FC2ブログ
2015 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 01

(ジャケット買いしたCD)戦前と戦後/菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラール

kage

2015/12/13 (Sun)

○o 。 >゜)))彡 『音楽市場へようこそ♪』は、こだわりのあるおススメ音楽CDをレビュー!

Arika音楽市場1  

ジャケット買いしたCD

アイコンりす音楽レビュー担当*Arika

自身のレーベル”TABOO”の設立第1弾!♪

去作はインスト曲が目立ったが、今作はディック・ミネ、フランク・オーシャン、薬師丸ひろ子「Woman」などの幅広い楽曲を妖艶な菊池のヴォーカルで聴かせてくれる。

戦前歌謡スタイルからフルアコースティックのヒップホップ、東欧カラーの激烈なインスト曲までその独特な世界観に引きこまれる極上の一枚。


戦前と戦後/菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール

¥3,672
Amazon.co.jp


ディスク:1
1. 退行
2. Woman ~映画“Wの悲劇”より
3. ミケランジェロ
4. カラヴァッジョ
5. エロス+虐殺
6. I.C.I.C.
7. 大人の唄
8. 戦前と戦後
9. ヴードゥー/フルーツ&シャークス
10. スーパー・リッチ・キッズ
11. たゞひとゝき:メドレー

ディスク:2
1. 即興 (2008.10.5 ライブ@歌舞伎町クラブハイツ)
2. 孔雀 (2008.10.5 ライブ@歌舞伎町クラブハイツ)
3. 京マチ子の唄 (2008.10.5 ライブ@歌舞伎町クラブハイツ)
4. 儀式 (2008.10.5 ライブ@歌舞伎町クラブハイツ)
5. 夜の全裸 (2006.12.11 悲しき熱帯 九段会館)
6. ルぺ・ベレスの葬儀 (2008.10.5 ライブ@歌舞伎町クラブハイツ)
7. 嵐が丘 (2012.9.29 皆殺しの天使/El Angel Exterminador 東京グローブ座)
8. パリのエリザベス・テイラー (2013.3.26 2013 Jazz Week Tokyo 東急シアターオーブ)
9. 行列 (2013.3.26 2013 Jazz Week Tokyo 東急シアターオーブ)
10. 儀式 (2012.7.23 皆殺しの天使/El Angel Exterminador 東京グローブ座)
11. 嵐が丘 (2012.9.29 具象の時代 すみだトリフォニーホール)


関連記事
スポンサーサイト



大人本セレクト(75)…私的おすすめフィクション3選(愛される資格/拝啓 彼方からあなたへ/あなたは、誰かの大切な人)

kage

2015/12/13 (Sun)

■大人だから楽しんで読める、大人だから読んでほしい様々なジャンルの『大人本セレクト』をレビュー!
Arikaおとな本1
VOL・075

ほん運び大人だからこそ読んでほしい、私的おすすめフィクション3選


*樋口毅宏2年半ぶり待望の長編小説! 上司の妻を寝取ってやる!!
 愛される資格/樋口 毅宏(著)

愛される資格/小学館

¥1,512
Amazon.co.jp

Arika報告書v1アイコン大手文具メーカー「あねちけ」に勤める富岡兼吾(33歳)は、普段から自分に厳しい昭和的体育会系上司・下永に不満を持っていた。ある日、酒に酔った下永を家まで送ることになった兼吾は、下永の妻・秀子と出会う。そのとき、兼吾の心に復讐のためのある企みが芽生え…。これは官能小説ではない…過激な長編純愛小説である。



関連記事

(年の瀬に贈りたい、贈られたい、ギフトブック)ゆうぐれ/ユリ・シュルヴィッツ(著)、さくまゆみこ(訳)

kage

2015/12/13 (Sun)

2015年12月のテーマ特集本
こたつにみかん


早いもので、今年もそろそろ終わり。

クリスマス、忘年会と、今年の感謝来年の宜しくの気持ちを込めて、プレゼントを贈ったり、贈られたりする機会も多いでしょう。

12月はそんなときにおすすめのギフト本をテーマ別でご紹介。



アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

≪テーマ≫クリスマスまでのカウントダウンとその夜に。
クリスマス気分を盛り上げる絵本②

Arika003クリスマスa1
 ゆうぐれ/ユリ・シュルヴィッツ(著)、さくまゆみこ(訳)

ゆうぐれ/あすなろ書房

¥1,620
Amazon.co.jp


関連記事

2015年、大河ドラマ『花燃ゆ』

kage

2015/12/13 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月4日スタート 

NHK総合 毎週日曜 午後8:00~午後8:45(初回は午後8:00~午後9:00)

 大河ドラマ「花燃ゆ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:大島里美/作:宮村優子/演出:渡邊良雄/演出:末永創/制作統括:土屋勝裕/制作統括:小松昌代/プロデューサー:堀之内礼二郎

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•杉文/楫取美和(井上真央)
杉家の四女、松陰の妹。兄が教える松下村塾を“女幹事”として切り盛りし、塾生・久坂玄瑞と結婚する。禁門の変で玄瑞が死去した後は、毛利家の跡取りの守役として仕える。明治維新後は美和と名を変え、兄の盟友であり、新政府の群馬県令・楫取素彦と再婚し、華族の妻として新たな人生を切り開く。

•小田村伊之助/楫取素彦(大沢たかお)
長州藩の儒学者。松陰の盟友で、文の姉・寿と結婚する。藩主・毛利敬親の側近となり、藩政や薩摩藩との交渉役として活躍。新政府では群馬県令となる。寿と死別後に、文(美和)と再婚する。

•吉田松陰/寅次郎(伊勢谷友介)
文の兄。松下村塾の主宰者。11歳にして長州藩主の前で講義をし、藩の兵学師範となった天才。国禁を犯して黒船で密航を企てた罪で、獄中生活を送り、出獄後は才能ある若者たちを育成した。しかし、幕府を批判したため安政の大獄で処刑される。

•高杉晋作(高良健吾)
長州藩士。松下村塾の門下生。藩校・明倫館で学ぶが飽きたらず、松下村塾の門をたたく。松陰の死後、久坂玄瑞と共に過激な尊皇攘夷活動に身を投じ、後に奇兵隊を結成する。

•久坂玄瑞(東出昌大)
長州藩士。松下村塾の門下生。松陰から「天下の英才」と称され、文と結婚する。松陰の死後、遺志を受け継いで藩の尊王攘夷派のリーダーとして活躍。禁門の変で会津・薩摩軍に敗れ、自刃する。

•杉寿(優香)
文の姉。兄・松陰の盟友・小田村伊之助の妻となる。幕末の混乱の中で、夫が野山獄に投獄されたり、幕府軍が押し寄せてきても気丈に振る舞う。

•杉梅太郎/民治(原田泰造)
杉家の長男。松陰、文の兄。早くから松陰の志を理解し、貧しい暮らしの中でも生活を切り詰めて金銭を支援した。幕末の混乱を生き抜き、松下村塾を再興する。

•玉木文之進(奥田瑛二)
山鹿流の兵学者で松下村塾の創立者。松陰、文の叔父。幼い松陰をスパルタ教育で育て上げ、明治維新後は再び松下村塾を開いて教育に心血を注ぐ。

•杉百合之介(長塚京三)
松陰、文らの父。下級武士のため、畑仕事をして家族の暮らしを支えた。無類の読書好き。

•杉滝(檀ふみ)
松陰、文らの母。大らかな性格で、明るく家族を支える。松下村塾では塾生の食事の世話をしたほか、自らも講義に耳を傾けた。

•毛利敬親(北大路欣也)
長州藩13代藩主。松陰が11歳の時に兵学の講義を受け、その天才ぶりを認め、陰ながら庇護した。有能な人材を積極的に登用し、藩政を立て直した。家臣たちを信頼し、任せることが多かったため“そうせい侯”とも呼ばれた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
井上真央の主演で、激動の幕末を生き抜いた若者たちの生きざまを描く!
井上真央が演じる杉文(後の楫取美和)を主人公に、明治維新の原点となった吉田松陰と、彼を支えた家族の絆、その志を引き継いだ長州藩の若者たちの青春群像を描く物語。文は、幕末の思想家として知られる吉田松陰(伊勢谷友介)の妹で、松下村塾を“女幹事”として支えた人物。塾の門下生・久坂玄瑞(東出昌大)の妻となり、夫の死後は長州藩・毛利家の跡取りの守役として仕え、松陰の盟友・楫取素彦(大沢たかお)と再婚するなど激動の生涯が描かれる。脚本はドラマ「恋するハエ女」(同局)、映画「ダーリンは外国人」などを手掛けた大島里美と、連続テレビ小説「ぴあの」、「甘辛しゃん」などで知られる宮村優子が共同で執筆する。



関連記事

(12月特集)年の瀬に贈りたい、贈られたい、ギフトブック「クリスマス気分を盛り上げる本 」

kage

2015/12/13 (Sun)

2015年12月のテーマ特集本
こたつにみかん


早いもので、今年もそろそろ終わり。

クリスマス、忘年会と、今年の感謝来年の宜しくの気持ちを込めて、プレゼントを贈ったり、贈られたりする機会も多いでしょう。

12月はそんなときにおすすめのギフト本をテーマ別でご紹介。



アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

≪テーマ≫クリスマスまでのカウントダウンとその夜に。
クリスマス気分を盛り上げる本


 やきがしやSUSUCREのプレゼントお菓子 /下永恵美(著)

やきがしやSUSUCREのプレゼントお菓子/河出書房新社

¥1,620
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1ッシュ・ド・ノエル、ツリークッキーなど、クリスマスのお菓子やパウンドケーキ、アイスボックスクッキーなどプレゼントにぴったりなお菓子のレシピ集。

著者は焼き菓子店「SUSUCRE」のオーナー。プレゼントのアイデアコラムも。






関連記事