FC2ブログ
2016 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 07

〈教えて!コミックエッセイ〉子育てたんたん(1~4巻)/南国ばなな

kage

2016/06/16 (Thu)

〈教えて!コミックエッセイ〉
マンガエッセイa

お気楽に読めるようでいて、意外とあれこれ学ぶことも多いコミックエッセイ!

リアルだからこそ面白い、多種多様で実用的な人生のカタログです。



アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


ライフイベントはネタになる!
結婚・妊娠育児

 子育てたんたん(1~4巻)/南国ばなな

子育てたんたん(1) (BE・LOVEコミックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

子育てたんたん(2) (ワイドKC BE LOVE)/講談社

¥802
Amazon.co.jp

子育てたんたん(3) (ワイドKC BE LOVE)/講談社

¥802
Amazon.co.jp

子育てたんたん(4) (BE・LOVEコミックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp



関連記事
スポンサーサイト



(ジャケット買いしたCD)あゆみくりかまきがやって来る! クマァ! クマァ! クマァ! (初回生産限定盤A)/あゆみくりかまき

kage

2016/06/16 (Thu)

○o 。 >゜)))彡 『音楽市場へようこそ♪』は、こだわりのあるおススメ音楽CDをレビュー!

Arika音楽市場1  

ジャケット買いしたCD

アイコンりす音楽レビュー担当*Arika

*異色の”熊”3頭がアイドル界を席巻!?外見とサウンドのギャップが魅力♪ 

2015年にシングル「鮭鮭鮭」でメジャーデビューを果たした、あゆみくりかまきのメジャー1stアルバム。

”歌うまい”のあゆみと、”DJ”のくりか、”盛り上げ役”のまきの”熊”3頭からなる熊アイドル、あゆみくりかまき。アイドル的な人気を持ちながら、「ROCKIN JAPAN FESTIVAL2015」や「SUMMER SONIC 2015」といったロックフェスにも出演するという他のアイドルと一線を画す存在。

キュートな見た目とは裏腹な、ロックファンも納得させるような骨太なサウンドで繰り広げられるナンバーの数々に魅了されること間違いなし。

メジャーデビュー後初アルバムとなる今作でも、勢いあるロックティストの曲が満載で、アイドル界に旋風を巻き起こすはず。



あゆみくりかまきがやって来る! クマァ! クマァ! クマァ! (初回生産限定盤A)/SME

¥4,800
Amazon.co.jp

ディスク:1
01: スターライトジャンボリー
02: WAR CRY
03: ジェットクマスター
04: 蜜蜜蜜
05: 心友フォーエヴァー
06: KILLLA TUNE
07: What’s my name?
08: アイノウタ
09: 森森森
10: 鮭鮭鮭
11: 自分革命
12: ナキムシヒーロー

ディスク:2
1. STUDIO LIVE SESSION Introduction
2. What’s my name? (STUDIO LIVE SESSION)
3. 心友フォーエヴァー (STUDIO LIVE SESSION)
4. 蜜蜜蜜 (STUDIO LIVE SESSION)
5. KILLLA TUNE (STUDIO LIVE SESSION)
6. 素敵な世界 (STUDIO LIVE SESSION)
7. AKMのプライヴェート映像 PARTIII


関連記事

漫画家、映画を語る。—9人の鬼才が明かす創作の秘密/島田一志(編)

kage

2016/06/16 (Thu)

今日の棚の一冊1



 漫画家、映画を語る。—9人の鬼才が明かす創作の秘密/島田一志(編)

漫画家、映画を語る。—9人の鬼才が明かす創作の秘密/フィルムアート社

¥1,944
Amazon.co.jp


関連記事

(小説で読み解く「女の一生」4⃣)「風」「すみれ」青山七恵 (著)

kage

2016/06/16 (Thu)

女の一生1

女の生き方を題材にした注目作が、女性作家により近年多数刊行されている。

4つの側面に分けて、いま読むべき作家をご紹介。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


4⃣女同士の友情
恋にも家族愛にも似た、女同士の微妙なこの感情の正体を探る。


友情の微妙さに着目・・・青山七恵

男女間や女同士の間の、恋愛だの友情だのといった一言で説明できない関係性を描くことが得意。

そこに生まれる不思議な執着心、羨望や嫉妬、そしてその変化を真摯に見つめている。




関連記事

2016年春、木曜ドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』

kage

2016/06/16 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月14日スタート 

フジテレビ系 木曜 午後10:00~午後10:54

 早子先生、結婚するって本当ですか?

Arika注目1h松下奈緒が結婚を目指す三枚目体育会系教師に!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:立木早子「早子先生、婚活の時間です」ほか(イースト・プレス)/脚本:水橋文美江/演出:中江功/演出:佐藤源太/演出:山内大典/プロデューサー:橋本芙美/プロデューサー:柳川由起子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
立木早子(松下奈緒)
平和町小学校の1年1組担任教諭。独身の34歳。実家暮らしで、料理や家事は何もできない。大食漢で酒豪、趣味は筋トレ。マイペースでサバサバした性格。思い込んだら信念が強く、こと結婚に関しては絶対に好きな人としたいと考えている。

久我山ミカ(貫地谷しほり)
早子の同僚教師で、28歳独身。女子力が高く気が強いが、表裏のないさっぱりした性格。結婚を焦っており、早子を婚活に巻き込む。結婚相手の条件もはっきりしている。いかにもモテそうで気高い雰囲気から、周りの男性は近づきにくい。

成増梅子(佐藤仁美)
早子の同僚の音楽教師。37歳独身。考え方はいつもネガティブ。穏やかで争いを好まないタイプ。恋愛に関しては鈍感な部分がある。インドア派と思いきや、突然地元の消防団に入るなどアクティブな面も。

千駄木廉太郎(八嶋智人)
早子の同僚の教師。43歳独身。結婚願望が強く、早子たちが婚活同盟を組んだことを知り、いつの間にかメンバーの一員に。合コンにも積極的に出席し、どんどん婚活にいそしむようになる。真面目で几帳面な性格。

立木辰志(尾藤イサオ)
豆腐店を営む早子の父。真面目な性格だがどこかおちゃめ。基本的には何事においても子供の意見を尊重する。娘の結婚に関してほとんど口出ししないが、心の中ではなるべく早く結婚してほしいと思っている。妻の尚子が大好き。

立木尚子(松坂慶子)
早子の母。楽天家で発言がストレートだが、嫌味はない。ご近所さんから、早子がまだ独身でいることを指摘されると、さりげなく早子をフォローしたり、いざという時に精神面で支えてくれる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松下奈緒が初のショートカットで主演。独身体育会系教師を熱演するヒューマンドラマ! 
4コマエッセーマンガが原作の、体育会系教師が婚活に挑むさまを描くヒューマンドラマ。松下奈緒演じる34歳独身の主人公・立木早子は、婚活を通して人生を見つめ直し、時に傷つきながらも運命の人と巡り合うべく奮闘していく。松下は「ディア・シスター」(同系)以来2年ぶりとなる連続ドラマ主演のために髪の毛をバッサリと切り、女優になってから最も短い髪形で挑む。共演者には貫地谷しほり、佐藤仁美、八嶋智人、尾藤イサオ、松坂慶子ら実力派が華を添える。


関連記事

2016年春、木曜ドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』

kage

2016/06/16 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月21日スタート 

テレビ朝日系 木曜 午後9:00~午後9:54

 グッドパートナー 無敵の弁護士

Arika注目1h元夫婦でありながら同じ弁護士事務所で働く咲坂と佳恵!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:福田靖/監督:本橋圭太/監督:田村直己/プロデューサー:黒田徹也/プロデューサー:三輪祐見子/プロデューサー:都築歩/プロデューサー:松野千鶴子/プロデューサー:神馬由季

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
咲坂健人(竹野内豊)
神宮寺法律事務所のパートナー弁護士。企業法務全般に長けており、顧客・依頼人を守ることがビジネスロイヤーの使命と考えている。無類の負けず嫌いだが、一方で人の道に反するようなことはせず、法律は正しく使ってこそ意味があると思っている。佳恵とは元夫婦で、12歳になる娘・みずきと2人暮らし。

夏目佳恵(松雪泰子)
神宮寺法律事務所のパートナー弁護士。完璧主義者で、弁護士としても真っすぐな意志を持つ。同事務所に来た当初は咲坂と結婚していたが、「家庭の中に弁護士は2人いらない」という理由で、昨年離婚した。せっかちな一面もあり、ボスである神宮寺の部屋に入る時でさえもノックはしない。

猫田純一(杉本哲太)
神宮寺法律事務所のパートナー弁護士。契約書のチェックや日常的な紛争解決、会社法案件などを得意する。クールでスマートな弁護士でありたいと思っているが、なかなかうまくいかない。独身のため婚活サイトに登録し、日々活動に励んでいる。

神宮寺一彦(國村隼)
神宮寺法律事務所の代表。いわゆる“ボス弁”だが、今は事務所の経営に徹している。「ビジネスロイヤーは身なりも心も貧相ではいけない」というモットーがある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
竹野内豊主演のコミカルな法務&ホームドラマ。松雪泰子と連続ドラマで初タッグ! 
企業法務を専門とする法律事務所で共に弁護士として働く元夫婦の2人が、企業の理不尽な悪に立ち向かっていく、クールでコミカルな法務&ホームドラマ。主人公の咲坂健人を竹野内豊、咲坂の元妻・夏目佳恵に松雪泰子が扮する。事務所のエースとして活躍する正義感あふれる咲坂は、元妻であり弁護士としてもライバルである佳恵が唯一の弱点。咲坂と佳恵は、依頼案件について法律論を闘わせるうちに話が脱線していき、時に痴話げんかを繰り広げる。ドラマでは、そんな2人が公私で反目し合いながらも正義のために共闘する姿がスタイリッシュに描かれる。


関連記事