FC2ブログ
2018 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 04

(天才軍師・黒田官兵衛⑥)NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』完全読本(NIKKO MOOK) /産経新聞出版

kage

2018/03/02 (Fri)

知性を武器に活躍した軍師たち

2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の影響で、

当時、書店にも軍師ブームが到来!

戦国乱世に活躍した天才軍師から、近代日本の偉大なる参謀まで。

彼らの優れた頭脳と魅力的な人物像に迫ります。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

秀吉に天下を取らせた不敗の男
天才軍師・黒田官兵衛


 NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』完全読本(NIKKO MOOK)
 /産経新聞出版


NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」完全読本 (NIKKO MOOK)

〈表紙〉岡田准一(黒田官兵衛)

●綴じ込み付録
・戦国武将と黒田官兵衛の登場人物相関図
・黒田官兵衛年表

●NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」ゆかりの地を訪ねて
松平定知(元NHKアナウンサー)
―播磨周辺に息づく官兵衛の光と影─

●大河ドラマ「軍師官兵衛」見どころ&ハイライト

●出演者インタビュー
岡田准一(黒田官兵衛)、中谷美紀(光)、竜雷太(黒田重隆)、柴田恭兵(黒田職隆)、若山耀人(子ども時代の黒田官兵衛・長政)、塩見三省(母里小兵衛)、永井大(母里武兵衛)、速水もこみち(母里太兵衛)、濱田岳(栗山善助)、塚本高史(後藤又兵衛)、高橋一生(井上九郎右衛門)、南沢奈央(おたつ)、吉本実憂(栄姫)、片岡鶴太郎(小寺政職)、高岡早紀(お紺)、金子ノブアキ(櫛橋左京進)、酒井若菜(力)、田中哲司(荒木村重)、桐谷美玲(だし)、江口洋介(織田信長)、内田有紀(お濃)、竹中直人(豊臣秀吉)、黒木瞳(おね)、谷原章介(竹中半兵衛)、ピエール瀧(蜂須賀小六)、田中圭(石田三成)、春風亭小朝(明智光秀)、近藤芳正(柴田勝家)、勝野洋(丹羽長秀)、川野太郎(滝川一益)、吹越満(足利義昭)、眞島秀和(顕如)、山路和弘(安国寺恵瓊)、鶴見辰吾(小早川隆景)、陣内孝則(宇喜多直家)

●「軍師官兵衛」を知る10のキーワード
1.軍師・官兵衛の源流
2.信長を選んだ官兵衛の慧眼
3.播磨攻略の光と影
4.地下牢での幽閉生活
5.軍師・官兵衛の真骨頂
6.秀吉の天下取りをバックアップ
7.秀吉が恐れた官兵衛の才能
8.秀吉政権との確執
9.黒田家それぞれの関ヶ原
10.隠居暮らしの官兵衛

●大河ドラマのストーリーダイジェスト
・歴史がよくわかる用語解説付き

●脚本家が語る「軍師官兵衛」/前川洋一
●チーフ演出が語る「軍師官兵衛」/田中健二
●チーフ・プロデューサーが語る「軍師官兵衛」/中村高志

●官兵衛関連資料
●もっと知りたい「軍師官兵衛」
・官兵衛の軍略
・黒田二十四騎
●歴史に名を残す軍師たち

●官兵衛ゆかりの地を訪ねよう(地図付き)
姫路市、播磨・摂津、備中高松城、山崎の戦い
●官兵衛ゆかりの地を訪ねて見つけた「播磨の味覚」


関連記事
スポンサーサイト



※金曜・冬アニメ「B: The Beginning」

kage

2018/03/02 (Fri)

ジャンル:アクション
B: The Beginning 

最速放送日:2018年3月2日(金)~(Netflix)

■キャスト
平田広明、梶裕貴、瀬戸麻沙美、東地宏樹、稲葉実、小清水亜美、豊永利行、田中進太郎、後藤敦、森川智之、石川界人

■スタッフ・制作会社
原作:中澤一登/プロダクション I.G、監督:中澤一登/山川吉樹、プロデューサー:黒木類、シリーズ構成・脚本:石田勝也、キャラクターデザイン・総作画監督:中澤一登、美術デザイン:伊井蔵、メカニックデザイン:常木志伸、プロップデザイン:津坂美織、冨田収子、色彩設計:境成美、美術監督:田中孝典、3DCGディレクター:磯部兼士、撮影監督:荒井栄児、音響監督:長崎行男、音楽:池頼広、編集:植松淳一 、制作会社:プロダクションI.G

■ 主題歌
マーティ・フリードマン feat. Jean-Ken Johnny, KenKen「The Perfect World」

公式サイト:https://www.production-ig.co.jp/works/b-the-beginning

■作品解説
王立警察特殊犯罪捜査課へと戻って来た天才捜査官キース・フリックは、ある事件の犯人を追っていた。凶悪犯罪者ばかりを狙う連続殺人鬼、通称『Killer B』。犯行現場に必ず刻み込まれた『B』の文字は人々の注目を集め憶測を呼んだ。『B』それは彼女のためのメッセージ。『ぼくはここにいる……』その身を異形に変え、黒羽は届かぬ思いを刻み続ける。キースと黒羽、互いに見知らぬ二人の運命は、やがて一つの陰謀へと飲み込まれていく――。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3中澤一登監督とProduction I.Gが夢のタッグを組んだNetflixオリジナルアニメ。
群島国家クレモナを舞台に、連続殺人犯を追う捜査官が連鎖する事件を読み解くクライムサスペンス

連続殺人犯「Killer B」を追う天才捜査官たちを中心に繰り広げられるノンストップクライムアクション。全12話で構成される同作は、映画『キル・ビル』のアニメーションパートで監督を務めた中澤一登と、「リトルバスターズ!」「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の山川吉樹が共同で本作の監督を務め、「攻殻機動隊」「PSYCHO-PASS サイコパス」のProduction I.Gがアニメーション制作を担当する。群島国家「クレモナ」を舞台に、連続殺人犯Killer Bを追う王立警察の捜査官キース・風間・フリックや、謎の少年・黒羽、ヒロインの星名リリィをはじめとした多彩なキャラクターが登場し、Killer Bの引き起こす事件と連鎖する犯罪を読み解いていく。中澤は監督と共に、原作、キャラクターデザイン、総作画監督も務める。

王立警察特殊犯罪捜査課に戻って来たフリックの声を平田広明、黒羽の声を梶裕貴、星名リリィの声を瀬戸麻沙美が担当。共演者には東地宏樹、稲葉実、小清水亜美、豊永利行、田中進太郎、後藤敦、森川智之、石川界人らが名を連ねる。

主題歌には、マーティ・フリードマン feat. Jean-Ken Johnny, KenKenによる新曲“The Perfect World”を起用。ボーカルと作詞はJean-Ken Johnny(MAN WITH A MISSION)、作曲、編曲、ギターはマーティ・フリードマン、ベースはKenKen(RIZE)が担当したほか、プロデュース、編曲、プログラミングは藤本コウジが務めた。あわせて公開されたティザー予告では同曲を試聴することができる。


関連記事

2018年冬、BS時代劇「大岡越前4」

kage

2018/03/02 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★1月12日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週金曜 20:00~20:43

 BS時代劇 大岡越前4

Arika注目1h東山紀之版の第4シリーズ始動。

”義”をもって罪を罰し、情を持って人を裁く。

東山紀之主演で2013年にスタートしたシリーズも4期目に突入。

今シリーズは大岡忠相の名裁きに加え、大岡ファミリーのぬくもりあふれる家族愛にスポットを当て、冷静沈着な忠相の意外な魅力も描く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:尾西兼一
脚本:いずみ玲/池田政之/大西信行
演出:矢田清巳/黛りんたろう/森本浩史
制作統括:白石統一郎/銭谷雅義/土屋勝裕

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
大岡忠相:東山紀之
江戸南町奉行。人情と理性を兼ね備えた名裁きと親しみ深い人柄で、町人から愛されている。将軍・吉宗からの信頼も厚い。

結城新三郎:寺脇康文
養生所で榊原伊織の後任を務めることになった蘭方医。忠相と深い友情で結ばれる。

雪絵:ミムラ
忠相の妻。内助の功で、誰よりも夫を思い支えている。

三次 :近藤芳正
居酒屋「たぬき」の店主で、忠相の密偵。かつては盗賊だったが、足を洗った。

妙:松原智恵子
忠相の母。どんな時も息子の味方となり温かく見守る。

徳川吉宗:平岳大
江戸幕府の八代将軍。忠相らに支えられ、享保の改革を進める。おしのびで市中に現れることも。

大岡忠高:津川雅彦
忠相の父。謹厳実直な忠相とは正反対の破天荒な性格。

吉本作左ヱ門:寺田農
雪絵の父。よく忠高と口げんかするが、実は気が合う2人。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
家族愛にもスポットを当てる、東山紀之版「大岡越前」の第4弾! 
2013年からスタートした、国民的時代劇のヒーロー・大岡越前守忠相を東山紀之が演じるシリーズの第4弾。南町奉行所に持ち込まれるさまざまな事件や難題に対し、忠相が江戸の庶民の暮らしを守るために悪党を裁いていく姿を描く。

前作までの、人情と理性を兼ね備えた忠相の名裁きに加えて、本シリーズではそれを陰で支える大岡ファミリーのぬくもりあふれる家族愛にもスポットを当て、そこから浮かび上がる、普段は冷静沈着な忠相の人間的な魅力も見どころとなる。今作より共演者に寺脇康文が新加入するほか、ミムラ、近藤芳正、松原智恵子、平岳大、津川雅彦らおなじみのメンバーが顔をそろえる。

関連記事

(3月の特集本)ぼくのともだち〜Maru in Michigan〜/ジョンソン 祥子(著)

kage

2018/03/02 (Fri)

2018年3月の特集本:動物の写真集①
犬の写真集

犬本に描かれる世界観は、世知辛い世の中とは無縁の”強い絆”で触れている。

恰好良くて頼りがいがあって、でもちょっとドジだけど、愛情表現が半端でない。

今も昔も犬は人間にとって家族であり大切なパートナー。

春、弥生は可愛い犬をテーマにしたゆる~い表情に心潤す写真集に注目してみました。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 ぼくのともだち〜Maru in Michigan〜/ジョンソン 祥子(著)

ぼくのともだち 〜Maru in Michigan〜






関連記事