FC2ブログ
2017 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 01

2017年秋、日曜ドラマ『陸王』

kage

2017/12/24 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★10月15日スタート 

TBS系 毎週日曜 21:00~21:54

 陸王

Arika注目1h池井戸潤が描く企業再生物語
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:池井戸潤「陸王」(集英社)
脚本:八津弘幸
演出:福澤克雄/田中健太
プロデューサー:伊與田英徳/飯田和孝/川嶋龍太郎

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
宮沢紘一 (役所広司)
老舗足袋業者「こはぜ屋」の4代目社長。先細る需要と資金繰りに悩む中で、足袋製造技術を生かした“裸足感覚”のランニングシューズ開発を決意する。

宮沢大地(山崎賢人)
紘一の長男。就職活動に失敗し、大学卒業後も就職活動をしながら、「こはぜ屋」の家業を手伝う。やがて、ランニングシューズの要となるソール部分の製造を任されることになる。


茂木裕人(竹内涼真)
実業団「ダイワ食品」の社会人陸上競技部員。学生時代は箱根駅伝を走った有力選手だったが、フォームに問題があり、国際マラソンで膝を痛めてしまう。

飯山晴之(寺尾聰)
「飯山産業」の元社長。「こはぜ屋」が開発を目指すランニングシューズの要となる、繭を原料に作られた素材「シルクレイ」の特許を持つ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
役所広司主演で池井戸潤の最新作をドラマ化! 老舗足袋業者の企業再生ストーリー! 
池井戸潤の同名小説を原作に、老舗足袋業者が会社の存続を懸けて新規事業に挑む、企業再生ストーリー。足袋製造で培った技術を生かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ・陸王の開発に挑む「こはぜ屋」の4代目社長・宮沢紘一を役所広司が演じる。

原作者の池井戸は「役者の皆さんの演技と、駅伝シーンなど、ドラマならではの演出を楽しみにしています」と期待しており、制作陣も細部までこだわり抜いた準備を進めるなど気合十分。

山崎賢人、竹内涼真、寺尾聰らが共演するほか、演出は、池井戸の小説を原作にしたドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などを手掛けた福澤克雄が担当する。



関連記事
スポンサーサイト



2017年秋、連続ドラマW『石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~』

kage

2017/12/24 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★11月5日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 22:00~23:00

 連続ドラマW 石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~

Arika注目1h清武英利が’01年に発覚した「外務省機密費許取欺事故」を綴った衝撃作

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:清武英利「石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの」(講談社)
脚本:戸田山雅司
監督:若松節朗/村谷嘉則
プロデューサー:岡野真紀子/永井麗子

主題歌:Let it shine/moumoon

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
木崎睦人 (佐藤浩市)
警視庁捜査二課に所属する、無骨な刑事。国家の聖域とされる外務省の犯罪に切り込んでいくが、かつて内閣府に対する捜査情報が漏れてつぶされた経験があるため、上司すら信用しない。斎見とは、捜査四課時代に合同捜査を共にした経験がある。

斎見晃明(江口洋介)
警視庁捜査二課の情報係係長。外務省という巨大な敵を標的にしている木崎に気付き、ぶつかりながらも共に捜査を進めていく。上昇志向が強い。

真瀬和則(北村一輝)
外務省のノンキャリア。首脳陣の海外訪問や国際サミットなど、莫大な経費を取り仕切るやり手で、外務省機密費詐取事件のキーマン。

東田将之(萩原聖人)
キャリア刑事の捜査二課課長。二課の面々をフォローしながら、国家の聖域である外務省に挑むために奔走する。年上の部下からは「ぼっちゃん」と呼ばれ、慕われている。

矢倉かすみ(飯豊まりえ)
所轄署から捜査二課に抜てきされた駆け出しの巡査長。二課のベテラン刑事たちに囲まれながらも奮闘し、事件に肉迫していく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
佐藤浩市×江口洋介×「しんがり」スタッフで、清武英利のノンフィクションをドラマ化! 
2001年に発覚し政官界を揺るがした「外務省機密費詐取事件」の真相と、警視庁捜査二課に属する“石つぶて”たちの奮闘を描いた清武英利のノンフィクションを、「連続ドラマW しんがり~山一證券 最後の聖戦~」のスタッフが再集結し、ドラマ化する。

前代未聞の大事件を掘り起こし、組織にあらがいながらも捜査にまい進する捜査二課の刑事・木崎睦人を演じるのは、2011年の「陽はまた昇る」(テレビ朝日系)以来、6年ぶりの連ドラ主演となる佐藤浩市。木崎と相反しながらも、共に捜査を進めていく木崎の上司・斎見晃明に江口洋介が扮する。そのほか、北村一輝、萩原聖人、飯豊まりえら多彩なキャストが共演する。

関連記事

(12月の特集本)泥鰌庵閑話傑作選/滝田ゆう(著) なぎら健壱(編)

kage

2017/12/24 (Sun)

2017年12月の特集本:
酒と本

美味しいお酒とご飯と過ごす、幸せな夜。

いつか本で読んだ食事の描写を思い浮かべて、今夜は何を食べ、何を飲もうか?

そんな思いを巡らせる時間もいい。

酒好き、本好き…いいものを知ってる食いしん坊が多い。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

〔2〕おすすめ「酒呑み」名作

 泥鰌庵閑話傑作選/滝田ゆう(著) なぎら健壱(編)

泥鰌庵閑話傑作選 (ちくま文庫)/筑摩書房

¥価格不明
Amazon.co.jp


関連記事

2017年秋、金曜『プレミアムドラマ 男の操』

kage

2017/12/24 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★11月12日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週日曜 22:00~22:50

 プレミアムドラマ 男の操

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:業田良家「男の操」(小学館)
脚本:根本ノンジ/横幕智裕
演出:湯浅弘章/片桐健滋
制作統括:谷口卓敬/長坂淳子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
五木みさお(浜野謙太)
35歳の売れない演歌歌手。妻・純子を亡くしてから、男手一つで娘のあわれを育てている。持ち歌「男の操」で紅白歌合戦に出場をすることが夢。

五木純子(倉科カナ)
みさおの亡き妻。無名の歌手だったみさおと出会い結婚するが、病気によりこの世を去る。「いつか必ず紅白に出る」という、純子との生前の約束が、みさおの心の支えとなっている。

万田春子(川栄李奈)
みさお親子の住むアパートの隣人。引っ越してきた当初は訳ありの雰囲気だったが、みさおの部屋から聞こえてくる歌声に、笑顔を取り戻していく。徐々に、みさおと心を通わせるようになる。

深情マリ(安達祐実)
みさおの所属する「深情プロダクション」の鬼社長。みさおが歌手として芽が出ないことにいら立ち、いつもきつい言葉をぶつけてくる。実は、隠された過去がある。

面道保(佐藤隆太)
「深情プロダクション」に所属する、みさおの先輩歌手。みさおと同じく、演歌歌手としての成功にはまだ程遠い。明るくて調子のいい性格。

五木あわれ(粟野咲莉)
みさおの8歳になる一人娘。子どもながらに「男の操」をヒットさせるべく、みさおと2人で営業活動に全力で取り組む。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
浜野謙太演じる売れない演歌歌手が紅白目指して奮闘。劇中歌はつんく♂作曲! 
映画化もされた「自虐の詩」などで知られる業田良家の同名コミックを連続ドラマ化。売れない演歌歌手が、男手一つで娘を養い、亡き妻に約束した「紅白歌合戦出場」という夢に向かって奮闘する日々を、周囲の人々との触れ合いとともに描く。

主人公の五木みさおを演じるのは、ミュージシャンで俳優の浜野謙太。みさおの亡き妻・純子に倉科カナ、みさおの8歳の娘・あわれに粟野咲莉が扮するほか、川栄李奈、安達祐実、佐藤隆太らが共演する。みさおが劇中で歌う持ち歌「男の操」の作曲を、つんく♂が手掛けることも注目。


関連記事