FC2ブログ
2018 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 04

(天才軍師・黒田官兵衛⑬)時空旅人 Vol.17 「黒田官兵衛と軍師たち」 2014年 01月号/三栄書房・男の隠れ家特別編集・時空旅人

kage

2018/03/09 (Fri)

知性を武器に活躍した軍師たち

2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の影響で、

当時、書店にも軍師ブームが到来!

戦国乱世に活躍した天才軍師から、近代日本の偉大なる参謀まで。

彼らの優れた頭脳と魅力的な人物像に迫ります。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

秀吉に天下を取らせた不敗の男
天才軍師・黒田官兵衛


 時空旅人 Vol.17 「黒田官兵衛と軍師たち」 2014年 01月号
 /三栄書房・男の隠れ家特別編集・時空旅人


時空旅人 Vol.17 「黒田官兵衛と軍師たち」 2014年 01月号 [雑誌]

■ 四季うらら わたしの歳時記
■ NHK 大河ドラマ
「軍師官兵衛」軍師官兵衛、誕生のドラマ
■ 戦いの影に策士あり 黒田官兵衛と軍師たち
■ 黒田官兵衛年表

■ 第一章 播磨時代
・放浪の末、播磨の国に身を落ち着けた 謎多き黒田氏のルーツ
・小寺家の家老として戦国乱世に登場す 播磨の地に現れた天才軍師
・主家存亡をかけて織田家への臣従を選択 秀吉との運命の出会いを生む
・〝二兵衛〟と呼ばれた竹中半兵衛と出会う 播磨統一の戦いに奔走
天下統一への戦い
・秀吉の容赦なき城攻めが発揮される 干殺しにされた播州三木城
・因幡でも展開された地獄の籠城戦 渇殺しにされた鳥取城
・官兵衛、奇想天外な水攻めを進言す 孤立無援となった備中高松城
・秀吉に幸運をもたらす奇跡の反転攻勢 中国大返しと山崎の合戦
・官兵衛と元親の智略が真っ向から衝突 秀吉軍の四国討伐の戦い
・九州を制圧した強敵島津を大軍で下す 西日本制覇成る!
●【現地ルポ】
天下へと続いた道で黒田官兵衛の足跡を追う 備中、播磨、山城 決戦の地へ

■ 第二章
幻に終わった天下取り
・九州平定とともに下された少なすぎる恩賞 豊前12万石の大名となる
・関東の雄・北条氏を天下の兵で攻略 遂に秀吉が天下統一
・豊臣政権の奉行たちとの対立を生んだ 秀吉の暴挙、朝鮮出兵
・ともに天下を目指して奔走した秀吉の死 大乱の予感が世を覆う
・ついに巡って来た天下を窺う千載一遇の好機 稀代の軍師、九州に勇躍す
筑前時代
・福岡の地にて 刀を収め隠居生活
・わが子、長政へ受け継ぐ 戦国の魂
・その名言、水のごとし 軍師の遺訓
●【現地ルポ】豊前中津を拝領した黒田官兵衛、天下分け目の戦いへ 中津と石垣原合戦の地へ

■ 第三章
官兵衛から如水へ
・幼少期から青年期まで その生い立ちにみる知略と軍略の源泉
・天下人との微妙な距離感 秀吉に恐れられた、類まれなる知勇と器量
・名将いるところ名城あり 築城にも遺憾なく発揮された
・軍略家・官兵衛の頭脳 官兵衛、改宗の真相に迫る
・なぜキリシタンになったのか?
・数多の戦をへて…… 晩年に達した境地、文化人としての如水
・幕末まで12代続いた 黒田親子が遺した福岡藩のその後

■ 第四章
戦国の名軍師たち
・三国志にみる軍師たちの原点
・時代を影で支えた戦国時代を駆けた軍師たち
山本勘助 真田幸村 豊臣秀長 竹中半兵衛 直江兼続 小早川隆景 安国寺恵瓊 真田幸隆・昌幸 片倉小十郎 島 左近 本多正信 太原雪斎 天海

■ 第五章
時代を動かした人物の軌跡
●【現地ルポ】軍師を育成した中世の最高学府
・足利学校の訓え
・幕末から太平洋戦争まで時代を動かした人物の軌跡
坂本龍馬 大久保利通 保科正之 秋山真之 山鹿素行 石原莞爾 土方歳三 井上成美 小栗忠順 服部卓四郎 児玉源太郎 辻 政信

関連記事
スポンサーサイト



(3月の特集本)ハリネズミのダーシー ―Darcy the Flying Hedgehog/塚本翔太(著)

kage

2018/03/09 (Fri)

2018年3月の特集本:動物の写真集②
動物写真集・トラ1

春ですね。芽吹く春のテーマは、かわいい動物写真集。

人気の定番からワイルドシリーズまで、さまざまな顔をご紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

elax!
ゆる~い表情が可愛いすぎる!

 ハリネズミのダーシー ―Darcy the Flying Hedgehog/塚本翔太(著)

ハリネズミのダーシー ―Darcy the Flying Hedgehog

関連記事

2018年冬、金曜8時のドラマ「特命刑事 カクホの女~神奈川県警・特命捜査~」

kage

2018/03/09 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★1月19日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 20:00~20:54

 金曜8時のドラマ「特命刑事 カクホの女~神奈川県警・特命捜査~

Arika注目1h名取裕子・麻生祐未のマルホの女再タッグ!

正反対の女性刑事コンビが難事件を解決する!


主演は名取裕子、麻生祐未!

2014年の「マルホの女~保険犯罪調査員~」の2人が舞台を警察に移して再タッグを組みます。

脚本はあの「アンフェア」シリーズの秦建日子(はた たけひこ)氏!

エリート警官・北条百合子(名取裕子)×と叩き上げの刑事・三浦亜矢(麻生祐未)の凸凹コンビが真犯人をどうカクホ(確保)していくの注目!

伊東四朗、高橋克典、吉沢悠、今野浩喜ら豪華共演陣とともに送るサスペンスエンターテインメントです!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:秦建日子
監督:鈴木浩介
主題歌:林部智史「運命の人」
チーフプロデュ―サー:山鹿達也(テレビ東京)
制作:テレビ東京、ファインエンターテインメント

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
神奈川県警刑事部捜査一課
┣百合子が赴任してきた、亜矢も所属する課。凶悪な事件を第一線で捜査する。

北条百合子(59):名取裕子……人事畑の長かったエリート警察官で、階級は警部。
人事畑の長かったエリート警察官で、階級は警部。警視庁入庁以来数十年、人事を中心とする事務方の業務を担当していたが、定年を目前にして、神奈川県警刑事部捜査一課強行犯係への配属を命じられた。内勤のエキスパートで事務処理能力は非常に高く、警察内部の情報に精通している。東京都出身。

三浦亜矢(53):麻生祐未……現場でずっと事件と戦ってきた叩き上げの刑事。
神奈川県警刑事部捜査一課強行犯係の班長。ノンキャリアのたたき上げ刑事で、男性だらけの警察社会の中でも負けない鼻っ柱の強さを持つ。あまり笑うことのない、クールビューティー。過去の多くの経験から、相手がうそをついているかを見分ける特別な“勘”を備えている。川崎市川崎区出身。

黒田作之助:渡辺いっけい
神奈川県警刑事部長。北条百合子と三浦亜矢の上司。

村山修二:吉沢悠
刑事。神奈川県警察刑事部捜査一課・強行犯係。

緑川大和:小関裕太
神奈川県警察刑事部捜査一課・強行犯係所属の新米刑事。三浦亜矢(麻生祐未)の部下。

淵山蓮:今野浩喜
神奈川県警察 刑事部・鑑識課。

滝沢真央:鹿沼憂妃
神奈川県警察 刑事部捜査一課・事務職。

飯田竜司:佐藤アツヒロ
第1話のカギを握る神奈川県警の刑事。妻が殺害されて第1発見者になる。

飯田結衣:大村彩子
飯田(佐藤アツヒロ)の妻。

半野英明:池内万作
飯田(佐藤アツヒロ)の相棒刑事。

半野響子:松菜乃子
半野英明(池内万作)の妻。

谷岡智彦:菅裕輔
所轄から移動してきた刑事

刈谷孝雄:伊東四朗
百合子の亡き恋人・晋作の父だが、百合子は「お義父さん」と呼ぶ。

如月光太郎:高橋克典
謎の人物。公私にわたって百合子をサポートする愛称「コウちゃん」。

刈谷晋作:鶴見辰吾

谷岡智彦(2話から登場):

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
名取裕子と麻生祐未の凸凹コンビが真犯人を“カクホ”!! 
2014年放送の「マルホの女~保険犯罪調査員~」(同系)でタッグを組んだ名取裕子と麻生祐未のコンビが、舞台を警察に移し、コメディーとハードな要素を交えた、サスペンスエンターテインメントに帰ってくる。名取演じる、警視庁の人事畑にいたエリート警察官・北条百合子と、麻生演じる、神奈川県警のたたき上げの刑事・三浦亜矢。価値観も得意分野も真逆の凸凹コンビが、真犯人をカクホ(確保)していくさまを、前作同様の2人のぶつかり合いに加え、お互いの大きな秘密を暴いていくというスリリングな縦軸をからめて描く。前作に引き続き、脚本を秦建日子、監督を鈴木浩介が務める。

見どころのひとつは、「アンフェア」の秦建日子・脚本です。

■メインで書いた主な脚本ドラマは…
┣•『天体観測』(2002年7-9月・フジテレビ)
┣•『最後の弁護人』(2003年1-3月・日本テレビ)
┣•『ドラゴン桜』(2005年7-9月・TBS)
┣•『そして、誰もいなくなった』(2016年7-9月・日本テレビ)

┣小説家としてドラマ・映画化された『アンフェア』原作も書きました。

連続ドラマ脚本は「そして、誰もいなくなった」以来1年3か月ぶりとなりますが、「そして、誰もいなくなった」は筆者もリアルタイムで見ましたが、藤原竜也さんの演技はもちろん、謎の仕掛けが上手くさすがに引き込まれました。次の展開が気になる構成でハラハラドキドキで面白かったです。名取裕子×麻生祐未コンビはもちろん、秦建日子・最新作としても見どころです。


関連記事