FC2ブログ
2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

2017年春、木曜ドラマ『緊急取調室』

kage

2017/06/15 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月20日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 21:00~21:54

 緊急取調室

Arika注目1h天海祐希の弾丸トークバトル再び!被疑者の”裏の顔”を取り調べで暴く!

あなたをマル裸にする。

極限の心理戦。真実は、暴かれる。


第2シーズンのテーマは「普通の人間が一番怖い」

人生を積み重ねる中で、超えてはいけない一線を越えてしまった普通の人々――

彼らの時にゾッとさせ、時にやるせなさや悲しさを感じさせる“裏の顔”を、

鉄壁の取り調べ集団「キントリ」がマル裸にします!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:井上由美子
演出:常廣丈太、本橋圭太
ゼネラルプロデューサー:黒田徹也 三輪裕見子
プロデューサー:三輪祐見子、都築歩、松野千鶴子、神馬由季
音楽:林ゆうき
制作協力:アズバーズ

主題歌:最後は必ず正義が勝つ/AI

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🌸警視庁

磐城和久(大倉孝二)…警視庁刑事部部長。
警視庁刑事部部長。過去の不正などによる、警察不信、警察批判を払しょくすべく、「開かれた警察」をモットーとしている。梶山勝利をライバル視しており、彼が率いるキントリの活躍を内心では面白く思っていないが、彼らをうまく利用し、自分のポジションを確立しようとしている。

捜査一課
緊急事案対応取調班【通称:キントリ】

可視化設備の整った特別取調室で取り調べを専門的に行うチーム。

真壁有希子(天海祐希)元・女性初の特殊犯捜査(SIT)第3係長主任
警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。キャリア不合格組の警部補だったが、その能力を認められ、警視庁捜査第一課へ。女性初の特殊犯捜査(SIT)第3係長主任になる。バスジャック事件で交渉に失敗し、犯人に発泡。キントリに配属された。一匹おおかみだったが、今はチームの連帯感を大事にしている。被疑者を「マル裸にする」を信条に、取り調べに臨む。47歳。

梶山勝利(田中哲司)緊急事案対応取調班・管理官(出世を狙う中間管理職)
警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の管理官。警察組織の階級主義、縄張り争いに苦労するが、出世もしたい中間管理職。冷徹な判断力と要領の良さでノンキャリアでも出世をしてきた。決断力で部下を引っ張る男。昔からよく知る有希子の卓越した交渉能力に目を付け、キントリメンバーに抜てきした。冷徹な判断力と決断力で部下たちを引っ張る。48歳。

菱本進(でんでん)緊急事案対応取調班の刑事(刑事人生の大半がマル暴一筋)
警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。刑事人生の大半がいわゆる”マル暴一筋”で、犯罪の生き字引。見た目も物言いも態度もヤクザのよう。取り調べにかんしてもは、おだてたり、脅しや取引をもちかけたりする。おだてたり、脅したり、取引をもちかけたりと、悪賢い駆け引きと経験で犯人を落としていく。女性警察官など邪魔だと思っていた過去がある。有希子のことを「おばはん」と読んだりするが、有希子の能力は認めている。58歳。

中田善次郎(大杉漣)緊急事案対応取調班の刑事(誠実に対応、情で落とす)
警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。通称「ホトケの善さん」と呼ばれる。優しく、人情味があり、とにかく良い人。どんな凶悪犯でも更生できると信じており、取り調べでも無駄にテクニックを駆使せず、情で落とす。有希子との間に、信頼関係が出てきている。59歳。

小石川春夫 (小日向文世)緊急事案対応取調班の刑事(チームきっての頭脳派)
警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。キントリチームきっての頭脳派で、被疑者への対応は穏やかでソフトだが、その実、徹底した鋭い洞察力を発揮して犯人を追い込んでいく。いつも笑顔だが、周囲は彼が本当に笑っているとは思っていない。いつも笑顔でいる。でも、誰も彼が本当に笑っているとは思っていない。有希子を有能と認めている。57歳。


捜査一課一係
緊急事案対応取調班(通称・キントリ)と連携を取りつつ捜査。

沢渡 巌(三上市朗)…新しい捜査一課長
新しい警視庁捜査一課長。叩き上げ。一筋縄ではいかないキントリに手を焼いているが、それは磐城刑事部長の手前で、実はどこか頼りにしているところもある。

■渡辺鉄次(速水もこみち)…殺人捜査第一係の刑事(監物のどんな命令にも従う)
警視庁捜査一課一係、殺人捜査第一係の刑事。係長である監物大二郎とコンビを組んでおり、周囲から「もつなべコンビ」と呼ばれる。恐怖心や駆け引きの機微というものを持たない怪力男。上司である監物の命令ならば、どんなことでも従順に従う。キントリ・チームとの関係をうまく利用していけばいい、という合理的な面も垣間見える優秀な刑事。32歳。

■監物大二郎(鈴木浩介)…殺人捜査第一係の係長(キントリチームを敵視)
警視庁捜査一課の殺人捜査第一係長。部下の渡辺鉄次とコンビを組んでおり、周囲から「もつなべコンビ」と呼ばれる。徐々にキントリチームの実力を認めつつあるが、相変わらず自分たちが検挙した犯人を横取りしていく緊急事案対応取調班(通称・キントリ)に対して、敵意を抱いている。すぐ物に当たる、度量の小さい男。徐々にキントリ・チームの実力を認めつつあるが、相変わらず「俺たちはパシリじゃねぇ」が口癖。43歳。


居酒屋 しんじ🍶
緊急事案対応取調班(通称・キントリ)のメンバーが仕事終わりによく訪れる居酒屋

かやの (中村 静香)
居酒屋『しんじ』の店主。夫・しんじと二人三脚で店を切り盛りしている。

しんじ(生島 勇輝)
居酒屋『しんじ』の店主。妻・かやのと二人三脚で店を切り盛りしている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
天海祐希が真実を追い求めるプロの取調官を演じる連続ドラマの第2弾! 
天海祐希が主演を務める人気シリーズの刑事ドラマの連ドラ第2弾。2014年に連続ドラマ第1弾が、2015年9月にはスペシャルドラマが放送された。同作は、可視化設備の整った特別取調室で厄介な被疑者を取り調べる警視庁の専門チーム「緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)の活躍を描く。

天海演じる真壁有希子らキントリの刑事たちが、一筋縄ではいかない被疑者と緊迫の心理戦を繰り広げる。今回のテーマは“普通の人間が一番怖い”。人生を積み重ねる中で、超えてはいけない一線を越えてしまった人々。時にゾッとさせ、時にやるせなさや悲しさを感じさせる彼らの闇を、真壁らが暴いていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
ドラマ【緊急取調室】事前チェック事項
----------------------------------------------------------------------------------------
天海祐希演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーとともに、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる『緊急取調室』。天海をはじめとする実力派俳優たちの魂のこもった演技で、大きな話題を呼びました。さらに2015年9月27日には、スペシャルドラマとして復活! “スリリングかつ爽快感あふれる世界観”をよりパワーアップさせ、多くの視聴者をとりこにしました。

その『緊急取調室』が、取り調べの録音録画(可視化)を義務付ける「刑事司法改革関連法案」の可決(2016年5月)を経た今春、連ドラ第2弾として再復活! 豪華キャスト陣がた固い団結力を発揮しながら、“密室の銃撃戦”ともいうべき緊迫の取り調べ劇を展開します。第2シーズンのテーマは、「普通の人間が一番怖い」。人生を積み重ねる中で、超えてはいけない一線を越えてしまった普通の人々――彼らの時にゾッとさせ、時にやるせなさや悲しさを感じさせる“裏の顔”を、天海らがマル裸にしていきます!

天海祐希率いる無敵の取り調べチームが、今度は“普通の人間”の闇を暴く!
Arika注目1h2014年にシーズン1が放送され、2015年にスペシャルドラマに、そして2017年春ドラマで再び連ドラに。簡単な情報しかない第2シーズンですが、『普通の人間の闇を暴く、普通の人間が一番怖い。越えてはいけない一線を超えてしまった普通の人』ということなので、ここは素直に「事件を起こすように見えない人が、実は残忍な事件の犯人だった。ということになるのでしょうね。日常でもそのような犯罪者はたくさんいます。テレビでは”近所の人”が「いい人でしたよ。挨拶もするし、勉強もよくできてたし」なんて言うコメントをしています。「仕事の事で口喧嘩をした」「犬の声がうるさい」「浮気をした」「人を殺してみたかった」etc.。こんな闇に陥る人が、どうしてそうなってしまったのかという、そのあたりの心理を解明してくれることを期待しちゃいます。

主人公・有希子を演じる天海は、連ドラ第1弾のときに役のイメージに合わせ、長い髪を約20cmもカット。直線的でマニッシュな黒髪ショートボブと、硬軟併せ持つ巧みな演技で、真実を追い求める正義の取調官・有希子像を確立しました。その後のスペシャルでは、終盤で被疑者に髪を切られるという物語の展開上、ロングヘアでの出演となりましたが、今回の第2シーズンでは長く美しい髪を25cm…と以前よりも大幅にカット。天海を含め、彼ら全員合わせて410歳(※2017年2月10日現在)! 豊富な人生経験と芝居経験を武器に一丸となって戦う彼らは、今回どんな戦法を繰り出し、どんな“一筋縄ではいかない被疑者”をマル裸にしていくのか…!? さらに加速する、息もつかせぬ攻防戦から1秒たりとも目が離せません。(公式サイト

第2シーズンも田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、でんでん、大杉漣、小日向文世ら第1シーズンからおなじみの豪華メンバーが再集結!さらに、前回のスペシャルで初めて登場した現・警視庁刑事部部長を演じる大倉孝二も続投!このドラマはゲストも注目で、前回のスペシャルドラマでは松下由樹さんと斉藤由貴さんの「Wユキ」をゲストに迎え、話題となりました。主演・天海を中心に固い団結力をいかんなく発揮しながら、“密室の銃撃戦”ともいうべき緊迫の取り調べ劇を展開し、今回も毎話超豪華ゲストと心理戦を繰り広げてくれることでしょう。第1シーズンの視聴率は、最低11.2%〜最高16.1%、平均視聴率12.9%でした。スペシャルドラマは14.6%。この時間帯は、裏番組にドラマ枠はなく、ニュースとバラエティのみ、そこからすると、前回くらいの視聴率には届きそうな気がします。


関連記事
スポンサーサイト



(恋する小説・マンガ)となりの山田さん(1~5巻)/古閑 裕一郎(著)

kage

2017/06/15 (Thu)

2017年6月の特集本
恋する小説マンガ1

もうすぐ夏・・・

今年こそは!と、思うあなたも、

ドキドキする気持ちを思い出したい!というあなたも、

小説で、マンガで、何度もおさらいしちゃってください。

なるほど~💛と、思うことがたっくさんの恋するシリーズを、どさっとご紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

いつだって
キューンとしていたい青春ドキドキ系マンガ


 となりの山田さん(1~5巻)/古閑 裕一郎(著)

となりの山田さん(1) (週刊少年マガジンコミックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

となりの山田さん(2) (週刊少年マガジンコミックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

となりの山田さん(3) (週刊少年マガジンコミックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

となりの山田さん(4) (週刊少年マガジンコミックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

となりの山田さん(5) (週刊少年マガジンコミックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp


関連記事

2017年春、木曜ドラマ『人は見た目が100パーセント』

kage

2017/06/15 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月13日スタート 

フジテレビ系 毎週木曜22:00~22:54(初回:22:00~23:09≪初回15分拡大≫)

 人は見た目が100パーセント

Arika注目1h女子力ゼロの理系女子が美を研究!

フジテレビ22時からは桐谷美玲さん主演。

桐谷美玲さんは2016年夏ドラマ月9『好きな人がいること』でヒロインを務め、春ドラマで再びフジテレビで主演となりました。

このドラマは、『人は見た目が9割』なんて言うけど、『人は見た目が100パーセント』よね~と日々『美』の追及に励む、理系女子(=リケジョ)を面白く描いたギャグ満載のドラマになっています。

笑い転げること間違いなし!(私は原作を読んでゲラゲラ笑いました。)

大久保ヒロミさん原作のマンガで、4巻完結となっているので気になる方は先にマンガを読んでネタバレをどうぞ(笑)

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:大久保ヒロミ「人は見た目が100パーセント」(講談社「BE・LOVE」)
脚本:相沢友子
演出:松山博昭、品田俊介、永山耕三
チーフプロデュース:中野利幸
プロデュース:草ヶ谷大輔
演出:松山博昭、品田俊介、永山耕三
制作:フジテレビ第一制作センター

主題歌:JY「女子モドキ」(ソニー・ミュージックレコーズ)

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏢八王子製紙


城之内純 (桐谷美玲)
製紙会社に勤務する研究員。真面目だが、「自分に自信がない」「男性にモテたことがない」「メークやおしゃれもほとんどしない」など“無い無い尽くし”で、研究に没頭するあまり、おしゃれ偏差値最底辺になってしまった理系女子。仕事の都合から、自分は“女子”ではなく“女子モドキ”なのかもしれないということに気が付く。30歳(マンガ設定)。細身で長身・スタイル抜群だが、とにかく地味でダサい。つぶらな裸眼がコンプレックスであり普段は眼鏡をかけ、長い髪をしばっている。見た目はインテリリケジョ風。

前田満子(水川あさみ)
製紙会社に勤務する研究員(純の同僚)。既婚者で子持ち。若いころは、当時流行していたルーズソックスやミニスカートをはき、派手なメークをするイケイケのギャルだったが、結婚をして子供が生まれてからは、家事と育児に追われ、“美”や流行から取り残されてしまった。「妻であり、母であるが、女でない」という残念なタイプ。40歳(マンガ設定)。3人の中で子供もいる唯一の既婚者。「美」についての知識が少しズレていて、流行を学び若返りを望んでいる。

佐藤聖良 (ブルゾンちえみ)
製紙会社に勤務する研究員(純の同僚)。自分に圧倒的な自信があるが、男性と付き合った経験がないぽっちゃり女子。自分には甘い。食べることが大好き。おしゃれをすればかわいくなると思っているが、やり方が分からない。個性的で独特なメークをしている。25歳(マンガ設定)。小柄でぽっちゃりでおかっぱが特徴の自称おやじ女子。本当は服を買うより美味しいものにお金を使いたいと思ってしまうのが弱点。

┣丸尾拓馬 (町田啓太)
純らと同じ会社に勤める、さえない理系男子。仕事が終わった後に密かに行われている、純たちの「美の特別研究」を不思議がっていて、“美”や“女子力”と大真面目に向き合い苦戦する彼女たちに、容赦ないキレのあるツッコミを入れる。

┣三沢基樹(堤下敦)
純たちと同じ会社に勤務する冴えない理系男子研究員。同僚の丸尾と共に3人が密かに行っている「美の特別研究」を不思議がっており、容赦ないキレのあるツッコミを入れていく。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

🏢クレエラジャパン
純らが仕事で関わることになる大手化粧品メーカー

┣國木田修 (鈴木浩介)…ラボの責任者
丸の内の大手化粧品メーカーの社員で、栄子の右腕。“美”や“女子力”に疎い純たちに、最新のメークやファッションを指南していく。

┣松浦栄子 (室井滋)…統括マネージャー
丸の内の大手化粧品メーカーの社員。「人は見た目が100パーセント」だと誰よりも思っていて、社員たちからも恐れられている。純や満子たちと仕事で関わる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

榊圭一 (成田凌)
純が運命的に出会い、恋に落ちるイケメン美容師。

岡部和人(中尾暢樹)
ドラマオリジナルキャラクターの美容師。純が恋をする美容師・圭一と一緒に働く後輩美容師。

岸根香澄(足立梨花)
美優とのコンビでステキ女子。最新のファッションをさらりと着こなし、流行のメイクなどにも敏感で、男性の目を引く存在。3人に時にアドバイスもしていく女子力の高い存在。

森村美優(岡崎紗絵)
香澄とのコンビでステキ女子。最新のファッションをさらりと着こなし、流行のメイクなどにも敏感で、男性の目を引く存在。3人に時にアドバイスもしていく女子力の高い存在。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
桐谷美玲が女子力ゼロの理系女子役で主演するラブコメディー! 
現代女性のリアルな心情を描いてきた大久保ヒロミによるコミックを原作に、製紙会社に勤務する真面目でさえない理系女子研究員の3人が、流行のメークやファッション、美容などに大真面目に向き合い研究するさまを描くラブコメディー。

女子力ゼロの理系女子・城之内純役で主演するのは桐谷美玲。「VOCE」(講談社)が選ぶ「2016年最も美しい顔」を受賞するなど、若い女性の憧れの的である桐谷が、今までのイメージとは全く違う役どころをどう演じていくのかにも注目。同じく女子力ゼロで純の同僚・前田満子役で水川あさみ、佐藤聖良役でブルゾンちえみが共演。ほか、成田凌、劇団EXILEの町田啓太、鈴木浩介、室井滋らが脇を固める。

Arika注目1hドラマ【人は見た目が100パーセント】のみどころ
----------------------------------------------------------------------------------------
三者三様の悩みで世間の女性のハートを掴む?

☑主な3人のキーワードは・・・

「女子モドキ」=「JSM」

マンガの中ではではこう記されているようですが「一応」これやってるし!「一応」これしてるから大丈夫でしょ!と言っている方いませんか!?何かにつけて言い訳をし、目を背けてはいませんか!?!?そう!そんなあなたも「女子モドキ=JSM」なのです!!

純:
❶仕事のできるイメージをなのに、自分に自信がない
❷男性にモテたことがない
❸ガールズトークが得意ではない
➍イケメンや美女には目も合わせられない
❺自分の容姿を褒められたことがない

・・・という「タラレバ」ならぬ「ないない」づくしの女性。


満子:
❶若いころはイケイケのギャルだったのに対し、今では「細眉」「肩パット」などの発言が目立ってしまうのアラフォー女性。
❷感覚がバブル期のままで、異常に濃いノーズシャドウだけが身についている。
❸美意識が高まるにつれ、息子の彼女にライバル心を燃やしてしまう。


聖良:
❶若く一番流行に敏感なはずが、
「おやじ女子」「ぽっちゃり女子」という言葉に自信を持ちモテないことを不思議がっている。


といった感じです。

研究に没頭しすぎてしまったせいで「女子力」や「美」に背を向け生きてきた純。

結婚し家事と育児に追われ「美」や「流行」から取り残され女でないという満子。

変な自信を持ち「モドキ」になってしまった聖良。

前途多難な3人ですが、「研究員」の力を揮し世の女性たちが求める「美」を徹底的に研究してくれることでしょう。

新しい自分=「ステキ女子」になって、素敵な恋を見つけてほしいものです。

『人は見た目が100パーセント』は、オシャレというものがイマイチ分からない人(私です)や女らしい振る舞いって?となっている人(私です)、つい!「美」に対しての努力を怠けてしまう人(私です)などが見れば、女子力が必ずUPするであろうそんなドラマです。

さぁ!「JSM」のみなさん!私と一緒に立ち上がりましょう!

もともと女子力の高い方は、ドラマ「人は見た目が100パーセント」を見て思う存分笑ってください。

ちなみに、原作を見て・・・・

人は見た目が100パーセント(1) (BE・LOVEコミックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

ドラマ化にあたり「佐藤聖良」役は意外な人物が決定している???と聞いた時、

ブルゾンちえみさんしか見えなくて・・・で、本当にブルゾンちえみさんだったので爆笑しました。


関連記事