FC2ブログ
2016 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 07

〈教えて!コミックエッセイ〉結婚ゴーラウンド/大田垣晴子

kage

2016/06/08 (Wed)

〈教えて!コミックエッセイ〉
マンガエッセイa

お気楽に読めるようでいて、意外とあれこれ学ぶことも多いコミックエッセイ!

リアルだからこそ面白い、多種多様で実用的な人生のカタログです。



アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


ライフイベントはネタになる!
結婚・妊娠・育児

 結婚ゴーラウンド /大田垣晴子

結婚ゴーラウンド/中央公論新社

¥1,404
Amazon.co.jp


関連記事
スポンサーサイト



(ジャケット買いしたCD)COLOR /Ms.OOJA

kage

2016/06/08 (Wed)

○o 。 >゜)))彡 『音楽市場へようこそ♪』は、こだわりのあるおススメ音楽CDをレビュー!

Arika音楽市場1  

ジャケット買いしたCD

アイコンりす音楽レビュー担当*Arika

*シルキーヴォイス・クイーン”Ms.OOJAの約1年ぶり(2014年時)となる通算4枚目のオリジナル・アルバム♪

”1/fゆらぎ”を体感させる優しく芯の通った歌声で、癒しだけでなく安心感を与えてくれるMs.OOJA 。

古内東子が歌詞提供した「また恋をすることなど」を筆頭に、アラサー女子が感じる恋愛での幸福感、行き場のない切なさ、どうしようもない焦り、プライドからくる強がりなど、絶妙な心理を鏡にように映し出した歌詞たちに、共感せずにはいられない。


COLOR/Ms.OOJA

¥3,240
Amazon.co.jp

ディスク:1

1: また恋をすることなど

2: JEWEL

3: 君の前で泣かない

4: My Boy

5: ORANGE

6: SHE

7: 同じ空の下 feat.BIKKE from TOKYO No.1 SOUL SET

8: サヨナラ

9: 歩道橋

10: ずっと

11: Life goes on

12: ワンモアタイム



関連記事

ぼくの短歌ノート/穂村 弘(著)

kage

2016/06/08 (Wed)

今日の棚の一冊1



 ぼくの短歌ノート/穂村 弘(著)

ぼくの短歌ノート/講談社

¥1,620
Amazon.co.jp

関連記事

水曜・春アニメ「SUPER LOVERS」

kage

2016/06/08 (Wed)

ジャンル:美少年
 SUPER LOVERS

SUPER LOVERS 第2巻 限定版 [DVD]/皆川純子,前野智昭,松岡禎丞

¥7,128
Amazon.co.jp

最速放送日:2016年4月6日(水)23:30~(AT-X)

■キャスト
皆川純子、前野智昭、松岡禎丞、寺島拓篤、村瀬歩、福島潤、田中敦子、沢海陽子、白石涼子、斎賀みつき

■スタッフ・制作会社
原作:あべ美幸(株式会社KADOKAWA/「エメラルド」連載)、監督:石平信司、助監督:渡部穏寛、シリーズ構成:中村能子、キャラクターデザイン:瀧原美樹、美術監督:三宅昌和、色彩設計:桂木今里、撮影監督:越山麻彦、編集:松村正宏、音響監督:はたしょう二、音響効果:出雲範子、録音:八巻大樹、音響制作:ダックスプロダクション、音楽:高梨康治&片山修志&加藤賢二、音楽制作:日本コロムビア 、制作会社:スタジオディーン

■ 主題歌
【OP】矢田悠祐「おかえり。」
【ED】海棠4兄弟「ハピネスYOU&ME」

■作品解説
「母危篤」という知らせに騙されて海外に来るハメになった高校生の海棠晴は、そこで突然「お前の弟だ!」と零という男の子に引き合わされる。野生児で誰の言うことも聞かない零を必死で世話する晴だったが、どうも零には出生について秘密がある模様。おまけに、ようやく零が自分だけに懐き始めた矢先、ある悲劇が晴を襲う。―――そして5年後、東京で成長した零に再会した晴だったが…?

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3超美形双子、野生児末っ子の4兄弟を中心にピュアな恋模様や複雑な家庭事情・…
あべ美幸さんが「エメラルド」で連載している同名マンガが原作。苦労性長男、超美形双子、野生児末っ子の4兄弟を中心にピュアな恋模様や複雑な家庭事情を描いたライトなボーイズラブ作品。監督は「FAIRY TAIL」「ログ・ホライズン」の石平信司さん、シリーズ構成は「緋色の欠片」「月刊少女野崎くん」の中村能子さん、制作はスタジオディーンが担当する。






関連記事

(小説で読み解く「女の一生」2⃣)「男ともだち」「森の家」千早 茜 (著)

kage

2016/06/08 (Wed)

女の一生1

女の生き方を題材にした注目作が、女性作家により近年多数刊行されている。

4つの側面に分けて、いま読むべき作家をご紹介。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


2⃣自分だけの価値観を探す
現代社会に生きる女性が、自分だけの生き方を模索した先にあるものは・・・


いびつな真実を追求・・・千早 茜

幻想的なデビュー作『魚神』でいきなり泉鏡花文学賞を受賞したが、

ファンタスティックな作風にとどまらず、

現代に生きる男女の不器用でいびつな真の姿を抉り出す小説を発表している。




関連記事