2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

(野球を読む)最後の一球/島田荘司(著)

kage

2017/08/10 (Thu)

2017年7月+αの特集本
野球を読む

熱闘!高校野球のシーズンももうすぐだ!!

良い試合は、いつまでも人々の記憶に残っている。

野球ファンなら、感動し、震えた試合が心に刻まれているだろう。

青春のすべてを掛けて甲子園を目指す球児から、野球を職業に選んだプロ野球選手の葛藤まで。

ルールがわからなくても熱くになれる、もとから好きな人はもっと激アツ!になれる、

熱い、アツイ!、”読む野球本”をご紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

小説の題材となった野球は、すこぶるおもしろい!
ドラマチック野球小説ベスト❸/3

ライバルとの戦いや自分との戦い、周囲の環境、人間関係、そして選手の心情…。

小説で読む野球は、なぜこうも興味深いのか?

試合の展開はもとより、選手の人生や、逆転劇、どんでん返しのストーリーといった、

ドラマチックな出来事がたくさんつまっていて、読む人をぐいぐい小説の中に引き込んでいく。

ここではそんな文庫を1冊ずつ全3冊紹介。

 最後の一球/島田荘司(著)

最後の一球 (文春文庫)/文藝春秋

¥価格不明
Amazon.co.jp

最後の一球/島田 荘司

¥価格不明
Amazon.co.jp

母親の自殺未遂の理由が知りたい―青年の相談に、御手洗潔はそれが悪徳金融業者からの巨額の借金であることを突き止める。裁判に訴えても敗訴は必至。さすがの御手洗も頭を抱えたが、後日、奇跡のような成り行きで借金は消滅。それは一人の天才打者と、生涯二流で終わった投手との熱い絆の賜物だった。


関連記事
スポンサーサイト