FC2ブログ
2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

(風ちゃんの今日の絵本箱)ヤカンのおかんとフトンのおとん/作:サトシン 絵:赤川明

kage

2017/09/16 (Sat)

      

アイコンかえる絵本担当・・・風うろこ

大波がくれたたからもの

対象年齢…D26-g009.gif:3~4歳   D26-g009.gifD26-g009.gif:5~6歳   D26-g009.gifD26-g009.gifD26-g009.gif:小学生~  D25-g065.gif:大人まで


なみ (講談社の翻訳絵本)
スージー・リー
講談社
売り上げランキング: 459,515











関連記事
スポンサーサイト



(涼を呼ぶ本)一年中おいしいアイスデザート/福田里香(著)

kage

2017/09/16 (Sat)

2017年9月の特集本
涼を呼ぶ本

9月とはいえ、暑いですね~。ってことで今月は”涼”がテーマ。

涼やかな旅をリードするガイドブックや、おうちでひんやり美味しいものを涼しい尽くしでお贈りします。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


ひんやり、おいしいC06-c015.gif


 ≪おうちで作るひんやりレシピ集≫  
 C07-c010.gif一年中おいしいアイスデザート/福田里香(著)


一年中おいしいアイスデザート/主婦と生活社

¥価格不明
Amazon.co.jp

関連記事

(2017年メディアミックス作品)9月16日に映画公開される原作&コミック

kage

2017/09/16 (Sat)

とり

2017年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(9月16日全国公開)

9月16日(土)公開
・奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール

・交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1

・50年後のボクたちは 

・望郷


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!







関連記事

(僕が女性に読ませたいマンガ-221)おとなりボイスチャット(全4巻)/こじまなおなり

kage

2017/09/16 (Sat)

Arikaうさたく本2

Arika嬢から、「女性に読ませたいマンガや見てほしいアニメをテーマに書いてみませんか?」

その企画を聞いた時、僕は「書きたいです!」とふたつ返事した。

小説よりも、映画よりも、僕はマンガやアニメから学んだ事が多い。

そしてずっと、マンガやアニメと共に生きてきた。

僕にとって、マンガを読む、アニメを観ることは子どもの頃から生活の一部です。

という事でうさタクの企画☆顔文字アヒヒ


おとなりボイスチャット(1) (RYU COMICS)
徳間書店(リュウ・コミックス) (2015-11-10)
売り上げランキング: 87,764


おとなりボイスチャット 2 (リュウコミックス)

おとなりボイスチャット 3 (リュウコミックス)

おとなりボイスチャット(4)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)






関連記事

2017年夏、土曜ドラマ『悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~』

kage

2017/09/16 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★7月15日スタート 

NHK総合系 毎週土曜 18:05~18:43<連続8回>

 土曜時代ドラマ『悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~』

Arika注目1h冴えない作詞家の中年男に突然訪れた、人生最大の「モテ期」。
・・実はそれは、亡き妻の忘れ形見、10歳のお転婆娘が仕組んだことだった!


主演はユースケ・サンタマリア。

共演には門脇麦、石田二コル、平尾奈々花。

制作統括・落合将(とと姉ちゃん)×脚本・櫻井剛(マルモのおきて)×原作・獅子文六(コーヒーと恋愛)

原作は昭和の大衆小説家・獅子文六の代表作。

現代風に映像化し、昭和モダニズムあふれる作品に。

…豪華スタッフで、新設されたNHK土曜時代ドラマ、期待の第二弾!

音楽に橋本由香利さん、語りに片岡愛之助さんが追加発表!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:獅子文六「悦ちゃん」(ちくま文庫)
脚本:櫻井剛
演出:大原拓
演出:清水拓哉
プロデューサー:家富未央
制作統括:落合将

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏠柳家の人々
柳碌太郎 (ユースケ・サンタマリア)…売れない作詞家
妻に先立たれた作詞家の愛称「碌さん」。この物語の主人公。うだつのあがらない作詞家。3年前に妻と死別し、娘の悦子、女中のウメとともに暮している。妻と死別後、荒れた生活をしていたが、悦子のおかげで一年発起、再婚相手を探し始める。開業医の息子で大学出。

柳悦子(平尾菜々花)…碌太郎の娘
歌が大好きでおてんばな10歳。快活でおしゃまな女の子。母・秋子の死後、元気のない父にもとに戻ってもらおうと、再婚相手を探し始める。

婆や/ウメ(大島蓉子)・・・柳家の通い女中
死別した妻秋子がいた時代から柳家の女中として働く。


🏠大林家の人々
大林鶴代(峯村リエ)・・・碌太郎の実姉
東邦商事の社長・大林信吾の妻。 碌太郎に何とか後添えをと思っている。悦子とはそりが合わない。

大林信吾(相島一之)・・・鶴代の夫
東邦商事社長。株主である日下部銀行の令嬢・カオルと碌太郎との縁談を成立させ、ビジネスのパイプにしたいと願っている。


🏠池辺家の人々
池辺鏡子(門脇麦)…性格の地味なデパートガール
銀座にあるデパート「大松」の紳士服売り場に勤める。地味な性格だが、外国の恋愛映画に憧れ、恋をしたいと内心では思っているが、父久蔵の決めた縁談を断れず、与えられた相手と結婚するのが自分の道だと思っている。

池辺久蔵(西村まさ彦)・・・小石川の貧乏長屋に暮らす指物職人。
酒好きで頑固な性格の典型的な江戸っ子。娘の将来を憂い、自分の決めた理想的な相手と結婚するのが鏡子にとって最大の幸福だと思い込んでいる。

池辺藤子(堀内敬子)・・・久蔵の妻。
実は後妻であり、鏡子とは血がつながっていない。


🏠日下部家の人々
日下部カオル(石田ニコル)…碌太郎のお見合い相手
日下部銀行頭取の娘(父はすでに他界)。結婚相手に理想が高い令嬢。真実の愛を求め、結婚相手への高い理想を持つ。すでに数十回もお見合いの話を断っている。真実の愛を求めるなかで、碌太郎と出会う。文学・音楽・絵画など芸術全般に精通する美女。

日下部絹(紺野美沙子)・・・カオルの母
何十回も見合いを断る娘の身を案じている。

日下部一郎(矢野聖人)・・・カオルの弟
日下部銀行の跡取り。

《スイートレコードの人々》
細野夢月(岡本健一)・・・碌太郎の出入りするレコード会社、スイートレコード専属作曲家。
何曲ものヒット曲を持つ。スイートレコード内での発言権を多大に持ち、大松のデパートガール鏡子にちょっかいを出す。

春奴(安藤玉恵)・・・スイートレコードに出入りする芸者にして歌手のうぐいす芸者。
が、人気はいまひとつ。夢月や碌太郎とつきあいが長い。

《その他の人々》
村川絵梨(村川絵梨)…悦子の小学校の担任教師で、碌太郎が最初に再婚相手として意識する相手
悦子の策略で碌太郎とデートをすることになる。碌太郎と同様、病気の夫と死別していて、幼い息子がいる。

次作(橋本淳)・・・米屋の次男で、鏡子の見合い相手

語り:片岡愛之助

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
ユースケ・サンタマリア主演、10歳の娘が父親の嫁探しに奮闘するラブコメディー! 
活気あふれる昭和10年の東京・銀座を舞台にした、笑って泣けるラブコメディー。妻を失い荒れた生活を送っていた柳碌太郎を、NHK連続ドラマ初主演となるユースケ・サンタマリアが演じる。

父親の嫁探しに奮闘する娘・悦子を平尾菜々花、銀座のデパートガール・池辺鏡子を門脇麦、碌太郎をめぐって恋のバトルを繰り広げる令嬢・日下部カオルを同局ドラマ初出演の石田ニコルが演じるほか、多彩な出演者が脇を固め、片岡愛之助が語りを務める。

大衆小説家・獅子文六の同名小説を原作に、脚本はドラマ「マルモのおきて」(フジテレビ系)、「表参道高校合唱部!」(TBS系)などで知られる櫻井剛が担当する。


----------------------------------------------------------------------------------------
原作・獅子文六とは?
----------------------------------------------------------------------------------------
原作の獅子文六を知っていますか? 昭和時代に一世を風靡した大衆小説家です。略歴はというと…


獅子/文六
1893‐1969年。横浜生まれ。小説家・劇作家・演出家。本名・岩田豊雄。慶應義塾大学文科予科中退。フランスで演劇理論を学び日本の演劇振興に尽力、岸田國士、久保田万太郎らと文学座を結成した。一方、庶民生活の日常をとらえ、ウィットとユーモアに富んだ小説は人気を博し、昭和を代表する作家となり、その多数が映像化された。芸術院賞受賞、文化勲章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出典:アマゾン著者略歴

有名らしいです…。

と、言いつつ、筆者がその名を知ったのは、国語の時間でもなく、ふつうに本屋さんで、でした。

ちくま文庫から2013年に復刊され、書店で平積みされていまして…、

恋愛ユーモア小説「コーヒーと恋愛」!

コーヒーと恋愛 (ちくま文庫)/筑摩書房

¥価格不明
Amazon.co.jp

ちなみに、「悦ちゃん」も映画化1回、ドラマ化3回と実写化多数の名作です!


悦ちゃん (ちくま文庫)/筑摩書房

¥価格不明
Amazon.co.jp




関連記事

2017年夏、土曜ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』

kage

2017/09/16 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★7月8日スタート 

日本テレビ系 毎週土曜 22:00~22:54(初回:22:00~23:04)

 ウチの夫は仕事ができない

Arika注目1h錦戸亮が可哀想で可愛い夫に!

残念な夫と奥さんが夫婦二人三脚で奮闘するお仕事ホームドラマ!


関ジャニ∞の錦戸亮さんが日本テレビでの連続ドラマ初主演を務め、ヒロイン役には松岡茉優さんがキャスティング。

このドラマは、土曜22時「ボク、運命の人です。」の後番組となります。

妻から理想の夫だと思われていたが実は仕事ができない主人公・小林司が、妻の妊娠を機に「できる夫」を目指して夫婦で奮闘するお仕事ホームドラマ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:渡辺千穂
音楽:菅野祐悟
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:小田玲奈、鈴木香織、森雅弘
演出:佐藤東弥、小室直子、ほか
制作協力:AXON
製作著作:日本テレビ

主題歌:関ジャニ∞『奇跡の人』(インフィニティ・レコーズ)

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏠小林家
小林司 (錦戸亮)高学歴・高収入で見た目も良い、理想の完璧な夫。実は秘密がある主人公(30歳)
イベント会社「マックスエンターテインメント」に勤務するサラリーマン。見た目が良く学歴も高いが、実は会社では仕事ができない男で社内ではお荷物扱いされており、それゆえに冴えないダメ社員である。社内にもう一人、仕事ができる小林司がいることから比較されることも多い。

ドラマME👀も
菌類、キノコについて大学時代に研究し、趣味は粘菌。趣味で森に入っている時に沙也加と出会い、それ以降森の妖精と呼んでいる。嘘が嫌いで思いやりのある心優しい性格で正義感も強く、困っている人を見ると放っておけず、自分の事をそっちのけにして助けてしまい、結果自身が損をしているいわゆる「いい人」。土方やその他同僚には認めてもらえず会社をサボったりしていたが、沙也加や黒川などの人々の助言で自信を取り戻し、成長していく。その人柄の良さも幸いし、本当はやればできる一面もあり、土方やその他同僚、仕事相手などから次第に認められるようになる。



小林沙也加 (松岡茉優)…司の妻(24歳)
女友達とハイキングに行ってはぐれてしまい、遭難するかと思った時に司と出会い恋に落ち、若くして結婚したため、世間知らずで思い込みが激しいところがある。良い事でも悪い事でも想像がエスカレートしてしまい、一人でパニックになってしまうことも。司のことについて時折妄想するが、その妄想がなぜかミュージカル調となる。司が出来る夫だと思っていたが、ある日その秘密を知ってしまう。仕事が出来ないと知ってからはそれを認めつつ、仕事が出来る夫にすべく日々奮闘する温厚かつ謙虚で良識的な妻であり、司にとっては良き理解者である。一方、突然家に押し掛けて来る義姉・みどりには内心辟易している。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

👩沙也加の友達
良き相談相手だが、時折、沙弥加を不安にさせる情報も。
┠────────────────────────────────
┣町田あかり (イモトアヤコ)…沙也加の妊婦友達の一人(30歳)
20代から40代までと、年齢幅の広い妊婦仲間に沙也加を招き入れる。
夫・彦丸のことを、ブヒ丸と呼んでいる。夫の浮気を疑い一時的に家出、沙也加の家に泊まった。また、彦丸がラップバトルで何も言えないのを見兼ねて自らがステージに上がり、夫への思いをラップに乗せて伝えた。夫はもんじゃ屋を営んでいるものの、まともに働く素振りを見せないため、ストレスをためている。31歳。

┣遠藤智花(柳生みゆ)…沙也加の妊婦友達の一人(26歳)
沙也加と知り合ったときには「やっと同世代のマタ友ができた」と喜んだ。

┣尾田まり代( 屋敷紘子)…沙也加の妊婦友達の一人(43歳)
あかりからは「40歳を前に慌てて結婚した」と言われている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

🏢イベント会社「マックスエンターテインメント」
┣土方俊治 (佐藤隆太)…会社のチームリーダーで、司の先輩(37歳)
司が働く「マックスエンターテインメント」制作一部のチームリーダー、THE仕事のできる男!仕事熱心で司の仕事ぶりに辛辣し、事あるごとに厳しく当たるが、やればできる一面もあるため、本当は期待しており、次第に認めるようになる。「男の価値は仕事がすべて」という思想の持ち主で、大きな案件とあればすべて手を挙げて引き受けるので、上司からの評判も良い。しかし一方、そのあおりを部下が受けてしまうことも多い。

┣黒川晶 (壇蜜)…司の上司(36歳)
仕事もできる上に発言力もそれなりにあり、上司である土方に物申すことができる色っぽいが男勝りな先輩!「男になんて負けたくない」と思いながら働くバリバリのキャリアウーマンで、社内ではまるで男のように振る舞っているがそれは働くための彼女の武装で、一方酒癖は悪く、酒が入ると人が変わるため、部下たち(司を除く)を飲みに誘おうとすると何かと理由をつけられ断られることが多い。体育会系で大学時代は空手部に所属していた。

ドラマME👀も
色気のある外見とは裏腹に男勝りでぶっきらぼうな性格であり、そのためか部下たちには男性語で話す。また、自分の問い掛けに対して曖昧な返事をされることを嫌い、(特に司に対して)「『え』じゃねえだろ?『はい』だろ!」などと叱る。自分が女性と言うだけで取引先等の関係者には歓迎されるどころか男性の担当者を付ける様言われ、1人で思い悩む。高飛車で男女どちらでも柔和に接する事は無く締め上げる様な対応は取るが、司の仕事ぶりを見てからは彼の良き理解者となりよく呑みに連れていく。なお、「あきら」という名前は男性でも使われるため、沙也加は司から黒川のプロフィールを聞いたとき、空手経験者の体育会系とあった事と「クロカワアキラ」という名前から男性と勘違いしていた。



┣田所陽介 (薮宏太(Hey! Say! JUMP))…司の後輩(27歳)
司の後輩でライバル的存在でもあり、司をバカにする嫌味な後輩!
ずる賢く要領が良いので、仕事をよくサボっている。部内でも上からの評判の良い土方に付いて回っている。仕事のできない司を臆面もなくばかにするなど、今どきの若者。

ドラマME👀も
外面も良く、ある程度仕事はできるが、本性は偽善者であり、陰湿かつ嫌味な性格で司を軽蔑しており、後輩でありながらデリカシーがなく、平気で「お前」呼ばわりしているが、司は黙認している。仕事においても目先の成果を求めて場当たり的に嘘をつくなど、誠実とは言えない。相手と仕事の内容について話し合いお互いに理解を深めるよりも、嘘をついてでも当面の契約を成立させることが良いと思っていたが、それが裏目に出て黒川に「二流だな」と評された。



┣渡瀬理緒(吉本実憂)…会社のデスク(23歳)
マックスエンターテインメント第一制作部デスク。現代的なOLで社内のイケメンをチェックしている。司の勤務先では数少ない良識的な人物であり、ひと目置かれた存在である。

┣三好一平(阿部翔平)…会社の社員(33歳)
マックスエンターテインメント第一制作部部員。田所と同じく、司を見下していたが、次第に認めるようになり、陰では期待している。

┣柳田圭一(笠松将)…会社の社員(28歳)
マックスエンターテインメント第一制作部部員。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小林みどり (江口のりこ)…よく泊まりに来るなど、二人を困らせる存在‼の司の姉(36歳)
┣新婚ほやほやの司と沙也加の家に頻繁に足を運んでは、二人を困らせている小姑。彼氏はトルコ人。

ドラマME👀も
既婚で、夫をケバブーと呼んでいる。話し言葉は関西弁。沙也加の妊娠にいち早く気付いた。化粧品会社で働いていたことがあり、企画書はいつも10本出していた。また、学生時代、演劇部だったらしい。そのため、感情表現が過剰になる時がある。


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

町田 彦丸(脇知弘)…沙也加の妊婦友達・町田あかりの夫
┣町田あかりの夫。もんじゃ屋を営んでいる。司以上に仕事ができない。

ドラマME👀も
税理士を目指しており、その家庭教師と称する女性と一緒にいるところを沙也加に目撃され、あかりに浮気していると誤解された。それを解こうとテレビ局のイベントで行われるラップバトルのイベントに出場しあかりに思いを伝えようとしたが、緊張してしまい、上手くいかなかった。


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
関ジャニ∞・錦戸亮がお荷物社員に!? 幸せのために奮闘するお仕事ホームドラマ ! 
幸せをつかむために奮闘する夫婦の姿を描く、お仕事ホームドラマ。家庭では理想の“できる男”の姿を見せていたが、実は仕事ができず、会社を辞めたいとさえ思い悩んでいた夫・小林司を関ジャニ∞の錦戸亮が、また、そんな夫をサポートする妻・沙也加を松岡茉優が演じる。

そのほか、同局ゴールデン帯の連続ドラマへの出演は約5年ぶりとなる佐藤隆太、同局ドラマ初出演となる壇蜜、Hey! Say! JUMPの薮宏太のほか、江口のりこ、イモトアヤコらが共演。脚本はNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」を手掛けた渡辺千穂のオリジナル作品。


関連記事