FC2ブログ
2017 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 02

2018冬・期待の新作アニメ紹介します。:1月16日放送「斉木楠雄のΨ難(第2期)」

kage

2018/01/16 (Tue)

2018年冬(1月~3月)放送予定の新作アニメ情報をお届け!
アニメてれび2018冬

2018年1月16日(火)
┣・斉木楠雄のΨ難(第2期)
関連記事
スポンサーサイト



※火曜・冬アニメ「斉木楠雄のΨ難(第2期)」

kage

2018/01/16 (Tue)

ジャンル:コメディ
 斉木楠雄のΨ難(第2期)

斉木楠雄のΨ難 1 [Blu-ray]/ポニーキャニオン

¥10,152
Amazon.co.jp

最速放送日:2018年1月16日(火)25:35~(テレビ東京)

■キャスト
斉木楠雄:神谷浩史
燃堂力:小野大輔
海藤瞬:島﨑信長
灰呂杵志:日野聡
鳥束零太:花江夏樹
照橋心美:茅野愛衣
夢原知予:田村ゆかり
目良千里:内田真礼
窪谷須亜蓮:細谷佳正
照橋信(六神通):前野智昭
蝶野雨緑:森久保祥太郎
才虎芽斗吏:松風雅也
アンプ:松岡禎丞
斉木空助:野島健児
斉木國春:岩田光央
斉木久留美:愛河里花子
斉木熊五郎:山寺宏一
斉木久美:田中理恵
明智透真:梶裕貴
相ト命:喜多村英梨
梨歩田依舞:M・A・O

■スタッフ・制作会社
監督:桜井弘明、キャラクターデザイン:音地正行、音楽:斉木ックラバー

■ 主題歌
【OP】斉木ックラバー feat. 斉木楠雄(CV.神谷浩史)燃堂力(CV.小野大輔)海藤瞬(CV.島﨑信長)「Ψレントプリズナー」

公式サイト:http://www.saikikusuo.com/

■作品解説
麻生周一さんが「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中のギャグマンガを原作としたアニメ作品第2期。2016年にはアニメ第1期が放送され、2017年には実写化するなど高い支持を集める。強力な超能力を持ちながらも、他人にはその力を隠しながらひっそりと暮らす男子高校生・斉木楠雄と、彼のまわりに集う個性的なキャラクターが繰り広げる抱腹絶倒の日常を描く。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3やれやれ…アニメ第2期も騒がしそうだな…
TVアニメ 「斉木楠雄のΨ難」第2期が1月16日(火)より放送開始となるが、その第1χで、アニメ「銀魂」とコラボすることが決定した。「斉木楠雄のΨ難」は、麻生周一さんが週刊少年ジャンプで連載中の関連書籍累計600万部突破の人気ギャグマンガを原作としたアニメ作品。超能力者であることを隠しながら暮らす男子高校生と個性的なキャラクターが繰り広げる抱腹絶倒の日常を描く。TVアニメ第1期、実写映画化に続き、待望のテレビアニメ第2期が、いよいよ放送開始となる。今回、2018年1月16日(火)よりスタートする第2期の第1xにて、アニメ「銀魂」とのコラボが決定、コラボビジュアルが解禁となった。主人公の斉木楠雄と坂田銀時、それぞれが大好きなスイーツを手にしているイラストとなっており、第1xのどのようなシーンで登場するのか、放送が楽しみになるビジュアルに仕上がっている。なお、コラボが決定したアニメ「銀魂」はテレビ東京系列で現在好評放送中。また、2017年12月16日(土)、17日(日)に幕張メッセにて開催される「ジャンプフェスタ」に、「斉木楠雄のΨ難」のブースが登場することも決定。ブース内にあるフォトスポットで写真を撮るとノベルティがプレゼントされる。さらに、こちらでも「銀魂」とのコラボノベルティが入手できるとのことなので、ぜひ公式サイトをチェックしていただきたい。





関連記事

(2018年メディアミックス作品)1月≪火曜≫スタート!冬ドラマ化される原作&コミック

kage

2018/01/16 (Tue)

2018年冬ドラマ(1月~3月)
いぬ1

2018年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■1月≪火曜日≫スタート!冬ドラマ化される原作&コミック

【1月16日(火)放送スタート!】
┣・きみが心に棲みついた
┣・ 賭ケグルイ

ドラマを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!





関連記事

(1月の特集本)ハラスのいた日々/中野孝次(著)

kage

2018/01/16 (Tue)

2018年1月の特集本:動物の文庫①
犬の文庫

犬本に描かれる世界観は、世知辛い世の中とは無縁の”強い絆”で触れている。

恰好良くて頼りがいがあって、でもちょっとドジだけど、愛情表現が半端でない。

ここにあるのは、人間同士では得られない多幸感や、人間関係のなかで少なくなってしまった無償の愛そのものです。

人に対する”絶対的で圧倒的な信頼関係”である。

だから犬は相棒であり、パートナーであり、親友であり、兄弟である。

どうして犬たちは、こうも人を愛してくれるのだろう。

ぎゅっと抱きしめてくれるような深くて、深くて、大きな愛に満ちあふれた文庫を紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 ハラスのいた日々/中野孝次(著)

ハラスのいた日々 (文春文庫)/文藝春秋

¥価格不明
Amazon.co.jp

第七回新田次郎文学賞を受賞した、中野孝次のあの名作「ハラスのいた日々」!

子のない夫婦の元に一匹の子犬がやってきたあの日から、永遠の別れを迎えるまでの、家族として暮らした13年間の愛しい日々を綴った感動作を、俳優・武田国久が絶妙な朗読でおおくりする。



関連記事