FC2ブログ
2016 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 07

(マンガで読み解く「女の一生」1⃣)「脳内ポイズンベリー」「失恋ショコラティエ」水城せとな

kage

2016/06/22 (Wed)

マンガ読むとく「女の人生」


女の一生にとっての大きな要素を4キーワード設定。

それらの様相を巧みに描き出す、いま注目のマンガ家をご紹介。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


1⃣甘いだけじゃない、
幸せになりたい「だけ」なのに、その「だけ」が難しい。

恋する者たちの、心のやりとりの軌跡。



熱くて冷たい観察者…水城せとな

水城が描く恋はいかにも情熱的だ!

しかし片や一歩引いた視点から冷静に状況を分析してみせる台詞やモノローグが印象的。

恋は滑稽であり愚かであるべきもの、でもだからこそ楽しくて仕方ない。



関連記事
スポンサーサイト



〈教えて!コミックエッセイ〉「たまご絵日記」シリーズ /ナナイロペリカン

kage

2016/06/22 (Wed)

〈教えて!コミックエッセイ〉
マンガエッセイa

お気楽に読めるようでいて、意外とあれこれ学ぶことも多いコミックエッセイ!

リアルだからこそ面白い、多種多様で実用的な人生のカタログです。



アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


ライフイベントはネタになる!
結婚・妊娠・育児

 「たまご絵日記」シリーズ /ナナイロペリカン

たまご絵日記 ~新米かあちゃん奮闘記~/マイナビ

¥1,080
Amazon.co.jp

たまご絵日記2 ~かあちゃん2年目のリアル~/マイナビ

¥1,080
Amazon.co.jp

いろはにちへど がんばるかあちゃんの子育て三年盛り/講談社

¥1,080
Amazon.co.jp






関連記事

(ジャケット買いしたCD)I HATE THE LET'S GO's /THE LET'S GO's

kage

2016/06/22 (Wed)

○o 。 >゜)))彡 『音楽市場へようこそ♪』は、こだわりのあるおススメ音楽CDをレビュー!

Arika音楽市場1  

ジャケット買いしたCD

アイコンりす音楽レビュー担当*Arika

*「バンドやろうよ!」と友達を思わず誘っちゃいそう♪ 

本アルバムは、鮎子(フジロッ久(仮))、ONOCHING(JETBOYS)、平田ケイスケ(BIKINI)、田中和(勝手にしやがれ)、斉藤淳一郎(勝手にしやがれ)等のゲストミュージシャンを迎えレコーディングが行われた。

憂鬱や焦燥感、ロマンチックな妄想、ロックンロールへの憧れ、そしてすべてを笑い飛ばすようなバカ騒ぎ、大人になったら忘れてしまうようなティーンエイジ・ハートな心情を、ストレートに独自の語感で表現した日本語詞で歌う、ガールズパンクロックバンドTHE LET'S GO's。いきなりテンションMAXなサウンド、キュートかつストロングなボーカルにガツンとやられちゃう‼ 

2016年ジャパニーズ・ロックンロール・シーンにおいて、最重要なバンドであることは間違いない。


I HATE THE LET’S GO’s/DECKREC/UK.PROJECT

¥2,700
Amazon.co.jp

ディスク:1
1. おつかれさまソング
2. What I Want
3. SNAKEY SHAKEY
4. レザージャケット
5. サマーガール
6. Monkey Monkey
7. mirrorball~ぼくのうた~
8. Ding Dong
9. ロードランナー
10. All I Need Is You
11. 恋の1234
12. 222
13. Love My Show





関連記事

昭和「娯楽の殿堂」の時代/三浦 展 (著)

kage

2016/06/22 (Wed)

今日の棚の一冊1



 昭和「娯楽の殿堂」の時代/三浦 展 (著)

昭和「娯楽の殿堂」の時代/柏書房

¥2,052
Amazon.co.jp




関連記事

2016年春、水曜ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』

kage

2016/06/22 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★4月20日スタート 

TBSほか 水曜 深夜0:10~深夜0:40

 毒島ゆり子のせきらら日記

Arika注目1h政治記者・ゆり子の
恋と仕事を描く”深夜の昼ドラ”ともいえるドロドロエンタテイメント!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:矢島弘一/演出:坪井敏雄/プロデューサー:橋本梓/プロデューサー:峠田浩

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
毒島ゆり子(前田敦子)
あけぼの新聞の記者。常に複数の男と交際する超恋愛体質だが、「不倫はしない」がモットー。念願の政治部に異動し、大物政治家・黒田の番記者になる。同じく黒田担当で、ライバル紙の記者・小津に惹かれる。

小津翔太(新井浩文)
共和新聞の記者。インテリでユーモアがあり、スクープを連発する。プレーボーイだが既婚者。

幅美登里(渡辺大知)
ゆり子の彼氏。ミュージシャンでロックスターになるのが夢。ゆり子が複数の男と付き合う理由を理解し、容認している。

野村新太郎(八木将康)
ゆり子の彼氏。ゆり子が通うスポーツクラブのインストラクター。サーフィンが趣味。

黒田田助(片岡鶴太郎)
与党・誠心党の幹事長。派閥の議員を引き連れて、分党するという噂が飛び交う。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
前田敦子演じる毒島ゆり子が、恋愛と政治の世界で泥沼にはまるラブコメディー! 
前田敦子が超恋愛体質の政治記者・毒島ゆり子役で主演を務める“ドロドロエンターテインメント”。「どちらかに裏切られてもいいように、常に彼氏を2人つくる」「二股、三股を掛ける時は必ず相手に伝える」という極端なルールを自らに課すゆり子が、“愛と裏切り”が表裏一体で存在する恋愛と政治の世界で、泥沼にはまっていく姿を描く。ゆり子が惹かれるライバル紙記者・小津翔太を新井浩文、ゆり子の二股を容認するミュージシャンの彼氏・幅美登里を渡辺大知、スポーツクラブのインストラクターの彼氏・野村新太郎を八木将康、また、ゆり子が担当する大物政治家・黒田田助を片岡鶴太郎が演じるなど、個性派キャストとの共演も見どころ。

関連記事