振り回される。

•佐々木和男(吹越満)
「鈴木建設」営業三課の課長で伝助の上司。長いものには巻かれ、目下の者には強く出る典型的な中間管理職タイプ。仕事よりも釣りに没頭する伝助にいつもイライラしていて、胃を痛めている。

•鈴木一之助(西田敏行)
伝助が勤める大手ゼネコン「鈴木建設」の創業者であり社長。ひょんなことから伝助と知り合い、釣りに誘われて以来、親交を深め、伝助を「ハマちゃん」と呼び、 釣りの師匠と仰ぐ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
ハマちゃん、スーさんの名コンビ再び! 「釣りバカ日誌」が連続ドラマに! 
国民的映画「釣りバカ日誌」シリーズの完結から5年。ハマちゃん、スーさんの名コンビがドラマとなって帰ってくる。完全新作「釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~」で、主人公の浜崎伝助を演じるのは、地上波ゴールデン帯の連続ドラマ初主演となる濱田岳。「釣りバカ日誌」は、作・やまさき十三、画・北見けんいちによる人気漫画で、現在も漫画誌に連載中。同作を基に描かれた映画シリーズでは、万年平社員の“釣りバカ”ハマちゃんの物語となっていたが、今回のドラマ版ではハマちゃんの新入社員時代にスポットを当てたオリジナルストーリーが展開。また、映画でハマちゃんを演じてきた西田敏行がスーさん役を務めるのも注目を集めている。

関連記事