FC2ブログ
2016 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 07

(小説で読み解く「女の一生」3⃣)「自分を好きになる方法」本谷有希子(著)

kage

2016/06/15 (Wed)

女の一生1

女の生き方を題材にした注目作が、女性作家により近年多数刊行されている。

4つの側面に分けて、いま読むべき作家をご紹介。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


3⃣少女はやがて大人になる
成長していく過程で、自分を見つめ直す。

歩みは遅くでも、少女は少しずつ大人になる。



小説家ではなく、劇作家、演出家、女優、声優などの顔も兼ねる・・・本谷有希子

小説家ではなく劇作家、演出家、女優、声優としても、まさに華々しいばかりのキャリアと成功。

前作『嵐のピクニック』で大江健三郎賞を受賞、いま最も注目される新鋭女性作家!

編集者の間では、小説家としては「かなりメンドくさい」という評判も......。



関連記事
スポンサーサイト



〈教えて!コミックエッセイ〉子宮の中の人たち リアルタイム妊娠まんが/EMI

kage

2016/06/15 (Wed)

〈教えて!コミックエッセイ〉
マンガエッセイa

お気楽に読めるようでいて、意外とあれこれ学ぶことも多いコミックエッセイ!

リアルだからこそ面白い、多種多様で実用的な人生のカタログです。



アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


ライフイベントはネタになる!
結婚・妊娠・育児

 子宮の中の人たち リアルタイム妊娠まんが/EMI

子宮の中の人たち リアルタイム妊娠まんが/KADOKAWA/エンターブレイン

¥1,080
Amazon.co.jp





関連記事

(ジャケット買いしたCD)Future Running/Boogie Mann running through with Tavito Nanao(Boogie Mann/七尾旅人)

kage

2016/06/15 (Wed)

○o 。 >゜)))彡 『音楽市場へようこそ♪』は、こだわりのあるおススメ音楽CDをレビュー!

Arika音楽市場1  

ジャケット買いしたCD

アイコンりす音楽レビュー担当*Arika

*BoogieMannと、シンガー・ソングライター七尾旅人が奇跡のコラボレーショ ン♪ 

ドラムンベース、ダブステップ、ヒップホップなどをグルーヴィに昇華した新ジャンルのダンスミュージック、”ジョーク/フットワーク”。このジャンルのサウンドに初めて日本語歌詞をつけた歌モノが完成。

七尾旅人による軽快な歌声に身を任せれば、思わず体が揺れるほど、ハッピーな空気で揺れるほど、ハッピーな空気で溢れている。爽やかな秋の風にピッタリとはまるグッドミュージック。


Future Running [Analog]/felicity

¥2,052
Amazon.co.jp

ディスク:1

1. Future Running

2. Future Running (Boogie Mann Footwork Remix)


関連記事

スタジオの音が聴こえる 名盤を生んだスタジオ、コンソール&エンジニア/高橋健太郎(著)

kage

2016/06/15 (Wed)

今日の棚の一冊1



 スタジオの音が聴こえる 名盤を生んだスタジオ、コンソール&エンジニア/高橋健太郎(著)

スタジオの音が聴こえる 名盤を生んだスタジオ、コンソール&エンジニア/DU BOOKS

¥2,160
Amazon.co.jp


関連記事

2016年春、水曜ドラマ『世界一難しい恋』

kage

2016/06/15 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★4月13日スタート 

日本テレビ系 水曜 午後10:00~午後11:00(初回は午後10:00~午後11:10)

 世界一難しい恋

Arika注目1h大野智が恋愛オンチのセレブ社長に。
ホテルチェーンの若社長の初恋と成長を描くラブコメディ―!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:金子茂樹/演出:中島悟/演出:菅原伸太郎/プロデューサー:松岡至/プロデューサー:櫨山裕子/プロデューサー:秋元孝之

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
鮫島零治(大野智)
リゾートホテルチェーン「鮫島ホテルズ」の社長。経営不振のホテルを買い取り、独自のメソッドでよみがえらせる手法で成功し、“ホテル業界の風雲児”と呼ばれている。客を満足させる才能は天才的だが、女性を喜ばせる才能はみじんもない。

柴山美咲(波瑠)
パリの五つ星ホテルで3年間務め上げた経歴を生かし、「鮫島ホテルズ」に中途採用で入社。マイペースで何事にも動じることがなく、恐怖政治で周囲から恐れられる零治にも平然と意見する。

村沖舞子(小池栄子)
零治の有能な秘書。彼を母のように支える鉄壁の仕事女だが、とことん男運がなく、現在は男断ちしている。

和田英雄(北村一輝)
5年連続で世界一の栄誉に輝いた「ステイゴールドホテル」の社長。プライベートも充実しており、零治にとってはライバルで、目の上のたんこぶ的存在。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
嵐の大野智がラブコメディー初挑戦! 女性の心が読めない“恋愛弱者”に!?
嵐の大野智がラブコメディーに初挑戦する話題作。大野は、ホテル業界に進出して成功した若き社長・鮫島零治を演じる。ルックスがよく、仕事でも天才的な手腕を発揮する零治だが、一方で、とてつもなく上から目線で空気も読めず、女性を喜ばせる才能も皆無。さらに、自分でその欠点に気付いていないため、女性たちにことごとく去られてしまうという究極の“恋愛弱者”の一面も持っている。ドラマでは、そんな零治が初めて落ちた恋に苦悩しながら、成長していく姿が軽妙に描かれる。零治から一目ぼれされるヒロイン・柴山美咲を波瑠が演じるほか、小池栄子、北村一輝らが共演する。


関連記事

2016年春、水曜ドラマ『警視庁捜査一課9係』

kage

2016/06/15 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★4月6日スタート 

テレビ朝日系 水曜 午後9:00~午後9:54

 警視庁捜査一課9係

Arika注目1h群像刑事ドラマが11年目に突入!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:深沢正樹/脚本:岡崎由紀子/脚本:真部千晶/脚本:瀧川晃代/脚本:大川俊道/監督:杉村六郎/監督:新村良二/プロデューサー:松本基弘/プロデューサー:峰島あゆみ/プロデューサー:金丸哲也

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
加納倫太郎(渡瀬恒彦)
警視庁捜査一課9係係長。警部。捜査の指揮を執る立場にありながら神出鬼没で、同僚たちからは「捜査をしない指揮官」と言われている。性格的にもつかみどころがなく、不可解な言動も多いが、それら全てに“理由”があることを周囲は後から気付かされる。

浅輪直樹(井ノ原快彦)
警視庁捜査一課9係刑事。倫太郎とコンビを組む巡査部長。頭脳明晰で運動能力も高く、人一倍、正義感も強い。倫太郎の娘・倫子と交際中。前シリーズではパリに旅立った倫子にプロポーズするため指輪を手に後を追った。

小宮山志保(羽田美智子)
警視庁捜査一課9係刑事。階級は警部補で9係では主任を務める。男勝りの性格で、9係の紅一点という扱われ方をするのを最も嫌っている。幾多の恋を繰り広げてきたが、結局どれも実らず、仕事に生きる覚悟を決めたふしがある。

村瀬健吾(津田寛治)
警視庁捜査一課9係刑事。警部補。ノンキャリアだが自信過剰で、自分の能力はキャリア組を上回っていると信じている。出世のことばかり考えているようだが、実際、何でもそつなくこなし、熱い刑事魂も秘めている。

青柳靖(吹越満)
警視庁捜査一課9係刑事。警部補。富裕層を毛嫌いしている皮肉屋。暴力団員に覚せい剤漬けにされた過去を持つ恋人がいる。その恋人との関係を警察組織がよく思っていないため、刑事という職業に葛藤することがある。

矢沢英明(田口浩正)
警視庁捜査一課9係刑事。巡査部長。青柳の捜査上の相棒。持ち前の広い心で変わり者の青柳を受け止め、巧みにコントロールする。売れっ子の漫画家を妻に持つ。

早瀬川真澄(原沙知絵)
監察医。臨床例を求めて大学の法医学研究室から東京都監察医務院に転職してきた。その転職には近親者の死が関わっているらしいが、真相を知る者はいない。女同志、そして友達がいない者同士、志保とは仲が良い。

石川倫子(中越典子)
倫太郎の一人娘。パティシエ。直樹と交際こそしているが、仕事に没頭して家庭を顧みず、亡き母を苦しめた倫太郎を憎んでいることから、警察官を嫌っている。直樹とは互いの仕事を尊重するあまり、なかなか結婚に行き着かない。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
9係の第11弾に野際陽子が新加入。渡瀬恒彦演じる倫太郎の天敵に!?
“昼あんどん”と呼ばれる係長・加納倫太郎(渡瀬恒彦)や、曲がったことが大嫌いな浅輪直樹(井ノ原快彦)ら警視庁捜査一課9係の個性的な刑事たちが活躍する姿を描く刑事ドラマの第11弾。今回は、よりスケールアップした難事件に9係の面々が挑んでいくほか、セミレギュラーとして野際陽子が新加入し、倫太郎の亡き妻のいとこを演じる。これまでどんな相手と対峙しても動じなかった倫太郎だが、亡き妻のいとこは、倫太郎にとって頭の上がらない存在。そんな2人の関係は、直樹と倫太郎の娘・倫子(中越典子)の恋の行方にも影響を及ぼしていく。


関連記事