FC2ブログ
2018 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 04

(3月の特集本)しかしか/石井 陽子(著)

kage

2018/03/23 (Fri)

2018年3月の特集本:動物の写真集②
動物写真集・トラ1

春ですね。芽吹く春のテーマは、かわいい動物写真集。

人気の定番からワイルドシリーズまで、さまざまな顔をご紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

augh!&Wild!
笑とキリリの両表情を味わう!

 しかしか/石井 陽子(著)

しかしか

関連記事
スポンサーサイト



(近代日本の戦術家⑥)異形の将軍―田中角栄の生涯〈上・下〉/津本陽(著)

kage

2018/03/23 (Fri)

知性を武器に活躍した軍師たち

2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の影響で、

当時、書店にも軍師ブームが到来!

戦国乱世に活躍した天才軍師から、近代日本の偉大なる参謀まで。

彼らの優れた頭脳と魅力的な人物像に迫ります。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

肝の座った指揮官と戦略家
近代日本の戦術家

 異形の将軍―田中角栄の生涯〈上・下〉/津本陽(著)

異形の将軍―田中角栄の生涯〈上〉 (幻冬舎文庫)

田中角栄は、大正七年に新潟県刈羽郡二田村(現・西山町)に生まれた。吃音に苦しむ少年時代、軍隊で苛められる青年時代をおくるが、二十八歳で国政の舞台に登場するとたちまち頭角を現し、やがて小学校卒の革命的政治家として永田町に君臨する。三十年以上にわたり日本を支配する道路特定財源などの戦後システムはいかにつくり上げられたのか。


異形の将軍―田中角栄の生涯〈下〉 (幻冬舎文庫)

炭管疑獄事件で法務政務次官を辞任した角栄は、その時すでに党内の地歩を固めていた。やがて池田勇人を大蔵大臣に推し、再び政界の中枢へと昇りつめてゆく。カネと女、権力を高らかに肯定し、高度成長を演出した情念の宰相の人間力、その権謀術数。小泉政権が打ち倒そうとする巨大な幻影の源とは何か?戦後最大の栄光と汚辱を描いた一大叙事詩。




関連記事

2018年冬、ドラマ24「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」

kage

2018/03/23 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★1月12日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 24:12~24:52

 ドラマ24「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」

Arika注目1hマンガの数だけドラマがある!

「週刊少年ジャンプ」全面協力のコメディーに伊藤淳史ら出演


ドラマ24第50弾特別企画。

2018年で創刊50周年を迎える「少年ジャンプ」と、今作で第50弾となるテレビ東京「ドラマ24」が強力タッグを組んでドラマを製作!

“究極のジャンプ愛、炸裂ドラマ!!!”の登場人物はなんと全員コスプレ!コスプレイヤーのあなたにも出演のチャンスが!?

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:根本ノンジ、西条みつとし、横幕智裕、粟島瑞丸、守口悠介
監督:三木康一郎、今泉力哉、青山貴洋、ほか
音楽:林ゆうき、池田善樹
チーフプロデューサー 浅野太(テレビ東京)
プロデューサー 阿部真士(テレビ東京)/橘康仁・堀英樹(ドリマックステレビジョン)
制作 テレビ東京/ドリマックステレビジョン
製作著作「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
大嵐寿三郎:ケンドーコバヤシ
太陽ドリンコ営業4課の課長。月山の上司。「魁!!男塾」の江田島平八を彷彿とさせる圧倒的存在感で営業4課を引っ張る熱き男。

月山浩史:伊藤淳史
飲料メーカー「太陽ドリンコ」の営業マン。独身、彼女ナシの34歳。かつて「週刊少年ジャンプ」を夢中になって読んでいたが現在は読んでいない。。持ち前の正義感と名前からついたあだ名は「ヒーロー」。大人になったら絶対ヒーローになれると思っていたが、夢破れ、現在は面倒が大嫌いな“ことなかれ主義”に。

黒塚朝日:馬場徹
飲料メーカー・冥王ボトラーズの営業マン。威圧的な風貌に、劇画チックな台詞を吐くが仕事に関しては超有能。月山のライバル。

ジャンプ
少年ジャンプ秘密クラブ「オー・マイ・ジャンプ!」
┣少年ジャンプ好きの大人たちが集い、マンガについて熱く語り合う。

土田跳躍:斉木しげる
少年ジャンプ秘密クラブ「オー・マイ・ジャンプ!」のオーナー&マスター。ジャンプについて知識は膨大で、秘密クラブに通う人々を観察するのが趣味。クラブの会員になるには、厳しい条件を出す。

金城真治:栁俊太郎
沖縄出身、パクるしか才能のない漫画家志望の26歳。気が弱いくせに口では強いことを言う面倒くさいタイプ。親からは就職しろと言われ、将来に悩んでいる。

火村智子:生駒里奈
漫画オタクでNARUTOのファンという女子大生。恋愛には奥手でこれまで20年間彼氏ナシ。引っ込み思案でコミュ障っぽいが、ジャンプのことだけは特別。ジャンプのことを話しだすと多弁になり、われを忘れる。話し出したら止まらない。

高原結衣:山﨑萌香
少年ジャンプ秘密クラブ「オー・マイ・ジャンプ!」のアルバイト。21歳。

木暮美樹:佐藤仁美
婚活中の女医、39歳。本当は優しいのに、ついキツイことをいったりすぐにダメ出しをするのが玉に瑕。ジャンプのヒロインに強い憧れを抱いており、いろいろなコスプレをするのが趣味。

水川康介:寺脇康文
妻と子(1人)を持つ55歳。。“常にダンディ”にこだわる金融マン(外資系の金融機関に勤務しているらしい)。聖闘士星矢のファンで、秘密クラブ内では、手作りの聖衣を着る。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
伊藤淳史主演!「少年ジャンプ」を愛する者たちの“友情・努力・勝利”の物語! 
日本を代表する少年漫画雑誌として熱烈なファンを持ち、2018年に創刊50周年を迎える「週刊少年ジャンプ」の全面協力の下でおくる、斬新なヒーロー・エンターテインメントドラマ。「少年ジャンプ」創刊は、1968年7月11日に『少年ジャンプ』(月2回発売)として創刊、翌1969年から週刊になり、『週刊少年ジャンプ』に改称された。テーマ「友情」「努力」「勝利」をキーワードにした作品を掲載している。

伊藤淳史演じる、かつてヒーローに憧れていた主人公が、ジャンプのことを語り合う秘密クラブに招待され、ジャンプにまつわるエピソードや、それを語る人たちの人生に触れて成長していくさまを描く。物語の中で、ジャンプのさまざまな名作の創作秘話、裏話、都市伝説が明かされ、大のジャンプファンが出演者として登場するほか、分かる人には分かるネタが満載。脚本は、根本ノンジ、西条みつとし、グランドジャンプで漫画原作も務める横幕智裕らが担当。秘密クラブの会員は、「1日1回、ヒーローらしいことをする」のが義務。どんなヒーローらしいことをするのでしょうか? かなり楽しいドラマになりそうですね!



濃厚なジャンプネタがギュッと詰まった、ジャンプ愛炸裂のドラマ。全員コスプレで登場なので、かなり賑やかになりそうです。

ジャンプネタは創刊時代から最新の作品までいろいろ出てくるようなので、創刊からずっと読んでる!という中高年もハマるでしょう。

ちなみに筆者が好きな「少年ジャンプ」のマンガは、「ハイスクール奇面組」「ストップ!! ひばりくん!」「Dr.スランプ」など。年代がバレてしまいますね(苦)。


関連記事

※金曜・春アニメ「ソードガイ The Animation」

kage

2018/03/23 (Fri)

ジャンル:アクション
 ソードガイ The Animation

ソードガイ1(ヒーローズコミックス)

最速放送日:2018年3月23日(金)~(Netflix)

■キャスト
上村祐翔、梅原裕一郎、相坂優歌、中田譲治、杉田智和、下野紘、関俊彦、佐藤利奈、黒田崇矢

■スタッフ・制作会社
原作:雨宮慶太/井上敏樹/木根ヲサム(『月刊ヒーローズ』連載)、原作漫画:木根ヲサム、総監督:池添隆博、監督:中智仁、シリーズ構成:井上敏樹、キャラクターデザイン:中嶋敦子、美術監督:明石聖子、色彩設計:佐々木雅人、3DCGディレクター:木村明彦/磯部兼士、音響監督:亀山俊樹、音楽:中川幸太郎、アニメーションプロデュース:DLE/プロダクション I.G 、制作会社:ランドック・スタジオ

■ 主題歌
【OP】緒方凱(CV.上村祐翔)「サダメゴト」

公式サイト:http://swordgai-anime.com

■作品解説
数多の人の血を吸い、伝説となった武器は、時として命を持つ。 長きに渡り武装魔と対峙してきた「処史代」と、武器として生きる事を運命づけられた「凱(ガイ)」。 体に武器を宿した人間が憎悪と殺意を抱くとき、殺戮のみを求める武装魔と化す・・・。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3コミック誌「月刊ヒーローズ」で連載中の『ソードガイ 装刀凱』を基にした、ダークヒーロー&アクションのアニメーション!!
「ソードガイ The Animation」は、2012年11月よりコミック誌「月刊ヒーローズ」で連載中の「ソードガイ 装刀凱」(キャラクターデザイン:雨宮慶太、原作:井上敏樹、作画:木根ヲサム / 現在は、第2章「ソードガイ ヱヴォルヴ」が連載中)を基にした、ダークヒーロー&アクションのアニメーション作品。本作が連載されている「月刊ヒーローズ」を出版するヒーローズと、「秘密結社 鷹の爪」のDLEとのタッグによって制作される。

【イベント情報】
■AnimeJapan2018「【3月 NETFLIX アニメ祭!】スペシャルステージ(AJ オープンステージ【RED STAGE】)
・日時:3月24日 13:25~
・登壇:上村祐翔、梅原裕一郎

【作品情報】
■「ソードガイ The Animation」
・配信:3 月 23 日(金)より、Netflix にて全世界同時配信

【あらすじ】
■Episode 01
古代遺跡に眠るという「魔剣・ゾルトゲイン」。盗掘者の手により掘り出された魔剣は到底人間の扱えるものでは無かった。世界中の呪われた武器を回収し、管理する、“処史代”と呼ばれる組織に回収されたゾルトゲインは管理下に置かれる事になるが・・・。
一方、日本。血を求めて鳴き続ける日本刀「死龍」。幸せな夫婦を襲った悲劇により、死龍と宿命とも呼べる縁で結ばれた赤子が誕生する。




関連記事

2018年冬、ドラマ25「MASKMEN」

kage

2018/03/23 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★1月12日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 24:52~25:23

 ドラマ25「MASKMEN」

Arika注目1h
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
プロデューサー:大和健太郎、藤野慎也

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
人印(ピットイン):人印
くっきーのプロデュースでデビューした新人芸人。グレープカンパニー所属。性別は“歴とした人間の男子”、出身地は高野山、趣味は押し花、特技はパッチワークというプロフィルで、宇宙人のようなマスクをかぶっている。

くっきー:くっき(野性爆弾)
吉本興業所属。相方・ロッシーとお笑いコンビ・野性爆弾として活動する。音楽や絵画、小道具の製作を得意としており、今回ある理由から、謎の覆面芸人・人印をプロデュースしていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
野性爆弾・くっきーが謎の覆面芸人をプロデュース!? 前代未聞のドキュメンタリー! 
お笑いコンビ・野性爆弾のくっきーが初プロデュースする新人芸人“人印(ピットイン)”の成長を記録した異色のドキュメンタリードラマ。芸人デビューを果たした人印の成長から、プロデュースを担当したくっきーの思い、彼らを共に見守る芸人たち、そしてくっきーと人印自身の“芸人としての葛藤”を追っていく。


関連記事