FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

2016年秋、水曜ドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』

kage

2016/12/07 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★10月5日スタート 

日本テレビ系 水曜 午後10:00~午後11:00(初回は午後10:00~午後11:10)

 地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子

Arika注目1h石原さとみが、”地味”な校閲の仕事に大暴れ!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:宮木あや子「校閲ガール」シリーズ(KADOKAWA・角川文庫)/脚本:中谷まゆみ/演出:佐藤東弥/プロデューサー:小田玲奈

主題歌:栞菜智世「Heaven’s Door ~陽のあたる場所~」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
河野悦子(石原さとみ)
ファッションエディターを目指して総合出版社「景凡社」に途中入社した28歳。地味な校閲部に配属されるが、持ち前の好奇心と集中力、行動力を発揮して情熱的に業務と向き合う。気になることがあれば現場に直接赴くなど、衝動的で破天荒な悦子の校閲に同僚はあきれるが、時に彼女のやり方は作品を思わぬ方向に導いたり、取材の中で出会う人々の心を動かしていく。

折原幸人(菅田将暉)
悦子が一目ぼれする、謎めいた大学生。正体を隠しているが実は作家。小説の校閲を通して悦子と関わり、その容貌からモデルとしても誘われることになる。

森尾登代子(本田翼)
悦子の高校の後輩。景凡社のファッション誌「Lassy」の編集者。幸人をモデルとして発掘する。

貝塚八郎(青木崇高)
景凡社の文芸編集部で働く売れっ子編集者。校閲部のことを見下している。

茸原渚音(岸谷五朗)
景凡社の校閲部部長。悦子を採用し、その才能を感じ取り、温かく見守る。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
石原さとみ演じる“校閲ガール”が破天荒に大暴れするお仕事ドラマ! 
出版社の校閲部を舞台にした宮木あや子のシリーズ小説を石原さとみ主演でドラマ化。校閲とは、編集者から途中段階の文章や原稿を預かって深く読み込み、内容の誤りや不備な点を調べて直し正すこと。例えば、「『一番最初』だと、『一番』の意味が二重になる」「現在○○線に○時○分の列車は存在しない」などと指摘するのが校閲者の仕事だ。ドラマでは、ファッション雑誌の編集者を目指して出版社に入ったものの校閲部に配属された河野悦子(石原)が、文章と対峙することにやりがいと喜びを見いだし、作家に直接会いに行ったり、事実確認のために現場に乗り込んだりと、本来は地味な校閲の仕事に新風を起こしていく姿が描かれる。



関連記事
スポンサーサイト



≪文学の世界、絢欄たる知㈠≫幼少時代/谷崎潤一郎(著)

kage

2016/12/07 (Wed)

谷崎潤一郎の世界a

谷崎潤一郎の没後51年目の2016年。

明治・大正・昭和の長きにわたる作家生活で、

数多くの傑作を生み出した文豪の魅力をひもとく21冊をご紹介。

耽美にして繊細、それが私が谷崎潤一郎に抱くイメージです。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


文学の世界、絢欄たる

谷崎潤一郎の幼少時代の回想記!
 幼少時代/谷崎潤一郎(著)

幼少時代 (岩波文庫)/岩波書店

¥875
Amazon.co.jp


関連記事

(メリー・クリスマス・BOOK:Arika )クリスマス・プレゼント/ジェフリー ディーヴァー(著) 池田真紀子、他(訳)

kage

2016/12/07 (Wed)

2016年12月のテーマ特集本
大切な人に贈りたい本

クリスマスや新年のプレゼントに素敵な本はいかが?

ずっと手元に置いておきたい美しいクリスマスの本や、

親子で楽しめる本新年を迎える前に読んでおきたい本をご紹介。

1年間、がんばった自分へのご褒美にしても。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


D03-g035.gif特別な夜に大切な人と読もう
メリー・クリスマス・BOOK

Arikaクリスマス1
 クリスマス・プレゼント/ジェフリー ディーヴァー(著) 池田真紀子、他(訳)

クリスマス・プレゼント (文春文庫)/ジェフリー ディーヴァー

¥994
Amazon.co.jp

関連記事