FC2ブログ
2018 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 04

(戦国の名参謀⑤)文藝春秋 SPECIAL 2013年 12月号/文藝春秋:季刊版

kage

2018/03/16 (Fri)

知性を武器に活躍した軍師たち

2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の影響で、

当時、書店にも軍師ブームが到来!

戦国乱世に活躍した天才軍師から、近代日本の偉大なる参謀まで。

彼らの優れた頭脳と魅力的な人物像に迫ります。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

智をもって乱世を生き抜く
戦国の名参謀

 文藝春秋 SPECIAL 2013年12月号/文藝春秋:季刊版

文藝春秋 SPECIAL (スペシャル) 2013年 12月号 [雑誌]

最高の執筆陣が日本人の心の琴線に触れる

日本の軍師100人-日本人には「知恵」がある!

【スペシャル対談】
軍師の条件
半藤一利×保阪正康
保阪「秋山真之以来、名参謀は変人、奇人でなくてはならない、という風潮も生まれましたね」
半藤「本当は、最もよき参謀は、常識が豊かな人でなきゃいかんのですよ」

【2014年NHK大河ドラマの「顔」】
今、なぜ「軍師官兵衛」なのか:中村高志

【特別企画】
「現代の軍師」16人の素顔
菅義偉、後藤田正晴、下村治、白州次郎、藤沢武夫、牧野茂ほか

【スペシャルインタビュー】
鈴木敏夫、三谷幸喜


関連記事
スポンサーサイト



(3月の特集本)ホネホネどうぶつえん/文:松田素子  写真:大西成明 監修・解説:西澤真樹子

kage

2018/03/16 (Fri)

2018年3月の特集本:動物の写真集②
動物写真集・トラ1

春ですね。芽吹く春のテーマは、かわいい動物写真集。

人気の定番からワイルドシリーズまで、さまざまな顔をご紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

augh!&Wild!
笑とキリリの両表情を味わう!

 ホネホネどうぶつえん
 /文:松田素子  写真:大西成明 監修・解説:西澤真樹子


ホネホネどうぶつえん





関連記事

2018年冬、金曜ナイトドラマ『ホリデイラブ』

kage

2018/03/16 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★1月26日スタート 

テレビ朝日系 毎週金曜 23:15~24:15

 ホリデイラブ

Arika注目1h仲里依紗&塚本高史、初共演で夫婦役。

仲里依紗が不倫される”サレ妻”役であなそれ怪演再び!


主演は仲里依紗で、テレビ朝日初主演!

TBSのドラマ『あなたのことはそれほど』(あなそれ)で浮気される妻の怪演が再び!?

王道の不倫ドラマでは異例! 浮気された正妻の視点から描く異色の“夫婦再構築の物語”です。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作: こやまゆかり 漫画: 草壁エリザ 『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』 (講談社コミックス、DeNA「マンガ ボックス」連載)
脚本:渡辺千穂
ゼネラルプロデューサー:大川武宏(テレビ朝日)
プロデューサー:飯田爽(テレビ朝日) 木曽貴美子(MMJ)
演出:松田礼人(ドリマックス・テレビジョン ) 山本大輔(アズバーズ)

テレビ朝日サイト:金曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏠高森家
高森杏寿(30):仲里依紗…純平の妻:自宅でネイルサロンを開業。
主人公。夫と5歳の子どもの3人で暮らす、ごく普通の幸せな家庭の主婦。タフでバイタリティーもあり、真っすぐで明るい性格。出産後、ちょっと無理して建てた家のローンや家計の足しになれば…と、ネイルアートを勉強し、ネイルサロンに勤務。数年後に自宅開業して軌道に乗せるなど、タフでバイタリティーのある女性。夫とは微笑ましい出逢いから恋愛関係になり、夫婦となった。その関係性はいつの間にか、「男女」より「家族」といった感じになってしまっているが、それも悪くないと思っている。夫に“女”として見られていないことだけが少々不満ではあるが、自分たちは不倫や離婚から最も縁遠い、平和で幸せな夫婦であり、「自分たちだけは大丈夫」と思っていた。ところが、夫が一度限りの過ちを犯してしまったことから、苦悩の夫婦生活が始まり…。

高森純平(31):塚本高史…杏寿の夫:現在単身赴任中。誠実だが誘惑に弱め。
杏寿の夫。大手ゼネコンに勤務。現在は妻子を東京に残し、名古屋の建築事務所に単身赴任中。体育会系でアツい男。明るくてやや単純なところもあるが、現場の荒くれ者をまとめあげる熱血さと誠実さを兼ね備えている。誰からも信頼され、同性からも好かれるまっすぐな男。本来なら分別もあるタイプだが、心の隙間に巧妙に入って来た里奈の誘惑に負けてしまう。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

🏠井筒家
井筒渡(34):中村倫也…里奈の夫:エリートだが、里奈に高圧的で束縛が強い!
里奈の夫。男尊女卑の志向の持ち主であるうえに、独占欲が強く、妻を所有物とみなす。浮気をした里奈を、ことあるごとに責めたてる非情な男。東京・港区の一等地にある実家に生まれ、中高一貫の御三家から一流私立大学に進学し、現在は外資系会計事務所でコンサルタントとして働いている。何事も把握していないと気が済まない性格で、無駄や非合理的なことが大嫌い。それを妻の里奈にも強要する。

井筒里奈(29):山田裕貴…渡の妻で、純平の不倫相手。
純平の単身赴任先で一緒に働く女子事務員。男が放っておかないタイプのゆるふわ系。頭はいいが、金銭的な問題で高卒。一流大学卒の夫・渡と、彼の裕福な実家に対してコンプレックスがある。渡にすべてを管理されており、肩身の狭い生活を送っている。だが、自分ひとりでは生活する術がないので、渡に対する不満を飲み込んでいる。純平を運命の相手だと信じ込み、自分のモノにすべく、あの手この手で純平に近づいていく。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

黒井由伸(30):山田裕貴…正体不明のイケメン。
スピリチュアル・アプリを介し、夫の浮気で参っている杏寿と、同業者として出会う。聞き上手で、男としての魅力もあるタイプ。ネイルサロンとエステ、全8店舗を経営している経営者。

小泉駿(26):飯島寛騎…純平の後輩社員
純平の後輩社員。純平を慕っている。事務員として新採用された里奈に一目惚れする。

一ノ瀬真人(27):岡田龍太郎…純平の後輩社員
純平の後輩社員。純平を慕っている。男っぽくてガサツな性格で、お酒が大好き

橘亜沙美(34):三津谷葉子
杏寿の姉。バツイチ。雑誌にもインタビューされるほどの腕を持つインテリアコーディネーター。仕事に生きるキャリアウーマンで、新しい恋には消極的。

坂口麗華(33):壇蜜杏寿のネイルサロンの客
杏寿のネイルサロンにやって来た新規の客。スピリチュアルな世界に通じる霊的能力の高い女。杏寿に対して「運命の相手は純平ではなく、他にも相手がいる」と持論を展開。うっかり引き込まれる話術を持っている。

春田龍馬(30):平岡祐太…杏寿の親友。
杏寿のネイルサロン時代の同僚。杏寿の親友で、良き相談相手。美容関係の仕事をしていることもあり、中性的な雰囲気で、女性から見たら安全パイなタイプ。杏寿も「ハルちゃん」と呼んで心を開き、“女友達”のように何でも話し、互いに信頼関係を築いている。子どもが好きで、高森家の娘・七香の面倒もよく見ている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
仲里依紗が浮気される“サレ妻”を熱演!
夫婦の絆を再構築する異色の不倫ドラマ! 

ベテラン漫画家・こやまゆかりの人気コミックを原作に、不倫を“夫婦サイドの純愛”にフォーカスした異色のドラマ。日常に潜む罠をサスペンスフルに描写しながら、試練の末に“本当の意味でのパートナー”として成長していく夫婦の姿を描く。同局の連続ドラマ初主演となる仲里依紗が、浮気される“サレ妻”の高森杏寿に扮し、何があっても夫を愛する、ピュアで真っすぐなヒロインを熱演。夫婦再構築を目指して奮闘する。脚本は、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」、「ファースト・クラス」(フジテレビ系)などを手掛けた渡辺千穂が担当する。渡辺千穂は、1972年生まれ。夫は元・日テレアナウンサーの羽鳥慎一さんです。『天体観測』『パパとムスメの7日間』『名前をなくした女神』『ファースト・クラ ス』『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』などヒット作を書いてきた方。女性のマウンティングが巧いので、不倫ドラマは本領発揮か?不倫×仲里依紗×渡辺千穂のドラマで注目です!


関連記事

(2018年メディアミックス作品)3月16日に映画公開される原作&コミック

kage

2018/03/16 (Fri)

いぬ1

2018年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(3月16日全国公開)

2月16日(金)公開
・アナと雪の女王 家族の思い出


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






関連記事

2018年冬、金曜ドラマ『アンナチュラル』

kage

2018/03/16 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★1月12日スタート 

TBS系 毎週金曜 22:00~22:54

 アンナチュラル

Arika注目1h石原さとみ×窪田正孝×「逃げ恥」脚本家!

石原さとみ主演の法医学ミステリードラマ。

石原さとみが法医解剖医となり、「不自然な死は許さない!」

「不自然死究明研究所(UDIラボ)」に集まる死因究明のスペシャリストに、窪田正孝、井浦新、市川実日子、松重豊と実力派が勢ぞろい。

『逃げるは恥だが役に立つ』『重版出来!』『空飛ぶ広報室』の脚本家!

『リバース』『Nのために』『夜行観覧車』を手がけたプロデューサーや演出家が制作で期待大!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:野木亜紀子
演出:塚原あゆ子
プロデューサー:新井順子/植田博樹
主題歌:米津玄師「Lemon」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
不自然死究明研究所(UDIラボ)
┣日本に新設された研究所。死因究明を専門にする。

三澄ミコト(33):石原さとみ
UDIラボの三澄班を率いる法医解剖医。解剖実績は約1500件。医大の法医学教室で准教授として研さんを積み、4カ月前にラボに着任した。合理的な性格のため、無駄な争いを避けて笑顔で切り抜けようとする。ある理由から不自然死の放置が許せない。
┣•前職…医大の法医学教室・准教授。4か月前にUDIラボにやってきた。
┣•性格・特徴…「不自然な死は許さない」がモットー。合理的な性格で、トラブルに際して無駄な争いをするより頭脳と笑顔で切り抜けたいと考える。
┣•悩み…合理的に物事を解決し、みんな楽しくハッピーに暮らせたら…と思っているが、現実は厳しい。
┣•秘密…「生の権利」が脅かされることに猛烈に反発。「この世に美しい死はなく、死んでしまえば終わり」と考えるのは「ある事情」から。ミコトの考え方を決めた「ある事情」とは?

中堂系(41):井浦新
UDIラボの中堂班を率いる法医解剖医。3000件もの解剖実績があるベテランだが、態度も口も悪いため、チームを組む臨床検査技師がすぐに辞めてしまい、記録員もいない。目的のためには手段を選ばず、ラボに出入りする葬儀業者に何かを探させている。1年前にUDIラボにやってきた。
┣•前職…日彰医大の法医学教室に勤めていたが、トラブルで放逐されたとのウワサも。
┣•性格…口も態度も悪い。倫理観がぶっ壊れている変人。目的のためには手段を選ばず、ミコトとはよく衝突する。
┣•悩み?…性格が悪いため、臨床検査技師がすぐに辞めてしまい記録員もいない。
┣•秘密…葬儀屋とのネットワークがあり、何かを捜させているらしい。

久部六郎(26):窪田正孝
医大生。UDIラボ三澄班で記録員のアルバイトをしている新人。ラボで法医学という未知の世界を徐々に知っていく。ネットやガジェットに精通している。
┣•前職…なし。現役医大生で、UDIラボにはバイトとして雇われた新人。解剖時の写真撮影や解剖記録の整理業務を担当。UDIラボでは遺体の検案や現地調査に同行する。
┣•性格・特徴…ネットやガジェットに強いイマドキの若者。ときには刑事さながらの推理と行動力を発揮するが…。
┣•悩み…医者一家の三男坊で、三浪してようやく三流医大に入ったはいいが、情熱を傾けられない。

東海林夕子(35):市川実日子
UDIラボ三澄班の臨床検査技師。薬学部出身。ラボ設立時から在籍し、仕事よりプライベートが優先。好き嫌いが激しく、仲間内では遠慮がない。ミコトとは監察医務院時代から面識がある、気の合う同僚。UDIラボ設立時から在籍。
┣•前職…監察医務院勤務。ミコトとは監察医務院時代からの知り合いで、気の合う同僚。
┣•性格…好き嫌いが激しく、中堂など嫌いな人は敬遠するがそれ以外の人には遠慮がない。
┣•悩み…「仕事してると出会いがない。目の前に遺体しかない」こと。

神倉保夫(55):松重豊
UDIラボ所長。元は厚労省の職員で、東日本大震災の身元不明遺体調査を機にラボへの転属を志願したという話もあるが、単なる天下りといううわさも。補助金に依存するラボの運営に危機感を持っているが、自由過ぎるメンバーたちに好き勝手にされる。管理職ではあるが、雑務に追われることも多い。
•前職…厚生労働省医政局職員。東日本大震災の身元不明遺体調査を機にUDIラボへの転属を決意したという話もあるが、天下りとのウワサも…。
┣•性格…自由すぎるメンバーたちに好き勝手されているので、気が弱い?
┣•悩み…UDIラボは公益財務法人のため、財政は警察庁と厚労省からの補助金に準拠する部分が大きい。そのためUDIラボの運営には常に危機感を持っている。自由すぎるメンバーとお役所の間でいつも板バサミ。

坂本誠(50):飯尾一樹(ずん)
UDIラボ中堂班所属の臨床検査技師。大阪の監察医事務所で長年勤務していた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フォレスト葬儀社
┣UDIラボにも出入りする葬儀社。

木林南雲(28):竜星涼
UDIラボに出入りするフォレスト葬儀社の社員で、遺体をUDIラボに運んでいる。しかし通常の業務以外に中堂系とヒミツを持っているらしい。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

三澄秋彦:小笠原海(超特急・カイ)
ミコトの弟。

末次康介:池田鉄洋
六郎の飲み友達

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
石原さとみ主演、“逃げ恥”の野木亜紀子とタッグでおくる1話完結の法医学ミステリー! 
不自然な死を遂げた人の死因を解明して、偽装殺人や医療ミスなどを暴く法医学ミステリー。死因究明のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」で働く法医解剖医の三澄ミコトを、同局系の連続ドラマに主演するのは今作が初めてとなる石原さとみが演じる。脚本は「逃げるは恥だが役に立つ」(同系)などを手掛けた野木亜紀子によるオリジナルストーリー。ミステリーとともに、特殊な世界に身を置きながら、私生活では普通の人と変わらない日常を送るミコトたちラボのメンバーの姿も描き出す。UDIラボでミコトと共に働く面々には、井浦新、窪田正孝、市川実日子、松重豊と豪華メンバーが顔をそろえる。



関連記事