FC2ブログ
2016 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 11

2016年夏、土曜ドラマ『連続ドラマW ふたがしら2』

kage

2016/10/15 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★9月17日スタート 

WOWOWプライム 土曜 午後10:00~午後11:00

 連続ドラマW ふたがしら2

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:オノ・ナツメ「ふたがしら」(小学館 IKKI COMIX)/脚本:中島かずき/ 監督:入江悠/監督:吉田亮/プロデューサー:松永綾/プロデューサー:平部隆明

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
弁蔵(松山ケンイチ)
盗賊集団「壱師」ふたがしらの一人で、明るく豪快に集団を仕切る。昼間は品川の宿で働いている。盗みで稼いだ銭で賭場に通い、蔵蔵と出会う。

宗次(早乙女太一)
弁蔵と共に壱師を立ち上げた、冷静で頭脳明晰な男。普段は料理の仕出し屋で働いている。

甚三郎(成宮寛貴)
頭を務める盗賊「新・赤目」を弁蔵と宗次につぶされて以来、2人に強い敵対心を抱いている。表の顔は髪結い。蔵蔵と結託して、ある企みをめぐらす。

おこん(菜々緒)
弁蔵と宗次が以前にいた盗賊集団「赤目」の初代頭・辰五郎の元妻。姐さん時代から深い仲だった甚三郎との密会を隠しつつ、花魁として弁蔵と宗次の前に現れ、ある依頼をする。自由気ままでしたたかな女。

畷安房守蔵人/蔵蔵(大森南朋)
江戸の犯罪を取り締まる火付盗賊改方の長官で、昼間は町人姿で蔵蔵と名乗り賭場に顔を出す。そこで弁蔵と出会い意気投合するが、裏では甚三郎とつるんで、ある計画を企む。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松山ケンイチ×早乙女太一の痛快時代劇。待望の続編で盗賊一味の活躍を描く! 
昨年放送され好評を博した、新感覚時代劇の続編。松山ケンイチ演じる、明るく豪快な弁蔵と、早乙女太一演じる、頭脳明晰でクールな宗次の2人が、自分たちの盗賊一味「壱師」のふたがしらとなり、江戸で一番の盗賊集団を目指す新しい戦いを描く。前作に引き続いての共演となる成宮寛貴、菜々緒に加え、今作より大森南朋が“二つの顔”を持つ重要なキャラクターを熱演する。前作同様、監督は映画「ジョーカー・ゲーム」などで知られる入江悠や吉田亮、脚本は劇団☆新感線の中島かずきが担当。原作では描かれていない「壱師」の創成期も、オリジナルストーリーで描き出す。


関連記事
スポンサーサイト



(2016年メディアミックス作品)10月15日に映画公開される原作&コミック

kage

2016/10/15 (Sat)

さる1

2016年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(10月8日全国公開)

10月15日(土)公開
・何者
・彼岸島 デラックス


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!









関連記事

(大人の心を揺さぶる絵本)アンドゥ/渡邉良重(著)  高山なおみ(著)

kage

2016/10/15 (Sat)

大人の心を揺さぶる絵本

子どもだけのものにしておくなんてもったいない!

時に心の癒し、時にイマジネーションを刺激する、大人のためのとっておき絵本をご紹介。

ギフトにもお薦め!


アイコンかえる今回の書籍案内人・・・・うろこ

≪その2≫心をリフレッシュさせたいときに、
感性好奇心を刺激する絵本

 アンドゥ/渡邉良重(著)  高山なおみ(著)

アンドゥ/リトル・モア

¥2,376
Amazon.co.jp

アンドゥ 新装版/リトル・モア

¥2,376
Amazon.co.jp

* 本書は、2008年に小社より刊行した『アンドゥ』の表紙新装版です。
本文ページの絵、文章に、内容上の変更はございません。





関連記事

2016年秋、土曜ドラマ『夏目漱石の妻』

kage

2016/10/15 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★9月24日スタート 

NHK総合 土曜 午後9:00~午後10:13

 夏目漱石の妻

Arika注目1h文豪・夏目漱石の、涙あり笑いありの夫婦生活!
 ----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原案:夏目鏡子・松岡譲 「漱石の思い出」/作:池端俊策/作:岩本真耶/演出:柴田岳志/演出:榎戸崇泰/制作統括:吉永証/制作統括:中村高志

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
夏目鏡子(尾野真千子)
中根家の長女として父・重一から大事にされて育った。お見合いで一目ぼれした10歳年上の金之助と結婚。社交的で明るく、おおらかな性格。占いが好き。

夏目金之助(長谷川博己)
帝大卒で教師になった知性派。幼少期に養子に出されたため、親の愛情が薄く育った気難しい性格。後に漱石のペンネームで小説を発表する。

山田房子(黒島結菜)
鏡子のいとこ。女学校を卒業後、夏目家で花嫁修業をする。優しくて素直な性格。

荒井伴男(満島真之介)
足尾銅山の元坑夫。金之助の小説に感銘し、夏目家を訪れる。

塩原昌之助(竹中直人)
金之助の養父。かつては暮らしぶりがよかったが、今は落ちぶれている。作家として有名になった金之助を訪ねてくる。

中根重一(舘ひろし)
鏡子の父。貴族院書記官長を務めるエリート。やがて、政権交代の影響で官職を辞し、生活に困窮する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
尾野真千子主演、夏目漱石の夫婦生活を妻の視点から描くホームドラマ! 
今年は、「吾輩は猫である」「坊っちゃん」「こころ」など、今もなお人々に愛され続けている作品を生み出した文豪・夏目漱石の没後100年の年。明治という激動の時代を駆け抜けた漱石の著作の多くは、妻・鏡子とのユニークな夫婦生活を下敷きにしていたという。ドラマでは、二人が夫婦として成長していく姿を、鏡子の視点で生き生きと描く。漱石の妻となる中根鏡子を尾野真千子、後に漱石のペンネームを名乗る気難し屋の夫・夏目金之助を長谷川博己が演じるほか、黒島結菜、満島真之介、竹中直人、舘ひろしらが共演する。





関連記事