FC2ブログ
2018 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 04

2018年冬、月曜ドラマ『海月姫』

kage

2018/03/19 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★1月15日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜 21:00~21:54(第1話15分拡大)

 海月姫

Arika注目1h朝ドラヒロイン芳根京子がクラゲオタクの腐女子を熱演!

朝ドラヒロイン芳根京子がクラゲオタクの腐女子に。

同名マンガが原作となっていて、これまでにアニメ化・実写映画化されるなど人気作品。

そして主演には、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」でヒロインを演じた芳根京子さんが選ばれ、主人公のクラゲ大好き・クラゲオタク役に挑戦!!

これからの追加キャストにも注目が集まっています。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:「海月姫」東村アキコ(講談社「Kiss」所載)
脚本:徳永友一
編成企画:渡辺恒也
プロデュース:小林宙
演出:石川淳一
OP:カフェラテ噴水公園「Goサインは1コイン」
主題歌:Beverly「A New Day」(avex trax)

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏠天水館の住人(尼〜ず)
┣月海をはじめ、オタクな女子達が共同生活を送るレトロな雰囲気のアパート。男子禁制。

倉下月海(20):芳根京子……クラゲが大好きなクラゲオタク
メガネに三つ編み、すっぴんという地味な見た目の女子。イラストレーター志望。夢のために鹿児島から上京したが、専門学校に通うわけでも、イラストを売り込むわけでもなく、男子禁制アパート「天水館」で、オタク女子たちと一緒に楽しく暮らす。病死した母親と幼い頃に一緒に見たクラゲに「お姫さまのドレスみたい」と魅了されて以来、人生のほとんどをクラゲに費やしてきた生粋のクラゲオタク。外見に無頓着で自信もないため、化粧気はなく服装はほぼスウェット。とある人物との出会いをきっかけに、変わっていく。

千絵子:富山えり子……着物が大好きな和物オタク
尼〜ずの一人。着物が大好きな和物オタク。ポッチャリした体型でメガネをかけている。母親が天水館の管理人をしているが外出することが多く、代理で管理人を務めることも。しっかり者の常識人で社交性もあり、みんなから頼りにされることも多いリーダー的存在。着物好きで、常に和服を着用している。自ら仕立てる事も多いため、和裁が得意である。非常に速い運針に長けており、クラゲのドレス作りでは才能を十分に発揮している。また趣味として市松人形を収集しており、それぞれ全てに名前を付けて我が娘として可愛がっている。蔵子(蔵之介)の男のような言葉遣いや言動をきちんとたしなめる事もあり、蔵之介には比較的協力的である。

まやや:内田理央……三国志オタク
尼〜ずの一人。団塊ジュニア世代。三国志オタク。身の回りのものや人間を三国志の登場人物に当てはめる「当てはめトーク」は一度始まるとなかなか止まらない。NHK『みんなのうた』の後に放送していた三国志の人形劇を見て以来、三国志に傾倒し始めた。特に特定の国・武将が好きということもないが、董卓は敵として認識しているのか、目覚まし時計の音が「董卓討つべし!」である。漢王朝の復興を願っている。背が高く、自分の目を嫌い髪で隠しているが、実は美しいモデル体型である事が発覚し後に活躍の場が与えられる。奇妙な動きが多く、奇声をあげ取り乱すことも。

ばんばさん:松井玲奈……鉄道オタク
尼〜ずの一人。うるう年の2月29日生まれ。鉄道オタク。身長は低めで、天然パーマのアフロヘアのような髪型が特徴。太いシマシマ模様のトレーナーを着ている。口調は男っぽいが、やる気はあまりない。しかし鉄道や食べ物となるとやや興奮する。落ち着いたテンションでいることが多く、尼〜ずの仲間が困っているときに助け舟を出すこともある。まややと仲がよく、一緒に買い物に行ったり、ファミレスに行ったりする。良質な肉などプリン体が多い食物を見抜く能力を持つ。『廃線跡を歩く』という番組を見て鉄道趣味に目覚めた。都電荒川線のレトロ車両を見るとつい乗ってしまう。鉄道模型収集も行っている。原作ではプラレール以外は不明であるが、アニメ版ではOゲージの模型を所有していると発言している。

ジジ様:木南晴夏……枯れ専
尼〜ずの一人。枯れ専(油っ気の抜けた枯れた中高年男性を好む嗜好)。枯れた男性の観察のため、執事カフェや、枯れた男性ウォッチングのため名曲喫茶に入り浸る。貧血気味。個性の強い仲間の中では地味で、ボブカットにメガネ、スカートを着用、猫背で内股という出で立ち。蔵之介に「影の薄い人」と言われたが、ばんばとまややが裁縫で役に立たないのに比べまともな戦力となるので、クラゲのドレス作りで出番が多くなる。また、クラゲのドレスのブランド『Jellyfish』のブログを瞬く間に作り上げてから、PCの操作が得意である事が判明し、PCを使ったクラゲのドレスの品質管理も担当する。

🏠鯉淵家
┣与党の最大派閥を率いる大物国会議員の父、その秘書の修とエリートぞろい。

鯉淵蔵之介:瀬戸康史……ファッション好きの女装男子
ファッション好きが高じて、女装まで行き着いてしまったオシャレ美男子。本業は大学生。大物国会議員・鯉淵慶一郎の愛人の子で、将来政治家にしたいという慶一郎の意向から、鯉淵家に引き取られた。舞台女優だった母譲りの端麗な顔立ちで、付き合った女性は数知れない自他共に認める美少年でプレイボーイ、そして女装すると誰もが見惚れるほどの美人に変身。女に不自由しない生活を送っていたが、月海に出会い、エリートやオシャレな人間たちとは全く違う世界を知り、月海に興味を抱き、原石を磨く楽しさに目覚め、一緒に過ごす時間が経つほどに特別な感情が芽生え始める。月海の才能を目覚めさせた人物。

鯉淵修:工藤阿須加……議員秘書/童貞
蔵之介の弟(ドラマ版の設定)。父である慶一郎の秘書として働きながら、政治家の道を継ぐべく将来を嘱望されている。高身長でなかなかのイケメンであり、いつもメガネのスーツ姿。過去のあるトラウマから女性が苦手になり、今まで付き合った女性は1人もいない“童貞エリート”。超が付くほどの真面目な性格。母から離されて鯉淵家に引き取られた腹違いの兄・蔵之介に対して、その悲しみを思い、小さい頃から大切にしてきた。月海に一目惚れするが、アプローチの仕方が分からず空回りする。

鯉淵慶一郎:北大路欣也
蔵之介と修の父親で、大物国会議員。代々政治家を輩出してきた名門・鯉淵家の現当主としてその存在感と厳格さは圧倒的だが、真摯な人柄で月海たち「尼~ず」のことを軽蔑したりせず、蔵之介と修に対しても同量の愛情を注ぐ奥深い人物。極度の女好きで、年齢・容姿に至るまでそのストライクゾーンの広さは未知数。コーヒー好き。

鯉淵容子:床嶋佳子

花森よしお:要潤
レクサスと美女を愛するという、イケメンすぎる謎の運転手。自らの経験をもとに恋愛指南を施し、月海・蔵之介・修の三角関係に影響を与えていく。

稲荷翔子:泉里香
天水地区の再開発を計画しているデベロッパー(開発業者)の女性。グラマラスな美人でプロジェクトのためには手段を選ばず、自身の容姿を武器に仕事を取っている。今回も修を泥酔させて肉体関係を持ったかのように装い、記憶がない修を半ば脅迫する形でつきまとうが、狂言自殺を演じ、心配した修に平手打ちされ、彼への想いを募らせる事になった。修に想いを寄せていて、恋心を持つ月海を敵視している。

佐々木公平:安井順平
天水地区の再開発を計画しているデベロッパー(開発業者)の男性。美人ディベロッパー・稲荷翔子の部下。元々は上司だったが、多くの仕事を取ってくる翔子に逆転されてしまった。「万年平社員」などと罵られても、どこ吹く風といった人柄の人物。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
芳根京子が月9初主演でオタク女子に!
ギャグ満載の新感覚シンデレラ・コメディー! 

ドラマ化された「東京タラレバ娘」など、漫画家・東村アキコの人気作を連続ドラマ化。オタクだらけのアパートに住む “クラゲオタク女子”が、ある出会いから、一生縁がないと思っていた恋を知り、新しい自分や生き方を見つけていく姿を、ギャグを交えて描く。

主人公の倉下月海には月9ドラマ初主演となる芳根京子、月海と三角関係になる、女装が趣味の美男子・鯉淵蔵之介には瀬戸康史、童貞エリートの蔵之介の弟・鯉淵修には工藤阿須加が扮する。脚本は「僕たちがやりました」(同系)の徳永友一、メイン演出は「リーガルハイ」シリーズや「デート~恋とはどんなものかしら~」(共に同系)の石川淳一が務める。

----------------------------------------------------------------------------------------
原作『海月姫』の紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
原作は、『東京タラレバ娘』を描いていることでも有名な東村アキコさんによる同名作品『海月姫』。

この作品は、2017年11月13日についに最終巻が発売!!

海月姫(17) (Kissコミックス)/東村アキコ

¥価格不明
Amazon.co.jp

そして、このタイミングでのテレビドラマ化となりました。

「女の子は誰だってお姫様になれる」をテーマに、オタク女子×女装男子×エリート童貞の物語が描かれます。

2018年の冬は、オタク女子たちが活躍!お楽しみに♪




関連記事
スポンサーサイト



(3月の特集本)動物おもしろ写真集―アニマルサプリ/ANIMAL FANS 35(著)

kage

2018/03/19 (Mon)

2018年3月の特集本:動物の写真集②
動物写真集・トラ1

春ですね。芽吹く春のテーマは、かわいい動物写真集。

人気の定番からワイルドシリーズまで、さまざまな顔をご紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

augh!&Wild!
笑とキリリの両表情を味わう!

 動物おもしろ写真集―アニマルサプリ/ANIMAL FANS 35(著)

動物おもしろ写真集―アニマルサプリ

関連記事

(近代日本の戦術家②)知将秋山真之―ある先任参謀の生涯/生出寿(著)

kage

2018/03/19 (Mon)

知性を武器に活躍した軍師たち

2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の影響で、

当時、書店にも軍師ブームが到来!

戦国乱世に活躍した天才軍師から、近代日本の偉大なる参謀まで。

彼らの優れた頭脳と魅力的な人物像に迫ります。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

肝の座った指揮官と戦略家
近代日本の戦術家

 知将秋山真之―ある先任参謀の生涯/生出 寿(著)

知将秋山真之―ある先任参謀の生涯 (光人社NF文庫)

日本海海戦で連合艦隊を勝利に導いた作戦参謀はいかなる人物だったのか。

権威や形式にとらわれず、合理的作戦計画を立案。日露戦争において日本を勝利に導いた海の男の生涯を描く。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 (空前の海軍戦術家/恩師八代六郎と親友広瀬武夫/偉兄秋山好古/日本古来の名戦法/秋山流軍学/戦うか、ロシアの属国か/対露戦の連合艦隊司令部/初陣の日清戦争/智名もなく勇功もなし/英傑丁汝昌の最期)/第2部 (一家全滅すとも怨みなし/広瀬少佐とマカロフ中将/危機のなかの東郷/唯一の名航路/天下分け目の黄海海戦/児玉源太郎の神算/「七段構え」の全滅作戦/天気晴朗ナレドモ波高シ/絶好機の「丁字戦法」/智謀湧くがごとし)





関連記事