FC2ブログ
2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

(4.5月特集)『古典』古くて良いもの〈古典芸能〉落語編

kage

2017/05/23 (Tue)

2017年4月‐5月《前半》特集本
古典1a

堅苦しくて難しいという印象でも、

奥が深くて知れば知るほど面白くなってくるのが「古典の魅力」です。

現代向けに編集された本を案内役に、歴史をさかのぼってみませんか?


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


〈古典芸能〉落語編

日本の古典芸能。

今に伝える技を楽しむべく、落語に注目した本を紹介。

落語(らくご)は、江戸時代の日本で成立し、現在まで伝承されている伝統的な話芸の一種である。最後に「落ち(サゲ)」がつくことをひとつの特徴としてきた経緯があり、「落としばなし」略して「はなし」ともいう。

都市に人口が集積することによって市民・大衆のための芸能として成立した。成立当時はさまざまな人が演じたが、現在はそれを職業とする落語家によって演じられることが多い。

能楽や歌舞伎など他の芸能と異なり、衣装や道具、音曲に頼ることは比較的少なく、ひとりで何役も演じ、語りのほかは身振り・手振りのみで物語を進め、また扇子や手拭を使ってあらゆるものを表現する独特の演芸であり、高度な技芸を要する伝統芸能である。



笑って泣いて、あー寄席にいきて~な!
 赤めだか/立川 談春(著)

赤めだか (扶桑社文庫)/立川 談春

¥価格不明
Amazon.co.jp

アイコンりす赤めだか/立川 談春(著) 【2017/05/10】





関連記事
スポンサーサイト



(『古典』古くて良いもの)クロワッサン特別編集 古典の男たち/マガジンハウスムック

kage

2017/05/23 (Tue)

2017年4~5月(前半)の特集本
古典1a

堅苦しくて難しいという印象でも、

奥が深くて知れば知るほど面白くなってくるのが「古典の魅力」です。

現代向けに編集された本を案内役に、歴史をさかのぼってみませんか?



アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


 クロワッサン特別編集 古典の男たち/マガジンハウスムック

クロワッサン特別編集 古典の男たち (マガジンハウスムック)/マガジンハウス

¥価格不明
Amazon.co.jp

歌舞伎:中村雀右衛門、坂田藤十郎、中村吉右衛門、片岡仁左衛門、中村勘三郎、坂東三津五郎、竹本葵太夫、市川海老蔵
文楽:竹本住大夫、吉田簑助
落語 :柳家小三治、笑福亭松喬、柳家権太楼、柳家喬太郎、柳家三三
能 :宝生閑




関連記事