FC2ブログ
2016 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 12

(散歩が楽しめる文庫:時間散歩が楽しめる文庫3/6)週末沖縄でちょっとゆるり /下川裕治 (著) 阿部稔哉 (写真)

kage

2016/11/17 (Thu)

散歩文庫

散歩、寄り道、道草、散策。

それは日常のささやかで、小さな幸せを見つけた瞬間。

けれどそんな、ちょっとした時間がもてないときもあったりする。

だからそんなときは、文庫や書籍で散歩してみませんか?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


本当は、旅に出かけるのが一番、リフレッシュできるのだろうけれど・・・・。

そんな時間がもてない人のために、ちょっと遠出した散歩ものや、

思い切って旅行に出かけた気分に浸れる、時間散歩が楽しめる文庫を6冊紹介。

ちょっと足を延ばして、散歩や散策に出かけたら、日常が、昨日よりもずっと色づいているに違いない。



時間散歩が楽しめる文庫/6

≪国内旅行・沖縄≫

基地問題で揺れ、LCCが離島にも就航した沖縄。島の空気をいっぱいに吸い込む週末旅へ。
 週末沖縄でちょっとゆるり /下川裕治 (著) 阿部稔哉 (写真)

週末沖縄でちょっとゆるり (朝日文庫)/朝日新聞出版

¥734
Amazon.co.jp



関連記事
スポンサーサイト



大人本セレクト(104)…「偏愛的キノコ読本」4冊 [きのこる キノコLOVE111/考えるキノコ 摩訶不思議ワールド/見つけて楽しむきのこワンダーランド/きのこのほん ]

kage

2016/11/17 (Thu)

■大人だから楽しんで読める、大人だから読んでほしい様々なジャンルの『大人本セレクト』をレビュー!
Arikaおとな本1
VOL・104

ほん運び大人だからこそ読んでほしい、偏愛的キノコ読本」4冊

子どもの頃、遠足といえば山歩きでした。

山のてっぺんでお弁当を食べたら、きのこ採りのおじいちゃん先生が食用きのこをレクチャーしてくれます。

男の子たちは木に登ってあけび採り。

赤っぽいきのこに手を伸ばしかけたとき

「食べられるのは地味なきのこが多い」と先生の声。


・・・・・・・・ショックでした。



 きのこる キノコLOVE111/堀 博美(著)

きのこる キノコLOVE111/山と渓谷社

¥1,728
Amazon.co.jp

🍄韓国語できのこは「ポソッ」
Arika報告書v1アイコン読み物系のきのこ本なのに、学術的ではなく、観察ガイドでもなく、料理レシピも載っていません。でも、書物やアートで花開くきのこカルチャーや、きのこの魅力に取り付かれた人々、きのこの山(明治)のインタビューなど、俗信・人物・歴史・民族・神秘・信仰・漫画・映画・芸術から、胞子萌えまで。基礎知識や観察の心得まできのこにまつわるあらゆる知識がこれでもかと詰め込まれているかつてない文系キノコ読本です。著者のきのこ愛にあたって、中毒になる人続出かも!?


著者について
堀博美
1971年神戸市生まれ。20年前頃にきのこに魅せられ、ミニコミ誌やグッズを作るなどしてきのこにはまる。2006年、日本キノコ協会「MOOKきのこ」副編集長に抜擢。2009年頃よりフリーの「きのこライター」として活動。きのこ活動は多岐にわたり、山歩きからグッズ作り、ワークショップに栽培まで。イベントも多数行い、直近では阪神梅田本店「ドキドキ!きのこフェスティバル2013」をとよ田キノ子さんと共にプロデュース。(2013年7月3日〜8日)その他イベント多数準備中。日本菌学会、関西菌類談話会会員。




関連記事

(サブカル×アート)竹久夢二《デザイン》 モダンガールの宝箱/石川 桂子(著)

kage

2016/11/17 (Thu)

2016年11月の特集★
サブカルチャー×アート

サブカルチャーとアートのあいだにもはや境界線はなし?

美術の教科書では教えてくれない、

日本ならではの豊饒でマニアックなサブカル×アートの世界へご案内。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


ペンギンCLOSE赤大正・昭和のガールズカルチャー
レトロ

女子なら誰でもうっとりしてしまう、夢二のデザイン。
書籍装丁、楽譜デザイン、便箋封筒、イラスト、あらゆる分野を楽しめる一冊。
 竹久夢二《デザイン》 モダンガールの宝箱
 /石川桂子(著)


竹久夢二《デザイン》 モダンガールの宝箱/石川 桂子

¥2,052
Amazon.co.jp

<本書の内容>
1 雑誌の仕事
2 書籍装幀
3 カット・イラストの仕事
4 暮らしのデザイン
5 絵はがきのデザイン
6 楽譜のデザイン
7 商業デザインの世界へ



関連記事