FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

2016年秋、月曜ドラマ『警視庁 ナシゴレン課』

kage

2016/12/19 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★10月17日スタート 

テレビ朝日ほか 月曜 深夜0:15~深夜0:45

 警視庁 ナシゴレン課

Arika注目1h島崎遥香が自由奔放で高飛車に!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:徳尾浩司/監督:古厩智之/監督:佐藤太/監督:二宮崇/プロデューサー:杉山登/プロデューサー:松瀬俊一郎/プロデューサー:出口智浩/プロデューサー:中沢晋

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
風早恭子(島崎遥香)
警視庁ナシゴレン課の課長。相手が年上だろうが常に上から目線で、古い考えや捜査方法も全否定。「捜査に行くヤツは無能」と切り捨て、テレビや週刊誌の情報を基に、刑事部屋で事件の謎を推理していく。基本的には部下思い。高い洞察力とクレバーな言動で部下たちをまとめ上げる頼れるデカ長。

石鍋幹太(古田新太)
東京都内の交番に25年間勤務後、警視庁ナシゴレン課に異動となった体育会系の新人刑事。刑事になりたいという長年の夢がかない、やる気に満ちあふれている。何事にも全力で情熱的に取り組もうとするため、恭子に煙たがられる。バツイチの独身。

伊吹暁彦(勝村政信)
警視庁ナシゴレン課のサブリーダー。「課長のポストで」という話で異動してきたが、その座には恭子がおり、サブリーダーという地位に甘んじている。表向きは朗らかでも、恭子に対しては嫉妬や憎悪の念を抱く。人柄と常識力で出世してきたため、突飛な発想を持つ恭子にバカにされることが多々ある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
島崎遥香が自由奔放で高飛車な刑事に扮するワンシチュエーション・コメディー! 
企画・原作を秋元康が担当、全てのシーンが刑事部屋のみで展開するワンシチュエーション・コメディー。連続ドラマの主演オーディションを兼ねていた「AKBホラーナイト アドレナリンの夜」(同系)で、視聴者&審査員投票第1位を獲得したAKB48の島崎遥香が主演を務める。島崎が演じるのは、警視庁ナシゴレン課という、一風変わった部署の課長に任命された刑事・風早恭子。恭子は自由奔放で高飛車だが、卓越した推理力と洞察力を持ち、捜査は全て部屋でできると考えているユニークな人物。そんな恭子が週刊誌やワイドショーの情報を基に、捜査に出掛けることなく、難事件を刑事部屋のみで解決していくさまを描く。

関連記事
スポンサーサイト



2016年秋、月曜ドラマ『カインとアベル』

kage

2016/12/19 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★10月17日スタート 

フジテレビ系 月曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:09)

 カインとアベル

Arika注目1h月9初主演!山田涼介が兄との関係に葛藤
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原案:旧約聖書「創世記」第4章 カインとアベル/脚本:金沢達也/脚本:阿相クミコ/演出:武内英樹/演出:葉山浩樹/プロデューサー:羽鳥健一/プロデューサー:池田拓也

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
高田優(山田涼介)
デベロッパー会社「高田総合地所」の社員。成績優秀な隆一にばかり目を掛ける貴行に対して、自分も認めてもらいたいという思いを持っているが、もはや期待はしておらず、半ば諦めに近い感情を抱いている。

高田隆一(桐谷健太)
文武両道の優の兄。高田総合地所の副社長で、自他共に認める次期社長。父に認められたいという一心で、それに応えて生きてきた。しかし、表には出さないが、いかなる時も完璧でなければならないというプレッシャーと常に戦っている。

矢作梓(倉科カナ)
高田総合地所の社員。天真らんまんで、誰とでも仲良くなってしまう性格。仕事に対する情熱や向上心も持ち合わせている。隆一の目的達成のためには労を惜しまない仕事ぶりに、尊敬の念を抱いている。

高田貴行(高嶋政伸)
高田総合地所の社長で、優と隆一の父。完璧主義者で、目的達成のためには手段を選ばない。長男の隆一を溺愛するとともに、絶大な信頼を寄せている。一方、次男の優に対しては何も期待していないが、その創造性の豊かさや感受性の高さには、早くから気付いている。しかしそれは、苦手である会社の会長である父と通ずるものがあると感じており、優に苦手意識を持っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
Hey! Say! JUMP・山田涼介が月9初主演。青年の成長を描くヒューマンラブストーリー! 
カインとアベルとは、旧約聖書「創世記」第4章に登場するアダムとイヴの息子たちの名前。神・ヤハウェから寵愛を受ける弟のアベルとそれに嫉妬する兄・カインの物語を原案に、2016年の東京を舞台に移して展開するヒューマンラブストーリーで、Hey! Say! JUMPの山田涼介が月9初主演を飾る。山田演じる主人公のサラリーマン・高田優が、“愛への渇望”“父に認められたい”という呪縛の中でもがきながら、家族や仕事、そして愛する人とのせめぎ合いや葛藤を通じ、“本当に大切なもの”をその手につかもうとする姿が描かれる。



関連記事

(年の瀬に人生を見つめ直す :うさタク)ゼロ――なにもない自分に小さなイチを足していく/堀江貴文(著)

kage

2016/12/19 (Mon)

2016年12月のテーマ特集本
大切な人に贈りたい本

クリスマスや新年のプレゼントに素敵な本はいかが?

ずっと手元に置いておきたい美しいクリスマスの本や、

親子で楽しめる本新年を迎える前に読んでおきたい本をご紹介。

1年間、がんばった自分へのご褒美にしても。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

一年間がんばった自分にもプレゼント
年の瀬人生を見つめ直す

Arikaうさたくアイコン
 ゼロ――なにもない自分に小さなイチを足していく/堀江貴文(著)

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく/ダイヤモンド社

¥1,512
Amazon.co.jp

【本書の主な目次】
第0章 それでも僕は働きたい
第1章 働きなさい、と母は言った──仕事との出会い
第2章 仕事を選び、自分を選ぶ──迷い、そして選択
第3章 カネのために働くのか?──「もらう」から「稼ぐ」へ
第4章 自立の先にあるつながり──孤独と向き合う強さ
第5章 僕が働くほんとうの理由──未来には希望しかない
おわりに



関連記事

≪資料で読み解く谷崎ノンフィクション(4)≫忘れ得ぬ人々と谷崎潤一郎/辰野 隆(著)

kage

2016/12/19 (Mon)

谷崎潤一郎の世界a

谷崎潤一郎の没後51年目の2016年。

明治・大正・昭和の長きにわたる作家生活で、

数多くの傑作を生み出した文豪の魅力をひもとく21冊をご紹介。

耽美にして繊細、それが私が谷崎潤一郎に抱くイメージです。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


資料で読み解く谷崎ノンフィクション(4)

 忘れ得ぬ人々と谷崎潤一郎/辰野 隆(著)

忘れ得ぬ人々と谷崎潤一郎 (中公文庫)/中央公論新社

¥価格不明
Amazon.co.jp


関連記事