FC2ブログ
2016 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 09

今すぐ書店へGO!読み応えたっぷりな夏の文庫フェア2016…ハルキ文庫(”北方謙三版、「漢」の物語”をチェック☑ )

kage

2016/08/25 (Thu)

夏の文庫フェア2016夏1

文庫フェア

☑北方謙三版、「漢」の物語をチェック☑





関連記事
スポンサーサイト



2016年夏、木曜ドラマ『女たちの特捜最前線』

kage

2016/08/25 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★7月21日スタート 

テレビ朝日系 木曜 午後8:00~午後8:54

 女たちの特捜最前線

Arika注目1h警察食堂で井戸端会議を開催!
凶悪事件に挑む刑事たちの陰で働く、3人の女性たちの活躍を描く!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:深沢正樹/監督:濱龍也/プロデューサー:関拓也/プロデューサー:島田薫
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
室町京子(高島礼子)
京都中央警察署の総務課に勤める警察官。捜査本部の雑務全般を取り仕切る“何でも屋”で、嫌でも捜査情報が耳に入ってくる。女性警察官の意見を積極的に取り入れていることを内外にアピールするため、上層部の思いつきで設置された「京都中央署女子会」の会長でもある。明るく好奇心旺盛で、何でも聞き耳を立てる。

一条弥生(宮崎美子)
京都中央警察署の広報課に勤める警察官。同署のPR活動に従事し、交通安全教室の開催なども取り仕切っている。性格はネガティブかつ臆病で、“石橋を叩いて壊して渡れない女”と呼ばれている。夫は6年前に愛人と家を出て音信不通だが、そのことは京子以外は知らず、今でも一緒に暮らしているように装っている。 

加藤修一郎(渡辺いっけい)
京都中央警察署の刑事課課長。コロコロと捜査方針を変えることから“朝令暮改の達人”とやゆされている。かなりのナルシストで、“ナルシー加藤”というあだ名も付けられている。

八坂美鈴(高畑淳子)
京都中央警察署の食堂に勤める嘱託署員。独身。かつては京都府警の刑事だったが、親の介護のため10年前に退職。両親が他界したのを機に、2年前から同署の食堂で働き始めた。「京都中央署女子会」の顧問を務めており、食堂の空き時間を京子たちのたまり場として提供している。元刑事の血が騒ぐのか、京子や弥生に指示を飛ばすだけでなく、自ら先頭に立って“捜査”に乗り出すこともある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
高島礼子、宮崎美子、高畑淳子が競演する“警察女子会ミステリー”が連続ドラマに!! 
2015年12月に「土曜ワイド劇場」枠で放送され、好評を博した“警察女子会ミステリー”を連続ドラマ化。高島礼子、宮崎美子、高畑淳子の“アラフィフ熟女トリオ”が再び競演を果たす。物語は、京都中央警察署の総務課に勤める室町京子(高島)、広報課に勤務する一条弥生(宮崎)、同署の食堂で働く嘱託署員・八坂美鈴(高畑)を軸に展開。うわさ好きで地獄耳の彼女たちが、署内でゲットした極秘捜査情報を持ち寄っては“井戸端捜査会議”を開催し、本物の捜査本部とは全く違う視点で事件を分析する中で、解決につながる意外なヒントを見つけ出していく。京都中央警察署の刑事課課長・加藤修一郎役で渡辺いっけいが共演する。


関連記事