FC2ブログ
2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

(お祭を楽しむための本)とんまつりJAPAN―日本全国とんまな祭りガイド/みうらじゅん(著)

kage

2017/09/29 (Fri)

季節の本棚:夏~秋本番!お祭を楽しむための本
祭り1

全国では1年に30万もの祭りが開催されています。

お盆関連の行事、花火大会、秋祭りなど夏から秋に向けて本番を迎えるお祭り。

楽しみ方は人それぞれですが、

日常とは違った特別な気分、すなわちハレを味わえるのがお祭りの良さ。

お祭りのことを理解し、さらに楽しむための本をご紹介いたします。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


 とんまつりJAPAN―日本全国とんまな祭りガイド/みうらじゅん(著)

とんまつりJAPAN―日本全国とんまな祭りガイド (集英社文庫)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp


関連記事
スポンサーサイト



(2017年メディアミックス作品)9月29日に映画公開される原作&コミック

kage

2017/09/29 (Fri)

とり

2017年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(9月28日全国公開)

9月29日(金)公開
・僕のワンダフル・ライフ
・ハイキュー!! コンセプトの戦い


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!







関連記事

2017年夏、ドラマ25『デッドストック~未知への挑戦~』

kage

2017/09/29 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★7月21日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 24:52~25:23

 ドラマ25「デッドストック~未知への挑戦~」

Arika注目1hテレ東の旧社屋から、恐怖のビデオテープが発見

主演・村上虹郎がホラーに挑戦!!

旧社屋に残されていたのは、大量の恐ろしいビデオテープだった…


【デッドストック-未知への挑戦-】(英題:DEAD STOCK)は、テレビ東京の新社屋移転を題材にした、新感覚オリジナル・ホラードラマ。

全ては社屋移転から始まった…実際の出来事をべースにしたリアルな設定

テレ東の新人AD常田大陸[つねたりく](村上虹郎)は2016年に社屋移転で発掘された大量の番組素材を整理する部署”未確認素材センター”に配属される。

そこにいたのは同僚ディレクター二階堂早織[にかいどうさおり]とプロデューサー佐山暁[さやまさとる]。

理想とはかけ離れたVTR整理の日々…。

そんな中、大陸は本来映ってはならない怪奇現象が記録されたテープを発見する。

廃棄テープの整理に嫌気がさしていた先輩ディレクターの早織は、テープに映っていた怪奇現象の続きを撮影し、勝手に番組にしようと思い立つ。

早織に圧されるがままに大陸も怪奇現象の取材に巻き込まれていく…。

そこで見たものは、世にも不思議で恐ろしい出来事の数々だった…。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
放送局:テレビ東京系列(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)
脚本:三宅隆太(『呪怨 白い老女』)加藤淳也(『クロユリ団地』)
監督:チーフ監督:権野 元、三宅隆太(脚本兼)、森達也
プロデューサー:五箇公貴 北村圭 向井達矢
チーフプロデューサー:大和健太郎
制作:テレビ東京/ラインバック
製作著作:『デッドストック~未知への挑戦~』製作委員会

【OP】AKLO×JAY ’ED『Different Man』
【END】UA 『Moor』

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
テレビ東京未確認素材センター
常田大陸(村上虹郎)…テレ東の新人AD
テレビ東京の新人AD。2016年の社屋移転により発掘された膨大な番組素材を整理する「未確認素材センター」に配属され、二階堂と佐山に振り回される。実直な性格。母と二人暮らし。怪奇現象の取材で、摩訶不思議な出来事に遭遇する。

二階堂早織(早見あかり)…駆け出しディレクター。
「未確認素材センター」所属の駆け出しディレクター。自分で企画した番組を作り、この部署から抜け出そうと必死になっている。血気盛んで負けん気が強い性格。

佐山暁 (田中哲司)…かつての敏腕ディレクター。現在は昼行燈
「未確認素材センター」所属のベテランディレクター。かつては敏腕だったらしいが、現在は未確認素材センターで適当にその日の仕事をこなしているように見える…。

(筒井真理子)
(中村優子)

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
ドキュメンタリータッチ!
村上虹郎主演の、テレ東新社屋移転をテーマにした異色のオリジナルホラー!! 

内容を一言でいうと「テレビ東京の引っ越しを舞台に、怪奇現象を解明するホラードラマ…。」

どうでしょう…面白そうですか?

2016年秋にテレビ東京が社屋を実際に移転したことから、「もし移転の際に発掘されたテープの中に、怪奇現象が映っていたら」というテーマで企画された、オリジナルホラードラマ。

主演を務めるのは、映画・舞台・ドラマと幅広く活躍中の若手実力派俳優・村上虹郎。脚本には、数々のホラー映画やドラマを手掛けた三宅隆太と加藤淳也が名を連ね、監督には三宅と、「ナイトヒーローNAOTO」(同系)、「連続ドラマW 楽園」(WOWOW)など話題作を送り出している権野元、更にはドキュメンタリー監督として有名な森達也が参加。東京12チャンネル時代の作業着や機材などが、衣装やセットとして使用される点も見どころの一つ。

ちなみに本ドラマのタイトルの「デッドストック」とは、売れ残り品や長期間倉庫に置かれていた商品のこと。つまりデッドストックとは、テレビ局に残された廃棄ビデオのこと。それを見つけて怪奇現象に遭遇するドキュメンタリータッチをイメージすると、怖くて面白そうです。

と、ホラー×新社屋移転から想像していたら、製作者のコメントでは企画は、X-FILE!?

「X-FILE」とは――、
1993年から2002年にかけてアメリカで製作されたSFテレビドラマ(海外ドラマ)。超常現象をテーマにしたストーリー展開や映画並みのロケが話題となり世界中でヒットしました。アメリカほどでないですが、日本でも10作中3作はテレビ朝日系で放送され根強い人気に!

実際に社屋移転で発掘された東京12チャンネル時代の作業着や機材なども衣装やセットとして使用してるようで、リアリティも出そうです。

ちなみに番組のサブタイトル”未知への挑戦”は田原総一朗さんもディレクターをつとめた開局当時の過激なドキュメンタリー番組のタイトルだそうです。テレ東への敬意が込められたドラマになりそうです。

『クロユリ団地』『劇場霊』などの脚本コンビ:三宅隆太 × 加藤淳也!!

『5人のジュンコ』『ナイトヒーローNAOTO』などの監督:権野 元!!

ドキュメンタリー映画『A』『A2』『FAKE』などの監督:森達也!!


と豪華スタッフでの制作が楽しみです。


関連記事

2017年夏、ドラマ24『下北沢ダイハード』

kage

2017/09/29 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★7月21日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜24:12~24:52

 ドラマ24『下北沢ダイハード』

Arika注目1hテレ東深夜が新たな挑戦!

人気劇作家11人×トップ映像クリエイターによる抱腹絶倒のコメディ


テレビ東京金曜深夜の「ドラマ24」の2017夏ドラマ。

下北沢というピンポイントな舞台は、テレ東ならでは。

下北沢は、三谷幸喜や宮藤官九郎をはじめとする人気劇作家を多数輩出した小劇場の聖地。

この街を舞台に、11人の劇作家が毎回設定や登場人物を変えるオムニバス形式のコメディー・ドラマを書き下ろし! というテレ東らしいチャレンジャー企画です。

舞台は下北沢!”人生最悪の一日”をテーマにしたパニック・コメディーが毎週放送されます。

ナビゲーターを務めるのは、下北沢に縁のある舞台人、古田新太と小池栄子。

うらぶれたスナックの常連客とお店のママに扮して毎回のドラマを案内します。


----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
演出:関和亮、スミス、山岸聖太
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)、えのもとぐりむ(ぐりむの法則)、喜安浩平(ブルドッキングヘッドロック)、西条みつとし(TAIYO MAGIC FILM)、柴幸男(ままごと)、根本宗子(月刊「根本宗子」)、細川徹(男子はだまってなさいよ!)、福原充則(ピチチ5)、松井周(サンプル)、丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)、三浦直之(ロロ)
チーフプロデュ―サー:浅野太(テレビ東京)
プロデュ―サ―:濱谷晃一(テレビ東京)、櫻井雄一(ソケット)
放送局:テレビ東京・テレビ北海道・テレビ愛知・テレビ大阪・テレビせとうち・TVQ九州放送 
※テレビ大阪のみ毎週月曜 深夜0時12分放送
制作:テレビ東京/ソケット
製作著作:「下北沢ダイハード」製作委員会

EDテーマ:雨のパレード「Shoes」(SPEEDSTAR RECORDS)

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
下北沢のうらぶれたスナック

ジョン幕練(古田新太)…下北沢のうらぶれたスナックの常連客
小池栄子扮するママが営む下北沢にあるうらぶれたスナックの常連客。下北沢の男女に起きた、人生最悪の事件をママに話す。名前は映画「ダイハード」の主人公・ジョン・マクレーンに由来。ジョンさんと呼ばれている。やたらと情報通な彼の秘密とは?

スナックのママ(小池栄子)…下北沢のうらぶれたスナックのママ
下北沢の路地裏でスナックを経営するママ。常連客のジョン幕練と夜な夜な話に花を咲かせる。

■各話キャスト
第1話『裸で誘拐された男』 
┣脚本:西条みつとし×監督:関和亮
┣ 出演:神保悟志/吉沢亮/村杉蝉之介/桜井ユキ/柳ゆり菜/高橋ひとみ

第2話『違法風俗店の男』 
┣脚本・監督:細川徹
┣出演:光石研/川栄李奈/秋山竜次(ロバート)/池田鉄洋

第3話『夫が女装する女』 
┣脚本:松井周×監督:スミス
┣出演:麻生久美子/ 野間口徹/ 植木夏十/ 西田尚美

第4話『夜逃げする女』 
┣脚本:喜安浩平×監督:関和亮
┣ 出演:緒川たまき/酒井若菜/志尊淳/山西惇

第5話『最高のSEXをする女』 
┣脚本:福原充則(ピチチ5)× 監督:スミス
┣出演:夏菜/和田聰宏/柄本時生

第6話『未来から来た男 』 
┣脚本:柴 幸男(ままごと)×監督:山岸聖太
┣出演:佐藤二朗/松本穂香/加藤 諒

第7話『手がビンになった男』
┣脚本:上田 誠(ヨーロッパ企画)×監督:戸塚寛人
┣出演:佐藤隆太/臼田あさ美/田中要次/三浦誠己/大澄賢也/六角慎司

■第8話『彼女が風俗嬢になった男』
┣脚本:根本宗子(月刊「根本宗子」)× 監督:山岸聖太
┣出演:青柳 翔/森川葵/馬場ふみか/小松利昌/田村健太郎/渡辺真起子

■第9話『幽体離脱した男』
┣脚本:三浦直之(ロロ)× 監督:スミス
┣出演:岸井 ゆきの/金子大地/岩松 了

■第10話『悪魔にとり憑かれた女』
┣脚本:丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)×監督:戸塚寛人
┣出演:夏 帆/高橋 努/山本浩司/岩尾 望(フットボールアワー)/森下 能幸/松尾 諭

■第10話『父親になりすます男』
┣脚本:えのもとぐりむ(ぐりむの法則)×監督:関 和亮
┣出演:古田新太/成海璃子/大東駿介/大倉孝二/高橋 努/松尾 諭/升 毅

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
人気劇作家11人×映像クリエーターによる“人生最悪の一日”を描くパニックコメディー! 
11人の劇作家が、東京・下北沢を舞台に、「人生最悪の一日」をテーマに書き下ろす1話完結型のパニックコメディー。毎回、設定も登場人物も変わるエピソードをナビゲートするのは、うらぶれたスナックの常連に扮する古田新太と、そのスナックのママ役の小池栄子。

このドラマは下北沢のうらぶれたスナックで、ママ(小池栄子)と常連客(古田新太)が、この街で起きた、さまざまな人生最悪の一日を語ることから始まります。

たとえば・・・

“下北沢の街角で
SMプレイの一環で全裸でスーツケースに入り、外に放置された政治家。
手違いで誘拐事件の身代金受け渡し現場に運ばれてしまう…。政治家生命終了のピンチ!一体どうする!?

下北沢の風俗店で
ある俳優がたまたま入った風俗店が違法営業の疑いで警察のガサ入れに!
しかも警察密着24時的な番組クルーも同行している…!?
俳優生命終了のピンチ!顏バレせずにこのピンチを乗り切れるのか!?

下北沢の喫茶店で
名門学校のママ友たちと喫茶店を訪れた主婦。
そこにはなんと女装した夫の姿が!夫婦間だけの秘密だったのに…。ママ友にバレたら息子の学校生活が心配だ!必死に隠そうとする主婦だが、さらなる不幸が主婦を襲う…!

下北沢のアンティークショップで
輝美と類は30代後半の女性で下北沢歴約20年。
彼女たちがひょんな事から婚約者を殺してしまう。逃げなければ!夢叶えられず、ずるずると過ごしてしまった下北沢を捨てる夜の話…そこには意外な結末が!”


あらすじをチラ見するだけでも、笑いがこみ上げてきそうです。(妄想のしすぎ?)

演劇の町である下北沢の小劇場シーンで活躍する気鋭の劇作家たちが、テレビドラマの枠にとらわれない独特の世界を創り上げる。それを映像化するのは、ミュージックビデオの監督など映像の世界で活躍する、関和亮、スミス、山岸聖太ら、いま注目のクリエーターたち。テレビドラマ界に新しい風を吹き込むスタッフ陣にも、期待が高まる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ『下北沢ダイハード』の見どころ
----------------------------------------------------------------------------------------
11人の脚本家によるダイハードな物語は、爆笑のるつぼ!

出演者はまだ発表されていないのですが、芸達者なクセのある役者さんが出てきそうですね。

総合演出を担当するのは、Perfumeや星野源など人気アーティストのMV、ドラマ「かもしれない女優たち」の演出や「カルテット」のエンディング映像などで知られる関和亮をはじめ、スミスや山岸聖太らミュージック・ビデオ業界で超人気のクリエイターたち!

毎回、脚本家だけでなく、ナビゲーターの2人以外のキャストや設定が変わる1話完結ものなので、見やすく、繰り返し見て比べてみても面白そう。

最近、とにかく笑える! というドラマが少ないので、金曜の夜は大爆笑したい。

最新情報がわかり次第、更新したいと思います。

■3人の演出者■
関和亮
┣星野源「SUN」ミュージック・ビデオ監督
┣Perfume関連作品多数
┣ドラマ「かもしれない女優たち」監督
┣ドラマ「カルテット」エンディング映像監督など

スミス
┣マキシマム ザ ホルモン「絶望ビリー」「爪爪爪」
┣でんぱ組.inc「でんぱーりーナイト」ミュージック・ビデオ監督など

山岸聖太
┣映画「傷だらけの悪魔」監督
┣KANA-BOON「ないものねだり」ミュージック・ビデオ監督など


----------------------------------------------------------------------------------------
【期間限定】
■ 特別編エピソード0:「記憶をなくした男」 (2017/7/22放送)
【案内人】 古田新太、小池栄子 ほか
----------------------------------------------------------------------------------------
ひどい二日酔いで目覚めたジョン(古田新太)の自宅の押し入れには、ナゼか縛られた美女が……! 

全く昨夜の出来事を思い出せずにいると、美女の携帯に非通知からの留守電が13件も入っていることに気づく。

恐る恐る再生してみると、ジョン自身が彼女を脅迫しているではないか……

「記憶をなくした男」の想像を絶する末路とは……!?





関連記事

2017年春夏、昼帯ドラマ『やすらぎの郷』

kage

2017/09/29 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月3日スタート 

テレビ朝日系 毎週月曜~金曜 12:30~12:50

 やすらぎの郷

Arika注目1h【シニア世代向けの帯ドラマ始動】

石坂浩二主演でテレビ朝日のお昼に新しいドラマ枠が登場!

倉本聡が同世代の大人たちに贈る、全く新しいカタチの帯ドラマが幕を開ける。

「北の国から」などで有名な倉本聰氏のオリジナル脚本の作品です。


ここはテレビに功績のあった人だけが入れるという無料の老人ホームです。

石坂浩二さん演じる菊村栄の視点で老人ホームで起こる出来事が描かれます。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:倉本聰
演出:藤田明二、阿部雄一、池添 博、唐木希浩
プロデューサー:五十嵐文郎、中込卓也、服部宣之、河角直樹

主題歌:慕情/中島みゆき

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏠やすらぎの郷La Strada
☑映画界やテレビ界を支えた俳優やミュージシャンだけが集うことのできる老人ホーム。

菊村栄(石坂浩二)
かつては、才能をもてはやされたシナリオライター。元女優の妻が認知症を患い、その介護に疲れ果てていた。そんな時に「やすらぎの郷La Strada」から入居の誘いを受け夫婦での移住を決意する。そんな矢先、妻が他界。一人で入居することになったが入居メンバーに次々に難題を持ち込まれることに。81歳。

菊村律子(風吹ジュン)
菊村栄の妻。かつての名女優。認知症を患ってからは栄が面倒を見ていた。一緒に「やすらぎの郷La Strada」に入居しようとしていた矢先に他界。亡くなってからも栄の心を翻弄し続けている。

白川冴子(浅丘ルリ子)
“お嬢”と呼ばれ人気を博していた女優。「やすらぎの郷」では以前、菊村が入居する部屋で暮らしていたが、幽霊が出ると言って他の部屋に移った。マヤとは犬猿の仲。78歳。

及川しのぶ(有馬稲子)
一世を風靡(ふうび)したシャンソンの女王。「やすらぎの郷」のメンバー。酒豪でテキーラを愛飲している。そのせいか、認知症のせいか、言動に支離滅裂なところがある。

水谷マヤ(加賀まりこ)
「やすらぎの郷」で暮らす元人気女優。きつい口調でズケズケとものを言うが、悪気はない。冴子とは顔を合わせるたびにけんかをしている。76歳。

井深凉子(野際陽子)
かつての人気女優。「やすらぎの郷」のメンバー。家族でスキーに連れ立つなど、かつて菊村家と深い親交があった。

九条摂子(八千草薫)
戦前からの大スター。90歳を超えているが、「やすらぎの郷」で暮らす今もその美しさは変わらない。“姫”というニックネームで愛されている永遠のマドンナ。92歳。

名倉みどり(草刈民代)
やすらぎの郷 La Strada』創設者の娘で施設の理事。父の作り上げた施設と入居者のプライバシーを守るために理事として尽力している。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本家・倉本聰が描く、大スターばかりの老人ホームを舞台にした人間ドラマ! 
シニア世代向けに新設された昼帯ドラマ枠の第1弾。「北の国から」シリーズ(フジテレビ系)などで知られる倉本聰が脚本を手掛けるオリジナル作品で、主演は石坂浩二が務める。

舞台となるのは俳優や作家、ミュージシャンなど、テレビ業界を支えた功績がある者だけが入れる老人ホーム。そこに入居した石坂扮するシナリオライターが、入居メンバーから家族や財産、過去や芸術への心残りといった難題を持ち掛けられ、全く安らぐことのできない日々に翻弄(ほんろう)される姿を軽妙に描く。

倉本からの現代のテレビ界に対する提言も散りばめていくほか、浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、野際陽子、八千草薫ら豪華女優陣の“競演”も見どころ。

Arika注目1h★テレビ朝日 昼帯ドラマ【やすらぎの郷】のみどころ
----------------------------------------------------------------------------------------
大人のための、新たな帯ドラマ枠が誕生!
ゴールデンタイムには若者向けのドラマが多い中、テレビ朝日では中高齢者向けに大人のための帯ドラマ枠を設けました。第一弾「やすらぎの郷」の脚本家は倉本聰。田中邦衛さん主演の「北の国から」などを手掛けた名脚本家で中高齢者向けの作品にはぴったりです。大人のためのシルバータイムドラマ枠がどのような作品となるのか注目です。

石坂浩二、元妻と31年ぶり共演!
「やすらぎの郷」はストーリーも楽しみなのですが、そのキャストも見逃せません。特に注目したいのが31年ぶりとなる元妻 浅丘ルリ子との共演です。同じ「やすらぎの郷La Strada」の入居者であり石坂浩二とのやり取りも注目されます。
また、同じく女優の水谷マヤを演じている加賀まりこは石坂浩二と同棲していたとも言われていてプライベートも想起させるような展開が注目されます。

1:テレビ朝日が中高齢の視聴者に向けて新たに企画したお昼の帯ドラマ枠の第1弾の作品となります。

2:ゴールデンタイムには若者向けのドラマが多い中、シルバー世代が楽しめるドラマ枠として新設されました。

3:『徹子の部屋』の後、ワイドスクランブルの開始時間が繰り下げられて放送されるというテレビ朝日としても威信を賭けた作品といえるのではないでしょうか。




関連記事